「チェルシーはアーセナルを見習ったほうがよい」って、クーマン監督、やめてください!

イギリスメディア「デイリー・ミラー」のこの見出しには、驚きました。「Jose Mourinho should be more like Arsene Wenger - and put Chelsea on the offensive, says Ronald Koeman(クーマン監督が発言~モウリーニョ監督は、もっとヴェンゲル監督を見習うべき。チェルシーを攻撃的に)」。クーマン監督、こんなこといっちゃってたんですね。やめてください。これぞ「火に油」です。モウリーニョ監督は今のところ沈黙していますが、アストン・ヴィラ戦直前の会見で、おもしろがった記者が話を振ってしまうのでしょう。モウリーニョ監督が売られたケンカをスルーする姿は想像できません。反論は、セインツの監督ではなく、アーセナルの監督のほうに向けられてしまう可能性大です。ヴェンゲル監督にとっては、とばっちりもいいところです。

「チェルシーは、攻めるという選択肢があるときでも守備を好む。モウリーニョは、常に守るほうを選んでいる。1-0でリードしているとき、チェルシーは次のゴールを奪うのではなくリードを保とうとする。しかし、アーセナルは相手を殺すことができる。マンチェスター・ユナイテッド戦の勝利は印象深かった。攻撃志向だからこそ、アーセナルは完全にユナイテッドを破壊できた。それもたった20分間でね。最高に素晴らしいサッカーを披露していた。チェルシーは守備的になることで、相手に復活するチャンスを与えている」(ロナルド・クーマン)

確かに、プレミアリーグ8節のチェルシーとサウサンプトンの対戦では、チェルシーがウィリアンのFKで先制点を挙げたにも関わらず、1-3と逆転負けを喫しています。しかしクーマン監督、だからといって「アーセナルに学べ」とは、乱暴、いや、天然すぎるのではないでしょうか。モウリーニョ監督のチェルシーは、対アーセナル15戦でわずか1敗。明らかに準備不足だった今年のコミュニティシールドで負けただけで、プレミアリーグでは1回もやられていません。というより、モウリーニョ監督とヴェンゲル監督の緊張感の高い関係について、昨季1年をプレミアリーグで過ごしたクーマン監督がご存じないわけはないでしょう。ヴェンゲル監督を巻き込むという意図がないなら、「チェルシーが攻撃的に来ていたら、われわれは逆転できなかったかもしれないね。あ、そうそう、話変わるけどさ、アーセナルはマンチェスター・ユナイテッド相手に凄いサッカーしたよね」と、別件にしておいていただいたほうがよろしいかと思います。

セインツ戦のチェルシーは、守りにいったのではなく、攻めあぐんでいたのです。ポゼッション60%でシュート10本という数字は、攻撃の糸口をつかめないまま持たされ、マネ、ペッレ、スティーブン・デイヴィスらの速攻にやられたという試合内容を雄弁に語っています。何かを改善するなら、アザールのトップ下投入と、アスピリクエタの右SB起用ではないでしょうか。昨季プレミアリーグMVPがドリブルで左から中に斬り込んでいくという攻撃は、対戦相手からかなり警戒されています。キープ力があるアザールを中央に置いて、ドリブルするのではなくさばきに徹してストライカーや左右のアタッカーにシュートを打たせることができれば、現状の攻撃の課題は一定解決するのではないかと思います。最近の試合を観ていていちばん気になったのは「ストライカーの孤立」でした。

セルビア代表のゲームでマティッチが筋肉系のトラブルに見舞われ(軽傷でしょうか)、イヴァノヴィッチがハムストリングを負傷しており、ピンチをチャンスに変える采配をするにはいいタイミングです。アストン・ヴィラとのゲームでは、右をアスピリクエタ、左をババとSBを固定し、ラミレスとズマでセントラルを締めるという起用もおもしろいのではないでしょうか。後ろがアスピリクエタならウィリアンやペドロは攻撃に重心を置くことができ、ズマは守備力もさることながら、攻撃に加わったときの迫力もなかなかのものです。何しろ相手は、不振の自分たちよりも混乱しているプレミアリーグ18位のチームです。新しい布陣で気持ちよく勝てれば選手たちのモチベーションが上がり、モウリーニョ監督の舌も滑らかになるのではないかと思います。

そんなわけで、クーマン監督、きっかけさえつかめば「1点を守り切れるチェルシー」が戻ってくるはずですので、あまり盛り上げないでください。ヴェンゲル監督もバイエルン戦を控えて、自分たちの仕事に専念したい時期なのです。と、いってはみたものの、ヴェンゲルさんもまた、「ロジャース監督の解任は理解できない」などとよそんちの台所に土足で入り込んでますね。もとい、トークバトルは嫌いじゃないのでOKです。どんどんいっちゃってください。とはいえ、クーマン監督の「彼はPKを欲しがっていたが、スタンフォード・ブリッジでの前半は、サウサンプトンに2つのPKが与えられるべきだったね」という挑発的なコメントは、さらに火に油。いつものモウリーニョ監督なら黙って終わらせないですよね…。続報を待ちましょう。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です
クーマン監督、言いたいこと言っていますね笑 面白いし良いんですが笑
セルビアコンビ不在のピンチをチャンスに変えて欲しいですね、本当に。ババ左アスピ右をきっかけに、何かが変われば良いんですけどね〜。ちょっとした変化でリズムを取り戻し、景気良く連勝で安定感取り戻して欲しい次第です!
  • M
  • 2015/10/12(Mon)12:12:51
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mさん>
気持ちで負けているところが大きそうなので、SBの変化で勝利をつかんでモチベーションが上がるといいですね。
  • makoto
  • 2015/10/13(Tue)13:47:56
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ