「スカイスポーツ」の評論家が分析する「上位キラーのリヴァプールが下位に取りこぼす理由」

日曜日のプレミアリーグ28節で、リヴァプールは8月に2-0で敗れたバーンリーと対戦します。本拠地ターフ・ムーアでは9勝2分3敗と滅法強いバーンリーは、アウェイではマンチェスター・ユナイテッドとハル・シティに引き分けただけの2分11敗と未勝利。アンフィールドのサポーターを味方につけたリヴァプールの圧倒的優位が予想されるなか、下位との対戦前というタイミングだからか「スカイスポーツ」がおもしろい分析をしています。題して「Liverpool v Burnley tactics: Danny Higginbotham on Liverpool’s issues(リヴァプールVSバーンリーの戦術:ダニー・ヒギンボサムが炙り出すリヴァプールの課題)」。レッズが下位にばかり取りこぼすのはなぜか?というお話です。

まずは、数字をおさらいしましょう。今季のリヴァプールは、上位5クラブとの直接対決では5勝4分と負け知らず。先制されたのは開幕のアーセナル戦と1月のチェルシー戦のみ。圧倒的な運動量をベースとした厳しいプレスで主導権を握って敵陣での奪取から速攻を繰り出し、先にゴールを奪って押し切る形を得意としています。範囲をプレミアリーグTOP10に広げても、やはり無敗。失敗といえるのは、アンフィールドでドローに終わったウェストハム戦ぐらいで、上半分だけなら3敗している首位チェルシーを上回っています。問題は、下です。敗れた相手は、バーンリー、ボーンマス、スウォンジー、ハル・シティ、レスター。ライバルの戦績を見ると、ボトム10に敗れたのは、レスターのジェイミー・ヴァーディにやられたマンチェスター・シティと、ワトフォードに足元をすくわれたアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドだけ。リヴァプールが唯一、上位から召し上げた勝ち点を下位に気前よく振る舞っているのです。

ユルゲン・クロップ監督は、ドルトムント時代も「強きをくじき弱きを助ける」監督でした。ブンデスリーガで優勝した2010-11シーズンは10位以上には1敗で、11位以下に4敗。連覇を果たした翌シーズンも、上位1敗・下位2敗です。相手が中盤でガチンコ勝負を仕掛けてくれば、圧倒的な走力でこれをつぶして速攻でゴールを奪取。ドイツでの集大成ともいうべき試合が、香川真司とレヴァンドフスキでバイエルン・ミュンヘンを5-2とボコボコにした2012年のDFBポカールでした。一方、しっかり引いてカウンター狙いに徹するチームと対峙すると、脇の甘さを突かれて敗れるのもクロップサッカー。バーンリーのアンドレ・グレイやレスターのジェイミー・ヴァーディは、レッズの最終ラインの綻びを見逃しませんでした。

さて、ここまでデータに基づく「取りこぼしクロップ」の確認をさせていただきましたが、いよいよ分析に入ります。「スカイスポーツ」の戦術評論家、ダニー・ヒギンボサムさんに登場していただきましょう。「リヴァプールは、プレミアリーグのthe best counter-attacking teamである」。なるほど、結論から歯切れよくいい切っていただきました。ビッグクラブと相対するときは、守備から攻撃への速い切り替えがうまくはまるというわけです。「クロップのセットアップは、ボールを支配するのに適していない。高いポゼッションは何ももたらさない。最も低かったボール支配率は、(1-0で勝利した)マンチェスター・シティとのホームゲームで43.1%だった」。おっしゃるとおり、レッズは「ボールを支配せずにゲームを支配する」チームであり、ショートカウンターで勝負するチームです。

こう考えると、1試合あたりの平均走行距離11.4キロと「最も走るセンターフォワード(実は偽物)」のフィルミーノ、速く強いマネ、崩しのアイデアが多彩でミドルシュートという武器があるコウチーニョは、よくぞ揃えたと拍手を送りたくなるクロップスタイルのジャストフィットたちです。ハーフラインより前ならどこにでも出没するフィルミーノを見ていると、このチームではベンテケに明るい未来はなかったと納得します。攻守のハブになり、キラーパスも出せるララナ、ボックス・トゥ・ボックスという新しい働き方を見出したワイナルドゥムも、もはや欠かせません。これだけ強いチームが、なぜ下位に負けるのか。ダニー・ヒギンボサムさんは、こんな表現で取りこぼしの理由を説明しています。

「彼ら(下位クラブ)はこんなふうにいうだろう。”オッケー、リヴァプール、君たちは後ろにも横にも行けるよ。ただし僕らの裏には入れないけどね”」
「SBは前に行くけど、CBはボックスから出たがらない。不安を感じさせるポジションだ」
「相手のストライカーが、CBより速いことが多い。あなたがアンドレ・グレイなら、突入しようと思うだろう」

ボールを持てば持つほど、相手の裏を取るチャンスがなくなり、カウンターを喰らう可能性が高まってしまうという指摘です。読みがよくてスピードがあるCBを入れるか、前線でボールの出どころを抑える動きをタイトにしないと、この問題は残り続けるでしょう。さらにヒギンボサムさんは、リヴァプールのフォーメーション上の問題にも言及しています。

「トッテナムやチェルシーは、3バックか4バックかに関わらず、守備的なMFが2人いる。左右のサイドを攻められたとき、ひとりが外に出て対応することができる。リヴァプールはCBとMFひとりの3人しか中にいないので、左右にスペースがある」

これは4-3-3の絶対的な欠陥という話ではなく、サイドをどう守るかというテーマですね。アンカーに関しては、攻守ともに主将ヘンダーソンのセンスに支えられているところが大きいので、彼の不在時にどういうユニットがベターなのかを探り当てないといけません。「スカイスポーツ」のレポートに付け加えるとすれば、「引いた相手の崩し方」「タイトな1月の過ごし方」も、クロップ監督に付きつけられた課題ではないでしょうか。

前者は、スタリッジ、オリギ、ダニー・イングスから2人でもシーズンを通じて機能していれば問題はなかったのかもしれません。今季は、負傷が多いスタリッジが完全に停滞してしまい、オリギは好不調の波の激しさを克服できていません。私は、オリギはいずれブレイクするはずと期待しているのですが、コンスタントにゴールに絡める選手になるまでにはもう少し時間と経験が必要のようです。スタリッジが来季も残るのかどうかはわかりませんが、大物獲得には走らなそうなクロップ監督なら、速さとヘディングの強さを兼ね揃えたマイケル・アントニオやサロモン・ロンドンのような選手をオプションとしてキープしてもいいのではないかと思います。

一方、「EFLカップ勝っちゃって年明け大変問題」のほうは、ポチェッティーノ監督が得意な若手の台頭促進、プレミアリーグ6位ながらマンチェスター・ユナイテッドが負けずに戦えているように選手層をもう一段厚くすること、ペップのように引いてカウンターという「プランB」を仕込むことのどれを選ぶかでしょう。明快なコンセプトのまま、選手をダブつかせず、すべて勝ちに行くという美学をクロップ監督が捨てなければ、プレミアリーグ優勝の難易度は高いのではないかと思います。今のまま二冠、三冠を制覇するクロップサッカーを見たい気持ちもあるのですが…。存外、アルデルヴァイレルトのようなCBと、ジエゴ・コスタのようにカウンターが得意なゴール量産タイプをひとりずつ獲れば、あっさり解決してしまうのかもしれません。これ以上続けると、話が拡散しすぎて収まらなくなりそうです。ヒギンボサムさん、興味深いアナライズをありがとうございました。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

売上は過去最高の3億ポンド超え!リヴァプールが2015-16シーズンの決算を報告

売上はクラブ初の3億ポンド超えを記録した一方で、税引前利益はマイナス1980万ポンド。リヴァプールが2016年5月31日までのファイナンシャルリザルトを公表しました。フェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)が2010年10月にリヴァプールを買収してから6年めとなる今回の決算について、アンディ・ヒューズCOOは「メインスタンド建設と選手への投資が継続され、財政強化は堅実に進められている」とコメント。売上は前期の2億7900万ポンドから3億100万ポンドに伸びており、コマーシャル収入、マッチデイ収入ともに順調に推移しています。2016-17シーズンよりプレミアリーグの放映権料が50%上がると決まっており、今季の終わりにはさらなる売上UPが報告されるものと思われます。

6200万ポンドとなったマッチデイ収入において大きかったのは、アンフィールドのメインスタンド増設と2つのカップ戦におけるファイナル進出、そしてアジア・オーストラリアをまわったプレシーズンツアーです。期中にクレイモアワイン、スカイプなど10の新しいパートナーシップが結ばれており、中国第2位のインターネットによるマーケットプレイスである「JD.com」に、欧州のフットボールクラブ初となるオンラインストアを開設しています。テレビ放映権料は1億2360万ポンド、コマーシャル収入は1億1570万ポンド。ベットビクター、マレーシア航空、コナミ、アルカテルと4つのスポンサーを獲得しており、継続的にパートナー拡大に取り組んでいくとしています。

「財務においては前期より堅調に伸長している。メインスタンド増設と新しい取引先の開拓に成功した。商業活動では、新しいパートナーシップ拡大とグローバルなストア展開、オーストラリアで最近オープンしたアカデミーなど国際的なサッカースクール開設を継続している。また、世界じゅうのサポーターとダイレクトにつながることは、重要なデジタル戦略だ。われわれのチャンネルに加わるサポーターはどんどん増えており、ツイッターアカウントのフォロワーは700万人に近づいている」(アンディ・ヒューズ)

売上を伸ばしながらも赤字を出したのは、選手への投資を惜しまなかったからです。ロベルト・フィルミーノ、ナサニエル・クライン、ジェームズ・ミルナー、マルコ・グルイッチ、ダニー・イングス、ジョー・ゴメス。こうして顔ぶれを並べてみると、2年連続長期離脱と不運なダニー・イングス以外は概ね選手が定着しているのがわかります。昨夏のレッズがベンテケ、ジョー・アレン、ジョーダン・アイブら10人以上の選手を一気に放出したのは、2016-17シーズンの黒字計上を目論んでいたからだと思われます。一昨日の「デイリー・ミラー」が、「チャンピオンズリーグ出場権を獲得したらラカゼットを狙う」とぶち上げておりましたが、欧州でプラスアルファの収益が見込める状況になれば、次の夏は大物獲得に走る可能性は高そうです。プレミアリーグ4位か5位で、レッズの補強戦略は大きく変わるのではないでしょうか。

会計法人デロイトが毎年発表している「デロイト・フットボール・マネーリーグ」では、リヴァプールの売上は欧州9位、プレミアリーグ勢では5位。TOP10でチャンピオンズリーグに出場していない唯一のクラブにもかかわらず、セリエA5連覇のユヴェントスよりも高い売上を記録しているのは、高額なテレビ放映権料に加えてパートナー開拓が順調に進んでいるからです。財務は問題なし、次にほしいのはタイトル。ソーシャルメディアプラットフォームに顔を出している5000万人以上のレッズサポーターが望むのは、プレミアリーグかチャンピオンズリーグで頂点に立つことでしょう。今季は上位直接対決で無敗、好調時は無類の強さを発揮する名門クラブの復活への道筋は、今まで以上に明確に見えています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジェイミー・キャラガーが熱く語る!「リヴァプールが強くなるための3つの提言」

ジェイミー・キャラガーさんがまた、話題を提供しています。いえ、エヴァートンのシャツを着てロメウ・ルカクにインタビューし、「やっと本来のカラーに戻れたね」といじられた話ではありません。地元紙「リヴァプール・エコー」に掲載された「Liverpool boss Klopp to blame for Leicester defeat, says Jamie Carragher(レスター戦の敗北はリヴァプールのボスであるクロップが責任を負うべきとキャラガーは語った)」という記事のほうです。プレミアリーグ26節のレスター戦のリヴァプールは、長い間眠っていたヴァーディに、切れ味のいいカウンターを思い出させてしまいました。「スカイスポーツ」の「マンデー・ナイト・フットボール」で古巣について語ったレジェンドは、「特定の選手を信頼し過ぎる」とコメント。「私を右ウイングに置いて、なぜ相手のディフェンスを打ちのめせないんだ?といっているようなもの」と表現し、左SBミルナー、CBルーカス・レイヴァという2つのコンバートに疑問を示しています。

「ジェームズ・ミルナーは大好きだけど、彼は左SBではない」「ルーカス・レイヴァはリヴァプールのファンを喜ばせているけど、私は残念に感じた。ピッチを去ったときはハッピーだった」

ジェイミー・キャラガーは、デヤン・ロブレンの欠場でCBをまかせられたルーカスが、ヴァーディに2つのゴールを許す難しい夜を過ごしてしまったことについて、選手を責めるべきではなくクロップ監督の戦術と人選の問題だと強調しています。ハーフラインまでDFを押し上げて、ルーカスとヴァーディをスプリントで勝負させたら、捕まえられるはずがない、と。バーンリーのアンドレ・グレイやハル・シティのニアッセにも2人のCBが高いラインの裏を突かれたと指摘するレッズOBは、ヴァーディにやられたのも同じ理由だといっているわけです。なるほど、納得です。私も、観戦レポートに「後ろにクラヴァン、アンカーにルーカスを置いて、CBの2人にはヴァーディを徹底的にケアさせるべきだった」と書かせていただきましたが、速いストライカーがいるチームに対して、プレスがかからない時間帯にラインを上げるのはリスキーだと感じていました。さらにキャラガーさんは、2つめの修正ポイントとして、こんなこともいっています。

「リバプールが常に同じようにプレーするのも問題だ」 「なぜ彼らはモーガンとフートにボールを持たせて、マネのペースをうまく使うことができなかったのか?特定のゲームで戦術に違いをもたらし、変化させない理由がわからない」

「プランBがない」というわけですね。モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドが負けなくなった理由のひとつは、押し引きをコントロールできるようになったこと。ペップもまた、厳しくプレスをかける時間帯とカウンター狙いに徹する状況を明確に切り替えて戦っています。クロップ監督のゲーゲンプレッシングは素晴らしく、これ1本でプレミアリーグを制するところを観たい気分もあるのですが、「カウンターさえつぶせばOKのチーム」「中盤の選手が圧力をかけられない時間帯」など、ラインを上げないほうが得策である状況においては、相手を呼び込んで速攻を浴びせる戦い方にスイッチしたほうがいいのではないかと思います。何しろスケジュールがタイトなプレミアリーグ。クロップ流の走るサッカーにオプションが加われば、体力的なメリットも大きいのではないでしょうか。

キャラガーさんの3つめの提言は、「リヴァプールは夏に変わらなければならない」。プレミアリーグ最多得点ではありながら、「不幸せだった夏にマンチェスター・ユナイテッドのようなことができない」、すなわちイブラヒモヴィッチやポグバのようなワールドクラス獲得が難しいクラブは、別なアプローチで変わる必要があると主張しています。

「33失点はTOP8で最多。このペースだと50を超えるが、クロップは修正できていない。これは大きな懸念だ」「アレクシス・サンチェスは、リヴァプールとアーセナルを比べたら、アーセナルに行く。トッププレイヤーを獲得するためのフィナンシャリーマッチには勝てない。だからわれわれは、別な方法を選べばいい。多くのゴールを決めるだけでは勝てないとわかっているのだから」

自らが現役のときは、今のチームほど強くはなかったが相手にとって勝つのが難しいチームであり、守備の数字はよかったと語る元CBは、後ろを強化すればプレミアリーグ優勝に近づけると確信しているのでしょう。「チャンピオンズリーグどころか、エヴァートンに捕まることを怖れている」と語るキャラガーさんは…だったらなぜ、こんな最悪のタイミングでエヴァートンのシャツ着ちゃったんですか!?元々エヴァートンサポーターだったことは存じ上げておりますが、古巣が大変なときに青いユニフォームは…。この件で、サポーターのツッコミと嘆きに包まれてしまったようで、ご自身の守備もちょっぴり緩かったようです。以上、「ジェイミー・キャラガー、愛の提言」をお送りいたしました。(ジェームズ・ミルナー 写真著作者/dom fellowes)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

上位対決で無敗!「プレミアリーグ最強のリヴァプール」は、なぜ下位に取りこぼすのか?

上位対決をすべて観た方は、イギリスメディア「メトロ」の記事に、深くうなずくのではないでしょうか。「Proof that Liverpool are actually the best team in the Premier League(実際はリヴァプールがプレミアリーグのベストチームであることを証明)」。彼らがフォーカスしたのは、プレミアリーグの上位対決の星取表です。チェルシー、マンチェスター・シティ、トッテナム、アーセナル、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドのTOP6について、直接対決の勝敗を見ると、4勝4分と唯一無敗のリヴァプールが抜きん出ています。開幕戦でいきなり当たったアーセナルとの撃ち合いを3-4で制すと、ホワイト・ハート・レーンでトッテナムと引き分け、3-4-3に出会う前のコンテ・チェルシーを1-2で撃破。マンチェスター・ユナイテッドには2分ですが、アンフィールドでの初戦は限りなく勝利に近いスコアレスドローでした。

年末のマンチェスター・シティ戦では8分にワイナルドゥムが先制ゴールを決めると、のらりくらりと守り切って勝ち点3。折り返しのチェルシー戦は、ダヴィド・ルイスに直接FKを決められた後、ワイナルドゥムのヘッドで追いつきドローと最低限の結果を残しています。2-0で完勝した25節のトッテナム戦を観て、「ハリー・ケインやデル・アリに可能性を感じた」という人はいないでしょう。かくして、6チームのミニリーグでレッズは無敗の首位。ホーム&アウェイのTOP6トーナメントを開催すれば、クロップ監督のチームは決勝に進出するでしょう。昨季ヨーロッパリーグとリーグカップで準優勝、今季はEFLカップと名称が変わった大会でトッテナムを倒してベスト4と、ここぞというゲームでの集中力は抜群です。消化試合数に差はあれど、リヴァプールは上位対決最下位のアーセナルに11勝ち点差をつけており、「プレミアリーグのベストチーム」と形容されても違和感はありません。


【プレミアリーグ2016-17 TOP6の直接対決戦績】
チェルシー    4勝1分3敗/勝ち点13/下位クラブ46
         未消化/マン・シティ(H)、マン・ユナイテッド(A)
マン・シティ   2勝1分3敗/勝ち点7/下位クラブ42
         未消化/マン・ユナイテッド(H)、リヴァプール(H)、アーセナル(A)、チェルシー(A)
トッテナム    2勝3分3敗/勝ち点9/下位クラブ41
         未消化/アーセナル(H)、マン・ユナイテッド(H)     
アーセナル    1勝2分3敗/勝ち点5/下位クラブ45
         未消化/リヴァプール(A)、マン・シティ(H)、トッテナム(A)、マン・ユナイテッド(H)
リヴァプール   4勝4分0敗/勝ち点16/下位クラブ33
         未消化/アーセナル(H)、マン・シティ(A)
マン・ユナイテッド1勝3分2敗/勝ち点6/下位クラブ42
         未消化/マン・シティ(A)、チェルシー(H)、アーセナル(A)、トッテナム(A)


ここまでは、レッズの強さについて紹介してきましたが、「脆さ」についても触れなければなりません。相手が強ければ強いほど威力を発揮するゲーゲン・プレッシングのチームが、勝ち点49で5位に留まっているのはなぜでしょうか。7位以下の14クラブとの戦績をチェックすると、勝ち点33はぶっちぎりの最下位。マンチェスター勢やアーセナルよりも2試合少ないことを考慮して、勝ち点6をプラスしても5位に届きません。下位キラーのチェルシーがスウォンジーとバーンリーに引き分けただけで勝ち点46を稼いでいるのに対して、リヴァプールはバーンリー、ボーンマス、スウォンジー、ハル・シティと4つも負けており、セインツ、ウェストハム、サンダーランドとドローも3つ。攻めてくる強豪クラブからは、圧倒的な走力を活かしたプレスで次々とボールを奪えるものの、引かれたとたんに打ち手を失うチームでもあります。彼らに足りないものは何でしょうか。「上位対決は分が悪く、下位からの勝ち点は多い」対照的なクラブ、アーセナルの数字をのぞいてみることにしましょう。

フォーメーションが異なるため、FWとMFのゴール数の単純比較はしにくいのですが、いくつか顕著な違いがあります。たとえばリーディングスコアラーのゴール数、高さで勝負できる選手の有無、スルーパスの本数。どこからでも点が獲れるものの、マネの11ゴールが最多のレッズに対して、アーセナルはプレミアリーグ得点王レースのTOPを走る17ゴールのアレクシス・サンチェス、8ゴールのジルー&ウォルコットとフィニッシャーが明確です。なかでもわかりやすいのが、アレクシス・サンチェスの「下位いじめ力」。17ゴールのうち、上位相手に決めたのは、9月のチェルシー戦の先制点のみ。これは、ケーヒルがもたつき、7番にボールをさらわれなければ決まらなかった1点で、きれいなゴールはひとつもありません。

さらにもうひとり、ガナーズには今のレッズにはないキャラクターが存在します。マイケル・アントニオの7ゴールに次ぐ「ヘッドで5発」のオリヴィエ・ジルー。リヴァプールが3つ4つとショートパスをまわして崩している間に、フランス代表の長身ストライカーは、エジルやアレクシスのハイクロスを一撃で叩き込みます。相手に引かれたとき、二次元で崩すのか、三次元で戦えるのかは大きいでしょう。ジルーの今季プレミアリーグ8ゴールのうち、6本までが決勝ゴールか同点ゴールです。どうしてもゴールがほしいとき、チームが誰を頼りにするのかが数字にも現われています。

プレミアリーグ最多の99本のスルーパスを決めているアーセナルに対して、リヴァプールは半分にも満たない40本。1発で世界を変えるパスが少ないのは、押し込む時間が長く相手にスペースを埋められる展開が多いことと、アレクシス・サンチェスやウォルコットのように虎視眈々とラインの裏を狙う選手がいないからでしょう。ちなみに、レッズと同様によく走るペップのマン・シティは、デブライネとダヴィド・シルヴァを中心にスルーパス本数で2位につけており、プレスで制圧する戦い方と自陣に引き寄せてカウンターを仕掛ける時間帯を使い分けているのがわかります。クロップ監督のチームは、よくいえばコンセプチュアル、悪くいえばときどき一本調子。比喩を野球に求めるなら単打とバント、ヒットエンドランでアドバンテージを積み上げるチームで、一発長打がありません。「メトロ」は、ひたすら走り続けるリヴァプールをたしなめるように、記事をこう結んでいます。「とどのつまりは、プレミアリーグはスプリントではなく、マラソンなのです」。

逆転されたゲームは、12月に3-1をひっくり返されたボーンマス戦と、最終的には追いついたウェストハム戦のみ。ボールを支配しながらもゴールが奪えず、少ないチャンスを活かされる落とし方が多いレッズに、「弱者に強いアレクシス」「困ったときのジルー」「1発で世界を変えるエジル」「裏抜けウォルコット」のいずれかがあれば、今頃はプレミアリーグ首位を走っていたのではないかと思います。このなかのいくつかの役割は、スタリッジとオリギが託されていたはずです。サブの選手が機能せず、オプションで試合の流れを変えられないのもレッズの弱点のひとつです。逆にいえば、これからの戦いで奇跡的な逆転を実現するには、スタリッジの覚醒やオリギのブレイク、あるいは第3の男の台頭が求められるということでもあります。プレミアリーグ1本、残り13試合。ベストチームの目標は、もちろん無敗フィニッシュです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ