マネ、ララナ、ダニー・イングス…負傷者続出のリヴァプールの最新事情を地元紙がレポート!

プレミアリーグのTOP6で、ここまで最も誤算が多かったクラブはリヴァプールでしょう。コウチーニョの移籍騒動、開幕直前のアダム・ララナのリタイア、サディオ・マネの退場によるマン・シティ戦惨敗とその後の負傷…。デヤン・ロブレンらCBの混乱は11戦17失点という厳しい数字につながり、スタリッジは未だトップフォームとはいえず。ダニー・イングスのプレミアリーグ出場は2年前まで遡らなければならず、背中の痛みが癒えずに手術に踏み切ったナサニエル・クラインは今季中に戻ってこられるかわかりません。公式戦17試合12ゴール、プレミアリーグ11試合7ゴールのモウ・サラーがいなければ、レッズはどんなポジションにいたでしょうか。独走の首位は見えないものの、2位とは4ポイント差の5位という順位は、「エジプティアン・メッシ」の爆発力なくして実現しえなかったと思われます。

さて、そんなレッズの最新事情について、地元紙「リヴァプール・エコー」がレポートしています。14日付の「Liverpool face a crucial day at Melwood - as does Adam Lallana, Sadio Mane and Danny Ings(リヴァプールは、メルウッドで重要な日に直面している - アダム・ララナもサディオ・マネも、ダニー・イングスも)」という記事は、負傷者が続出しているチームにもひと筋の光が見えていることを伝えています。アダム・ララナは非公開の練習試合でフルフィットネスに向けてステップアップしており、ダニー・イングスもクロップ監督の眼鏡に適えば、土曜日のサウサンプトンとのホームゲームでソランケに代わってベンチ入りするかもしれないとのこと。プレミアリーグ出場ゼロのジョン・フラナガンにも、イングスと同様にファーストチーム合流を見越した指導が行われており、トレント・アレクサンダー・アーノルドやジョー・ゴメスとともにナサニエル・クラインの穴を埋めることが期待されています。

そしてもうひとり、レッズサポーターが最も注目しているであろうサディオ・マネの状況についても記事は触れています。ワールドカップ出場を決めた南アフリカ戦にフル出場したセネガル代表FWは、治ったばかりのハムストリングに痛みを感じ、マージーサイドに帰還。足の状態に懸念があったエースには、リヴァプールでフィジオを務めるスコット・マッカレイさんがセネガルでも帯同していたようで、クロップ監督がマネの予後はいいとほのめかしているそうです。「最終的な結果が出るまで、ドイツ人指揮官は懸念し続ける」と記事は伝えていますが、セインツ戦を休むぐらいで戻ってこれればサポーターもひと安心でしょう。

ここまで苦しいやりくりを強いられたということは、今後の良化が多分に期待できるということでもあります。フィルミーノとコウチーニョが絶好調といえるゲームはほとんどなく、彼らも伸びしろがあるプレーヤーに数えてもいいでしょう。ロバートソンは、クロップスタイルに慣れれば真価を発揮してくれるはず。スタリッジは、出場した直近の2試合でいずれもゴールを決めています。チャンピオンズリーグとプレミアリーグでゴールを決めたチェンバレンはサイドでもインサイドでも起用でき、さらにララナが加われば、クロップ流「走るサッカー」が再び機能するのではないでしょうか。

マンチェスター・シティが落ちてきてくれれば、優勝争いに復帰する可能性は充分。セヴィージャとのアウェイゲームに勝てば、トップ通過が見えてくるCLも楽しみです。ただし、それぞれのコンペティションで上位をめざすためには、プレミアリーグ19位のスウォンジーより多い失点を減らさなければなりませんが…。希望は、成長余力がある「CBジョー・ゴメス」でしょうか。「負傷して辛かったとき、心配した監督が毎日、話しかけてくれたことがどれだけ励ましになったか。苦しみをわかってくれた監督とは、感情のこもった関係を築けていると思う」と、20歳のDFが信頼を寄せるモチベーター・クロップの手綱さばきを堪能したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サプライズはスペイン人!地元紙「リヴァプール・エコー」の編集者がレッズの序盤戦を総括!

レッズの地元メディア「リヴァプール・エコー」をときどき読んでいる方なら、アンディ・ケリーさんの名前を目にしたことがあるのではないでしょうか。リヴァプールFCコーナーのエディターとして、さまざまなテーマのコンテンツを配信しているケリーさんが、「Liverpool season so far - Trent Alexander-Arnold's lift off, Joel Matip the major disappointment and the Spaniard surprising everybody(リヴァプールのこれまでのシーズン - トレント・アレクサンダー・アーノルドの打ち上げ、ジョエル・マティプに大きな失望、みんなを驚かせたスペイン人)」と題された記事をリリース。プレミアリーグとチャンピオンズリーグにおけるクラブの戦いぶりを評価しています。

最も重要だった試合として挙げているのは、ホッフェンハイムに勝ったチャンピオンズリーグのプレーオフ。ファーストレグの35分にトレント・アレクサンダー・アーノルドが決めた直接FKを、「シーズンで最も素晴らしい瞬間」としてリスペクトしています。「最悪の瞬間」が、マンチェスター・シティ戦のサディオ・マネの退場であることに賛同するサポーターは多いでしょう。プレミアリーグ2節のエヴァートン戦を引き分け、ボーンマス戦はラストプレーでスターリングが勝ち越しゴールを決めて辛勝と苦しい試合が続いていたペップのチームは、レッズ戦の大勝ですっかり波に乗ってしまいました。ケリーさんは、「5-0という結果は、その後数週間の深刻な自信喪失につながった」と振り返っています。

レッズ担当ジャーナリストが「最高のサプライズ」としたのは、「プレミアリーグ開幕時にまだいたことが驚きだった」アルベルト・モレノ。彼が左SBのレギュラーを確たるものにしたことは特筆すべきと絶賛しつつ、長期的に続くかといわれれば何ともいえないと未だ半信半疑のようです。私は、クロップ監督に学習期間といわれているロバートソンが、いずれは左サイドに定着するとみていますが、懸案だったポジションにスペシャリストを配することができ、ミルナーを中盤にまわせるようになったのは大きな収穫です。

一方、最大の失望として名前が挙がったのがジョエル・マティプだったのは、こちらが驚きました。「デビューシーズンは巧みなDFだったが、今季は守備に難があり、攻撃性とコミュニケーションが欠如している」。リヴァプールには少なくとももうひとりCBが必要だったが、マティプの一貫性のなさは、多くの人にCBが2枚必要と思わせているのではないかと激辛コメントを残しつつ、「当然、彼は戻ってくると思われるが、すぐに改善してほしい」。辛辣な評価は、期待の裏返しと読み取れます。

「モウ・サラーを除くベストプレーヤー」という見出しは、設定自体がエジプト人FWのドリブル同様にトリッキーですが、「マネは出場機会が少なく、フィルミーノはトップフォームにはなく、コウチーニョは負傷し、MFは平均的…ゆえにアルベルト・モレノ」。私は、これに対してはエムレ・ジャンを推します。ライバルクラブのベストプレーヤーにデブライネを指名しているクダリを華麗にスルーし、最後のテーマを見ると、「リヴァプールはニューイヤーズデイに何位につけているか?」。今と同じようなポジションにいるはずだが、TOP4に食い込んでいればナイスという答えには、レッズサポーターならずともプレミアリーグファンの多くがうなずくのではないでしょうか。

私は、「ララナとフィルミーノが調子を上げれば2~3位もあり」と、もう一段踏み込みたいと思います。CBを獲るまでは、17失点という数字を気にするよりも、プレミアリーグ3位の21ゴールのほうをマンチェスター・シティに近づけることを考えたほうがいいのではないかと思います。いくつか気づきがあり、なかなかおもしろい記事でした。ケリーさん、ありがとうございました!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ユルゲン・クロップ2周年!「スカイ・スポーツ」がレッズを率いる名将の強みと課題を徹底分析!

ユルゲン・クロップ監督がプレミアリーグにやってきてから、この週末で2周年になります。ここまでは、うまくいっているといえるのでしょうか。イギリスメディア「スカイスポーツ」は、リヴァプールの指揮官について、「Jurgen Klopp at Liverpool: His first two years at Anfield assessed(リヴァプールのユルゲン・クロップ:アンフィールドにおける彼の最初の2年を評価)」という記事を掲載。プレミアリーグのさまざまなデータやジェイミー・キャラガーのコメントを紹介しながら、ドイツ人指揮官が挙げた成果と今後の課題を整理しています。

最初に目につくのが、プレミアリーグのTOP6との直接対決における強さです。「スカイスポーツ」は、疲れ知らずのオフ・ザ・ボール・プレッシングと激しいカウンターアタックは爽快であり、クロップの哲学がリヴァプールに欠けていたアイデンティティと方向性をもたらしたと評価。上位対決で9勝9分2敗という圧倒的な戦績は、同期間で2位のチェルシーの7勝7分7敗に勝ち点8差をつけていると伝えています。35ゴール22失点は圧巻のひとこと。5勝7分5敗のマンチェスター・ユナイテッドは17試合で13ゴールしか挙げておらず、3勝8分8敗で最下位のアーセナルは、27ゴールを決めながらも35失点を喫しています。

ジェイミー・キャラガーは、敵地エティハドで1-4で圧勝した2015年11月のマンチェスター・シティ戦の前半を、プレミアリーグにおけるクロップサッカーのベストパフォーマンスだと主張しています。クロップ監督が就任してから5試合めだったこの試合は、マンガラのオウンゴールの後、コウチーニョとフィルミーノが畳みかけてあっという間に0-3。4-2-3-1でポゼッションを重視するスタイルが主流だったリーグに、前で奪って速くゴールに迫るのが効果的なのだとアピールする最高の自己紹介でした。クロップ監督は、上位に対して3ゴール以上を9回も記録しており、ゲーゲン・プレッシングがフットボールの母国でもトップレベルにあることを証明しています。

2016-17シーズンのトータル78ゴールは、SASが猛威を振るった2013-14シーズンの101発には遠く及びませんが、プレミアリーグ創設以来、レッズにとって2番めに多いゴール数でした。ホジソン、ダルグリッシュ、ロジャースの3人が6年の間に1回しかチャンピオンズリーグ出場権に届かなかったなかで、フルシーズン働いた最初のシーズンで4位をゲットした指揮官の功績はリスペクトされるべきでしょう。ブレンダン・ロジャースの最後の14ヵ月が21勝11分14敗で勝率46.2%だったのに対して、ユルゲン・クロップは25勝13分7敗で56%。「スカイスポーツ」は、「これらのデータが彼らが正しい方向に進んでいることを示唆している」と高く評価しています。

一方、メディアが問題点として指摘しているのは、下位に対する勝率の低さです。1位トッテナムが71.4%、2位アーセナルが69.6%と10回に7回は勝利を飾っているのに対して、TOP6では最下位のレッズは52.7%。「相手が立ち向かってくれば、コンビネーションと速攻で叩くことができるのだが、ホームで小さなクラブを打ち負かすことができないのが彼らのアキレス腱だ」と語るのはガリー・ネビル。深く守るチームを崩そうとやっきになっても、無為なフィニッシュに終始してしまうのが課題です。「スカイスポーツ」は、9番の不在に着目しています。スアレスがいなくなった後のトップスコアラーを並べると、2014-15はジェラードの9ゴール、2015-16はフィルミーノが10ゴール、昨季は両サイドにいたコウチーニョとマネが13ゴール。クロップ監督のスカッドにオーバメヤンがいないのが、下位相手に苦しむ最大の理由なのかもしれません。

そしてもうひとつの問題は、守備力です。前線と中盤の補強に1億5000万ポンドを費やしたクロップ監督は、後ろには1780万ポンドしかかけておらず、就任以来のプレミアリーグ93失点はTOP6で最多です。2015年10月以降、クロップ監督のチームが喫した28発以上にセットピースからゴールを許しているのは、ワトフォード、ストーク、クリスタル・パレスの3クラブのみ。ゴールにつながる致命的なエラーが18回あり、彼らを上回るのはクリスタル・パレスとウェストハムだけです。

「スカイスポーツ」は、レッズの次なる課題を3つ挙げています。最優先は、次の週末のマンチェスター・ユナイテッド戦で勝ち点3をゲットすること。さらにマンチェスター・シティ(リーグカップ)とセヴィージャ(EL)に敗れたカップ戦ファイナルを次こそ制してクラブにトロフィーをもたらすこと。長期的には、前線の充実ぶりに対して弱い後方を補強すべく、ナビ・ケイタに加えて新たな戦力を獲得することです。おもしろいレポートでした。上位に対する数字を見せつけられると、来週のアンフィールドでマンチェスター・ユナイテッドは3~4発喰らうのではないかと戦々恐々です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

問題は守備か、攻撃か?現地メディア編集者が指摘する「リヴァプールの攻撃における4つの変化」

プレミアリーグ7試合で3勝3分1敗と、勝ち切れない戦績自体もさることながら、得点13失点12という上位クラブらしからぬ数字が気になります。クロップ監督の下で開幕から戦う2年めのシーズンを迎えたリヴァプールは、序盤から予想外の停滞に苦しんでいます。1年前は、アーセナル、チェルシー、前年プレミアリーグ王者のレスター、トッテナムと難敵が揃った最初の2ヵ月を5勝1分1敗。クリーンシートゼロながらも失点は10で、得点18は2017-18シーズンを5つも上回っています。「ブレンダン・ロジャースの時と変わらない。攻撃は素晴らしいが、最終ラインはクレバーではない(アラン・シアラー)」「失点が多すぎる(グレアム・スーネス)」と、守備陣が批判の矢面に立たされることが多いチームですが、勝ち点が伸びない原因を後ろだけに背負わせるのは妥当なのでしょうか。

「マンチェスター勢と失点が10も違う…」という声が聞こえてきそうですが、38試合に換算すると11失点で終わるようなハイレベルな数字と比較するのは現実的ではありません。マンチェスター・シティは絶好調、マンチェスター・ユナイテッドは上位とやっておらず、彼らもいずれ失点を増やすはずとのんびり構えましょう。マンチェスター・シティ戦の5失点を悪夢だったと切り捨てれば、他の試合は昨季よりもいいぐらいです。守備批判が多数派のなかで、ポール・インスさんはこんなことをいっています。「前線がよければ、誰も守備のことを憂いたりはしないはずだ。多くの決定的なチャンスを逃しているにもかかわらず、誰もが守備のことばかり話している」。同感です。あくまでも「現状においては」という但し書き付きですが、より大きな課題は中盤より前にあるのではないかと見ています。「フットボール365」の副編集長ダニエル・ストーリーさんが、レッズについて興味深い分析をされているので、紹介しましょう。

Four key differences between last season’s Liverpool attack and this season’s frontline(昨シーズンのリヴァプールのアタックと、今シーズンの前線における4つの重要な違い)」という記事では、今季プレミアリーグにおけるレッズの変化をデータで指摘しています。「コウチーニョがインサイドMFに下がったことで、4トップとなった」「ムダ打ちが増えた」「ヘンダーソンのパス成功率が落ちた」「SBのアタックの左右比率が変わった」。これらはあくまでも差異であって、すべてが悪化ではないのですが、最初の3つは気になる指摘です。

コウチーニョが「第4のトップ」として振る舞うことについて、ストーリーさんは、「ゴールに近い位置で多くの選手が創造性を発揮でき、シュートが増えた」ことをプラス材料としながら、「日曜日のニューカッスル戦ではジョンジョ・シェルヴィの反撃を許す広大なスペースを目撃した」と記述しています。前シーズンと比べると、中盤でボールを奪ってフルスロットルでショートカウンターを仕掛けるシーンが減ったように感じていたのですが、4-2-4になる時間帯が増えたことが、ゲーゲン・プレッシングを機能させづらくしている面もあるのかもしれません。

もっと気になるのは、シュートの精度です。昨季のプレミアリーグにおけるレッズは、シュートの精度(オンターゲット)が52.6%で2位、ショットコンバージョンが17.4%で4位、ビッグチャンスの決定率が56.6%で2位と秀逸な数字を残していました。ところが今季は、シュート精度48.0%は7位、ショットコンバージョンが13.0%で8位、ビッグチャンス42.1%は12位と低迷。これらの数字が昨季並みなら、PKを外した後追いつかれたセヴィージャ戦や攻めまくったスパルタク・モスクワ戦、プレミアリーグのバーンリーやニューカッスルとのドローは勝ち点3で終われたかもしれません。コウチーニョの攻め上がりで前線が活性化したとしても、シュートが決まらなければ、裏にスペースを生むリスクのほうが大きくなってしまいます。

3つめに挙げられたヘンダーソンのパス成功率は、昨季が85.9%、今季は75.6%。最もタッチ数が多いポジションだけに、10%の下落は懸念材料です。記事では、「左右のMFにセーフティにつなぐばかりだったことを非難されたこともあったが、今季は冒険している」と好意的な捉え方をしています。しかし私は、ゲーム終盤に彼が入れるボックスの左右へのロングフィードが、簡単にクリアされるシーンが目立つのが気になっていました。ナサニエル・クラインがいた昨季はSBのオーバーラップは右からが多く、ジョー・ゴメスとアーノルドが穴を埋めている今季は左の比率が高まったというデータは、絶対数が減ったわけではないので重要度を下げていいでしょう。

この記事で紹介されたデータを私なりに読み解くと、「敵陣に近いところで奪う機会が減り、相手の体勢が整った状態で攻める頻度が高まったために、確率の低いミドルシュートが増え、チャレンジせざるをえないヘンダーソンの難しいフィードも増えた」となります。第5の違いとして「序盤からサディオ・マネを欠いた」ことも停滞の理由のひとつだと思います。

誤解なきように添えると、決して守備は問題がないといっているわけではありません。「今のメンバーなら、守備を改善するよりも攻め勝つことに徹したほうが戦績はよくなるのではないか。最大のポイントはプレスの見直しと、ボックス脇を崩してより近いところからシュートを狙う”勝ちパターン”の構築ではないか」といいたいのです。守備のほうは…グレアム・スーネスさんの「1月にファン・ダイク獲得」が最高の特効薬でしょう。上位に食らいついて前半戦を終え、念願のCB獲得を成功させれば、後半戦はレッズサポーターにとって楽しい日々が続くのではないかと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ