最後のクラブにFAカップとラシュフォードを残して…ルイス・ファン・ハール、ついに引退!

After a 26-year career in coaching, Louis van Gaal has retired(監督として26年のキャリアを経て、ルイス・ファン・ハールがついに引退) 」。イギリスメディア「BBC」のTwitterが、類まれなる名将の最後のクラブがマンチェスター・ユナイテッドであることを、短い言葉でアナウンスしました。プレミアリーグの名門クラブで指揮を執るのが最後の仕事になると公言していた指揮官は、FAカップ制覇の2日後にクラブを追われた際も引退するとはいっておらず、契約を全うして終われなかった消化不良感をどこかで晴らすのだろうと思っておりました。ご本人は、最近までその気だったようですが、娘婿が亡くなるなどのトラブルもあり、極東からのオファーを断ったようです。リタイアを表明する言葉は、マンチェスター・ユナイテッドにおけるプレスカンファレンスでの物腰を思い出させる淡々としたものでした。

「一度は、もう辞めようと思った。しかしその後、長期休暇だと考え直した。今は、監督の仕事に復帰するとは考えていない」「とても多くのことが家族に起こってしまった。普通の人間に戻ろうと思う」(ファン・ハール)

アヤックス、バルセロナ、オランダ代表、AZ、そしてマンチェスター・ユナイテッド。バルサとバイエルンでは就任初年度にダブルを達成するなど、結果を出せる監督ではあったものの、選手やサポーターとの軋轢でクラブを離れるなど、浮き沈みの激しい監督人生でもありました。プレミアリーグ4位、5位という2年をどう評価するかは難しいところですが、ファーガソンからモイーズへとバトンタッチされたチームが世代交代に失敗した後の登場であり、「よく立て直した」といってもいいのではないでしょうか。

悪いひとではないのですが、コミュニケーションがうまいとはいえず、ストイチコフ、リベリー、イブラヒモヴィッチなど酷評する選手は後を絶たず。よくも悪くも「オランダの監督」でした。最も輝いた季節は、アヤックスを率いていた1994-95シーズン。エールディヴィジとチャンピオンズリーグを無敗で制した3-4-3は、まさに敵なしで、彼のスタイルが欧州を席巻し続けるのだろうとすら思われました。2008-09シーズンのAZのエールディヴィジ制覇は、クラブにとって28年ぶりの快挙であったとともに、アヤックス、フェイエノールト、PSVアイントホーフェン以外のクラブが勝ったのも前回のAZ以来というメモリアルな偉業です。オランダ代表の指揮を執った2014年のワールドカップブラジル大会では、世界王者のスペインを5-1で叩き、コスタリカとのPK戦でGKシレッセンをクルルに代える離れ業を披露して堂々の3位入賞。母国では、間違いなく成功者でした。

一方、プレミアリーグだけでなく、海外で気持ちいい辞め方を一度もできなかったのは、オランダのカルチャーをクラブに持ち込もうとし過ぎて、内部に敵を作ってしまったからでしょう。バルセロナ時代は、クラブをアヤックスに変えるのかといいたくなる勢いでオランダ人選手を獲得。バイエルンではファン・ボメルをドイツ人以外の初のキャプテンに指名しており、オールドファンからは疎まれる監督でした。「オランダでの成功を引っ提げて海外に飛び出し、信奉するオレンジ色にクラブを染めると非難されて袂を分かつ」。このサイクルをまわしたのが、ファン・ハール監督のキャリアでした。

ただし、海外クラブのなかでもマンチェスター・ユナイテッドだけは違ったのかもしれません。ブリントやデパイの獲得を「いつものオランダびいき」と揶揄されたりはしたものの、ファン・ハール監督は、クラブを自分の色に染めるばかりではなく、むしろ伝統を取り戻してくれたのだと思います。若い才能の発掘。ヴァレラ、マクネア、ドナルド・ラブ、ボースウィック=ジャクソン、フォス=メンサー、リンガード、アンドレアス・ペレイラ、ニック・パウエル、ウィア、ラシュフォード、ウィル・キーン。既に出来上がっていたルーク・ショー、ヤヌザイ、マルシアルを除いても、これだけの数の若手をプレミアリーグやチャンピオンズリーグに送り出してくれました。最終的に何人が残るかはわかりませんが、確実に種は蒔かれたのです。ファーガソンが9年取り逃し続けたFAカップを奪還してくれたこと、未来への期待をチームにもたらしてくれたことに、サポーターとして感謝しています。イブラヒモヴィッチとモウリーニョを選んだクラブの決断は間違いなかったと信じつつも、「ファン・ハールの3年めが観たかった」という思いは消えません。

最後に、私が過去に書いた記事を2つ紹介させてください。ひとつは、「『ファン・ハール激怒』『アーセナルの負傷者減少』…日本の記事からは伝わらなかった報道の真意!」。日本のメディアにおいては、彼のエキセントリックなイメージを誇張した記事が多かったのですが、名将に対するプレミアリーグファンのみなさんの記憶を、デフォルメされた部分だけに留めたくないという思いがあります。そしてもうひとつは、「『若い選手が成長し続ける姿を見たい』ルイス・ファン・ハールの最後の言葉。」チームを去る者が残すさまざまなメッセージのなかで、これほど美しく哀しい言葉を私は他に知りません。それぞれ、ご一読いただければ幸いです。

デ・ヘア、スモーリング、ブリント、バレンシア、ロホ、キャリック、フェライニ、マタ、ルーニー、ラシュフォード、マルシアル。2015-16シーズンFAカップ決勝、ファン・ハール監督がキャリアのなかで、最後に選んだスターティングメンバーです。在任中は、リスペクトの気持ちを注いで「奇将」と呼ばせていただきました。アヤックスのような革命的なチームを生み出す監督には、もう出会えないのかもしれません。

ありがとうございました。万感の思いを込めて。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ2016-17前半戦総括~(4)監督ランキング

「トップクラブの戦略・戦術」「ベストイレブン」と、プレミアリーグ2016-17シーズンの前半戦総括をやってまいりましたが、今回の「監督ランキング」を最後とさせていただきます。「戦略」「戦術・采配」「モチベート」「育成・登用」「やりくり術」の5項目について5段階評価をしたうえで、ランキング形式で7人の監督をリスペクトさせていただいておりますが、評価には明確な基準があるわけでなく、それぞれの監督の特徴を表現するためのものであることを、あらかじめご了承いただければと思います。

1位と2位の指揮官は、順位テーブルからそのまま選ばせていただきました。プレミアリーグタイ記録のシーズン内13連勝、勝ち点46は史上最高のハイペース。チェルシーのアントニオ・コンテ監督を前半戦の最優秀マネージャーとすることに異論はないのではないかと思います。稀にみるハイペースに勝ち点6差でついていったクロップ監督は、例年なら首位で折り返していたでしょう。なぜかバーンリーとボーンマスに敗れたチームは、上位対決を無敗で切り抜けています。

3位には、WBAを8位に躍進させたトニー・ピューリス監督。補強の失敗に激怒していた9月には、自分から辞めてしまうのではないかとハラハラさせられましたが、ピッチの上では冷静な采配を見せ、きっちり結果を出すあたりはさすがです。4位は、テンポのいいパスサッカーでボーンマスをTOP10に押し上げたエディ・ハウ監督。よくぞあのメンバーでこのサッカーができるなと、いつも感心させられます。5位のポチェッティーノ監督は、チャンピオンズリーグで決勝トーナメント進出を果たしていれば、クロップ監督の横に並べたくなったでしょう。ハリー・ケインの出遅れ、アルデルヴァイレルトとラメラのリタイア、フィンセント・ヤンセンとシソコがフィットせずと、主力と目される選手がトラブル続きだったチームをマンチェスター・シティより上に持っていけたのは、指揮官の戦術選択の確かさと若手を伸ばす手腕の素晴らしさゆえだと思います。


■プレミアリーグ2016-17前半戦 監督ランキング!■
1位 アントニオ・コンテ(チェルシー)
2位 ユルゲン・クロップ(リヴァプール)
3位 トニー・ピューリス(WBA)
4位 エディ・ハウ(ボーンマス)
5位 マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム)
6位 ロナルド・クーマン(エヴァートン)
7位 アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)


6位は、新戦力を活かしきったクーマン監督。まだ発展途上のチームではありますが、昨季崩壊した守備を立て直したマネジメント力は称賛すべきでしょう。7位は、アレクシス・サンチェスを最前線に置くゼロトップ戦術で、ウォルコットとエジルの得点力を引き出したヴェンゲル監督。ムスタフィを得た守備陣は、ボールをより前で奪うようになっており、チャンピオンズリーグ1位通過を決めた12月上旬までは素晴らしいシーズンを過ごしていました。以下に、それぞれの監督について、チャートとコメントをつけておりますので、お楽しみいただければ幸いです。


1位 アントニオ・コンテ(チェルシー)
戦略   ★★★★★
戦術・采配★★★★★
モチベート★★★★★
育成・登用★★★★
やりくり力★★★★★

リヴァプールとアーセナルに連敗を喫した直後から13連勝が始まるとは…。マルコス・アロンソとヴィクター・モーゼスのウイングバック抜擢に代表される「選手の特性を見極める力」と、イタリア人監督らしい巧みな守備戦術は天晴れのひとことです。3バックを使う監督が増えたのは、ペップよりもコンテ監督の影響が大きいのではないでしょうか。ジエゴ・コスタが黙々とゴールを量産するようになったのも、アザールが喜々として中央にドリブルするようになったのも、熱血監督の明確なコンセプトと選手への的確な指示があったからだと思います。このチームの選手たちが、スプリントする方向に迷う素振りを見せることはほとんどありません。

2位 ユルゲン・クロップ(リヴァプール)
戦略   ★★★★★
戦術・采配★★★★★
モチベート★★★★★
育成・登用★★★★
やりくり力★★★★

フィルミーノを中央に据えた「4-3-3-0」のような斬新なフォーメーション、ヘンダーソンのアンカー起用、ミルナーのSBコンバート。プレミアリーグ2年めとなるクロップ監督の「走るサッカー」は、素晴らしい補強と選手たちの献身的なプレイによって完成に近づいています。マネがぶっちぎる速攻あり、ナサニエル・クラインやミルナーのクロスあり、ララナやフィルミーノが仕掛ける中央突破あり、コウチーニョやエムレ・ジャンのミドルもあり。どこからでも点が獲れる多彩な攻撃で、プレミアリーグ最多の46ゴールを積み上げており、守備の整備が後半戦の課題。アウェイゲームのほうが多かったにも関わらず、上位対決を無敗で折り返しており、後半戦で同じ結果を出せれば最強の称号を手に入れられるはずです。

3位 トニー・ピューリス(WBA)
戦略   ★★★★
戦術・采配★★★★★
モチベート★★★★★
育成・登用★★★★
やりくり力★★★★★

この監督が素晴らしいのは、選手に余計なことをさせないところです。シンプルなサイド攻撃とカウンター、全員守備を徹底したチームは、プレミアリーグ8位という願ってもないポジションで前半戦を終えました。8人までレギュラーを固定しているチームゆえ、負傷者やスランプの選手が出ると、とたんに強度を失うのが懸念材料でしょうか。マンチェスター勢以外に2点差以上で負けたことがない堅実なチームは、後半戦も嫌らしい上位いじめを見せてくれるはずです。

4位 エディ・ハウ(ボーンマス)
戦略   ★★★★★
戦術・采配★★★★★
モチベート★★★★
育成・登用★★★★
やりくり力★★★★

レギュラークラスで、外国人選手はボルツ、アーター、ジョシュア・キングのみ。下部リーグ所属のクラブからイングランド人選手をかき集め、ジョーダン・アイブとジャック・ウィルシャーを加えただけに見えるチームが小気味いいパスサッカーをこなせるのは、エディ・ハウ監督の指導力のなせる業です。タイロン・ミングスが復活を遂げれば、守備の強度は増すでしょう。ライアン・フレイザーの負傷が気がかりですが、サーマンの復調など伸びしろはあり、後半戦も楽しみなチームです。

5位 マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム)
戦略   ★★★★
戦術・采配★★★★★
モチベート★★★★
育成・登用★★★★★
やりくり力★★★★

ワニャマ以外の新戦力がフィットしていないにも関わらず、プレミアリーグ屈指の戦術家は堅守を武器に前半戦を2敗で乗り切ってしまいました。毎年、活きのいい若手を登場させるポチェッティーノ監督は、今季もハリー・ウィンクスを抜擢。中盤の厳しいチェックと最終ラインの的確なポジショニングは健在で、3バックというオプションもすっかり定着しました。負傷者が復帰し、新戦力がなじんでくれば、ヨーロッパリーグとプレミアリーグの両立も充分可能だと思われます。スパーズは、今季も優勝候補の一角です。

6位 ロナルド・クーマン(エヴァートン)
戦略   ★★★★
戦術・采配★★★★
モチベート★★★★
育成・登用★★★★
やりくり力★★★★★

ジョン・ストーンズが抜けた守備陣を短期間で立て直したこと、夏に獲得した選手を活かしきっていることが、クーマン監督の手柄です。アシュリー・ウイリアムズとグイェは大ヒット。ボラシェの長期離脱は残念ですが、サイドにはタレントが揃っており、極端に戦績を落とすことはないでしょう。7位をキープして、ヨーロッパリーグ出場権が転がり込んでくれば、セインツから来た指揮官の初年度はまずまずといえるのではないでしょうか。

7位 アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)
戦略   ★★★★
戦術・采配★★★★
モチベート★★★★
育成・登用★★★★★
やりくり力★★★

収穫は、アレクシス・サンチェスのトップ起用という2つめの戦い方を手に入れたこと。課題は、カソルラの抜けた穴を埋め切れたとはいえないこと。強すぎるチェルシーに勝ち点9差をつけられたものの、マンチェスター勢より上という前半戦の着地は、決して悪いとはいえません。ライバルクラブのような大胆な戦術変更がないため、「従来のやり方に固執している」という声もあるようですが、ムスタフィ獲得による最終ラインの整備、前線の守備の強化、イオビの主力定着、ウォルコットの復活とエジルの得点力UPなど、プラス材料も充分にあったと思います。勝負はこれから。後半戦のヤマ場は、チェルシーとのシックスポインターと、バイエルンと戦うチャンピオンズリーグの狭間にあるリヴァプール戦です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

監督解任のハル・シティ&「新指揮官が監督経験ゼロ」のスウォンジーに明るい未来はあるか…⁉

そろそろプレミアリーグ前半戦を総括したいと考えていたのですが、大みそかから今朝まで連日の好試合続きで、さらに2週間で3人の監督のクビが飛ぶというニュースだらけの年末年始。クリスマス直前にクリスタル・パレスのパーデュー監督が解任となり、サム・アラダイス前イングランド代表監督の就任が発表されると、ボクシングデーの翌日にはスウォンジーの今季2人めの指揮官、ボブ・ブラッドリーが契約解除。さらに一昨日、今季プレミアリーグで4人めの監督交代が発表されました。今回、クラブを去ることになったのは、ハル・シティのマイク・フェラン監督。スティーブ・ブルース前監督の電撃辞任により、暫定監督としてプレミアリーグ開幕を迎えながら、レスターとスウォンジーを連破して8月の最優秀監督に選ばれた指揮官です。

2013年までサー・アレックス・ファーガソンの片腕を務め、「私はアシスタントマネージャーという肩書きのもと、実質的には監督だった。ファーガソン監督は、多くのスタッフに助けられていた。われわれは裏方だったが、彼がときどきおかしなジャッジを下すため、思いとどまらせる必要があった」と豪語していたフェラン監督が証明したのは、「監督とコーチでは、求められる資質とスキルが違う」ことでした。2勝1敗と上々のスタートを切り、7試合めにはハル・シティの正式な監督に就任したフェラン氏にとっては、54歳にして初めて手にしたトップの座。しかし…。ライアン・メイソン、ムボカニ、守護神マーシャル以外に即戦力の補強がなかったチームを勝たせるのが大変だったのは確かですが、9月以降1勝4分12敗、アウェイ7連敗、クリーンシートゼロでは致し方ありません。

ライアン・メイソンを活かしきれず、ムボカニが未だノーゴールで、スノドグラスのミドルシュート以外にゴールを奪う手立てはなし。開幕から暫定監督スタートで、選手層が薄いのに積極的な補強をせず、6試合もウォッチしたうえでフェラン氏を昇格させながら結局解任したクラブの姿勢にもモヤモヤ感は残りますが、攻撃がうまくいかず、守備の整備も進まずとなれば、指揮官が責任を問われるのは世の常です。次の監督が誰だったとしても、1月に何らかの手を打たなければ、ハル・シティは1シーズンでチャンピオンシップに逆戻りとなるでしょう。勝てる監督を据えて補強を進めるのか。あるいは来季以降も見据えて、降格覚悟で若手を育てられる指揮官に託すのか。昨シーズンの降格クラブ、アストン・ヴィラとノリッジがチャンピオンシップの中位に沈んでいるのを見ると、このクラブも同じ道を辿るのではないかと思われてなりません。

指揮官の経験ゼロといえば、フェラン監督解任と同じ日に就任が発表されたスウォンジーのポール・クレメント監督も同様です。コーチ歴21年だったフェラン氏に対して、44歳の新指揮官は20年。チェルシーのアカデミーでキャリアをスタートさせたクレメント監督は、アイルランドU-21代表、フラムのアカデミー、チェルシーのファーストチーム、ブラックバーン、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード、ダービー・カウンティ、バイエルン・ミュンヘンと、ひたすらアシスタント・マネージャーないしはコーチです。いやー、これは厳しいのではないでしょうか。2013-14シーズンにマルティン・ヨル監督解任の後を継いだフラムのレネ・ミューレンステイン監督と同じ匂いがします。

マンチェスター・ユナイテッドのテクニカルコーチとして名を馳せたミューレンステインさんは、監督経験6ヵ月で降格危機に瀕したチームをまかされると、混乱させただけで2ヵ月後にはあっさり解任。シーズン3人めの指揮官、フェリックス・マガトという劇薬の投入は既に手遅れでした。プレミアリーグ19位のチームが選ぶべきは、トップの資質のひとつである「選手の闘争心を呼び起こすモチベーターかスパルタ系」、できれば残留争い勝ち抜け経験者が適任でしょう。たとえば、アラン・パーデュー…。(マイク・フェラン 写真著作者/Saadick Dhansay)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ヴェンゲル監督の後継者にユーヴェ連覇のアレグリが浮上!?…あの新聞ですが。

2016年もあとわずか。移籍市場オープン直前となり、プレミアリーグネタをあの手この手で飛ばすイギリスメディアの舌も、より滑らかになってまいりました。「デイリー・エクスプレス」には、パイェの移籍先の最有力候補はアーセナルという怪しいニュース。彼らは、マンチェスター・ユナイテッドがリンデロフを獲ったらロホはバレンシアに移籍するといっておりますが、「BBC」はフィル・ジョーンズとロホの好調ぶりをみたモウリーニョ監督がリンデロフ獲得をキャンセルと報道しています。さあ、ガセネタはどちらでしょうか。

複数のメディアに掲載された「サンダーランドのモイーズ監督が本田圭佑獲得を熱望」は、果たして実現するのでしょうか。トッテナム、リヴァプール、ウェストハムなど、年に1回はプレミアリーグ入りといわれる日本代表MFの去就ネタは、「夏のラカゼット」同様の恒例行事となっています。中国関連では、ルーニーやアレクシス・サンチェスの爆買い予報に続き、中国スーパーリーグが2016年の最優秀主審賞を受賞したマーク・クラッテンバーグ引き抜きを画策していると伝えられています。「デイリー・ミラー」もなかなかやってくれます。これから1ヵ月は、こんな調子で、さまざまな名前が各紙の見出しを賑わすことになるのでしょう。

さて、「簡単にはだまされませんよ」風な書き出しで始まった本記事ですが、今から紹介するネタが、いちばんのジョーカーかもしれません。ピンクの紙で有名なイタリアの「ガゼッタ・デロ・スポルト」が、ユヴァントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリがヴェンゲル監督の後継者の座を狙っていると報じています。「ドイツのレスター」ライプツィヒを率いるハーゼンヒュットル、ボーンマスのエディ・ハウ、アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネといった次期監督候補のなかで、記事は「アーセナルはアレグリを好むだろう」と結んでいるのですが、引っかかるのは文中にさりげなくおさまっている一節です。「”サン”によると…」。

そうなんです。ニュースソースは、あの「ザ・サン」。元の記事を辿ると、タイトルのテンションがムダに高いです。「Juventus boss Max Allegri wants to replace Arsene Wenger at Arsenal and create ten-year dynasty at Emirates(ユヴェントスのボスであるマックス・アレグリは、アーセン・ヴェンゲルに代わってエミレーツで10年の王政を築きたがっている)」。緑色の文字で「MAX POWER」と煽っているのを見ただけで、スルーするプレミアリーグファンもいるのではないでしょうか。彼らが挙げている根拠を並べてみましょう。

「アレグリは、ユヴェントスで連覇を達成したにもかかわらず、母国では称賛されないと考えている」
「イタリアマスコミとの間にある緊張感。シーズン終了後にはビアンコネロ(記事中ではBianconeri)のポストを離れるのは確実」
「代理人がアーセナルと接触した」
「アーセナルもアフター・ヴェンゲルの準備を進めており、候補者リストに載っている監督たちに関心があるかどうかを打診している」

代理人がコンタクトを取ったというのが、唯一の迫力ある材料です。おもしろい話ではあるものの、実現性については何ともいえません。しかしみなさん、何かと物議を醸す「ザ・サン」ですが、彼らは今年の3月に「イブラヒモヴィッチがマンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいている」という素晴らしいロングシュートを決めていることを忘れてはいけません。アレグリさんはまだ49歳ですので、エミレーツのリスペクトを一身に集めることに成功すれば、15~20年の長期政権になる可能性も充分にあります。

4-3-3と5-4-1を使い分ける戦術家のチームでは、ユーヴェ初年度にピルロが務めていた最も重要なアンカーのポジションに、グラニト・ジャカ。アレクシス・サンチェスはテベスやモラタが果たしていた仕事を期待され、エジルは右。最終ラインにはイタリアからコシールニーの後継者を連れてくることになるのでしょうか。想像すると、おもしろいチームになりそうな期待感が高まります。グーナーのみなさん、アレグリさんはいかがですか?3勝3分4敗と最悪のスタートを切ったユヴェントスを、クラブレコードの15連勝を含む24勝1分というとんでもない巻き返しで優勝させてしまう波のある監督でもあり、ヴェンゲルさんの安定感を求める向きには懸念もありそうですが…。続報を待て、ですね。できれば「ザ・サン」以外の。(マッシミリアーノ・アレグリ 写真著作者/goatling)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ