凄すぎるフィルミーノ…プレミアリーグ制覇をめざすリヴァプールに感じた高揚と絶望。

チェルシーをPK戦で下し、UEFAスーパーカップを制したリヴァプールに対して、リスペクトとともに絶望感のような気分を抱きました。ユルゲン・クロップ監督が2度めのトロフィーを手に入れたイスタンブールの夜は、ビッグイヤーを獲得したマドリードに負けず劣らず素晴らしい時間でした。エンゴロ・カンテが復帰したチェルシーは、プレミアリーグ開幕節で惨敗したのが嘘のように、カウンターに冷静に対応できるチームに生まれ変わっていました。ジルーに先制ゴールを決められた前半のリヴァプールは機能的とはいえず、前線に工夫を施さなければケパ・アリサバラガを慌てさせることができそうにありませんでした。

クロップ監督は、ハーフタイムにチェンバレンを諦め、ロベルト・フィルミーノを投入。私を支配した高揚も絶望も、彼に起因していました。プレミアリーグ得点王を左右に従えたフォルス・ナイン(偽9番)が、あまりにも凄すぎたのです。キックオフの笛を聞いた3分後、ファビーニョがラインの裏に出した浮き球に反応し、ジャンプしながら右足のアウトでコントロール。ラストパスを受けたマネの前には誰もおらず、欧州王者はあっさり同点に追いつきました。

1‐1で延長戦に突入すると、95分にも彼らしいプレイでこの日2つめのアシストを記録します。最終ラインを確かめ、オフサイドにならないタイミングでボックス左に飛び出した9番は、ボレーがうまいマネなら確実に決める最高のラストパスをニアに転がしました。彼らが欧州を制覇できた理由を雄弁に物語るファインゴール。レッズらしい鮮やかな攻撃とアドリアンのPKストップにテンションが上がったのですが、時間が経つにつれて不安と絶望感が押し寄せてきたのです。「フロントスリーがフルシーズン稼働できなければ、このチームはプレミアリーグもCLも勝てないだろう」「スタリッジがチームを離れ、ストライカータイプがいないチームが、プランBを構築できるイメージが湧かない」。

クロップ監督は、代えの効かない最高のユニットによる最高のフットボール1本で、シーズンを駆け抜けようとしているのでしょうか。昨シーズンを棒に振ったチェンバレンやフィット感が薄かったナビ・ケイタ、好不調の波があったシェルダン・シャキリは、貢献度を高めてくれるかもしれません。「チェンバレンは新戦力を獲得したも同然」という声には、頭では同意しているものの、「彼のベストポジションはインサイドMFで、ヘンダーソンを攻撃力で上回る存在にはなれても、サラーやマネの穴は埋めきれないのではないか」といった感覚が残るのです。

フィルミーノがいなければ、サラーかマネがトップに入り、左右にオリギやチェンバレンが起用されることになりそうです。センターを2枚にして、シャキリがトップ下という布陣にすることもあるでしょう。その際に心配なのは、ゴールを直接狙えるタレントが少ないことです。レッズの中盤には、ポグバやデル・アリ、エリクセンのように得点力がある選手がいません。ワイナルドゥムとナビ・ケイタはポテンシャルはあるものの、今の布陣では前線に飛び出す獰猛なプレイを期待されているとは思えません。ニコラ・ペペのように中央に斬り込んでくるウインガーか、ナビル・フェキルやブルーノ・フェルナンデスに代表されるゴールセンスのあるアタッカー、あるいはチチャリートのようにポジショニングと瞬発力で勝負するストライカーが1枚いればと思わずにはいられません。

まだシーズンは始まったばかり。チャンピオンズリーグを制した名将は、私の小さな懸念を笑って吹っ飛ばすような奥の手を用意しているのかもしれません。元より、3トップが元気に最後まで駆け抜けてしまえばすべては杞憂に終わるのですが…。スケジュールがタイトになる年末までに、ビッグ6とのファーストラウンドがすべて終わる日程を幸運と捉え、CLがラクな組み合わせになることを祈りましょう。3トップを休ませることができる試合が多ければ多いほど、クロップ監督の引き出しにオプションが増えていくはずです。本日はアウェイでセインツ。優勝をめざすなら、ここで勝ち点を落とすわけにはいきません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

7年間で休みは20日のみ⁉ 試合があれば出てしまうサディオ・マネの体が心配です…!

私は彼がとても心配なのですが、彼は自分自身をさほど心配していないようです。昨季プレミアリーグ得点王のサディオ・マネ。マンチェスター・シティと最後まで優勝を争ったレッズの快進撃は、後半戦で全試合先発出場を果たし、15ゴールを叩き込んだ左ウイングを抜きにして語れないでしょう。2月末から6試合連続でサラーがノーゴールを続けた苦しい時期も、5ゴールをゲットしてチームの無敗に貢献。2年連続でファイナル進出を遂げたチャンピオンズリーグでも、ノックアウトラウンドで2シーズン通算13試合9ゴールと勝負強さを見せつけました。

2018-19シーズンは、キャリアハイとなる公式戦50試合出場で26ゴール。緊張感が高い1年を終えた後、母国セネガルのためにアフリカネーションズカップで6試合にフル出場しており、7月20日の決勝でアルジェリアに敗れてからバカンスは2週間強しかありませんでした。

さまざまな出来事を「クール」と「クレイジー」でぶった切るユルゲン・クロップにマネのスケジュールについて問うと、もちろんクレイジー。8月はお目にかかれないかもしれないと覚悟していたのですが、ノリッジと戦ったプレミアリーグ開幕戦で後半から登場したのを見てびっくりしました。なぜ、仕上がる⁉ セインツ時代を回想した吉田麻也が、「酒は飲まないし、とにかくマジメ」「チェルシー戦で2ゴールを決めた後もジムで筋トレしていた」とリスペクトしていたマジメなアタッカーは、UEFAスーパーカップのチェルシー戦の試合前会見でも、エンゴロ・カンテについてどう思う?というフランス人記者のムチャ振りに丁寧に対応していました。

「率直にいうけど、あなたは私よりもチェルシーと選手たちについて知っていると思う。彼はチェルシーにとって重要な選手だと思うが、それ以上いえることはないね。われわれは勝つために全力を尽くす。(試合が開催される)イスタンブールが幸運な街であることを願うよ」

準備はできているかと聞かれ、「疲れているとしたら、頭の中かな」とそつなく返したレッズの10番は、多忙なスケジュールについても事もなげに「大丈夫」と語っています。「時間には限りがある。この7年で休んだのは20日ぐらいだろうね。でも慣れているし、ここにいるからにはやるしかないだろう!」。プレミアリーグファンとしては、得点王の素晴らしいパフォーマンスが見られるかもと半分は盛り上がりつつ、クロップ監督が彼を起用しないことを心のどこかで祈っていたりするのです。

「17日しか休んでいない」と、マネの多忙について紹介した「BBC」は、「Do Premier League footballers get a proper break?(プレミアリーグの選手たちは適切な休暇を取っているか)」という記事を配信。マネ以上に出場試合数が多かった選手をリストにしています。アルデルヴァイレルトとジョルジーニョは63試合、ポグバとファン・ダイクは59試合。ソン・フンミンに至っては78試合に出場しており、韓国代表のために11万kmも移動したとも報じています。プレミアリーグとイングリッシュフットボールリーグの標準契約には、「選手には5週間の休みを得る権利がある」とあり、国際プロサッカー選手会はソン・フンミンについて「リスクがある」「強制的に4週間休ませるべき」と警鐘を鳴らしているそうです。

クロップ監督やペップが「選手を殺してしまう」と懸念する過密スケジュールは、いずれ改善されるのでしょうか。やっかいなのはマネのようにマジメでポジティブなキャラで、休む権利があろうとも自主的にオフシーズンを返上して戻ってきてしまう選手に対しては、試合を減らしてオフシーズンを長くする以外に処方箋はありません。

ああ、サディオ・マネ。先ほど確認したのですが、スタメンですね、UEFAスーパーカップ。くれぐれも無理はなさらぬよう、お願いいたします。リヴァプールが悲願のプレミアリーグ制覇を果たすための前提条件は、フロントスリーがシーズンを通じて元気なこと。後半戦に強いマネの存在は、絶対に不可欠なのですから。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

長期的な強化をめざすユルゲン・クロップ監督に、共感半分、不安半分…。

シンプルに戦力を比較すれば、プレミアリーグ2019-20シーズンの優勝チームはマンチェスター・シティです。昨季は、バンジャマン・メンディとデブライネをあれだけ長い時間使えなかったにも関わらず、98ポイントも積み上げて頂点に立ちました。対するリヴァプールは、チェンバレンこそいなかったものの、サラー、フィルミーノ、マネ、ファン・ダイク、アリソンといったワールドクラスに長期離脱なし。プレミアリーグ得点王を2人も輩出し、鉄壁の守備陣が最高のパフォーマンスを披露して1回しか負けずにシーズンを終えながらも、ペップの後塵を拝する着地となりました。

ユルゲン・クロップ監督は、「リヴァプール・エコー」の取材に応えてこんなことをいっています。「合理的な資金でチームを改善するのは簡単ではない。クレイジー・マネーを投入すればいけるけどね」。完成度が高い現在のチームに大型補強は必要ないという主張には、多くのサポーターや評論家が納得すると思われます。しかし、「今のままでプレミアリーグ優勝は可能なのか」という問いには、イエスと即答できない方が多いのではないでしょうか。

私も以前に、「まったく使えなかったチェンバレン、チームによりフィットするであろうナビ・ケイタなど、リヴァプールには伸びしろがある」と書いて、補強しないチームを支持しています。ただしこれは、どこまでいっても楽観シナリオ。「3トップとファン・ダイクやアリソンが大きなケガに見舞われない」という前提でのお話です。想定されるリスクに対して、しっかり備えたチームが優勝するというなら、各ポジションにハイレベルの選手を2人ずつ置いているペップが3連覇を達成することになります。レッズに大型補強は必要ないという意見には賛同しますが、「フィルミーノ欠場時に最前線に張る点取り屋」「中盤の得点力」「最終ラインを不安にさせない控えGK」は加えてもいいのではないかと思うのです。

「リヴァプール・エコー」は、クロップ監督はニューフェイスをひとり入れたがっているとレポートしていますが、語られているのはロバートソンのバックアッパーであり、攻撃的なオプションではありません。「すべてのポジションをカバーできるように質の高い選手を配するのではなく、新たなタレントが成長し、入り込む空間があることを好む」。ビッグイヤーを手に入れた指揮官は、今いるメンバーの成長によって弱点をカバーすると考えているようです。

「補強戦略は長期的でなければならない。短期的に問題をカバーすることもできるが、それは解決とはいわない。誰かがケガをして、そのポジションを埋めるために誰かを買うと、3週間後にケガをしたプレイヤーが戻ってきたら、同じポジションでダブルクオリティを保持することになる。高すぎるクオリティは、プレーヤーの能力開発の役に立たない」

素晴らしい監督だな、と思います。しかし…。前線か中盤にもう1枚、ゴールゲッターが必要なのではないか。ブルーノ・フェルナンデスやコウチーニョのようなアタッカーか、純粋なストライカーがいたほうがいいのではないか。「リヴァプール・エコー」の記事を読むと、この夏何度も呑み込んできた疑問を口にしたくなります。

クロップ監督の考え方が好きで、長期的なチームづくりがプレミアリーグ制覇という形で結実するのを観たいと思っているのに、焦燥感が抑えられない理由はわかっています。ペップのマンチェスター・シティが強すぎるから。私たちは、2018-19シーズンをトレースするような1年を過ごすのでしょうか。それとも…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

激戦を終えたばかりの3トップをいかに休ませるか?クロップ監督のマネジメントに注目!

2019年6月19日、主将ファン・ダイクのオランダがネーションズリーグ決勝でポルトガルに1-0で惜敗。7月7日のコパ・アメリカ2019ファイナルでは、ガブリエウ・ジェズスやエヴェルトンとともに前線に張ったフィルミーノが、12年ぶりとなるブラジルの優勝に貢献しました。アフリカネーションズカップのために母国エジプトに戻っていたモー・サラーは、7月6日のラウンド16で南アフリカに敗れて長いシーズンが終了。サディオ・マネは決勝進出を果たしたものの、7月19日のアルジェリア戦を落としてしまい、クラブと代表の両方で頂点に立つことはできませんでした。

プレミアリーグの激闘を経て、6月1日にチャンピオンズリーグを制したリヴァプールですが、主軸が各大陸のカップ戦に駆り出されることになり、3トップは7月までトップフォームをキープしなければなりませんでした。先週まで戦い続けていたマネについて、クロップ監督は2週間の休みを取るとコメントしています。「彼は休暇に入ったが、そんなに長くはない。コミュニティシールドのマンチェスター・シティ戦が終わった後、8月5日に合流する。すなわち2週間だね。プレミアリーグ開幕のノリッジ戦に向けて準備する時間は4~5日ある。チェルシーとのUEFAスーパーカップまでは10日だ」。欧州を制した名将は、長すぎるシーズンをようやく終えたマネの状況について嘆くポーズを見せながら、3人ともいい形で戻ってきてくれるはずとポジティブな姿勢を崩しておりません。

I don't want to sound like a moaner, but Mane's season has been 13 months long.Have you ever heard of a year with 13 months in it? We need to see how we deal with it. The Brazilians finished the season on an absolute high winning two trophies. For Mo it was slightly different, but I'm constantly in contact with him and all three of them are fine.(不満ばかりいうヤツのように騒ぎたくはないが、マネのシーズンは13ヵ月もあった。1年が13ヵ月なんて、聞いたことがあるかい?どう対応するか、はっきりさせておかないとね。ブラジル人たちは素晴らしい勝利で2つのトロフィーを獲得した。モーは若干違うけど、マメにコンタクトを取っており、3人ともいけるだろう) 『BBC』の7月20日付記事『Could Reds' attacking absences derail Premier League bid?』より引用)」

欧州屈指の破壊力を誇る3トップのコンディショニングが難しくなっている現状について、「BBC」のエマ・サンダース記者は懸念を示しています。昨季プレミアリーグにおける89ゴールのうち、サラー、マネ、フィルミーノが54発。ライバルのマンチェスター・シティよりも前線への依存度が高く、サブの選手のレベルは劣っています。プレミアリーグ得点王に輝いたサラーとマネは、マン・シティの選手たちよりも出場時間が長く、それなりの充電期間が必要となるでしょう。

「BBC」の記者の問いかけは、「リヴァプールにプランBはあるのか」。シャキリがふくらはぎをいためているなか、前線のクオリティはチェンバレン、オリギ、ハリー・ウィルソン、ブリュースターといった若いメンバーに委ねられています。サンダースさんが注目しているのは、ブリュースターです。レッズOBのジェイソン・マカティア氏が「ちょっぴりイアン・ラッシュ、ちょっぴりロビー・ファウラー」と才能を認めた若きアタッカーは、レギュラーの出遅れという千載一遇のチャンスを活かさなければなりません。

クロップ監督の最重要テーマは、サラー、フィルミーノ、マネを一刻も早くプレミアリーグのピッチに戻すことではなく、若い選手たちを機能させながら3トップをできるだけ休ませることでしょう。過去2年の躍進の大前提は、3トップに致命的な長期離脱がなかったこと。コミュニティシールドやUEFAスーパーカップを制するよりも、主力が9月からの9ヵ月をトップフォームで過ごせることに重きを置いたほうがいいのではないでしょうか。

チェンバレンやオリギ、ブリュースターを活かしながら、プレミアリーグの序盤戦を最小限のポイントロストで走り抜けられれば、クロップ監督とスタッフ、サポーターは進化を実感できるでしょう。開幕までの2週間半は、今までにも増して重要な時期だと思います。メルウッドで4度めの夏を迎えた指揮官のチームづくりに注目しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

即戦力補強はあるのか?欧州王者リヴァプールのテストマッチと指揮官の言葉をチェック!

1985年5月11日、ブラッドフォードVSリンカーンの試合中に56人が亡くなるという痛ましい火災が発生し、改修を余儀なくされたヴァレー・パレード。1986年12月のリニューアルオープンから32年が経ちましたが、14日に開催されたリヴァプール戦に集まった24343人は、再開以来のレコードだそうです。プレミアリーグのトップクラブが街にやってくる…それがフレンドリーマッチでも、スター選手が不在だったとしても、熱狂的なフットボールファンにとってはエキサイティングなイベントなのであります。

クロップ監督率いるレッズは、12日のトランメア戦を0-6で大勝し、ブラッドフォード戦は新シーズンの2戦めとなるテストマッチでした。ネーションズリーグ、コパアメリカ、アフリカネーションズカップに出場した3トップとアリソン、ファン・ダイク、ワイナルドゥムらは帯同せず。前線はライアン・ケント、リアン・ブリュースター、ハリー・ウィルソンという若いユニットで、昨季はプレミアリーグの先発ゼロに終わったチェンバレンが右のインサイド、アンカーにララナという新機軸です。

感染症でリタイアしているロバートソンの代役は、18歳のヤセル・ラロウチ。この試合をチェックした私のテーマは、「クロップ監督は即戦力補強に打って出るのか、若手や既存戦力の活用で強化を図るのか」を見極めること。7月に行われる7試合を追えば、マイケル・エドワーズSDと指揮官の戦略が徐々に見えてくるはずと考えていました。

3ゴールを決めた前半で輝いていたのは、期待のブリュースターと中盤の3人でした。13分に鋭いミドルをDFにぶつけながら決めたミルナーは、2分後にライアン・ケントが倒されて得たPKを冷静に右隅にゲット。中盤をコントロールするチェンバレンの仕上がりが素晴らしく、次のプレミアリーグではインサイドMFのアグレッシブな仕掛けによる中央突破が増えるのではないかと思いました。

「彼は”ジョルジーニョ・ロール(役割)”を楽しんでいただろう?マウリツィオ・サッリがゲームを観てなければいいね。あるいは彼からオファーがあるのもいい」とクロップ監督が語った「アンカー・ララナ」は、攻撃的に戦いたいときの選択肢になりえるかもしれません。左SBのラロウチは帰陣の遅れが目立ち、プレミアリーグで最高の左SBの代役をこなすためには状況判断のスピードを高める必要があるでしょう。

オリギ、ファビーニョ、マティプといった主力とフーフェル、ウッドバーンなど次世代のタレントが登場した後半は、左サイドにいた若手トリオがキレキレでした。ラインの裏を狙い続けたリアム・ミラー、奪われた直後のプレスや逆サイドへの浮き球が素晴らしかったカーティス・ジョーンズ、スペースを埋めつつ攻撃参加も見せたアダム・ルイス。ラロウチと代わって左SBに入ったアダム・ルイスは、終盤に喰らったカウンターの際に戻りが遅れ、PKを献上してしまいましたが、タイミングのいい縦パスとポジショニングにセンスのよさが感じられました。

「獲得するともしないともいえない。われわれは、あらゆることを考えなければならないからね。結局、何もしないかもしれない。左SBをひとり失ったけど、今日は2人のプリティ・ヤング・ワンズを目撃しただろう。ジェームズ(・ミルナー)もやれるしね。もうしばらく見ないと」。左SBの補強について問われたクロップ監督は、言葉を濁しています。現在のチーム状態と監督のコメント、メディアの記事などから察するに、レッズのスタンスは「チームにぴったりフィットする選手を、お買い得な値段で獲れるときだけ動く」ということなのでしょう。

噂のニコラ・ペペもコウチーニョも、相当な好条件でなければ涼しい顔でスルーするのではないでしょうか。最大でもアタッカーひとりと左SB。チェンバレン、ナビ・ケイタ、ララナ、シャキリに前年よりパフォーマンスが上がるという手応えがあれば、フルバックを押さえて終わりかもしれません。それでもプレミアリーグ制覇が狙えるとクロップ監督が判断したとき、完成度の高いチームにどんな変化がもたらされるのでしょうか。「静かなレッズ」がどういうプロセスで開幕を迎えるのか、しっかり追い続けたいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ