ファン・ダイクがデビュー戦決勝ゴール!好調リヴァプールがマージーサイドダービーを制す!

プレミアリーグ勢が登場するFAカップ3回戦で、いきなり極上のドローが実現しました。アンフィールドで行われるリヴァプールVSエヴァートンのマージ―サイドダービー。公式戦16試合、プレミアリーグ13試合負けなしのリヴァプールは、この試合が年末に獲得を発表したヴィルジル・ファン・ダイクのデビュー戦となります。セインツから来たCBはマティプとコンビを組み、GKロリス・カリウス、左右のSBはジョー・ゴメスとロバートソン。中盤にはエムレ・ジャン、ミルナー、ララナ、前線にチェンバレン、フィルミーノ、マネといった布陣です。直近4試合勝利なしのエヴァートンは、ルーニー、シグルズソン、ボラシェ、カルヴァート=ルーウィンらの攻撃陣が先にゴールを奪えれば勝機が生まれます。最初の5分はレッズが中盤を支配。8分のエヴァートンのCKはシュートに持ち込めず、11分にボラシェが入れたアーリークロスはロリス・カリウスが余裕をもってキャッチします。

ファン・ダイクのサイドチェンジで始まった14分の攻撃は、ミドルレンジから右足で巻いたマネのシュートが右にアウト。中盤でのつぶし合いが続き、両者ともサイドを崩すシーンがありません。25分、ジョー・ゴメスがロングフィードをファーに届けると、ボックス左にいたミルナーのボレーがゴール前を横切ります。ボラシェの再三のクロスはレッズ守備陣が難なくクリア。33分にマネが放った左足のミドルは、クロスバーを大きく越えました。1分後、ゴールを背にしてパスを受けたララナが反転してマネにパスを通すと、20番をつかんで倒したホルゲートがPKを取られます。昨季プレミアリーグで7本のペナルティを決めているミルナーが落ち着いてピックフォードの逆に蹴り、1-0。ニューイヤーズデーに行われたプレミアリーグ22節のマンチェスター・ユナイテッド戦で、ポグバやマルシアルに振り回されたホルゲートを使い続けなければならないところに、ビッグ・サムのやりくりの難しさが感じられます。

前半は1-0。レッズの新CBは、的確なフィードや空中戦の強さを披露しながら無難に45分を終えました。後半の立ち上がりはエヴァートンペース。きわどいクロスはことごとくレッズ守備陣がクリアし、アウェイチームはシュートが打てません。ルーニーは52分という早い時間に交代が告げられ、20歳のアデモラ・ルックマンが登場。54分、左からのCKをノーマークのジョー・ゴメスがヘッドで狙うも、ニアにうまくコントロールできません。センターサークルにいたチェンバレンが左からのパスをダイレクトで最前線に出すと、ピックフォードと1対1になったララナは明らかなミスキック。58分にボックス左を完全に崩したロバートソンは、クロスと見せかけて角度のないところから強烈なシュートを放ちますが、ピックフォードが慌てずセーブしてレッズのチャンスは潰えます。

62分、チェンバレンのFKがフリーのファン・ダイクに通り、満を持して合わせたヘディングが決まるかと思いきやピックフォードの正面。67分、エヴァートンの同点ゴールはCKのクリアを前線につないだボラシェ起点のカウンターでした。左サイドからドリブルを始めたルックマンは中に進路を取り、ジャギエルカにパス。帰陣するのが精一杯だったファン・ダイクとロバートソンには、シグルズソンをチェックする余裕はありませんでした。優しいラストパスがアイスランド代表MFの足元に入ると、右隅を狙ったコントロールショットにロリス・カリウスは動けませんでした

クロップ監督は70分にララナを諦め、ワイナルドゥム投入。さらに5分後には、ミルナーとジョー・ゴメスを下げてアーノルドとソランケを送り出します。80分に右から蹴ったチェンバレンのFKがファーに流れると、フリーのフィルミーノのボレーはジャギエルカが頭でクリア。ビッグ・サムは82分にカルヴァート=ルーウィンをニアッセに代え、この試合で決着をつけようとしています。クライマックスは85分のCKでした。左からのボールをヘディングでネットに突き刺したのは、デビュー戦のファン・ダイク!前に入られたピックフォードは、ピッチを拳で叩いて悔しがっています。

ビッグ・サムの最後のカードはマッカーシーをトム・デイヴィス。ルックマンが右に浮かしたボールをインサイドで折り返したボラシェは、味方に合わせることができませんでした。93分のボラシェのミドルがバーを越えると、やがてタイムアップ。笛が鳴った瞬間に天を仰いだファン・ダイクは、自らにいい聞かせるような小さなガッツポーズで勝利の喜びをかみしめています。リヴァプールがエヴァートンを2-1で下し、ライバルに対する連続無敗記録を16に伸ばしました。

カウンターに専念したエヴァートンの守備が粘り強く、プレミアリーグ4位チームは大苦戦。ポゼッションもシュート数もレッズが圧倒しており、ホームチームの順当勝ちといえる結果ではあるものの、ゴールシーンはPKとセットピースのみでした。とはいえ今日の2大ミッションは、ファン・ダイクがチームへのフィット感を高めることと、しっかり勝ち切ること。「新戦力の決勝ゴールで劇的勝利」という最高の形で再試合を回避したことを手離しで喜んでいいでしょう。軽傷のサラーがリフレッシュしてプレミアリーグに復帰し、ヘンダーソンが万全な状態で戻り、そして「コウチーニョが夏まで残留」という朗報が届けば、クロップ監督の3年めは納得のシーズンになるのではないでしょうか。いや、おもしろい試合でした。ファン・ダイク、グッジョブ!



<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジャイアントキリング勃発!追加タイムの決勝ゴールで昨季王者のマンチェスター・ユナイテッドが敗退!

最大の事件は、最後のゲームで起こりました。カラバオカップ準々決勝、ブリストルVSマンチェスター・ユナイテッド。チャンピオンシップで3位のクラブという最もラクな相手を引き当てたはずのプレミアリーグ2位クラブが、まさかの2失点を喫して大会を去りました。GKロメロ、最終ラインはダルミアン、リンデロフ、ロホ、ルーク・ショーと若干不安なメンバーではありましたが、中盤にはポグバが復帰し、前線はラシュフォード、マルシアル、イブラヒモヴィッチ。プレミアリーグ10ゴールのルカクは途中出場、マティッチは不在、バレンシアは負傷リタイアと背骨となる選手がいなかったのは確かですが、ここで敗れるとは思ってもみませんでした。

開始10分、マルシアルのクロスを丁寧に狙ったズラタンのボレーがネイサン・ベイカーに当たってクロスバーにヒット。21分には左から中に入って右足で打ったラシュフォードのコントロールショットが右のポストの内側に当たります。2つの惜しいフィニッシュを観て、いずれ入るだろうと楽観視していたのですが、最終ラインが簡単にシュートを打たせるのが気になってもいました。24分にポグバが放ったミドルシュートは左に曲がってしまいました。ポグバの浮き球でラインの裏に出たラシュフォードは、トラップをうまく足元に持っていけません。ホームのサポーターの後押しを受けたブリストルは、失うものなどないとばかりにアグレッシブに上がってきます。国内カップは、これが怖い。30分にパターソンが左から放った強烈なミドルは、ロメロが右に弾いてCKに逃れます。

39分、ポグバの縦パスで左からボックスに入ったズラタンは、シュートをマグヌソンにブロックされてしまいます。プレミアリーグでは4試合ノーゴールの10番は、CKにマクトミネイが競り勝って浮いた絶好球を右に打ち損じてしまいます。前半は0-0。ここまでは、よくある弱者の善戦です。48分にラシュフォードが蹴ったFKは、壁に当たってゴール左を襲いますが、GKスティールが冷静にセーブしました。51分、何と先制はブリストル。左からラインの裏に縦パスが出ると、ロホがジョー・ブライアンに走り負けてしまいました。ボックスに入ったジョー・ブライアンは左足一閃、クロスに飛んだシュートはポストぎりぎりに入るエクセレントな一撃でした。しかし58分、神の高速FKがスティールが差し出した左手の上を抜けてネットに突き刺さります。昨季公式戦28ゴール、プレミアリーグ17ゴールのズラタンは、今季初ゴール!これを観た瞬間、勝つと思いましたが、根拠のない自信は30数分後に打ち砕かれることになります。

61分、ブリントに代わってルカク登場。64分にロングボールをボックスでキープしたルカクが後ろに落とすと、フェイントでコースを空けようとしたマルシアルは打ちきれませんでした。イブラヒモヴィッチに代わったのは、久しぶりのムヒタリアン。83分、ポストにぶつけたシュートと同じような形から放ったラシュフォードのミドルは、アウトにかかって右に逸れてしまいました。一気に3対2となった84分のショートカウンターは、左からのルカクのクロスが丁寧であれば、ノーマークで中央から走ったラシュフォードが決勝点をゲットしていたでしょう。

85分にベイカーをかわして放ったルカクの左足シュートは、スティールがセーブ。昨季EFLカップ王者は、前線にベストメンバーを揃えながら、なぜ決められないのか。93分、ジャイアントキリングの主役は、ラインの裏にするすると抜け出したコリー・スミスとついていかなかったマクトミネイ、呆然と見送ったロホでした。コースを塞ぎにいかずに打たれる瞬間ジャンプしたロメロの飛び出しは、諦めた人間が選ぶプレイでした。2-1、マンチェスター・ユナイテッドは年を越せずに連覇の夢を手離しました。

スタンフォード・ブリッジにボーンマスを迎えたチェルシーは、13分にケネディのヒールパスでフリーになったセスクがGKボルツを引きつけ、右で空いたウィリアンにイージーなボレーを決めさせて先制。このゲームも、終了間際に勝敗を左右するドラマがありました。1-0の90分、ロングスローをモラタがクリアすると、ジョーダン・アイブが拾った中央に流します。右隅に完璧なボレーを叩き込んだのはゴズリング。延長戦となれば、どちらが勝つかまったくわからなくなります。ところが1分後、こちらのチームのエース2人は、途中出場からでもしっかり結果を出しました。アザールのヒールパスに走り込んだモラタが、ボルツにぶつけながらも強引にねじ込み2-1。健闘したボーンマスは、つかの間の希望を踏みにじられてベスト8で姿を消しました。

セミファイナルの組み合わせは、アーセナルVSチェルシー、ブリストルを引いたのはマンチェスター・シティです。プレミアリーグ、FAカップと並行して戦わなければならないカップ戦で、3つの強豪は主力温存かフルスロットルで勝ちにいくか、難しい選択を迫られます。いやー、ホームアンドアウェイのマンチェスターダービー、やりたかったですね…(涙)。このうえは、自分たちに勝って上にいったブリストルに敬意を表し、本気で応援しようと思います。今日のようなアグレッシブなサッカーを、ぜひ見せてください!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

完敗ハマーズ、レスターはPK戦敗退…カラバオカップ準々決勝はアーセナルとマン・シティが順当勝ち!

順当ならアーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド。19日と20日の2日間にまたがって、カラバオカップの準々決勝が行われます。初日のドローはアーセナルVSウェストハムのロンドンダービーと、レスターVSマンチェスター・シティ。プレミアリーグ17節のアーセナルとのホームゲームをスコアレスドローで終えたモイーズ監督は、エミレーツに乗り込む今回の試合も接戦に持ち込みたいところです。例年、リーグカップとなるとあっさり負けるヴェンゲル監督のチームは、ヨーロッパリーグ仕様です。オスピナ、ドビュッシー、ホールディング、チャンバース、コラシナツ、エルネニー、コクラン、ウィロック、ウォルコット、ウェルベック、ジルー。コラシナツ以外はプレミアリーグで出番が少ない選手ばかりですが、ガナーズはウェルベックの1発でハマーズを下し、7年ぶりとなるベスト4進出を決めました。

Bチームといえども、ヨーロッパリーグのグループステージを首位通過した「裏の主力」たちにぎこちなさはありません。アーセナルが完全にボールを支配し、ハマーズはワンチャンスを狙う展開。14分にウェルベックが左から中に斬り込んで右足を振り抜くと、コリンズが足元に入ってボールは枠の外に逸れていきます。39分にコラシナツが左から上がった決定機は、ノーマークのウォルコットにぴったりのクロスが届きますが、14番は冷静に枠に収めれば入りそうだったヘディングを外してしまいます。先制ゴールは42分。コクランのサイドチェンジをドビュッシーがヘッドで中央に折り返すと、胸でトラップしてウィンストン・リードを抑えたウェルベックが落ち着いてプッシュし、ジョー・ハートの脇を抜きました。

元気がなかったハマーズは、64分にクレスウェルが蹴ったFK以外にシュートを打っていないのではないでしょうか。80分にウィロックがドリブルで持ち込んで左からシュートを放つと、リバウンドを拾ったウォルコットも落としをもらったエルネニーも打ちきれず。枠内シュートが決勝点のみだった淡泊な一戦は、手数が多かったチームに軍配が上がりました。精度の高いクロスを再三入れていたドビュッシーはプレミアリーグでも戦力としてカウントできるでしょう。若手の経験値UPなどいくつか収穫があった一方で、ジルーの負傷は激痛でした。ハムストリングを痛めたストライカーは、冬の移籍市場で出場機会をもらえそうなクラブとコンタクトを取ることを諦めなければならないかもしれません。セミファイナルでは、ウェルベックかエンケティアが前線に張ることになりそうです。

レスターの本拠地キングパワーに乗り込んだマン・シティもまた、ブラボ、アダラビオヨ、フィル・フォーデン、ブラヒモ・ディアス、ベルナルド・シウヴァ、ヤヤ・トゥレ、ジンチェンコと7人の若手とサブを起用しました。こちらもプレミアリーグ上位がボールを支配し、下位はカウンター狙いという構図です。14分に、左からボックスに入って無回転の強烈なシュートを放ったのはベルナルド・シウヴァ。26分、先制ゴールはギュンドアンが仕掛けたカウンターでした。ドラゴヴィッチを抜き去ったセントラルMFが右にいたベルナルド・シウヴァにラストパスを通すと、好調のドリブラーが冷静にGKハマーの股間を抜きました。

マンチェスター・シティがいつもと違ったのは、サイドでボールを持った際に中に入ってくる選手が少なかったことと、GKブラボが不安定だったことです。ボールさばきのミスが目立つGKを見て、エデルソン獲得がいかに大きな補強だったかをあらためて感じました。劣勢ならヴァーディとマフレズを後半から投入するというのが、ピュエル監督のゲームプランだったのでしょう。62分に右から抜け出したベルナルド・シウヴァは、GKを引きつけて出したラストパスを味方に通せず。73分にギュンドアンのFKをニアで合わせたブラヒモ・ディアスのヘッドは、ファーポストの外に逸れていきます。攻め続けたマン・シティがこのまま勝つと思いきや、95分に事件が起こります。デマライ・グレイを後ろからチェックしたカイル・ウォーカーのプレイは軽率でした。足を引っかけられたデマライ・グレイが転倒し、PK。ジェイミー・ヴァーディがこれを決め、試合は延長戦に突入しました。

最も決定的だったのは、102分にヴァーディがブラボのキックをブロックしたシーンでしょう。枠に飛べば勝ち越しでしたが、左に逸れてプレミアリーグ首位チームは命拾いします。ヤヤ・トゥレのFKもジンチェンコのミドルも決まらず、いよいよPK戦です。レスターにとっては千載一遇のチャンスでしたが、最後にブラボが勝利の立役者となりました。ヴァーディのキックを完璧に読んで右に弾き、マフレズは足でブロック。全員決めたマンチェスター・シティが苦しみながらもベスト4に進出しました。本日の試合はチェルシーVSボーンマスと、ブリストルVSマンチェスター・ユナイテッド。それぞれ強者が勝てば、マンチェスター勢とロンドン勢が激突するしびれるセミファイナルとなります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ロンドンとマンチェスターの直接対決はなし…カラバオカップ5回戦組み合わせ決定!

プレミアリーグファンのみなさま、このところは日本の気候は寒く、現地のピッチの上は熱くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。そろそろ、カラバオカップという新しい名前に慣れましたでしょうか。多くの方がリーグカップという言葉で済ましているであろう57年めのカップ戦も、いよいよベスト8。リヴァプールはあっさりレスターに敗れ、トッテナムはホームでウェストハムに足をすくわれましたが、マンチェスター勢とチェルシー、アーセナルが順当に8強に駒を進めており、残り9試合は盛り上がりそうです。本日深夜に、ラウンド5の組み合わせ抽選が行われたのですが、プレミアリーグのTOP6は見事に直接対決を回避しました。

チェルシーVSボーンマス、アーセナルVSウェストハム、レスターVSマンチェスター・シティ、ブリストルVSマンチェスター・ユナイテッド。4回戦ではTOP6で唯一のアウェイ戦だったジョゼ・モウリーニョ監督のチームは、その鬱憤を晴らすかのようにチャンピオンシップのクラブという極上のドローを引き当てました。チェルシーも、スタンフォード・ブリッジでボーンマスならまずまず。問題は、レスターの本拠地キングパワーに乗り込むマンチェスター・シティと、直近7年は頑なに年越しを拒んでいるアーセナルです。

昨季のEFLカップの準々決勝は11月末に開催されておりましたが、今季は12月18日の週です。22日に組まれている悪夢のようなフライデーナイト、アーセナルVSリヴァプールの日程が動かなければ、ヴェンゲル監督は中2日が2回続くスケジュールに不満を漏らすでしょう。アーセナルに限らず、12月の第1週までCL・ELを戦うクラブは、若手とサブの選手をうまく使ってこの試合を乗り切ろうとするはずです。一方、プレミアリーグで残留争いに巻き込まれたクラブが、カップ戦では目の色を変えて別なチームのようになるのは私たちが何度も目撃してきた光景です。現在は不振のボーンマス、レスター、ウェストハムは、優勝がうっすら見えてきたこの大会を本気で勝ちにくるのではないかと思われます。

チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドは、過去3シーズンの優勝クラブ。やられそうなクラブを挙げろといわれれば、やはりアーセナルです。準決勝はウェストハムと3つのビッグクラブ、決勝はマンチェスターダービーというのが、少々願望を込めた私の予想です。

忙しい年末の準々決勝もさることながら、さらにタイトなのは年明けの準決勝です。このラウンドだけ、なぜホーム&アウェイなのか。そしてなぜ、それをやめないのか。イギリス人に聞けば「伝統だから」という答えが返ってきそうですが、ウインターブレイクがないなか、ここはニュートラルの1試合にしていただいたほうがいいのではないかと思います。昨季のベスト4進出クラブは、いずれも苦しい後半戦を過ごしました。プレミアリーグ前半戦を2位で折り返したリヴァプールは、年明けからの2ヵ月を1勝3分3敗として優勝争いから完全に脱落。欧州でも戦っていた「最も忙しいクラブ」マンチェスター・ユナイテッドは負傷者が続出し、ELにシフトせざるをえなくなってプレミアリーグは6位。セインツは1月にファン・ダイクを失って終盤大失速、ハル・シティは降格です。すべてがカップ戦セミファイナルのせいではありませんが、4つのクラブだけが並行して3つの大会を戦うことになる1月が、勝ち進んだクラブにとって悩ましい季節なのは間違いありません。

プレミアリーグのクラブがホーム&アウェイで戦うステージはここしかないので、いざ始まると盛り上がるのですが、どうしても厳しいスケジュールが気になります。…年明けの話にいってしまいましたが、その前にベスト8ですね。アーセナルが久しぶりにここを越えたら、ヴェンゲル監督のリーグカップ初優勝が俄然現実味を帯びてきます。昨季の主役はズラタンでしたが、アーセナルが勝つとすれば誰にスポットライトが当たるのでしょうか。エンケティアが最も盛り上がりそうですが、私が秘かに期待しているのは今季不遇のオリヴィエ・ジルーの逆襲です。FAカップ覇者が勝つのか、昨季プレミアリーグ王者か、今季最強クラブか、ELチャンピオンか…。まずは12月の試合に、若手が躍動するスリリングな試合を期待します。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ