危なかったマンチェスター・シティ!追加タイムのエースの一撃で、格下ブリストルに何とか先勝!

モチベーションというものは、かくも人間の力を大きく引き上げるのか…。ブリストル・シティの強さを最もよく知っているマンチェスター・ユナイテッドのサポーターながら、チャンピオンシップ4位のチームがプレミアリーグ最強チームを相手にここまで健闘するとは予想していませんでした。カラバオカップ準決勝ファーストレグ。モウリーニョ監督のチームを倒して意気上がるブリストルをエティハドに招いたマンチェスター・シティは、半分をサブのメンバーにスイッチしつつ、要所にキーマンを配しています。ブラボ、ダニーロ、ジョン・ストーンズ、マンガラ、ジンチェンコ、ギュンドアン、ヤヤ・トゥレ、デブライネ、サネ、スターリング、ベルナルド・シウヴァ。プレミアリーグ22節ではワトフォード相手に3ゴール、FAカップ3回戦はバーンリーから4ゴールをゲットしているペップ・グアルディオラ監督は「セーフティリードとなったらデブライネやサネを下げる」プランを考えていたのだと思われます。

ところが、実際の交代はヤヤをアグエロ、ジンチェンコをカイル・ウォーカーと強度を上げるカードでした。思いのほか強かったブリストルが、先にゴールを決めて粘りまくったからです。いつもどおり開始早々からボールを支配したマン・シティは、シュートコースを空けないブリストル守備陣を崩せず、いい形でフィニッシュに持ち込めません。5分に左から上げたデブライネのFKはGKフィールディングがパンチ。8分にボックスに入ったヤヤ・トゥレが縦に狙ったスルーパスはカットされ、15分にサネが中央に斬り込みスターリング、ベルナルド・シウヴァと渡ったチャンスも、レフティのシュートがDFにブロックされてしまいます。16分には、ブリストルに決定機。デブライネから奪って始まったカウンターは、ブライアンの左足シュートをブラボがセーブ。こぼれ球を拾ったスミスは直接狙ったほうがおもしろかったのですが、誰も走ってきていないところに入れたグラウンダーをクリアされてしまいました。

20分にスターリングが敵陣でインターセプトしたチャンスは、ベルナルド・シウヴァのボレーがミス。サネの突破を止めたアウェイチームのクリアがデブライネの足元に入ると、強烈なシュートはGKフィールディングが確実に弾き出します。33分、左からのクロスのクリアを直接叩いたパックの強烈な一撃は、ブラボが冷静にキャッチ。ブリストルのカウンターで危険な形を創られていたマン・シティは、42分にマンガラが自陣でボールを奪われると、縦パスに対応したジョン・ストーンズがボビー・リードを倒し、PKを献上してしまいました。14番が自らこれを決め、ハーフタイムは予想外の0-1です。

後半開始直後、カウンターからベルナルド・シウヴァが右のスターリングにラストパスを通すと、GKを完全にかわしたループシュートはゴールラインまで戻ったフリントがヘッドでクリア!52分のカウンターは、左からボックスに入ったスターリングがGKにぶつけてしまいます。ここまでのマン・シティは、集中力を欠いてミスが目立つプレミアリーグの上位クラブが足をすくわれるジャイアントキリングの典型的なパターンにはまっています。しかし55分、速攻を仕掛けたデブライネが右のスターリングに預けると、リターンを叩いたボレーがフィールディングの左手を弾いてネットに刺さりました。1-1、これでゴール量産モードに入るかと思われたプレミアリーグ首位チームは、いつになくラストパスが雑になり、チャンピオンシップ4位の必死の守備を崩せません。70分に右から入ったデブライネのクロスは、中で先に触ったスターリングがGKの正面に打ってしまいました。ホームチームが残り10分で1-1は、チャンピオンズリーグなら敗退パターンです。

92分、ドロー濃厚だったゲームを勝利に導いたのは、入団以来サブに甘んじていたベルナルド・シウヴァでした。右から中央に入れたクロスがアグエロの頭にピタリと合い、飛び出したフィールディングは触れません。2-1、マンチェスター・シティが何とか先勝。「アウェイで2-1なら、セカンドレグの逆転は充分可能」。実力が拮抗したチームの対決なら、こんなふうにいわれる結果ですが、果たしてこの2チームにどれだけ差があるのでしょうか。本気で戦えばプレミアリーグで20勝2分のクラブが圧倒するのは自明ですが、モチベーションとサポーターの大声援という重りを乗せたとき、天秤がどちらに傾くのかはまったくわかりません。素晴らしいサッカーを見せてくれたブリストルに、ホームでの奮闘を再度期待したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

これぞプレミアリーグ(チャンピオンシップのチームが相手、カップ戦ではありますが)と呼べるような熱い戦いで、早起きした甲斐がありました。

主様が仰る通り、同点に追い付くまでは有力チームが負ける時の典型なパターンにハマっていたように思えました。そこから同点、逆転まで至ったのは今季のシティらしいと言いますか、必ず得点を奪えるという自信やチームとしての方向性が改めて見れた気がします。

ベルナルドはプレミア、チームの戦術にだいぶ慣れてきたとは思いますが、今後もっと影響力を発揮していってほしいですね。とはいえ、やはりクロスの精度という飛び道具が安定しているのは頼りになります。

チャンピオンシップのチームはこういったカップ戦でしか観る機会がないのですが、そういえば井手口選手が来シーズンからリーズで戦うことになりますね。そちらのレポート等もされるご予定あるのでしょうか?

長文失礼致しました。
  • シティサポです
  • 2018/01/10(Wed)12:07:08
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティサポです さん>
チームとしてメンタルが強いですね。ペップ、さすがです。他のメディアで書かせていただくことが多いので、チャンピオンシップもチェックしてます。井手口さんがリーズに加わったら、書く機会は増えると思います。
  • makoto
  • 2018/01/13(Sat)19:18:18
  • 編集

無題

返信ありがとうございます。

これまで多くのガンバ大阪下部組織出身選手が海外挑戦してきましたが、井手口選手はいい意味で下部出身らしかぬ面があるのでとても期待しています。

(環境への慣れであったりレギュラー争いもあるので)気が早いですが、主さんのレポート今から楽しみです。
  • シティサポです
  • 2018/01/13(Sat)21:46:45
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ