いよいよ最終節…欧州上位進出で63試合のリヴァプール、59試合のマン・シティに喝采を!

サッカー大好きリヴァプールは63試合、マンチェスター・シティは59試合。3月にキャピタルワンカップの決勝をPK戦まで戦い、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでプレミアリーグ最後の砦となった両チームは、大量の負傷者を出しながらもここまでよく戦いました。ペジェグリーニ監督のチームは、チャンピオンズリーグの出場権を失うかもしれない状況で最終節を迎え、リヴァプールはヨーロッパリーグ出場権を自力で獲得できない順位に留まっており、プレミアリーグでは思うような戦績を残せなかったところも共通しています。それぞれ、印象的だった試合をひとつずつ挙げろといわれれば、リヴァプールは大逆転でベスト4進出を決めたヨーロッパリーグのドルトムント戦。マンチェスター・シティは、全員足してもプレミアリーグ出場わずか2試合の若手5人を起用して、5-1で無残に敗れたFAカップ5回戦のチェルシー戦です。

各ポジション2名ずつを基本としたスカッドで戦うペジェグリーニ監督が、スタンフォード・ブリッジのチェルシーという難しいゲームでここまで勝負を諦めた布陣で戦うのを初めて見ました。ナスリ、サバレタ、クリシー、デルフ、ダヴィド・シルヴァらをシーズンを通じて満足に使えず、デブライネやアグエロを欠いた時期もあった指揮官にとっては、本当に苦しい1年だったのだと思います。今季のプレミアリーグは、中堅クラブの戦力底上げが著しく、今までのようにメンバーを落として勝てる試合が激減しました。最終節を前に、今季の戦いを振り返ったペジェグリーニ監督の言葉は、負け惜しみでも泣き言でもなく、「冷静な本音」なのでしょう。

「(プレミアリーグ優勝を逃した)ひとつめの理由は、レスターが最高のチームだったことだ。ふたつめは、われわれの方が遥かに多くの試合を戦ったこと。そして3つめは、チャンピオンズリーグでセミファイナルまで勝ち上がったことだ。これ自体は望ましいことではあるものの、両方の戦いを意識することになり、プレミアリーグで4位以内をめざすのが難しくなる。今季のわれわれが、レスターよりも17~18試合ほど多く戦ったことは考慮すべきだろう。欧州で戦うビッグクラブは二重のチャレンジを強いられており、それもわれわれが首位に近づけなかった理由のひとつだと思う」(マヌエル・ペジェグリーニ)

チャンピオンズリーグ準決勝、対レアル・マドリードのセカンドレグは、勝ちたい気持ちが足りなかったのではないかと思わせる内容ではあったものの、スペインの強豪相手の2試合でディフレクションによる不運なゴールしか許さず、主将コンパニを失いながらも最後の1分までサポーターに夢を残したぎりぎりの敗戦でもありました。一方で、年明け以降、チャンピオンズリーグ直後のプレミアリーグで2勝1分3敗と停滞。開幕から5連勝とロケットスタートを決めた優勝候補の苦戦は、ウインターブレイクのないスケジュールで、欧州と国内を行き来するトップクラブが今後も苦しみ続けることを示しているのかもしれません。最下位でも年間100億円以上のテレビ放映権料を得られるようになったプレミアリーグは、急激に変化を遂げているのだと思います。

イングランドで3年を過ごしてきたペジェグリーニ監督にしてみれば、「あれだけの補強費を使ったのに、この成績はないだろう」「チャンピオンズリーグとプレミアリーグを両立させなければいけないのは、アタリマエじゃないか」などといった批判があるのは百も承知でしょう。それでも、すべての大会で勝ちにいくのは難しいと語った指揮官の声には、苦しい状況をくぐり抜けてきた当事者ならではの切実さが感じられました。あらためて、ペジェグリーニ監督には、「3年間、おつかれさまでした」といいたいと思います。

ユルゲン・クロップ監督にとっては、先日のチェルシー戦が、早くも就任後50試合めでした。チェルシー戦の試合前にこれまでの49戦について問われると、こちらもまた「厳しい戦いだった」と答えています。

「われわれは6位に入ることができる。クラブにしてみればこれまで最高の成功ではないけれど、リヴァプールに関心を持っているすべての人にとって、いい兆候を感じられるはずだよ。そして、われわれはそれをベースにして改善しなければならない。私は、できると確信している。 いいシーズンにするためには、多くの物事を完璧に進めなければならない。私は来シーズンを楽しみにしているんだ。プレシーズンからね。(10月に就任してから50試合めだといわれて) キツかったね。ただ、同時に楽しんできたよ。自分が思っていたよりも早く時が過ぎていった」(ユルゲン・クロップ)

プレミアリーグでは8位と、マンチェスター勢だけではなくウェストハムやサウサンプトンにも上にいかれましたが、若手の成長を促しながら、2つの大会でファイナル進出を果たしたのは収穫でした。リヴァプールの本丸はもちろんヨーロッパリーグ制覇&チャンピオンズリーグ出場権獲得ですが、最後の最後で7位以内に入ってヨーロッパリーグ出場権をキープできるでしょうか。オジョやスチュワートなど、若手が台頭してきている状況を考えれば、戦うステージが多いほうがチーム全体の成長を促進しやすいでしょう。とはいえ、休みなしで年間63試合も戦う環境まではいらないのかもしれませんが…。

心情的には、欧州を本気で勝ちにいった2人の監督のチームが、プレミアリーグ最終節でそれぞれCLとELの出場権を手に入れて終わってほしいと思っています。WBAと戦うリヴァプール、スウォンジーのマン・シティとも、敵地でのゲームではあるものの、ぜひここは勝ち点3をゲットしていただき、有終の美を…と結べればきれいなのですが、マンチェスター・ユナイテッドサポーターとしてはそうもいっておられず。スウォンジーのグイドリン監督が、ユーロ直前だからアシュリー・ウィリアムズやシグルズソン、ファビアンスキを休ませるといったとかいわないとか。てっきり、本気でTOP10フィニッシュを狙いにいってくれるとばかり思っていたのに、マジすか!?…すみません、取り乱してしまいましたが、本日のゲームは、ヨーロッパリーグ決勝を控えたクロップ監督が、来季の出場権が懸かった最後の試合まで若手シフトするのか、スウォンジーがどんなメンバーでホーム最終戦を戦うのかに注目したいと思います。いやー。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

近年、プレミア勢のCL,ELで上位進出するチームが減りつつある中でシティ、リヴァプールの奮闘している姿はユナイテッドファンですが非常に尊敬しました。
できることならリヴァプールにはEL制覇を成し遂げて欲しいです。

  • yuto
  • 2016/05/15(Sun)13:57:25
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
今シーズンヨーロッパの舞台ではイングランド勢の結果を求められたシーズンだったと思います。
シティのCLベスト4は立派だと思います。レアル戦はいけると思ったんですけどね、、、。あとはイングランド勢最後を飾るELファイナルのレッズを期待します。
  • Macki
  • 2016/05/15(Sun)18:02:42
  • 編集

コメントありがとうございます。

yutoさん>
ですね。敵前逃亡的な負け方も多かったので、なおさらそう思います。

Mackiさん>
ぜひ、勝ってほしいです。来季、CLで見たいので。
  • makoto
  • 2016/05/18(Wed)17:03:51
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ