「確固たるプレミアリーグのクラブへ」フランク・デブールがクリスタル・パレスの監督に就任!

ペップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、アントニオ・コンテ、ユルゲン・クロップ、アーセン・ヴェンゲル、マウリシオ・ポチェッティーノ、ラファエル・ベニテス、ロナルド・クーマン…。欧州の主要リーグタイトルは総ナメ、ペップ、モウリーニョ、ベニテスはチャンピオンズリーグ優勝監督。ヨーロッパリーグはベニテスとモウリーニョが2回ずつ制覇。名将が揃うプレミアリーグに、先輩たちが達成したことがないリーグ4連覇という実績を引っ提げたオランダ人指揮官が加わりました。

昨季プレミアリーグ14位のクリスタル・パレスが3年契約を結んだと発表したのは、かねてから噂があったフランク・デブール。アヤックスでエールディヴィジを4年連続で制覇した47歳の指揮官は、守備重視&速攻主体のサッカーが2年連続で頂点に立ったプレミアリーグに新たな価値観をもたらすことができるでしょうか。「フランクという経験あるマネージャーを任命する立場として、徹底的なインタビュープロセスを経てきた」。公式サイトに掲載されたスティーヴ・パリッシュ会長の言葉は、意中の監督を連れてくることができた喜びに満ちています。わずか85日でインテル解任という汚名を返上したいフランク・デブールの第一声を紹介しましょう。

「クリスタル・パレスの監督を任せられたことにとても興奮しています。大いなる誇りと情熱的なファンというベースが世界に知られている歴史的なクラブを統率できるのは大変な名誉です。この役割は私にとってエキサイティングであり、サウスロンドンの選手やスタッフと一緒にプレミアリーグを始めるのを待ちきれません」

2016-17シーズンは、クリスタル・パレスにとって予想外に苦しい1年でした。前半戦の終わりに守備陣が混乱をきたし、立て直せなかったアラン・パーデュー監督はあえなく解任。ボクシングデーの直前に招聘した残留請負人のサム・アラダイスは、何度も降格ゾーンにタッチしながらもプレミアリーグ残留を勝ち取ってそのまま燃え尽き、辞任を発表。次こそは長期政権をと意気込んで人選を進めたクラブにとって、フランク・デブールはフルタイムでは初めての外国人監督です。

「確固たるプレミアリーグのクラブになるために、多くの展望がある。まずは選手を見なければならないが、私にはアイデアがある。ひとりふたりは補強が必要だろうね」
「私たちは、プレミアリーグにおける足場を固めたいんだ。降格回避のためにがんばるクラブではなくね。それが実現したらさらに上をめざすが、最初の目標は確固たるプレミアリーグのクラブになることだ」

「solid Premier League club」という言葉を連発した新監督がいわんとしているのは、下を気にするのではなく上をめざして戦えるようになるということでしょう。私は、フランク・デブールさんはクリスタル・パレスでTOP10フィニッシュを成し遂げ、TOP6の監督にキャリアアップすると予想しています。グイドリンやマッツァーリなどのイタリア人監督は、守備的なサッカーを嫌うイングランドでは認められずにポジションを追われましたが、より攻撃的なデブール監督のスタイルは評価されるはずです。補強ポイントは、まずは最終ライン。さらに、ベンテケをフォローできるトップ下やセカンドストライカーを強化できれば文句なしです。それにしても、チャンピオンズリーグを制したベニテスさんが昇格したばかりのニューカッスルを率いて、オランダの名門を復活させたデブールさんが残留争いのピンチを何とか乗り切ったクラブの誘いに乗るとは…。プレミアリーグは、ぜいたくです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグで巻き返しなるか!? クリスタル・パレスがロナルド・デブール招聘を画策!

またひとり、名将がプレミアリーグにやってきそうな雲行きです。「BBC」が、クリスタル・パレスがフランク・デブール氏と交渉中と伝えています。オランダ代表として112試合で最終ラインを統率した往年の名CBは、2007年にアヤックスユースの監督に就任。指導者としての第一歩を踏み出すと、2008年からはオランダ代表のアシスタントコーチを兼任し、2010年のワールドカップ南アフリカ大会準優勝に貢献しました。

クラブチームの監督デビューは2010年12月。自身が選手として黄金時代を築いたアヤックスで、不振の責任を痛感したマルティン・ヨル監督が辞任を申し出たため、暫定監督に指名されたのがスタートでした。チャンピオンズリーグのACミラン、エールディヴィジのフィテッセ、オランダカップのAZアルクマールを次々と撃破したクラブのレジェンドは、年明け早々に正式に監督に就任。冬のマーケットでルイス・スアレスをリヴァプールに抜かれながらも、守備を安定させて難局を切り抜け、名門に7シーズンぶりのリーグ優勝をもたらしています。

現在はプレミアリーグで活躍する天才エリクセンを発掘したのは、デブール監督でした。2年連続でチームのトップスコアラーとなったシーム・デ・ヨンクなど若手をうまく使った指揮官は、クラブ史上初となる4連覇を達成。チャンピオンズリーグでは1度も決勝トーナメントに進めず、ヨーロッパリーグのラウンド16止まりだったものの、エールディヴィジで優勝4回2位2回なら、充分合格点でしょう。

オランダでの実績を引っ提げてチャレンジしたセリエAでは、初めて挫折感を味わっています。2016年の夏にロベルト・マンチーニ監督の後を受け、インテルの監督に就任したデブール監督は、わずか85日で解任されてしまいました。「オファーは開幕の10日前で、クラブはもっと時間をくれるものと思っていた。言葉の壁を乗り越える必要があり、すべてが難しかった。この3ヵ月は1年以上に感じられた」。憔悴しきったオランダ人監督は、その後の半年間を自らの充電に費やしました。

「踏み台にするようなことはしない」。新しいマネージャーと長期的な関係を築くことを望んでいたクリスタル・パレスのスティーヴ・パリッシュ会長は、意中の監督だったフランク・デブールに会い、幅広い知識とヴィジョンに感銘を受けたようです。「BBC」によると、正式なオファーとともにクラブの現状と補強予算も伝えられているそうで、交渉は順調に進んでいるとのこと。デブール就任が決まれば、ベンテケ、ザハ、パンチュン、タウンゼント、キャバイェら代表クラスが揃った攻撃陣は激しいプレッシングを求められ、サム・アラダイス時代はただ引くだけの守り方が目立ったDF陣は、緻密なラインコントロールを叩き込まれるはずです。

ビッグ・サムが指揮を執った昨季プレミアリーグの後半戦は、レッズから借りてきたママドゥ・サコがいた8試合は5勝1分2敗でチェルシーやアーセナルを撃破。いなかった試合は3勝8敗で失点21というわかりやすいコントラストは、後方に軸となる選手を据えればトップ10フィニッシュが狙える底力を有することを示しています。補強ポイントはCB、右SB、セントラルMFと明確。オランダ仕込みの攻撃的な戦術がインストールされたチームは、上位相手でも相当戦えるようになるのではないでしょうか。

「われわれはアヤックスやバルサの哲学で育った。彼らと同様の創造的でボールポゼッションを大事にするスタイルを期待していいと思うよ。フットボールはエンターテインメントだからね。よく組織されたチームを観ることができるはずだ」。双子の兄弟であるロナルド・デブール氏は、兄が紡ぎ出す攻撃的なサッカーを楽しみにしているようです。「プレミアリーグのチームを率いるのはすべてのマネージャーの願いだ。フランクもそうだろう。興奮するね。最初の試合が待ちきれない」。8月12日に予定されている新監督の初陣は、セルハースト・パークのホームゲーム。プレミアリーグ昇格を果たしたばかりのハダースフィールドとの一戦です。(フランク・デブール 写真著作者/Yulia Novikova)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

セーフティな戦い方に未来は見えず…サウサンプトンがピュエル監督を解任!

プレミアリーグ2017-18シーズンの日程を、さっそくお届けしようと考えていたのですが、衝撃的なニュースが舞い込んできたので急遽方針変更です。「Southampton sack Claude Puel」。プレミアリーグ8位、EFLカップではチームをファイナルに導いた1年めの指揮官が解任とは…。シーズン終了直後から噂は聞こえてきていたのですが、いざ「sack」の4文字を目にするとやはりショックです。クーマン監督が率いたプレミアリーグ2015-16シーズンのセインツは、18勝9分11敗で得点59失点41。昨季は12勝10分16敗で、ゴール数は前年より17も少ない41。失点は48で、堅守と呼べるチームではなくなっていました。

順位も6位から8位に落ちており、数字だけ見ればクラブが監督の手腕に疑問を抱くのもわかるものの、戦力ダウンのチームをよくぞ8位に引き上げたという見方もできます。グラツィアーノ・ペッレ、ワニャマ、サディオ・マネをお金があるクラブに持っていかれ、12月にはエースのチャーリー・オースティンが重傷でリタイア。年が明けるとフォンテがウェストハムに去り、堅守の象徴だったファン・ダイクもケガに見舞われて2月を見ずにシーズンを終えました。前線にはガッビアディーニを補充しましたが、CBは吉田麻也と若いスティーブンスの急造コンビ。ブファルとホイビュルグはもの足りず、新戦力で及第点をあげられるのはレドモンドのみです。指揮官のマネジメント力が足りなかったところもあるものの、多くのアクシデントが重なったなかで、よく踏ん張っていたと思います。この戦績で1年でサヨナラは、厳しいジャッジではあります。

「サウサンプトンは、ピュエルとの契約を終わらせることにした。すべての人が、クロードが見せてくれたハードワークに感謝している。シーズンのハイライトはEFLカップ決勝で、ウェンブリーで開催された一戦の思い出は、ファンにとって宝物だ。クロードの幸運を祈っている。チームは正しい道を歩いていくうえで、適切な人材を見つけられると確信している」

解任の最たる理由は、「人気がなかった」ことではないでしょうか。クーマン監督の時代は、ペッレをポストに使ったシンプルな中央突破と、バートランドやタディッチが鋭いボールを中に合わせる速いサイド攻撃でゴールを重ねていたのですが、ピュエル監督のサッカーはオーソドックスなクロスのみ。ブファル、レドモンドといったカウンターに適したタレントに得意な形を創らせることができず、プレミアリーグデビューから3試合で4ゴールとインパクトを残したガッビアディーニも、安全第一のサッカーのなかで消える時間を増やすのみでした。

サッカージャーナリストのイム・ヒョンチョル氏は、「セーフティな戦い方に終始し、選手たちはパスミスを怖れていた」「マンチェスター・シティ戦で60分に投入されたシェーン・ロングが82分に代えられて怒りを露わにするなど、人心掌握にも失敗した」と指摘。サポーターを熱狂させることも、選手をモチベートすることもできなかった指揮官に、未来をまかせることはできないというのがクラブの言い分ではないかと思われます。慎重に戦ったがゆえにリヴァプールとの4試合でひとつもゴールを許さず、カップ戦ファイナルに駒を進めた指揮官に対して厳しい査定ではありますが、連れてきたい監督がいるとなれば話は別です。クラブのメッセージの最後の一文は、誰を指しているのでしょうか。ピュエル監督には申し訳ありませんが、私は既に次の監督に興味をシフトしています。ファン・ハール、あるいは…!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

セインツか、クリスタル・パレスか…楽しみと不安が同居する「奇将」ファン・ハール復帰説が勃発!

実現したら、おもしろい!あの名将が、プレミアリーグに帰ってくるかもしれません。「Ex-Manchester United boss Louis van Gaal eyeing surprise Premier League return with Southampton(元マンチェスター・ユナイテッドの監督ルイス・ファン・ハールが、サウサンプトンによるプレミアリーグ復帰というサプライズを視野に入れている)」とぶち上げたのは「デイリー・ミラー」。記事が指摘するオランダ人監督カムバックの可能性は、ピュエル監督の1年めに不満なセインツか、サム・アラダイスの後釜について話し合われているクリスタル・パレスです。マンチェスター・ユナイテッドの初年度は前年7位のチームをチャンピオンズリーグ出場権圏内に引き上げ、2年めは若手の成長とFAカップ制覇をもたらしながらも、ジョゼ・モウリーニョを選んだクラブによってあえなく解任。2016-17シーズンにコミュニティシールドとヨーロッパリーグを制覇したマンチェスター・ユナイテッドは、出場権を残していった前監督に感謝しなければなりません。

一時は引退をほのめかしたとも伝えられた65歳の指揮官は、「イングランドのクラブからの話に耳を傾ける」と友人に語ったと報じられています。タディッチやレドモンドがSBと連携してサイドを崩すセインツと、ヘディングの勝利数がプレミアリーグNo.1のベンテケにひたすらロングボールを集めたクリスタル・パレスなら、よりファン・ハール向きなのは前者でしょう。セインツは、プレミアリーグ屈指の若手育成ファクトリー。昨季のピュエル監督のチームには、スティ-ブンス、マット・ターゲット、ウォード=プラウズ、ハリソン・リード、ホイビュルグ、マックイーン、シムズ、レドモンド、ブファルと伸び盛りの若手が揃っていました。マンチェスター・ユナイテッドの最後のシーズンに23歳以下を13人起用した戦術家は、くすぶり気味だったホイビュルクやマット・ターゲットを蘇生し、13節のエヴァートン戦やELで才能の片鱗を見せたシムズをブレイクさせてくれるのではないかと思われます。

マルシアルやリンガードが躍動し、ラシュフォードがトップチームデビューを果たした2015-16シーズンのマンチェスター・ユナイテッドにテンションが上がったサポーターとしては、稀代の名将がセインツでどんなサッカーを見せてくれるだろうとフライング気味に期待してしまいます。しかし一方で、プレミアリーグ8位のピュエル監督が解任されるとすれば、さすがにかわいそうです。昨季のセインツは、グラツィアーノ・ペッレ、サディオ・マネ、ビクター・ワニャマとがっつり背骨を抜かれたチームだったことを忘れてはいけません。12月にエースのチャーリー・オースティンがリタイアし、年明けにはファン・ダイクとフォンテという鉄壁CBコンビをダブルで失った指揮官は、吉田麻也とスティーブンスを抜擢しながらよく踏ん張ったと思います。

ヨーロッパリーグ最終節、本拠地セント・メアリーズに迎えたハポエル・ベア・シェヴァにスコアレスドローか勝ち点3なら決勝トーナメントに進めたセインツは、79分に痛恨の先制ゴールを許し、ファン・ダイクの同点ゴールまででアウェイゴールルールに泣かされ、大会を去りました。最後の吉田麻也のヘディングシュートがあと50センチ内側に寄っていれば、ピュエル監督の評価は高まっていたかもしれません。ファン・ハール復帰話に胸をときめかせつつ、現監督に巻き返しのチャンスがあることを願う気持ちを消し去ることはできません。

監督が空席のクリスタル・パレスならスムーズですが、キャバイェやベンテケとケンカするのではないかと心配になってしまいます。リバウド、リケルメ、リベリー、スナイデル、クローゼ、イブラヒモヴィッチなど、クリエイティブな選手や自由を求める俺様タイプに酷評されてきた歴史があるファン・ハール監督の招聘は、ちょっとしたギャンブル。2006-07シーズンにエールディヴィジを制したAZのような快挙を成すか、バイエルンの2年めのように厳しすぎる規律によって空中分解するか…。選手もサポーターも賛否両論、評価がバキバキに分かれる「奇将」ではありますが、プレミアリーグで彼のマジックを堪能できると聞けば、もちろんウェルカムです。(ルイ・ファン・ハール 写真著作者/Congres in Beeld)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ