本命メッシに守備力で対抗!バロンドールに届くか、ファン・ダイク&サディオ・マネ⁉

昨季プレミアリーグで最少となる22失点の堅守を支えたファン・ダイクは、公式戦65試合連続でドリブル突破を許さずという驚異的な個人記録を残し、オフシーズンに「バロンドールの有力候補」と騒がれました。大方の予想通り、2019年の最初のアワードとなるUEFA男子最優秀選手賞をゲット。FIFAの男子年間最優秀選手は50戦51発のメッシに譲ったものの、依然として年末に発表される伝統の表彰を受ける可能性大といわれています。

新シーズンのファン・ダイクは、コミュニティシールドでガブリエウ・ジェズスにかわされて記録をストップされると、3節のアーセナル戦でニコラ・ペペのドリブル突破を許し、プレミアリーグのレコードも50試合で終了となりました。あまりに素晴らしかった昨シーズンと比べると、慌ててゴール前に戻る姿が目立ちますが、プレミアリーグ8試合6失点というチームの数字を見せられれば苦言を呈する勇気を失います。ここまでで唯一の敗戦となるナポリ戦の2失点は、いずれもロバートソンのミスによるもので、オランダ代表CBにおいてはチームの勝ち点ロストにつながるエラーは未だありません

プレミアリーグファンとしては、レッズの鉄壁ストッパーがファビオ・カンナバーロ以来13年ぶりとなるDFのバロンドールに輝いたら大拍手なのですが、彼のチームメイトも有力候補に推したいと思っています。2018-19シーズンの得点王、サディオ・マネ。公式戦50試合26ゴールのウインガーの数字を2019年に置き直してみると、36試合25ゴールで1試合あたりの得点率はUPします。「メッシは1月から28発を決めている」と主張するバルササポーターに対しては、ピッチで歩く姿が目立つあちらの10番には出せない数字を見せつけましょう。今季プレミアリーグのタックル数とインターセプト数。レッズの10番の貢献度を、攻撃だけで語ることはできません。

タックル数14回はFWでは2位で、スパーズのトビー・アルデルヴァイレルトや同僚のマティプを上回っています。1位に28回という怖ろしいスタッツを残しているエヴァートンのリシャルリソンがいるため、頂点に立つのは難しそうですが、前線の選手のなかでリーグTOPとなるインターセプト8回のほうは逃げ切れる可能性があります。8節のレスター戦で、クロップ監督がマネを右サイドに配したのは、チルウェルのオーバーラップにアーノルドが苦しめられると読み、プレスとカバーリングでサポートさせるためでしょう。

昨季のラ・リーガで13アシストを記録しているメッシに対してマネは1アシストと、チャンスメイク数で明確に劣るのが悩ましいところですが、守備力でチャラにさせていただき、アフリカネーションズカップで3ゴールを決めて準優勝というアドバンテージを乗せましょう。オランダ代表でネーションズリーグ準優勝のファン・ダイクと一騎打ちムードとなれば、レッズサポーターは相当盛り上がるでしょう。そのためには、プレミアリーグとチャンピオンズリーグにおけるクリーンシート連発と、マネのゴールラッシュが必要です。ぜひ、がんばっていただきたいのですが、今週末はやめてくださいね!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

おめでとう4周年!飲み会で盛り上がるユルゲン・クロップのクールなスタッツ25連発!

2015年10月8日。クラブを欧州の頂点に導いてくれたユルゲン・クロップ監督が、市内のホテルでリヴァプールとの契約にサインした日です。あれから4年。とにかく明るいドイツ人指揮官は、先週末のプレミアリーグで、ひと足早い4周年記念プレゼントを受け取りました。贈り主はウォルヴァー・ハンプトン・ワンダラーズ。ラウル・ヒメネスの大活躍で、マンチェスター・シティを0-2で屠った曲者のおかげで、プレミアリーグ最強王者との勝ち点差は8に広がりました。昨季から継続しているプレミアリーグ連勝記録は17に伸び、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムを連破すれば、ペップの持つリーグレコードを更新します。

開幕戦の39分にアリソン・ベッカーを失ったチームは、2018-19シーズンに22失点しか喫していない堅守が崩れるのではないかと心配されましたが、この試合の5日前に獲得したばかりだったアドリアンがゴールマウスに君臨し、8試合を6失点に抑えました。絶対的な守護神抜きで戦ったここまでの戦績には、100点満点で90点以上を付けてもいいのではないでしょうか。惜しむらくは、コミュニティシールドのPK戦におけるワイナルドゥムの失敗と、勝つチャンスが充分にあったナポリ戦を落としたことです。90分で1回しか敗戦がないチームに、さらに上を望むのは酷かもしれませんが、いずれの試合もチャンスの数では負けていなかっただけに、思い出すたびに「惜しかった…」とつぶやいてしまいます。

さて、ここからが本題です。リヴァプールの公式サイトが、ユルゲン・クロップの4年間がいかに素晴らしいかを数字で振り返っています。この記事に載っているネタだけでもお腹いっぱいではあるのですが、せっかくの機会ですので私も記録を足して加勢し、クラブ史上最高の指揮官であることを証明しようと思います。公式戦トータルで221試合129勝54分38敗。勝率58.4%は伝説の名将ボブ・ペイズリーの57.6%を上回っており、20世紀に入ってからはNo.1…と、ここで話を終わらせてもいいのですが、居酒屋で盛り上がりそうな楽しいテーマだけに、もうしばらく引っ張りましょう。

今から並べる3つのスタッツは、すべてレッズの歴代監督の最高・最速です。1試合あたりのゴール数は2.07。400ゴールに到達するのに費やした試合数は197です。プレミアリーグにおける最初の150試合で得た勝利は92。就任以来、最初の10試合は4勝3分3敗と振るわなかった指揮官は、年を経るごとに「負けない監督」としてバージョンUPしていきました。リーグ戦300ポイントまで146試合はレッズのボスにおける歴代最少。プレミアリーグの直近の戦績から3敗めを探しにいくと、2016-17シーズンのレスター戦(26節)まで59試合も遡らなければならないのは驚異的です。

ここから紹介するスタッツはすべて公式サイト発信で、レッズサポーター飲み会にてクイズでテンションが上がるクールなネタが揃っています。クロップ就任後の連続無失点は、2019年の2月から3月にかけて記録した517分。決めたゴールは458、プレミアリーグの勝ち点は320ポイントで、最も多く出場した選手は197試合(!)のロベルト・フィルミーノです。クリーンシートは88試合、最多ゴールはモー・サラーの77発。67人の選手を起用し、53クラブと戦い、うち50クラブから勝利を挙げています。

サブの選手が決めたゴールは49で、最多はオリギの9発。44分に1回ゴールをゲットしており、4ゴール以上は43試合です。最も多かったCBコンビはマティプ&ファン・ダイクの39試合で、敗れたのは5回のみ。ここまで目を通していただいたもの好きな方(失礼)は、数字がどんどん小さくなっていっているのにお気づきでしょうか。このペースで話を続けると大変なボリュームになってしまうので、プレミアリーグ17連勝とアウェイ8連勝はクラブレコード」「ナビ・ケイタの最速ゴールはキックオフから15秒」といったおもしろいスタッツだけ抜き出して、最後は「1」で締めたいと思います。

就任以来、欧州における最初の3大会ですべてファイナルに進出した、イングランドのクラブ史上初のマネージャー!

あらためまして、ビッグイヤー獲得おめでとうございます!これにてお開きとさせていただきますが、二次会に行きたいという方は…(ユルゲン・クロップ 写真著作者/Ruaraidh Gillies)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

欧州王者に感じられる4つの懸念…リヴァプールVSレスターの直前プレビュー!

プレミアリーグ首位と3位の対決ですので、「シックスポインター」「天王山」といった表現を使ってもいいでしょう。欧州王者リヴァプールが、本拠地アンフィールドにブレンダン・ロジャース率いるレスターを迎えます。112試合めとなる両者の対戦成績を見ると、リヴァプールの47勝25分け39敗とレスターの意外な健闘に驚かされますが、近年のデータはホームチームの勝利を予感させるものばかりです。アンフィールドにおける直近の8試合に限れば、レッズが7勝1分と圧倒。彼らがプレミアリーグのホームゲームで最後に敗れたのは、2017年4月23日のクリスタル・パレス戦で、以来43試合に渡って無敗をキープしています。2018-19シーズンのバーンリー戦から続けているプレミアリーグの連勝記録は16となっており、マンチェスター・シティの持つレコードまであと2つに迫っています。

圧倒的な強さを誇るレッズですが、今季の戦いぶりを見ると、いくつかの懸念が浮かんできます。最も気になるのは、スタメンの固定傾向。裏返していえば、レギュラーを脅かしてほしい選手たちが、負傷や不振に苦しんでいるということです。レッズサポーターなら、今シーズンの大事な試合で起用される11人を問われれば、目をつぶって並べられるのではないでしょうか。アドリアン(復帰すればアリソン)、アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン、ファビーニョ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム、サラー、フィルミーノ、マネ。ヘンダーソンを除く全員がプレミアリーグで6試合以上に先発しており、彼ら以外で3試合以上スタメンに選ばれているプレーヤーはひとりもいません。

シャキリは負傷がち、ナビ・ケイタとチェンバレンは負傷明け。ロバートソンとファビーニョが入団したとき、チームにフィットさせるのにあれだけ時間をかけたクロップ監督が、リハビリを終えて間もない選手に無理をさせないようにしているであろうとは容易に想像できます。守備の要となるファン・ダイクと絶好調だったマティプは外せず、中盤の底を締めてくれるファビーニョと運動量豊富なワイナルドゥムも、速いプレスに欠かせないタレントです。プレミアリーグ11ゴールの3トップもまた然り。しかし、彼らの固定が続けば、タイトなスケジュールとなった試合でポイントを落とす可能性が高まります。

2つめの懸念は、ナポリに敗れたCL初戦の後の4試合が、いずれも接戦だったことです。発展途上のランパードチェルシーに1-2、若手シフトで戦ったミルトン・キーンズ・ドンズ戦は0-2、速攻に苦しめられたシェフィールド・ユナイテッド戦は0-1、南野やファン・ヒチャンによもやのラッシュを喰らったザルツブルグ戦は4-3。3つがアウェイだったというフォローはあるのですが、攻めあぐむ時間帯が目立つ試合が増えており、守備陣が余裕を失うシーンがあるのも気になります。

プレミアリーグ2018-19シーズンでは21回を記録したクリーンシートは、今季は7試合で2回とペースダウン。ジェイミー・ヴァーディー、ティーレマンス、ハーヴィー・バーンズ、ジェームズ・マディソン、エンディディらが揃い、鋭い速攻を仕掛けてくるレスターに対して、弱点となりつつある右サイドがどこまで耐えられるかが勝負を分けるポイントとなるのではないでしょうか。

スタメンでで起用され続けている選手たちが、気の抜けない接戦の連続で疲労を溜め、守りにまわった際に冷静さを欠いて失点を喫する…レッズが足をすくわれるとすれば、先制点を奪われて追いかける展開でしょう。2014-15シーズン以降、ビック6相手に最多となる31ゴールを決めているジェイミー・ヴァーディーは、レッズとのプレミアリーグ9試合で7発の要注意人物です。

「今季プレミアリーグ最少失点対決」を欧州王者が制すれば、17連勝でプレミアリーグレコードにリーチがかかり、ホームでのリーグ戦11連勝というクラブ記録を達成します。マティプとシャキリが使えず、アリソンも微妙で、ナビ・ケイタやチェンバレンをスタメンに配するのはギャンブルに感じられるレッズは、ザルツブルグ戦の11人をそのまま持ってくるのでしょうか。「レギュラー固定傾向」「苦戦増加」「堅守の綻び」「勤続疲労」と4つの懸念が垣間見える首位チームに対して、古巣へのリベンジに燃えるロジャースがどんな策を講じてくるのかに注目しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

心に浸みるスピーチをありがとう…FIFAの年間最優秀男子監督は、ユルゲン・クロップ。

Mauricio, we won that game – that's why I'm here and not you. That's how football is, but we all know what an incredible job you did, what an incredible job Pep did, what so many coaches out there did.(マウリシオ、われわれは勝った。それが今、ここにいるのが私で、あなたではない理由だ。それこそがフットボールの世界だけど、あなたもペップも、ここにいない無数のコーチたちも、信じられないほどの仕事を成し遂げたとみんなわかってる)」

23日にミラノで開催された「ザ・ベスト・FIFAフットボールアワード2019」におけるプレミアリーグファンの注目は、UEFAの年間最優秀選手に輝いたヴィルジル・ファン・ダイクの2冠チャレンジと、ペップ、ポチェッティーノ、クロップで争われた最優秀監督でした。FIFA男子最優秀選手賞のほうは、レッズの鉄壁CBとクリスティアーノ・ロナウドを抑えたメッシが史上最多となる6回めの受賞。イングランドの評論家からは、「ファン・ダイクはクラブをビッグイヤーに導いたのに」といったブーイングもあったようですが、公式戦50試合51ゴールというスタッツを見せつけられれば、頂点に立つ資格なしとはいえません。

プレミアリーグ対決となった名将3人のバトルは、欧州王者のドイツ人監督が初受賞となりました。同業者への敬意がこもった冒頭のコメントは、いかにもユルゲン・クロップです。

「ワオ、これはかなり重いね。私に何がいえる?多くの人々に感謝しなければならないとは、はっきりいえるけど」「最初は、家族と一緒に自宅で試合を観ていなければならなかった。何て素晴らしいことだ。20年前、10年前、5年前、4年前も、私がここに立つなんて誰も期待していなかったのに!」

4年前…彼がリヴァプールの指揮官に就任したのは、2015年10月8日でした。プレミアリーグにやってきた外国人が、1度も疑問視されずに栄光をつかむなどということは不可能です。9ヵ月遅れでマンチェスターに到着したペップでさえ「あの激しさに適応できないのではないか」といわれた国で、クロップに対する懸念は「ゲーゲンプレッシングはタイトなスケジュールを乗り切れないのではないか?」。初年度からキャピタルワンカップとヨーロッパリーグでファイナリストになったため、戦術をインストールする間もない日々を過ごし、プレミアリーグは8位フィニッシュという微妙な着地でした。

2年めにチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、3年めもプレミアリーグのTOP4をキープしつつCLで決勝進出。レアル・マドリードとの一戦は、ガレス・ベイルにアクロバティックな決勝ゴールを喰らい、準優勝に終わりました。壇上からポチェッティーノ監督に語りかけたとき、1年5ヵ月前に味わった苦さを思い出していたのでしょうか。

ゲーゲンプレスが売りだった指揮官は、ファン・ダイク、ロバートソン、アーノルド、アリソン・ベッカーとともに鉄壁の守備を築き、引いて戦うこともできるようになっていました。2018-19シーズンは、プレミアリーグ30勝7分1敗という完璧に近い数字ながらペップの後塵を拝しましたが、マドリードで戦ったスパーズとのCLファイナルでリベンジを果たしました。今回の表彰は、誰もが納得する結末だったのではないでしょうか。

「(スピーチを)あまり長くしたくないが、最後にこのステージを使ってひとつだけいわせてほしい。これは個人賞だ。私は個人賞の意義を100%理解していないのだけれど、受け取ろう。多くの人のために、ここにいるのだから」
「ここに来られなかった多くの人々がいる。今日ここで”コモン・ゴール・ファミリー”のメンバーであることをお伝えできるのが誇らしく、ハッピーだ」

ファン・マタを中心に立ち上がったチャリティー団体をアナウンスし、彼のスピーチは終わりました。オーナー、スタッフ、選手、サポーターとともに勝ち取った栄冠であり、ひいてはサッカー界を取り巻くすべての人々によって成立している世界だから…。自分ひとりの手柄ではないという姿勢を終始貫いた最優秀監督に敬意を表し、祝福の言葉を選びたいと思います。リヴァプールを信じ、ともに戦い、チームを盛り上げてきたみなさん、おめでとうございます。このたびは、みなさんの仲間が素晴らしい賞に輝きましたね、と。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ホーム50試合連続無敗!リヴァプールのレジェンドをめざすマネに、早くも新契約締結の噂!

モー・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ。レッズサポーターのみなさんに、「FAB3のうち、ひとりをずっとクラブに残せるとすれば?」と聞いたら、誰に票が集まるのでしょうか。2シーズン連続のプレミアリーグ得点王か、誰も代役を務められない神出鬼没の偽9番か、オフシーズン返上で働き続ける左サイドの馬車馬か。1年前なら、「ボビーの代わりはどこにもいない」と左脳で結論づけていたかもしれませんが、今の私は断然サディオ・マネです。…いや、外野からすみません。

マネを推したくなる最大のポイントは、プレミアリーグとクラブに対するロイヤリティの高さです。2016年の夏にアンフィールドにやってきた快足ドリブラーは、昨季までの3シーズンで公式戦123試合59ゴール、プレミアリーグ92試合45ゴールという輝かしいスタッツを残しています。4月に行われたクラブ公式サイトのインタビューでは、「リヴァプールだけでなく、プレミアリーグでレジェンドといわれる存在になることが目標のひとつ。このクラブで100試合出場を記録できたのは素晴らしいことだ」とコメント。この夏のトランスファーウインドウで噂されていたレアル・マドリード移籍についても、「まったく考えていなかった」と述懐しています。

「率直にいって、このクラブの一員になれてとても嬉しい。世界最高のファンのサポートには、いつも感謝している。彼らはチーム全体のモチベーションを上げてくれる存在。もっとよくならなければならないと常に思わせてくれるんだ。ここにいるのがどれだけ幸せか、説明するのにとても苦労している」(サディオ・マネ)

熱狂的なサポーターなら、ここまでいってくれる選手を愛さずにはいられないでしょう。サポーターとプレーヤーの模範的な関係とリスペクトしたくなる一方で、「入団してからホームで1度も負けてなければ、相思相愛にもなるでしょう」とやっかみ半分で思ったりもします。前半に決めた2発で、プレミアリーグ5節のニューカッスル戦を3-1快勝に導いたセネガル代表FWは、ホーム50試合連続無敗というとてつもないレコードを達成。サウサンプトン時代の1試合を足すと、「アンフィールドでの連続無敗51試合」となり、この数字は同一スタジアムにおけるプレミアリーグレコードだそうです。

昨シーズンの後半戦は、マネの独壇場でした。23節のクリスタル・パレス戦から16試合14ゴールの荒稼ぎ。先制点が7発、勝ち越し1発と貴重なゴールが多く、彼がいたから最後まで優勝争いを続けられたといっても過言ではありません。レッズとマネは、昨年11月に2023年までの契約を結んだばかりですが、「デイリー・メール」は、欧州王者が週給15万ポンドが22万ポンド(約3000万円)にUPする新契約を準備していると報じています。サラーよりも高額の契約は、33歳になる2025年までとのこと。この話が事実なら、3トップに欠かせないアタッカーは、アンフィールドのサポーターの拍手と歓声に包まれながら引退スピーチをすることになるかもしれません。

日曜日のプレミアリーグは、チェルシーとの大一番。最もマネらしい瞬間は、「右足で繰り出す得意のコントロールショットがゴール右隅に突き刺さり、レッズ先制」でしょう。サポーター待望の1発は飛び出すのか。レッズを悲願のプレミアリーグ初制覇に導き、アンフィールドに銅像が建ってほしいと密かに願う未来のレジェンドの大暴れに期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ