FAカップ再試合は順当!4部相手にやっと勝利したマンチェスター・ユナイテッドに足りないもの

開始早々のミスでエリオットに独走され、シュートをポストに当てられたマンチェスター・ユナイテッド。FAカップ4回戦再試合、オールド・トラフォードにリーグ2(4部相当)のケンブリッジを迎えた一戦は、なかなかモチベーションを上げづらいのでしょう。ヘディングを頭にかすらせもせずにかぶったマクネア、中盤で簡単につぶされるマタ。プレミアリーグでチェルシーと戦うとなれば、まずしないであろうミスを連発していたマンチェスター・ユナイテッドは、20分過ぎまでルーニーの左足シュート以外にこれといったチャンスはありません。

それでも、左右からのクロスが徐々に合ってきていたホームチームが24分にようやく先制します。左からのクロスをフェライニが打点の高いヘッドで落とすと、最前線に上がっていたマタが左足でプッシュ。29分には、右からのCKを逆サイドにいたブリントにつなぎ、クロスをロホがヘッドで合わせて2-0。プレミアリーグでなかなか決まらなかったサイドからの攻撃が、4部相手とはいえやっとゴールにつながりました。

2点差をつければ楽に勝てるはずという予断が甘いことは、終盤の3失点で逆転負けを喫したチェルシーの敗退が証明しています。最後まで気を抜かずに戦う。マンチェスター・ユナイテッドがこれからの60分間で果たさなければならない命題です。前半は、攻め続けながら2-0をキープ。他会場に目を移せば、デフォーとジャッケリーニという代表レベルの選手を揃えたサンダーランドが、クレイブン・コテージでのアウェイ戦でフラムに1-0とリードを許しています。FAカップは、プレミアリーグ所属という看板だけでは簡単に勝利は得られません。

後半もまた、開始早々から右サイドを崩して再三クロスを上げるマンチェスター・ユナイテッドが攻勢です。50分には右から抜け出したファン・ペルシが目の前に飛び出してきたGKに右足のシュートをぶつけ、53分にもフェライニのヒールパスのこぼれ球をルーニーが拾ってミドルを放つと、GKのセーブに反応したファン・ペルシが詰めてシュート。前半は消えていたファン・ペルシがボールに絡むようになりました。58分、左からのクロスにファーサイドから走り込んだディ・マリアがサイドネットを狙ったシュート。DFに当たって3点めはならなかったものの、ここにきてプレミアリーグ3位とリーグ2で14位の地力の差が明確になりました。

63分にもディ・マリアのふわっと浮いた縦パスをワントラップのボレーで狙ったファン・ペルシは、直後にジェームズ・ウィルソンとチェンジ。ピッチに入った19歳は、10分も経たないうちに、中央からの思い切った左足シュートを右のサイドネットに突き刺し勝利を決定づけます。ジェームズ・ウィルソンこそが、ウェイン・ルーニーの後継者でしょう。2~3人を平気で置き去りにするドリブルと正確なシュートに、プレミアリーグ屈指のストライカーに化ける可能性を感じます。

3-0で勝ったとはいえ、好調のアーセナルやリヴァプール、首位のチェルシーと比べると、ファン・ハール監督のチームには物足りなさを感じます。いちばんの違いは、攻撃のバリエーションの少なさ。とりわけ、狭いスペースをコンビネーションで崩すアイデアのなさが、マンチェスター・ユナイテッドの弱点だと思います。セスク、カソルラ、エジル、スターリング、コウチーニョは、中央を固められたとき、相手の読みをうまく外してコースを創り、縦や斜めにパスを入れて味方をフリーにしようとします。同じ状況で、マンチェスター・ユナイテッドは単調に横にまわすだけ。アストン・ヴィラを完全に崩壊させたアーセナルや、ウェストハムに完勝したリヴァプールのサッカーは、今のマタやディ・マリアには望むべくもありません。チームの熟成を待たずに個人でやれるとすれば、やはりこの人のセンスなのですが…。ストライカー、ウェイン・ルーニー。キャプテンをもっと前で機能させれば、引いて守る相手に攻めあぐむシーンは減るでしょう。

サンダーランドは、同点のオウンゴールをきっかけにフラムをひっくり返したようですね。本日のFAカップは順当でした。明日は、リヴァプールが登場します。後半出てくるであろうスタリッジが楽しみです。


【2月3日 FAカップ4回戦再試合結果】
シェフィールド・ユナイテッド 1-3 プレストン
フラム 1-3 サンダーランド
マンチェスター・ユナイテッド 3-0 ケンブリッジ
【2月4日 FAカップ4回戦再試合日程】
ボルトン vs リヴァプール

【2月14日 FAカップ5回戦】
ブラックバーン vs ストーク
ダービー vs レディング
クリスタル・パレス vs リヴァプール or ボルトン
WBA vs ウェストハム
【2月15日 FAカップ5回戦】
アーセナル
 vs  ミドルスブラ
アストン・ヴィラ vs  レスター
ブラッドフォード vs  サンダーランド
プレストン vs  マンチェスター・ユナイテッド


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新おつかれさまです。

主様はユナイテッドサポーターなだけあって見方が厳しいですね。他サポとしては悪い悪いと言われながらも勝ちをしっかり重ねているユナイテッドは不気味な存在です。特にシーズン終盤が…
  • せお
  • 2015/02/04(Wed)09:17:57
  • 編集

Rooneyの適性

Ferguson政権下のManchester Unitedでは、スクランブル体制の場合をのぞき、おおむねセンターもしくはセカンド(シャドー)ストライカーの位置で起用されていますが、割と頻繁に顔ぶれが変わるイングランド代表の場合、中盤の前、ときにCMF近くにまで位置を下げているケースがあります(GerrardとLampardがいなかったら、もっとポジション下がってたかも…)。

異なるチーム事情が作用しているとはいえ、プロの目からすると「もうちょっと後ろで起用したい!」と思わせる適性がRooneyにはあるのでしょうか? Manchester Unitedフリークのmakotoさんが、Rooneyといういち選手をどのように捉えられているのか。いつかご意見をお聞きしたいです。

個人的には、Rooneyはどのプレーもそつなくこなせるがゆえに、チーム事情でポジションが宛てがい扶持になってしまうという「高次元」の器用貧乏なのかな、と思っているのですが…
  • ASAP
  • 2015/02/04(Wed)10:34:22
  • 編集

コメントありがとうございます。

せおさん>
悪い時はどんなチームでも課題が目立つものですが、アーセナル、リヴァプール、チェルシー、マンチェスター・シティと比べると、完勝したときのサッカーが大味なんですよね。「ブリントの縦パス一発」「ファン・ペルシの凄いボレー」等々。個人技に秀でた選手がいるのはいいことではあるものの、それに依存している状態では、上位との対決で勝てるイメージがなく。数人が絡んだ爽快な崩しを見せてもらえれば、手離しで喜べるようになると思います。

ASAPさん>
高次元の器用貧乏という表現は、言い得て妙ですね。ルーニーのポジションと適性ですが、ジルーのような、足元に欲しがりフィジカルが強いタイプがいるなら縦の関係でセカンドストライカー。ジエゴ・コスタやファルカオのように裏に抜けたいタイプと組むなら2トップの片割れがいいのではないかと思います。(ファン・ペルシとは悩みますが、縦がよさそうですね)

中盤を組み立てられる力も守備力もあるのですが、そのポジションではセスクやランパードのほうが上だな、と思います。突出しているのは、シュートだけでなく「ゴール前で決定的な仕事をする力、引き出しの多さ」ではないでしょうか。とりわけ、FWやMFを使うのがうまいところ。香川真司がハットトリックしたWBA戦は、自身もスーパーミドルを決めるなど、ルーニーのよさが全部出た試合でした。
  • makoto
  • 2015/02/04(Wed)12:00:28
  • 編集

無題

流石にアーセナルのようなパス回しを今のユナイテッドに期待するのは酷ですね。でもスウォンジー戦でセスクが見せたようなプレーをルーニーにはやってほしいなぁ。

攻撃の形が作れないのは監督がポジションを弄り過ぎなのが原因だと思っています。もう少し出場する選手によって固定的に使ってほしい。とは言え、今シーズンは上位陣に力負けしない個の力を持った選手を獲得できただけで良しとしなければならないのでしょう。チームの形が出来るのは最終盤になるのかなぁ…。
  • Uボマー
  • 2015/02/04(Wed)17:48:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

Uボマーさん>
確かに、ファン・ペルシとファルカオ以外は全員いろんなところをやってますね。3バック、4バックそれぞれの中盤のベストメンバーが固まれば、一段クオリティが上がる気がします。
  • makoto
  • 2015/02/06(Fri)13:52:44
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ