物議を醸したマルセロ・ビエルサの「ゴールお返し」。現地のファンは賛否イーブン!

確かに、アンフェアではありました。2019年4月28日、エランド・ロードで行われたリーズ・ユナイテッドVSアストン・ヴィラ。問題のシーンは、0-0の72分にヴィラのFWコジアが足を引っかけられて負傷したのが発端でした。プレイをやめるようアピールしたヴィラの選手に対して、リーズの最終ラインはパスをまわして突破口を探しています。ハイテンションのままで続けていれば、少なくとも乱闘騒ぎはなかったかもしれませんが、左サイドのタイラー・ロバーツがプレイを止める素振りを見せた後に縦パスを通したことで、話がややこしくなりました。フリーで中央に斬り込んだマティウシュ・クリヒが豪快に右隅に叩き込んだ瞬間、アンフェアだと怒り狂ったフリハンが胸倉をつかみ、プレミアリーグではめったに見られない大乱闘が勃発しました。

リーズMFベラルディとヴィラのCBタイロン・ミングスが、「殊勲の先制ゴール」を決めたクリヒをフリハンから引き離しますが、左サイドで別なもみ合いが続き、レフェリーは混乱を収拾できません。ピッチの中央ではコジアが治療を受けており、タッチラインの外ではヴィラでアシスタントコーチを務めるジョン・テリーが両手を広げて抗議しています。ラインズマンの報告を受けたレフェリーがヴィラのエル・ガジに近づき、レッドカードを提示。アウェイチームは、到底納得できない失点と退場者ひとりという大きなビハインドを抱え、試合は再開されようとしていました。

そのとき、リーズの指揮官マルセロ・ビエルサは、ピッチの脇に立って大声で選手たちに指示を出していました。この試合に勝てば、最終節を残して2位シェフィールド・ユナイテッドとの勝ち点差は3ポイントとなりますが、得失点差は10以上開いており、プレーオフなしのプレミアリーグ昇格はほぼ絶望的です。それでも、この状況に立たされた多くの監督が、そのまま勝利をめざすでしょう。ルール上は明確にゴールです。フェアプレー云々という批判に耳を塞いで、20分ほどの残り時間をやり過ごせば、最終節の奇跡に一縷の望みを託すことができるのです。

モハマディとアドマーが、キックオフをしようとしています。ビエルサ監督は、念を押すように選手たちを怒鳴りつけています。彼の意向は、相手チームの耳にも届いていたのでしょう。ホイッスルが鳴った直後に2人の選手はぴったりくっついて並走し、アドマーがドリブルでボールを前に進めます。指揮官の厳命を受けたリーズの11人は誰も動かず…いや、ひとりだけ反抗する選手がいました。CBヤンソンがアドマーをチェックしますが、GKカシージャは持ち場を離れており、無人のゴールに1-1となるシュートが転がります。

ベンチに抗議するヤンソンをアドマーが後ろから小突き、またもエラント・ロードに不穏な空気が流れますが、ここでもベラルディが味方を落ち着かせ、次のキックオフが行われました。その後リーズは勝ち越しゴールを得られず、シェフィールド・ユナイテッドのプレミアリーグ昇格が決まりました。経緯はどうあれ、手に入れたリードを返上してドローに終わるリスクを受け入れるという決断は、誰でもできるものではありません。試合後、現地メディアの記者に「みなさんが見たまま。あれが事実であり、すべてだ」と語った指揮官は、フェアプレー精神なのか事態の収拾を図ったのかと問われると、「私にはその2つの違いがわからない。同じことだ」と返しています。

「イングランドサッカーは、気高いプレーをすると世界に知られているだろう」

多くのメディアに「変人」と書かれ続けたビエルサ監督は、昨夏にリーズのオファーを受けてからも、数々のエピソードを紹介されています。「芝の長さに異常にこだわる」「選手たちに毎日3時間もトレーニング施設を掃除させる」「練習場に自分のベッドルームとキッチンを設置」…!年明け早々、ダービー・カウンティの練習場に派遣したスパイを発見された際には、「20年来やってきたこと。ランパード監督にフェアじゃないといわれたが、私にとってはフェアとか正しいとかは重要なことではない。しかし彼らがそういうなら、それが大事だ」と事もなげにいってのけています。フットボールで勝つためなら何でもやろうとする貪欲さと、揉めたときには相手の言い分をあっさり通す軟弱外交のアンバランス…今回も、これぞビエルサ!と叫びたくなる痛快なシーンを見せてもらいました。

「スカイスポーツ」が土曜日に放映している「Soccer AM」の公式ツイッターが、この件についてファンにアンケートを実施しています。「リーズがプレイを続行してゴールを決めたのは正しいといえるか」は、59%がイエス、41%がボールを外に出すと回答。「If you were Marcelo Bielsa, would you have made your team let Aston Villa score?(あなたがマルセロ・ビエルサだったら、ヴィラにゴールを決めさせるか)」という問いに対しては、50:50と真っ二つに分かれました。「レフェリーが止めていないので、リーズのプレー続行はおかしくない」というのは正論なのですが、ロバーツが止めようとしたという1点で「外に出す」のほうに手を挙げたくなります。

WBAが最終節で勝ち、リーズが負ければ、4位と5位がぶつかるプレーオフ1回戦はリーズVSヴィラというドローです。ホーム&アウェイのファーストレグでリーズが0-1で敗れ、次戦で同じシーンがあったら、マルセロ・ビエルサはプレミアリーグ昇格よりもフェアプレーを優先するのでしょうか。きっと、するのでしょうね…。そのときは、指揮官に反対するのはヤンソンだけではなさそうですが。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ベストメンバーを決められず…不振のフラムがクラウディオ・ラニエリ監督を106日で解任!

2018年11月14日にフラムの監督に就任してから、わずか106日。プレミアリーグ16試合で3勝3分10敗という冴えない戦績しか残せず、クラウディオ・ラニエリは解任となりました。レスターをプレミアリーグ制覇に導いた堅守の再現を期待されたものの、クリーンシートは2試合のみ。2月は4連敗でゴールは1発のみ、失点10といいところがありませんでした。

フラムが獲得した昨夏の新戦力は総勢11人。セヴィージャGKリコ、ニースで活躍していたジャン・ミシェル・セリとル・マルシャン、クラブレコードの2230万ポンドで連れてきたマルセイユのアンギッサ、ドルトムントで出場機会を失っていたシュールレなど錚々たる顔ぶれを揃えました。プレミアリーグをよく知るモーソン、チャンバース、フォス=メンサーも獲得。チームづくりに時間がかかると思われましたが、基本の布陣が固まれば、彼らはいずれ中位に進出してくるはずと注目されていました。

ところが、開幕からの12試合は1勝2分9敗の最下位と想像以上の大苦戦。プレミアリーグ6連敗と泥沼にはまったスラヴィシャ・ヨカノヴィッチ監督が解任された後、守備戦術に長けたラニエリを招聘したのは、妥当な判断に見えました。戦力は充分。チャンピオンシップでセンセーションを起こした18歳の怪物ライアン・セセニョンや、前線でポストとして機能するアレクサンダル・ミトロヴィッチはさらによくなるはずでした。

初陣のセインツ戦を逆転で制したラニエリは、チェルシーには完敗したものの、古巣レスターとは1-1のドロー。クリスティ、オドイ、チャンバース、ル・マルシャンを最終ラインに据え、シュールレとセセニョンにサイドを託した4-2-3-1に必要だったのは、場数だけだったのではないでしょうか。しかしラニエリは、ここからチームをいじり始めます。マンチェスター・ユナイテッドに4発喰らって敗れた試合は、ジョー・ブライアン、リーム、モーソン、オドイと3枚をチェンジ。この顔ぶれをベースに3バックにシフトしてニューカッスル、ウルヴスに引き分けたチームは、ハダースフィールド戦を1-0で制していよいよ浮上かと思いきや、すぐに新システムも機能しなくなり、元の4バックに戻すことになりました。

最終ラインと中盤センターが落ち着かなかっただけでなく、ラニエリ監督は前線にも問題を抱えていました。23歳の悪童カマラは、ハダースフィールド戦でミトロヴィッチからPKを奪って指揮官を激怒させると、ヨガセッションの講師に対する失礼な態度を咎めたミトロヴィッチと大ゲンカ。1月下旬にスタッフへの暴行で逮捕され、チームから外されてしまいました。

マルコヴィッチ、バベル、ノルトヴェイトとプレミアリーグ経験者を集めた冬の補強は、バベル以外は効果的だったとはいえません。最後の試合となったセインツ戦は4-3-1-2で、逆転勝利した最初のチームとはまるで別物。この形では、ライアン・セセニョンなどサイドのタレントを起用できるポジションがありません。2-0で完敗したラニエリ監督には、もはや改善策は残されていませんでした。サポーターから、「自分が何をしているのかわかってない」という痛烈なチャントを浴びせられた指揮官は、4ヵ月ももたずに解任という結末を迎えることになりました。

後任は暫定ながら、クラブOBのスコット・パーカー。プレミアリーグ369試合24ゴールという輝かしいスタッツを残し、イングランド代表のキャプテンまで務めた人格者は、アシスタントコーチからの昇格というチャンスを活かすことができるでしょうか。チェルシー、レスター、リヴァプール、マンチェスター・シティという厳しい日程をこなさなければならない38歳の指揮官は、残り10試合で残留ゾーンとの10ポイント差をひっくり返すという難易度の高いミッションを与えられています。時すでに遅しという言葉がぴったりの状況ですが、果たして…!初陣は、こちらも古巣となるチェルシーとのロンドンダービーです。注目しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

スコットランド王者からレスターへ⁉ ブレンダン・ロジャースは現在、交渉中!

リヴァプール時代にプレミアリーグ初制覇寸前まで上り詰めたあの監督が、スコットランドから戻ってくるという話が盛り上がっています。ブレンダン・ロジャース、46歳。「BBC」は、セルチックで7冠を獲得した北アイルランド出身の指揮官がレスターの新監督に就任する見通しと報道。その動向をライブブログで追いかける熱の入れようです。ロベルト・マルティネスの精神を受け継いだスウォンジーで、ハイテンションなパスサッカーを展開したロジャース監督は、速攻主体のチームを改革するのでしょうか。彼の名前を目にするたびに、2013-14シーズンの熱狂と痛みが胸を去来します。

ワトフォード、レディング、スウォンジーで指揮を執った後、2012年の夏にレッズにやってきた若き指揮官は、初年度の冬にダニエル・スタリッジとフェリペ・コウチーニョを迎え入れました。2年めのシーズンは、開幕からSAS(スアレス・アンド・スタリッジ)が2トップ。スターリング、ジェラード、ヘンダーソン、コウチーニョと中盤にも実力者と注目の若手を揃えた攻撃的なチームは、後半戦でブレイクします。25節から35節までプレミアリーグ11連勝、残り3試合まで14勝2分と負けなし。2月8日のアーセナル戦を5-1で圧勝すると、6試合連続で3ゴール以上を記録するなど、大爆発という表現がぴったりの快進撃でした。

35節まで首位に立っていたレッズは、最後の3つを2勝1分なら優勝でしたが、スタンフォード・ブリッジで行われた36節のチェルシー戦で事件が起こります。ジェラードのスリップからデンバ・バにに独走の先制点を許し、2-0完敗。得失点差でマンチェスター・シティに抜かれたチームは、0-3でリードしていたクリスタル・パレス戦を79分からの3失点で追いつかれ、千載一遇のチャンスを逃しました。シーズン終了後にスアレスがバルセロナに移籍し、2014-15シーズンは6位。次のシーズンも序盤戦で3勝3敗2分の10位とつまずき、ついに解任となってしまいました。

あれから、3年半。ユルゲン・クロップが後を継いだチームは、チャンピオンズリーグのファイナリストとなり、ロジャースが果たせなかった夢に向かって突き進んでいます。一方、レッズを離れた指揮官のほうは、セルチックに招聘された初年度にスコティッシュ・プレミアリーグで無敗優勝という快挙を成し遂げ、トレブル達成。昨季も2シーズン連続となる3冠をゲットしており、グラスゴーでできることはやり尽くした感があります。彼はレスターに来るのでしょうか。ラニエリが奇跡を起こしたクラブに、何を求めるのでしょうか。「BBC」のライブブログは、「ブレンダンの望みを聞き入れ、非常にしぶしぶながらレスターと話す許可を与えた」とセルティックが発表したと伝えています。

「スコットランドを制圧した40代の監督のネクストステップがレスターなのか」という疑問はありながらも、彼がプレミアリーグに戻ってきたら、盛大な拍手で迎えたい気分です。「月曜日の夜に議論があり、元リヴァプールのボスであるロジャースはミッドランドにいる。解任されたピュエルのリプレイスのための取引は、決定に近づいている」。現地メディアの報道を見ていると、両者の思惑に大きなギャップがなければすんなり決まりそうな雰囲気です。本日のプレミアリーグ28節でレスターはブライトンに競り勝ち、ホームでの連敗を4で止めました。彼が早期に決断したら、復帰戦はヴィカレージ・ロードでワトフォードです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「次の解任監督予想」で常に上位…レスターがホーム4連敗のクロード・ピュエルを解任!

土曜日のプレミアリーグは、バーンリーVSトッテナムを観たら終わりと考えていたのですが、これこそ虫の知らせだったのでしょう。レスターとクリスタル・パレスまで押さえたのは、ホーム4連敗を喫したらレスターの経営ボードが動くという予感があったからでした。1-4で完敗した試合の後、私は観戦記にこう記しました。「ブックメーカーで解任候補としてのオッズがマウリシオ・サッリの次に低いクロード・ピュエル監督は、次節のブライトン戦で指揮を執れるでしょうか」。心配は、現実となりました。2015-16シーズンのプレミアリーグ王者は、年明けから1勝1分6敗という不振に陥っていた指揮官を解任すると発表しました。

最後に勝ったのは、ニューイヤーズデイのエヴァートン戦。1月6日のFAカップ3回戦でリーグ2(4部相当)のニューポートに2-1で敗れると、その後のプレミアリーグで1分5敗と勝利なし。ウルヴス戦は93分にジョッタに決められ4-3で惜敗し、トッテナム戦でも91分にソン・フンミンにやられ、最後のクリスタル・パレスとのゲームでも90分にザハに独走を許しました。年末のカーディフ戦で、92分にカマラサに決勝点をゲットされたのも勘定に入れると、8試合のうち4試合で90分台に失点しています。ジョニー・エヴァンス、ソユンチュ、ゲザル、オルブライトン、イヘアナチョ、岡崎慎司など、サブの戦力が充実していたチームは、サブを使う戦術が充分ではありませんでした。

ピュエル監督率いるレスターの最大の特徴は、若い選手が育っていたことでした。チルウェル、ソユンチュ、デマライ・グレイ、ジェームズ・マディソン、ハーヴィー・バーンズ、ティーレマンス、エンディディ、チョードリー、イヘアナチョと22歳以下が9人!チェルシーとマンチェスター・シティを連破した絶好調の年末には、それぞれ4人のヤングスターが先発に名を連ねていました。フランス人指揮官は、彼らの開花を夢見ていたのではないでしょうか。1月にWBAから復帰したハーヴィー・バーンズは、ゲザルやイヘアナチョ、オルブライトンを差し置いてレギュラーの座を獲得していました。

一方、フランス人指揮官が果たせなかったのは、守備の立て直しとプランBの構築でした。ウェズ・モーガンのリーダーシップによって年末まで安定していた守備は、マグワイアの相棒探しとなった年明けから落ち着きを欠くようになりました。イヘアナチョはプレミアリーグ23試合1ゴール、岡崎慎司は17試合ノーゴール、デマライ・グレイは途中出場の8試合でゴールなし。後半からの登場でも結果を出すのは4戦3発のヴァーディーのみで、戦い方を変えることで勝ち点をゲットすることができないチームでもありました。

もうひとつ、興味深いデータがあります。12月のプレミアリーグで勝ったチェルシー戦とマン・シティ戦のポゼッションは27%と33%。1月にドローに持ち込んだリヴァプール戦も27%ですが、40%以上持たされたスパーズとマン・ユナイテッドには敗れています。後半戦でビッグ6以外に敗れた4敗はすべてポゼッションが50%以上、唯一勝ったエヴァートン戦は40%。ラニエリ仕込みのカウンターで奇跡の優勝を遂げたレスターは、今もなお「持たせて輝くチーム」だったのだと思います。ボールを支配して攻めきれず、投入したアタッカーが空回りすると、前に重心がいきすぎて失点…ピュエル監督のチーム改革は、実を結ばなかったといわざるをえないでしょう。

内向的な性格ゆえにベンチで喜怒哀楽を見せず、手堅い戦術はともすると退屈で、プレミアリーグ13試合で4勝2分7敗とホームで勝てず。サポーターの不興を買う要素が揃っていたピュエル監督は、セインツでも評判が悪く、リーグカップ決勝進出とプレミアリーグ8位というまずまずの結果を残しながら解任の憂き目に遭っています。今季のレスターもTOP10まで2ポイント差の12位で、決してひどい戦績ではありませんが、最後のホーム4連敗が致命的でした。プレミアリーグは、ことさらに彼に厳しかったようにも思えますが、監督は人気商売。サポーターを盛り上げられないなら、勝ち続けなければなりません。次のシーズンは、フランスに戻られるのでしょうか。今はただ、「若手が躍動する未来あるチームにワクワクしていました。おつかれさまでした」としかいえません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「次に解任される監督は…」ブックメーカーの本命3人の現状と展望!

12月はジョゼ・モウリーニョとクロード・ピュエルの2トップでしたが、1月末からマウリシオ・サッリ監督の人気が急上昇。プレミアリーグに関するさまざまなテーマで場を立てているブックメーカーのうち、「Next Manager To Leave Post(職を離れる次のマネージャー)」のオッズを出している主要7社は、上位3人の並びがほぼ同じです。本命サッリ、対抗マルコ・シウヴァ、3番人気がピュエル。彼らが率いるチームのプレミアリーグ後半戦の戦績を見れば、納得せざるをえません。ボーンマスに4-0、マンチェスター・シティに6-0と大敗を喫したチェルシーは3勝1分3敗。8試合で5ゴールと、攻撃陣が機能していないエヴァートンは2勝6敗。カーディフとセインツに本拠地キングパワーで敗れたレスターは、1勝1分5敗です。苦闘が続く指揮官たちは、シーズンが終わる前に見限られてしまうのでしょうか。それぞれが置かれている状況をチェックし、今後を展望してみたいと思います。

アブラモヴィッチオーナーが来てから、初年度でプレミアリーグ制覇を果たせなかった監督のうち、2年めがあったのは第二次政権のジョゼ・モウリーニョのみ。過去15シーズンでオーナーの信頼を得た唯一の監督以外は、3月上旬までに解任されています。本日はFAカップ5回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦、木曜日にはマルメと戦うELラウンド16のセカンドレグ、日曜日はカラバオカップ決勝のマンチェスター・シティ戦、27日はスタンフォード・ブリッジでトッテナムとのロンドンダービー。厳しい試合が続きますが、敗れても許されそうなのはFAカップだけではないでしょうか。マン・シティやスパーズに大敗はNG。マルメに破れてヨーロッパリーグ優勝の道が絶たれれば、プレミアリーグ4位から遠ざかった瞬間にジャッジが下される可能性が高まります。

「タイムズ」は、クラブがチャンピオンズリーグ出場権を得られないと決まったら解任と報道。「デイリー・ミラー」は、「Maurizio Sarri to be sacked by Chelsea 'as soon as one thing happens'(何かがひとつでも起これば、マウリシオ・サッリは即座に解任される)」と題した記事を掲載し、カラバオカップ優勝ではサッリは救われないと主張しています。マルメ戦の記者会見にブルース・バック会長が顔を出すという異例の動きがあったことからも、チェルシーの監督には連勝しか生き残る道はないのが窺えます。ジョルジーニョとアザールをチェックされると、途端に攻められなくなるサッリのチームは、打開策を手に入れることができるでしょうか。本命にベットしているプレミアリーグファンは、直近4戦から目が離せないでしょう。

エヴァートンの不振は、マルコ・シウヴァ監督自身の問題だと思われます。トップを毎試合変え、リシャルリソンをサイドに出したり前に据えたりベンチに置いたりといじりすぎ、前線とサイドが混乱しているように見えます。リシャルリソン、シグルズソン、グイェ&アンドレ・ゴメスを背骨として、彼らからサイドに展開して攻める形を徹底したほうがいいのではないでしょうか。戦術家としての力はハル・シティとワトフォードで証明済みの指揮官が、いま問われているのは「胆力」でしょう。

ブックメーカーで常に上位に顔を出しているレスターのピュエル監督は、セインツ時代もサポーターから不人気でした。嫌われるポイントは、守備的な戦い方と内向的な性格です。ゴールシーンでも顔色ひとつ変えずにベンチに座っていることが多く、何を考えているのかわからないという声が後を絶ちません。「デイリー・ミラー」が、ピーター・シュマイケルが息子のカスパーに移籍を勧めていると伝えておりますが、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドが気に入らないのは「選手の力を引き出せていないから」とのこと。「カスパーはプレミアリーグを愛しすぎている」と語る父親は、「いい選手を揃えたレスターは、5位から8位は狙えるチーム」と評価しており、12位に沈んでいる原因を監督の采配に求めているようです。

リカルド・ペレイラ、チルウェル、マグワイアで最終ラインを若返らせ、デマライ・グレイ、ジェームズ・マディソン、エンディディ、イヘアナチョ、チョードリーといったU-22のヤングスターを育てようとしているピュエル監督は、プレミアリーグで最も若手に出場時間を与えているマネージャーです。冬のマーケットでは、イボーラとベナルアンの31歳コンビを売却。モナコから21歳のティーレマンスをレンタルし、WBAからも21歳FWハーヴィー・バーンズを呼び戻すというさらなる若手獲得策を推進しました。ジェイミー・ヴァーディーや岡崎慎司がクラブを離れるとき、レスターはおもしろいチームに仕上がっているのではないでしょうか。ピュエル監督が、5戦連続勝利なしの泥沼から早期に脱出できれば、もうしばらく任せてみてもいいのではないかと思います。

それぞれに魅力ある監督だけに、心情的には「No Manager To Leave」にベットしたいのですが、不振から抜け出せない監督は任を解かれてしまうのでしょう。必ず誰かに張れといわれれば、最も監督に厳しいプレミアリーグ6位クラブでしょうか…。定番のネタではありますが、何年このリーグを見ていても、就任1年未満の「sack」に出会うと心臓がバクバクします。あらためて、監督業かくも厳しきものか、と。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ