補強はあるのか?リヴァプールがクリアすべき2つの課題。

マンチェスター・シティに無敗をストップされたリヴァプールは、敗戦のショックを引きずらずに再び連勝街道を突っ走ることができるでしょうか。7日に開催されるFAカップ3回戦は難敵ウルヴズ。1月のプレミアリーグの相手もブライトン、クリスタル・パレス、レスターと大物喰いで話題になったチームが並んでいます。プレミアリーグ史上初めて12月の試合を全勝したチームは、公式戦で3失点がゼロと守備がしっかりしており、大崩れはないものと思われますが、いくつか弱点が明確になっているのが気になります。

最大の懸念は、ファン・ダイクがいない右サイドが脆いこと。デヤン・ロブレンが入ったパリ・サンジェルマン戦とマン・シティ戦は、CBとSBの連携が悪く、サネ、スターリング、ムバッペといったスピードスターに翻弄されました。デヤン・ロブレンの問題は、2つあります。速攻を喰らった際に曖昧なポジション取りをすることが多く、SBがカバーする選手に迷うシーンが目立つことと、味方にパスが出た瞬間、ボールに気を取られて棒立ちになることです。パリ戦でムバッペにちぎられたのは、駆けっこそのものよりも動き出しの速さのほうに課題があり、エティハドでゴールを許したときも、背後から出てきたアグエロに簡単にトラップを許しています。

サネの決勝ゴールのシーンでは、右サイドで縦パスを受けたスターリングはファン・ダイクとの勝負を避け、まっすぐロブレンのほうに向かっています。マネを置き去りにしてフリーになっていたサネが直接決めましたが、中央を見るとロブレンはスターリングに裏に入られていました。ペップは、パリ戦の映像を相当チェックしていたのではないでしょうか。スターリングのコース取りは、ボールをもらう前に決めていたかのようにスムーズでした。

攻撃面での課題は、サラーを中央に据えた4-2-3-1で攻めのバリエーションが少ないことと、前線のオプションが弱いことです。パリやマン・シティは、セントラルMFをビルドアップに参加させることで3トップのプレスに対して数的優位を築き、空いた選手がスピードのあるウイングに勝負のボールを供給していました。サラーが中に入るゼロトップなら、前からのプレスの空回りを防いで中盤で勝負できるのですが、ポゼッションを主張できるプレミアリーグの中堅以下には有効でも、相手のレベルが高いと奪うポイントが下がります。プレミアリーグとカラバオカップでレッズのアタックを封じたチェルシーはもちろん、ポチェッティーノ監督のチームやマン・ユナイテッドも研究してくるものと思われます。

全盛期のスタリッジならストライカーとして機能してくれたはずですが、現状のプレイではもの足りません。サラーが抑えられたり、フィルミーノが下がりめでプレイせざるをえないときに、前線に飛び出して決めてくれるオプションがないのが不安です。クロップ監督は弱点の補強をするのかと注目していたのですが、ソランケとナサニエル・クラインを放出してしまいました。リヴァプールの公式サイトで指揮官が語っている「放出理由」を読むと、右SBについてはアーノルド、ジョー・ゴメスに加えて16歳のフーフェルに期待しているのでしょう。では、前線は…⁉ CBはジョー・ゴメスとマティプがいれば堅陣をキープでき、人数は足りている中盤も、春になればチェンバレンという「補強」があります。冬に動くなら、ストライカーでしょう。噂になった選手のなかで私が注目しているのは、ブンデスリーガの2人です。

ライプツィヒで17試合11ゴールのティモ・ヴェルナーと、フランクフルトで16試合12ゴールのルカ・ヨヴィッチ。ヴェルナーは2020年までの契約を延長しておらず、クラブが夏の放出を示唆しています。ベンフィカから買い取りオプション付きのローンでドイツに渡ったヨヴィッチは、激しい争奪戦となりそうですが、シュートの精度はレッズの誰も叶わないのではないかと思われます。いずれも冬の獲得は難しそうですが、スタリッジやオリギを売りに出してでも狙いたい逸材です。

クロップ監督が好きな私としては、これだけのチームを築き上げたシーズンはプレミアリーグを制覇してほしいのですが、ペップ&ポチェッティーノとの三つ巴のバトルは予測不能です。アリソン、ファン・ダイク、ワイナルドゥム、フィルミーノ、サラーといった背骨が欠けることなく、強豪相手でも劣勢を跳ね返せるオプションを手に入れられれば、プレミアリーグと欧州を両方狙えるのではないかと思います。引き続き、マーケットでの立ち回りに注目しましょう。「われわれには最高のスカッドが…」などということなく、勝負の年には万全な体制を!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ロブレンに関してはゴメス→マティプの次の選択肢なんで仕方ないかと
おそらく多くのリバプールファンは失点シーンよりも何でもないパスミス、クリアミスで相手にボールを渡したり、ラストプレーの意味不明な逆足ロングパスのほうにイライラしたと思います
失点シーンはどちらも相手を褒めた方が良いくらい素晴らしいシュートでしたから

前線に関してもそこまで弱点があるように見えません。11月の全員絶不調なら話しは別ですが、いまはチャンスも作れています
怪我もせず、ハードワークできる3人+シャキリが揃っている所にわざわざ来てくれる有能な選手がいるなら大歓迎ですけどね
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/01/07(Mon)12:29:11
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ