リヴァプール紀行 (6)最終回!はじめてリヴァプールへ行く方へ

過去、5回に渡って「リヴァプール紀行」を書きましたが、今回が2012年年末年始編の最終回です。最後ですので、これからリヴァプールに行かれる方向けに、今まで紹介できなかった情報も含めてお伝えしたいと思います。

まずはリヴァプールの滞在期間ですが、ビートルズファン、リヴァプールサポーターは最低3日はとりましょう。私たちは時間の余裕がなく、行けませんでしたが、ビートルズが売れる前から演奏していたキャバーンクラブをもちろん、ジョン・レノンの作品やビートルズにまつわるさまざまな創作が展示されている「マシュー・ストリート・ギャラリー」、ビートルズの幼少時代から活躍ぶりまでを追った「ビートルズ・ストーリー」などがあり、これらを観て歩くだけでかなり時間が必要です。特に後者は、日本語のオーディオガイドもあり、じっくり回ろうと思ったら3時間くらいはかかるようです。展示以外でも、ストロベリーフィールズやペニーレイン、ジョージ・ハリスンの生家などを訪ねる「マジカル・ミステリー・ツアー」があり、こちらもファンにはたまらないツアーです。



リヴァプールのもうひとつの魅力は、「テート・リヴァプール(リヴァプール現代美術館)」、マージーサイド海洋博物館、リヴァプール博物館などの多彩な美術館や博物館です。そして、先に紹介した「ビートルズストーリー」も含め、アルバート・ドックには博物館や文化施設が集中しており、ここをゆっくり観るだけでも1日がかりです。そうそう、リヴァプール大聖堂、メトロポリタン大聖堂の「2大聖堂」はおさえておきましょう。とりわけ荘厳なリヴァプール大聖堂のスケールは、実際に自分の眼で確かめたほうがよいと思います。

さて、いよいよサッカーですが、リヴァプールファンなら、試合を観る前にスタジアムツアーとリヴァプール・フットボールクラブ博物館は必ず行きましょう。スタジアムツアーでピッチやロッカールームなどを実際に見るとテンションが上がりますし、リヴァプールはチャンピオンズカップ/リーグ5回制覇で、ビッグイヤー(大きな耳のような装飾のあるチャンピオンズリーグの優勝カップ)の永久保持を認められた、世界でたった3つしかないクラブのうちのひとつです。これは観ないといけませんね。また、マンチェスターまで1時間で行ける、というロケーションを考えれば、雑食系プレミアリーグファンなら、土日でリヴァプールとマンチェスターで1試合ずつ観られるタイミングを選んでスケジュールを組めるといいですね。

冒頭で「最低3日」と書きましたが、リヴァプールは「パブ文化」です。私は1日、イタリアンに逃げてしまいましたが、せっかくなので何軒かのパブでランチやディナーを愉しむことをお勧めします。そうなると、キャバーンクラブにも行きたいし、中華街も気になるし…なんてやってたら、ほら、3日はいたいでしょう!ちなみに宿泊はライムストリート駅周辺か、あるいはアルバートドック周辺のいずれかが便利ですね。ライムストリート駅近くなら、アンフィールドやグディソンパークに行きやすく、マンチェスターとの往復もラクです。一方、アルバートドックは何せ世界遺産の中心、見どころだらけですので、こちらを拠点にするのもいいかもしれません。どちらからでも、マシュー・ストリートまでの距離はさほど変わらず、歩いていけます。

ふう。こんなところでしょうか。最後にひとつだけ。期待しすぎるのはやめましょう。日本人の感覚でいえば、リヴァプールはちょっとした地方都市で、ひとつひとつの施設は地味です。現地の人になりきって、ゆっくりのんびり過ごすぞ、というくらいの気持ちで行けば、いいところを見つけられてこの街を愛せると思います。ぜひ、一度足を運んでみてくださいね!リヴァプール紀行、これにてお開きです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプール紀行 (5)リヴァプールで見つけたあまりにも緩いサッカーグッズ

エヴァートンとリヴァプールが、目と鼻の先にスタジアムを構えているリヴァプール。アーセナルとトッテナムが北、ウエストハムが東、チェルシー・フラム・QPRが西、北西はワトフォード、南にクリスタル・パレスと地域で棲み分けているロンドン勢と違って、どこにどっちのファンが多い、ということがさほどない街なのです。そもそも、アンフィールドはもともとエヴァートンの本拠地だったのですから。

そうなると、こうなります、というのが下の写真。アルバート・ドックで見かけたグッズショップでは、きれいにスペース2分割で青と赤。ロンドンでも、「そんなにサッカーグッズには力入れてませんよ」という体のショップでは、アーセナルとチェルシーのブタの置き物が、ロミオとジュリエットのようにちょこんと並んでいたりしますが、ライバルのグッズが盛大に左右に陳列されていることにはいささかの違和感を禁じえません。



ジェラードのお面!誰がするんじゃい!と声に出して突っ込んでしまいましたが、こちらもアルバート・ドックのショップで発見しました。このお面屋さんは、ミュージシャンはおろか、皇族のお面まで店先でアピールしており、イギリスと日本のカルチャーの違いを感じました。うーん、ジェラードのお面…。

そして、リヴァプールグッズがこれでもかと並んでいる最後の写真ですが、よく見ると顔が真っ白の人形やらニワトリの置き物やら怪しい、怪しい…。とはいえ、オールド・トラフォード探訪でも書きましたが、「本物買うならオフィシャルショップ、レアもの買うなら街場の出店」です。世界で数個しかない、を求める希少価値追求派の方は、ぜひどうぞ。



そう、怪しいといえば、エヴァートンのオフィシャルショップで売っていた「エヴァートン・モノポリー」も興味深い商品です。これ、何を独占したら勝利なんですかね?それぞれのコマに「フェライニ」「イェラビッチ」「ナイスミス」「ディスタン」とか書いてあるんですかね?フェライニはお値段、高そうだな…。どなたかお持ちの方、いらっしゃいましたらゲームのボードのお写真を送ってください。

(6)最終回!はじめてリヴァプールへ行く方へ に続く


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプール紀行 (4)体の芯まで温まるパブのアイリッシュ・シチュー

12月30日、午前。早起きして、のんびりアルバートドックの散策を愉しみ、ライムストリート駅前のホテルへの帰り道。13時30分からエヴァートンVSチェルシーがあるので、その前に何か食べようということになり、少し回り道しながら、お店がありそうな通りをぷらぷら歩いていました。目に入るのは、カフェかパブかファーストフード。朝食をそれなりに食べたので、カフェのサンドイッチにはあまり惹かれません。ファーストフードにいくぐらいなら、いわゆる”スタジアム飯”のほうがいい。そうなると、パブということになります。うーん、パブか。

これまでの「リヴァプール紀行」「ロンドンのおいしいもの」を読んでお察しの方もいらっしゃるかと思いますが、正直に申し上げると私はパブに対する警戒心が強いのです。理由は簡単。ハズレのインパクトがバカでかい、ということに尽きます。「イギリスは食事がまずい」と以前はよくいわれていたわけですが、パブにはその象徴ともいうべき「煮すぎてくずれた味のない野菜」「シャビシャビに薄いグレービーソースをぶっかけた硬い肉」「どこの部位か不明な臭い臓物」をにこにこ出してくるお店が未だにあるのです。これはねぇ…ホントに心臓に悪いです。脈拍が上がります。あのスマイルがウリの川越達也先生でも悪魔の形相、断末魔の叫び、採点不能です。できれば、そんな目に合わずに気持ちよくグディソン・パークに向かいたいわけです。

と、そこに現れた「オニール」という看板。いかにもアイリッシュ・パブといった感じのロゴデザイン。窓から中を除くと、ウッディで広々としており、インテリアも重くなく、いい雰囲気。メニューの立て看板を確認しても、苦し紛れにナントカスタイルと付けたような、うさんくさいシロモノもなく、悪くなさそうです。これなら大丈夫か、と入ると窓の近くの席に通され、そこでオーダーしたのがアイリッシュ・シチューでした。これは大正解!

ほどよく煮込まれたジャガイモ、玉ねぎ、ニンジンと、いい香りが漂う羊肉。アイリッシュシチューは「家庭の数だけ味がある」といわれているそうで、ホワイトシチューだったり塩シチューだったり、ベースも味付けも千差万別らしいのですが、このお店はグレイビーベースで、マトンによく合う素朴で優しい味。そして、肉や野菜もさることながら、上にちょこんと乗っかっているタイム・コブラー(thyme cobbler)がおいしいんです。これは、少しハーブの香りが立った、甘くないお食事ビスケット、とでも形容するのがいいのでしょうか。

風が冷たい冬のリヴァプールにあって、体が温まるシチューに出会えたのはとてもありがたく、エールをお代わりしながら(ビールばかり飲んでますね)、すっかりくつろいでしまいました。こちらはロンドンを始め、イングランドの各地で展開しているパブだそうですが、次回、イギリスを訪ねたら、ぜひまたこのシチューをいただきたいと思いました。

われわれのすぐ近くでは、チェルシーやエヴァートンのユニフォームを着た親子、若者たちがやはり食事をしており、さあ、いよいよという気分が盛り上がってきます。キックオフまであと2時間。そろそろ、行こうか。

…………………………………………………………………………………………………………
ちなみにアイリッシュ・シチュー&タイム・コブラ―のレシピがありますので、ご紹介します。
このブログとかなり趣旨違いですが⇒「BBC GoodFood」


(5)リヴァプールで見つけたあまりにも緩いサッカーグッズ に続く

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプール紀行 (3)マシュー・ストリートとリヴァプール最後の夜 

香川の復帰に興奮し、マンチェスター・ユナイテッドの勝利の余韻に浸りながら、すっかり夜の景色になったマンチェスター・ピカデリー駅からライムストリートに戻ります。リヴァプール最後の夜、ビートルズを生んだこの街のまだ見ぬ活気を感じたい。クリスマスセールの季節、街が買い物客でごった返しているロンドンからやってきたということもあるでしょうし、港町、労働者でにぎわっている街、というイメージに期待していたところもあるかもしれません。静けさは、もはや息苦しさになっていました。もう、あそこしかない。希望はひとつです。その夜、「マシュー・ストリート」に足を運んだのでした。

ライム・ストリート駅からとにかく繁華街の匂いがするほうへ7~8分ほど歩くと、その細い通りにたどり着きます。マシュー・ストリートには、若き日のビートルズが300回近くも演奏したという伝説のキャバーン・クラブがあります。実際にライヴをしたお店は、1973年に取り壊されたのですが、1999年に移転・復活。今のクラブがオープンしたとき、ポール・マッカートニーが駆けつけ、歌ったそうです。


Mathew Street Festival 2011 Liverpool


通りに少し入るだけで、「ここだ」とすぐわかります。それまで歩いてきた道とは明らかに異質な、猥雑な匂いがします。ここはまさに、ビートルズマニアの聖地。ビートルズショップがあり、キャバーン・クラブのすぐ向かいにはキャバーン・パブ。そして、ビートルズが楽屋代わりに利用したといわれるパブ・グレープスやパブ・ホワイト・スターなど、この界隈にはビートルズの軌跡と4人の足跡がたっぷり残されています。ショーをやっているようなクラブもあり、この寒さのなか、肩の出たドレスを着て大声ではしゃぎながら歩いている女性もいます。人通りは多いとはいえず、5分も歩かないうちに終わりを迎えてしまうくらいの「The short and winding road」です。真っ白なキャンバスに、紫色の絵の具で小さく点を打ったような、静かな街のちょっとしたアクセントでしかないのかもしれませんが、しかし濃密ではあります。

そういえば、空腹だったことに気がつきました。どこか、お店に入ろうか。キャバーン・クラブの中をのぞいたり、パブのメニューを眺めたりしたものの、相当パワーがないと入れないような気がして、躊躇します。もしかしたら、ここを愉しむには疲れすぎているかもしれない。緑のピッチに赤いユニフォームが舞い踊った、夕刻のあの興奮が頭の中をちらつきます。いいじゃないか、ここに来られたんだから。今日はおとなしく、どこかで軽く食事をして、帰ろう。

ホテルのすぐ裏手、St Johns shopping centre近くの「Bella Italia」というロンドンにもあるイタリアンチェーンでパスタを食べ、ビールを飲みます。ビールはエールではなく、モレッティです。10年前の自分なら、きっとキャバーン・クラブで地元のエールを大いに呷って、ライヴを楽しんでいただろうな、と先ほどの光景に後ろ髪をひかれるような気分を断ち切るように。この「食事するならパブに行きなさいよ」といわれているような街で、イタリアンチェーンはバントだよな。バット振ってないよな…。いやいや、いいじゃないか。マンチェスター・ユナイテッドの快勝に歓喜したのだから。香川の復活を目の前で観たのだから。そんなことをつらつら想いながら、モレッティをお代わりします。ホテルに戻ったら、「マッチ・オブ・ザ・デイ」でも観て寝ようか。

店を出ると、やはり街は静かです。遠くからささやかに、ストリート・ミュージシャンが歌う声が聞こえてきます。頭のなかではAcross The Universeがリフレインしています。いい街じゃないか、リヴァプール。何しろ、ビートルズの街なんだから。ほろ酔いで、鷹揚になっているだけかもしれませんが、この街に何を期待して、だからいいとか悪いとか、そういうことはどうでもよくなっていました。Nothing's gonna change my world…よかった。マシュー・ストリート。ビートルズ。そしてリヴァプールの夜。

翌日は、グディソン・パーク。そしてロンドンに戻ります。もう一度、来てみたい。そのときもまた、マシュー・ストリートへ。


(4)体の芯まで温まるパブのアイリッシュ・シチュー に続く

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ