「BBC」のレポートに興奮!「レッズ移籍の”次世代GK”アリソン・ベッカーは決して高くない!」

Liverpool's world-record signing from Roma is 'goalkeeper of the future'(リヴァプールがローマからワールドレコードの移籍金で獲得したのは”次世代のゴールキーパー”)」。アリソン・ベッカーは高い買い物ではないと主張するのは、「ESPN」「BTスポーツ」などに寄稿している気鋭のライター、ジェームズ・ホーンカッスルさんです。GKが過小評価され続けてきた歴史を変えたと評価する「BBC」のレポートを読めば、「プレミアリーグで早く観たい!」とテンションが上がる方が増えるのではないかと思います。

「それは17年も続いた」。パルマに所属していたジャンルイジ・ブッフォンが、3260万ポンドでユーヴェに移籍したのは2001年のことでした。リヴァプールがアリソン・ベッカー獲得に費やした6680万ポンド(約98億円)は、従来ならストライカーにしかありえなかった金額で、GKのワールドレコードの倍額以上となるビッグディール。これについてホーンカッスルさんは、ブッフォンのレコードはGKというポジションの永続的な過小評価の象徴であり、破られるべきだったと主張しています。「昨季のアリソンのパフォーマンスを評価すると、(今回の移籍金は)まったくもってフェアであるとしかいいようがない」。セリエAで最高のGKとは見做されていなかった守護神は、ローマの誰よりも影響が大きい最高の選手で、プレミアリーグやラ・リーガのトップクラスと比べても遜色がないと絶賛しています。

記事中で紹介されている数字から見てみましょう。昨季のローマにおけるアリソンのセーブ率は79%。GKがウィークポイントといわれていたリヴァプールでは、ロリス・カリウスが69%、シモン・ミニョレは59%です。欧州全体では3位にランクインしており、ラ・リーガでトップに立つオブラグの83%には負けますが、80%でプレミアリーグNo.1のデ・ヘアとはほぼイーブン。バルサのゴールマウスを預かるテア・シュテーゲンの78%を上回っています。パス成功率79%も、ロリス・カリウスの67%とミニョレの69%より上。セーブ数109回は過去5年のセリエA最多で、「平均的なGKなら36.3ゴールを許していた」とOptaが分析した状況に対して28失点しか喫していないそうです。8.3ゴールのギャップは、もちろんイタリアNo.1。これらの数字をベースに、フットボールライターはこんな表現でブラジル代表のエースGKをリスペクトしています。

「Alissonはゴールを阻んだだけではなかった。ディフェンスを動かすパス、インチ単位で合わせるパーフェクトなロングボール。時にフィールドの選手たちよりも多くのドリブルを見せた」「彼のトリックに息を呑んだり、パニックになったりすることはなかった。軽々しいアクションはなく、常に必要不可欠。状況に応じた適切な判断ができていた」

インテルナシオナルから、670万ポンド(約9億円)というバーゲン価格でアリソンを買ってきたローマの前SDワルテル・サヴァティーニ氏は、「彼はすべてを簡単に見せる」と、GKにとって最高の誉め言葉でプレイの質の高さを表現。ともに昨季を戦ったディ・フランチェスコ監督は、「彼こそが次世代のGKだ」と手離しで称賛しています。「ゴールキーパーのロールモデルとしてマヌエル・ノイアーがベンチマークされて以来、イタリアでは最も納得感のある”スイーパー=キーパー”の通訳者だろう」。ユルゲン・クロップのアンフィールド・パズルに欠けていたトップクラスのGKがやってきたと結んだ記事を畳み、プレミアリーグ開幕がますます待ち遠しく感じられるのであります。エデルソンとのブラジル代表対決、デ・ヘアとのショットストッパーNo.1争い…最高です!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

これは確実に勝ち点10は積み上げてくれる補強ですね。
マネの背番号が10になったので、移籍はなさそうです。フィルミーノとサラーも契約延長したので移籍はなさそうです。
主力の流出なしでシーズンを迎えられそうです。
それにリバプールには選手やファンから絶大の支持がある監督がいるのが素晴らしいです。他のメガクラブは監督に支持がなかったり、コロコロ変わったりするので。
リバプール強すぎます。
これでフェキルまで取ったら過去20年のリバプールで最高のスカッドかも
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/07/21(Sat)12:44:22
  • 編集

無題

いやー、高過ぎると思いますよ。
ただリバプールには必要な投資だと思ってるので納得です。
ファンダイク同様に圧倒的クオリティを見せ続ければ皆それだけの金額を出したのを理解してくれるでしょう。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/07/21(Sat)15:48:49
  • 編集

無題

確かにゴールキーパーはフィールドに1人しか立てないですし、点を取られなきゃ負けないですもんね! 最も高額でも良いポジションだと思いました!

まあ、レッズサポだから言えることかもしれませんが、、笑
  • ドン
  • 2018/07/21(Sat)19:46:39
  • 編集

無題

仮にこの先10年〜クロップが退任後も〜レッズのゴールを守るとなると、年俸はさておき今回の移籍金を単年換算すると年間£6.6m。
そう考えると決して高過ぎるとは言えないディールだと思います。
確か、前守護神のレイナがレッズに来た際は移籍金£8m前後だったかと思いますが、それに比べるとべらぼうな数字であることは明らかですが…、もう10年以上前の話なので単純比較出来ないとはいえ、初年度から活躍してくれれば後年やはりスーパーディールだったよね、って言える範疇にある気がします。

無題

エデルソン等にも言える事ですが、足元も上手い最先端のゴールキーパーはもはやゴールキーパーって枠で捉えられるようなポジションではないと思うんですよね。
守護神+11人目のフィールドプレーヤーとしてゲームに参加出来るメリットは計り知れません。少なくとも昨年のパフォーマンスから見ると値段は極めて妥当でしょう。
  • C
  • 2018/07/22(Sun)00:24:08
  • 編集

無題

KOPも納得の補強であることは間違いありませんし、タイミング的にも一流GK補強は今年であるべきかだったと思います。
資金的には余裕があること、CL準優勝(+カリウスのミス)、四年以内のプレミア優勝、と諸々考えても、野心を示してくれたと感じますね。
頑張れアリソン!
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/07/22(Sun)02:26:20
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ