衝撃のジャイアントキリング…前年覇者のアーセナルがノッティンガム・フォレストに4失点惨敗!

昨日までのプレミアリーグ勢は8勝4分3敗。エヴァートンはマージーサイドダービーで競り負け、バーンリーはマンチェスター・シティに惨敗で、下部リーグ相手に敗れたのはストークだけでした。さほど波風立たずに3回戦は終わるかと思いきや、日曜日の最後に極上のジャイアントキリングが勃発しました。前年覇者のアーセナルが、ノッティンガム・フォレストに惨敗。アーセン・ヴェンゲル監督は初めてのFAカップ緒戦敗退です。オスピナ、ドビュッシー、メルテザッカー、エルネニー、ウィロック、ネルソンと今季プレミアリーグ出場5試合以下の選手が過半を占めるBチームではあったものの、まさか4失点するとは…。昨日のFAカップ3回戦レポートで「アーセナルが心配」と書いたのが、現実となってしまいました。チャンピオンシップ14位がプレミアリーグのビッグクラブを倒した試合について、得点シーンを中心に振り返ってみましょう。

この日のアーセナルを見ていて最も気になったのは、速攻に対する脆さでした。17分にクラフのドリブルでドビュッシーとメルテザッカーのサイドを完全に崩され、右に流れたボールをキャッシュに打たれたシーンは、何もできなかったといっても過言ではない危険な状態。20分の右サイドからのFKでは、ファーサイドにいたリチャイがオスピナの前にするすると上がってきたのを誰もチェックせず、簡単にヘディングで押し込まれてしまいまし。3分後、ウォルコットが左から上げたFKをホールディングがヘディングで叩き、ポストに当たったボールをメルテザッカーが押し込んで1-1。ベテランCBがゴールセレブレーションを見せなかったのは、既に危機感を募らせていたからではないでしょうか。

32分、ホールディングがビルドアップで縦パスをインターセプトされ、ショートカウンターからブレルトンにシュートを許したピンチは何とかオスピナがセーブ。ガナーズ守備陣は41分にもブレルトンにラインの裏に入られ、フリーでシュートを打たれます。前半終了間際、ホールディングのクリアをリチャイに拾われ、胸トラップから放ったボレーが左隅に決まって2-1。オスピナはまったく反応できず、ガナーズは1点ビハインドで折り返すことになりました。早い時間に追いつければ、地力で勝るアウェイチームがひっくり返していたかもしれませんが、62分にゴールを決めたのはノッティンガム・フォレスト。右からボックスに入ってルーズボールをさらおうとしたキャッシュは倒れる気満々に見えましたが、ホールディングが引っかけたというジャッジに抗う手段はありません。ブレルトンが冷静にPKを沈め、3-1。ジャイアントキリングの予感はいよいよ現実味を帯びてきました。

78分、メートランド=ナイルズの縦パスに反応したウェルベックが、ボックスに突進してGKスミスとの競り合いに勝ち、右足で無人のゴールに流し込んで3-2。私がプレミアリーグのクラブの敗戦を覚悟したのは、84分にメルテザッカーが自陣からのパスをアルマン・トラオレにインターセプトされた瞬間でした。ドビュッシーとメルテザッカーがこうも簡単に抜かれるとは…。慌てて後ろから追いかけたドビュッシーが6番を倒したとジャッジされ、この日2本めのPK。エヴァートンからレンタルされた期待の20歳MFキーラン・ドゥエルが足を滑らせながらも枠を外さず、アーセナルの敗戦が決まりました。

22節までのプレミアリーグでは11勝4分7敗で7位、リーグカップはセミファイナル進出、しかしFAカップはスウォンジー相手に初戦敗退。今季のアーセナルに近しい戦績で苦しんでいたこのチームは2013-14シーズンのマンチェスター・ユナイテッド、指揮官はデヴィッド・モイーズです。ヴェンゲル監督が2年連続でTOP4を外したら、クラブはどんな判断を下すのでしょうか。当時のマンチェスター・ユナイテッドは、次のシーズンのCL出場権を逃した新監督を許さず、4月22日にライアン・ギグスにバトンを渡しました。アレクシス・サンチェスとエジルの移籍話が絶えない重苦しい空気のなか、ノースロンドンダービー以外の上位対決を勝っていないチームに明るい未来が見えません。ヨーロッパリーグという命綱を手離したくなければ、Bチームで戦うのはこれを最後にするべきでしょう。主力が揃うはずの週末のボーンマス戦には、1ヵ月半も観ていない2点差以上の完勝を期待したいと思います。


【2017-18FAカップ3回戦結果】
リヴァプール 2-1エヴァートン
マンチェスター・ユナイテッド 2-0 ダービー・カウンティ
フリートウッド 0-0 レスター
ミドルズブラ 2-0 サンダーランド
イプスウィッチ 0-1 シェフィールド・ユナイテッド
ワトフォード 3-0 ブリストル
バーミンガム 1-0 バートン・アルビオン
アストン・ヴィラ 1-3 ピーターバラ
ボーンマス2-2 ウィガン
コヴェントリー 2-1 ストーク
ボルトン 1-2 ハダーズフィールド
ヨーヴィル 2-0 ブラッドフォード
QPR 0-1 ミルトン・キーンズ・ドンズ
エクセター 0-2 WBA
ドンカスター 0-1 ロッチデール
ブラックバーン 0-1 ハル・シティ
カーディフ 0-0 マンスフィールド
マンチェスター・シティ 4-1 バーンリー
ウルヴス 0-0 スウォンジー
スティヴネージ 0-0 レディング
ニューカッスル 3-1 ルートン
ミルウォール 4-1 バーンズリー
フラム 0-1 サウザンプトン
ワイコンブ 1-5 プレストン・ノースエンド
カーライル 0-0 シェフィールド・ウェンズデイ
ブレントフォード 0-1 ノッツ・カウンティ
ノリッジ 0-0 チェルシー
ニューポート・カウンティ 2-1 リーズ
シュルーズベリー 0-0 ウェストハム
トッテナム 3-0 ウィンブルドン
ノッティンガム・フォレスト 4-2 アーセナル
ブライトン 1/8 19:45 クリスタル・パレス


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

FAカップという数少ない心の拠り所がこんなに早く消えるとは...。
プレミアで4位以内は厳しそうだしELに絞りたいですがヴェンゲルはそんな割り切ったことは出来なさそうですね。
今シーズンはもうナイルズやエンケティアの成長くらいしか楽しみが無さそうです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/01/08(Mon)09:05:01
  • 編集

無題

控え中心だったといえ二部のチームに4点も取られるとは。
せめて2ー1などの1点差ならまだ擁護できますがこのスコアは惨敗としか表現できません。

トップ4に入ることが難しく2年連続でELが濃厚となっている今、アーセナルはEL優勝を目指すしかありませんがベンゲルがELを勝ち残る姿がどうしても見えてきません。
ただでさえ今年はドルトムントやナポリ、アトレティコにライプツィヒと強豪が揃っていますので難しいですね。

ベンゲルの解任は一つの方法ですが後任がうまくいかなかった場合アーセナルは一気にトップ6からは陥落してしまいそうです。

レッズでさえ今シーズンにクラブの移籍金記録を2度も更新して補強しているというのにアーセナルはいつまで適正な移籍金にこだわるのでしょうか。
なりふり構わず冬に新戦力を獲得するアーセナルが見たいですがあまり期待はしていません。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/01/08(Mon)09:51:52
  • 編集

無題

選手を落としすぎたことや控えのフィットネスが敗因と言われるでしょうが、
スペースをひとで埋めるだけの守り方と特定の個人に頼る攻撃では結局どうしようもないですね。
サンチェスやエジルが戻ってくれば勝つこともあるでしょうが、根本の問題が解決されないままでは
ジャイキリどころかチームが崩壊してもおかしくない状況はこれからもまたあるだろうなと思います。
  • 麦茶
  • 2018/01/08(Mon)10:11:24
  • 編集

無題

ベンゲルなら間違いなく立て直してくるでしょう。
解任なんて早まっちゃダメです。
資金難の中、長年トップ4に導いてくれたのは誰だったか。
アーセナルのアイデンティティを築き上げたのは誰だったか。
目先のことだけ考えてはダメです。
ここからに期待します。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/01/09(Tue)00:18:55
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
ELとカラバオカップは手離さないでほしいです。無冠と1冠の差は大きいです。

プレミアリーグ大好き!さん>
指揮官問題がどうなるにしても、選手の補強だけは粛々と進めてほしいですね。コシールニーやチェフの後釜も着手しなければならない課題です。

麦茶さん>
戦術的な問題が大きいですね。戦い方を明確にできないと、選手の成長も阻害することになります。

プレミアリーグ大好き!さん>
解任してはダメ、には大賛成ですが、体制を変えるなら2018年の夏はベストタイミングなのではないかとも思います。ワールドカップでひと区切りついた監督たちが次の仕事を探し出す節目なので。
  • makoto
  • 2018/01/13(Sat)19:53:53
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ