今季最後か!? 降格危機のサウサンプトンがペジェグリーノ監督をついに解任!

プレミアリーグ2017-18シーズンにおいて、最後の「sacked」でしょうか。3月12日、サウサンプトンがマウリシオ・ペジェグリーノ監督の解任を発表しました。セインツといえば、2012-13シーズンに「残留という低い目標しか掲げられない」という理由で、リーグ1(3部相当)で停滞していたクラブを2年でプレミアリーグに復帰させた功労者のナイジェル・アトキンスを途中解任したクラブです。昨季もまた、プレミアリーグの全日程が終わると「戦術が守備的すぎる」として8位フィニッシュだったクロード・ピュエル監督との契約を打ち切っています。TOP10にいたクラブを5勝13分12敗の17位に落としたペジェグリーノ監督は、次のシーズンがないのはもちろん、今季も最後まで持つかどうかわからない状況でした。

こう書くと、セインツは指揮官に短期的な成果を求めるクラブのように受け取られるかもしれません。実際は、ポチェッティーノ監督時代に大真面目にチャンピオンズリーグ出場を目標としていたクラブであり、「目の前の結果」ではなく「要求が高い」というニュアンスのほうがしっくりきます。そんな彼らは、今季は相当我慢したという認識です。11月29日のプレミアリーグ14節でマンチェスター・シティに敗れてから、17試合で1勝9分7敗という大混乱。「ポストファン・ダイク問題」「ストライカーの不振」「レドモンドの空回り」ことが主な理由だと思われます。

ファン・ダイクという大きな柱を失ったのは、実質的には足首を痛めて長期離脱に入った昨季の22節でしょう。吉田麻也の奮闘と若いスティーブンスのブレイクで、その後の16試合を22失点で切り抜けましたが、ウェズレイ・フートを獲得した新シーズンはCBに悩み続けました。9月末に復帰したファン・ダイクはコンディションが上がらず、それでも吉田麻也&ファン・ダイクで戦う試合が多かったこともあって、フートはプレミアリーグにフィットするのが遅れました。昨季はがんばっていたスティーブンスも、いつ出番がくるかわからない状況のなかで、同じクオリティをキープできず。中盤にユヴェントスからレミナを獲得し、悪くない船出に見えた新チームは、堅守だったクーマン時代とは別なチームになってしまいました。

攻撃面では、チームの戦い方に合ったストライカーを呼べなかったのが大きいのではないでしょうか。あるいは、「ペジェグリーノ監督が自らの色にチームを染められず、半ば前任者踏襲の中途半端なスタイルで戦ってしまった」という表現が的確なのかもしれません。2016-17シーズンのプレミアリーグで、セインツはリーグNo.1の947本のクロスを入れています。今季も1位のトッテナムに10本差に迫る2番手。バートランド、セドリク・ソアレス、タディッチ、ウォード=プラウズらがひたすら中央にクロスを上げるなら、クーマン時代のグラツイアーノ・ペッレのような高くて強いストライカーがいたほうがチャンスは増えるでしょう。期待されていたチャーリー・オースティンは年末の1ヵ月しか活躍できず、ラインの裏を突くボールと脇からのグラウンダーが好きなガッビアディーニを活かすパサーはいませんでした。クーマン監督の下で2ケタゴールをゲットしたシェーン・ロングも、21試合1ゴールと完全に沈黙してしまいました。

昨季はプレミアリーグ37試合7ゴールと素晴らしかったレドモンドは、中に斬り込んでくる怖さを失い、ここまでノーゴール。守備も攻撃もクオリティが落ちたセインツは、もっと早く決断をしてもよかったのかもしれません。「BBCラジオ5」でコメントを求められたクラブOBのフランシス・ベナリ氏は、ホームで敗れて9戦連続勝利なしとなったクリスタル・パレス戦の後がそのタイミングだったのではないかと指摘しています。停滞が始まって3ヵ月、ピッチ上の世界を何も変えられなかった指揮官が解任の憂き目に遭うのはやむなしです。

2015-16シーズンにプレミアリーグ6位でフィニッシュし、EL出場権を獲得したときのメンバーが数多く残っているクラブだけに、戦い方さえ明確になれば残留争いからは脱出できるはずです。次の監督は誰になるのでしょうか。ああ、あと2ヵ月ジャッジが早ければ、プレミアリーグで36勝15分25敗とクラブ史上最高の戦績を残した現オランダ代表監督を復帰させられたかもしれません。後任は、見慣れた残留請負人でないことを祈っております。パーデュー、アラダイス、ポール・ランバート、モイーズ、ホジソン…そろそろ誰がどこで指揮しているのか混乱し始めておりまして。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
セインツの今後の相手チームは、スワンズ>ハマーズ>ガナーズ>チェルシー>レスター>ボーンマスと厳しい相手が続きますね。私はピューリスと思いましたがボロの監督してましたね、、、。個人的見解ですが、何気にセインツの降格の確率が高いのではないでしょうか、、、。
  • Macki
  • 2018/03/14(Wed)11:46:01
  • 編集

無題

お疲れ様です。
結果を残してもいないのに毎回再就職出来てしまうこの悪しき習慣をいつも悲しく思っています。
降格まっしぐらのウェストブロムや解任どころの騒ぎではないウェストハムなどまだまだ解任候補がいますね...
  • テムズアイアンワーカー
  • 2018/03/14(Wed)12:34:42
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ