望外のCLファイナル、新戦力のブレイク…収穫が多かったリヴァプールの2017-18を総括!

マティプのプレミアリーグは3月で終わり、チェンバレンはCL準決勝のローマ戦でジ・エンド。ジョー・ゴメスも3週間前に足首を手術しており、エムレ・ジャンとララナはトップフォームに戻るまでは時間が必要でした。プレミアリーグ最終節でようやく初ゴールを決めたソランケは、CLファイナルの戦力としてカウントするのは期待しすぎです。ウクライナに乗り込んだリヴァプールは、11人だったのだと思います。交代カードを切った瞬間に戦力がダウンするデリケートなチームが、ルーカス・バスケス、アセンシオ、コヴァチッチ、ガレス・ベイルをベンチに置いた世界王者に勝つためには、無傷であることは必須条件でした。モー・サラー負傷リタイアという致命的な事件によって、ビッグイヤーが視界に入っていたレッズの快進撃は止まりました。

「選手層に差があった」…キエフの夜を、こんな言葉でレポートしていたメディアがありましたが、それは敗因ではなく前提でした。2017年の夏の補強を思い出しましょう。アーセナルで不満を抱えていたチェンバレン、プレミアリーグでの巻き返しを密かに目論んでいたモー・サラー、ハル・シティでプレイしていた雑草ロバートソン、チェルシーで行き詰っていたソランケ。早くからコウチーニョの移籍が騒がれていながら、ユルゲン・クロップと経営陣は、伸びしろのある選手しか獲りませんでした。彼らの目標は、プレミアリーグで優勝争いに絡みながら4位以内を確保することであり、欧州制覇は視野に入れていなかったはずです。

何が何でも勝ちたければ、半年待ってファン・ダイクを獲るというジャッジはしないでしょう。クロップ監督の目線は、遥か先を見据えていました。「CLを制覇できなかった」のではなく、「CLファイナル進出という望外の成果を出すことができた」。ポルト、マンチェスター・シティ、ローマ。戦い方を心得ているペップのチーム以外は、強豪といわれるクラブと当たらずに勝ち進めた幸運のヴィクトリーロード。欧州における素晴らしい旅路は、頂点からの減点ではなく加点法で捉えるべきものなのだと思います。

プレミアリーグ4位、チャンピオンズリーグ2位。この1年を総括すれば、「収穫が多いシーズン」でした。公式戦44ゴール、プレミアリーグ32ゴールをゲットしたサラーの3700万ポンドは、今となってはバーゲン価格。獲得当時、「守備をやらない選手は要らない」とうそぶいていたサポーターもいらっしゃいましたが、彼がいかに守備に貢献しているかは、プレスを嫌がって希望のないロングボールを蹴り続けていたレアル・マドリードを見れば一目瞭然です。インサイドMFという最適な居場所を見つけたチェンバレンもブレイク。序盤は大事に使われたロバートソンは、800万ポンドの選手とは思えないアグレッシブなプレイを見せてくれました。

唯一ソランケは時間がかかりそうですが、結果を出した3人を見ると、クロップ監督の育成能力の高さを実感します。彼らを自分のスタイルにフィットさせながら、潜在能力も引き出し、「プレミアリーグで最も魅力的なチーム(BBC)」を創り上げました。

サラーに負けず劣らず素晴らしい補強だったのは、遅れてやってきた後方のエース、ヴィルジル・ファン・ダイクです。7000万ポンドのCBがいなかったプレミアリーグ24試合は28失点、出場した14試合は10失点。彼のコーチングによりデヤン・ロブレンは安定感を増し、ロリス・カリウスも成長の手ごたえをつかみ始めました。24歳のGKがやらかしてしまったCL決勝でのミス2発は残念でしたが、結果から逆引きして彼を獲るべきではなかったと嘆くのはフェアではないと思います。入団時は、ドイツでTOP3に入る有望株といわれていた選手です。あのデ・ヘアが、プレミアリーグに来た頃は、ハイボールをかぶりまくっていたことを思い出します。若いGKの獲得には、覚悟と我慢が付きものです。

とはいえ、来季に向けて、頼れるGKの獲得は必須でしょう。トラウマになりそうなミスを犯してしまったロリス・カリウスは、実力者とのポジション争いに勝って復活するぐらいのたくましさがなければ、悪夢を払拭できないのではないかと思います。今季のレッズを総括するレポートを掲載した「BBC」も、「ロリス・カリウスは改善の兆しを見せているが、残酷な事実を受け止めてハイレベルな人材の獲得が必要」としています。他の補強ポジションは、第4のFW、エムレ・ジャンが移籍するならアンカータイプ、ミルナーの衰えをカバーする走れるMF、ロバートソンのバックアッパーあたりでしょうか。

ナビ・ケイタはとにかく楽しみ。さらに噂のフェキルや、バトランドあるいはアリソンを獲得し、シャルケ04のマックス・マイヤーやサンプドリアのルーカス・トレイラなど、若いセントラルMFを押さえられれば納得でしょう。フィルミーノみたいにプレイできる選手はどこにもいませんが、中央に斬り込ませたらさらに化けそうなトマ・レマルはおもしろいと思います。来季のレッズは、コウチーニョ基金とCLのボーナスを活かして、選手層に厚みを築いていただかなくてはいけません。ここまできたら、次の目標は明確にビッグタイトルです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

観客372人の小さなクラブから、5年でCL決勝へ…ロバートソンのステップアップストーリー!

いよいよ、あと3日となりました。プレミアリーグでは3位に終わったリヴァプールが、欧州の頂点をめざしてレアル・マドリードと激突します。過去4シーズンのCLとELは、スペイン勢が8回中7回までを制しており、昨季ELでアヤックスに勝ったマンチェスター・ユナイテッドが唯一意地を見せただけです。今季もELはアトレティコ・マドリード。スペインの春は続くのか、プレミアリーグが一矢を報いるのか。決定力があるタレント揃いの一発勝負は、どう転んでもおかしくありません。レッズについては、サラー、フィルミーノ、マネの強力3トップが、世界王者相手にどんなアタックを見せてくれるかが最大の見どころですが、シーズン開始当初から注目していたあの選手にも、スポットを当てたいと思っています。

24歳のスコティッシュ、アンドリュー・ロバートソン。15歳までは名門セルティックに在籍していたものの、体が小さいとダメ出しされ、スコットランド4部リーグのクイーンズ・パークへ。18歳のプロデビューを観客372人のゲームで迎えた選手が、5年後に欧州の頂点を視界に捉えているというのは、なかなかのシンデレラストーリーです。「ガーディアン」のロングインタビューに応えたロバートソンは、アルバイトしながらプレイしていた時代について、こう振り返っています。

「セルティックからクイーンズ・パークに行けといわれれば、誰だって災難だと思うよ。泣いたりはしなかったけど、動揺していた。若くして夢を取り上げられたんだ。でも、周囲にはいい人たちがいた。これが僕にとって最高によかったんだろうね」

グラスゴーでショップの店員をしたり、スコットランドサッカー協会で電話受付の仕事をしていたロバートソンは、スタジアムでヴァンサン・コンパニを席にアテンドしたこともあったそうです。負傷していたベルギー人CBは、ロバートソンからマッチプログラムを受け取り、代表のゲームを観戦。今季のチャンピオンズリーグで、ロバートソンのチームがコンパニが統率する最終ラインを崩し、3-0で完勝するとは想像できなかった時代のお話です。2013-14シーズンにはダンディ・ユナイテッドでプレイしたロバートソンは、PFAスコットランドヤングプレーヤーに輝き、285万ポンド(約4億3000万円)でプレミアリーグのハル・シティに移籍。チャンピオンシップ降格と翌シーズンのトップリーグ復帰を経験したSBは、2017年の夏に移籍金800万ポンド(約12億円)でリヴァプールに加わることになりました。

「新しいマネージャーと会うときはいつも緊張するけど、このときは特にそうだった。世界的に有名な人だったからね。でも、監督は初日に僕をハグしてくれて、並んで座って話してくれた。お互いの過去の話をしたんだけど、すごく興味を持ってくれたんだ。これには本当に助けられた」

アルベルト・モレノが好調だった序盤戦。14節までのプレミアリーグで2試合しか出番がなく、苛立っていたロバートソンは、ここでもクロップ監督とのコミュニケーションに救われたと語っています。「ジェームズ・ミルナーは何でもできるだろう?君はわれわれがどんなふうにプレイしているか、どうやって守備を改善しようとしているか学ばないとね」。アルベルト・モレノが負傷し、12月にレギュラーポジションを奪うチャンスを得たロバートソンは、オーバーラップを繰り返して鋭いクロスを入れ続け、指揮官の信頼を勝ち取りました。

初年度は、プレミアリーグ22試合1ゴール。チャンピオンズリーグはポルトに5-0で圧勝し、マンチェスター・シティには3-0、1-2とダブル達成。アンフィールドのローマ戦は5-2と、ロバートソンが出場した試合は、レッズらしさを十全に発揮したナイスゲームばかりでした。序盤戦で、赤いユニフォームを着た左SBを「これからが楽しみな選手」と思ったのは、トップスピードで縦に突破しながら、ダイレクトで上げる危険なクロスを見たときでした。彼は、レッズの中心選手になれる…信じて見続けていた選手だったので、CLのマン・シティ戦での大活躍は、マン・ユナイテッドが勝ったときのように誇らしい気分になる出来事でした。

「サッカーは浮き沈みが激しいもの。引退した選手が、”もっと楽しみたかった”って、いうのをよく聞くよね。僕は世界最大のクラブのひとつにいて、これからチャンピオンズリーグのファイナルを戦うんだ。こんなに喜ばしいことは、楽しまなきゃいけないよね。I will!」

CL決勝の空気を存分に吸って、プレイを楽しみ、願わくばビッグイヤーの感触まで味わい尽くして帰ってきていただければと思います。ロバートソンがピッチに立つであろうキックオフまで、あと67時間50分です。待ち遠しい!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

公式戦3戦勝利なし&プレミアリーグ2戦連続ノーゴール…リヴァプールが勝つために必要なこと。

ブライトンとのプレミアリーグ最終節、レアル・マドリードと戦うチャンピオンズリーグ決勝のいずれかに勝てば、リヴァプールは来季もCLに出場することができます。「2試合のうち、いずれかに勝てばよい」「来季の権利を賭けたエキサイティングな試合を最後まで観られる」…楽観的にいえば、こんな表現になりますが、レッズは苦しい状況を迎えているといったほうが実情には近いでしょう。

アンフィールドでローマに5-2で快勝した後の3試合は、1分2敗。プレミアリーグ35節のWBA戦のドローは、前後にマンチェスター・ユナイテッドとトッテナムが敗れているのをみれば、そんなこともあると笑ってやり過ごせますが、37節のストーク戦の沈黙は想定外でしょう。マネ、ミルナー、ロバートソンを休ませたとはいえ、1月以降のプレミアリーグで11戦連続勝利なしと絶不調のチーム相手に、アンフィールドで0-0は不覚でした。

ローマで戦ったCL準決勝セカンドレグは、3点のアドバンテージがあったから許された冷や汗の4-2。ナインゴランのミスを拾って決めたショートカウンターと、ジェコのヘッドがフリーのワイナルドゥムに流れてきた幸運なゴールは、レッズらしい素晴らしいアタックと手離しで称賛できるものではありませんでした。チェルシー戦は、3トップを完全に封じられて0-1完敗。ここ2試合のプレミアリーグでは、アルベルト・モレノとアレクサンダー・アーノルドをインサイドMFで起用し、手薄な中盤をフォローさせましたが、いずれの試合もノーゴールと成功したとはいえません。

気になるのは、3トップの連携で崩すシーンが減っていることと、中盤の押し上げが弱いことです。遠めからでも思い切りよく狙ってくるエムレ・ジャン、周囲を使えるララナ、ドリブルとプレスが冴えるチェンバレンと、攻撃面での貢献度が高いMFの不在は、3トップから余裕を失わせているのではないかと思われます。レアル・マドリード戦は、右サイドが弱い守備陣にクリスティアーノ・ロナウドとマルセロの完封は望めそうもありません。2-1、3-2、4-2で勝つことを考えれば、前からのプレスの強度と、3トップを有利にさせるための中盤の流動性は不可欠でしょう。チャンピオンズリーグレコードのシーズン9アシストを達成したミルナーと、消極的なパスが増えているワイナルドゥムが、いかに前に出られるかが最後の2試合の重要ポイントです。

プレミアリーグで56発、チャンピオンズリーグでは全盛期のBBCを凌駕する29発を決めている3人が、フレッシュな状態で試合に臨むためには、水曜日にチェルシーと対戦するハダースフィールドのアシストを仰ぎたいところです。レッズらしいフットボールで、世界王者の大会3連覇を阻止するのか。2試合とも落とすという信じられない失速で、EL出場権を押し付けられてシーズンを終えるのか。今季のプレミアリーグを代表する個性的なチームに、とにかく悔いのない試合をしてほしい私としては、ブライトン戦のスタメンと結果が今から気になります。サラーは出たのか、出たなら決めたのか、ミルナーは何分ピッチにいたのか…等々。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

負傷者続出、サラーの暴力疑惑、敏腕コーチの離脱…不穏な空気漂うリヴァプール最新事情!

プレミアリーグ2017-18シーズンはワンツー着地濃厚で、静かに収束に向かっているマンチェスター勢よりも、ポストヴェンゲルが話題となっているアーセナルや、チャンピオンズリーグ制覇の可能性を残しているリヴァプールの見出しのほうが目立ちます。しかしながら、現地メディアが一斉に報じた「ファン・ハール監督がアーセナルの新指揮官に!?」という話は、さすがにフェイクでしょう。「プレミアリーグのビッグクラブから話をもらえれば受け入れる。マンチェスター・ユナイテッドを倒すチャンスだから」という以前の発言に、「断れないオファーを受けている」という直近のコメントを重ねて、「ということはアーセナル?」とメディアが強引にもっていっただけだと思われます。

尤も、これらの記事のオチは「グーナーが戦々恐々」。お気持ち、お察しします。実績ある指揮官ではありますが、68歳の後任に66歳、しかもタイプは真逆ですので、拒否反応も当然です。ダヴィド・デ・ヘアが「ファン・ハール体制が続いていたら、僕は今頃ここにいなかっただろう」と語った戦術家を据えれば、ヴェンゲル大好きメスト・エジルや愛弟子ラムジーなどは、即日で自らの代理人にコンタクトを取るのではないでしょうか。マン・ユナイテッドのサポーターとしては、ラシュフォードやリンガードを開花させてくれたファン・ハールさんには感謝しておりますが、選手の自主性を尊重する御大の後釜としては、最も勧めたくないキャラクターです。いや、この手のゴシップに熱くなるのは野暮というものですね。気を取り直して、本題のリヴァプールの話に移りましょう。

CL出場権を争うプレミアリーグは残り2試合、ビッグイヤー獲得をめざす欧州も2試合。大詰めを迎えているレッズは、脅威の3トップが健在なのが最大のストロングポイントです。ロベルト・フィルミーノは公式戦50試合27ゴール、プレミアリーグで31ゴールを叩き込んでいるサラーはトータル48試合43ゴール、前半戦で苦しんだマネはそれでも40試合18ゴール。チャンピオンズリーグではフィルミーノが11試合10ゴール7アシスト、サラーは11試合10ゴール5アシスト、マネは9試合8ゴール1アシストと猛威を振るっており、トリオでCL通算28ゴール。この数字は、2014-15シーズンの「MSN(メッシ、スアレス、ネイマール)」の27発を既に上回っており、2013-14シーズンの「BBC(クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ベイル)」に並んでいます。ローマ戦で軽傷を負ったマネは、水曜日のセカンドレグで復帰予定。この試合で、スペイン発の最強3トップを超えるゴールを叩き込む可能性は充分です。

フィルミーノは2023年までの契約延長を発表しており、サラーの元には週給18万5000ポンド(約2780万円)という倍額オファーが届くと報じられています。景気のいい話が続くストライカーに対して、課題は2つ。完全に駒不足に陥った中盤に加えて「ターンオーバーすると、クオリティがキープできないこと」です。ララナ、チェンバレン、エムレ・ジャンの負傷によって、中盤はワイナルドゥム、ヘンダーソン、ミルナーの3枚のみ。プレミアリーグではミルナーを休ませながら起用しているクロップ監督は、アルベルト・モレノを1列前で使わなければならなくなりました。

3人が揃えば破壊力抜群の前線も、ダニー・イングスを起用すると、とたんに怪しくなります。フィルミーノもイングスも、サイドにポジションを取ると魅力半減。ダイレクトパスを駆使した中央突破の頻度は確実に減り、負傷で苦しんだストライカーが先発したプレミアリーグ3試合は、2ゴールしか決めていません。最終ラインも、アーノルド、ロバートソン、ファン・ダイクが揃えばまずまずですが、直近のデヤン・ロブレンはミスが目立ちます。ララナが最終節のブライトン戦で復帰できるかもしれないという明るいニュースが届く一方で、サラーがストーク戦のブルーノ・マルティンス・インディに対する暴力疑惑で、プレミアリーグの残り2試合が出場停止となる可能性が出てきました。この裁定が下れば、クロップ監督のチ―ムはアンフィールドでのブライトン戦で勝ち点を落とすことになりかねません。

さらに届いた不安なニュースは、アシスタントコーチを務める”クロップのブレイン”ジェリコ・ブヴァッチ氏のリタイア。指揮官との確執でクラブを離れるという噂が流れましたが、こちらは「BBC」が、「個人的な理由でシーズン終了まで離脱」と報じています。真相は定かではありませんが、大事な時期にスタッフがいなくなることがプラスに作用することはまずないでしょう。最後までもつか、リヴァプール!?チャンピオンズリーグ制覇の千載一遇のチャンスを、ぜひ活かしていただきたいのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ