12月MVPは1ゴール3アシストのアーノルド、クロップは今季4度めの最優秀監督をゲット!

プレミアリーグ12月の月間MVPは、天王山のレスター戦でカウンターから鮮やかなゴールを決めたトレント・アレクサンダー=アーノルド。世界最高ともいわれる右SBは、この試合でフィルミーノの2ゴールをアシストしており、月間1ゴール3アシストという数字を見せつけられれば文句なしのひとことです。2010-11以降の10シーズンにおける月間MVPをチェックしてみると、DFの受賞はダヴィド・ルイス、ヤン・フェルトンゲン、ヴィルジル・ファン・ダイクの3人のみ。5戦全勝だったリヴァプールは、昨シーズンの12月も7連勝で駆け抜けており、この月に選ばれたのがプレミアリーグNo.1といわれた屈強なCBでした。

ここまでの数字を見て、最優秀監督も察した方が多いのではないでしょうか。2年連続で12月を全勝で締めくくったユルゲン・クロップ監督は、2019-20シーズンに入ってからは10月を除くすべての月を制しており、通算受賞回数はペップ・グアルディオラまであとひとつに迫る6回めです。恐るべきサー・アレックス・ファーガソンの27回と、アーセン・ヴェンゲルの15回を超えるのは至難の業ですが、歴代3位となるデヴィッド・モイーズの10回ならクリアできるでしょう。昨季の7勝は22ゴールという圧倒的な攻撃力が印象的でしたが、今季も5戦15ゴールと負けておらず、4試合連続クリーンシートという記録も残しています。マティプとファビーニョを失いながらの堅守は、天晴れでした。

チャンピオンズリーグでは、難敵ザルツブルグとの負けられない一戦を敵地で0-2で制し、クラブワールドカップはフラメンゴとの死闘を1-0で畳んで初の世界一。ドーハで開催された大会と日程が重なったカラバオカップ準々決勝まではさすがに手がまわらず、セカンドチームでヴィラに5-0と完敗しましたが、8勝のうち6勝までがクリーンシートという完璧な立ち回りでした。フィルミーノとサラーが4ゴール、マネとオリギが2ゴールと攻撃陣も好調。11月のプレミアリーグMVPだったサディオ・マネは、ザルツブルグ戦とフラメンゴ戦でゴールをお膳立てして、トータル6アシストという秀逸な数字を残しています。

MVP初受賞となった21歳のSBは、「誇りに思う。チームとして素晴らしい1ヵ月だった。多くの選手がノミネートされていたなかで、とても名誉なこと」と喜びを表現。個人表彰嫌いの指揮官は、「とても喜ばしいことだけど、私が今この瞬間に考えているのは、1月の勝利」と手綱を締めています。ワイナルドゥム、デヤン・ロブレン、シャキリ、ナビ・ケイタ、ミルナーらが入れ替わりで負傷者リストに名を連ねるなかで、手駒をフル稼働させて勝ち切った指揮官は、5ヵ月で4回の月間最優秀監督と無双状態に突入しています。

タイトなスケジュールを駆け抜け、今週は数ヵ月ぶりにミッドウィークのゲームなし。「この期間の休みは、普段の2週間に感じられる」と語ったクロップ監督は、メルウッドで過ごす静かな日々について「何もない!絶対的に何もない!コーナーあたりでぶらぶらしている。午後に2時間、昼寝をした。そして犬の散歩が2回、それだけだ」とおどけておりましたが、見えないところでスパーズ戦に向けて入念な分析が続けられているはずです。

昨季の1月は、プレミアリーグ5試合で3勝1分1敗。今季は無敗のままで2月を迎えられるでしょうか。初優勝をめざすレッズの戦いを、引き続き追いかけてまいります。とにもかくにも、監督、選手と関係者、サポーターのみなさん、2ヵ月連続の表彰ダブルおめでとうございます!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ナイキとの契約はプレミアリーグ史上最高額!? 経営も絶好調のリヴァプール最新トピックス!

プレミアリーグ首位を快走するリヴァプールは、クラブ経営のほうも順調のようです。1月7日に、公式サイトが8年ぶりの新たなキットサプライヤーを発表。ニューバランスとの現在の契約は5月末で終わりを告げ、以前から交渉が報じられていたナイキと複数年契約を締結したとアナウンスされました。他社からのオファーと同額を提示すれば、優先的に契約更新できる条項の存在を主張していたニューバランスとは裁判となりましたが、高等裁判所における審議によってリヴァプールが勝訴。マネージングディレクター兼チーフ・コマーシャル・オフィサーのビリー・ホーガン氏は、アメリカのメーカーに謝意を示しつつ、新しいパートナーシップに期待していると語っています。

「私たちの象徴的なキットは、歴史とアイデンティティを構成する重要なパートです。新しい公式キットサプライヤーとしてLFCファミリーに迎え入れたナイキが、国内外でファンベースを拡大し続ける素晴らしいパートナーになることを期待しています。ナイキブランドは成長への野心を体現しており、彼らとともに新しく刺激的なプロダクツを提供できると楽しみにしています」

「デイリー・メール」など現地メディアによると、詳細は非公開とされているナイキとの契約は、ニューバランスとの4500万ポンド(約64億円)を上回る年間8000万ポンド(約114億円)。事実であれば、マンチェスター・ユナイテッドがアディダスと結んだ7500万ポンド(約107億円)を超えるプレミアリーグ史上最高額です。2017-18シーズンの決算で、前年比9000万ポンド増となる4億5500万ポンド(約648億円)を売り上げ、フットボールクラブとして初となる1億ポンドを超える利益(約1億2500万ポンド)を計上したクラブは、コウチーニョ売却をトリガーとして収益を順調に伸ばしています。

新しいユニフォームとともに楽しみなのは、アンフィールドロードスタンドの拡張プランです。世界一熱いともいわれるスタジアムに54000人を収容するクラブは、60000人を呑み込むスタンドへのスケールアップを推進。12月に行われたファーストステップの議論は成功し、クラブは地元住民、企業、サポーターからの意見を反映させた修正案を提示しようとしています。アンディ・ヒューズCOOは、地元の関係者の意見を尊重しながら進められるプロジェクトであると強調しています。

「アンフィールドロードの拡張は、3つのテーマに基づくものと明らかにしています。長期的な持続可能性、複雑な計画が進むプロセスのナビゲート、住民、企業、コミュニティグループの同意を得られる適切なファイナンスと経済的なモデルの発見です。ファーストステップでいただいたすべてのフィードバックを、注意深く傾聴しました。このエクスペリエンスの目的は、設計プロセスの周知でしたが、ご意見を受けてアンフィールドロードにおける地域のアクセスをどのようにキープするかを見直すことにしています。来月行われるセカンドステップの協議で、住民や企業、サポーターに共有します」

スタンドの拡大が決まれば、新たなスポンサーの開拓にドライブがかかるのではないでしょうか。フットボールもクラブ経営も絶好調のリヴァプール。2022年の春には、史上最高額の売上が報告されるものと思われます。プレミアリーグとチャンピオンズリーグで常に優勝を争うクラブになりつつある名門が繰り出す次なるトピックスに注目しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「クロップが熱望した理由がわかった」…南野拓実のデビューに現地メディアは軒並み高評価!

「初めてのアンフィールドにしてはチームに馴染んでいた」「プレスにおける意識が高かった」「オフ・ザ・ボールの動きの質はよかった」けれど、「パスがもらえなかった」「決定機を活かせなかった」「シュートが打てなかった」。われわれニッポンのプレミアリーグファンにおいては、FAカップ3回戦のマージーサイドダービーでデビューを果たした南野拓実の評価は、賛否両論なのではないでしょうか。フットボールを見る目が肥えており、常に是々非々の現地メディアからも厳しいツッコミをもらったのではないかと思いきや、彼らのミナミノ評は総じて好意的でした。

プレミアリーグをよく知る記者たちが歓迎ムードだった理由を推測すると、以下の4つに集約されるのではないでしょうか。「チームに合流して間もないという事情を考慮」「ユルゲン・クロップが試合後に激賞」「リヴァプールのコンセプトへの適性を評価」「何しろバーゲン価格」。いつも明るい指揮官の評価は、決してリップサービスではなく、南野に何を期待していたかがわかる的確な表現が印象的でした。


「よくわからないチームにおける最初の試合は、熟成したチームであるほど困難なものだ。彼が一緒にこなしたのは2回のセッションだけだからね。それでも彼は、この種のゲームを理解し、並外れたスキルといい姿勢を見せてくれた。先陣を切ってしっかりチェイスしてくれた」
「疲労はなかったけど、チームを知らない状態で無理をさせたくなかったので、引き上げた。オックス(=チェンバレン)のアドオンはいい選択だったね。タクミはスーパーだ。傑出している。彼こそがわれわれがほしかった選手。待ち望んでいたプレーヤーだ」


クロップ監督の言葉を受けて、地元メディアの記者も南野に高い評価を与えています。「リヴァプール・エコー」のポール・ガーストさんは、「クロップがなぜ南野を熱望したのか納得した。彼はエヴァートン守備陣を苛立たせ続けた」とツイート。プレス、ポジショニング、動きの質の高さがプラス材料となったようです。「インディペンデント」のマーク・クリッチリー記者は、「南野拓実のデビューは長く記憶には残らないかもしれないが、多大な約束が詰め込まれていた」とレポート。彼もまた、「今回のサインが理にかなっていると理解するのは簡単だった」と振り返っており、「タッチラインに向かうとき、アンフィールドの温かい称賛があった。彼がレッズで受ける最後のオベーションとなる可能性は低い」と結んでいます。

日本人ストライカーに付いたタグを「バーゲン価格」といい切った「スカイスポーツ」は、初戦のプレイを時系列で紹介し、「エリオットとの期待感高まる連携があり、ラインの裏を狙う明確な意志があった」と解説。ハーフタイムの後に消え去ったと指摘しつつも、「クロップが好むプレスゲームに適している」「攻撃における重要な選択肢になりえる」とポジティブに捉えています。「Takumi Minamino's Liverpool debut against Everton assessed(タクミ・ミナミノのエヴァートン戦におけるリヴァプールデビューを評価)」と題したレポートにおいて、もうひとつの注目ポイントは、2年前にFAカップ3回戦のマージーサイドダービーという同じステージでデビューした選手との比較です。


「イングランドのフットボールにとって騒々しい1日だった…ファン・ダイクが同じ組み合わせで勝利のゴールをマークした2年後、ミナミノのクラブにおける初戦はより静かだった」


当時のファン・ダイクは「プレミアリーグのDFとしては史上最高額」と移籍金が話題になっており、84分に決勝ゴールを挙げてもなお、獲得を疑問視する声は収まりませんでした。南野は、最高のタイミングと条件で、レッズに加わることができたのでしょう。ザルツブルグに支払った額が5000万ポンドを超えていれば、ハードルを上げてチェックする地元メディアの視線はより厳しかったのではないかと思われます。

まずまずのスタートを切った南野ですが、5試合もノーゴールが続けば、サポーターの催促とメディアの困惑の声が高まるのは必至です。プレミアリーグデビューは短い時間となりそうなので、ブリストル・シティVSシュルーズベリーの勝者と戦うFAカップ4回戦で初ゴールを決め、ラクになっておきたいものです。

いやー、楽しみですね。日本人初のプレミアリーグ10ゴール突破、稲本潤一、香川真司、岡崎慎司に続く4人めのプレミアリーグ制覇、さらにはビッグイヤー獲得と夢は膨らみます。次の出番は、19日に行われるアンフィールドのマンチェスター・ユナイテッド戦と予想しておりますが、いかがでしょうか。ぜひ、いいプレイを見せてください。…ゴールはやめてね。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今のリヴァプールはプレミアリーグ史上最強!?「BBC」が「365日無敗」の足跡をレポート!

本日から、FAカップ3回戦がスタート。明日のマージーサイドダービーで、南野拓実がデビューすることになりそうです。シェフィールド・ユナイテッドに完勝したプレミアリーグ21節で、期待のニューフェイスはスタンド観戦。アンフィールド周辺の露店では、早くもミナミノマフラーが販売されるなど、現地も日本代表FWの活躍を心待ちにしているようです。いきなりアンチェロッティのエヴァートンとぶつかることになったクロップ監督は、本気で勝ちにいくのでしょうか。あるいはプレミアリーグ制覇に照準を絞り、若手とサブの選手を中心としたメンバーで戦うのでしょうか。5日16時1分キックオフのゲームが、今から楽しみです。

今年最初の試合を2-0のクリーンシートで勝利したリヴァプールは、5試合連続のクリーンシートでプレミアリーグ11連勝。1年前にエティハドで開催されたマンチェスター・シティ戦を2-1で落としてから、365日リーグ戦無敗という信じられない戦績を残しています。「BBC」のエムリン・ベグレイ記者は、「Liverpool unbeaten for a year in Premier League - how did they do it?(リヴァプールはプレミアリーグで1年間負けていない。彼らはどうやってそれを成し遂げたのか?)」と題したレポートを配信。アーセン・ヴェンゲル率いるザ・インヴィンシブルズの49試合、ジョゼ・モウリーニョの40試合に次ぐ3位の無敗記録を継続するチームの足跡を辿っています。

プレミアリーグ37戦32勝5分。1試合あたりの勝ち点2.73は、2017-18シーズンに年間100ポイントを達成したマンチェスター・シティの2.63を上回っています。2018-19シーズンを9連勝で終えたレッズは、30勝7分1敗の勝ち点97という強さを見せながら、ペップのチームに1ポイント及ばず、史上最多勝ち点の2位という悔しい着地となりました。

今季の19勝1分は、2年前のマン・シティと並ぶハイペースです。彼らは21試合めにクリスタル・パレスに敗れ、23試合めのレッズ戦で敗れてシーズン無敗をストップされましたが、クロップ監督は次節からのトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドを連破できるでしょうか。ライバルとの激戦をクリアして無敗で優勝すれば、ザ・インヴィンシブルズを超える50試合連続という大記録達成となり、1991年から2年がかりで積み上げたACミランの欧州レコード58試合無敗が見えてきます。

37試合の個人記録にフォーカスしてみましょう。レッズのゴールゲッターといえば、真っ先に顔が浮かぶのはモー・サラーですが、TOPはサディオ・マネの25ゴールです。サラーが19で続き、フィルミーノは10ゴールをゲット。4位が6ゴールのファン・ダイクと当てられるサポーターは、どのくらいいるでしょうか。オリギが5ゴール、ミルナーとワイナルドゥムが4ゴール。トータル89ゴールのうち3トップが54ゴールを占め、13人が挙げた35ゴールを凌駕しています。

アシストが10を超えているのは、世界最高の両SBです。トレント・アレクサンダー=アーノルドが17、アンディ・ロバートソンは13。スタッツを見ると、3トップが絡む速攻とSBからの的確なクロスで無敗を続けているチームだということがよくわかります。昨季のプレミアリーグでDFとして史上最高の12アシストを記録したアーノルドは、今季も既に8アシストをマークしており、自らのレコードを更新するかもしれません。

これだけ素晴らしい数字を残しながら、この間の国内タイトルはゼロ。チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、クラブワールドカップの3冠を連続で達成したイングランド唯一のクラブの栄光は、FAカップとリーグカップの優先順位を落とすことで成立しています。直近1年で喫した4つの敗戦は、マン・シティに敗れた直後に行われたFAカップ3回戦のウルヴス、チャンピオンズリーグ準決勝のバルセロナ戦、今季CLのナポリ、クラブワールドカップと日程が丸かぶりで二軍仕様だったカラバオカップのアストン・ヴィラ。あらためて1年を振り返ると、トッテナム戦を控えたクロップ監督が、FAカップのマージーサイドダービーで主力をスキップさせる可能性は濃厚といわざるをえません。

2位レスターと13ポイント差と絶対的優位にありながら、レッズサポーターが慎重な姿勢を崩さないのは、「プレミアリーグで勝ったことがない」「2018-19シーズンは97ポイントで2位」「2013-14シーズンは35節まで首位だったのにひっくり返された」「3位のマン・シティがとにかく脅威」といった過去の悔しさとライバルの強さを忘れていないからでしょう。欧州の5大リーグで、365日以上無敗を継続しながらタイトルと無縁だったのは、1978-79シーズンのペルージャと、1979-80シーズンのレアル・ソシエダードのみ。40年ぶりの理不尽は、さすがにないと思いますが…。プレミアリーグ史上最強チームを目の当たりにしているのではないかと酔っている私は、ヴェンゲルの記録を破る無敗優勝で悲願を達成してほしいと願うのみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

未だ無敗の世界王者か、速攻が武器の若き挑戦者か…レスターVSリヴァプール、直前プレビュー!

ボクシングデーに開催されるプレミアリーグ19節には、優勝争いの展開を決める重要なゲームが並んでいます。レスターVSリヴァプール、ウルヴスVSマンチェスター・シティ。21日にエティハドで行われたプレミアリーグ2位と3位の直接対決は、2017-18シーズンには通常運転だった獰猛なプレスを繰り出したマン・シティが、オンターゲット12対2とレスターを圧倒。ブレンダン・ロジャースのチームが得意とするカウンターを1点に封じ、マフレズ、PK、ガブリエウ・ジェズスと続いた3発で快勝しました。敗れれば、1試合消化が少ないレッズと14ポイント差という絶望的なギャップが開いていたペップのチームは、何とか優勝争いに残り、レスターと首位の差は10ポイントキープとなりました。

次節、レスターが敗れればポイント差は13。アウェイでマン・シティを0-2で屠っているウルヴスが、ホームでもプレミアリーグNo.1の攻撃力を抑えて勝ち点3をゲットすれば、リヴァプールは完全なる独走態勢を築くことになります。古巣対決となるブレンダン・ロジャースは、クラブワールドカップで延長戦を強いられたチームにさらなる疲労感を植え付け、混戦方面に呼び寄せることができるでしょうか。シックスポインターの展開を読むべく、まずはアンフィールドで行われたプレミアリーグ8節の結果をおさらいしておきましょう。

先制ゴールは40分。ミルナーがラインの裏に通した素晴らしいパスにサディオ・マネが反応し、シュマイケルの動きを見て冷静に右隅に流し込みました。最前線のヴァーディーを走らせるカウンターをファビーニョとファン・ダイクに止められたレスターは、80分に一瞬の隙を突いて同点ゴールをゲット。アヨゼ・ぺレスがファン・ダイクの背後に通した短い縦パスは完璧で、斜めに走ってきたジェームズ・マディソンがアドリアンの脇を抜きました。1-1で終わるかと思われたゲームが、プレミアリーグ首位チームの勝利で決着したのは95分でした。ドリブルしていたオリギから奪ったレスター守備陣は、こぼれ球への対応が曖昧になってしまい、ボックス左でさらったマネをオルブライトンが倒してPK。これをミルナーが確実に決め、レッズが得意の2-1で若いチームを下しています。

特筆すべき数字は、シュート数とポゼッションです。リヴァプールが18本のシュートを放ち、8本を枠に収めたのに対して、レスターはわずか2本で、オンターゲットは同点ゴールのみでした。ポゼッションは51対49。今季プレミアリーグで最多となるカウンターから6ゴールのレスターは、中盤で持たされることによって得意技を封じられ、速い逆襲に怯える展開を強いられてしまいました。スコア以上に差を付けられていたチームは、本拠地キングパワーで迎え撃つリベンジマッチで、どんな工夫を施してくるでしょうか。

基本布陣は、エンディディを中盤の底に配する4-1-4-1。絶好調ヴァーディーの後ろにジェームズ・マディソンとティーレマンスが入り、ハーヴィー・バーンズとアヨゼ・ぺレスがSBの攻め上がりを押さえ込む戦い方を選ぶものと思われます。レッズには、ファビーニョがいません。アンカーは、おそらくロングフィードが冴えるヘンダーソン。インサイドMFは、フラメンゴ戦のダメージがないワイナルドゥムとミルナーでしょう。ヴァーディーやジェームズ・マディソンの怖さを知るクロップ監督は、カウンターを喰らいにくいロングフィードを多用し、マネとサラーがCBと勝負する機会を増やそうとしてくるはずです。

ヴァーディーの勝負エリアは左サイド。縦へのボールに強いファン・ダイクを避け、アーノルドとジョー・ゴメスの間のスペースを狙ってくるでしょう。右に配されたレッズのインサイドMFが、攻守のバランスを取れなければ、サラーが孤立しヴァーディーが暴れるという最悪の展開となります。ミルナー、ハーヴィー・バーンズ、チルウェル、アーノルドの激突が、勝負を分けるポイントとなるのではないかと思います。私の着地予想は、0-2でリヴァプール。レスターはいいチームですが、昨季プレミアリーグの2強とは厳然たる差があると感じています。

試合を盛り上げるのはホームチームの先制ゴールですが、ロジャース監督は正攻法を選ぶか、あるいはイヘアナチョを起用した4-4-1-1などの奇策に出るか。サラー、マネ、フィルミーノの疲労はいかばかりか。キックオフは日本時間で27日の5時。待ち切れなくてレビューを書いてしまいました。選手たちにとっては大変な季節ですが、われわれプレミアリーグマニアにとっては連日の激戦を堪能できる最もスリリングな2週間です。レッズに悲願の初優勝を遂げてほしい気分もありながら、混沌とした優勝争いを愉しみたい…ファンは常に理不尽でわがままです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ