ロバートソン入団を発表したリヴァプールは、ナビ・ケイタとファン・ダイクを獲れるのか?

アルバロ・モラタ、チチャリートと、プレミアリーグ関連の「Done Deal」が続々と発表されるなか、リヴァプールもこの夏3人めの新戦力獲得に成功しています。ハル・シティから来たアンドリュー・ロバートソンは、移籍金1000万ポンド(約14億4000万円)。「ちょっとシュールだね。でもとてもうれしいよ。この数週間は憶測が多かったけど、最終的に取引が成立してリヴァプールの選手になれたことを喜ばしく思う」。スコットランド代表のSBは、アルベルト・モレノがサブでは不安だった左サイドを落ち着かせてくれるでしょう。プレミアリーグ57試合1ゴールと23歳なりの場数を踏んでおり、計算できる補強なのではないかと思います。早期にクロップサッカーのコンセプトを吸収し、迫力あるオーバーラップを見せてもらえればと楽しみにしています。

モハメド・サラー、ドミニク・ソランケ、ロバートソンと3人まで押さえたリヴァプールは、懸案のナビ・ケイタとファン・ダイク獲得を実現できるのでしょうか。ナビ・ケイタについては、ドイツ紙「シュポルト・ビルト」が7500万ユーロ(約97億円)のオファーをライプツィヒが拒否したと報じています。リヴァプールからのオファーの額を公開したのは、レッドブル社の共同オーナーであるディートリヒ・マテシッツ氏。大金のためだけに選手を売ったりはしないと断言したオーナーは、軽率な売却はドイツ代表FWティモ・ヴェルナーなど他の選手の離脱を促してしまうとも語り、セントラルMFのプレミアリーグ入りの噂を一蹴しました。1年後には移籍金4800万ポンド(約69億円)を払えば契約解除できるというバイアウト条項が発生する選手を、100億円近い金額で売れるのはドイツのクラブにとっても魅力的な話ではあるのですが…。今のところは獲得は難しそうとしかいえません。

レッズにとっては、むしろファン・ダイクのほうが脈があるのかもしれません。「Virgil van Dijk tells Southampton he wants to leave(ヴィルジル・ファン・ダイクはサウサンプトンにチームを離れたいと告げた)」と題された「スカイスポーツ」の記事を読むと、移籍を志願したCBに対して、サウサンプトンの新監督マウリシオ・ペッレグリーノは練習から外すという判断をしたとのこと。「彼は”退団したいからプレイできない”といった。チームにOKといえず、溶け込むことができなければひとりで練習するしかない」「あまりいいたくはないが、私は選手たちに100%を要求したい。体だけでなく、気持ちが大事だ」と「BBCラジオ」に熱く語った指揮官は、最終ラインの要といえどもチームへのコミットメントを示すまでは合流させない意向のようです。

1ヵ月半前、クラブに許可を得ることなくファン・ダイクにコンタクトを取ったとサウサンプトンに非難されたリヴァプールは、オフィシャルに謝罪するとともに完全に撤退したと見られておりましたが、どうやらファン・ダイク自身の「チャンピオンズリーグに出場するクラブでプレイしたい」という意向は変わらず。獲得を熱望するクロップ監督にチャンスは残されているようです。「デイリー・ミラー」は、DFとしてプレミアリーグ史上最高となる6000万ポンド(約86億円)が必要といわれる選手に対して、レッズは今度は正面から獲得を申し出ると伝えています。

これらの話が事実であれば、ナビ・ケイタは来年再チャレンジとして大物獲得はファン・ダイクに絞り、チャンピオンズリーグをにらんで層の薄いポジションのみ補強するという形でもいいのではないかと思います。…が、プレミアリーグで10年を過ごしたルーカス・レイヴァがラツィオに去り、ケヴィン・スチュワートがハル・シティに移籍した今、ナビ・ケイタのポジションこそが最も懸案なんですよね。これは、悩ましい。「8月31日まで時間はある。サポーターには悪いが、(補強してほしいという要望には)すぐには応えられない」と語っていたクロップ監督は、意中の2人を手に入れるために6週間という時間を目いっぱい遣うつもりでいるのかもしれません。

総額200億円近い2つのディールは、2人とも獲得できればプレミアリーグ優勝が視界に入り、両方コケれば4位以内キープとCLベスト8あたりを現実的な目標とせざるをえない壮大なギャンブルとなりそうです。指揮官のいうとおり、サポーターは固唾をのんで成り行きを見守ることしかできません。いやー、ドキドキしますね。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「リヴァプールは2つの戦線で争うことができるか?」…現地メディアが戦力を徹底分析!

ドミニク・ソランケに続いて、モハメド・サラーを手中に収めようとしているリヴァプールについて、「スカイスポーツ」が来季の戦い方と今後の補強の展望をまとめています。プレミアリーグ4位に食い込み、チャンピオンズリーグのプレーオフ出場権を獲得したクロップ監督は、2年連続で日程がタイトになる1月に不振に陥っていますが、選手層の厚みを築いて次のシーズンこそはスムーズに乗り切りたいところ。イギリスメディアは、「リヴァプールは2つの戦線(=プレミアリーグとCL)で争うことができるのか?」をテーマとしながら、フォーメーション、ディフェンス、ミッドフィールダー、アタックとポジション別に戦力をチェックしています。

最初に紹介されているのは、放出する選手たちです。ママドゥ・サコを3000万ポンド、アルベルト・モレノは1200万ポンド、ラザル・マルコヴィッチが2000万ポンド。クロップ監督は、昨季プレミアリーグで戦力外だったメンバーに奮起を促す気はないようです。ソランケやサラー獲得の費用はここから捻出され、さらに後ろのポジションを中心に新しい力を加えていくことになります。「スカイスポーツ」の来季フォーメーション予想は、4-3-3。3バックやダイヤモンド型の中盤も試してはいるものの、指揮官好みの3センターから逸脱しないはずと主張しています。

彼らの最大のネックは、ディフェンスです。昨季プレミアリーグでは失点42。TOP4では最多の数字を抑えられれば、いよいよ優勝争いでしょう。ファン・ダイク獲得が頓挫してしまったなかで、「スカイスポーツ」が次の候補としてピックアップしているのは、ラツィオのステファン・デ・フライ。2014年のブラジルワールドカップでオランダを3位に導く原動力となったCBです。リヴァプールは1700万ポンドのオファーを拒否されたといわれていますが、金額が理由ならクリアするでしょう。ファン・ダイクに大金を投じようとしていたクラブは、このポジションだけは妥協しないと思われます。

ミルナーをコンバートしていた左SBには、モナコのベンジャミン・メンディ、ハル・シティのアンドリュー・ロバートソン、フラムのセセニョン、ポルトのラファ・ソアレスの名前が挙がっています。直近のニュースではセセニョンはアウトといわれており、「リヴァプール・エコー」はリオ・アヴェにローンで出されていたラファ・ソアレスに方向転換したと報道。ポルトガルリーグ7位のクラブで32試合3ゴールと活躍したものの、フルシーズン働いたのは昨シーズンだけという22歳の若手獲得は、あくまでもミルナーのバックアッパーということなのでしょうか。「スカイスポーツ」は、誰が加わるにしても最終ラインのターゲットはCBと左SBのみで、イケル・カシージャスは加わらないとしています。

ジョーダン・ヘンダーソンのかかとの負傷、エムレ・ジャンのユーヴェ移籍報道、ルーカス・レイヴァのニューカッスル入りの噂など懸念材料が多かったセントラルMFですが、エムレ・ジャンは契約延長の見通し。「スカイスポーツ」は、「フィリペ・コウチーニョを3センターに落とす」「ライプツィヒの8番ナビ・ケイタ獲得」という2つの打ち手で強化を図る可能性があるとしています。前線は、サラーの獲得は大きな前進。来季プレミアリーグでは、マネの不在で縦への推進力が失われることはなくなるでしょう。イギリスメディアのレポートは、セインツのドゥサン・タディッチ、レヴァークーゼンのジュリアン・ブランチ、指揮官の古巣ドルトムントの19歳FWエムレ・モルとクリスティアン・プリシッチらを補強のターゲットとしてピックアップ。ソランケやスタリッジがどこまでやれるかがポイントとなりそうですが、「国内と欧州の両方で戦うロベルト・フィルミーノのバックアッパーは必要」と強調しています。

Can Liverpool compete on two fronts next season?(リヴァプールは、来季2つの戦線で争うことができるのか?)」。彼らがプレミアリーグ4位に入れた要因のひとつは、チャンピオンズリーグを戦うライバルより試合が少なかったからと指摘したイギリスメディアは、「質の高いCBと左SBにサイン」「サラーとの契約を確定させる」「フィルミーノに適切なバックアッパーを用意する」ことが重要とまとめました。最終ラインの強化はおっしゃるとおり。攻撃においては、「マネとサラーを最前線に置くゼロトップ戦術」「コウチーニョのインサイドハーフ起用」「得点力のあるワイナルドゥムを1列上げた4-2-3-1」などで厚みと流動性を創出するのもおもしろいのではないかと思います。本日、モハメド・サラーはメディカルチェックを受ける予定。明日の早朝には、エジプト代表のアタッカーの関連コンテンツが公式サイトのTOPを占拠するはずです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプールも本人もOKの可能性あり!? バルセロナがコウチーニョ獲得に1億ユーロでオファーと報道!

アザール、デル・アリ、デ・ヘア…。「プレミアリーグから誰がスペインに行くか」が語られるのは、この季節の恒例行事です。シャビ・アロンソ、セスク、ガレス・ベイル、モドリッチ、クリスティアーノ・ロナウド、スアレスなどがバルセロナやレアル・マドリードに抜かれ、完成度を高めていたクラブがスカッドの再編を余儀なくされるのを、われわれプレミアリーグファンは何度となく見てきました。今度こそ、デ・ヘアはマドリードに居を移すでしょう。移籍ゴシップの主役であるマンチェスター・ユナイテッドは、グリーズマンやマルコ・ロイスなどのアタッカー獲得話と同じぐらいのボリュームで新守護神の名前が取り沙汰されています。

さて、ラ・リーガへの移籍といえば、レッズの看板選手も話題になっています。スペインメディア「SPORT」が、バルセロナのトップターゲットと名指ししているのはフィリペ・コウチーニョ。2012-13シーズンにインテルから移籍して以来、プレミアリーグ136試合31ゴールのサイドアタッカーは、今季は10ゴールと初めて2ケタに乗せ、プレイヤーとしてのピークに差し掛かるタイミングです。有無をいわせぬ超絶ミドルシュートで劣勢のチームを救ってくれたことを忘れないサポーターたちにとっては、最も残ってほしい選手でしょう。私も、前線の3人とララナ、ヘンダーソンはアンタッチャブルだと思います。基本的には、ですが。チャンピオンズリーグ出場権に手が届きそうなチームは、クロップ監督のサッカーを高いレベルで体現できる選手を簡単に出すわけにはいきません。

ところがスペイン紙は、「既にバルセロナとリヴァプールは交渉を始めている」「レッズは移籍金次第で容認する方針」と伝えています。1月末にクラブとの新たな契約にサインし、「ここでタイトルを獲りたい」と語っていた24歳のアタッカーも、円満に話がまとまることを条件にバルサ移籍に前向きとのこと。コウチーニョの移籍金は9000万~1億ユーロ(約110~123億円)で、リヴァプールがOKする可能性があると報じています。なるほど。ここまで出してもらえるのであれば、コウチーニョを売ってストライカーを獲得するという選択肢も悪くなさそうです。イギリスメディア「Squawka」が、クロップ監督のスタイルにフィットしそうなストライカーを3人ピックアップしていたので、そちらの顔ぶれも合わせてチェックしてみましょう。

ひとりめは、前半戦の快進撃で「ドイツのレスターか!」と騒がれたライプツィヒから、リーグ戦30試合19ゴールのティモ・ヴェルナー。カウンターからの6ゴールは欧州主要リーグで最も多く、プレス、タックル、インターセプトもできる選手です。トリノのアンドレア・ベロッティは、セリエA32試合25ゴールと完全にブレイクした注目のストライカー。こちらはヘディングで欧州最多の10ゴールを叩き込んでおり、前線から相手を追いかけまわすことを厭わないのもクロップ好みです。バイアウト額が8400万ポンド(121億円)と高額なのがネックですが、コウチーニョとスタリッジを手離すと決断すれば払えない額ではないでしょう。最後のひとりは、今度こそ移籍するといわれているリヨンのアレクサンドル・ラカゼット。2014-15シーズンのリーグアン得点王で、3年連続20ゴール以上と実績では群を抜いています。アーセナルなどプレミアリーグのライバルたちと競合し、お値段が上がる可能性がありますが、彼を獲得できればコウチーニョの後釜はドリブラーでもいいかもしれません。

懸案のストライカーを獲得したうえで、ダニー・イングスとマルコヴィッチを使えるとすれば、プレミアリーグでアザールに次ぐドリブラーであるウィルフリード・ザハのような選手を補強してもおもしろいのではないかと思います。そもそものニュースが眉唾のような気もしつつ、欧州で戦うために点取り屋と選手層の厚さが必須のレッズとしては、100億円からのオファーならスルーしないほうが得策なのではないでしょうか。コウチーニョ本人にとっては、レッズに残ったほうが幸せなのではないかという気もしますが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

CL出場権をめざすリヴァプール最大の難関!セットピースの王者WBAに勝つための3つのポイント

プレミアリーグ33節は、チャンピオンズリーグ出場権を争う2つのクラブが正念場を迎えます。ヨーロッパリーグ準々決勝の合間に、よりによってチェルシーと戦わなければならないマンチェスター・ユナイテッドと、主力3人を欠きながらWBAが待つホーソンズに乗り込むリヴァプールです。前者は、アンデルレヒトに2点差以上で勝てるチャンスがありながらもドローに持ち込まれてしまったために、「プレミアリーグかヨーロッパリーグか」の二択を迫られた感があります。すなわち、首位とのゲームでメンバーを落とすや否や。マタがシーズンを終えてしまい、ルーニーが戦列を離れているなかで、モウリーニョ監督は中盤より前の布陣に頭を悩ませているでしょう。おそらくチェルシー戦は守備重視の「負けないメンバー」、勝利と無失点のいずれかが必要なアンデルレヒトとのホームゲームは「スピード重視で点が獲れるメンバー」でいくのではないでしょうか。得点力不足に悩む名将が、どう難局を切り抜けるかに注目です。

一方、上位対決を無敗で走り抜けたリヴァプールにとって、「主力不在」「アウェイ」「相手はセットピースからのゴール数TOP」と三重苦のWBA戦は最大の難関でしょう。クリスタル・パレス、ワトフォード、サウサンプトン、ウェストハム、ボロと下位との試合しか残っていないなかで、8位につけているピューリス監督のチームは最上位。プレミアリーグ27試合13ゴールとチームを牽引していたサディオ・マネ、パス本数リーグNo.1の主将ヘンダーソン、代えが効かないララナと3人の主力を欠くクロップ監督は、どんな戦い方を選ぶでしょうか。要注意はセットピースです。WBAがプレミアリーグで積み上げた39ゴールのうち、19ゴールまでをプレースキックから決めており、CKからの14発とともにリーグ最多です。片やレッズのCKからの失点は、TOP6で最多の6。サロモン・ロンドン、シャドリ、マット・フィリップスらの仕掛けにむやみに下がってCKを与えれば、ドーソンにヘッドを2発叩き込まれて完敗したアーセナルと同じ道を歩くことになりかねません。

前節のストーク戦で3-5-2という苦肉の策を講じたクロップ監督は、正しい選択ではなかったと認めたうえで、「南米との往復で疲れていたフィルミーノとコウチーニョの身体的な数値を取ったら、30分しか使えないことがわかったから」と語っていました。1週間の休みがあった今回は、彼らを頭から投入してくるでしょう。オーソドックスなサイド攻撃を仕掛けてくるWBA相手に、ミルナーとナサニエル・クラインの裏が空きやすくなる3バックはやめたほうがいいと思います。エムレ・ジャンとワイナルドゥムがロングフィードやサイドチェンジの供給源となるリヴァモアとフレッチャーをつぶし、ウイングとSBでサイドの選手を敵陣に押し込むことができれば、守備力で勝ってきたWBAにゴールを許す可能性は激減します。

…と、いろいろ思いを巡らせれば、日曜日の試合はクリスタル・パレスがアーセナルに3-0で勝ったゲームと同様に、弱者の戦術に強者がどう対応するかがポイントとなる見応えのある一戦となりそうで、今からワクワクします。ウインガーのように上がるベジェリンとモンレアルの裏のスペースが狙いどころとみたサム・アラダイスは、ベンテケにロングボールを当ててサイドのタウンゼントとザハに展開する戦い方で、ガナーズに完勝しました。「リヴァプールに対するホーム無敗の記録を続けたい」と語るピューリス監督は、奇をてらった戦術は持ち込まないと思われますが、アラダイス監督と同じく攻めどころを明確にしてくるでしょう。おそらく、ターゲットは本職のSBではないミルナー。マット・フィリップスにボールを集め、レッズの左サイドを執拗に狙ってくるのではないでしょうか。

リヴァプールが勝つためのポイントは、「できるだけ前で奪う」「パスの出どころを抑える」「ラインを下げ過ぎない」こと。今季プレミアリーグの前半戦を席巻した「走るレッズ」を続けられれば、ピューリス監督に白旗を揚げさせることができるのではないかと思います。キックオフは明日のランチタイム、日本時間では21時30分。普段両チームの試合を観ない方にも、おすすめしたくなる一戦です。お時間があれば、ぜひ。おもしろいですよ!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ