感動した!トッテナムをキャピタルワンカップ決勝に導いた、勝負師エリクセンの2発のゴール!

FKのスペシャリストで、パスセンスのあるテクニシャン。こういう表現をすると、メスト・エジルや日本の中村俊輔のような、繊細でともすると線の細いイメージがある選手を想像しがちですが、この男は勝負強さやハートの図太さを兼ね揃えているようです。「ラスト5分の勝負師」クリスティアン・エリクセン。キャピタルワンカップ準決勝セカンドレグ、3部のシェフィールド・ユナイテッドに2ゴールを喰らって一時はトータルスコア同点とされ、ジャイアントキリングを喫する寸前に追い込まれたトッテナムを決勝に導いたのは、またしてもデンマーク代表の天才MFが決めた、終了間際の一発でした。

11月23日のプレミアリーグ12節、ハル・シティ戦の90分には、右足でクロスに放ったサイドネットへの美しい一撃。12月14日、スウォンジー戦の89分は、左サイドからのボールを受けてDFの股間を抜いたクレバーなショット。今季プレミアリーグで8ゴールを挙げ、ハリー・ケインと並んでチームのリーディングスコアラーとなっているエリクセンは、レスター戦とサウサンプトン戦でも勝負を決める一発を放っており、半分の4ゴールが決勝点。試合終了間際に決めた前述の2ゴールは、いずれも苦しんだアウェイ戦でした。今回のシェフィールド・ユナイテッド戦の舞台も、アウェイのプラモール・レーン。初戦をPK一発で競り勝ったトッテナムは、引き分け以上なら決勝進出でしたが、この試合もまた、格下のクラブ相手に予想外の苦しみを味わうことになりました。

ハリー・ケインが絶好調で、前線で再三ドリブル突破を決めていたトッテナムは、守備が脆く、CBフェルトンゲンとSBベン・デイヴィスの間のスペースに穴が開いていました。11分には、GKフォルムのファンブルからシュートをゴールライン上でブロックするピンチもあり、どちらがプレミアリーグ所属かわからない状態。この緊張感からチームを解放したのは、28分の先制点。「エリクセン劇場」第一幕は、体の震えがおさまらなくなるほどの感動的なFKでした。先日のFAカップで、ストークのボージャン・クルキッチが後ろからのヘッドをペナルティエリア外からのボレーで決めたゴールを「今季のベストゴール」と書かせていただきましたが、ゴールやや右から見事なカーブでGKの頭上を抜き、ファーサイドのポストの上部にぶち当てて決めたエリクセンの超絶FKも、間違いなくベストゴール候補です。いや、凄い。涙が出ます。

トータルで2点差としたトッテナムは守備の緩さを改善できず、後半に入っても攻め合いの展開。シェフィールド・ユナイテッドは、74分の選手交代で前線に刺客をしのばせます。77分、右からのアーリークロスにファーサイドからフリーで現れ、インサイドで軽く決めたのはアダムス。その2分後、右からの浮いたクロスをトラップ一発、DFに当てて突き刺したのは、これもアダムス。トータル同点に追いついた3部のクラブは、これも交代出場のリードがスルーパスから抜け出してあわや逆転というシュートを放つなど、ウェンブリーへのチケットを獲りにきています。しかし88分、「エリクセン劇場」の第二幕は、ハーフライン過ぎからのハリー・ケインのスルーパスから始まりました。オフサイドラインを見ながら左を抜け出したエリクセンが、左足で逆のサイドネットに転がしたゴールは、シュートというより、「ゴールへのラストパス」でした。

残り時間がなく、敗退のピンチに追い込まれているなかで、何という落ち着きぶりでしょう。イギリスメディア「BBC」によると、エリクセンはチームメイトに「とにかく自分にボールを集めてくれ」といっていたそうです。プレッシャーのかかる場面で、サイドネットを冷静に狙えるハートの強さ。試合後に残したコメントは、天才ならではのものでした。

「ウェンブリーに行けるのは大きいね。僕らはみんな興奮している。どちらかというと、1点目のFKのほうがよかった。あんなところに決まったのには少し驚いた。僕はそんなにFKを練習しているわけじゃないからね」

決勝の相手は、元日のプレミアリーグで5-3と粉砕したチェルシー。トッテナムとしては、ここで勝って6年ぶりのキャピタルワンカップ制覇を達成し、来季のヨーロッパへのチケットをまずは確保。勢いに乗ってマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、セインツを蹴落としてプレミアリーグ4位以内に入り、2枚持っているチケットのうち不要となったヨーロッパリーグをライバルに譲る、としたいところ。決勝戦が最後までもつれる展開となれば、勝負を決めてくれるのは…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

エリクセン、ヤバいですよね
もとから上手い選手ではあったんですけど
今シーズンで覚醒しつつある感じがします
年齢に不相応と言えるほどの落ち着きぶりが逆に怖いくらい

順調に行けば、あと2、3シーズン後にはスパーズという入れ物には収まらないかもしれませんね
去年移籍してきたばかりですが、こうも活躍してくれると
嬉しい一方、先に見える寂しさも感じてしまう次第です……
  • スパーズ推し
  • 2015/01/30(Fri)14:48:17
  • 編集

コメントありがとうございます。

スパーズ推しさん>
チームを引っ張ろうとする意識が高まったのか、運動量も増えてよくなりましたね。リーグカップ決勝、楽しみです。
  • makoto
  • 2015/02/01(Sun)12:17:41
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ