吉田麻也の去就は? セインツの新監督は、ライプツィヒ躍進の仕掛け人ハーゼンヒュットル!

プレミアリーグ18位と降格圏に低迷し、マーク・ヒューズ監督を解任したサウサンプトンが、新しい指揮官を招聘しました。ラルフ・ハーゼンヒュットル。最もわかりやすく紹介すると、「2016-17シーズンのブンデスリーガで、昇格1年めだったRBライプツィヒをブンデスリーガ2位に躍進させた監督」です。マネージャーとしてのキャリアをスタートさせたのは2007年、40歳のときでした。ブンデスリーガ2部から降格したばかりのウンテルハヒングが最初のチームで、アーレン、インゴルシュタットとドイツの下部リーグで経験を積んでライプツィヒへ。トップリーグ経験はたった2年、ドイツ以外で指揮を執るのは初めてというフレッシュな監督です。

「スカイスポーツ」が、さっそくセインツの新監督の生声を紹介しています。「Ralph Hasenhuttl rejects Jurgen Klopp link, saying he wants to be known in the Premier League(ラルフ・ハーゼンヒュットルはユルゲン・クロップから連想されるのを嫌がり、プレミアリーグで知られることを望んでいると主張)」。リヴァプールを率いる名将とともにコーチングライセンスを取得した51歳の指揮官は、「アルプスのクロップ」と呼ばれることについて「あまり好きではない」とコメント。「彼のサッカーのファンだ。とても積極的なプレースタイルをマークしており、私のスタイルに多大な影響を与えてくれた」と、ライバルの存在の大きさを認めながらも、イングランドに渡ったのはプレミアリーグで自分の名前を知らしめることと強調しています。


「これは大きなチャレンジ。私のキャリアにおける論理的なステップだ。ライプツィヒから離れるとき、次のキャリアについて考えていた。まったく新しいチームで指揮を執りたいと思っていたんだ。それがサウサンプトンに行こうと決めた理由だ」「昨季はチャンピオンズリーグに出場した素晴らしいチームとともにいた。技術的なレベルは高かったが、そこに至るまでのステップは簡単ではなかった。今は、自分のルーツに舞い戻った気分だね」


ミッドウィークにスパーズとのゲームを観戦したセインツの新指揮官は、1月のマーケットでスクラップ&ビルドに着手すると宣言。選手が多すぎるポジションがあると指摘しています。吉田麻也、ベドナレク、ヴェステルゴーア、フート、スティーブンスと5枚揃っているCBと、ガッビアディーニ、チャーリー・オースティン、ダニー・イングス、シェーン・ロングの最前線はそれぞれリストラ対象となるのかもしれません。

ライプツィヒ時代に選択したフォーメーションは、リヴァプールに移籍したナビ・ケイタや、躍進の2016-17シーズンに19アシストを記録したフォースベリを軸とした4-4-2。セインツに同じ形をあてはめてみましょう。GKマッカーシー、DFセドリク・ソアレス、フート、吉田麻也、バートランド。ホイビュルクとレミナの2センター、アウトサイドにはアームストロングとレドモンド。トップはチャーリー・オースティンとダニー・イングスでしょうか。やはりCBはダブつき、サイドでプレイできる選手が足りない印象です。

ブンデスリーガのファンを熱狂させたあの1年の仕事が素晴らしかったのは間違いありませんが、初の海外進出となるプレミアリーグで成功できるかはまったくの未知数。今はただ、セインツの復活を祈るだけです。吉田麻也は新監督に選ばれるのか、新しいクラブを探すことになるのか。イングランドで7シーズンめを迎えた日本代表CBには、セインツでスパイクを脱ぐというキャリアを密かに期待していたのですが…。初陣は、本日のカーディフ戦。手探りのデビュー戦としては、格好の相手です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

識者の予想は圧倒的にアーセナル有利!こんなに揃った「モウリーニョが勝てない理由」

プレミアリーグ3位のトッテナムから4ゴールを奪ったチームと、18位サウサンプトンに追いつくのが精一杯だったチームが、オールド・トラフォードで激突します。ミッドウィークのプレミアリーグ15節で最注目のドローは、マンチェスター・ユナイテッドVSアーセナル。15年前は黄金カードだった名門対決も、チェルシーとマンチェスター・シティが優勝を分け合っている今は、色褪せて見えるのは確かです。それでもサポーターにとっては、特別な一戦。ロイ・キーンとヴィエラの削り合い、オーフェルマルスやウィルトールの優勝決定ゴール、インヴィンシブルズの49試合めの敗戦、ニステルローイのPK失敗、戦慄の8-2、ウェルベックのリベンジゴール…。数々のドラマが、今も脳裏に浮かびます。

公式戦228試合の戦績は、マンチェスター・ユナイテッド98勝、アーセナル82勝、50のドロー。プレミアリーグの52試合に限定すると、マンチェスター・ユナイテッドが24勝15分13敗と大きく勝ち越しています。昨季はマン・ユナイテッドがダブルを達成。6位に沈んでいたヴェンゲル監督は、最後のオールド・トラフォードで追加タイムにフェライニのゴールを許し、有終の美を飾れませんでした。過去のスタッツをチェックすると、マン・ユナイテッドが有利に見えますが、今回の対決についてはエメリ監督の新チームを推す向きが多勢のようです。

「アーセナルの選手たちは、マネージャーのために戦うことを楽しんでいる」と、「BBC」の記事で主張するのはアラン・シアラーさん。もう一方のチームについては、「(モウリーニョ監督が就任した)2016年の夏以降、プレイのパターンや、選手たちの個性を活かすシステムを見たことがない」と冷たく突き放しています。「デ・ヘアとルーク・ショー以外の選手は、フルにポテンシャルを発揮しているとはいえない」「彼らと比べると、ピエール・エメリク・オーバメヤンやルーカス・トレイラのような選手は完全に信頼されており、トップフォームで結果に貢献している」。マンチェスター・ユナイテッドのサポーターといえども、「そっすね」とうなずくしかありません。

「スカイスポーツ」のポール・マーソンさんは、1-2でアーセナルが勝つと予想。「ユナイテッドがどのようにして勝つのかわからない」「オーバメヤンとラカゼットを擁するウナイ・エメリがあらゆる問題を引き起こす」と、こちらのコメントも両者のコントラストが鮮やかです。ホームチームの希望がどこかに転がってないかと探したのですが、アーセナルが前半だけなら10ポイントしか挙げておらず、プレミアリーグ19位であるというぐらいしか見当たりません。モウリーニョ監督は、「今季のプレミアリーグで4位以内に入ったらミラクル」「負傷者が多くてまともにチームを作れない」と泣き言を連発しており、評論家やサポーターを唸らせる秘策を隠し持っているとも思えません。

「デイリー・ミラー」によると、セインツ戦を痛恨のドローで終えた後、モウリーニョ監督がポグバを「ウィルス」となじったとのこと。「プレイしていない。他の選手やサポーターをリスペクトしていない。周囲の選手たちのいいメンタリティを殺している」とは随分ないわれようですが、元副キャプテンは「マネージャーの戦術が、選手が自由に動くことを許していないため、パスの出しどころがなかった」と冷静に反論。ヤングボーイズ戦の4分にラシュフォードがGKとの1対1を外した瞬間、険しい顔で首を振った指揮官に対して「あれでは選手はやる気になれない」といった非難が集まりましたが、ボスは気にせずハードマネジメントを続けているようです。いやー。

オーバメヤンは、ルカクの倍となる10発をゲットして得点王争いのTOPを快走。プレミアリーグ先発6試合ながらリーグ2位の6アシストを決めているラムジーを見ると、「わざと後半から出してます⁉」とツッコミを入れたくなります。順位、直近の戦績、スタッツ、チームの雰囲気、戦術…どこをとってもガナーズ有利に見える一戦ですが、最後にひとつだけ、マンチェスター・ユナイテッドを有利とする主張を挙げさせていただきます。「向かい風吹き荒れる状況で、意外と勝つのがモウリーニョ…」。弱いですか⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

前も後ろも不安だらけ…降格ゾーンに沈むサウサンプトンが、マーク・ヒューズ監督を解任!

レドモンド、レミナ、ロメウ、バートランドなどのタレントがいるにも関わらず、プレミアリーグ14試合で1勝6分7敗。2点リードしたマンチェスター・ユナイテッド戦も勝ち切れず、サウサンプトンを19位に沈めたマーク・ヒューズ監督が解任されるのは必然でした。2018年1月、5シーズンめを迎えていたストークを追われたウエールズ人監督は、3月に不振にあえいでいたサウサンプトンの指揮官に就任。ミッションはプレミアリーグ残留でしたが、戦績は2勝2分4敗と振るわず、スウォンジーとの直接対決に0-1で勝利したことで最悪の結果を免れました。ポチェッティーノ、クーマン、ピュエルと野心溢れる人選を続けてきたセインツは、なぜマーク・ヒューズ監督を続投させたのでしょうか。ポチェッティーノ時代は「プレミアリーグ4位以内をめざす」と公言していたクラブは、ペジェグリーノ招聘の失敗で腰が引けてしまい、元マン・シティ監督の経験に頼るという選択肢しか見えなくなっていたのかもしれません。

ボルシアMGからヤニク・ヴェステルゴーアという即戦力CBを獲得し、バーゼルで頭角を現したエルユヌシやリヴァプールで出番を失っていたダニー・イングスを引き入れたセインツの補強は、悪くないのではないかと思いました。タディッチが抜けた穴は、セルティックから連れてきたスチュワート・アームストロングで埋めるという算段だったのでしょう。新シーズンが始まり、ダニー・イングスは4ゴール、出遅れていたアームストロングも直近2戦で3ゴールと、前線の新戦力はまずまずの数字を残しています。セインツの問題は、不安定な最終ラインと、戦い方が定まらずに自信を失いかけている既存選手たちでした。

ガッビアディーニはプレミアリーグ10試合1ゴール、チャーリー・オースティンとシェーン・ロングは未だゼロ。ダニー・イングス以外のストライカーたちは鳴かず飛ばずで、突破力があるレドモンドはすっかり決められない選手になってしまいました。前シーズンは中盤の軸だったロメウはくすぶり、ウォード=プラウズのパスワークはゴールにつながりません。昨季の主力でそれなりに働いているのはレミナとホイビュルクぐらいで、ホームでたったの6ゴールしか決められずに5分2敗と勝利なしでは、下から2番めに停滞するのもやむなしでしょう。

セドリク・ソアレスとバートランドの両SBは悪くありませんが、CBは問題を抱え続けています。ウェズレイ・フートはミスが目立ち、ヴェステルゴーアはプレミアリーグの水になじめず真価を発揮できていません。吉田麻也が出場した試合で失点が多いのは、マークの受け渡しなど連携に難があるからで、当面はフートとスティーブンスでしのぐのが妥当なのかもしれません。後任候補として、デヴィッド・モイーズやライプツィヒで指揮を執っていたラルフ・ハーゲンヒュットルなどの名前が挙がっていますが、誰がやるにしてもCB問題で頭を悩ますことになるでしょう。

クーマン時代の素晴らしいチームを応援していた者として、今の惨状を見ると胸が痛みます。果たして、セインツは復活するのでしょうか。選手の顔ぶれは、残留争いに巻き込まれるレベルではないように思えるのですが…。いずれにしても、指揮官交代以外に打ち手がなかったのは間違いありません。後任の発表は、期待感半分、不安半分です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

大健闘ボーンマス!ペップと比較されるエディ・ハウ監督の緻密なチームづくりに注目!

ボーンマスの選手として270試合12ゴール、イングランドU-21代表選手と出場2試合。負傷に翻弄された選手としてのキャリアに30歳で区切りをつけ、2008年12月に監督経験なきまま、長くプレイしたクラブを率いることになったエディ・ハウ監督。月末に41歳の誕生日を迎える有能な指揮官は、10年ののうち9年までをボーンマスのマネージャーとして過ごしています。2011年1月からの10ヵ月をバーンリーの監督として過ごし、すぐに古巣に復帰すると、2012-13シーズンにクラブをチャンピオンシップに復帰させ、2年後にはリーグ優勝。ボーンマスは、創設125年にして初めてプレミアリーグ昇格を果たしました。

本拠地ディーン・コート(現バイタリティスタジアム)の収容人数は約11900人。早々にチャンピオンシップに戻ると思われた小さなクラブは、初年度16位、2年めは9位、昨季プレミアリーグでは12位と健闘。4年めの今季は、12節までで6勝2分4敗の6位とジャンプアップしています。2017-18シーズンのメンバーを見ると、GKは3人とも外国人ながら、フィールドプレーヤーで英国籍以外はたった4人。ほとんどの補強がプレミアリーグをはじめイングランドのなかで完結しており、海外のクラブから直接入団したのは、ル・アーブルでプレイしていたリス・ムセのみでした。

デフォーとナタン・アケ以外に即戦力を獲らなかったチームが、なぜ中位で粘れたのか。2018-19シーズンの新戦力もまた、レバンテから来たコロンビア代表MFジェフェルソン・レルマ、シェフィールド・ユナイテッドでプレイしていたデヴィッド・ブルックス、レガネスから移籍したDFリコと地味なチョイス。ワールドカップで日本代表と戦ったレルマ以外は、無名の選手です。マンチェスター・ユナイテッドの上にいるクラブの最大の武器は、エディ・ハウ監督の明快なコンセプトと、緻密な戦術設計です。まずは、あまりにも個性的な彼らのスタッツから紹介しましょう。

最後方からでもパスをつなぐボーンマスの数字で最も特徴的なのは、ロングフィードが603本と、マン・シティとチェルシーの次に少ないことです。タックル147回はプレミアリーグ19位(最下位マン・シティ)、インターセプト94回も19位(最下位チェルシー)で、シュートブロック52本は3位。走行距離1354.2kmは4位、ボックスの外からのシュートは1試合あたり3.9本で17位ながら、ビッグチャンス38回はペップに次ぐ2位となっており、「囲んで奪って素早く前につなぐパスサッカー」というコンセプトは、さまざまな形で数字に表れています。「BBC」によると、エディ・ハウ監督は6人のビデオアナリストによって自らのシナリオが実践できているかをチェックしており、ビッグチャンスを逃したシーンのモンタージュを作成して攻撃戦術の修正を行っているとのこと。ディテールにこだわり、チームとしての意志の共有を徹底することで、コレクティブなサッカーを実現しているのです。

最前線のカラム・ウィルソンはプレミアリーグ12戦6ゴールと好調をキープし、イングランド代表にも選ばれました。既に3ゴールをゲットしているトップ下のブルックスは今季最大の発見で、左のライアン・フレイザーの突破力は健在。レルマとルイス・クックが中央で攻守のバランスを取り、CBのナタン・アケとスティーブ・クックCの負担を減らしています。左SBにまわって的確にパスを供給していたアダム・スミスの負傷リタイアは激痛ですが、リコとダニエルズにがんばってもらうしかありません。昨季まではスロースターターだったエディ・ハウ監督のチームは、どこまで上位で踏ん張れるでしょうか。プレミアリーグで最も長期政権となった指揮官の手綱さばきに、引き続き注目してまいります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今季プレミアリーグ解任第1号は、フラムのスラヴィシャ・ヨカノヴィッチ…後任はラニエリ!

うわ、これはびっくり!インターナショナルマッチウィーク、別名「sacking season」が突如幕開けとなりました。今季プレミアリーグの解任第1号は、フラムのスラヴィシャ・ヨカノヴィッチ監督。チャンピオンシップで降格寸前だったクラブを、2年でプレミアリーグ復帰に導いた功労者ゆえ、もうしばらく猶予があるものと思っていました。何とまあ、間が悪い。昨日、「クラブは時間が必要と腹をくくっているのではないか」と書いたばかりです。「後任はクラウディオ・ラニエリ」と同時に発表されているのを見ると、クラブが必要としていた時間は、前任者がチームを立て直すためではなく、ベストな後釜と交渉するためのものだったようです。

レスターでプレミアリーグ制覇を果たした67歳の名将が、最近になって各地のスタジアムで観戦しているのをよくお見かけしておりました。その姿を確認するたびに「就活?偵察?」と邪推していたのですが、こんなシナリオが進んでいたとは全く想像できませんでした。シャイード・カーン会長は、「正しい判断と後任のプランなくして、変更を加えるというチョイスはなかった」とコメント。ご子息のトニー・カーン副会長兼FDと一緒に、この1週間で多数の候補と会ったと語っていることから、カーディフ、ボーンマス、ハダースフィールドと小さなクラブに3連敗したことが決定打とみるのが妥当でしょう。

9月29日にエヴァートンに敗れてから、プレミアリーグ6連敗。解任の報に触れた今、あらためてチームのスタッツを見れば、やむなしとしかいいようがありません。今季プレミアリーグワーストの31失点で、クリーンシートはゼロ。ベッティネッリをレギュラーで起用していたGKは直近の3試合でリコに代わり、最終ラインのオドイとル・マルシャン以外は試行錯誤が続きました。フォス=メンサー、チャンバース、モーソンら5人の新しいDFを預かった指揮官は、ベストチョイスを見つけられずに敗戦を重ねてしまいました。先発出場10試合以上のDFがゼロという数字は、セルビア人監督の迷いの跡です。

守備に難を抱えたチームに、レスターで堅守を築いたラニエリさんは適任でしょう。2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝は、開幕から8試合でデリート&シュラップの攻撃的なSBコンビに見切りをつけ、シンプソンとフクスを抜擢したのが最大のポイントでした。最終ラインさえ整備できれば、タレント揃いの攻撃陣も活性化するでしょう。最前線にプレミアリーグ5ゴールのミトロヴィッチ、左右には4発決めているシュールレと18歳の怪物セセニョン。23歳のカマラをサイドで起用し、シュールレをトップ下にまわすのもおもしろそうです。中盤センターは、セリとアンギッサの元リーグアンコンビ。最終ラインは、チャンバース、オドイ、モーソン、ル・マルシャンがベストだと思うのですが、正解はイタリア人の新監督に教えていただきましょう。

あのシーズンのように、シンプルな戦術を用いて徹底度を上げられれば、さすがラニエリ。チェルシー時代やレスターの2年めのように、3バック、4バックと布陣を変えまくってコケれば、やっぱりティンカーマン(こねくりまわし屋)と揶揄されるでしょう。過去10年で、秋に最下位チームを引き継いだ監督は4人。成功したのは、2008-09シーズンにファン・デ・ラモスからスパーズを預かって8位にジャンプアップさせたハリー・レドナップのみで、他の3例はいずれも最下位フィニッシュ。2015-16シーズンのアストン・ヴィラで、ティム・シャーウッドからバトンを受けたレミ・ガルデは、シーズン中に解任されるという最悪の結果に終わっています。

クラウディオ・ラニエリは、新戦力獲得に1億ポンド以上を投じたクラブをプレミアリーグに残すことができるでしょうか。選手のポテンシャルは、12位のブライトンや15位のバーンリーに引けを取らないと思われるのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ