ルカク&マティッチ!夏の新戦力のヘディング2発でマンチェスター・ユナイテッドが準決勝進出!

アンフィールドよりも激しく雪が降るオールド・トラフォード。FAカップ準々決勝の2つめの試合は、プレミアリーグ2位と11位の対戦です。セヴィージャに敗れたばかりのマンチェスター・ユナイテッドは、気持ちを切り替えて戦うことができるでしょうか。ポール・ポグバとアレクシス・サンチェスはベンチスタートです。GKロメロ、最終ラインにバレンシア、バイリー、スモーリング、ルーク・ショー。マクトミネイとマティッチが中盤センターに入り、マルシアル、リンガード、マタが2列め。最近好調のルカクは、今日も前線でポスト役を担います。最初のシュートは4分、中央に斬り込んで右足を振り抜いたマルシアル。マティッチが右のバレンシアに展開した10分のチャンスは、ルカクのボレーがゴールの右に外れます。

13分、左から放ったリンガードのミドルは、ドライブがかかって右に切れていきます。1分後、スケロットが右から打ったシュートはロメロの前を横切って左にアウト。スピーディーなパスまわしでゲームを支配していたホームチームは、徐々にブライトンに押され始めています。マルシアルやバレンシアが上げる質の高いクロスは、微妙にずれてシュートにつながらず。ルーク・ショー、リンガード、マルシアルと横につながった28分のアタックは、マルシアルのシュートをブロックされてしまいます。1分後、マタとマルシアルがワンツーを繰り返した中央突破は、レフティのフィニッシュをストナーが足に当ててボールはポストの右。このCKのこぼれ球がスモーリングの足元にこぼれると、CBは至近距離からの一撃を右に外してしまいました。

31分のブライトンのCKは、フリーで叩いたダンクのヘディングシュートをロメロが右に飛んでセーブ。マンチェスター・ユナイテッドが先制したのは38分でした。ルーク・ショーの落としを左で受けたマティッチがダイレクトでクロスを上げると、逆サイドでダンクに競り勝ったルカクが強烈なヘディングシュート。プレミアリーグでは14ゴールと、得点王争いの圏外にいるベルギー代表FWは、FAカップでは4試合めで5発と大当たりです。前半は1-0。モウリーニョ監督がハーフタイムにルーク・ショーをアシュリー・ヤングに代えたのは、アクシデントでしょうか。

51分、ブライトンの左からのアタックは、ロカディアの裏から走り込んだパスカル・グロスが中央からダイレクトでシュート。左隅という狙いは悪くなかったのですが、惜しくもポストの脇に外れ、同点のチャンスを逸します。57分、右からのクロスのクリアを拾ったロカディアは、振り向きざまの左足シュートをロメロのビッグセーブに阻まれます。67分に右サイドから仕掛けたマーチのクロスは、ファーで空いていたロカディアにぴったりでしたが、右のサイドネットを狙ったヘディングは浮いてしまいました。68分、ヒュートン監督はマーチに代えてイスキエルド。今季がプレミアリーグデビューシーズンのコロンビア代表MFは、巧みなドリブルに要注意です。

モウリーニョ監督の2枚めは、74分にマタに代えてラシュフォード。3分後、ヒュートン監督はウジョアを下げ、プレミアリーグ11ゴールのグレン・マレーで勝負です。83分、マン・ユナイテッドのダメ押しゴールはセットピースから。左からカーブをかけたアシュリー・ヤングのFKに、ファーから3人がノーマークで走り込みます。決めたのは、ルカクの内側にいたマティッチ。ゴールライン上に落とすお手本通りのヘディングに、クルルは触れませんでした。リンガードをフェライニに代えたホームチームは、無失点で逃げ切りFAカップベスト4進出を決めました。

運動量もシュートも少なく、後半開始からしばらくは耐える時間が続いたものの、高さを活かしてヘディング2発。よくも悪くも、これが今季のマンチェスター・ユナイテッドです。優勝をめざすうえでの懸念材料は、ポグバとアレクシスの不振に加えて、バイタルエリアのカバーリングが緩くなっていること。セヴィージャ戦でも気になったのですが、CBがフォローしなければいけないエリアが広くなっており、対応が速いバイリー頼みではいずれ堤防は決壊します。ブライトンのミドルシュートはロメロが飛びまくってゼロに抑えてくれましたが、同じようにスペースと時間を与えれば、ハリー・ケインやエリクセンは許してくれないでしょう。セミファイナルはプレミアリーグの2試合で1点しか奪えていないセインツよりもウィガン、決勝は年明け以降5勝6分6敗と調子を落としているチェルシー希望ですが、果たして…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ブックメーカーの本命はマン・ユナイテッドと…FAカップ制覇をめざすスパーズに注目!

チャンピオンズリーグではリヴァプールVSマンチェスター・シティの同国対決が実現。ELのアーセナルも順調に勝ち上がり、ベスト4進出を賭けてCSKAモスクワと戦います。プレミアリーグはペップ・シティの優勝は当確ですが、CL出場権争いと残留バトルは白熱。マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、トッテナム、チェルシーのサポーターたちは、5月まで一喜一憂することになりそうです。そんななかで、私はもうひとつの大会を、チャンピオンズリーグと同じぐらい注目しています。本日からの2日間で、準々決勝が行われるFAカップ。オールド・トラフォードにブライトンを迎えるマンチェスター・ユナイテッド、レスターの本拠地キングパワーに乗り込むチェルシー、ハリー・ケイン抜きの布陣でスウォンジーとのアウェイゲームに臨むトッテナムは、こちらで勝ち切れなければ無冠でシーズンを終えることになります。

プレミアリーグ優勝には届きそうにないマンチェスター・ユナイテッドのサポーターとして、2年ぶりのFAカップ制覇、3年連続のタイトル獲得でシーズンを終えていただきたいと強く願っています。最強マン・シティがいない絶好のチャンス。チェルシーとは今季プレミアリーグで1勝1敗とイーブン。直近1ヵ月半の公式戦を3勝1分5敗と調子を落としているチームでもあり、充分勝機はあるでしょう。よりやっかいなのはトッテナムで、セミファイナルと決勝の舞台は今季の彼らが本拠地としているウェンブリーです。4月下旬なら、しばしば発表よりも早く復帰してきた絶対的エースの負傷が癒える可能性大。本日の試合でスウォンジーが番狂わせを起こさなければ、ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」でマン・ユナイテッドと並ぶ3.25倍の本命に推されているスパーズが、17年ぶりのタイトルを手にする可能性は充分にあると思います。

いや、もう少し踏み込んでいいましょう。マンチェスター・ユナイテッドが敗れ去るなら、スパーズに優勝してほしいというのが本音です。マウリシオ・ポチェッティーノ、ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセン、ソン・フンミン、デンベレ、アルデルヴァイレルトといった最高の顔ぶれが揃っている彼らが、もう一度チャンピオンズリーグにチャレンジしている姿が見たいのです。

今までも、何度もそんな思いに捉われてきました。スアレス・アンド・スタリッジを擁するチームのプレミアリーグ優勝やチャンピオンズリーグが見たかった。アレクシス・サンチェス、エジル、カソルラのチ―ムが主力を長期間失うことなく戦い抜いた結果を知りたかった。レスターの奇跡的な11人には、誰ひとり抜けることなく欧州最高峰の大会にトライしてほしかった。プレミアリーグ最多勝のチェルシーが、スペインやドイツの強豪相手に3-4-3でチャレンジするのを見たかった…。多くの場合は、叶わぬ夢として消えてしまう感情ですが、時に最高に近い形で思いが成就することがあります。ジエゴ・コスタやダヴィド・ルイスはいなかったものの、先日のバルサVSチェルシーはテンションが上がりました。現在の力の差を見せつけられた試合ではありましたが、堂々と戦ったウィリアン、マルコス・アロンソ、アザール、カンテに清々しさを感じながらタイムアップの笛を聞くことができました。

今季のスパーズは、ユーヴェと互角に渡り合って惜しくも敗れましたが、借り物のウェンブリーでなければどうだったのかという興味が残っています。新スタジアムで戦う来季、素晴らしいスカッドから代えの利かない戦力が抜けないためにも、タイトルを手に入れたか否かは重要なのではないかと思います。移籍の噂が絶えないハリー・ケイン、エリクセン、デル・アリがどこかでクラブを離れるなら、後世に伝わるタイトルという爪痕を刻んでからにしてほしいという願いもあります。

すみません。いささかエモーショナルな稿となってしまいました。最後に、本日のスワンズ戦に寄せてちょっとした情報をお伝えしましょう。注目選手は、白鳥キラーのエリクセン。スウォンジーと戦った公式戦8試合で、6ゴール5アシストという出色の数字を残しています。そしてもうひとつ、今夜のプレミアリーグとFAカップを存分に堪能したい方に、おすすめルートを紹介します。日本時間21時15分のランチタイムキックオフでスパーズを観た後、ハダースフィールドVSクリスタル・パレスの残留バトルを堪能し、好試合必至のリヴァプールVSワトフォードの余韻冷めやらないままFAカップのマンチェスター・ユナイテッドVSブライトンで日曜朝7時です。…というわけで、そろそろ失礼いたします。プレミアリーグジャンキーのみなさま、よい週末を!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジョレンテが12分でハットトリック!後半に目覚めたスパーズが圧勝でFAカップ8強進出!

プレミアリーグではマンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、チェルシーとの熾烈なCL出場権争いを展開し、チャンピオンズリーグはイタリア王者のユーヴェ相手にアウェイで2-2ドロー。トッテナムは、2018年に入ってからの公式戦で7勝6分と負け知らずです。マンチェスター・ユナイテッド戦とノースロンドンダービーを完勝したプレミアリーグは、6勝3分でマンチェスター・シティを上回っています。3つの大会を並行して戦うタイトなスケジュールのなか、やりくりに追われているポチェッティーノ監督にとって、FAカップはやっかいな大会になりつつあります。3回戦の対ウインブルドンは3-0で完勝したのですが、リーグ2(4部相当)のニューポート戦はアウェイで残り10分までリードを許す大苦戦で1-1。ウェンブリーでのリプレイという余分な試合を2-0で制し、5回戦に進んでいます。

今回の相手は、リーグ1(3部相当)で降格ゾーンにいるロッチデール。クジ運のよさを活かして悠々と8強入りするかと思えば、88分にハリー・ケインがPKを決めた後、90分に追いつかれて2-2。痛恨のドローでまたもリプレイです。雪が降りしきるウェンブリーにロッチデールを迎えたプレミアリーグ4位は、フォルム、フォイト、ハリー・ウィンクス、シソコ、ラメラ、ジョレンテといったサブの選手中心。24分に中央のラメラからボックス左でパスを受けたソン・フンミンが中に斬り返して先制ゴールを決め、今度こそ楽勝かと思いきや、31分に右から絶妙な浮き球のスルーパスを通されフリーのハンフリーズに同点ゴールを許してしまいます。前半は1-1で終了。ジャイアントキリングの予感漂う巨大なスタジアムの一戦は、ロッチデールが勝ち越す展開になるとおもしろいと思いながら後半に注目していました。ところが…。

47分、ルーカス・モウラがドリブルで中央を切り裂き、右にいたジョレンテにラストパスを通すと、巧みなループシュートがネットを揺らして2-1。53分にもソン・フンミンの縦パスでルーカス・モウラがボックス右を突破し、優しいグラウンダーをジョレンテがプッシュして3-1。さらに59分、今度はソン・フンミンが右からドリブルで縦に抜け出し、ふわりと浮かしたボールはジョレンテの頭にぴったりでした。前半が嘘のようなゴールラッシュ。ベテランストライカーは、12分でハットトリック達成です。

65分、センターサークルにいたルーカス・モウラがロングフィードを左のラメラに通すと、マーカーの股間を通す絶妙なラストパスが逆サイドのソン・フンミンに通り、7番は無人のゴールに転がすだけ。73分にはラメラの直接FKが右のポストにヒットするなど、スパーズの容赦ないアタックが続きます。デル・アリ、デンべレ、カイル・ウォーカー=ピータースに慣らし運転をさせたポチェッティーノ監督は、後半は安心して観ていられたでしょう。寒さで鼻を赤くしながら5-1で圧勝したスパーズが、8番めの準々決勝進出を決めました。次戦はプレミアリーグ同士の対決となるスウォンジー戦ですが、カルヴァリャル監督就任以降は7勝5分2敗と絶好調のチームだけに、要注意です。FAカップ準々決勝は、3月17日・18日に開催されます。


■FAカップ準々決勝組み合わせ
スウォンジー VS トッテナム
マンチェスター・ユナイテッド VS ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン
レスター VS チェルシー
ウィガン VS サウサンプトン


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

5バックのアーセナルは3失点で撃沈…ペップのマンチェスター・シティが初のタイトル獲得!

ペップがイングランドで初のタイトルを手に入れるのか、ヴェンゲル監督が就任22年めで初優勝を遂げるのか。ウェンブリーで開催されるカラバオカップファイナルは、プレミアリーグ首位と6位の対決です。マンチェスター・シティの攻撃力を警戒するヴェンゲル監督は、モンレアル、コシールニー、ムスタフィ、チャンバース、ベジェリンの5バックを選択。GKはオスピナ、中盤にエジル、ジャカ、ラムジー、ウィルシャーを置いて、最前線にオーバメヤンという布陣です。ペップの3トップは、アグロ、サネ、デブライネでしょうか。中盤にはフェルナンジーニョ、ギュンドアン、ダヴィド・シルヴァ。4バックはカイル・ウォーカー、ダニーロ、コンパニ、オタメンディ、GKはブラボを起用しています。

開始早々から押しているのはプレミアリーグ首位チーム。2分、CKのこぼれ球を左のサネがダイレクトで狙うも、うまくミートせず左にアウト。オーバメヤンを前線に残したアーセナルは、4-5のラインをきれいに引いてマン・シティのアタックを受け止めています。7分のアグエロの単独突破は、コシールニーとジャカでカット。ジャック・ウィルシャーがドリブルで仕掛けた8分のカウンターは、右から上がったラムジーのグラウンダーをオーバメヤンがプッシュしますが、ブラボが足に引っ掛けるビッグセーブでストップし、リバウンドに先着したストライカーの2発めはGKの懐に収まりました。ここから、アーセナルがボールを持つ時間が長くなります。マン・シティはガナーズの素早い寄せに苦しみ、パスをうまくつなげられません。

19分、マン・シティの先制ゴールはブラボのゴールキックからでした。アグエロと競り合ったムスタフィがプッシングをアピールしている間に、プレミアリーグ21ゴールのストライカーはゴール前に走り込んでオスピナの頭上を越すループシュート。早く追いつきたいガナーズは、23分の直接FKでラムジーが壁の脇を抜きますが、ブラボがニアでがっちりキャッチします。モンレアルは負傷したのか、26分にコラシナツとチェンジ。31分に縦パス1本でオーバメヤンが抜けた速攻は、すぐ横で浮き球をもらったウィルシャーのボレーが高く浮いてしまいます。36分のカウンターも、裏に抜けたオーバメヤンに追いついたコンパニが体を当てて奪取。39分にボックス左に流れながら放ったアグエロのシュートは、オスピナが触ってコシールニーがクリアし、フォローしたデブライネのボレーはニアポストの脇に外れます。

幸運な1発でリードして前半を終えたマンチェスター・シティですが、いつもの軽快なパスワークは影を潜め、縦に急ぐボールが目立ちます。後半開始早々の48分、ダニーロのクロスをサネがヘディングで落とし、中央から放ったコンパニのボレーが左ポストすれすれを抜けていきます。マン・シティはギアを一段上げたのでしょうか。50分、フェルナンジーニョがハムストリングを押さえて座り込んでしまいました。代わって入ったベルナルド・シウヴァが右サイドで、ギュンドアンがアンカーにまわるのでしょう。54分、オーバメヤンとカイル・ウォーカーが裏に出た縦パスを競り合い、そこに飛び出したブラボがキックミス。こぼれ球にオーバメヤンが先着できれば同点でしたが、戻ったGKがクリアして事なきをえます。アーセナルにとっては、このシーンが勝つための最後のチャンスでした。

58分、デブライネが右から蹴ったCKをギュンドアンがボレーで合わせると、中央にいたコンパニがコースを変えて右隅にゴール。ガナーズにとって、0-2は絶望的なスコアです。勝負が決したのは65分。ダニーロの縦パスで左からボックスに入ったダヴィド・シルヴァが、クロスに完璧なシュートを放ち、右のサイドネットを揺らしました。ELラウンド32のエステルスンド戦でセマに抜かれたチャンバースは、今日も1対1で敗れ、失点の原因となってしまいました。ヴェンゲル監督は、チャンバースをウェルベック、ラムジーをイオビに代えて反撃を目論むものの、目を引くのはアグエロやサネの速攻ばかり。0-3というスコアは最後まで変わらず、マンチェスター・シティが完勝でカラバオカップを制覇しました。

まずはペップ・グアルディオラ監督と今季プレミアリーグ最強チームに、おめでとうございますと申し上げましょう。前半は彼ららしいパスワークを見せられず、アグエロやサネの個人技に頼っていた感がありましたが、攻撃の厚みを取り戻して2点を追加した後半はさすがのひとこと。多少主力を欠くぐらいでは、このチームは大崩れしません。現在の力の差を見せつけられたガナーズは残念でしたが、ミッドウィークにエミレーツで開催されるプレミアリーグでリベンジを果たしていただければと思います。

1年2ヵ月前、アレクシス・サンチェスのゼロトップだったガナーズと、ヤヤ・トゥレとフェルナンドが中盤の底にいたマン・シティがエティハドで戦った際は実力拮抗でしたが、夏の補強とチームづくりで両者の差は決定的に開いてしまいました。5バックのチームの0-3完敗はショッキングでした。3月1日のゲームで同じ結果なら、ヴェンゲル監督とペップのポイント差は30となります。チャンピオンズリーグ出場権を得られる4位と降格ラインよりも大きい、絶望的なギャップです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ウィガン、3度めのジャイアントキリング!10人のマン・シティは痛恨のノーゴール敗退!

この結末は、まったく想像できませんでした。首位と2位の対決ですが、片やはプレミアリーグ、もう一方はリーグ1(3部相当)です。ウィガンの本拠地DWスタジアムで開催されたFAカップ5回戦。デルフの1発退場で10人となったマンチェスター・シティは、残り11分で先制ゴールを奪われ1-0で敗退しました。ブラボ、ダニーロ、ジョ
ン・ストーンズ、ラポルテ、デルフで後ろを固め、中盤にはフェルナンジーニョ、ギュンドアン、ダヴィド・シルヴァ。3トップにサネ、ベルナルド・シウヴァ、アグエロを起用したペップ・グアルディオラ監督は、デブライネとカイル・ウォーカーをベンチに置いたものの、さほどメンバーを落としてはいません。開始2分、右サイドのベルナルド・シウヴァがゴールに向かって曲がる得意のクロスを入れると、アグエロがきわどいヘディングシュート。プレミアリーグで独走態勢を築いているチームが先制するのは時間の問題だと思いました。

2012-13シーズンのFAカップファイナルで対戦した際は、ワトソンが追加タイムに劇的なゴールを決めてウィガンが優勝。圧倒的に有利といわれながらジャイアントキリングを許し、無冠が決まったマンチェスター・シティは、シーズン終了を待たずにロベルト・マンチーニ監督を解任しています。さらに翌年の準々決勝でも、アウェイのウィガンが1-2で勝利。マン・シティにとっては嫌な相手ではありますが、何しろ今はプレミアリーグと3部。ペップ率いる最強チームは、今季は2敗しかしていません。9分にギュンドアンが中央から放ったミドルは、GKウォルトンがゼーブ。マンチェスター・シティが予想通りイニシアティブを握り、自分たちのペースで試合を進めています。

11分、グリッグが単独で持ち込み、左足でシュートを放ちますが、ジョン・ストーンズがコースを押さえており、ボールはポストの外。70分後、この9番は大きな仕事をやってのけます。執拗にラインの裏を狙うマン・シティに対して、ウィガンは速攻勝負。20分にエルダーと競り合いながら転倒したアグエロには、ホームチームのサポーターから容赦ないブーイングが浴びせられています。25分にCKに飛び込んだラポルテは、フリーのチャンスでうまくトラップできず。30分、デルフが逆サイドに上げたクロスをジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、フェルナンジーニョのボレーはクロスバーの上に浮いてしまいました。35分にボックス右でエルダーをかわして打ったギュンドアンのシュートは、バーをかすめて裏に抜けていきます。46分にドリブルでひとりかわしてクロスに狙ったアグエロの一撃は、GKウォルトンがビッグセーブを見せて何とか切り抜けました。

前半終了間際、敵陣でこぼれたボールに反応したデルフは、パワーの脛をスパイクの裏で削ってしまい、レッドカード。10人でハーフタイムを迎えたペップは、レロイ・サネを下げてカイル・ウォーカーでサイドを締めるという非常手段を強いられます。マンチェスター・シティは後半に入ってもチャンスを創り続けますが、前線の厚みが足りないアタックはラストパスが味方に通らず、ウィガン守備陣を混乱させることができません。65分、ペップの2枚めのカードはダヴィド・シルヴァをケヴィン・デブライネ。プレミアリーグアシスト王の精度の高いラストパスで、一気に勝負を決めてしまおうという采配です。

72分、デブライネの高速グラウンダーがニアのアグエロに通ると、反転して放った左足シュートはエルダーがブロック。マン・シティがゴールに近づいていたゲームは、79分に均衡が崩れました。カイル・ウォーカーがボールをスルーしたのは、ファールがあったと勘違いしたのか、後ろにCBがいると思ったのか。拾ったグリッグが中に持ち込み倒れ込みながらシュートを放つと、ボールはブラボの左手の先を抜けて右のサイドネットを揺らしました。決まった瞬間、自らのミスが失点につながったかのように呆然と立ち尽くし、目を泳がせていたストライカーの姿が印象的でした。

ペップの采配は、結果的には裏目に出ました。サネ、スターリング、ガブリエウ・ジェズスがいないアグエロ頼みの前線では、さすがに厳しかったといわざるをえません。極上のジャイアントキリング。4冠を狙えたマン・シティは、意外なステージで止められてしまいました。プレミアリーグ首位チームを慢心云々とくさすよりも、高い集中力でゴールを許さなかったGKウォルトンとウィガン守備陣をほめたいと思います。3点リードしたリヴァプールが終盤の猛攻で1点差に詰め寄られたチームに対して、ひとり多いとはいえ決定機を創らせずに試合を畳んだのですから。いやー、それにしても…。試合の終盤を繰り返しチェックしているのですが、未だ興奮がおさまりません。


■FAカップ準々決勝組み合わせ
シェフィールド・ウェンズデーorスウォンジー VS ロッテデールorトッテナム
マンチェスター・ユナイテッド VS ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン
チェルシー VS レスター
ウィガン VS サウサンプトン


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ