リヴァプール紀行 (3)マシュー・ストリートとリヴァプール最後の夜 

香川の復帰に興奮し、マンチェスター・ユナイテッドの勝利の余韻に浸りながら、すっかり夜の景色になったマンチェスター・ピカデリー駅からライムストリートに戻ります。リヴァプール最後の夜、ビートルズを生んだこの街のまだ見ぬ活気を感じたい。クリスマスセールの季節、街が買い物客でごった返しているロンドンからやってきたということもあるでしょうし、港町、労働者でにぎわっている街、というイメージに期待していたところもあるかもしれません。静けさは、もはや息苦しさになっていました。もう、あそこしかない。希望はひとつです。その夜、「マシュー・ストリート」に足を運んだのでした。

ライム・ストリート駅からとにかく繁華街の匂いがするほうへ7~8分ほど歩くと、その細い通りにたどり着きます。マシュー・ストリートには、若き日のビートルズが300回近くも演奏したという伝説のキャバーン・クラブがあります。実際にライヴをしたお店は、1973年に取り壊されたのですが、1999年に移転・復活。今のクラブがオープンしたとき、ポール・マッカートニーが駆けつけ、歌ったそうです。


Mathew Street Festival 2011 Liverpool


通りに少し入るだけで、「ここだ」とすぐわかります。それまで歩いてきた道とは明らかに異質な、猥雑な匂いがします。ここはまさに、ビートルズマニアの聖地。ビートルズショップがあり、キャバーン・クラブのすぐ向かいにはキャバーン・パブ。そして、ビートルズが楽屋代わりに利用したといわれるパブ・グレープスやパブ・ホワイト・スターなど、この界隈にはビートルズの軌跡と4人の足跡がたっぷり残されています。ショーをやっているようなクラブもあり、この寒さのなか、肩の出たドレスを着て大声ではしゃぎながら歩いている女性もいます。人通りは多いとはいえず、5分も歩かないうちに終わりを迎えてしまうくらいの「The short and winding road」です。真っ白なキャンバスに、紫色の絵の具で小さく点を打ったような、静かな街のちょっとしたアクセントでしかないのかもしれませんが、しかし濃密ではあります。

そういえば、空腹だったことに気がつきました。どこか、お店に入ろうか。キャバーン・クラブの中をのぞいたり、パブのメニューを眺めたりしたものの、相当パワーがないと入れないような気がして、躊躇します。もしかしたら、ここを愉しむには疲れすぎているかもしれない。緑のピッチに赤いユニフォームが舞い踊った、夕刻のあの興奮が頭の中をちらつきます。いいじゃないか、ここに来られたんだから。今日はおとなしく、どこかで軽く食事をして、帰ろう。

ホテルのすぐ裏手、St Johns shopping centre近くの「Bella Italia」というロンドンにもあるイタリアンチェーンでパスタを食べ、ビールを飲みます。ビールはエールではなく、モレッティです。10年前の自分なら、きっとキャバーン・クラブで地元のエールを大いに呷って、ライヴを楽しんでいただろうな、と先ほどの光景に後ろ髪をひかれるような気分を断ち切るように。この「食事するならパブに行きなさいよ」といわれているような街で、イタリアンチェーンはバントだよな。バット振ってないよな…。いやいや、いいじゃないか。マンチェスター・ユナイテッドの快勝に歓喜したのだから。香川の復活を目の前で観たのだから。そんなことをつらつら想いながら、モレッティをお代わりします。ホテルに戻ったら、「マッチ・オブ・ザ・デイ」でも観て寝ようか。

店を出ると、やはり街は静かです。遠くからささやかに、ストリート・ミュージシャンが歌う声が聞こえてきます。頭のなかではAcross The Universeがリフレインしています。いい街じゃないか、リヴァプール。何しろ、ビートルズの街なんだから。ほろ酔いで、鷹揚になっているだけかもしれませんが、この街に何を期待して、だからいいとか悪いとか、そういうことはどうでもよくなっていました。Nothing's gonna change my world…よかった。マシュー・ストリート。ビートルズ。そしてリヴァプールの夜。

翌日は、グディソン・パーク。そしてロンドンに戻ります。もう一度、来てみたい。そのときもまた、マシュー・ストリートへ。


(4)体の芯まで温まるパブのアイリッシュ・シチュー に続く

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ