週明けには正式発表!?マンチェスター・ユナイテッドにモウリーニョ新監督決定報道!

ブレンダン・ロジャースのセルティック監督就任は納得でしたが、ワトフォードのワルテル・マッツァーリ招聘にはびっくりしました。ナポリやインテルを率いたイタリア人監督が、来季は第2のレスターめざしてプレミアリーグ13位のチームを指揮することになったようです。これはまた、すごいメンバーが揃いました。グアルディオラ、ヴェンゲル、ラニエリ、ポチェッティーノ、クロップ、クーマン、ビリッチ、コンテ、マッツァーリ、グイドリン…。イタリア人が4人に増えた錚々たるメンバーからチャンピオンズリーグには4人しかいけず、このなかの1~2人はTOP10にも残れない可能性大。さらにエヴァートンの椅子が未だ空いており、FAカップ優勝チームにも動きがあると伝えられています。イギリスメディア「BBC」、スペイン紙「アス」は、マンチェスター・ユナイテッドの新監督にジョゼ・モウリーニョが就任すると報道。「BBC」は、週明けには発表されるとまでいっています。ファン・ハール監督が解任されるとすれば、「プレミアリーグ4位以内をキープできなかったから」なのでしょう。

新監督のサラリーは年額1160万ポンド(約18億5000万円)、契約は3年とのこと。いやー、どうなんでしょう。マンチェスター・ユナイテッドはより強くなるはずで、悪いとは思わないものの、どうも気持ちが乗りません。不安は2つで、「アブラモヴィッチさんが警戒したジョルジュ・メンデス氏との緊密な関係」「若手を育ててくれるかどうか」です。前者は、経営陣が上手に仕切ってくれることを祈るしかありません。しかし後者は…。ラシュフォード、リンガード、フォス・メンサー、ラブ、ボースウィック=ジャクソン、アンドレアス・ペレイラ、ヴァレラ、ウィル・キーン、ニック・パウエル、ジェームズ・ウィルソン、ジェームズ・ワイヤーなど、この2~3年でプレミアリーグやカップ戦でデビューを遂げた若手選手たちに加えて、期待のトゥアンゼベもスタンバイしています。彼らが、出場機会がないままに次々とクラブを去る姿は見ないですませたいものです。

モウリーニョ新監督は、チェルシー時代のようにベテランを重視し、レギュラーメンバーを固定するチームづくりをするのでしょうか。こればかりは、始まってみないと何ともいえませんが、レスターをプレミアリーグ優勝に導いたラニエリ監督の存在が、われわれをポジティブにさせてくれるような気がします。チェルシーを率いていたとき、「テインカーマン(こねくりまわし屋)」と揶揄されていたイタリア人監督は、昨夏レスターの監督に就任すると、チームの長所をそのまま活かし、今までと違うサッカー、違うチームづくりで降格候補を頂点に立たせるという離れ業をやってのけました。人は、変わるのです。3年前、モウリーニョさんがプレミアリーグ復帰したときのチェルシーと、今のマンチェスター・ユナイテッドは状況が違います。モウリーニョさんがラニエリ監督のように新しいチャレンジを志したとき、マンチェスター・ユナイテッドは、1990年代のサー・アレックスのように、結果を残しつつ未来への期待も感じられる輝かしいクラブに戻れるかもしれません。


スペイン紙はともかく、「BBC」が報じているとなると、笑ってスルーするわけにもいきません。先のFAカップ決勝戦レポートで、「プレミアリーグ4位よりもタイトル」と書いたのは、ファン・ハール監督が契約解除となった際に、この2年の苦闘の末に目に見える結果を残してほしかったからでもあります。動脈硬化を起こしていたチームに手術を施し、若い選手を続々とトップチームに上げてくれた指揮官との別れが、残念な結果だけになるのがしのびなかったのです。一方で、あの「ザ・サン」が、ファンハール強化部長、モウリーニョ監督の二頭体制となるとぶち上げています。メディアがメディアなので、怪しさ100%ではありますが、これは実現したらおもしろそうです。「BBC」のモウリーニョ監督就任か、「ザ・サン」が主張する2トップか、あるいはいずれも空振りか。何がどうあれ、決まったら歓迎します。全力で応援します。週明けの続報を、明るく待つことにいたしましょう。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

流石に決まりっぽいですね。
マンチェスターにペップとモウリーニョがいることになるんですね。
ペップにはまたストレスフルな監督生活になるでしょう。
ユナイテッド・モウリーニョが金を湯水のごとく使って強化するのが目に見えてわかります笑
マタはサヨナラですかねー
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/05/22(Sun)10:43:14
  • 編集

無題

マッツァーリがワトフォードですか汗
ナポリ時代のカバーニ&ラベッシ&ハムシクの高速カウンターがディーニー&イガロ再現されるわけですね…楽しみすぎる
ファン・ハールが撃沈した3バックを是非成功させて頂きたい。
  • por
  • 2016/05/22(Sun)12:18:40
  • 編集

無題

むしろ2期目のチェルシーでは、ランパード、アシュリーコール、チェフなどのベテランを若い選手に代えて難しいレジェンドの世代交代をモウリーニョはしたと思います。マタはベテランではありませんがそれもふくめてモウリーニョでなければこの世代交代はもっと反発がありスムーズにいかなかったでしょう。
なのでベテラン偏重とは違うと思いますが、レギュラークラスの実力者が試合に出れるコンディションならば必ず使うという傾向はあるでしょうか。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/05/22(Sun)12:22:53
  • 編集

無題

プレミアの監督バブルどうなってるんですかね〜。厳しすぎですよ。
しかし、ユナイテッドは最近のアカデミーが好調なのもあっていい若手が出てきますね。羨ましい。うちはある程度、収穫しきった感があるので、つぎの突き上げ待ちですね。
  • リバサポ
  • 2016/05/22(Sun)15:13:23
  • 編集

無題

この件については、まだ正式に決まっていないのであまり深く言うべきではないのでしょうが気になるのはマタです。
モウリーニョさんが監督に就任したとして、過去に戦力外とした選手を再び起用するのかは興味があります。
ただの勘ですがマタはユナイテッドに残って、来シーズンも主力としている気がします。
シティでも同じような境遇のヤヤは出て行くと思うのですが・・・
  • yuto
  • 2016/05/22(Sun)21:14:57
  • 編集

無題

未来あるチーム作りをしてくれる事を祈るばかりです。彼はユナイテッドが好きって話をメディアで見かけました。サー・アレックス・ファーガソンを尊敬するコメントも幾つか残していました。心理は読み取く事は出来ませんが、もし本心からファーガソンを尊敬しているのなら、彼が作り上げたユナイテッドの哲学を壊すことはしないはずです……。彼の監督キャリアからしてもここで自分の哲学を少し変えるのは、新たな監督としての道を開く事になる絶好の機会ですし、ユナイテッドには彼が変わる事が可能な下地のあるクラブです。失敗から学ぶと信じています。

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
おっしゃるとおり、マタが心配です。マンチェスター・ユナイテッドは、ストライカーとCBを補強するだけでも相当強くできるとみており、3年連続の大型補強はいらないのではないかと思ってます。

porさん>
脅威ですよね。決してコンセプチュアルとはいえない多国籍軍でも、エヴァートンと勝ち点差がさほどないところまでいったので、マッツァーリさん招聘でさらに上が狙えそうです。

プレミアリーグ大好き!さん>
チェフは世代交代ではなく、クルトワと2人体制にしようとしてかなわなかったという認識で、ランパードはジェラードやアルテタがそうだったように、軸として期待できる状況ではなくなってしまったからであり、世代交代を進めたというニュアンスとは違うのではないかと思います。私がベテラン偏重と書いたのは、エロー、ドログバ、ファルカオを次々と獲ってルカクを出してしまったFWや、デブライネに期待を持たせてあげられなかったこと、次世代のDFをズマしか出せなかったことなどを指しています。ユースが強いチームだったので、もう少し下から有望な選手を上げられたのではないか、と。

数年前のマン・シティのように、年齢が高めでも主力が素晴らしい活躍を見せられる状況であれば、ベテラン重視もありだと思います。若手を使う、育てるというのは手段であり、目的ではありませんので。ただし、今のマンチェスター・ユナイテッドなら、20代後半~30代の選手を持ってきて若手をベンチに寝かせてしまうのはマイナスが大きいという懸念があります。サー・アレックス・ファーガソンの直後にモウリーニョさんなら、私は盛り上がっていたでしょう。「ベテラン重視=悪」「モウリーニョさんは絶対なし」とは思っていないことだけ、添えさせていただきます。彼が世界有数の説得力ある監督であることは間違いありません。

リバサポさん>
監督バブルですね!レッズも、オジョとスチュワート、ブラナガンなどは楽しみですね。

yutoさん>
私も心配ですが、マタ自身も変わりましたので、モウリーニョさんといいタッグが組めるといいですね。

mufc7さん>
とても共感します!頭のいい方なので、もし決まったら新しいクラブにフィットしたチームづくりをしてくれることを願っています。
  • makoto
  • 2016/05/23(Mon)10:38:52
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好きさん>
失礼しました。舌がまわらず、かみました。エローではなくてエトーです。
  • makoto
  • 2016/05/23(Mon)19:42:27
  • 編集

無題

いやいやズマだけじゃないアスピの左コンバートの成功も凄いいい仕事。彼も若かったし。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/05/23(Mon)20:58:29
  • 編集

無題

アスピもしょうがなく使ってた感じがあったような、、、

しっかり残せたのはズマだけだと、同じ認識をしています。
  • おハム
  • 2016/05/24(Tue)14:41:08
  • 編集

無題

左本職のアシュリーコールがいて怪我とかでもなかったのに、アスピに代えたんであれはちゃんとした決断だった思われます。
またファンファールがそうなように、仮に苦肉の策だったとして、それは何ら評価が落ちることにはなりませんし。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/05/24(Tue)22:55:52
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
若手の抜擢、ベテラン偏重というテーマだったのですが、実績ある選手のコンバートと論点がずれてらっしゃるように思います。私が、モウリーニョさんがよくない仕事しかしていないと書いたのならわかりますが。いい仕事といえば、レミ・ガルドがアイェウを前で使ってウェストハムに引き分けたのも、いい仕事です。

おハムさん>
同感です。フェリペ・ルイスを獲ったのはバックアッパーではなく、課題を感じていたからですし。
  • makoto
  • 2016/05/26(Thu)17:28:43
  • 編集

無題

アスピがモウリーニョの左コンバートによってネビルからプレミア1のディフェンダーと言われた位存在感を増したのは確かですね。そしてその左コンバートは「ベテランから若い世代交代」として成された、と。偏って重んじると書いて偏重ですから、ベテラン「偏重」ならそんなことしないでしょう。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/05/27(Fri)00:12:38
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ