ブックメーカーにおける「解任第1号監督」の大本命は、就任3年めのジョゼ・モウリーニョ!

「オッズチェッカー」というサイトをご存じでしょうか。「今季プレミアリーグの得点王は?」など、テーマごとに主要ブックメーカーのオッズを一覧で出してくれるもので、「賭けるなら配当のいいところで」とこだわる方にとっては便利なサービスです。こちらを眺めていてびっくりしたのは、「Next Manager To Leave Post Betting Odds」、つまりプレミアリーグの監督解任第1号予想で、わがマンチェスター・ユナイテッドのマネージャーが軒並みトップに立っていることです。「ウィリアム・ヒル」も「スカイベット」も、ジョゼ・モウリーニョが大本命。このテーマでベットできる11のブックメーカーのうち、ワトフォードのハビ・グラシア監督を1番人気としているのは2つだけです。

モウリーニョさんが危ないと思われている理由を推測してみました。ネマニャ・マティッチとアントニオ・バレンシアが負傷離脱してプレミアリーグ開幕に間に合わず、クリス・スモーリングもリヴァプール戦でリタイア。ルカク、ポグバらワールドカップ出場組の合流が遅れ、苦しい序盤戦が予想されていること。2人めの子どもの出産でプレシーズンツアーから離れたマルシアルが戻ってこず、移籍となった場合の攻撃陣強化の目処が立っていないこと。フレッジとディオゴ・ダロトだけでは課題だった得点力が向上したとはいえず、3季連続の3連勝スタートが実現しなければ、一気に蚊帳の外となる可能性もなきにしもあらずです。

リヴァプール戦で1-4と惨敗した後、指揮官は「ファンはこんな試合にお金を払いたいと思わないだろう」「レフェリーは野球の審判かと思った」「何も収穫はなかった」と愚痴っており、メンタル・フィジカルとも、チームのコンディションはいいとはいえません。チェルシーの第一次政権では4シーズンめに突入したものの、レアル・マドリードや2回めのチェルシーで3シーズンめに不協和音が鳴り響いたのも、解任第1号に指名されている所以でしょう。以前に「BBC」や「テレグラフ」が、「モウリーニョ監督のルーク・ショーに対する”いじめ”にチームメイトが憤慨している」と報じており、主力の移籍志願の噂が絶えないのはハードマネージメントに起因しているのかもしれません。

「数ヵ月前に5人の補強希望リストをクラブに提出しているが、そのうちのひとりを獲得できるか、待たなければならない」。モウリーニョさんのリストについて、「デイリー・ミラー」はアルデルヴァイレルト、ガレス・ベイル、アレックス・サンドロ、ウィリアン、ミリンコヴィッチ=サヴィッチと推測しています。これが当たっているとすれば、獲れてもアルデルヴァイレルトだけでしょう。ポグバが真価を発揮し、アレクシス・サンチェスが復活すればプレミアリーグ4位以内をキープできるかもしれませんが、モウリーニョさんが攻撃を改善できる可能性よりも、キーマン不在のなかでチームが崩壊する可能性のほうが高いと考えるプレミアリーグファンが多く、解任のオッズを下げているのだと思われます。

モウリーニョさんに続く解任ダービーの2番人気はワトフォードのハビ・グラシア監督で、レスターのクロード・ピュエル、自分から辞めてもおかしくないニューカッスルのラファエル・ベニテスが上位にランクされています。ペップ・グアルディオラ、ユルゲン・クロップ、ウナイ・エメリが「解任されない監督」のTOP3なのですが、彼らよりも配当が高い選択肢がひとつあります。「ベットウェイ」「スカイベット」が200倍以上を付けているのは「No Manager To Leave」!さすがに「解任される監督がゼロのプレミアリーグ」には張れないですね…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ペップに会見を押し付けられたクロップ監督、渾身の自虐ボケをプレイバック!

「プレミアリーグレコードじゃないか?あんなに投資したら、優勝を求められるだろう」「考え方も人間も変わったようだね。こんなことを目の当たりにできてうれしい」。記憶力がいいジョゼ・モウリーニョさんが、ライバルの隙を見逃すはずがありません。ポール・ポグバがワールドレコードとなる8900万ポンドで移籍すると報じられたとき、「大金でサッカーの戦績が決まってしまうようになるなら、監督をやめる」といい放ったユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグにおけるDFの最高額でゲットしたファン・ダイクや、GKの移籍金記録を更新したアリソン・ベッカー獲得をいじられてしまいました。

「私たちが責任を果たすのはファンやオーナーに対してであって、他ではない」と語ったクロップ監督は、「彼は(自分たちの補強を見て)眠れなくなってしまい、いい選手を獲ろうとムキになっているんじゃないか」とカウンターをかましたわけですが、このやりとりを覚えておくと、ペップVSクロップというドローとなった場外バトル第2弾が味わい深くなります。

25日に開催されたインターナショナルチャンピオンズカップ、マンチェスター・シティVSリヴァプールは、追加タイムにマネがPKを決めたリヴァプ―ルが1-2で勝利。昨季プレミアリーグを制したレギュラーメンバーがひとりも先発しなかったマン・シティに対して、レッズの中盤と最終ラインは本番仕様。クロップ監督は後半からモー・サラーとマネを投入し、本気で勝ちにいっているかのようでした。レッズの勝利は順当といっていいでしょう。ペップも、「今は相手のほうがコンディションがいい」と頭ではわかっているはずです。

しかし、彼にとってレッズがいまいましいチームであるのも、また事実です。昨季プレミアリーグの後半戦で4-3で叩かれて無敗を止められた後、チャンピオンズリーグでも3-0、2-1のダブルを喰らい、今回で4連敗。試合後のプレスカンファレンスに顔を出したペップは、浮かない顔で質問に応えていたのでした。

チラチラ左を気にしていたペップは、そこにいたのがクロップ監督であることを確認すると、「come,come」と声をかけて立ち上がりました。負けた後の会見など、早々に打ち切りたかったのでしょう。「ユルゲン・クロップ、プリーズ!」といいながらライバルと握手すると、後ろを振り返ることなくそそくさと退場してしまいました。注目を浴びたクロップ監督は、最高のひとことで自らの会見をスタートさせました。

「次はジョゼ・モウリーニョが入ってきて、私が去ることになるね」

プレスを笑わせたクロップ監督は、「ペップは苛立っていたんだろう。彼は負けるのが大嫌いだからね。幸せになれるはずがない。勝っていたら、ご機嫌だったんじゃないかな」と敵将をフォロー。うまくいっている監督は、ボケもきっちり決まり、コメントにも余裕が感じられます。僭越ながら、ひとことご忠告申し上げますが、プレシーズンが順調なときこそ、立ち上がりにお気をつけあそばせ。ファン・ハール監督の就任直後のインターナショナルチャンピオンズカップを制覇しながら、プレミアリーグ開幕戦でスウォンジーに足をすくわれ、リーグカップ2回戦でミルトン・キーンズ・ドンズにボコボコにされたチームのサポーターがいうのですから、頭の隅に置いておいていただいたほうがいいと思います。

クロップさんのいうとおり、モウリーニョさんが入ってきて「彼は買い物が好きだからね。あれだけ獲れたらご機嫌だろう」と語った後、続いてほしい指揮官は誰でしょうか。舌戦に乗ってこないポチェッティーノ監督、守りに入るペジェグリーニ監督は厳しいでしょう。イタリアのテレビ番組の企画で、マンチーニ監督のトレードマークのマフラーを巻いて指揮を執ったサッリ監督に期待しましょうか。今季プレミアリーグでは、「第4の男」の発掘も楽しみのひとつであります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チェルシーを優勝に導けるのか?無冠の名将マウリツィオ・サッリの雑草キャリアを振り返る。

レッチェでプロデビューした元ユーヴェのキャプテンから、ナポリ出身の元銀行マンへ。コンテ監督の退任を発表したばかりのチェルシーが、すかさずマウリツィオ・サッリ監督と契約したとアナウンスしました。ナポリをチャンピオンズリーグの常連にした戦術家は、プレミアリーグ初体験。機能的なゾーンディフェンスと攻守の切り替えの速さが魅力の個性的なサッカーは、イタリアでは最も美しいといわれており、プレミアリーグでサッリを見てみたいと思っていたファンも多いのではないでしょうか。選手としても監督としても華やかなキャリアを積み上げてきた前任者に対して、サッリが歩いてきたのは茨の道でした。28年前にタイムスリップして、異色の指揮官の履歴を振り返ってみましょう。

1990年に31歳だったサッリは、最も歴史がある銀行として知られるモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナで働きながら、スティアで指導者としてのキャリアをスタート。二足のわらじを10年続けた後、2000-01シーズンに6部のサンソヴィーノを率いることになり、金融業界に別れを告げています。2006‐07シーズンにアレッツォの監督に就任するも、成績不振で辞任させられ、クラブはセリエC1に降格。翌シーズンに率いたアヴェッリーノは、2年も経たないうちに財政難で破綻しています。2008-09シーズンには、以前に中田英寿が所属していたペルージャをセリエBに復帰させるというミッションを果たせず、ウンブリア州の名門も1年後に経営破綻してしまいました。既に50歳になっていた戦術家は、思うように結果を出せず、下部リーグのワケありクラブを渡り歩く監督となっていました。

2010-11シーズンには、アレッサンドリアを4部に転落させてしまいます。この頃の彼を見て、いずれプレミアリーグから声がかかるとは誰も思わなかったでしょう。2011-12シーズンに率いた3部のソレントは惜しくも4位に終わり、セリエB昇格のチャンスを逃しましたが、2012年から指揮を執ったエンポリで、ようやく彼の戦術が注目されるようになりました。2013-14シーズンのセリエB2位でプロヴィンチアを昇格させ、初めてトップリーグのクラブを率いることになったサッリ監督は、2014-15シーズンのセリエAで8勝18分12敗と粘って15位フィニッシュ。攻撃的な戦術を高く評価された指揮官に声をかけたのは、レアル・マドリードに呼ばれたラファエル・ベニテスの後任を探していたナポリでした。

当時の記事を読むと、トップクラブでの経験のなさを不安視する声が挙がっています。昇格クラブを残留させただけの監督を連れてくるのは、やはりギャンブル。プレミアリーグでいえば、マンチェスター勢がハル・シティの頃のマルコ・シウヴァやボーンマスのエディ・ハウを抜擢するようなものです。チャンピオンズリーグを制覇した経験がある監督の後釜として、56歳の叩き上げに白羽の矢を立てたナポリの慧眼には、頭が下がります。

ユヴェントスでセリエA3連覇、プレミアリーグ初年度優勝と国内リーグで4回勝ったアントニオ・コンテの後を継いだ無冠のマネージャーは、監督に厳しいオーナーの下で成功することができるでしょうか。アブラモヴィッチ氏が連れてきた3人のイタリア人は、プレミアリーグかチャンピオンズリーグを制覇したうえで、FAカップ優勝も果たしています。前季のプレミアリーグで5位に沈んだうえに、トランスファーマーケットで出遅れたピットスタートのクラブで、策士はどんなアクセルを踏むのでしょうか。初めての国外で迎えるサッリ監督の初陣は、3週間後に迫ったコミュニティシールドです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグに革命を起こした稀代の名将…アントニオ・コンテがチェルシー監督退任決定。

寂しいアナウンスでした。6度めのプレミアリーグ制覇、8度めのFAカップ優勝、ペップに1年で書き換えられたリーグレコードの30勝という業績を称えた後、チェルシーからのメッセージはたったひとことでした。「クラブはアントニオの今後のさらなる成功を祈っている」。プレミアリーグに3バックを流行らせた彼の存在がなければ、ガレス・サウスゲート監督の成功もなかったかもしれません。稀代の名将アントニオ・コンテのチェルシー監督退任が、ついに決まりました。

クルトワ、アスピリクエタ、ダヴィド・ルイス、ケーヒル、ヴィクター・モーゼス、マルコス・アロンソ、カンテ、マティッチ、アザール、ジエゴ・コスタ、ペドロ。2016-17シーズンのプレミアリーグを席巻したコンテの3-4-3を初めて見たのは、3-0で負けていたエミレーツのアーセナル戦でした。イタリア人指揮官にインスピレーションを与えたのは、前節のリヴァプール戦で初めて起用したダヴィド・ルイスと、半ば開き直って投入したように見えた55分からのマルコス・アロンソでしょう。4-2-3-1でレッズとガナーズに連敗したコンテ監督のチェルシーは、次のハル・シティ戦から別なチームに生まれ変わりました。右サイドに抜擢されたのは、それまでベンチスタートだったヴィクター・モーゼス。2015-16シーズンは戦力外と見做され、ウェストハムに貸し出されていたサイドアタッカーは、激しい上下動を要求する新システムではアンタッチャブルな存在となりました。

年末のストーク戦まで13連勝、失点はわずか4。コンテ監督が、最も輝いた季節でした。終わりの始まりは、1月。前半戦だけで14ゴールをゲットしていた絶対的エース、ジエゴ・コスタが中国のクラブからのオファーで揺れ、指揮官との関係は修復不可能となりました。エースのゴール数は半減したものの、14勝2分3敗で2017年を駆け抜けたチェルシーは独走でプレミアリーグを制覇。コンテ監督は、シーズンが終わるとジエゴ・コスタに三下り半を突き付け、新たなストライカーを探し始めました。しかし…。

ロメウ・ルカクがチェルシー、アルバロ・モラタがマンチェスター・ユナイテッド。2人のストライカーの争奪戦が、現実とは逆の着地になった可能性は充分にありました。プレミアリーグの水に慣れ、代表の同僚であるアザールとタッグを組めるルカクがいれば、チャンピオンズリーグ出場権を獲得したクラブの顔ぶれは変わっていたかもしれません。2017-18シーズンのチェルシーは、後半戦で崩れました。最初の19試合で13失点だった堅守の最終ラインは25失点。モラタは1ゴール、ペドロは完全に沈黙、フィットしていなかったバチュアイの代役として呼び寄せたジルーも3ゴールしか決められませんでした。不振の理由をスペイン人ストライカーだけの責に帰すのは乱暴でしょう。チーム全体の問題であるのは重々承知ながら、前半戦だけで決勝ゴール6発、クラブを敗戦から救うゴールを2発決めていた前年のストライカーが、懐かしく感じられたシーズンではありました。

バカヨコ、ドリンクウォーター、ロス・バークリー、エメルソン、ザッパコスタ、そしてモラタとジルー。ジエゴ・コスタとマティッチがチームを去り、ダヴィド・ルイスが指揮官との確執で最終ラインを統率する役割から外されるなか、多くの新戦力がチーム強化につながったとはいえない数字しか残せませんでした。まずまずだったのは、リュディガーとボルシアMGから復帰したクリステンセンぐらいではないでしょうか。おそらく、指揮官が獲得を望まなかった選手も、何人かいたのでしょう。前の年なら大げさなアクションで選手たちを鼓舞していたようなシーンで、心ここにあらずといった表情を見せるようになったコンテ監督が、今も瞼の裏に蘇ってきます。

ジョゼ・モウリーニョは7ヵ月、クラウディオ・ラニエリは9ヵ月。前年のプレミアリーグ優勝監督が、1年ももたずに途中解任の憂き目に遭うシーズンが続いていたなかで、コンテ監督は苦しかった2年めを最後まで走り切りました。激動の2年、しかし素晴らしい2年でもあったと思います。イングランドのサッカーに革命をもたらしたあの強いチームを、決して忘れることはないでしょう。将来、プレミアリーグの歴史を語るメディアには、こう記されるはずです。イタリアの名将は、その手腕の確かさを証明した、と。おつかれさまでした。いずれまた、プレミアリーグに戻ってきてください。そのときは、納得いくスカッドを従えて。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今度こそ決まるか?現地メディアが「チェルシーとサッリ監督の代理人が最終交渉中」と報道!

「ナポリで吐いたいくつかの暴言を重く見たチェルシーが、新指揮官候補から外した」…一部では、マウリシオ・サッリ監督のプレミアリーグ参入の道は途絶えたと報じられておりましたが、問題は指揮官の振舞いではなく、ナポリへの違約金など契約するうえでの条件だったようです。イギリスメディア「スカイスポーツ」は、サッリ監督の代理人がロンドンに入ったと報道。就任初年度でプレミアリーグ制覇を果たした功労者アントニオ・コンテとの契約が残っており、サッリ招聘においてもいくつかの課題があるものの、チェルシーは次の監督を決めたと伝えられています。

イタリアメディア「コリエーレ・デラ・セラ」によると、新監督の年俸は500万ユーロ(約6億4000万円)で、プレミアリーグ4位以内に入ればさらに100万ユーロ(約1億3000万円)が支払われるとのこと。ナポリに払う違約金は500万ユーロといわれておりましたが、これが必要なくなったのが、交渉が進展した最大の理由のようです。イギリスでは「サッリが就任したら、ジエリンスキ、ヒサイ、アルビオルらナポリの選手の獲得を狙う」「ジャンフランコ・ゾラがスタッフとして加わる」などといった噂が流れており、イタリアの記事は「連れていくのはカリドゥ・クリバリ」。エンポリからナポリに移る際に、ヴァルディフィオーリとヒサイを抜いた前科がある監督だけに、チェルシーとナポリのせめぎ合いは今後も続くといわれています。

さらにイタリアでは、チェルシーがユヴェントスのイタリア代表DFルガーニを狙っていると報じられています。2013年にエンポリにレンタルされていた23歳もまた、サッリ監督の下でプレイしていた選手です。セリエAで22試合2ゴールと頭角を現したCBを、ユーヴェが簡単に出すとは思えませんが、ナポリでも獲得を熱望していたと伝えられていたサッリ監督は諦めていないようです。DFの名前が目立つのは、最終ラインの強化が課題だからでしょう。プレミアリーグに3バックを流行らせたコンテ監督の1年めは、33失点だった堅守のチームは、昨季は38失点を喫しており、ケーヒルやダヴィド・ルイスの後継者を押さえておきたいところです。

コンテ監督の3-4-3があまりにも眩しかったために、静かな去り際は寂しく感じられますが、少ないタッチでテンポよくボールを動かすサッリ監督の美しいサッカーを見られると思うと、やはりテンションが上がります。アザールやクルトワに移籍の噂がありますが、来季のチェルシーは大きなモデルチェンジを図るのでしょうか。ここまでは沈黙を守っていますが、サッリ就任が決まれば、新戦力獲得の話題は格段に増えるものと思われます。とりあえず、監督決定の報を待ちましょう。今季のプレミアリーグも、CL出場権を争う激しい椅子取りゲームが展開されることになりそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ