上位対決で無敗!「プレミアリーグ最強のリヴァプール」は、なぜ下位に取りこぼすのか?

上位対決をすべて観た方は、イギリスメディア「メトロ」の記事に、深くうなずくのではないでしょうか。「Proof that Liverpool are actually the best team in the Premier League(実際はリヴァプールがプレミアリーグのベストチームであることを証明)」。彼らがフォーカスしたのは、プレミアリーグの上位対決の星取表です。チェルシー、マンチェスター・シティ、トッテナム、アーセナル、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドのTOP6について、直接対決の勝敗を見ると、4勝4分と唯一無敗のリヴァプールが抜きん出ています。開幕戦でいきなり当たったアーセナルとの撃ち合いを3-4で制すと、ホワイト・ハート・レーンでトッテナムと引き分け、3-4-3に出会う前のコンテ・チェルシーを1-2で撃破。マンチェスター・ユナイテッドには2分ですが、アンフィールドでの初戦は限りなく勝利に近いスコアレスドローでした。

年末のマンチェスター・シティ戦では8分にワイナルドゥムが先制ゴールを決めると、のらりくらりと守り切って勝ち点3。折り返しのチェルシー戦は、ダヴィド・ルイスに直接FKを決められた後、ワイナルドゥムのヘッドで追いつきドローと最低限の結果を残しています。2-0で完勝した25節のトッテナム戦を観て、「ハリー・ケインやデル・アリに可能性を感じた」という人はいないでしょう。かくして、6チームのミニリーグでレッズは無敗の首位。ホーム&アウェイのTOP6トーナメントを開催すれば、クロップ監督のチームは決勝に進出するでしょう。昨季ヨーロッパリーグとリーグカップで準優勝、今季はEFLカップと名称が変わった大会でトッテナムを倒してベスト4と、ここぞというゲームでの集中力は抜群です。消化試合数に差はあれど、リヴァプールは上位対決最下位のアーセナルに11勝ち点差をつけており、「プレミアリーグのベストチーム」と形容されても違和感はありません。


【プレミアリーグ2016-17 TOP6の直接対決戦績】
チェルシー    4勝1分3敗/勝ち点13/下位クラブ46
         未消化/マン・シティ(H)、マン・ユナイテッド(A)
マン・シティ   2勝1分3敗/勝ち点7/下位クラブ42
         未消化/マン・ユナイテッド(H)、リヴァプール(H)、アーセナル(A)、チェルシー(A)
トッテナム    2勝3分3敗/勝ち点9/下位クラブ41
         未消化/アーセナル(H)、マン・ユナイテッド(H)     
アーセナル    1勝2分3敗/勝ち点5/下位クラブ45
         未消化/リヴァプール(A)、マン・シティ(H)、トッテナム(A)、マン・ユナイテッド(H)
リヴァプール   4勝4分0敗/勝ち点16/下位クラブ33
         未消化/アーセナル(H)、マン・シティ(A)
マン・ユナイテッド1勝3分2敗/勝ち点6/下位クラブ42
         未消化/マン・シティ(A)、チェルシー(H)、アーセナル(A)、トッテナム(A)


ここまでは、レッズの強さについて紹介してきましたが、「脆さ」についても触れなければなりません。相手が強ければ強いほど威力を発揮するゲーゲン・プレッシングのチームが、勝ち点49で5位に留まっているのはなぜでしょうか。7位以下の14クラブとの戦績をチェックすると、勝ち点33はぶっちぎりの最下位。マンチェスター勢やアーセナルよりも2試合少ないことを考慮して、勝ち点6をプラスしても5位に届きません。下位キラーのチェルシーがスウォンジーとバーンリーに引き分けただけで勝ち点46を稼いでいるのに対して、リヴァプールはバーンリー、ボーンマス、スウォンジー、ハル・シティと4つも負けており、セインツ、ウェストハム、サンダーランドとドローも3つ。攻めてくる強豪クラブからは、圧倒的な走力を活かしたプレスで次々とボールを奪えるものの、引かれたとたんに打ち手を失うチームでもあります。彼らに足りないものは何でしょうか。「上位対決は分が悪く、下位からの勝ち点は多い」対照的なクラブ、アーセナルの数字をのぞいてみることにしましょう。

フォーメーションが異なるため、FWとMFのゴール数の単純比較はしにくいのですが、いくつか顕著な違いがあります。たとえばリーディングスコアラーのゴール数、高さで勝負できる選手の有無、スルーパスの本数。どこからでも点が獲れるものの、マネの11ゴールが最多のレッズに対して、アーセナルはプレミアリーグ得点王レースのTOPを走る17ゴールのアレクシス・サンチェス、8ゴールのジルー&ウォルコットとフィニッシャーが明確です。なかでもわかりやすいのが、アレクシス・サンチェスの「下位いじめ力」。17ゴールのうち、上位相手に決めたのは、9月のチェルシー戦の先制点のみ。これは、ケーヒルがもたつき、7番にボールをさらわれなければ決まらなかった1点で、きれいなゴールはひとつもありません。

さらにもうひとり、ガナーズには今のレッズにはないキャラクターが存在します。マイケル・アントニオの7ゴールに次ぐ「ヘッドで5発」のオリヴィエ・ジルー。リヴァプールが3つ4つとショートパスをまわして崩している間に、フランス代表の長身ストライカーは、エジルやアレクシスのハイクロスを一撃で叩き込みます。相手に引かれたとき、二次元で崩すのか、三次元で戦えるのかは大きいでしょう。ジルーの今季プレミアリーグ8ゴールのうち、6本までが決勝ゴールか同点ゴールです。どうしてもゴールがほしいとき、チームが誰を頼りにするのかが数字にも現われています。

プレミアリーグ最多の99本のスルーパスを決めているアーセナルに対して、リヴァプールは半分にも満たない40本。1発で世界を変えるパスが少ないのは、押し込む時間が長く相手にスペースを埋められる展開が多いことと、アレクシス・サンチェスやウォルコットのように虎視眈々とラインの裏を狙う選手がいないからでしょう。ちなみに、レッズと同様によく走るペップのマン・シティは、デブライネとダヴィド・シルヴァを中心にスルーパス本数で2位につけており、プレスで制圧する戦い方と自陣に引き寄せてカウンターを仕掛ける時間帯を使い分けているのがわかります。クロップ監督のチームは、よくいえばコンセプチュアル、悪くいえばときどき一本調子。比喩を野球に求めるなら単打とバント、ヒットエンドランでアドバンテージを積み上げるチームで、一発長打がありません。「メトロ」は、ひたすら走り続けるリヴァプールをたしなめるように、記事をこう結んでいます。「とどのつまりは、プレミアリーグはスプリントではなく、マラソンなのです」。

逆転されたゲームは、12月に3-1をひっくり返されたボーンマス戦と、最終的には追いついたウェストハム戦のみ。ボールを支配しながらもゴールが奪えず、少ないチャンスを活かされる落とし方が多いレッズに、「弱者に強いアレクシス」「困ったときのジルー」「1発で世界を変えるエジル」「裏抜けウォルコット」のいずれかがあれば、今頃はプレミアリーグ首位を走っていたのではないかと思います。このなかのいくつかの役割は、スタリッジとオリギが託されていたはずです。サブの選手が機能せず、オプションで試合の流れを変えられないのもレッズの弱点のひとつです。逆にいえば、これからの戦いで奇跡的な逆転を実現するには、スタリッジの覚醒やオリギのブレイク、あるいは第3の男の台頭が求められるということでもあります。プレミアリーグ1本、残り13試合。ベストチームの目標は、もちろん無敗フィニッシュです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

上位対決が続く正念場リヴァプール、クロップ監督が勝ちきるために何が必要!?

トッテナム、アーセナル、マンチェスター・シティと激突するここからの5週間が勝負です。年明けのプレミアリーグで3分2敗と未だ勝利がないリヴァプール。ユルゲン・クロップ監督は、就任2年めも鬼門の1月を無事にくぐり抜けられませんでした。1年めの昨季も、年明けからの5試合は1勝1分3敗。アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、プレミアリーグを制覇したレスターと対戦相手が厳しかったとはいえ、ウェストハム相手に0-2と沈黙し、4-5でものにしたノリッジ戦はラストプレーでララナがボレーを決めるきわどい勝利と、完勝がありませんでした。

今季もこの時期にマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーと当たっているものの、サンダーランド、スウォンジー、ハル・シティはいずれも残留を争うチーム。彼らとの3試合で勝ち点を8も落としていては、優勝争いから脱落するのも仕方がありません。スプリント回数、走行距離ともリーグ1位の「ゲーゲン・プレッシング」はプレミアリーグを通年で戦えないという厳しい声も聞こえてきており、来季のチャンピオンズリーグ出場権を狙うチームは正念場を迎えています。

ここ2年に共通しているのは、リーグカップで勝ち残り、1月に準決勝の2試合をこなしていることと、FAカップで再試合を戦っていること。月間9試合という過密日程は、いちばん走るチームを確実に痛めつけています。クロップ監督と経営陣は、欧州でのスケジュールがなかったために、刃を研ぎ過ぎたかもしれません。ジョーダン・アイブ、ジョー・アレン、ベンテケ、サコ、コロ・トゥレ、シュクルテルと夏に中心選手を6人放出した一方で、加わったフィールドプレーヤーはマティプ、クラヴァン、ワイナルドゥム、グルイッチ、マネの5人。ダニー・イングスが2年連続で長期離脱となり、グルイッチも戦列を離れたという誤算はありましたが、サディオ・マネは1月にアフリカに旅立つとわかっていた選手です。「燃料計算」においては、チャンピオンズリーグを戦いながらプレミアリーグで2位につけているポチェッティーノ監督のほうがうまかったといわざるをえません。

ただし、クロップ監督の最大の誤算は、単純な頭数だけではないでしょう。レギュラーとサブの戦術理解度の差が大きいことが、レッズの戦い方を難しくしているのだと思います。昨季プレミアリーグで先発28回だったアルベルト・モレノは、守備の不安が改善せず、今季のスタメン起用はわずか3回。度重なる負傷でシーズンの過半を棒に振りながら8ゴールを決めていたスタリッジは、たったの2ゴール。オリギも期待どおりとはいえず、パス成功率が82%と低いエムレ・ジャンは度々敗因となっています。イギリスメディア「Squawka」は、この3人に加えてミニョレ、クラヴァン、ルーカス・レイヴァを放出しなければ、プレミアリーグ制覇には届かないと主張。クロップイズムを体現できるハイレベルな選手の必要性を説いています。

私は、今のリヴァプールについては、ロリス・カリウスが本来の力を発揮するという条件つきで、「ベストメンバーならプレミアリーグを制するポテンシャルがある」と思っています。問題は、戦略・戦術のオプションでしょう。同じくよく走るトッテナムやマンチェスター・シティのように、「ボールを奪う位置を意図的に下げてカウンター狙い」というプランBを装備することと、難しい展開になったときのカードを揃えること。前線が4枚いるアーセナル、サイドのアタッカーを選べるマンチェスター・シティ、フェライニやマルシアルをベンチで待たせておけるマンチェスター・ユナイテッドと比べると、オリギ以外にプランがないレッズはあまりにも貧弱です。高さという手っ取り早い武器だったベンテケの放出は、1年待ってもよかったかもしれません。突出した強みはなかったものの、ときどき中盤の詰まりを解消してくれたジョー・アレンも、今は恋しく思えます。サイドからドリブルで仕掛けられる選手が、もう1枚いればというシーンも1度や2度ではありません。

とはいえ、今季については、足りないパーツの話をしていても事は前に進みません。戦い方において最も重要なのは、スタメンでは策を弄さないこと。攻めてこそレッズ、走ってこそクロップサッカー。「上位チームにとって嫌なのは、間違いなくエムレ・ジャンよりワィナルドゥム」です。堂々と戦い、イーブンあるいは1点を追う展開になった際は、「クラヴァンを左SBにまわしてミルナーを中盤インサイド(あるいはウイング)に上げる」「後半の勝負どころで迷いなきウッドバーンを抜擢し、”デル・アリ化・ラシュフォード化”をめざす」といった思い切りがあってもいいのではないでしょうか。アウェイ戦では1分10敗と猫になるバーンリーと、レッズよりも悩みが深いレスターには必勝。アンフィールドのトッテナムとアーセナルからは勝ち点3をもぎ取り、エティハドでドローに持ち込めれば、大満足の5週間でしょう。マンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、すぐ上にいるライバルだけに、前半戦のレベルまで強さが戻ってきてしまっては困りますが、プレミアリーグをおもしろくしていただくべく、レッズの巻き返しに期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

タイトな日程、マネの不在…「この冬クロップ監督が狙うアタッカー候補」を地元紙でチェック!

実に13ヵ月ぶりです。リヴァプールのジョー・ゴメスがピッチに戻ってきました。前十字靱帯損傷という重傷を負い、昨季プレミアリーグを棒に振った19歳のDFは、リーグ2(4部相当)に所属するアクリントン・スタンリーとのフレンドリーマッチで45分間プレイしました。SBもCBもこなせる逸材がトップチームに復帰すれば、マティプやナサニエル・クライン、ミルナーなどレギュラークラスがいないときに最終ラインを安定させてくれるでしょう。将来的には、イングランド代表を背負って立つと期待されている選手です。いきなりフルスロットルとはいかないかもしれませんが、年が明ける前にアンフィールドで元気な姿を見せてもらえればと思います。

ジョー・ゴメスが計算できるようになり、マティプのアフリカ・ネーションズ・カップ不参加が正式に決まって守備陣はタイトな1月を乗り越えられると算段が立てば、リヴァプールの冬の補強ポイントはサイドアタッカーかストライカーに絞られます。今朝がた「スペインとのフレンドリーマッチでアダム・ララナが負傷」というショッキングなニュースが駆け巡り、サディオ・マネがアフリカに旅立つとなれば、プレミアリーグ上位との激戦が続く年明けに穴を埋めてくれる選手について検討しなければません。こういう話題は、地元紙「リヴァプール・エコー」をチェックしてみるのがいいでしょう。「ダニエル・スタリッジをアンフィールドから出すべく、サウサンプトンと交渉開始」…気になりますが、後にしましょう。トランスファーニュースのコーナーを見てみると、案の定さまざまな名前が飛び交っています。

イランのメッシと呼ばれるロストフの新星サルダル・アスマンは、エージェントが「移籍を急いではいない」といっているようです。移籍市場が始まると必ず名前が出るラカゼットは、夏ならまだしも冬にリヨンを離れることはないでしょう。インテルでサポーターと揉めているマウロ・イカルディは、スタリッジをベンチの隅に追いやって迎える選手ではないように思います。WBAのサイード・ベラヒーノは、プレミアリーグ38試合14ゴールと素晴らしい数字を残した2年前ならいざしらず、停滞している今の状態で獲りにいくのは勝算なきギャンブルです。

噂になっている選手のなかでは、夏に獲りにいったといわれているグレミオ・ポルトアレグレのルアンか、トリノの22歳FWアンドレア・ベレッティがおもしろいのではないでしょうか。いずれも、中もサイドもこなすアタッカー。リオ・オリンピックでブラジル代表として金メダルに貢献したルアンは、3000万ユーロ(約34億9000万円)という格安なタグがついているといわれており、同郷のフィルミーノとコウチーニョがいるチームなら早期にフィットしてくれるのではないでしょうか。ベロッティもまた、2000万ポンド(約27億2000万円)とお手頃価格だといわれていますが、セリエA10試合8ゴールとただいまブレイク中。ナポリとの契約交渉がまとまらないと伝えられているロレンツォ・インシーニェのほうが獲りやすさでは上かもしれません。ただし、「リヴァプール・エコー」に大きな写真が載っているイタリア代表FWは今季ノーゴールで、2600万ポンド(約35億4000万円)も払って大丈夫なのかという懸念は残ります。

クラシックなストライカーやサイドに張る選手を獲れば、ベンテケやジョーダン・アイブをなぜ出したんだという話になります。ほしいのは、流動性が高いサッカーに対応できるタイプ。オリギと健全なポジション争いができる若い選手がいいと思います。ウインガーがほしいと明言しているクロップ監督が、どんなチョイスをするのか注目しましょう。いざフタを開けてみたら、何年も前からそこでプレイしていたかのように、ジェームズ・ミルナーが平然とクロスを上げているかもしれませんが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプールの鬼門はタイトすぎる1月⁉…クリスマスまでに広げたいライバルとのギャップ!

あの日の翌日、「デイリー・ミラー」のマージーサイド担当記者であるマードック氏は、興奮冷めやらぬ様子でした。リヴァプール6-1ワトフォード、オンターゲット17本!彼らによると、2003-04シーズン以降のプレミアリーグで、17本ものシュートを枠内に打ち込んだチームは初めてだそうです。「私たちが学んだ5つのこと」と題したマッチレポートを書いた記者の見出しは、レッズの攻撃同様にパンチ力があります。「Coutinho and Firmino the deadly duo(コウチーニョとフィルミーノは相手を死に至らしめるデュオ)」「Five-star attack unstoppable at the moment(5人のスターによる攻撃は一瞬で止められなくなる)」「Henderson the new conductor(新たな統率者、ヘンダーソン)」。マネ、コウチーニョ、フィルミーノ、エムレ・ジャン、ララナが織りなす攻撃に、決して守備は悪くないワトフォードはまったく対応できませんでした。私は、レッズをリスペクトし続ける記事を無邪気に楽しんでいたのですが、そんななかでひとつだけ気になる見出しがありました。

「Liverpool could be clear at the top by Christmas(リヴァプールは、クリスマスには明確にトップの座にいるに違いない)」

論拠は、「既にプレミアリーグ上位クラブとの対戦を終えている」「ライバルたちは、チャンピオンズリーグに巻き込まれる」。なるほど、おっしゃるとおり。アーセナルとマンチェスター勢が激突し、チェルシーはトッテナムとのロンドンダービーの翌週にマンチェスター・シティ戦。ライバルがシックスポインターに明け暮れるなかで、レッズのプレミアリーグの日程を見てみると、セインツ、サンダーランド、ボーンマス、ウェストハム、ミドルズブラ、そしてマージーサイドダービー。クリスマス前のカードは、与しやすい相手ばかりです。バーンリーに足をすくわれて以来12戦負けなし、10勝2分で快走しているクロップ監督のチームは、クリスマスまでペースを落とさず走り切ってしまうかもしれません。優勝といわれると考え込んでしまいそうですが、「レッズはプレミアリーグ前半戦をトップで終えられるか」という問いに対しては、イエスと即答する方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

さて、問題はその後です。アーセナルの鬼門が11月なら、クロップ監督にとってのそれは、初年度も苦しんだ1月かもしれません。12月31日にマンチェスター・シティと前半戦最後のゲームを戦うリヴァプールは、中1日でサンダーランド、直後にFAカップ。やっかいなのは1月15日のマンチェスター・ユナイテッド戦と31日のチェルシー戦で、それぞれ直前にEFLカップの準決勝が行われます。11月29日、アンフィールドでリーズと当たるEFLカップ5回戦は、まず落とさないでしょう。2つのカップ戦が一気に押し寄せてくる月に、リヴァプールは上位クラブを2つもさばかなければならないのです。

しかも1月は、14日からアフリカ・ネーションズ・カップが開幕。ジョエル・マティプとサディオ・マネは、2月頭まで帰ってこない可能性があります。6ゴール2アシストを決め、コウチーニョとのコンビで14回の決定機を創ったマネがいなくなった際には、フィルミーノとコウチーニョの「the deadly duo」を失ってはいけません。アーセナルにおけるアレクシス・サンチェスとジルーの差と、レッズのフィルミーノとスタリッジの差では、後者のほうが開きが大きいでしょう。ワトフォード戦に途中出場したスタリッジは、ゴールこそ奪えなかったものの、枠内シュートを4~5本重ねるなど動きは悪くありませんでしたが、彼にフィルミーノと同等の守備力は期待できません。クロップ監督が、負傷者続出で苦しんだ1年めと同じ道を歩かないことが、レッズがプレミアリーグの優勝争いに絡み続ける条件となるのではないでしょうか。

「デイリー・スター」のプレミアリーグ順位予想は、1位マンチェスター・シティ、優勝争いに残るのはチェルシーとトッテナムで、リヴァプールは失速して4位に終わるとしています。クリスマスまでにギャップを広げて1月をうまくやり過ごし、首位で春に向かうのか。昨季までの取りこぼし癖が顔を出し、リードを広げられないままタイトな1月から調子を崩すのか。ポイントとなるのは、フィルミーノとコウチーニョをいかにうまく休ませるか、主力不在時に両サイドの破壊力をどうやって維持するかだと思います。ララナ?オリギ?まさかのミルナー…⁉ここまでは完璧に近いシーズンを過ごしているクロップ監督の手綱さばきに注目です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ