アーセナルとエヴァートンが交渉開始!? アンチェロッティのプレミアリーグ復帰はあるのか?

チャンピオンズリーグでグループステージ突破を決めた夜、ナポリのアンチェロッティ監督が解任されました。欧州ではノルマをクリアしたものの、セリエAでは5勝6分4敗で7位と停滞。直近7試合で5分2敗と勝てなくなった姿は、プレミアリーグで苦しんでいたウナイ・エメリ監督と酷似しており、現地のジャーナリストたちが「チームはアイデンティティを失った」「サッリ時代のハングリーさがない」と解任の可能性を匂わせている状況でした。

このニュースを受けて、イギリスメディアが一斉に名将のプレミアリーグ復帰を話題にしています。「エヴァートンが交渉を開始した」と書いたのは「スカイスポーツ」。これに対して「ミラー」は、10人の候補者のひとりとしてアンチェロッティもリストアップされていると報じています。

「スカイスポーツ」は、数日前に「ウナイ・エメリの次の就職先はエヴァートン」とぶち上げたばかりです。ガナーズを解任されたばかりのスペイン人監督は、トフィーズの幹部とロンドンで会談したといわれており、ご本人は前向きに検討しているとも伝えられています。「BBC」と「テレグラフ」は、上海上港を率いるヴィトール・ペレイラ監督を本命視。2011-12シーズンにポルトに招かれ、スーペルリーガ2連覇を達成した51歳の指揮官は、2015年1月から指揮を執ったオリンピアコスでもリーグ制覇を成し遂げ、昨シーズンは上海上港で中国スーパーリーグ優勝と実績は充分です。テレグラフは、「エヴァートンは3年契約を提示した」と報じていますが、高い年俸が保証されている中国を離れてプレミアリーグを選ぶメリットは大きいとはいえないでしょう。

エヴァートンのリストに名前がある人物として、バレンシア前指揮官のマルセリーノ・ガルシア・トラルさんや、ボーンマスで11年めのシーズンを過ごしているエディ・ハウ監督、2000年代にトフィーズを欧州で戦えるクラブに成長させたデヴィッド・モイーズが挙げられていますが、いずれも可能性は低いといわれています。アンチェロッティやエメリとこれから交渉を始めるといわれているクラブは、もうしばらくクラブOBのダンカン・ファーガソンに現場をまかせることになりそうです。

「ミラー」が挙げているガナーズの10人には、ミケル・アルテタ、パトリック・ヴィエラ、ロベルト・マルティネスなど、プレミアリーグになじみがある顔ぶれが揃っています。次期監督の選定に携わっているのは、フットボール部門の責任者であるラウル・サンレヒ、エドゥTD、マネージングディレクターのヴィナイ・ヴェンカテシャム、契約交渉担当のハスファーミー。彼らはすべての候補と面談し、情報を揃えてから適任を絞り込むという長期戦を想定しているようです。アンチェロッティが自由になったというニュースは、指揮官決定プロセスを一気に短縮する決め手になりえるでしょうか。2009-10シーズンのチェルシーで、プレミアリーグとFAカップのダブルを達成している指揮官は、「アッレグリはない」といわれている状況では実績No.1です。

アンチェロッティ監督が気になるのは、直近のパリ、レアル・マドリード、バイエルン、ナポリがいずれも2年以内の短命に終わっており、ドイツとイタリアでは2年めに選手たちと確執があったと報じられていることです。エヴァートンを強くするというミッションはおもしろいと思いますが、ガナーズとなると、「マンチェスター・ユナイテッドのファン・ハール」と同様にカップ戦だけ勝ったワンポイントで終わってしまう予感があります。ライバルの試行錯誤をトレースするようなチョイスではなく、若い監督を口説いて、腰を据えて再建に取り組んでもらうほうがいいのではないでしょうか。ノースロンドンもマージーサイドも、新監督関連のゴシップが乱れ飛ぶ日々が続きそうな雲行きです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

狂った歯車は戻らず…マルコ・シウヴァがエヴァートンでうまくいかなかった理由。

プレミアリーグ15節終了時点で4勝2分9敗、2度めの降格ゾーン突入となる18位。エヴァートンが、ついにマルコ・シウヴァ監督を見限りました。42歳のポルトガル人マネージャーがイングランドでスポットライトを浴びたのは、スティーヴ・ブルースを解任したハル・シティに招聘された2016-17シーズンでした。エストリル、スポルティングCP、オリンピアコスを率いてきた若き指揮官は、1月まで3勝しかできずに最下位だったクラブにアグレッシブなプレスを導入。最後の連敗で降格となったものの、プレミアリーグ18試合で6勝3分9敗と健闘しました。

2017-18シーズンにはワトフォードの監督に就任。開幕からの8試合は絶好調で、アウェイでの3勝1分を含む4勝3分1敗という戦績を残し、TOP4に食い込んでいました。アーセナルに残り20分からの2発で逆転勝利を収めた勇敢なチームは、コレクティブという言葉とともに高く評価され、彼はそのうちビッグクラブにステップアップするといわれました。順調だったマルコ・シウヴァ監督に、暗雲が垂れ込めたのは11月。トリガーは、エヴァートンのロナルド・クーマンの解任でした。流動性の高いモダンな戦術に惚れたマージーサイドと交渉中というゴシップが流れ、ワトフォードのフットボールは求心力と集中力を同時に失ったように見えました。

11月末のマンチェスター・ユナイテッド戦を2-4で落とすと、その後の10試合を1勝2分7敗とスランプに陥り、24節のレスター戦に完敗した直後の1月21日に解任の憂き目に遭いました。ひとたび歯車が狂うと、チューニングに時間がかかるデリケートな戦術を目撃した後も、エヴァートンの評価は変わらなかったようです。2018年5月31日、サム・アラダイス監督の後を受けてグディソン・パークへ。クラブの期待がいかに高かったかは、リシャルリソン、ベルナルジ、ディーニュ、ミナに8000万ポンド超という気前のいい補強に表れていました。

ここでも当初は順調に勝利を重ね、11月までのプレミアリーグ13試合を6勝4分3敗で6位。突如崩れたのは12月で、マージーサイドダービーでピックフォードのミスをオリギに突かれて敗れると、2月中旬までの13試合で3勝2分8敗と別のチームになってしまいました。ビル・ケンライト会長と筆頭株主のファルハド・モシリ氏は、8位という最終着地に納得できなかったでしょう。それでも彼らは、ワトフォードで見せた素晴らしい戦術を信じ続けて大型補強に打って出ます。アンドレ・ゴメス、グバミン、イオビ、デルフ、モイーズ・キーンは締めて1億ポンドオーバー。モイーズ退任以来、ビッグ6の一角崩しを目論んだ経営ボードは、最も期待したマネージャーが最も低い勝率しか残せないとは想像できなかったのではないでしょうか。

ロナルド・クーマンは勝率40.4%、ロベルト・マルティネスは38.1%、サム・アラダイスは37.5%。プレミアリーグ53試合で19勝11分23敗のマルコ・シウヴァは、唯一敗戦数が勝利を上回っており、勝率は35.9%に留まっています。彼は、何が足りなかったのでしょうか。最大の誤算は、グイェの後釜として期待していたグバミンの長期離脱でしょう。マン・シティから来たデルフはパスワークを身上とするセントラルMFで、アンドレ・ゴメスとポジションを争うタイプ。シュナイデルランは、セインツ時代の凄みをどこかに置き忘れたまま、つなぎ役として中盤をさまよっています。

チェルシーにレンタルバックとなったズマの代わりを獲れなかったのは、経営ボードのエラー。マイケル・キーンとミナは明らかに連携不足で、サブがホルゲートひとりでは競争原理が働きません。イオビはいい補強ですが、モイーズ・キーンを即戦力として計算するのはリスキーでした。3年後は主力として活躍してくれるかもしれませんが、現在は鳴かず飛ばずで、遅刻を咎められてスタンド観戦といったニュースばかりが目立ちます。ハマーズに移籍したセバスチャン・アレや、セインツのダニー・イングス、ボーンマスのカラム・ウィルソンのような点取り屋がいれば、「ジェンク・トスンを売りさばく」「リシャルリソンの負担を減らす」といった手を打てていたはずです。

プレスの約束ごとが複雑で、サイドの選手に細かいポジション修正を強いるマルコ・シウヴァのフットボールは、はまればビッグクラブを絶望させる破壊力を発揮する一方で、何かが少しでも狂えば全体がおかしくなるリスクを内包し続けているのだと思います。シェフィールド・ユナイテッドやボーンマス、ウルヴスのように、少数精鋭でオリジナリティの高いサッカーを続けるチームなら成功するのではないでしょうか。トータルで2億ポンド近い新戦力への投資は、彼を成功から遠ざける劇薬として作用してしまったのかもしれません。あまりにも苦しい1年半でした。「おつかれさまでした、いずれまたプレミアリーグで…」という月並みな言葉しか浮かびません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

モイーズ、エディ・ハウ…現地メディアが「エヴァートンが新監督探しに入った」と報道!

プレミアリーグ開幕からの4試合は2勝1分1敗とまずまずのスタートだったのですが、その後の9試合は2勝1分6敗。16位に低迷しているエヴァートンが、マルコ・シウヴァ監督の後釜探しに入ったと報じられています。「スカイスポーツ」が候補として挙げているのは、2002年から11シーズンにわたってエヴァートンの指揮を執ったデヴィッド・モイーズさんと、ボーンマスを4シーズン連続でプレミアリーグに残留させたエディ・ハウ監督です。これらのレポートに対して、「マンデー・ナイト・フットボール」に出演したジェイミー・キャラガーさんは、最近の監督解任ゴシップで何度も取り沙汰されている旬の人物を推しています。

「モイーズは、エヴァートン以降に何をしてきたかで判断されるだろう。彼らはエディ・ハウを望んでいない。マーク・ヒューズという話もある。エヴァートンのボードルームは、ビル・ケンライト会長派と筆頭株主のファルハド・モシリ派に分裂している。これは大きな問題だね。エヴァートンとつながりがあるといえば、ミケル・アルテタも働ける候補のひとりだろう。シティにいる世界一のマネージャーの下でやっている。最近の結果に不満なら、変化を起こしたほうがいいのではないか」

モイーズ復活は、話としてはおもしろいのですが、レアル・ソシエダ、サンダーランド、ウェストハムと、マンチェスター・ユナイテッドで失敗してからのクラブで冴えない戦績しか残せていないのが気になります。アグレッシブなプレッシングが主流となっている現在のプレミアリーグで、オーソドックスなサイドアタックを志向する指揮官が上位進出を成せるとは思えません。モイーズさんは、中小クラブを残留させることはできても、かつてのエヴァートンの隆盛を再現するのは難しいでしょう。

2016年にエヴァートンからの誘いを断ったといわれるエディ・ハウ監督は、「7節から1勝3分3敗とボーンマスで苦しんでいる今なら、オープンに話せる可能性がある」と伝えられていますが、10年率いたクラブをシーズン途中で離れるというハードな選択はしないでしょう。経営陣とペップ・グアルディオラが、他クラブの指揮官になることを容認しているミケル・アルテタは、古巣からのオファー次第。挙がっている名前のなかで、成功の期待値が最も高いのは、マン・シティ仕込みのダイナミクスをもたらしてくれそうなスペイン人コーチなのではないでしょうか。

いずれにしても、新しい指揮官が来てくれるのは年が明けてからでしょう。エヴァートンのスケジュールを見ると、プレミアリーグ14節からレスター、リヴァプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルという厳しい相手が続いており、最悪のタイミングで引き受けてくれる気のいい監督を探すのは至難の業です。クリスマス前に解任となったとしても、しばらくは暫定監督でしのぎ、2020年から新体制という運びになるものと思われます。

2017-18シーズンのワトフォードで、解任直前のプレミアリーグ11試合を1勝2分8敗と泥沼にはまったマルコ・シウヴァ監督は、ひとたび不振に陥ると立て直しに時間がかかるタイプのようです。グディソンパークで18位のノリッジに0-2完敗というショッキングなゲームでは、アウェイサポーターに乗っかって「sacked in the morning」というチャントを浴びせるファンが続出しました。イングランドのクラブで最長の117シーズンをトップリーグで過ごしているエヴァートンは、現在の指揮官とともに窮地を脱することができるでしょうか。

メディアの視線を他クラブの指揮官に移したければ、これから当たる上位クラブを2つは倒さなければなりません。中盤のベストメンバーを固められないマルコ・シウヴァ監督が、厳しい季節を乗り切れるかどうかに注目したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地ジャーナリストが一刀両断!プレミアリーグの監督解任レースで生き残るのは…⁉

Who is the most vulnerable in sack race?(解任レースにおいて、最も脆弱なのは誰だ?」。プレミアリーグの最新情報を紹介する「スカイスポーツ」の名物コンテンツ「サンデーサプリメント」が、苦しんでいる指揮官たちにスポットライトを当てたのは、不振にあえぐクラブが土曜日のホームゲームで揃って勝ち点を落としたからでしょう。ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」で1.25倍と大本命のマルコ・シウヴァ率いるエヴァートンは、降格ゾーンにいるノリッジに0-2で完敗。6.0倍で2番人気のウナイ・エメリは19位のセインツに敗戦寸前の2-2ドローで、同じオッズで並んでいるハマーズのマヌエル・ペジェグリーニは、ジョゼ・モウリーニョのスパーズに2-3の勝利をプレゼントしました。

彼らに負けず劣らず冴えないのは、ハビ・ガルシアの後を継いだばかりのキケ・サンチェス・フローレス。バーンリーに0-3で敗れたワトフォードは、指揮官が変わってからのプレミアリーグ9試合で1勝4分4敗と上昇する気配が感じられません。17.0倍というオッズは、オーレ・グンナー・スールシャールと同率ですが、より緊張感が高いのは最下位に沈むクラブのようです。ポチェッティーノショック冷めやらぬなか、今季プレミアリーグで3人めのクラッシュは年内に報じられるのでしょうか。4人の監督に対するTVショーの出演者たちの容赦ないコメントを紹介しましょう。

「アーセナルの試合を観て、混乱した。みんなを何度もハラハラさせていただろう。混乱したよ。サウサンプトンは息の根を止めなければならなかったね。ヴェンゲルの頃から進化していない」「エメリと試合後に話すのは簡単なことじゃない。彼はいつも分析、分析、分析だ。申し訳ないが、分析の時間は終わった。チームを改善するために動かないとね。データやチャートよりも大事なことがあるだろう。優秀な監督なら誰しもが備えているはずの、選手からベストを引き出す直感的なマネージメント力が必要だ」(テレグラフ/ポール・ヘイワード記者)

ウェストハムの落ち込みは理解できる。ボールを自分のネットにパンチするGKがいたら、勝つのは難しい。ロベルトは相手に1~2点与えているだろう。(ファビアンスキの負傷で)彼がチームに加わったときは、TOP4から1位下だった。しかし彼らは現在、ボトム3に近づいている。GKが変わっただけでね」「最終ラインは迷っており、フェリペ・アンデルソンはフィジカルコンタクトに興味がないようだ。すべてを背負わされているデクラン・ライスとマーク・ノーブルは、ピッチ上のあらゆるスペースで消化に勤しんでいる」「ペジェグリーニはお金のために中国に渡った。もはや今のような状況に対処できる人物ではない」(デイリー・メール/マーティン・サムエル記者)

「キケ・サンチェス・フローレスは、ワトフォードの解任レコードを作るんじゃないかな。バーンリーにホームで0-3で敗れ、アラームが鳴った。1勝じゃ足りない。クラブは彼を変えることに躊躇はないはずだ」「マルコ・シウヴァは戦うたびにプレッシャーにさらされているようだ。勝って軽減され、負けると圧力がかかり…。サム・アラダイスの後を受け、素晴らしい仕事をしてエヴァートンの救世主になるつもりだったが、チームを約束の地に導けなかった」(ピープル/スティーブ・ベイツチーフフットボールライター)

ファビアンスキのリタイアをきっかけに、プレミアリーグ1分5敗と泥沼にはまったペジェグリーニ。グイェの移籍とグバミンの負傷、アンドレ・ゴメスの長期離脱で中盤センターが骨抜きになり、直近9試合を2勝1分6敗のマルコ・シウヴァ。主力の高齢化を補強でフォローできなかったワトフォードで苦しむキケ・サンチェス・フローレス。戦力をちょっとした言い訳にできる3人に対して、マネジメントの失敗が際立つウナイ・エメリ監督はより重症に見えます。

4人に加えて、セインツのハーゼンヒュットル監督とマンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督が出走馬となっているG1レースは、全員セーフとはいかないでしょう。最もやばいのはマルコ・シウヴァ監督で、プレミアリーグ14節からの5試合がレスター、リヴァプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルと全敗もありえる厳しいハードルです。

次節のノリッジ戦で勝ち点をロストしたらリーチがかかりそうなエメリ監督ともども、何とか窮地を脱してほしいのですが…。クリスマスの前に、残念なニュースがひとつふたつ舞い込んできそうな雲行きです。この季節になるといつも思いますが、フットボールの監督という生業は、がんばるだけでは報われない大変なお仕事ですね。いやー。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

厳しい状況に耐え、結果を残した忘れえぬ名将。マウリシオ・ポチェッティーノ、解任。

Tottenham sack manager Mauricio Pochettino after five years in charge(BBC)」。彼の最後が、「sack」という言葉で語られることになるとは…。マウリシオ・ポチェッティーノ、解任。エスパニョールとサウサンプトンで指揮を執った後、2014年5月にノースロンドンにやってきた若きマネージャーは、スパーズの黄金時代を築き上げた功労者です。初年度にプレミアリーグ5位&キャピタルワンカップ準優勝という結果を残し、2015-16シーズンからは4年連続でTOP4フィニッシュ。ハリー・ケイン、ライアン・メイソン、エリック・ダイアー、ベン・デイヴィス、デル・アリ、キーラン・トリッピアー、ハリー・ウィンクスといった若い選手たちをブレイクさせ、予算が少ないクラブをビッグクラブと伍するレベルに磨き上げました。

2018-19シーズンには、チャンピオンズリーグでファイナル進出。リヴァプールに2-0で敗れた後、「この舞台に戻ってきたい」と語った指揮官は、トロフィーを手にすることはついぞなきまま、クラブを去ることになりました。12節のシェフィールド・ユナイテッド戦をドローで終え、3勝5分4敗でプレミアリーグ14位に転落。直後に、「ポチェッティーノの統治の終焉」と題したレポートを書いたのですが、そこで想像していたのは「今季限りで退任」でした。思いのほか早かった、王国の終わり。「テレグラフ」が後任探しが始まっていると伝え、「デイリー・メール」は極めて危険な状況と報じていたのですが、これほどあっけない幕切れがやってくるとは思いませんでした。

「われわれは、この変更に対して消極的でした。ボードが軽率に決めたわけでも、拙速に判断したわけでもありません。昨シーズンの終わりと今季の立ち上がりの結果にがっかりしていました。ボードは難しいジャッジを強いられました。マウリシオと彼のコーチングスタッフとの思い出深い瞬間を考えると、困難な決定でしたが、クラブの利益を最大にするためにそうせざるをえませんでした」(ダニエル・レヴィ)

やり手の会長は、1年半前の指揮官の進言を覚えているでしょうか。「The inside story of Mauricio Pochettino’s Spurs downfall(マウリシオ・ポチェッティーノのスパーズにおける没落のインサイドストーリー)」と題したレポートを配信した「テレグラフ」は、2017-18シーズンの終わりに、ポチェッティーノ監督は既にチームの陳腐化と個々のパフォーマンスの低下を感じており、再構築の必要性を理解していたと振り返っています。

「彼らが私に同意するかどうかはわからないが、新しいプロジェクトを設計するために、話し合う必要がある。小さな予算でトロフィーを獲得したとしても、世界で最も賢いとは思えない。現実は違うと考えなければならない。この状況は、クラブが勇敢にリスクを取る必要がある。ビッグクラブに近づきたいなら、ビッグクラブの考え方を取り入れなければならない」(マウリシオ・ポチェッティーノ/2018年5月)

新しい契約の締結を拒否していたトビー・アルデルヴァイレルト、ヤン・フェルトンゲン、ダニー・ローズ、さらにはクリスティアン・エリクセンも売り時だと感じていたポチェッティーノ監督に対して、レヴィ会長の答えは「売却も補強もゼロ」でした。ハリー・ケインと新契約を締結することで現場の責任者を宥めた会長に、警告が繰り返されましたが、方針は変わらず。新スタジアムの完成が大幅に遅延するという難しい環境で、チャンピオンズリーグ決勝進出という快挙を成し遂げた名将に、最後の夏も望んだ答えは返ってきませんでした。売りたかった選手は誰も去らず、新戦力は3人に留まりました。

「ポチェッティーノ監督自身が、トレーニングのフィールドに関与しなくなっていた」「選手は終わりの始まりを予感し、コミットメントが低下していた」「勧告に対して指揮官が自ら立ち去ろうとしなかったため、クラブは解任せざるをえなかった」。イギリスメディアが紹介するインサイドストーリーが概ね事実だとすれば、このタイミング、この結論しかなかったのでしょう。いやー、悔しい。悔しいです。クラブからの難しいオーダーをすべて吞み込み、最高の結果を残した名将の苦闘を心に刻んでおこうと思います。

ありがとう、ポチェッティーノ。あなたが築き上げたスパーズは、プレミアリーグを見続けてきたなかで、最高のチームのひとつでした。マンチェスター・シティやアヤックスと繰り広げた激闘を忘れることはないでしょう。次のステージでは、ぜひトロフィーを手にしていただければと願っています。未だ終わりが実感できません。週末のオリンピックスタジアムのベンチに、泰然としたその姿があるような気がしてなりません


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ