自分を語るモウリーニョ、選手を見つめるペップ。2人の名将の最新語録。

「リスペクト、リスペクト、リスペクト!」。オールド・トラフォードで開催されたプレミアリーグ3節のトッテナム戦で、0-3完敗を喫したモウリーニョ監督は、他の19人の数字を全部足してもプレミアリーグ優勝の回数は自分に及ばないと主張。リスペクトと6回連呼し、プレスルームから去っていきました。マスコミと指揮官は、4日前の終わり方が不完全燃焼だったのか、金曜日に行われたバーンリー戦直前のプレスカンファレンスでも同じような話を継続。かつて「スペシャル・ワン」と自らを称していた指揮官は、これまでの足跡について滔々と語り続けました。

「私は、最も偉大なクラブのマネージャーだが、最も偉大なマネージャーのひとりでもある」。マンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグを勝てなくても、同じように主張するのかという意地悪な質問が飛ぶと、「もちろん」と答えた後、こう問い返しています。「君は昨シーズンのプレミアリーグで3位に終わったマネージャーにもその質問をするのか?4位のマネージャーは?5位は?」。ユルゲン・クロップやマウリシオ・ポチェッティーノよりも多くの実績を残しているじゃないか、フェアに比較されているのか…1勝2敗と出遅れたマン・ユナイテッドの指揮官が、精神的にも追い込まれているのが伝わってくるやりとりでした。

「昨季は大きな成功を収めた。君たちは認めないだろうけど…。自分のことは自分自身で分析している。私にとっては、諸君の考えよりも自分がどう考えるかのほうが重要だ」
「2シーズン前にはヨーロッパリーグを制した。昨季のアトレティコ・マドリードを素晴らしいと思っただろう。チャンピオンズリーグでノックアウトされた後、ヨーロッパリーグで勝ったからね。われわれは、欧州のコンペティションで勝った最後のチームだ」
「私は8つのタイトルを獲った。イタリア、スペイン、イングランドを制した唯一のマネージャーだ。小さなタイトルでも小さな国でもない。昨季の2位は、私にとって素晴らしい結果のひとつだね」

哲学書を読んだか、かのヘーゲルは”真実は全体を捉えたなかにある”といっていると記者を諭した指揮官は、「君たちには反論する権利がある。私にとってはどうでもいいことだけど」といって会見場を後にしました。

「何度もいうけど、私はジャッジする立場にはない」。モウリーニョ監督の最近の発言について、意見を求められたペップ・グアルディオラはこう切り出しました。「もちろん、自分たちが獲ったタイトルについては別だ。いいワークがあってこそ、タイトルを勝ち取れるのだから」。モウリーニョ監督のクオリティには疑いの余地がないと前置きしたプレミアリーグ優勝監督は、指揮官の力は過去のタイトルだけでは語れないと強調しています。

「多くの優秀なマネージャーがタイトルを手にしていない。タイトルを獲得するには特別な何かがなければならないからだけど、一方でこうもいえる。勝つために必要なのは、優秀なマネージャーばかりではない。支えてくれる素晴らしいクラブと選手たちが必要なのだ、と。多くの場合、マネージャーはそれらをコントロールできない。タイトルを獲っていないからといって、彼らが優秀ではないということにはならないだろう」

私たちは常に結果で判断されると付け加えたペップは、「監督について最もよく知り、ジャッジを下せるのは選手だ」ともいっています。「監督としての姿勢を正確に把握しているのは選手たちだ。彼らはファンやメディアよりも多くの情報を持っている。普段、選手たちに対してわれわれはさまざまな判断を下しているけど、同時に彼らもわれわれが何者であるかわかっている。プレイできればいい監督だし、そうでなければよくない監督というシンプルな話でもあるかもね」。今、モウリーニョ監督からは、選手たちはどう映っているのでしょうか。最近の彼の発言について、「スカイスポーツ」で苦言を呈したスティーブ・マクマホン氏の言葉が、どうしても気になります。

Every conversation in the last 10 days has been 'me, me, me' and that's the first sign of insecurity and the pressure that he has from the new type of managers like Klopp and Guardiola and Mauricio Pochettino. He can't stand the heat.(この10日間は、すべての会話が”私、私、私”だ。これは、クロップやグアルディオラ、マウリシオ・ポチェッティーノからのプレッシャーや不安に苛まれている最初の兆候だろう。彼はその熱に耐えられないのだ)」

ヨーロッパリーグで優勝し、クラブを落ち着かせた初年度の業績をリスペクトしながら、その後の振る舞いに疑問を感じているマクマホン氏は、メディア対応についても改善すべきといっています。「トップマネージャーなら、成功したのかどうかを評価するのは他人にまかせるべき。”失礼ながら、それを語るのはあなたじゃない。あなたが話すのは、試合のことや、マンチェスター・ユナイテッドをどうよくするかだ”と誰かがいってあげたほうがいい」。…そうですね。今、大事なのは、日曜日のバーンリー戦です。過去の成果をプレゼンする指揮官よりも、「試合に集中している。彼らを信じている」と語るボスのほうが、選手たちの気持ちを盛り上げることができるでしょう。勝てば、変わるでしょうか。それとも…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

敗戦の総括から会見のレポートまで…モウリーニョ関連記事が「BBC」のTOPページを占拠!

「BBC」のプレミアリーグのコーナーを、おそるおそる開いてみると、そこには想像以上の光景が繰り広げられていました。モウリーニョ、モウリーニョ、モウリーニョ!7枠ある最新トピックスは、すべてマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に関する記事で埋め尽くされています。レッド・デヴィルズがプレミアリーグ開幕から3試合で2敗を喫したのは、1992-93シーズン以来。モウリーニョ監督にとっては、初めての屈辱です。

オールド・トラフォードで0-3という衝撃的な完敗、13位転落、エキセントリックな記者会見、解任の噂、控えめ補強の是非…マンデーナイトのシックスポインターは、現地のジャーナリストやサポーターにとって、好奇心を煽られるネタに事欠かないイベントだったということなのでしょう。さまざまな切り口で、マンチェスター・ユナイテッドの戦い方やモウリーニョ監督が置かれている状況についてレポートされていますが、「BBC」の記者たちの論調は総じて冷静かつフラットです。

「自分はプレミアリーグを3回制している。他の19クラブの監督より多い(=ペップとペジェグリーニ監督のみ)」と強調し、「リスペクト!」と6回連呼して去っていった7分の会見については事実のみを報道。クラブは指揮官を支持していると明示する記事もあり、3試合の結果だけで立場が揺らぐことはないというスタンスが貫かれています。マンチェスター・ユナイテッドとモウリーニョ監督について触れられた記事の見出しを、ひととおり並べてみましょう。


Jose Mourinho's Manchester United 'a collection of faulty parts'(ジョゼ・モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッド「不完全なパーツのコレクション」)
'Respect! Respect! Respect!' - Mourinho walks out of news conference(「リスペクト、リスペクト、リスペクト!」モウリーニョは会見から去っていった)
Why is Jose Mourinho so angry with the media?(なぜ、モウリーニョはメディアに激怒しているのか?)
Man Utd 0-3 Tottenham: Jose Mourinho tells media, 'Respect, respect, respect'(モウリーニョはメディアに告げた。「リスペクト、リスペクト、リスペクト!」)
Jose Mourinho has club's backing despite defeat by Tottenham(トッテナムに敗れたにも関わらず、モウリーニョはクラブの支持を受けている)
Manchester United v Tottenham: How the players rated(マンチェスター・ユナイテッドVSトッテナム:選手たちの評価)
Premier League stats: Mourinho, Jorginho, Huddersfield, Arnautovic(プレミアリーグのスタッツ:モウリーニョ、ジョルジーニョ、ハダースフィールド、アルナウトヴィッチ)


タブロイド紙には解任を煽る記事も散見されますが、マンチェスター・ユナイテッドのインサイドレポートを継続的に執筆しているサイモン・ストーン記者は、「クラブはモウリーニョ監督が状況を変えられると信じている」としています。オールド・トラフォードで0-3というスコアは衝撃的ではあるものの、現時点では指揮官の去就云々といった話にはなっていないようです。夏のマーケットでクラブがCBを獲得しなかったのが、「獲れなかった」のか「見送った」のかは定かではありませんが、クラブが指揮官からのリクエストに賛同しなかったのだとすれば、ベースにあったのはモウリーニョ監督への不信ではなく、采配に対する信頼だったのだと思われます。

昨季プレミアリーグで28失点は、ペップのチームに次ぐ2位。ブリントを放出してもCBは5人おり、過去2年で獲得したリンデロフとバイリーは未だ真価を発揮していません。より大きな課題は68ゴールに留まった攻撃で、アレクシス・サンチェス、ポグバ、マルシアル、ラシュフォードのポテンシャルを引き出すことが重要という戦力分析は、決して的外れではないでしょう。即戦力はフレッジのみという補強が、ペップに勝つうえで充分だったとはいえません。しかし、モウリーニョ監督就任後の大型補強で、現在も計算できるのがルカクとマティッチのみという状況を見れば、さらなる高額選手獲得における査定が厳しくなるのはやむなしだったのではないかとも思うのです。

ともあれ、マンチェスター・ユナイテッドは昨季と同じCBで戦わなくてはなりません。新戦力を足さなかったウッドワードさんに批判が集まっていますが、マグワイアやアルデルヴァイレルトを引き入れなかったことが、ブライトンやトッテナムに3失点を喫した理由にはならないでしょう。後方もさることながら、より気になるのはスパーズ戦でゼロに終わった攻撃陣です。ファイナルサードにおける連携、サイドアタック、長短のカウンターの精度を高められなければ、マン・シティやリヴァプールとのホームゲームも今回と同じような着地を繰り返してしまうのではないでしょうか。

モウリーニョ監督の底力が問われるのはこれから。1勝2敗までは我慢できたとしても、チェルシーを解任されたときのような極度の不振に陥ったり、複数の選手との関係が修復不能になったりすれば、ブックメーカーで1番人気にベットした人たちを喜ばせる結末が待っています。「自分はプレミアリーグを3回制している。他の19クラブの監督より多い」。そのとおりです。期待してます!(ジョゼ・モウリーニョ 写真著作者/Светлана Бекетова)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ブックメーカーにおける「解任第1号監督」の大本命は、就任3年めのジョゼ・モウリーニョ!

「オッズチェッカー」というサイトをご存じでしょうか。「今季プレミアリーグの得点王は?」など、テーマごとに主要ブックメーカーのオッズを一覧で出してくれるもので、「賭けるなら配当のいいところで」とこだわる方にとっては便利なサービスです。こちらを眺めていてびっくりしたのは、「Next Manager To Leave Post Betting Odds」、つまりプレミアリーグの監督解任第1号予想で、わがマンチェスター・ユナイテッドのマネージャーが軒並みトップに立っていることです。「ウィリアム・ヒル」も「スカイベット」も、ジョゼ・モウリーニョが大本命。このテーマでベットできる11のブックメーカーのうち、ワトフォードのハビ・グラシア監督を1番人気としているのは2つだけです。

モウリーニョさんが危ないと思われている理由を推測してみました。ネマニャ・マティッチとアントニオ・バレンシアが負傷離脱してプレミアリーグ開幕に間に合わず、クリス・スモーリングもリヴァプール戦でリタイア。ルカク、ポグバらワールドカップ出場組の合流が遅れ、苦しい序盤戦が予想されていること。2人めの子どもの出産でプレシーズンツアーから離れたマルシアルが戻ってこず、移籍となった場合の攻撃陣強化の目処が立っていないこと。フレッジとディオゴ・ダロトだけでは課題だった得点力が向上したとはいえず、3季連続の3連勝スタートが実現しなければ、一気に蚊帳の外となる可能性もなきにしもあらずです。

リヴァプール戦で1-4と惨敗した後、指揮官は「ファンはこんな試合にお金を払いたいと思わないだろう」「レフェリーは野球の審判かと思った」「何も収穫はなかった」と愚痴っており、メンタル・フィジカルとも、チームのコンディションはいいとはいえません。チェルシーの第一次政権では4シーズンめに突入したものの、レアル・マドリードや2回めのチェルシーで3シーズンめに不協和音が鳴り響いたのも、解任第1号に指名されている所以でしょう。以前に「BBC」や「テレグラフ」が、「モウリーニョ監督のルーク・ショーに対する”いじめ”にチームメイトが憤慨している」と報じており、主力の移籍志願の噂が絶えないのはハードマネージメントに起因しているのかもしれません。

「数ヵ月前に5人の補強希望リストをクラブに提出しているが、そのうちのひとりを獲得できるか、待たなければならない」。モウリーニョさんのリストについて、「デイリー・ミラー」はアルデルヴァイレルト、ガレス・ベイル、アレックス・サンドロ、ウィリアン、ミリンコヴィッチ=サヴィッチと推測しています。これが当たっているとすれば、獲れてもアルデルヴァイレルトだけでしょう。ポグバが真価を発揮し、アレクシス・サンチェスが復活すればプレミアリーグ4位以内をキープできるかもしれませんが、モウリーニョさんが攻撃を改善できる可能性よりも、キーマン不在のなかでチームが崩壊する可能性のほうが高いと考えるプレミアリーグファンが多く、解任のオッズを下げているのだと思われます。

モウリーニョさんに続く解任ダービーの2番人気はワトフォードのハビ・グラシア監督で、レスターのクロード・ピュエル、自分から辞めてもおかしくないニューカッスルのラファエル・ベニテスが上位にランクされています。ペップ・グアルディオラ、ユルゲン・クロップ、ウナイ・エメリが「解任されない監督」のTOP3なのですが、彼らよりも配当が高い選択肢がひとつあります。「ベットウェイ」「スカイベット」が200倍以上を付けているのは「No Manager To Leave」!さすがに「解任される監督がゼロのプレミアリーグ」には張れないですね…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ペップに会見を押し付けられたクロップ監督、渾身の自虐ボケをプレイバック!

「プレミアリーグレコードじゃないか?あんなに投資したら、優勝を求められるだろう」「考え方も人間も変わったようだね。こんなことを目の当たりにできてうれしい」。記憶力がいいジョゼ・モウリーニョさんが、ライバルの隙を見逃すはずがありません。ポール・ポグバがワールドレコードとなる8900万ポンドで移籍すると報じられたとき、「大金でサッカーの戦績が決まってしまうようになるなら、監督をやめる」といい放ったユルゲン・クロップ監督は、プレミアリーグにおけるDFの最高額でゲットしたファン・ダイクや、GKの移籍金記録を更新したアリソン・ベッカー獲得をいじられてしまいました。

「私たちが責任を果たすのはファンやオーナーに対してであって、他ではない」と語ったクロップ監督は、「彼は(自分たちの補強を見て)眠れなくなってしまい、いい選手を獲ろうとムキになっているんじゃないか」とカウンターをかましたわけですが、このやりとりを覚えておくと、ペップVSクロップというドローとなった場外バトル第2弾が味わい深くなります。

25日に開催されたインターナショナルチャンピオンズカップ、マンチェスター・シティVSリヴァプールは、追加タイムにマネがPKを決めたリヴァプ―ルが1-2で勝利。昨季プレミアリーグを制したレギュラーメンバーがひとりも先発しなかったマン・シティに対して、レッズの中盤と最終ラインは本番仕様。クロップ監督は後半からモー・サラーとマネを投入し、本気で勝ちにいっているかのようでした。レッズの勝利は順当といっていいでしょう。ペップも、「今は相手のほうがコンディションがいい」と頭ではわかっているはずです。

しかし、彼にとってレッズがいまいましいチームであるのも、また事実です。昨季プレミアリーグの後半戦で4-3で叩かれて無敗を止められた後、チャンピオンズリーグでも3-0、2-1のダブルを喰らい、今回で4連敗。試合後のプレスカンファレンスに顔を出したペップは、浮かない顔で質問に応えていたのでした。

チラチラ左を気にしていたペップは、そこにいたのがクロップ監督であることを確認すると、「come,come」と声をかけて立ち上がりました。負けた後の会見など、早々に打ち切りたかったのでしょう。「ユルゲン・クロップ、プリーズ!」といいながらライバルと握手すると、後ろを振り返ることなくそそくさと退場してしまいました。注目を浴びたクロップ監督は、最高のひとことで自らの会見をスタートさせました。

「次はジョゼ・モウリーニョが入ってきて、私が去ることになるね」

プレスを笑わせたクロップ監督は、「ペップは苛立っていたんだろう。彼は負けるのが大嫌いだからね。幸せになれるはずがない。勝っていたら、ご機嫌だったんじゃないかな」と敵将をフォロー。うまくいっている監督は、ボケもきっちり決まり、コメントにも余裕が感じられます。僭越ながら、ひとことご忠告申し上げますが、プレシーズンが順調なときこそ、立ち上がりにお気をつけあそばせ。ファン・ハール監督の就任直後のインターナショナルチャンピオンズカップを制覇しながら、プレミアリーグ開幕戦でスウォンジーに足をすくわれ、リーグカップ2回戦でミルトン・キーンズ・ドンズにボコボコにされたチームのサポーターがいうのですから、頭の隅に置いておいていただいたほうがいいと思います。

クロップさんのいうとおり、モウリーニョさんが入ってきて「彼は買い物が好きだからね。あれだけ獲れたらご機嫌だろう」と語った後、続いてほしい指揮官は誰でしょうか。舌戦に乗ってこないポチェッティーノ監督、守りに入るペジェグリーニ監督は厳しいでしょう。イタリアのテレビ番組の企画で、マンチーニ監督のトレードマークのマフラーを巻いて指揮を執ったサッリ監督に期待しましょうか。今季プレミアリーグでは、「第4の男」の発掘も楽しみのひとつであります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チェルシーを優勝に導けるのか?無冠の名将マウリツィオ・サッリの雑草キャリアを振り返る。

レッチェでプロデビューした元ユーヴェのキャプテンから、ナポリ出身の元銀行マンへ。コンテ監督の退任を発表したばかりのチェルシーが、すかさずマウリツィオ・サッリ監督と契約したとアナウンスしました。ナポリをチャンピオンズリーグの常連にした戦術家は、プレミアリーグ初体験。機能的なゾーンディフェンスと攻守の切り替えの速さが魅力の個性的なサッカーは、イタリアでは最も美しいといわれており、プレミアリーグでサッリを見てみたいと思っていたファンも多いのではないでしょうか。選手としても監督としても華やかなキャリアを積み上げてきた前任者に対して、サッリが歩いてきたのは茨の道でした。28年前にタイムスリップして、異色の指揮官の履歴を振り返ってみましょう。

1990年に31歳だったサッリは、最も歴史がある銀行として知られるモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナで働きながら、スティアで指導者としてのキャリアをスタート。二足のわらじを10年続けた後、2000-01シーズンに6部のサンソヴィーノを率いることになり、金融業界に別れを告げています。2006‐07シーズンにアレッツォの監督に就任するも、成績不振で辞任させられ、クラブはセリエC1に降格。翌シーズンに率いたアヴェッリーノは、2年も経たないうちに財政難で破綻しています。2008-09シーズンには、以前に中田英寿が所属していたペルージャをセリエBに復帰させるというミッションを果たせず、ウンブリア州の名門も1年後に経営破綻してしまいました。既に50歳になっていた戦術家は、思うように結果を出せず、下部リーグのワケありクラブを渡り歩く監督となっていました。

2010-11シーズンには、アレッサンドリアを4部に転落させてしまいます。この頃の彼を見て、いずれプレミアリーグから声がかかるとは誰も思わなかったでしょう。2011-12シーズンに率いた3部のソレントは惜しくも4位に終わり、セリエB昇格のチャンスを逃しましたが、2012年から指揮を執ったエンポリで、ようやく彼の戦術が注目されるようになりました。2013-14シーズンのセリエB2位でプロヴィンチアを昇格させ、初めてトップリーグのクラブを率いることになったサッリ監督は、2014-15シーズンのセリエAで8勝18分12敗と粘って15位フィニッシュ。攻撃的な戦術を高く評価された指揮官に声をかけたのは、レアル・マドリードに呼ばれたラファエル・ベニテスの後任を探していたナポリでした。

当時の記事を読むと、トップクラブでの経験のなさを不安視する声が挙がっています。昇格クラブを残留させただけの監督を連れてくるのは、やはりギャンブル。プレミアリーグでいえば、マンチェスター勢がハル・シティの頃のマルコ・シウヴァやボーンマスのエディ・ハウを抜擢するようなものです。チャンピオンズリーグを制覇した経験がある監督の後釜として、56歳の叩き上げに白羽の矢を立てたナポリの慧眼には、頭が下がります。

ユヴェントスでセリエA3連覇、プレミアリーグ初年度優勝と国内リーグで4回勝ったアントニオ・コンテの後を継いだ無冠のマネージャーは、監督に厳しいオーナーの下で成功することができるでしょうか。アブラモヴィッチ氏が連れてきた3人のイタリア人は、プレミアリーグかチャンピオンズリーグを制覇したうえで、FAカップ優勝も果たしています。前季のプレミアリーグで5位に沈んだうえに、トランスファーマーケットで出遅れたピットスタートのクラブで、策士はどんなアクセルを踏むのでしょうか。初めての国外で迎えるサッリ監督の初陣は、3週間後に迫ったコミュニティシールドです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ