奇将、イングランドに降臨!マルセロ・ビエルサは、リーズに何を残すのか?

みなさま、2日間ごぶさたしてしまいました。「忍者ブログ」の障害で記事をUPできず、更新が滞ってしまったのですが、日々粛々と書いておりましたので、本日は6本一気にお届けいたします。土曜日に上げるはずだった最初の記事は、マルセロ・ビエルサのリーズ監督就任についての雑感でございます。さっそくどうぞ。


2012年3月8日、オールド・トラフォード。あの試合を忘れることはないでしょう。 ヨーロッパリーグのラウンド16で、マンチェスター・ユナイテッドが惨敗した一戦です。容赦ないプレスと速いパスワークで前年のプレミアリーグ王者を振り回し、2-3で勝利したのはアスレティック・ビルバオでした。リーガ・エスパニョーラは、中位のクラブでもこのクオリティなのか、これは勝てない…。プレミアリーグファンにはおなじみのアンデル・エレーラやジョレンテを擁するクラブを率いていたのは、「変人」マルセロ・ビエルサでした。

2018年6月、監督王国といわれるアルゼンチンのなかでも、屈指の戦術マニアと評されるビエルサは、リーズ・ユナイテッドの監督に就任しました。なぜ、リーズ…!? 2016-17シーズンは、プレミアリーグ昇格を争うプレーオフ進出にあと1歩まで迫ったものの、昨季チャンピオンシップは13位。トップスコアラーはラソッガとルーフェ、中盤にはカルヴァン・フィリップス、アリオスキ、パブロ・エルナンデスなど無名の選手ばかり。プレミアリーグをよく観ている方がわかるのは、ボロにいたフォーショー、エヴァートンから来たペニントンぐらいではないでしょうか。今は、「藤田俊哉さんがフロントにいるクラブ」「井手口陽介が移籍したクラブ」といったほうがいいのかもしれません。

「リーズ・ユナイテッドの指揮官という役割を引き受けられて、うれしく思っている。イングランドで指導したいといつも思っていたし、チャンスもあったが、適切なプロジェクトにオファーされるのが重要だと考えていた。そんななかで、リーズのような歴史あるクラブからのオファーは断われなかった。新しいチャレンジに興奮している」(マルセロ・ビエルサ)

ペップ・グアルディオラが監督としてのキャリアを始める前に、直接教えを請うた「世界一の監督の師匠」は、2010年のワールドカップ南アフリカ大会でチリをベスト16に導きながら、欧州のクラブレベルでの成功がほとんどありません。2011-12シーズンに、アスレティック・ビルバオをELとコパ・デル・レイのファイナルに進出させたのは、素晴らしい戦果ではあるものの、ラ・リーガの2シーズンは10位と12位。前任のカパロスは6位、後釜のバルベルデは4位でフィニッシュしており、「選手たちはビエルサのコンセプトをフルシーズンで体現できなかった」という評価が妥当でしょう。

リーグ戦最上位は、マルセイユの4位。リーグ・アンは1シーズンで去っており、同じクラブで3季を過ごしたことがない「短命監督」です。「フットボリスタ」のインタビューで、ビエルサの伝記の執筆者、ロマン・イウチ氏は「常にサッカーのことばかり考えている情熱的でマニアックな監督と毎日顔を合わせていたら、多くの選手が心身ともに消耗してしまってもおかしくない」と語っていました。ラツィオの監督就任後、48時間で辞任したエキセントリックな監督が、戦術先進国とはいえないフットボールの母国で長く働くとは思えません。

それでも、ビエルサには期待してしまいます。あのとき、マンチェスター・ユナイテッドを子ども扱いしたコレクティブなフットボールを、もう1度見せてほしい。名将の采配によって、古豪リーズがプレミアリーグ復帰を果たすのを想像すると、心が震えます。もし、それが実現したとしても、エランド・ロードで開催されるプレミアリーグのピッチには、ビエルサはいないのでしょう。ペップとの師弟対決は実現しないのでしょう。多くを語らないまま、風のように去っていく…そんな気がしてなりません。私たちは、陽炎のような刹那の輝きを、目を凝らして見つめるべきなのだと思われます。リーグカップやFAカップでビッグ6と戦うビエルサのチームが見たい。今はただ、新しい風が吹く予感を愉しむのみです。(マルセロ・ビエルサ 写真著作者/Рыбакова Елена)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

素行の悪さが命取り…チェルシーがサッリ監督との交渉をストップ!次のターゲットは誰!?

「プレミアリーグでサッリを見てみたい。エンポリとナポリで実績を残しており、彼のチームはとても楽しい」。ペップ・グアルディオラの歓迎コメントが紹介され、マウリツィオ・サッリのチェルシー監督就任は既定路線だと思われていました。ナポリはカルロ・アンチェロッティ監督の就任を発表し、残すところはサッリとナポリが残していた契約のクリアと、プレミアリーグのクラブとの条件交渉のみ。ところが、ここへきてチェルシーがサッリ招聘を断念したというニュースが飛び込んできました。「Maurizio Sarri unlikely to be next Chelsea manager(マウリツィオ・サッリは、チェルシーの次のマネージャーにはなりそうにない)」という見出しを打ったのは、イギリスメディア「スカイスポーツ」。ロンドンのクラブが断念した最大の理由は、60歳の指揮官の「素行」だそうです。

最も問題視された事件は、1月にインテルのロベルト・マンチーニ監督に吐いた暴言です。記事は「同性愛の嫌疑をかけた」と表現しておりますが、試合中に侮辱的な表現で相手チームの指揮官を罵倒したペナルティとして、2万ユーロの罰金と2試合の出場停止処分を受けています。これだけなら、一時の激情にかられた過ちとして、不問に付すこともできそうですが、元銀行員という異色の経歴を持つ指揮官は、なかなかのヘアドライヤーです。「ユヴェントスのサポーターに突き付けた侮辱的なジェスチャー」「自チームの選手への罵倒」「女性ジャーナリストへの性的な発言」…。マンチーニ監督は、未だ怒りが収まらないようで、彼のような男はサッカー界から追放すべきと主張しています。

「私はロッカールームで彼を探した。結局謝ってきたが、あの発言は恥ずかしいよ。彼のような人間は、イングランドならタッチラインに足を踏み入れることさえできないだろう」

…なるほど。「スカイスポーツ」の記事が事実なら、チェルシーが二の足を踏んだのも理解できます。いや、しかし、そうなると、次は誰かというお話です。「ルイス・エンリケと交渉を再開した(メトロ、デイリー・スター、エクスプレス)」「ジネディーヌ・ジダン獲得を画策(ザ・サン)」「ローラン・ブランにアプローチ(フランス・フットボール)」。現地メディアと、浪人中の監督を話題にしたいお膝元メディアが、さまざまな記事を掲載していますが、いずれにしても契約締結までにはそれなりの時間が必要です。

クルトワがクラブを離れる可能性が高いチェルシーは、アリソン獲得に動くといわれておりましたが、高額の移籍金を嫌ってストークのジャック・バトランドに方向転換したとも伝えられています。イギリスとロシアの関係悪化の煽りを受けて、ロマン・アブラモヴィッチオーナーにビザが下りないという問題も抱えているチェルシーは、指揮官招聘も補強も後手にまわってしまうかもしれません。プレミアリーグ4位以内に食い込めず、ヨーロッパリーグを戦うことになったクラブは、納得いく体制で2018-19シーズンの開幕を迎えることができるでしょうか。過去4シーズンのプレミアリーグで、1位、10位、1位、5位と規則正しく浮き沈みを刻んでいるクラブは、次はいいシーズンのはずなのですが…。(マウリツィオ・サッリ 写真著作者/Илья Хохлов)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

レアル・マドリード新監督の本命ポチェッティーノが「トッテナムにいられて幸せ」と否定…!

キエフでリヴァプールを撃破し、チャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたジネディーヌ・ジダン監督が、偉業達成から1週間も経たないうちに辞任を発表。多くのメディアが、カリスマの後釜をテーマとした記事を連日流しています。名将の宝庫となりつつあるプレミアリーグにも、マドリード行きを噂されている監督が2人います。ファイナルで敗れたユルゲン・クロップ、グループリーグで世界王者を圧倒したマウリシオ・ポチェッティーノ。前者は誘惑に負けないだろうといわれておりますが、1月にもレアル・マドリードの次期監督と報じられていた後者は本命扱いです。

「トッテナムと結んだばかりの新しい5年契約には、レアル・マドリードからオファーがあったら解除できるという条項がある」という怪情報は、どこが発信源だったのでしょうか。「古巣のパリ・サンジェルマンで指揮を執るのが、私の夢のひとつ」と語ったポチェッティーノ監督が、スペインのクラブを名指しで契約に盛り込むとは思えません。報道がヒートアップし、コメントを求められた若き指揮官は、「レアル・マドリードから電話をもらったら話を聞かざるをえない」「人生は短い。日々、楽しむことを考えて過ごさないとね」と思わせぶりなコメントを残しながらも、「トッテナムにいられて幸せだ」と明言しています。

「ダニエル・レヴィが10日前に示してくれた、トッテナムのコミットメントと信頼を誇りに思っている。私たちには多くのの夢、多くの目標がある」

13回も欧州チャンピオンになったクラブを追い返せすのは難しいのではないかと問われると、「あなたは無理なの?そうなんだね。でも、あなたは私じゃないからね」。冗談交じりに質問を交わしたスパーズのマネージャーに、迷いは感じられませんでした。

1~2年めは発展途上、3年めはチャンピオンズリーグで力を発揮できず、4年めはウェンブリーを間借りした難しいシーズン。ポチェッティーノ監督が満を持して戦うのは、新スタジアムがオープンとなる来季が初めてでしょう。素晴らしいチームマネジメントと若手育成を見せてもらったプレミアリーグファンとしては、最新の設備を誇るスパーズのホームグラウンドをチェックしつつ、ポチェッティーノ仕様の「走るサッカー」を満喫するのは、大いなる楽しみのひとつです。今、出ていかないでほしい。ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセン、ソン・フンミン、エリック・ダイアーら主力とともに、プレミアリーグと欧州をかき回す名将のチームづくりを、もうしばらく堪能させてほしいと思います。

ジダン監督辞任の報が欧州を駆け巡る1週間前に、指揮官との新契約を締結したダニエル・レヴィ会長は、ガレス・ベイルのオーバーヘッドに勝るとも劣らない貴重なゴールを決めた気分なのではないでしょうか。「明日、何が起こるのかはわからない」…ポチェッティーノ監督の言葉は、スパーズの監督は変わらないと安心するのは、新欧州王者が次の指揮官を発表してからにすべしと教えてくれているのかもしれません。しかし、たとえどんでん返しがあったとしても、スパーズの会長は胸を張るでしょう。やるべきことは尽くした。そして、レアル・マドリードから高額の違約金を引っ張ってこられた、と。

新契約やクラブ愛が、残ってくれるという保証にはならないことは、フィリペ・コウチーニョというテキストで学んだはずですが、新しい話に出会うたびに「彼が出ていくわけがない!」と気色ばんでしまうのが、フットボールファンの悲しき性です。あらためて、叫びましょう。「スパーズを愛してくれているポチェッティーノが、マドリードに行くわけがない!デ・ヘアも!」すみません。先ほど書いた記事の気分を引っ張ってしまいました。ジダン、どうするんでしょうね、神戸?…そろそろ、この稿を締めさせていただきます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マルコ・シウヴァはエヴァートン、ランパードはダービー・カウンティの監督に就任決定!

「ファルハド(・モシリ筆頭株主)、会長、経営ボード、そしてマルセルに感謝の意を表したい。私は、エヴァートンの大きな歴史とファンの期待を理解している。プレシーズンの始まりから来季最初のプレミアリーグのゲームまで、やらなくてはならないことは多く、適切に準備しなければならない」。現地メディアが当確と報じていた、マルコ・シウヴァ監督のエヴァートン入りが正式に決まりました。フットボールディレクターのマルセル・ブランズ氏は、プレミアリーグ経験、野心、攻撃的なスタイル、そしてエヴァートンでの仕事に賭ける熱意が招聘の理由だと語っています。

2017年1月、3勝4分13敗でプレミアリーグ最下位に沈んでいたハル・シティの指揮官に就任したマルコ・シウヴァは、主力のスノドグラスとリヴァモアをライバルクラブに持っていかれる苦しい布陣ながら、6勝3分9敗と大健闘。ハル・シティは1歩及ばず、プレミアリーグ18位で降格となるも、マネージャーの評価は高く、2017-18シーズンはワトフォードで指揮を執ることになりました。序盤戦を6勝3分4敗と好調に滑り出しながら、クーマンを解任したエヴァートンからラブコールが届くようになると、混乱したチームは失速して1勝2分8敗。マルコ・シウヴァは不振の責任を取らされ、1月にクラブを去ることになりました。

2016-17シーズンは7位でEL出場権を獲得したエヴァートンですが、3勝3分7敗という厳しいスタートとなった昨季は、バーンリーに追いつけず8位フィニッシュ。10月末にクーマン監督を解任し、サム・アラダイスで巻き返しを図ったものの、思うように勝ち点を伸ばせませんでした。ルーニー、シグルズソン、ボラシェ、ジェンク・トスン、カルヴァート=ルーウィン、ウォルコットと前線にタレントを揃えながら、守備的な戦い方を選んだ元イングランド代表監督は、23試合27ゴールという得点力の低さがネックとなり、経営陣の評価を得られず。11月にマルコ・シウヴァ引き抜きを画策していたクラブは、シーズンが終わるとアラダイスを解任し、ようやく意中の監督の招聘に成功しました。

ウェイン・ルーニーはワシントンに旅立つことになりそうですが、伸びしろのある若手を数多く抱えるエヴァートンは、高齢化が進んだ最終ラインをリニューアルできればおもしろいチームになりそうです。コレクティヴなフットボールでワトフォードのサポーターを湧かせた40歳の指揮官には、攻めのタレントを活性化していただき、CL出場権争いに食い込んでいただければと思います。

新監督といえば、ダービー・カウンティで指導者としての第1歩を踏み出すことになったフランク・ランパードも忘れてはいけません。チャンピオンシップ6位でプレーオフに進出したクラブは、フラムに2試合トータル2-1で競り負け、10年ぶりのプレミアリーグ復帰はならず。39歳の指揮官のミッションは明確です。「ダービーのように歴史と伝統があるクラブを、マネジメントしたいと思い続けてきた。指揮官として最初の仕事になるが、最高の監督たちと戦ってきた経験を活かして、自信を持って取り組んでいきたい」。

イングランド代表でコンビを組んだスティーブン・ジェラードも、グラスゴー・レンジャーズでの監督デビューが決まっており、どちらがよりいい結果を出せるかと話題になっています。プレミアリーグから降格したWBA、ストーク、スウォンジーを迎え撃つ若きマネージャーの奮闘にも注目していきたいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「99%確定」「今週発表」…エヴァートンのマルコ・シウヴァ招聘は、いよいよ大詰め!

7ヵ月前には大いに揉めましたが、エヴァートンの思いは成就したようです。「スカイスポーツ」が99%確定と書いたマルコ・シウヴァ招聘について、「BBC」も今週発表と伝えています。ハル・シティでの采配が注目され、2017年5月にワトフォードの監督に就任した40歳のポルトガル人監督は、プレミアリーグ13節まで6勝3分4敗と大健闘。リヴァプールとの撃ち合いを3-3のドローに持ち込み、アーセナルを2-1で下したチームは、攻守のメリハリが効いた素晴らしいフットボールを展開していました。不穏な風が北から吹いてきたのは、11月でした。ロナルド・クーマン監督を解任したエヴァートンが、後釜としてワトフォードの指揮官に目を付け、引き抜きを画策。プレミアリーグ8位に着けていたクラブは、有能な指揮官をプロテクトしたものの、混乱したチームは1勝2分8敗と失速してしまいます。1月に泣く泣くマルコ・シウヴァを切ったワトフォードは、「集中力を失ったのは彼らのコンタクトが原因」と、エヴァートンを非難しました。

若き指揮官の招聘を諦めたエヴァートンは、プレミアリーグの経験豊富なサム・アラダイスにターゲットをスイッチ。11月末にマージーサイドにやってきた元イングランド代表監督は、最初の6試合を3勝3分と順調な滑り出しを見せ、プレミアリーグ24試合9勝7分8敗という戦績でシーズンを終えました。アラダイスは降格回避だけを求められたワンポイントだったのか、今後もチームをまかせられるのか。エヴァートンのジャッジに注目が集まりましたが、プレミアリーグ2017-18シーズンの最終節から1週間も経たないうちに、デニス・バレット・バクセンデイルCEOは63歳のベテラン監督の退任を発表しました。「長いスパンでクラブ強化を考えている」。エヴァートンは、クラシックで守備的なスタイルに未来を託せなかったのでしょう。バーンリーの後塵を拝したクラブが選んだのは、7ヵ月前にラブコールを送った意中の指揮官でした。

それにしても、マルコ・シウヴァは不思議な監督です。2シーズン以上続いたクラブは、32歳の現役引退からそのまま監督に任命されたエストリルのみ。国内カップ制を制覇したスポルティングCPと、ギリシャリーグ独走優勝のオリンピアコスは、いずれも1年でチームを離れています。2017年の1月に、降格回避というミッションを授かったハル・シティでは、惜しくも残留ならず。それでもスノドグラス、リヴァモアという主力を引き抜かれながらの健闘が評価され、ワトフォードに請われて指揮権を預かると、ここでも半年でポジションを失うことになりました。勝ったクラブで2シーズンめに入ることはなく、負けても評価を下げない…。独特のキャリアを持つ監督にとって、次のエヴァートンは名将への道を駆け上がるための勝負なのかもしれません。

クリスタル・パレスで開幕から4試合全敗、プレミアリーグノーゴールのまま任を解かれたフランク・デブールの例もあります。前任者にオーソドックスなサッカーを植え付けられたトフィーズの選手たちが、新監督の攻撃的なスタイルをスムーズに吸収し、上位に怖れられる存在になれるかどうかは何ともいえません。プレミアリーグの複数のクラブで指揮を執った経験がある監督ゆえ、派手な空中分解はないと思われますが…。ポイントとなるのは、中盤の人材の活かし方でしょう。シグルズソンやボラシェの力を引き出し、クラーセンを蘇生させることができれば、エヴァートンは再びおもしろいチームになるでしょう。大型補強を結果につなげられなかったクラブと、直近の2つのクラブでミッションを達成できなかった監督の逆襲に期待します。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ