ゴールは多いが勝ち点は…!? 「BBC」がアンフィールド50試合のクロップを総括!

「ユルゲン・クロップは、彼のチームが”ヘヴィ・メタルサッカー”をするのが好きだといっていた。プレミアリーグにおける彼の50回めのホームゲームは、ワトフォードをボコボコにして5-0大勝。この数字は、ドイツ人がアイアン・メイデンのコンサートよりも多くのエンターテインメントをアンフィールドにもたらしていることを示している」。イギリスメディア「BBC」は、ユルゲン・クロップ監督のチームがアンフィールドでいかにゴールを奪っているかを紹介しています。ラファエル・ベニテス時代の最初の50試合は1試合平均1.76。ブレンダン・ロジャースは2.06で、2015年10月にプレミアリーグにやってきたクロップ監督は2.22。「BBC」がいうとおり、クロップ監督になってからのレッズのサポーターは、1枚のチケットでより多くの歓喜を手に入れていることになります。

ゴールを目撃することが最大の価値であれば、クロップバンザイなのですが、「BBC」はこんなデータも紹介しています。勝利数を見ると、ベニテスの37、ロジャースの30と比べてクロップは28と最も低い…。なるほど。ちなみに昨季プレミアリーグのリヴァプ―ルは、アンフィールドでは12勝5分2敗で5位。17勝2分という圧倒的な強さを誇ったトッテナムに勝ち点で12も離され、17勝2敗だったチェルシーに加えてアーセナルとエヴァートンにも上にいかれています。今季のレッズはここまでホーム無敗ではあるのですが、首位マンチェスター・シティの14勝1分に対して10勝6分と勝ち切れず。バーンリー、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、エヴァートン、WBA、トッテナムと、堅守速攻のチームやベタ引きのチームを崩せず、ドローに持ち込まれる試合が目立っています。

マンチェスター・シティはホーム15試合で51ゴール10失点、レッズは16試合で38ゴール10失点。敵地ではプレミアリーグ首位チームが34ゴール10失点で、3位チームはアウェイ最多の35ゴール&リーグ10位の24失点。アンフィールドで引かれたときのオプションを獲得し、敵地でよそ行きのフットボールに陥り失点を重ねる癖を改善できれば、レッズは首位に迫れるでしょう。

ライバルクラブを見てみると、マンチェスター・ユナイテッドはホームで7失点しかしておらず、マン・シティに次ぐ12勝を挙げているのが2位に上がった原動力。スパーズ、レッズ、マン・ユナイテッドはアウェイゲームで8勝3分4敗で並んでおり、ホームにおける取りこぼしの数で順位が決まっています。アーセナルが敵地で3勝4分8敗と信じられない戦績になっているのは、リーダーシップ不在の証なのではないでしょうか。ホームでは11勝2分2敗でレッズと1ポイント差の4位に食い込んでいるだけに、ボーンマスやワトフォードを下回るアウェイの不振が悔やまれます。

プレミアリーグ再開まであと3日。セルハースト・パークでクリスタル・パレスと当たるリヴァプールは、ベンテケへのハイボールでずるずる引かされることなく、敵陣で奪ういつものサッカーでチャンピオンズリーグ出場権獲得の足場を固めていただければと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「ファンタスティックな時間だ!」…クロップとジェラードの師弟関係がアツい!

「スカイスポーツ」は、指揮官を主語にして「Liverpool boss Jurgen Klopp gives Steven Gerrard coaching tips(リヴァプールのボス、ユルゲン・クロップはスティーヴン・ジェラードにコーチングのヒントを与える)」。レッズの地元紙「リヴァプール・エコー」は、クラブのレジェンドを主人公に据えて、ユルゲン・クロップに授かったアドバイスや「ベニテスやロジャースらに謝りたい」という彼のコメントを紹介しています。今季、レッズのユースチームの監督に就任し、指導者としての第一歩を踏み出したジェラードは、プレミアリーグのU-18テーブルで3位に食い込み、U-19の選手たちをUEFAユースリーグ準々決勝に導きました。彼が順風満帆なスタートを切れたのは、プレミアリーグにゲーゲン・プレッシングを持ち込んだ名指揮官のアドバイスがあったからだそうです。「リヴァプール・エコー」より、自らの近況とコーチ業について語るレジェンドの肉声を紹介しましょう。

「電話したりメールを送ったり、あるいはメルウッドに足を運んだりして、幾度となく彼に教えを乞うている。彼はメディアにも、私を手助けするためのドアはいつでも開いているといっているだろう?それは砂金のように貴重なものだ」「私が取り組んでいることに対して、彼は明らかに私よりも経験豊富だ。ユルゲンとスタッフがやっていることを少しずつ吸収して、自分の糧にしていかないとね」(スティーヴン・ジェラード)

自らを「ヘッドライトに照らされたウサギ」と表現するリヴァプールの若き指導者は、「今の役割を楽しんでいるけど、間違ったことばかりしている。彼のサジェスチョンが最善の動き方だ」とドイツ人の先輩指揮官を絶賛。「私は学び、成長しながらプレーヤーとまったく異なる仕事に慣れようとしている。選手と監督はこんなに違うのか!と目を見張ることばかりだね」と、新しい仕事の難しさについて語っています。プレミアリーグで通算504試合に出場した名選手は、ベニテスやロジャースなど今まで一緒に戦ってきた監督に謝りたいそうです。

「マネージャーとコーチを今まで以上にリスペクトしている。現役時代は、自分は世界で最高の監督だと思っていた。 ”そのセッションは何のためにやってるんだ?””なぜそれが必要?”なんてね。今、すべて謝りたい。マネージャーやコーチの仕事がどれだけ難しいかよくわかった。全然違う球技みたいだ」

すっかり謙虚になったジェラードに対して、クロップ監督がいかしてます。ここからは、「スカイスポーツ」にスイッチしましょう。「忙しいけど、おもしろい仕事だ」。ブンデスリーガとプレミアリーグで16年以上指揮を執ってきたマネージャーの言葉は、最初から含蓄があります。

「スティーヴンがコーチングを楽しんでいるのは、本当にうれしいことだね。彼のような(ワールドクラスの)サイズの選手が、このレベル(ユースの監督)から始めることはあまりないから。私は、この仕事は常に学ばなければならないといっている。学ぶ準備さえできていれば、天才である必要はない」「彼がワールドクラスの選手だったことは、大きな支えになる。ゲームのすべてを知り、自分なりのアイデアを持っているからね。でも、次のステップに向けて学ぼうとせず、ワールドクラスだったことが唯一の拠り所なら、それは役に立たないだろう」(ユルゲン・クロップ)

13歳年下の新米マネージャーの試行錯誤について、「ファンタスティックな時間だ。スティーヴンには、私がしょっちゅうできなくなること、すなわちトレーニングをちゃんとやれるんだと実感してもらいたいね」とポジティブに語る名将の存在は、クラブにとってもジェラード本人にとっても絶大でしょう。

「いろいろなスタイルの選手を見てきた。それぞれの強みと弱みを見出し、適性に沿って育てないといけない。マネのように走れ、フィルミーノみたいにやれというのはフェアじゃない。彼らは既にトッププレーヤーになる準備ができているのだからね。選手について毎日学べるなんて、素晴らしい仕事だろう!」

クロップの背中を見ながら、マネージャーとして何をすべきかを考えられるジェラードは、いずれレッズのファーストチームの指揮官としてアンフィールドに姿を見せてくれるでしょう。「スティーヴンズ・ベイブズ」がプレミアリーグを席巻するシーズンの到来を、楽しみに待ちたいと思います。いやー、いいですね、ユルゲン・クロップ!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

体質改善リヴァプール…2017年5月決算は売上500億円超え、利益はクラブレコード!

プレミアリーグ2位を窺うリヴァプールは、経営のほうも順調のようです。昨日、公式サイトで発表された2017年5月31日までの決算報告によると、総売上は前年より6200万ポンド(約91億円)増加し、3億6400万ポンド(約535億円)。サディオ・マネ、ワイナルドゥム、ロリス・カリウス、マティプら6人の新しい選手の獲得とスタジアムなどのインフラ整備に9100万ポンド(約138億円)を費やしたにも関わらず、税引き後利益は3900万ポンド(約57億3000万円)でクラブレコードだそうです。2016年5月度は2100万ポンド(約31億円)の損失を出していたクラブは、マッチデー収入、テレビ放映権料、コマーシャル収入の3本柱で全方位的に売上を伸ばしています。

メインスタンドの拡張によって、54074人収容とキャパシティが上がったアンフィールドがもたらしたマッチデー収入は、前年から1200万ポンド増の7400万ポンド(約109億円)。プレミアリーグ全体のテレビ放映権料の高騰により、レッズには3000万ポンドUPの1億5400万ポンド(226億円)が配分されています。マレーシア航空、コナミ、ジョーイなど12の新しいパートナーと契約を結んだことにより、コマーシャル収入も2000万ポンドほど伸びて1億3600万ポンド(約200億円)。現金による投資は2年間で7800万ポンド(約115億円)となっており、1年前は事業が生み出すキャッシャが3700万ポンド(約54億円)だったクラブは、2017年度は7100万ポンド(約104億円)に改善させています。

「オーナーシップグループ(フェンウェイ・スポーツ・グループ)の全面的なサポートにより、直近7年でクラブの財政状態は大きく改善されました」と語るアンディ・ヒューズCOOは、さらなる投資と顧客開拓を継続すると明言しています。アメリカ、香港、カナダ、オランダにて新たな販売チャネルを設立。クラブの優先事項と謳うソーシャルメディアプラットフォームを拠点としたサポーター開拓によって、500万人の新しいフォロワーを得て5500万人に届きました。2017年1月に発足した「レッド・ネイヴァーズ」は、地元小学生のためのフリーチケット発行、高齢者へのフィットネスプログラム提供、貧困家庭のサポートなど地域に密着した活動を展開しています。

フットボールに対しても投資を拡大させており、昨夏にはサラー、チェンバレン、ロバートソン、ソランケ、1月にはプレミアリーグのDF獲得のレコードとなる7500万ポンドを投じてヴィルジル・ファン・ダイクを獲得しました。夏には5000万ポンドをかけて造ったトレーニンググラウンドがオープン。「われわれの近年の投資プロジェクトはオーナーグループのコミットメントを証明しており、2億ポンド(約294億円)に及ぶものになります。建築家とともに設計し、収容力と経済的な可能性を高めていくアンフィールド・ロードのオプションを継続しますが、これはメインスタンド拡張の流れを汲む包括的なプロセスです」。ヒューズCOOのコメントを読むと、かつては自転車操業だったクラブが長期的な視座に立って改善と拡大を続けているのがわかります。

チャンピオンズリーグに出場しなかったシーズンに、これだけの数字を残したリヴァプールは、デロイトの調査による「フットボール・マネーリーグ」では売上総額で世界9位。クロップ監督の下で欧州最高峰の大会を戦い、コウチーニョを高額移籍金で売却した今シーズンはどこまで売上を伸ばせるでしょうか。「過去7年で利益を出したのは1年だけでした。これは主に、プレイヤーの獲得コストと支払いのタイミングに起因するものです。大事なのは、利益を出してクラブや選手に再投資し、長期的な安定を実現させて財務的ポジションを強化することです」。夏のレッズは、ファン・ダイクを超えるサプライズを起こすかもしれない…そんな予感が漂う素晴らしいレポートでした。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

総ゴール数は欧州2位、CLでは堂々のトップ!欧州屈指の破壊力を誇るリヴァプールの躍進に期待!

サラー22ゴール、フィルミーノ12ゴール、マネ6ゴール。プレミアリーグの数字だけ出せば、サラーだけが凄いと受け取る人もいるかもしれませんが、公式戦すべての記録を見れば確実に捉え方が変わります。先日のポルト戦で30ゴールの大台に乗せたサラーのアシストは12、フィルミーノは21ゴール12アシスト、マネは12ゴール7アシスト。9月からの2か月間、サスペンデッドと負傷でピッチを離れたマネの数字が少々見劣りしますが、チャンピオンズリーグの直近3試合で6ゴールの固め獲りを決めている快足アタッカーは、他の2人に負けず劣らず脅威です。欧州屈指の3トップを擁するリヴァプールは、どこまでいけるでしょうか。プレミアリーグは2位と2ポイント差。ポルトに圧勝したチャンピオンズリーグは上位進出の期待感が俄然高まっています。

「パーフェクトだった。こんな結果は簡単に生まれない。われわれはチームとしてプレイし、終始素晴らしいサッカーをした。マネは大事な選手。常に得点や勝利に関わってくれる。フィルミーノも見事だったし、サラーも止まらない。全員がファンタスティックだった」。0-5で圧勝したエスタディオ・ド・ドラゴンの試合の後、ユルゲン・クロップ監督は選手たちを激賞。スティーブン・ジェラードは「どちらも優れているけど、今のチームにはスアレスのときよりもいいブレンドがある。マネはテンポがよく直線的。フィルミーノはタッチとボールキープが秀逸。サラーはその両方のよさがあり、ゴールを決めてくれる」と、SAS&スターリング時代より優れていると語っています。「よくばりもわがままもいない。互いにボールを渡し合い、いいエリアに入った選手を探している」。ジェラードのいうとおり、チームワークでは2013-14シーズンにプレミアリーグ101ゴールを決めたチームを明らかに凌駕しています。

「スカイスポーツ」が、2017-18シーズンの欧州の強豪クラブにおける3トップのゴール数を比較しているのですが、60ゴールを越えているのはパリ・サンジェルマン、リヴァプール、バルセロナ、マンチェスター・シティの4チーム。リヴァプールは、パリの67ゴールに迫る63発を叩き出しており、61のバルセロナと60のマンチェスター・シティを上回っています。チャンピオンズリーグでは、7試合28ゴールで堂々のトップ。フィルミーノ7ゴール、サラーとマネが6ゴールと、どこからでもゴールが奪えるチームは、総合力が問われる長丁場のリーグ戦よりもノックアウトラウンド向きです。

クロップ監督は、就任初年度のヨーロッパリーグでファイナルに進出していますが、セヴィージャとの決勝のスタメンはコウチーニョ、スタリッジ、フィルミーノの3トップとコロ・トゥレ&デヤン・ロブレンのCBコンビでした。前も後ろも確実にパワーアップしている今季のチームが、ウクライナのNSKオリンピスキで開催される決勝に駒を進めるというシナリオは、多少のクジ運は必要とするかもしれませんが、決して夢物語ではありません。コーチングに優れ、ボールの落下点やコースを読むのがうまいファン・ダイクの獲得は大きいのではないかと思います。ポルト戦では、デヤン・ロブレンとロリス・カリウスが自信をみなぎらせてプレイしていたのが印象的でした。

さらにここからララナの完全復活、ワイナルドゥムの安定、ナサニエル・クラインの復帰という3つのパーツが揃えば、欧州の強豪と当たっても相当いい試合ができるのではないでしょうか。勝ち試合の爽快感と指揮官のパフォーマンスは、既にプレミアリーグNo.1。「あの守備力では…」と笑う向きもあるかもしれませんが、ロバートソンとファン・ダイクの定着で守備もよくなっているダークホースのリヴァプールに、欧州を驚かせる躍進を期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ