アーセナル視界良好、リヴァプールは微妙…FAカップ準決勝組み合わせ決定!

昨日、オールドトラフォードにてFAカップ準決勝の組み合わせが決定。アーセナルは、再試合となったブラッドフォードVSレディングの勝者と対戦。準々決勝のWBA戦で勝利した後、本拠地ヴィラ・パークにサポーターがなだれ込んで大騒ぎとなったアストン・ヴィラは、こちらも再試合のブラックバーンVSリヴァプールの勝者と戦います。

ジャイアントキリング続出で、何が起こるのかわからないFAカップではあるものの、ヴェンゲル監督が2年連続でウェンブリーでのファイナルを迎えるのは間違いないと思われます。ブラッドフォードはリーグ1(3部相当)で10位、レディングはチャンピオンシップ(2部相当)で18位。プレミアリーグ開幕直後、新チームで試行錯誤している時期ならまだしも、シーズンの終わりが見えている4月でタイトル目前となれば、圧倒的な実力差を埋めるような事件は起こりにくいのではないでしょうか。

…いや、わかりませんよ。2年前、決勝でマンチェスター・シティを破ってマンチーニ監督の首を飛ばしたウィガンを忘れたわけではありません。しかし、序盤戦に負傷者が多かったアーセナルはフレッシュな選手が多く、直近のゲームでケガしたガブリエウ・パウリスタらも、5週間先の4月18日なら間に合う可能性大。この後のプレミアリーグ34節、チェルシー戦まで1週間空くヴェンゲル監督が極端なターンオーバーで臨むこともないはずです。不安があるとすれば、チャンピオンズリーグのベスト8ファーストレグの直後だというくらいですが、これを心配するのは3月17日を過ぎてからにいたしましょう。

一方の決勝進出候補、リヴァプールは微妙ですね。ホームでスコアレスドローに終わったブラックバーンとの準々決勝再試合は4月7日で、プレミアリーグでアーセナルと戦った後、中2日です。3月22日のマンチェスター・ユナイテッド戦を終えた選手は、インターナショナルマッチウィークで各国代表のゲームを戦い、さらにエミレーツでアーセナルときてアウェイのブラックバーン。これは結構ざわざわしますね。2012-13シーズン、ヨーロッパリーグ、プレミアリーグ、FAカップと「三兎を追う者」状態だったチェルシーは、3月末に8日で4試合という強烈な日程を突きつけられ、FAカップ準々決勝再試合ではスタンフォード・ブリッジに「お疲れ仲間のマンチェスター・ユナイテッド」を迎えて1-0辛勝。結局彼らはベスト4で大会を終えました。昨季のFAカップ準々決勝では、チャンピオンズリーグのバルセロナ戦を3日後に控えたマンチェスター・シティが、ホームでウィガンに敗れています

彼らとは相手も状況も違うので単純比較はできませんが、プレミアリーグ上位対決の直後は、レッズにとって要注意ではあるでしょう。勝った場合の準決勝がシャーウッド監督就任後、元気になってきたアストン・ヴィラであることも含め、リヴァプールのファイナル進出は青信号とはいえません。

話は変わりますが、先日、ヴェンゲル監督が「プレミアリーグやチャンピオンズリーグとの兼ね合いでFAカップの優先度を大きく下げなければならなかった年もあった」と語っておりました。今季はFAカップの勝ち負けによるプラスマイナスが、プレミアリーグ上位クラブに大きな影響を与えるシーズンになるかもしれません。負けたことが、結果的に違うコンペティションでプラスになるかもしれないのがチェルシー。FAカップで早期敗退したチェルシーは、週末試合がなかったため、明日のチャンピオンズリーグ、パリ・サンジェルマン戦に1週間準備をしたうえで臨めます。キャピタルワンカップで優勝した後、危なかったウェストハム戦もきっちり勝ち点3を獲得し、精神的にも体力的にもいい状態でパリを迎えられるのではないでしょうか。

アーセナルにとって、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラフォードで9年ぶりに勝利したのは大きいでしょう。週末のエミレーツでウェストハムに順当に勝てば来週のモナコ戦にも弾みがつき、プレミアリーグ最終盤で当たるマンチェスター・ユナイテッドとのアウェイでの再戦をいいイメージで戦えます。一方、忙しい最中に再試合が入ってきたリヴァプールと、ショッキングな負け方をしたマンチェスター・ユナイテッドは、マイナスが大きいかもしれません。

とりわけしんどそうなのがマン・ユナイテッドです。トッテナム、リヴァプール、マンチェスターダービー、チェルシーとプレミアリーグ5試合中4試合が上位対決となる正念場の直前に、暗雲垂れ込めるホームでの敗戦。アーセナルには自信をもたらし、バックパスを嫌うサポーターにいちばん突っ込まれるバックパスミスでの決勝点は、来週からのさらなるプレッシャーの着火剤。退場したディ・マリアと決勝ゴールを奪ったウェルベックは、「アルゼンチン代表はプレミアリーグを1年で去る?」「ウェルベックを放出してファルカオ獲ったのはどうなの?」とゴシップを流していたマスコミには極上のごちそうです。

プレミアリーグ優先と語っていたファン・ハール監督は、サッカーの母国ではFAカップの敗戦は許されず、負け方によってはプレミアリーグにも影響があることを思い知ったのではないでしょうか。そもそも、潤沢な戦力を抱えながらチャンピオンズリーグを戦っていないクラブに、優先順位は必要ありません。1989-90シーズン、就任後の3年を無冠で終えて解任寸前とまでいわれたサー・アレックス・ファーガソンはFAカップ優勝で首がつながり、2012-13シーズンのロベルト・マンチーニはFAカップ決勝の劇的な敗戦が解任のトリガーとなりました。チャンピオンズリーグやプレミアリーグのほうが大事と言葉ではいいつつも、侮れないのが世界で最も歴史があるサッカー大会、FAカップなのであります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

マンチーニは既に解任が決まってて仮に優勝しても解任だったとか
PLでもユナイテッドに大きく離されCLもグループリーグ敗退でしたからね
ファンファール、ベンゲル、ロジャースがCL権逃すと解任されると思いますか?
  • ぷれみあふぁん
  • 2015/03/11(Wed)07:02:46
  • 編集

無題

ユナイテッドの3月4月はどれも厳しそうな試合ばかりですね。
ここをどういった形で切り抜けるかでファンハールの評価は大きく変わると思います。
  • ぐら
  • 2015/03/11(Wed)08:13:41
  • 編集

コメントありがとうございます。

ぷれみあふぁんさん>
そこらへんの経緯を詳細にいえば、「シーズン中の解任はFAカップ敗退がトリガー」だったのかもしれません。CL権逃しは、ヴェンゲルさんのみアウト、のような気がします。ファン・ハール監督はEL取れれば生き残るのではないでしょうか。昨季と同じ7位となると、寒いですが。

ぐらさん>
おっしゃるとおりですね。ミッションはCL出場権が取れる4位キープですが、最低でもプレミアリーグ上位対決で勝率5割はやってほしいなと思います。
  • makoto
  • 2015/03/11(Wed)10:03:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ