「ここが僕の居場所だ」…移籍騒動について語ったコウチーニョに思うこと。

裏切りだと憤っていた人も、信じたくないと肩を落としていた人も、ただひたすら残留を祈っていた人も、リヴァプールサポーターなら10番の生の声を聞きたい気持ちは同じだったのではないでしょうか。5節のバーンリー戦で、今季プレミアリーグ初先発となったフィリペ・コウチーニョが、「ESPN BRASIL」のインタビューに応えて夏の移籍騒動の顛末について語りました。バルセロナの正式なオファーは4回に及び、最後は1億1400万ポンド(約171億円)まで高騰したといわれています。リヴァプールはその都度断り、バルサ移籍を熱望していると報じられたコウチーニョは沈黙。背中の痛みを理由に10番が戦列を離れているうちに、プレミアリーグは3試合も消化されてしまいました。

8月31日、リヴァプール残留が決まっていたコウチーニョは、エクアドルとのワールドカップ予選にブラジルの11番として途中出場。76分に勝負を決める2点めをゲットした後、気持ちが昂って涙を流したというニュースを聞いて、落胆したサポーターも多かったでしょう。「そんなにバルサに行きたかったのか」「プレミアリーグに顔を出さずに、代表のゲームに出るのか」…。私も、自分が応援しているクラブの愛してやまない選手の話なら、同じような気持ちを抱いてしまうかもしれません。しかし、コウチーニョにとっては、ブラジル代表でのプレイはもう一度レッズで働くための気持ちの整理として、必要なプロセスだったのかもしれません。率直に語った彼の言葉に、耳を傾けてみましょう。

「世界中が、何が起こっていたかを知っているよね。僕がここ(=リヴァプール)でプレイした最初の瞬間から最後のゲームまで、4~5年にわたってよくしてもらっていた。僕とサポーターがお互いに抱いているリスペクトは、今も続いている。やらなければならないのは、チームを助けるためにハードワークし、ベストを尽くすことだ」
「オファーがあったのは確かだ。人生においては、興味のある仕事とそうでないものがある。今回はみなさんがご存知のとおり、僕にとっては興味あるオファーだった。家族もね。あれほど偉大なクラブからオファーをもらえるのはすごく名誉なことだね。ただし、いつもいっていたように、ここでプレイするのもすごく光栄なことだ。リヴァプールは最高のクラブ。今、僕はここにいて、これまでと同じようにベストを尽くそうとしている」

9月13日の夜、チャンピオンズリーグのセヴィージャ戦の76分にピッチに立った10番は、既に気持ちを入れ替えていたはずです。ここで出場したら、冬にスペインに渡ってビッグイヤー獲得をめざすことはできなくなります。アンフィールドで仲間とともに勝利をめざしたコウチーニョは、力みがあったのかボールが足につかず、サポーターを熱狂させてきた今までの彼ではありませんでした。2戦めとなった週末のプレミアリーグでは、インサイドMFとして78分までプレイ。タイミングのいいパスワークは戻っていたものの、ミドルシュートはことごとくクロスバーの上を越えてしまいました。それでも、コウチーニョは再びサポーターを狂喜させるでしょう。セヴィージャ戦でタッチライン際に姿を現した時、盛大な拍手で迎えたホームのサポーターを忘れることはないはずです。

「この1か月はとても複雑だった。でも今はここにいる。オファーを受けたのは光栄だったけど、ここにいることも同じように感じられる。4~5年の間に居場所を得て、誰とも問題を起こしていない。チームメイト、監督、テクニカルスタッフ…常にチームのサポートをリスペクトしてきた。何も変わってなどいない。どんな仕事を得ていたとしても、他の仕事に興味を持つことも持たないこともあるだろう」
「すべては終わった。仕事しないとね。できる限りいい年にしようと集中してハードワークしている。最終的にはチームを助けなければならない」

スアレスに説得されていたのではないかと問われ、「そんな話は初めて聞いた。僕はみんなにリスペクトされ、彼らをリスペクトしている。ここが僕の居場所だ」と語ったコウチーニョは、チャンピオンズリーグとプレミアリーグを戦うレッズのために、春まで全力を尽くすでしょう。コウチーニョ、ファン・ダイク、アレクシス・サンチェスといった「移籍志願しながら破談」の話に触れると、自分が応援していたクラブで最も心を動かされた破談の主役、ダヴィド・デ・ヘアをどうしても思い出します。

レアル・マドリードとの移籍話が書類遅延で白紙に戻った後、どうせ次の夏には出ていくのだろうと諦めることなく、彼を応援し続けたことを自分のためによかったと思っています。早いタイミングでマンチェスター・ユナイテッドと契約を延長し、今もなおゴールマウスに君臨してくれている守護神が教えてくれたことは、移籍はすべからく縁とタイミングであるということです。1年経てば、前の年とはまた違った事情や思いがあり、クラブと選手は近づいたり離れたりします。あのとき、デ・ヘアにネガティブな感情を抱かなかったからこそ、今も曇りなき気分で声援を送ることができます。そして今年の夏、眩しすぎるゴールシーンと爆笑キャラで一気に好きになったズラタンの去就についても、「やり残したことがあるはず。きっと再契約してくれる」と落ち着いて待つことができました。

未来がどうなろうとも、コウチーニョはあの状況でバルサに行かなくてよかったのではないかと思います。年明けにレッズ愛を語りながら契約延長したエースが、その言葉を裏切るようなエスケープを敢行していれば、選手も本人も大きな傷を抱えたまま関係を絶っていたのではないでしょうか。サッカー選手が、バルサのような世界最高峰のクラブから声がかかって翻意するのは致し方なしでしょう。卑近な話で恐縮ですが、以前に勤めていた会社で新しいプロジェクトをがんばるといっていた部下が、その2週間後に「アマゾンに転職できることになって…すみません、行かせてください」といったときの表情を思い出します。私は、彼女の夢を止められませんでした。コウチーニョも、レッズが好きだと思いながらも千載一遇のチャンスを見送ることができなかったのでしょう。

しかし今、彼は踏みとどまりました。レッズサポーターと10番は、信頼関係を修復するチャンスを手に入れました。このうえは、コウチーニョにはタイトル獲得の立役者となってほしい。あのときは心が揺れたけど、今こうしてサポーターと喜びを共有できてよかったといえるようになってほしい。もしかしたら、デ・ヘアは今もそんなことを考えながらビッグセーブを連発しているのかもしれません。2015-16シーズンのFAカップ制覇よりも、もっと大きなタイトルを7年の長きに渡って自分を育ててくれたクラブにもたらしたい、と。今季それが実現したとき、デ・ヘアの置き土産になるのか、さらなる栄光への過程となるのかは、今はわかりません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

結構似ているユルゲン・クロップとアーセン・ヴェンゲル。この夏はぜひ、大物CB獲りませんか…!?

最近のユルゲン・クロップ監督のインタビューを聞くと、アーセン・ヴェンゲル監督と共通項が多いことに気づかされます。手元にいる選手をとことん信じるタイプ。マーケットでは大物獲得に走らず、納得価格の選手を育てようとします。それでも中盤にはそれぞれエジル、アレクシス・サンチェス、コウチーニョ、マネなどタレントを揃えていますが、ストライカーと最終ラインに本職のワールドクラスを獲ろうとしないのも同じ。プレミアリーグ22年めのヴェンゲル監督に対してクロップ監督はまだ1年半ですが、マインツとドルトムントをそれぞれ7年率いたドイツ人監督は、選手からの厚い信頼と打ち出しのうまさを武器に長期政権を築くところもフランス人監督とそっくりです。

プレミアリーグの最初の2年は、アーセナルと同様に負傷者続出に悩まされたクロップ監督ですが、新シーズンも主力を2人欠いた不安な状態で開幕に突入することになります。ナサニエル・クラインはハムストリングと腰を痛めてプレシーズンマッチを見送り、太腿を負傷したアダム・ララナは復帰まで2ヵ月を要するとのこと。クロップ監督は、右サイドを任せられる選手として3人の名前を挙げました。ジョー・ゴメス、アレクサンダー・アーノルド、フラナガン。先ほど、モンレアルとホールディングをCBに据えたヴェンゲル監督のチームを観たばかりの私は、「プレミアリーグの開幕戦までに彼らを起用し、最終的に誰でいくか決める」「アルベルト・モレノは100%のSB。難しいシーズンを過ごした後なのに、素晴らしい仕上がりだね」などという指揮官の言葉に、アーセナルと同じ匂いを感じたのであります。ケーヒル、リュディガー、クリステンセン、ダヴィド・ルイス、アスピリクエタと手駒は揃っているのに、ファン・ダイク獲得が噂になっているチームのマネージャーとは明らかに違う、と。次の言葉も、アーセン・ヴェンゲルとオーバーラップします。

「誰もがフィリペ・コウチーニョは退団すると思っただろう。しかし、現状はそうはなっていない。 選手が全員残れば、難しい判断を迫られることもある。みんながスタメンというわけにはいかないからね。どのように動かすか、見極めなければならない」
「昨季のベースの上に構築していく。進化させるためには2つ、やるべきことがある。補強、そして練習。われわれはその両方を手がけてきたが、新契約には満足している」

アーセナルの御大なら、「われわれには既に強力なスカッドがある」と締めそうなコメントです。起用に関して語った「選手が私に怒りを覚えるのであれば、それも問題ない」といういい回しこそクロップ節ですが、継続性重視で、何とかして手持ちの選手たちを試合に出そうといい方法を摸索しているようなニュアンスが、21年間聴き続けてきた言葉がサラウンドしている感覚を増幅させるのです。

私がなぜ、こんな話を長々と続けているかといえば、いかにもありそうな結末を怖れているからです。「アーセナルもリヴァプールもファン・ダイクのような大物CBを獲らず、セインツの大黒柱はチェルシーがゲット」。ガナーズのパスサッカーにもレッズのゲーゲンプレッシングにも魅了されるのですが、「受け身になれば、われわれはそのツケを払うことになる」「守るためにベストな方法は、ボールをキープすること」という思想には、美しさとセットで危うさがついてまわります。

敵を見てください。ジョン・ストーンズ、オタメンディ、コンパニ、デナイエル、マンガラに加えて3バックならフェルナンジーニョを下げられるペップは、CBがほしいとこぼしています。ロホが負傷したにも関わらず、モウリーニョ監督のリストには6人のCBが控えています。市場を歩き回っているチェルシーはいうに及ばず。守備陣を充実させてプレミアリーグを制覇しようとしているライバルに対して、マティプ、クラヴァン、デヤン・ロブレン、ジョー・ゴメスで勝とうとしているチームが争う場所は、チャンピオンズリーグでプレーオフを戦わなければならない4番めの椅子になりはしないかと思うのです。同じことを、ノースロンドンの頑固なマネージャーにも進言したいのですが…。

Until the 31st of August we run through the world with open eyes(8月31まで、目を見開いて世界を駆け抜けようじゃないか)」。クロップ監督は、1~2名を補強しようとしているといわれていますが、そのポジションがアダム・ララナの抜けた穴だけではないことを祈っています。「ミリー(ミルナー)はMFでプレイすると自由になるね。移籍市場に参入しなくても、われわれには新しい中盤の選手がいるということだ。ナイスだね」…こんな言葉を聞くと、やはり不安です。もしかしてこのまま…!(ユルゲン・クロップ 写真著作者/Ruaraidh Gillies)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「優勝をめざす」とクロップ監督が語るリヴァプールは、プレミアリーグでどこまでいける?

プレシーズンマッチで目を引くのは、マンチェスター・ユナイテッドとリヴァプールの順調な仕上がりです。ダブリンで開催されている「Aonツアー2017」でサンプドリアと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは、7分にブリントがデ・ヘアを試すような左隅へのコントロールショット、つまりバックパスミスをやらかしてハンドによる間接FKを与えるピンチを招きますが、これが壁に当たるとすかさずカウンターを開始。サイドを疾走したバレンシアの落としを受けたムヒタリアンは、左のダルミアンに見事なサイドチェンジを通してそのままファーサイドに走り込み、左SBの速い折り返しをヘッドで合わせて先制します。63分にプラートのゴールで追いつかれたものの、81分にはマルシアルがドリブルを仕掛け、マタがグラウンダーをダイレクトで蹴り込んで勝ち越し。ここからスコアは動かず、プレミアリーグ優勝をめざす負けず嫌いの指揮官のチームが2-1で快勝しました。

攻撃の選手たちの多くがいいコンディションでプレミアリーグ開幕に向かっており、デビューを果たしたマティッチもバイタルエリアのケアとビルドアップを安心して任せられそうです。プレシーズンの調子と本番の結果が必ずしも連動しないことは、2014年のインターナショナルチャンピオンズカップの覇者であるわれわれは重々承知しております。とはいえ、デビューシーズンは出遅れたミキや、昨季プレミアリーグで不完全燃焼だったマルシアルがゴールに絡むプレイを見せてくれているのは頼もしい限りです。

一方、ドイツでアウディカップに参加しているリヴァプールは、バイエルンとのアウェイゲームを0-3で圧勝し、アトレティコ・マドリードとの決勝に進出。サブの選手中心だったスペインのクラブに先制されると、83分にオリギが倒されたPKをフィルミーノが決めてPK戦に持ち込んだものの、ヘンダーソンが外して優勝はなりませんでした。素晴らしかったのはバイエルン戦で、プレシーズンの最大の収穫は新戦力のモウ・サラーがチームにフィットしたことでしょう。29日のヘルタ・ベルリン戦の後、あのサディオ・マネが「彼は誰よりも速い」と驚愕したサイドアタッカーは、新しいチームでも得点力を発揮してくれると思います。新シーズンは、守備力ではマンチェスター・ユナイテッド、攻撃力はリヴァプールがプレミアリーグファンのリスペクトを集めるのではないでしょうか。

私が注目しているのは、「CLに出場するリヴァプールが、プレミアリーグでどこまでいけるか」です。「BBC」が、クロップ監督は現有戦力に手ごたえを感じていると伝えており、「優勝を目指して戦う。大志なくシーズンをスタートさせるようなことはしない。目標を持たないとね。チームはとてもいい感じに仕上がっている。昨季は少し運がなかった」というコメントを紹介しています。昨季は欧州のステージがなかったチームは、選手層に厚みを構築させなければなりませんが、サラーが加わった3トップは既に合格点。中央にはフィルミーノ、スタリッジ、ダニー・イングス、ソランケがおり、マネを真ん中に据える形も充分機能するはずです。

ライプツィヒのナビ・ケイタを追いかけ続けている中盤も、ミルナーとグルイッチを使えると考えればルーカスの離脱はフォローでき、選択肢は増えたといえるでしょう。右SBは、アレクサンダー・アーノルドがナサニエル・クラインを脅かすのではないかと楽しみにしています。左にはロバートソンが加わり、国内カップではフラナガンのスタメン起用が増えるのではないかと思われます。

懸案は、やはりCBです。ファン・ダイクが獲れるかどうかで、最終順位が2つ3つ変わるのではないでしょうか。マンチェスター・シティのペップは、ジョン・ストーンズ、オタメンディ、コンパニ、デナイエルを抱えながらも「CBがほしい」とこぼしており、チェルシーはリュディガーとクリステンセンが合流。リンデロフを獲ったモウリーニョ監督は、人数的には充足していたVBをひとりも放出していません。マティプ、デヤン・ロブレン、クラヴァン、ジョー・ゴメスでは心もとない最終ラインに、プレミアリーグ55試合出場でゴールに直接つながるミスがゼロのオランダ代表CBが加われば、クロップ監督の「優勝を狙う宣言」は、初めてリアリティを帯びるのではないかと思います。

今のスカッドならマンチェスター勢が上、守備の強化ができれば優勝争いというのが私のリヴァプール評ですが、いかがでしょうか。アーセナルの2人のワールドクラス、ジエゴ・コスタ、ジェイミー・キャラガーが「残ってもあと12か月」と悲観的なコウチーニョ、エヴァートンの最前線とトッテナムの駆け込み補強など、不確定要素が多い今季のプレミアリーグは、9月になるまでは優勝予想は避けたほうがいいのかもしれませんが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

争奪戦に参入するのか…リヴァプールのターゲットはファン・ダイクとレオン・ゴレツカ!?

ラザル・マルコヴィッチは1600万ポンド(約23億4000万円)、ママドゥ・サコは3000万ポンド(約43億8000万円)。クロップ監督の構想外とはいえ、リヴァプールに彼らの売り値を下げる気はなく、プレミアリーグの下位クラブが続々と獲得を断念しています。クリスタル・パレスにとっては、サコはクラブを残留に導いてくれた恩人です。たった8試合の出場ながら、チェルシー戦とアーセナル戦勝利を含む5勝1分2敗という好成績を残したCBが「クリスタル・パレスでプレイしたい」といったと聞けば、サウスロンドンは大歓声でしょう。ところが、レッズはレンタルもディスカウントもNG。プレミアリーグの移籍市場において選手の値段が高騰中とはいっても、3000万ポンドは小さなクラブにはなかなか手が出せない金額です。ワトフォードも、マルコヴィッチを諦めたと報じられました。ハル・シティでテクニックが錆びていないことを証明したアタッカーは、フィオレンティーナにいくのではないかといわれています。

バルセロナの7000万ポンド(約102億円)のオファーをクラブが断ったと報じられたフィリペ・コウチーニョは、クロップ監督が「売らない」と公言していますが、移籍金の上乗せで経営陣は翻意するでしょうか。リヴァプール愛が強いコウチーニョが簡単になびくとは思えないのですが、ひとたびスペインでプレイしたいといい出せば、スアレスやスターリングと同じような着地になる可能性が高まります。ここは何としても守り切りたいところ。コウチーニョとエムレ・ジャンが残留すれば、クロップ監督は何の不安もなくプレミアリーグの新シーズンに臨めるでしょう。主力をキープしながら、取り組むべきテーマは背骨の強化。進展がないファン・ダイクと諦めの空気漂うナビ・ケイタをどうするのか、できれば開幕前に決着をつけたいところです。

「デイリー・ミラー」は、クロップ監督がシャルケ04のセントラルMFレオン・ゴレツカにターゲットを変えるかもしれないと報じています。ナビ・ケイタより4日早く生まれた22歳のMFは、コンフェデレーションズカップの活躍で注目度を高めました。189センチの長身ながらテクニックがあり、アンカーでもプレーメイカーとしても機能する器用なタイプ。ミドルシュートとヘディングもうまく、ブンデスリーガ4年めの昨季は29試合5ゴールと納得のシーズンを過ごしています。7000万ポンドを積んでもOKが出ないナビ・ケイタに対して、こちらは2100万ポンド(約30億7000万円)といわれる格安案件。シャルケとの契約は残り1年となっており、移籍は間違いないでしょう。バイエルン・ミュンヘンに加えて、アーセナル、トッテナム、マンチェスター・シティなどプレミアリーグのライバルとの争奪戦となりそうですが、ドイツですので行くとなればクロップ監督にがんばっていただきましょう。

ファン・ダイクを売るとなれば代役を獲らなければならないセインツは、早めにCBの去就に決着をつけるのではないでしょうか。サラーとゴレツカの移籍金をサコ、マルコヴィッチ、ルーカス、アルベルト・モレノの売却益で消せれば、DFとしてプレミアリーグ史上最高額をオランダ代表CBに費やしたとしても、悪くない収支になりそうです。満願回答か、ゼロで終わるか。チェルシーやマンチェスター・シティの姿が見え隠れするディールに油断は禁物。レッズにはスピードが要求されていますが、果たして…!(ヴィルジル・ファン・ダイク 写真著作者/Ailura)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ