6連敗で指揮官解任の噂も…クリスタル・パレスを巣食う「パーデュー・シンドローム」はいつ終わる?

そろそろ、この話題が盛り上がってくるのではないかと思っておりました。イギリスメディア「デイリー・ミラー」の見出しは、「Mancini eyeing Crystal Palace job as pressure intensifies on Pardew(マンチーニは、パーデューへのプレッシャーが強まっているクリスタル・パレスの仕事を視野に入れている)」。プレミアリーグ開幕からの7試合は3勝2分2敗で8位だったクリスタル・パレスは、ジェットコースターのような6連敗で一気に17位。ベンテケ、パンチュン、ザハ、タウンゼント、キャバイェ、ウィッカムを擁して、降格ゾーンのハル・シティと同勝ち点という戦績は笑って許されるわけがありません。パーデュー監督には解任説が囁かれるようになり、ロベルト・マンチーニは後任候補のひとりであろう、というお話です。

プレミアリーグ5位の21ゴールは、既に5ゴールのベンテケと、パイェに次ぐクロス本数94本のタウンゼント獲得が正しかったことを物語っており、クロス数No.1を誇るサイド攻撃は機能しています。問題は守備です。26失点は、最下位ハル・シティと2点差で下から2番め。そのうち18失点を6連敗中に喫しており、10月以降のクリスタル・パレスを端的にいえば、「2点獲って3点獲られるチーム」。なぜ、こんなことになったのでしょうか。昨季からの経緯を平易に語れば、こうなります。

2015-16シーズンを15位で終えたクリスタル・パレスは、得点39で失点51。失点数は7位ウェストハム、8位リヴァプールとさほど変わらず、数字だけ見れば問題はプレミアリーグ17位の得点力のほうにあります。前線にベンテケとタウンゼントと代表クラスを足し、後ろはウェストハムから獲得したトムキンスとGKマンダンダのみという補強は一見、妥当です。しかしこれは、「森を見て木を見ず」だったのかもしれません。このチームの根本的な問題は、攻撃と守備がそれぞれどうこうではないところにあったのではないでしょうか。みなさんは、「パーデュー・シンドローム」という症状をご存じ…なわけはないですね。私が秘かにそう呼んでいるだけですので。これは、3年に1回周期的に襲ってくる奇病で、パーデュー監督のチームは、ある日突然まったく勝てなくなるのです。

2006-07シーズンのウェストハムで8連敗。2008-09シーズンのチャールトンと2011-12シーズンのニューカッスルでは8試合勝利なし。昨季のクリスタル・パレスはさらに重症で、ボクシングデーからの14試合を5分9敗と勝利なし。5連敗で始まった年明けからの12試合で全体の半数以上となる26失点を喫しており、それでも降格しなかったのですから、1試合平均1失点以下だった前半戦がいかに素晴らしかったか。ちなみにニューカッスル時代の8戦未勝利は、開幕11戦無敗の後でした。あまりにも極端な天国と地獄が交互にやってくるのが、パーデュー軍団の常なのです。

最大の理由は、「見た目インテリ、中身は武闘派」のパーデュー監督が、チームが悪くなってもやり方を変えずに、選手に一層のファイトを求めるからでしょう。機会あれば、5-4の撃ち合いで敗れたプレミアリーグ13節、スウォンジー戦の追加タイムを見ていただければと思います。3-4でリードして90分を終えながら、追加タイムにジョレンテに2発喰らって大逆転負けとなったゲームだったのですが、クリスタル・パレスの守備陣は完全にパニックに陥っていました。決勝ゴールのシーンを平易に描写すると、「FKから最前線に出たロングボールをヘッドで落とされ、落下点に入ったジョレンテがプッシュした」となるのですが、DF4人がジョレンテを囲みながら誰も当たりにいかず、その後方ではスワンズの選手が2人もフリーになっていました。熱血監督が気合いを注入すると、いいときは選手が実力以上のパワーを絞り出して勝ち続けるのですが、糸がぷっつり切れるとピッチをさまようゾンビ状態になります。そんなチームにアイデアを授けず、さらに気合いを注入したら…膨らみ過ぎたものはいつか弾けるのが、世の慣わしです。

さて、Xデーはいつでしょうか。…すみません、誤解を招く表現でした。私が申し上げたいのは、「パーデュー解任の日」ではなく、「パーデューシンドロームがおさまる日」のほうです。今週末は、ホームながらも相手はセインツ。EFLカップでアーセナルに完勝し、意気が上がる堅守のチームからは勝ち点1が精一杯ではないでしょうか。となると、15節の「逆シックスポインター」ハル・シティ戦ですね。これを逃すとマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーと続き、いよいよ解任Xデーという話になってしまいそうです。いや、その前に、ハル・シティに完敗したら…。

ここは何としても勝ってください。毀誉褒貶ありながらも、好調時には素晴らしいサッカーを見せてくれる名物監督には残っていただきたいのです。とにかく気合いで…と、これがいけないんですね。冷静なラインコントロール、的確なポジショニングによる今季プレミアリーグ初のクリーンシート勝利を期待しております。「パーデュー・シンドローム」は、ネーミングが地味ですね。ここはひとつ、時流に乗って「Panic of Premier-league by Alan Pardew」はいかがでしょう。四文字で略すと…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

早く落ちてもらいたいです
  • おはむ
  • 2016/12/02(Fri)16:19:41
  • 編集

コメントありがとうございます。

おはむさん>
どうなるか、まったくわかりませんね…。
  • makoto
  • 2016/12/05(Mon)10:35:27
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ