短命監督が激増のイングランド…ポチェッティーノ&クーマンに長期政権を期待します!

前稿「史上最悪!?イングランドで指揮を執る監督は「年間70人以上が解任」「賞味期限は1年2ヵ月」…!」より続きます。プレミアリーグ2016-17は、シーズン開始前に監督を代えたクラブが8つ、期中の解任が5クラブ6人。イングランドのリーグ2(4部相当)以上の92クラブでは、監督解任が51人を数え、彼らの平均在籍期間は477日となっています。例年、シーズン修了後に3~4割のクラブが監督を代えていることを考えれば、年間解任人数が80に達してしまう可能性も充分にあります。

これらの調査を実施したイギリスメディア「スカイスポーツ」は、「フットボールのマネージャーの不安定さが浮き彫りとなった」と解説しています。昨シーズンのプレミアリーグ優勝予想オッズが1対5000だったレスターを頂点に導いたクラウディオ・ラニエリの悲劇、ボロの立役者カランカの離脱について触れつつ、100日もたなかった監督としてボブ・ブラッドリー(スウォンジー)、ワルテル・ゼンガ(ウォルバーハンプオン)、ケニー・ジャケット(ロザラム)、アルベルト・カバシン&アンディ・エドワーズ(レイトン・オリエント)、ラッセル・スレーダー(コベントリー)、クリス・ベラス(ベリー)をリストアップ。「アーセナルを20年率いたアーセン・ヴェンゲルでさえ、辞任の可能性を軽視できない」と、プレミアリーグ6位に留まっている名将の名前を出して、サイクルの加速が止まらないイングランドサッカーに警鐘を鳴らしています。

さて、現在の在籍期間最長であるヴェンゲル監督が登場したところで、歴史のお話になりますが、イングランドサッカーにおいて最も長期間指揮を執ったのは誰でしょうか。プレミアリーグになってからのファンがよく知る監督では、26年半・9691日の長きに渡ってマンチェスター・ユナイテッドを率いたサー・アレックス・ファーガソンは第3位。第二次世界大戦直後から1969年まで指揮を執り、黄金時代を築いたクラブの伝説サー・マット・バスビーを798日上回っています。2位にブライトンで10135日を過ごしたチャールズ・ウェブが入り、1位は1902年から46年もWBAの舵を取ったフレッド・エヴァリスさんです。ひとつのクラブに16740日も貢献し続けた監督は、永遠のNo.1でしょう。アーセン・ヴェンゲル監督の7480日は、歴代10位。TOP50の監督で、私も含めて現在のプレミアリーグファンが名前でわかるのは、サー・ビル・シャンクリーぐらいではないかと思われます。1960年代にリヴァプールをトップクラブに復活させ、FAカップ初優勝をもたらした指揮官は、5337日で34位にランクインしています。現在のプレミアリーグでヴェンゲル監督の次に長いのが、就任してから5年も経っていないバーンリーのショーン・ダイチェ監督とボーンマスのエディ・ハウ監督(2人はバーンリーの前任・後任)では、50位に入る監督すら出てこない可能性が高そうです。

次に、クラブ別に監督の平均在籍日数を見てみましょう。最も長いクラブはマンチェスター・ユナイテッドの2324日で、2位がアーセナルの2172日。ファーガソンとヴェンゲルという2つの長期政権によって安定をもたらしてきたクラブです。現在のプレミアリーグ所属クラブで3位はウェストハムの1916日(全体5位)で、4位がリヴァプールの1714日(全体7位)。そのすぐ下に1473日のエヴァートン、ストーク1215日、ミドルズブラの1186日が続きます。浮沈が激しく、ちょうど1000日のマンチェスター・シティは全体の27位、プレミアリーグでは12位。963日のチェルシーはセインツに次ぐ14位です。プレミアリーグ勢で最下位は、クリスタル・パレスの649日。残留争いに絡むシーズンが多く、直近5年で10人の監督が名を連ねているチームは、次の監督探しが経営陣とスタッフの定期的なタスクとなっています。第二次世界大戦後の監督の人数をチェックしてみると、クリスタル・パレスが43人、スウォンジーが38人に対して、マンチェスター・ユナイテッドが11人、アーセナル14人、ウェストハム16人。当然ながら、こちらのランキングは平均在籍日数の裏返しとなります。

2年前、ロナルドクーマンとマウリシオ・ポチェッティーノの「元セインツコンビ」が、イングランドの監督を取り巻く状況の変化について語っていました。

「外国人監督が何人がいるのは、大事なことだと思う。彼らはイングランドに新しいアイデアをもたらしてくれるかもしれないからね。でも、イングランド人監督を守る必要もあるだろう。それぞれのクラブが決めることだけど」(ロナルド・クーマン)
「私がスペインやアルゼンチン、フランスにいた頃は、今みたいな状況ではなかった。プレッシャーは少なかった。アーセン・ヴェンゲルやサー・アレックス・ファーガソンのような例があった。ところが、ここで3年過ごすと環境は変わった。ヨーロッパの文化がイングランドにも浸透してきたようだ。外国から多くのオーナーがきて、メンタリティーを変えたのだろう。計画を実現するための時間はない。不寛容になった。それでもわれわれは、新しい状況に適応しなければならない」(マウリシオ・ポチェッティーノ)

監督に高額のサラリーを払えるプレミアリーグのクラブは、自国出身の監督や若い才能に長期的な強化をまかせることなく外国人監督を物色し続け、チャンピオンシップ以下のクラブが残留争いに突入すると、2人、3人とリレーのようにトップをすげ替え続けるのでしょうか。辞任監督の平均在籍日数が1年2ヵ月を切りそうなイングランドは、ルールが変わらない限り、このサイクルを続けるような気がします。短期的には悪いとはいえませんが、方針がコロコロ変わるクラブからは、若い指揮官も若手選手も育たないのではないかという懸念があります。ホームグロウン制度があるなか、中小規模クラブが場当たり的な選手起用に終始して貴重な新芽がつぶれてしまえば、イングランドは、プレミアリーグは…。若手選手の育成・抜擢がうまいポチェッティーノ監督やクーマン監督が、今のクラブで長期的な強化に成功し、他クラブにいい影響を与えてくれることを期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

史上最悪!?イングランドで指揮を執る監督は「年間70人以上が解任」「賞味期限は1年2ヵ月」…!

プレミアリーグ2016-17シーズンにおいて、開幕以降の監督交代は5クラブ6人。グイドリン監督解任の後、ボブ・ブラッドリー招聘がうまくいかなかったスウォンジーがシーズン3人めとなるポール・クレメントを連れてきており、プレミアリーグ優勝監督のラニエリを切ったレスター、パーデューからビッグ・サムのクリスタル・パレス、マルコ・シウヴァに託したハル・シティ、功労者カランカを追い出したミドルズブラが、トップを変えることで苦境を乗り越えようとしています。

クラブ数ベースで2割5分という数字は、最近プレミアリーグを見始めた方にとっては、例年よりおとなしいという以上の感想はないかもしれません。しかし、「スカイスポーツ」には、こんなセンセーショナルな見出しが踊っています。「Football manager job security at all-time low(フットボールの監督の雇用保障は史上最低)」。彼らの調査によると、プレミアリーグ、チャンピオンシップ、リーグ1、リーグ2の92クラブにおいて、2015-16シーズンに「Sacked(解任)」の憂き目に遭ったのは75人。クラブを去った監督たちの平均在籍期間は、わずか423日です。2016-17シーズンの数字に目を移してみると、解任監督は51人、在籍477日。イギリスメディアは、「7月1日までの3ヵ月で監督交代は増える見通しで、新記録となるかもしれない」と報じています。

私は、今季からチャンピオンシップのコラムを依頼されることが増えたために、ニューカッスルやブライトン・アンド・ホーブ・アルビオン、ハダースフィールド、ダービー・カウンティなどを中心に試合を観るようになったのですが、このリーグの監督交代の多さには驚かされます。2015-16シーズンは期中に15人、今季は今のところ14人。チャンピオンズリーグ優勝監督のディ・マッテオを筆頭に、ワルテル・ゼンガ、ジミー・フロイド・ハッセルバインクといった往年の名選手や、ナイジェル・ピアソン、アレックス・ニールなどプレミアリーグ経験者が容赦なく出口の扉を示されています。3月にもノリッジやウィガンなど3つのクラブが監督を解任しており、2月から1勝3分6敗と突如勝てなくなってプレーオフ出場が遠のいたダービー・カウンティは、元イングランド代表監督のスティーブ・マクラーレンを切って、ローフェット監督を招聘しました。

以下に、「スカイスポーツ」が紹介していたグラフを引用させていただきます。赤い折れ線が各シーズンの監督解任人数、青い線が辞任監督の平均在籍日数です。第二次世界大戦後の最初の年は、監督の平均在籍期間は7年。プレミアリーグが創設された1992-93シーズンは、解任監督は現在の1/3の25人、在籍期間は3年ありました。ガリー・ネビルさんが「シーズン中の監督交代はできないというルールにしてはどうか」と提言した背景には、賞味期限が2年を切った監督の労働環境悪化があります。

24/3/17,Skysports「Football manager job security at all-time low, Sky Sports study finds」より
最近5年のプレミアリーグ優勝監督で、翌シーズンも最後まで指揮を執ったのはマヌエル・ペジェグリーニ監督のみですが、彼とて期中に翌シーズンのペップ・グアルディオラ監督就任が発表され、降板前提のラストシーズンでした。同じ5年で、プレミアリーグ昇格を果たしたチャンピオンシップの監督15人を見ると、トップリーグで2シーズンめに入れたのは、ウェストハムのサム・アラダイス、ハル・シティに4シーズン在籍したスティーブ・ブルース(ただし2年めで降格)、ボーンマスのエディ・ハウ、バーンリーを率いるショーン・ダイチェのみ。首位で上がった監督は、ショーン・ダイチェだけです。クラブをリーグ優勝に導いた功労者でさえ、その1年後は幸せとはいえないのが、現在のイングランドサッカーなのであります。

監督のクビが軽くなった理由として、選手は年に2回しか代えられないのに対して監督はいつでもオッケーというルールと、クリスタル・パレスをプレミアリーグに残したトニー・ピューリスやアラン・パーデュー、スウォンジーを変えたグイドリンなど、「残留請負人たちの成功」があるのではないかと思われます。レスターを最強クラブに仕上げてラニエリに渡したナイジェル・ピアソンなど、「代えずに成功」の事例もあるのですが、変化がなかったチームは話題になりにくいため、経営者たちは「代えたほうがうまくいく」という見方に傾くのでしょう。監督と選手がもめたチームや、監督の方針に選手がついていけなくなったチームは、頭をすげ替えれば見違えるように強くなるのも事実で、この状況に対して必ずしも悪とはいえません。ただし、「現状が続けば、世界に名を轟かせるイングランド人の名将は出て来なくなる」とはいえそうです。ネビルさんが大胆なルール変更の必要を唱えたのは、そんな問題意識もあったからではないでしょうか。

こんな時代に、20年間アーセナルを率いたヴェンゲル監督の存在は貴重です。この稿、長くなりました。「スカイスポーツ」は、イングランドのクラブにおける監督の在籍日数ランキング、クラブ別の監督人数ランキングなど、おもしろいデータをいくつかまとめてくれているのですが、そちらは次稿「短命監督が激増のイングランド…ポチェッティーノ&クーマンに長期政権を期待します!」で紹介させていただきます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

堅守だけでは戦えず…プレミアリーグ最少ゴールのミドルズブラがカランカ監督を解任!

グイドリン、パーデュー、ブラッドリー、フェラン…そしてラニエリ。現地メディアの見出しに「sack」の4文字が踊ると背筋がぞくっとします。昨日、今季プレミアリーグで6人めとなる監督解任が報道されました。「Middlesbrough sack Aitor Karanka」。40歳になったばかりでミドルズブラの監督に就任したカランカ監督は、チャンピオンシップで中位をうろうろしていたチームを強化し、8シーズンぶりにプレミアリーグに引き上げた功労者。モウリーニョ監督のレアル・マドリードでアシスタントコーチを務めていた若き指揮官は、師匠ゆずりの堅守で1勝2分と好スタートを切ったものの、3ヵ月勝利なしという泥沼にはまり、最初のシーズンを乗り切ることができませんでした。

ボロの失点30は、アーセナルやリヴァプールより少なくプレミアリーグ5位。ギブソン、バラガンを中心とした守備は機能的で、アーセナルから来たチャンバースをそれなりに使いこなすあたりはさすがカランカ、守らせたらヴェンゲル監督より上なのではないかと思わせるチームづくりでした。問題は、攻撃です。デフォーしか決められないサンダーランドを5つも下回る19ゴールは、ぶっちぎりの最下位。バレンシアから借りてきたネグレドは6ゴールしか挙げられず、年が明けてからはWBA戦のPKのみ。チャンスメイカーとして期待されたガストン・ラミレスがフィニッシュで終わることは少なく、「不発の核弾頭」アダマ・トラオレが何度も縦の突破に成功しても、中央が薄くてはラストパスの出しどころがありません。

何とかして攻撃力不足を改善したかったカランカ監督は、冬の補強に不満だったと伝えられていました。チャンピオンシップのブラックバーンではゴールを量産していたものの、アストン・ヴィラにいた2015-16シーズンのプレミアリーグではパッとしなかったルディ・ゲステデと、2014-15シーズンのボロで17ゴールを決めてから伸び悩み、2年間ノーゴールのバンフォードでは足りなかったということでしょう。ほしかったのは、デフォーやジョレンテのような実力派か、スノドグラスのように1発で世界を変えられ、自らもゴールを決めるアタッカーだったのではないかと思います。スノドグラスをウェストハムに放出したハル・シティは、エヴァートンから獲得したニアッセの活躍で3勝2分4敗と巻き返し、ボロを抜き去りました。カランカ監督のチームは、後半戦のプレミアリーグで4分6敗と唯一の未勝利。1月のウェストハム戦でロングボールを多用したことをサポーターから非難された指揮官には、明らかに迷いが生じていました。FAカップ準々決勝のマンチェスター・シティ戦で敗れたのを見届けたスティーブ・ギブソン会長は、重い決断を躊躇しませんでした。

「素晴らしいチャンスを与えてくれたミドルズブラと選手たちに感謝している。サポートしてくれたファンにもありがとうといいたい。このクラブは、いつも私にとって特別な場所であり続けるだろう。ミドルズブラ・フットボール・クラブの将来が最高のものであることを祈っている」(アイトール・カランカ)

今季のプレミアリーグでは、監督交代に踏み切ったチームが明快に巻き返したケースはなく、すべて15位以下に留まっています。スウォンジーを混乱させてしまったブラッドリーは完全に失敗、17位に沈んでいるクリスタル・パレスのサム・アラダイスもうまくいっているとはいえず。1点差勝利4つを含む5勝4敗とスワンズを勝ちきれるチームに蘇生させたポール・クレメント監督と、3勝2分3敗と8試合で前半戦の勝利数に並んだハル・シティのマルコ・シウヴァ監督が評価を高めていますが、未だに降格ラインがすぐ下に見えている彼らの本当の勝負はこれからでしょう。アシスタントコーチのスティーブ・アグニュー氏が暫定監督を務めるボロは、プレミアリーグに残ることができるでしょうか。残り10試合のうち、マンチェスター勢、アーセナル、チェルシー、リヴァプールと上位との対戦を5つも残しているチームの前途は明るいとはいえません。(アイトール・カランカ 写真著作者/Christophe95)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグの2月MVPはハットトリックのハリー・ケイン、最優秀監督は初のペップ!

監督は納得、ストライカーのほうは「わかるけど他にも…」でした。プレミアリーグが選んだ2月の月間MVPは、ストーク戦でハットトリックを決めたトッテナムのハリー・ケイン。最優秀監督はプレミアリーグ3戦3勝のペップ・グアルディオラ監督です。ジョゼ・モウリーニョ、トニー・ピューリスの両指揮官と一緒にノミネートされた際に、「表彰に何の価値があるのか?勝ったから獲れる。シンプルな話だ。得点王、バロンドール…ナンセンスだ」と語っていたペップは喜んでいないかもしれませんが、自分が残してきた足跡を表彰という形でリスペクトされることでモチベーションが上がる方もいるのです。1月のプレミアリーグ21節、0-4で惨敗したエヴァートン戦からチームを立て直し、2月末までの公式戦を5勝2分で走り切った手綱さばきにファンは拍手喝采なのだとご理解いただき、仏頂面をなさらずに受けていただければと思います。

今回のペップの受賞を支えた「影のMVP」がいるとすれば、ガブリエウ・ジェズスとヤヤ・トゥレではないでしょうか。エヴァートンに敗れた直後のシックスポインター、トッテナム戦でプレミアリーグデビューを果たしたガブリエウ・ジェズスは、同じ試合からレギュラーに定着したレロイ・サネとともに最前線を活性化。スターリングもやりやすそうにプレイするようになり、チャンピオンズリーグのモナコ戦で2ゴールを決めたアグエロの復活の起爆剤となった感があります。また、自らの代理人と指揮官のトラブルを解決した後、プレミアリーグ16試合連続出場、12試合連続先発のヤヤ・トゥレがいなければ、直近10試合でクリーンシート6回という守備の安定はなかったのではないかと思います。先日のストーク戦こそ引き分けてしまったものの、マンチェスター・シティは明らかに攻守とも良化しています。チャンピオンズリーグのモナコ戦と、来週末から始まるリヴァプール、アーセナル、チェルシーの3連戦が楽しみです。

2014-15シーズンの2月は3戦4発、昨季は4戦3発。1月にエンジンがかかり始め、2月に数字を積んで3月にブレイクするハリー・ケインの「狂い咲きトレンド」は、もはや桜前線のような恒例ニュースとなってまいりました。ミドルズブラ戦でPKを決めて爆発予告を済ませた後、MVP受賞理由となったストーク戦ではブルーノ・マルティンス・インディとショークロスは、スパーズの10番を止められませんでした。針の穴を通すような先制ゴールと豪快な左足ボレーはいずれもパーフェクト。MVPにふさわしい活躍だとは思うものの、数字を見るとボーンマス戦4発を含む3戦5発のロメウ・ルカクは、チームも2勝1分でレッズに敗れたスパーズより上です(個人表彰なのは重々承知ですが)。

ノミネートされていたガブリエウ・ジェズス、WBAのDFマッコーリー、ハル・シティGKヤクポビッチも捨てがたく、3戦無失点だったマンチェスター・ユナイテッドで攻守に走り回ったアントニオ・バレンシアという選択肢もあったかと思います。「FAカップのフラム戦のハットトリックをうっかり盛っちゃった」といわれれば、しょうがねえなぁ、じゃ、それで…と返してしまいそうになりますが、3月にも取れそうなスパーズのエースよりも素直にルカクを推してあげたくなる1ヵ月でした。ともあれ、選ばれたペップとハリー・ケインが素晴らしかったのは間違いありません。マンチェスター・シティとトッテナムの関係者、サポーターのみなさん、おめでとうございます!暖かくなったら、エティハドとホワイト・ハート・レーンにそれぞれおじゃますることになりますので、どうぞお手柔らかにお願いいたします。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ