「バルサとチェルシーに負けたから解任」はさすがにペジェグリーニ監督がかわいそう…!

昨秋ささやかれていた「ペジェグリーニ監督解任説」は、プレミアリーグで調子を崩し、チャンピオンズリーグでグループステージ敗退寸前まで追い込まれていたのが理由でした。しかし、マンチェスター・シティは、アグエロの大活躍でバイエルン・ミュンヘンから奇跡的な勝利を挙げ、最終戦のASローマとのアウェイ戦を完勝。プレミアリーグでも一時はチェルシーに追いつくぐらいの快進撃をみせ、解任話は終止符を打ったはずでした。

しかし、年が明けてから今ひとつ波に乗れないマンチェスター・シティに、きなくさい話が復活しているようです。ネタ元がイギリス紙「ガーディアン」となると、笑って忘れるわけにはいかない気分にさせられます。彼らが伝えている話は、いたってシンプル。「無冠ならペジェグリーニ監督は解任される可能性あり。後任候補筆頭は、バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督」というものです。真偽のほどはともかく、こんな話が出ること自体に驚きを禁じ得ません。「チェルシーとバルセロナに負けたらクビですか⁉」と。

確かに、1月からこちらのマン・シティはいいとはいえません。プレミアリーグではアーセナルとリヴァプールに敗れ、エヴァートンとハル・シティにドロー。チェルシーには再度離され、勝ち点差は5となりました。FAカップはミドルスブラにジャイアントキリングを喰らい、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦では本拠地エティハドでバルサに完敗。今季、無冠に終わる可能性が色濃くなっています。2012-2013シーズン、マンチェスター・シティは、プレミアリーグ2位だった前任者のロベルト・マンチーニ監督をFAカップ決勝でウィガンに敗れた直後に切っているものの、マンチーニさんは3年半という期間をみたうえでの解任。その年のタイトル云々よりも、2年連続でチャンピオンズリーグのグループステージを突破できなかったことのほうが大きかったのではないでしょうか。「欧州を勝てる監督へ」という文脈のなかで招聘されたのがペジェグリーニ監督だったのだと思われますが、初年度にプレミアリーグ優勝を遂げた2年めという短い期間で、しかも敗れた相手がバルセロナ(まだわかりませんが)だとしても解任」というのは、厳しいですね。今は憶測にしかすぎませんが「このクラブならやりかねん」と思わせるところに、今回のニュースのツボがあります。

バイエルン・ミュンヘンのグエルディオラ監督は、強化部長のマティアス・ザマー氏らクラブの経営陣の一部と折り合いが悪いと伝えられていますが、契約切れならともかく、よほどのことがない限りは今季でサヨナラはないでしょう。いや、この話はむしろ、逆に考えたほうがいいのかもしれません。「グアルディオラ監督を口説ききることに成功したら、結果がどうであってもペジェグリーニ監督続投はなくなる」と。レアル・マドリードがアンチェロッティ監督をパリから連れてきたときは、それに近い形だった可能性があります。アンチェロッティさんは、「自分に声がかかったのはモウリーニョ退任表明の後」といいながら、「最初のオファーがいつだったのかは拷問にかけられてもいえない」と語っています。この手の話は、事実は永遠にわからないのでしょうが、グアルディオラ監督には、既にマンチェスターからコンタクトがあるのかもしれません。もしかすると、「マンチェスターからの電話」は2本あるのかもしれませんが。

マンチェスター・シティが無冠だった場合、監督に加えてベギリスタイン強化部長とソリアーノCEOも危ないと伝えられていますが、私が強化部長なら、「FFPで金使えないのにどないせいっちゅーねん!」と啖呵のひとつも切りたくなります。実際のところは、どうなんでしょうか。短期的な成果で監督を切り続けるのがリスクが高いことは、一時はプレミアリーグ6位まで落ちた急成長クラブの先輩・チェルシーが証明しています。いや、ほんとうにペップを連れてこられるなら別ですが。その場合は、「無冠なんて、結婚相手として許せない」ではなく、「もっといい人と結婚するから」というお話ですね。いや、それにしても…。戦略・戦術は明快かつ強力で、チームに大きな不協和音もなく、補強予算を使えなければ少数精鋭のチームをうまくやりくりできるペジェグリーニ監督は、なかなか得がたい優秀な監督だと思います


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

シティが少数精鋭?
プレミアだと最大の戦力を持っているのはシティでしょう
冬に4人目のFWに50億使ってヨベティッチを不満分子にするなど予算もあります
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/03/04(Wed)08:51:38
  • 編集

無題

上のコメントの方は、少数精鋭という言葉に反応されておりますが
この文面からするに、シティに限ったことではなく
ペジェグリーニ監督のこれまでの実績として補強予算を使えなくても
うまくやりくりが出来るということではないでしょうかね…。

私がどうこう言うのも変ですが。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/03/04(Wed)09:25:27
  • 編集

無題

シティの記事のコメントには時々、噛みつき口調の人や荒ぶってる人を見かけます。怖いですね。
  • MUFC-7
  • 2015/03/04(Wed)10:23:31
  • 編集

無題

現実に切るのが得策かどうかはさておき、この話そんな驚きですかね?

これだけの戦力抱えて、カップ戦敗退、CLGS大苦戦、プレミア、CL駄目じゃそういう話出ても何ら不思議はないと思いますけど…。
てか懸案だったCBだけでなく、DMF、プレミア屈指のCFまで捕って金使えないはいくらなんでも無理ありすぎかと。
  • PPET
  • 2015/03/04(Wed)11:25:35
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
ペジェグリーニ監督は、「各ポジション2人ずつ」を宣言して、シンクレアやナスタシッチなど選手を放出しており、チャンピオンズリーグのリスト人数削減にも対応しています。ケガ人が出てもあわてることなく、チェルシー以外の他のトップクラブよりも少ない人数で回しているという認識です。

プレミアリーグ大好き!さん>
「ペジェグリーニ監督のこれまでの実績として補強予算を使えなくてもうまくやりくりが出来る」→そうですね。やりくりはうまいですよね。

MUFC-7さん>
冷静にやりとりできることを願っています。私もネガティブな感情むき出しで書いたりはしませんので。

PPETさん>
マンガラとフェルナンドは前季の冬に時間切れで獲りそこなった選手で、ランパードは幸運もあり、ボニーはレンタルで放出もしつつの補強なので、他のクラブよりは制約条件がきつかったのは確かではないでしょうか。

無冠に終わったとしても、相手は欧州の5本の指には入れてよさそうなチェルシーと、スペインのトップクラブです。他に理由があるならともかく、単年の成績で切るというのは厳しい話だなと思いました。スペインでは3強のいずれかがが無冠に終わる可能性が常にあり、プレミアリーグも優勝争いのライバルが厳しいので。

  • makoto
  • 2015/03/04(Wed)11:43:55
  • 編集

無題

マンチェスターシティは強くなってからまだサイクルが回ってなく主力が高齢化してるのでこれからどう強さをキープしたままサイクルを回していくのか見ものですね。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/03/04(Wed)11:51:22
  • 編集

無題

以前、YouTubeの、ユナイテッドサポが試合中にモイーズを野次るチャントを歌っている動画に、シティのエンブレムのアイコンの人が"Respect to manager"? United fans are fucked(「監督に対するリスペクトだって? ユナイテッドファンは狂ってる)というコメントを残したのを見たことがありますが、似たようなものですね。まだ未定ではありますが。
  • a
  • 2015/03/04(Wed)14:30:36
  • 編集

無題

FFP違反の制約があるのは事実でも、シティって結局夏冬併せて100億以上使ってますからね。
正直これで「金使えないのにどないせい言うんじゃ」とか啖呵切られたら、個人的には速攻首でいいと思います。(笑)
  • PPET
  • 2015/03/04(Wed)15:34:26
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
そうですね。若手に少しづつ、いい選手は出てきてますが、そのまま育つでしょうか。

aさん>
おっしゃるとおり、その話は決まってからですね。ひと頃、チェルシーが監督を毎年のように変えて苦しんでいましたが、腰を据えてやってもらえる方にしないと、同じ道を歩んでしまう可能性がありますね。

PPETさん>
マンチェスター・シティの夏の支出は全体で5番めで、大量に出て行かれたという経緯があったとはいえサウサンプトンよりも低いです。一方で収入は6番めとわりと上位。ネグレドを出したり、移籍金ゼロ円の選手を引っ張ってきたりとフロントが工夫してかなりのやりくりをしています。


  • makoto
  • 2015/03/04(Wed)17:16:54
  • 編集

無題

個人的には解任もしょうがないかなって気はします。
といってもバルサとチェルシーに負けたからではなくて、同じ過ちを繰り返してると感じられるからです。昨シーズンも試合によってモチベーションの差が感じられ、格下相手に落とすこともしばしばでしたが、今シーズンはさらにひどい気がします。負けた次の試合でも覇気が感じられなかったり、選手たちを上手く把握できてないのかなと。
今のままで来シーズン以降チームのメンタル面が強化されるのかというとう~んという感じなので変化は必要だと思うし、それが監督だったとしてもおかしくはないかなと思います。
  • パチ
  • 2015/03/04(Wed)18:59:28
  • 編集

コメントありがとうございます。

パチさん>
おっしゃるような、結果とは違う判断軸があっての解任ならありだと思います。私は、昨季のモイーズ監督について、ある時期から解任したほうがいいのではないかと書きましたが、それはプレミアリーグ7位だからではなく、彼が始めた「選手の距離が離れすぎた、サイド攻撃主体の古いサッカー」の行く末に欧州で勝てるエッセンスが感じられなかったのと、主力選手といざこざがあったからです。今回の報道は「無冠なら」という結果で伝えられており、そういう見方をマスコミまでするということについて、どうなのかと書いた次第です。「サン」「デイリー・メール」なら、驚くより笑ったかもしれません。
  • makoto
  • 2015/03/04(Wed)22:00:09
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ