小さなスタンド、狭い通路、人工芝…アーセナルが難しい試合をクリアしてベスト8進出!

プレミアリーグVSチャンピオンシップの対戦といわれると、「そこまで実力差のある試合を観るのか?」と躊躇することもありますが、この試合は逆に観たくなります。アーセナルが、カンファレンス・ナショナル(5部相当)所属のクラブのスタジアムに乗り込むシーンなど、この先50年ないかもしれないのですから。狭いロッカールームから溢れるスター選手たち。ボイラーが故障しており、2月というのにシャワーは水しか出ないそうです。サットンのドスウェル監督は不動産会社オーナーで指揮官としては無給、GKのロス・ワーナーは額縁屋さんにお勤めとのこと。FAカップ5回戦、アーセナルと戦うサットン・ユナイテッドの選手とサポーターにとっては、ベンチにいる生のアレクシス・サンチェスをわがスタジアムで観られるだけで、大盛り上がりなのではないでしょうか。

ヴェンゲル監督のスタメンは、メンバーを落としたというよりは、今後のプレミアリーグやチャンピオンズリーグを見据えた起用といったほうがいいでしょう。GKオスピナ、DFガブリエウ、ムスタフィ、ホールディング、モンレアル。エルネニーとジャカがセントラルに入り、イオビ、ジェフ・レーヌ=アデレード、ルーカス・ぺレスが2列め。ワントップにはウォルコットが入るのでしょう。ピッチに立つ11人に加えて、ベンチに戻ってきたドビュッシーとメルテザッカーにも注目です。老朽化が進むボロ・スポーツグラウンドは、人工芝です。プレミアリーグのリヴァプール戦を控えるアーセナルの選手たちは、失点だけでなく負傷にも気をつけなければなりません。

最初の10分はまったく互角の展開。アーセナルが最初に放ったシュートらしいシュートは、16分にクロスのクリアを狙ったエルネニーのミドルでした。イオビやモンレアルが左サイドを突破するシーンが目立ちますが、サットン守備陣がよく守ってます。20分を過ぎても0-0。ホームチームがどこまでがんばるのかとテンションが上がりかけていたのですが、27分に均衡が崩れました。ジャカのアウトサイドにかけた素晴らしいパスで、右サイドのルーカス・ぺレスが駆け上がると、中に持ち込んだストライカーのグラウンダーをウォルコットがヒールで…と思いきや、空振りしたボールがそのままサイドネットに吸い込まれました。ヴェンゲル監督のガッツポーズは、安堵の表現ではないでしょうか。0-1となり、落ち着いてしまったアーセナルは、ゴール前で守る時間が長くなっています。

41分、ガナーズの久々のアタックはカウンター。ウォルコットがドリブルで持ち込み、中に切り返して放ったシュートがDFに阻まれると、これを拾ったイオビの一撃もマーカーの腿に当たって左に逸れていきます。終了間際のオスピナのキックミスは危険でした。左から持ち込んだベイリーのシュートはニアに逸れましたが、クロスに打たれていたらハーフタイムはイーブンだったかもしれません。前半の途中に足を痛めて座り込んでいたエルネニーは、チェンバレンに後を譲ったようです。後半も、アーセナルが圧倒的にポゼッションを取り、サットンは縦への長いボールに自らの命運を託します。51分にゴミスがドリブルで仕掛け、モンレアルを振り回したシーンは盛り上がりましたが、結局囲まれてシュートに至らず。55分、ついにホームチームにとって致命的な2点めが決まります。

ルーカス・ぺレス、イオビとダイレクトでつながったボールが左のモンレアルへ。折り返しは中央の守備網にかかってわずかにコースが変わりますが、ファーから入ってきたウォルコットは冷静でした。記念すべき公式戦100ゴールは、左足の強烈なボレー。サポーターの眼に戦い抜く姿を焼きつけたいサットンの選手たちは、必死に反撃します。左からの落としをダイレクトで打ったディーコンの一撃はオスピナの正面。右からのCKで競り勝ったコリンズは、わずかにヘディングが浮いてしまいます。65分にウォルコットのパスを受けたルーカス・ペレスが振り向きざまにミドルを放つと、その直後、中央で前が空いたディーコンの思い切りのいい右足ミドルがクロスバーを叩きます。74分、ヴェンゲル監督はレーヌ=アデレードとウォルコットを下げ、メイトランド=ナイルズとアレクシス・サンチェスを投入。残り時間は15分を切りました。

82分、アレクシス・サンチェスのパスをボックス手前で受けたチェンバレンのシュートは決まらず。さらに右から持ち込んでシュートコースをこじ空けたアレクシスは、チップキックを打ち上げてしまいます。もう、アーセナルの勝利は動きません。サウスロンドンを沸かせたおとぎ話が終わろうとしています。0-2は大健闘といっていいでしょう。アーセナルは、テンションを緩めずに戦うのが難しかった試合をクリーンシートで畳んで、ベスト8進出を決めました。

これはこれで、いいでしょう。プレミアリーグにはない人工芝、改修が必要なレベルの設備、簡単に観客が侵入できる小さなスタジアムの景色。慣れないことばかりで、相手チームよりも負傷のほうを怖れていたように見えたプレミアリーグのトップクラブにとっては、今日は勝つことがすべてでした。おつかれさまでした。やりにくかったでしょう。準々決勝もカンファレンス・ナショナルのチームとの対戦となりますが、エミレーツならよりスムーズに戦えるのではないでしょうか。サウサンプトンがEFLカップで決勝に進出したために試合が流れ、ぽっかり空いた11日間の休みを有意義に過ごしていただいて、リヴァプール戦でいいサッカーを見せていただければと思います。


【FAカップ準々決勝組み合わせ】
チェルシー VS マンチェスター・ユナイテッド
ミドルズブラ VS ハダースフィールドorマンチェスター・シティ
トッテナム VS ミルウォール
アーセナル VS リンカーン


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チェルシーとマン・ユナイテッドが激突!FAカップ観戦レポート&ベスト8組み合わせ速報

FAカップ5回戦のロンドンダービーで、トッテナムと戦うフラムには何かとご縁があります。稲本潤一が所属していた時代に間借りしていたロフタス・ロードでのホームゲームを観戦し、吉田麻也を観にいこうと出かけたのが、たまたまクレイブン・コテージのフラムVSセインツでした。現在はチャンピオンシップにすっかり落ち着いてしまったクラブが、プレミアリーグに復帰するのは時間がかかりそうですが、スパーズ相手のホームゲームでどんなサッカーを見せてくれるのかに興味が湧きます。このところ停滞気味で、得点力に課題があるポチェッティーノ監督のチームは、ゴールの感触を確かめたうえでヨーロッパリーグのヘントとのホームゲームに臨みたいところ。GKフォルム、最終ラインはトリッピアー、ベン・デイヴィス、アルデルヴァイレルトに、負傷していたフェルトンゲンが復帰してきました。セントラルはワニャマとハリー・ウィンクス、デル・アリの脇にはELで途中出場だったエリクセンとソン・フンミン。フィンセント・ヤンセンを使うかと思われたトップにはハリー・ケインです。

4分、中盤からヘディング3発でゴール前に運んだトッテナムは、右から中に入ったエリクセンがフリーで右隅を狙うとGKベッティネリがファインセーブ。6分にもボックス手前でボールを受けたデル・アリがきわどいシュートを放つなど、スパーズの攻撃はプレミアリーグのリヴァプール戦やELとは打って変わってよくなっています。16分の先制ゴールは、デル・アリの素早いスローインで右サイドを上がったエリクセンの見事なアーリークロスから。真ん中に走り込んでスライディングシュートを決めたのは、直近4試合でPK1本と当たりが止まっていたハリー・ケインでした。この1分後、後方からのロングフィードをゴール前で受けたデル・アリは、トラップは完璧だったもののボレーをミートできず。19分にはフォルムがケアニーにパスしてしまう致命的なミスがありましたが、左足のダイレクトシュートをキャッチして自分でフォローしました。

25分、バックパスミスをさらったハリー・ケインが右のエリクセンに落とすと、GKの肩越しに狙ったシュートはバーの上。アウェイチームは前線への縦パスがしっかり入り、2列めの選手の攻め上がりがスピーディです。このところのFAカップでは、ロンドンダービーで敗退し続けているスパーズですが、今日は負けないでしょう。DF陣が不安定で攻めに転じられなかったフラムは、前半終了間際に右のアルコが2回チャンスを創りますが、フォルムが冷静にシュートをキャッチし、0-1のままハーフタイム。後半も優位に試合を進めていたスパーズが、勝負が決めたのは51分でした。右から狙い澄ましたクロスを入れたのは、またも天才エリクセン。ボレーで押し込んだのはハリー・ケイン。右サイドに張ることが多かったエリクセンは絶好調で、59分にもデル・アリに絶妙な浮き球を通します。DFにプレッシャーをかけられ、シュートを枠に入れられなかったデル・アリは悔しがっていますが、プレミアリーグでチェルシーを破った2ゴールを思い出させるホットラインは、今日も健在でした。

71分にソン・フンミンの浮き球でGKの前に飛び出したハリー・ケインは、倒れ込みながらのボレーを打ち上げてしまいましたが、74分のGKとの1対1は、冷静に右隅に決めました。このゴールもまた、エリクセンのパスをダイレクトではたいたデル・アリのスルーパスです。前の3人ですべてのゴールを決めたスパーズが、0-3で快勝。ハリー・ケインは、プレミアリーグ21節のWBA戦以来、今季2度めのハットトリックです。

マンデーナイトのサットンVSアーセナル、28日に開催されるマンチェスター・シティとハダースフィールドのリプレイが終われば8強が出揃いますが、これに先立って準々決勝の組み合わせ抽選が行われました。最大の注目カードはチェルシーVSマンチェスター・ユナイテッド。トッテナムはホワイト・ハート・レーンでリーグ1(3部相当)のミルウォールなら文句なし。アーセナルは、カンファレンス・ナショナル(5部相当)のサットンに勝てば、次もまた同じリーグのリンカーンで、「2戦連続でノンリーグのクラブと対決」という怪挙です。マン・シティが順当に8強となれば、ミドルズブラとのアウェイゲーム。ノースロンドンの2チームは順当にベスト4に進みそうですが、他のドローは予断を許しません。FAカップ準々決勝は、3月11日~12日に開催されます。


【FAカップ5回戦組み合わせ・結果】
■2月18日
バーンリー 0-1 リンカーン
ミドルズブラ 3-2 オックスフォード
ハダースフィールド 0-0マンチェスター・シティ
ミルウォール 1-0 レスター
ウォルバーハンプトン 0-2 チェルシー
■2月19日
フラム 0-3 トッテナム
ブラックバーン 1-2 マンチェスター・ユナイテッド
■2月20日
サットン VS アーセナル

【FAカップ準々決勝組み合わせ】
チェルシー VS マンチェスター・ユナイテッド
ミドルズブラ VS ハダースフィールドorマンチェスター・シティ
トッテナム VS ミルウォール
アーセナルorサットン VS リンカーン


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

やはり最後は飛び道具…神の決勝ゴールでマンチェスター・ユナイテッドがベスト8進出!

ジャイアントキリング続きのFAカップ5回戦。プレミアリーグ勢では7番めの登場となるマンチェスター・ユナイテッドは、チャンピオンシップ23位のブラックバーンとアウェイゲームを戦います。コミュニティシールドを制し、すべてのコンペティションを勝つ可能性を残しているクラブは、順当にベスト8に進出することができるでしょうか。カップ戦で起用されるロメロがゴールマウスに立ち、最終ラインはアシュリー・ヤング、ロホ、スモーリング、ダルミアン。アンカーにキャリック、インサイドMFにエレーラとリンガード。前線の3人はムヒタリアン、ラシュフォード、マルシアルです。静かに立ち上がったゲームは、5分過ぎからマンチェスター・ユナイテッドのペースです。サイドにボールが出た後、ラストパスを出すまでに至らないアウェイチームは、シュートを打てないまま16分を経過。両チーム最初のシュートは、ブラックバーンのエムネスです。

17分、再三ドリブルで仕掛けていたエムネスが、中盤でロホを振り切るとスモーリングの裏に縦パスをフィード。グラハムが一瞬フリーになり、左足でクロスに打った一撃が右のサイドネットに突き刺さります。20分のFKで、ようやくリンガードが初めてのシュート。力のないヘッドをGKスティールにさばかれた低調なチームは、プレミアリーグ勢3つめの屍と化してしまうのでしょうか。24分、右サイドを走ってスルーパスを受けたのはリンガード。中に浮かしたボールはクリアされますが、フォローしたエレーラが強烈なダイレクトショットを放つと、スティールは何とか両手で弾き返すしかありません。2分後、遠めから狙ったムヒタリアンのミドルシュートは、わずかに右に逸れていきます。

27分、1-0で勝っていたブラックバーンが、上がっていた最終ラインの後ろのスペースを突かれます。カウンターを仕掛けたのはムヒタリアン。自陣からアウトにかけて出したスルーパスは、快足ラシュフォードの足元におさまるエクセレントなボールでした。19歳のストライカーが、軽々とGKをかわして無人のゴールに流し込み、1-1。イーブンに戻ってからは、マンチェスター・ユナイテッドの攻勢が続きますが、強引な縦パスとサイドからの単独突破が目立ち、ことごとくブラックバーンの守備網に引っかかります。37分、右サイドからのロングフィード一発で、コンウェイがアシュリー・ヤングの裏に出たチャンスはヒヤリとさせられました。1点めと同じような位置からの左足シュートは、今度は抑えが効かず、ロメロの頭上を越えていきます。前半終了間際のアシュリー・ヤングのクロスは、リンガードのヘッドが左に外れてしまいました。マンチェスター・ユナイテッドは、前線で短いパスが合わないシーンが多く、ボールの奪われ方が悪いのが気になります。

後半もアウェイチームのペースですが、49分の最初のシュートはブラックバーン。右からのクロスのこぼれ球を捉えたコンウェイのボレーは、ロメロの正面で助かりました。ここまで、どうもマルシアルが元気がありません。左から崩すシーンはなく、引いているホームチームに対して足元へのパスが続いています。モウリーニョ監督は、プレミアリーグとヨーロッパリーグに専念させたいイブラヒモヴィッチとポグバにアップを命じたようです。62分、リンガードとマルシアルに代わって、2人がピッチに入りました。63分に右からエレーラが入れたシュート性のグラウンダーは、スライディングしたズラタンの足がわずかに届きません。

後ろを固めるブラックバーンを崩せないまま、残り時間は20分を切りました。76分、勝ち越しゴールは、「やっぱりそれですか!?」と笑ってしまうぐらいのあっさりした一発。自陣からのポグバの浮き球でラインの裏に抜けたズラタンが、狙い澄ましたインサイドを右のサイドネットに流し込みました。ブラックバーンの決定機は86分。途中出場のマホニーが、右サイドから3人をかわして中に斬り込み左足を振り抜くと、ロメロがファンブル。エムネス、ストークスが次々とシュートを放つも、最後はオフサイドを取られてチャンスは潰えます。ラシュフォードをマタに代えて中盤を締めたマンチェスター・ユナイテッドが、1-2の辛勝ながらベスト8進出を決めました。

ラインの裏を突くキラーパス2発の勝利。相手の守備を崩しきるシーンはなく、決してほめられた出来ではなかったものの、飛び道具があることの素晴らしさを実感しました。このチームがすべてのカップ戦で残っているのは、最終ラインが大崩れせず、高さと一発のパスという手っ取り早い武器があるからでしょう。1年前に彗星のように現れた19歳と、夏に獲得した新戦力3枚が速攻でもぎ取ったゴールシーンに、チームのモデルチェンジをあらためて感じました。FAカップのディフェンディングチャンピオンは、今季もベスト8進出です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

FAカップはジャイアントキリング連発!レスター&バーンリー敗退、マン・シティもまさかのドロー!

キックオフから5分、フリーでボレーを放つ決定機まで創ったホームチームが押しています。FAカップ5回戦、ハダーズフィールドVSマンチェスター・シティ。最近のプレミアリーグで見かけないヘスス・ナバスとブラボは久しぶりのスタメン。ノリートの先発も、年明けからは初めてです。10分、フェルナンジーニョのパスで最前線に飛び出したノリートは、GKコールマンとの1対1をブロックされ、フォローしたヘスス・ナバスの一撃もDFにクリアされます。こう書くと、マン・シティは若手とサブの選手主体のメンバーで戦っているのではないかと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。サバレタ、ジョン・ストーンズ、オタメンディ、コラロフはプレミアリーグでもよく見るセット。フェルナンドとデルフはこの試合ならではの起用ですが、エースのアグエロと本気のゲームで外せないフェルナンジーニョがスタメンに入っています。20分を過ぎても0-0。チャンピオンシップ3位のホームチームは、強豪相手に互角に渡り合っています。

26分、ジャック・ペインがやや右から巻いた直接FKは、バーすれすれでブラボがセーブ。直後のCKで混戦を制して蹴り込んだビリングのシュートは、オフサイドを示すレフェリーの旗が上がります。30分、右のヘスス・ナバスがアグエロに渡し、前線に出ていたデルフに縦パスが通るも最終ラインを崩しきれずにGKコールマンに抑えられます。32分、右サイドをサバレタが抉り、中のノリートに合わせるもボレーは左にアウト。36分にはハダーズフィールドが反撃に転じ、右からのグラウンダーをファン・ラ・パラがダイレクトで叩くと、コースが甘くブラボが懐に収めます。41分にフェルナンジーニョが裏に通したスルーパスは、アグエロのトラップが後ろに出てしまい、シュートはコールマンが左に弾きます。前半は0-0。チャンピオンシップ所属のクラブは、決定機の数で引けをとっていません。

53分、右からのボールをニアで叩いたジョン・ストーンズのヘッドはファーに流れていきます。左から中央に斬り込むノリートのドリブルは再三カットされ、60分を過ぎてもマンチェスター・シティはゴールを奪えません。69分、業を煮やしたペップ・グアルディオラ監督は、ノリートとデルフを引っ込め、デブライネとサネを投入しました。スコアは依然として0-0。両者ともシュートがない展開が続いています。75分に、右から上がったクロスをブラボが弾いたシーンには、ヒヤリとさせられました。入った直後にサイドからの仕掛けを増やしていたサネとデブライネは、速いチェックに手を焼いています。78分、コラロフが負傷退場、代役はサニャ。86分に右サイドを崩したサバレタのクロスは、GKの頭を越せず。最終盤はハダースフィールドのほうが手数が多く、マン・シティは最後のCKを活かせませんでした。0-0、避けたかったリプレイ。マン・シティは、チャンピオンシップのクラブとの勝負をエティハドに持ち越してしまいました。

マン・シティのドローだけでもちょっとした事件ですが、他会場ではジャイアントキリング連発です。最大のニュースは、プレミアリーグのホームゲームで無類の強さを発揮しているバーンリーが、カンファレンス・ナショナル(5部相当)のリンカーンに敗れたこと。さらに昨季プレミアリーグ王者のレスターも、リーグ1(3部相当)のミルウォールに負けてしまいました。両者に共通しているのは、「トップの選手が決定機を外しまくり」「終了間際にゴールを決められ」「そのまま1-0で試合を終えた」ことです。シュートがことごとくGKの守備範囲にいったアンドレ・グレイは彼の日ではなく、岡崎慎司はCKにニアで合わせたヘッドも、ゴール前3メートルでGKと1対1になった絶好機も活かせませんでした。カンファレンス・ナショナル所属クラブのベスト8は、103年ぶり。ミルウォールは、ボーンマス、ワトフォードに続く3つめのプレミアリーグ勢叩きです。

ミドルズブラは終了4分前にストゥアーニのゴールでオックスフォードを振り切り、3-2の辛勝。プレミアリーグ勢の完勝は、チェルシーだけでした。ウィリアンの素晴らしいクロスをファーから走り込んでヘディングで決めたペドロ、相手の一瞬のミスを見逃さずにダイレクトで左隅に蹴り込んだジエゴ・コスタと2つのゴールはいずれもお見事。他のチームと違ったのは、メンバーは多少落としても、テンションまで緩めなかったことではないでしょうか。サビルのボレーがポストを叩いた前半のピンチを切り抜けた後は、ヴィクター・モーゼスが再三サイドを崩すなど攻勢に転じ、いつもの彼らを取り戻していました。いやいや、今回のジャイアントキリングの盛り合わせは、想像以上のボリュームでさすがにお腹いっぱいです。リンカーン、ミルウォールが続けて勝ちましたが、サットンは…⁉


【FAカップ5回戦組み合わせ・結果】
■2月18日
バーンリー 0-1 リンカーン
ミドルズブラ 3-2 オックスフォード
ハダースフィールド 0-0マンチェスター・シティ
ミルウォール 1-0 レスター
ウォルバーハンプトン 0-2 チェルシー
■2月19日
フラム VS トッテナム
ブラックバーン VS マンチェスター・ユナイテッド
■2月20日
サットン VS アーセナル


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ