監督交代策は軒並み失敗…プレミアリーグ2017-18シーズンでリスペクトしたい5人の指揮官!

毎年、プレミアリーグの全日程が終了したタイミングで、ベストイレブンや監督、ベストマッチなどのランキングをやらせていただいているのですが、今季の監督をランキングとしてまとめるとすれば「TOP6は順位通り」なのではないかと思います。4位のリヴァプールがCL決勝に進出したので、ユルゲン・クロップをモウリーニョやポチェッティーノの上にしたくなるところではありますが、プレミアリーグに特化すれば、「われわれには一貫性がなかった」というクロップさんの反省の弁を素直に受け取るのが妥当でしょう。1位のペップは文句なし、シーズンを通じて3失点が1度もない安定感を評価してモウリーニョ監督が2位。12月中旬からの4ヵ月を無敗という快進撃を見せたポチェッティーノ監督が3位。スウォンジー、WBA、ストークと、最下位に落ちたときに対戦した3クラブに対して2分1敗とやらかしたクロップ監督には、4位に座っていただくということになります。

チャンピオンズリーグ出場権を獲得できなかったコンテ監督とヴェンゲル監督よりも、14勝12分12敗という大健闘で7位に食い込んだバーンリーのショーン・ダイク監督や、フランク・デブールが壊してしまったクリスタル・パレスを11勝11分12敗と立て直したロイ・ホジソン監督をより高く評価したくなります。満足な補強をできなかったにも関わらず、ニュー・カッスルをTOP10フィニッシュに導いたラファエル・ベニテス監督や、新戦力のべゴヴィッチとナタン・アケを機能させて12位となったボーンマスのエディ・ハウ監督も高評価。必死のやりくりで初年度残留を達成したブライトンのクリス・ヒュートン、ハダースフィールドのデヴィッド・ワグナーも称賛に値します。こうして全体を俯瞰してみると、おもしろい事実に気づきます。

■7位以下のクラブが、すべて得失点がマイナスとなったのは123年ぶり
■「監督を代えなかったクラブ&11月になる前に監督交代を済ませたクラブ」が12位までを独占
■昇格クラブは、すべて監督をチェンジせずに残留

「TOP6+バーンリーと、それ以外」となった中堅不在のシーズン。監督交代策の大半が失敗した一貫性優位のシーズン。ロナルド・クーマンとクレイグ・シェイクスピアを早期に見切ったエヴァートンとレスターは、「パニック解任」だったのかもしれません。両者に共通しているのは、6節までにTOP6との対戦が4つもあり、序盤の沈みは想定内だったにも関わらず、10試合も我慢できずに監督を切ったこと。指揮官交代がカンフル剤となったのか、レスターの後任のクロード・ピュエルは5勝3分2敗、サム・アラダイスは3勝2分と就任直後の戦績はよかったこと。しかし後半戦はクスリが切れたかのように、ピュエルは5勝5分9敗、アラダイスは6勝5分8敗と冴えなかったことです。「たら・れば」ではありますが、クーマンとシェイクスピアが続けていれば、これと同等以上の戦績を挙げたのではないかと思われます。「中堅不在」となった戦犯に指名したいクラブが、新しいシーズンを誰で始めるのかに興味が湧きます。

不振だったウェストハムで8勝9分10敗という数字を残し、18位から13位に引き上げたデヴィッド・モイーズ。最下位だったスウォンジーで、就任直後は5勝2分2敗という快進撃を見せたものの、最後の9戦を3分6敗と崩れて降格の憂き目に遭ったカルロス・カルヴァリャル。今季プレミアリーグで、就任時から順位を上げた後任監督は、彼らとアラダイス、ピュエル、ホジソンの5人だけです。WBAのアラン・パーデューは、1勝5分12敗の大クラッシュで、シーズン終了まで持たず。ストークのポール・ランバートも2勝6分7敗と振るわず、主力選手の追放が話題になっただけでした。ワトフォードのハビ・ガルシアは4勝3分7敗で10位から14位。ストークを追われた後、セインツを救いに来たマーク・ヒューズは2勝2分4敗と何もできず、「絶不調同士の直接対決」でスウォンジーに勝ったのが唯一の手柄でした。

順位を上げた監督から、後半戦は微妙だったアラダイス&ピュエルと、20位から18位で結局降格のカルヴァリャルを引くと、残るのはホジソンとモイーズのみです。素晴らしいのはホジソンで、8節のチェルシー戦で初勝利を挙げてからは、TOP6以外に敗れたのは2試合のみ。最後の6試合で14ゴールを決めたチームは4勝2分で駆け抜け、ノーゴールの7連敗という周回遅れのスタートから11位フィニッシュというめざましい変貌を遂げました。シーズン途中から指揮を執った監督のなかでは、インテルやレッズを率いてきたベテラン監督が文句なしのNo.1でしょう。

ボーンマス、ニューカッスル、ハダースフィールド、ホジソンに代わってからのクリスタル・パレスは、12月以降に降格ゾーンの18位に陥落したタイミングがあったのですが、クラブは指揮官を信頼し、その後の巻き返しで残留を果たしています。残留請負人が大活躍したシーズンもあったことを考えれば、単年で「監督を代えないほうがうまくいく」とまではいえませんが、「カンフル剤だけでは長いシーズンを乗り切れない」とはいえるのではないでしょうか。

以上、まとめましょう。「今季プレミアリーグの指揮官ランキング、TOP4はペップ・グアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ、ショーン・ダイク、ロイ・ホジソン。特別賞はCL決勝進出のユルゲン・クロップ」。前季からは順位をひとつ下げたポチェッティーノ監督は、来季の巻き返しとタイトル獲得を期待して、今は泣いていただきましょう。インターナショナルクラスを揃えたストークとWBAがクラッシュする壮絶なシーズン。来季のプレミアリーグがどうなるかは、全く見当がつきません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジョーク、自画自賛、失望…プレミアリーグ最終節を終えたTOP6の指揮官語録!

リヴァプールはブライトンに何もさせずに4発圧勝。トッテナムはレスターとの殴り合いを制し、マンチェスター勢とアーセナルは、ストライカーの1発で有終の美を飾りました。TOP6が順当に勝ったプレミアリーグ最終節で、唯一苦杯を喫したのはチェルシー。チャンピオンズリーグ出場権をリヴァプールと争っていた昨季プレミアリーグ王者は、ニューカッスルに3-0で完敗し、上位を焦らせることすらできずにELにまわることになりました。シーズンを終えた指揮官たちの表情は「6者6様」。現地メディアやクラブの公式サイトから、それぞれが残した言葉を紹介しましょう。

まずは、828試合めとなるプレミアリーグのラストゲームを勝利で終えたアーセン・ヴェンゲル監督。「Wenger OUT」のプラカードがスタンドを占拠していた1年前を思い出しながら、「Merci Arsene」「We Will Miss You」と書かれたバナーにツッコミを入れていました。

They had the wrong banner out today. It's a real special day and to keep my sense of humour I should have announced it every week that I will retire, because people have been so nice since I said that!(今日の彼らは、掲げるバナーを間違えてしまったようだね。ユーモアのセンスを錆びつかせないように、毎週退任するといっておけばよかった。そういっておけば、みんなよくしてくれるからね!)」

公式戦1235試合707勝280分248敗という空前絶後の数字を残してアーセナルを去る指揮官は、「今季はサポーターを落胆させてばかりだったのに、こうして送り出してもらえるのは感無量だ」と率直に喜びを表現していました。かつて日本を選んだヴェンゲル監督は、プレミアリーグの次のステージも、チャレンジできる環境とするのではないでしょうか。しばしの充電の後、名将がチョイスするクラブに注目しましょう。

セインツ戦の94分、ガブリエウ・ジェズスのループシュートが決まった瞬間、これでプレミアリーグ制覇を果たしたかのように歓喜を爆発させたペップ・グアルディオラ監督。「信じられない。言葉がない。勝ち点100だ!」という言葉を聞いて、3ケタの大台に乗せることが、いかにプライオリティが高かったかを知りました。プレミアリーグ史上最多の32勝、18連勝、106ゴール、得失点差79、2位との勝ち点差19。アウェイでの16勝と勝ち点48もレコードで、パス成功本数942という記録も残しています。

「数字には、常にわれわれ自身のプレイやメンタリティが反映されている。何試合も落としたら、勝ち点100は不可能になる」と語ったスペイン人指揮官は、「今季はすべてがパーフェクトだった。それにふさわしいフィニッシュを飾ることができた」と最終節の劇的勝利を評価しました。シーズン最終日を勝利で終えた直後は、ミッションを達成した喜びにひたすら浸ることを許される短い時間なのでしょう。来季もクオリティの高いフットボールを展開して、プレミアリーグの欧州復権の旗を振り続けていただければと思います。

2位に終わったモウリーニョ監督は、「昨季から改善された数字を尊重すれば、ポジティブな見方になる」と、自らの足跡を振り返っています。「直近5年で最高順位で、いつもなら最後の数週間まで優勝を争える勝ち点をゲットした。多くの試合でクリーンシートを達成し、ゴールデングローブも獲得できた。ゴール数も昨季より増え、リーグで2番めだ。そしてこの後、国内で2番めのメジャータイトル(=FAカップ)をめざして戦う」。おっしゃるとおり、2015-16シーズンのレスターと同じ勝ち点でシーズンを終えたクラブの最大の不運は、順位テーブルのはるか上に、歴代最強クラブが君臨していたことです。

「ネガティブなことをいおうと思えば、いくらでもいえるが」。皮肉を交えながらも、自軍の成果を前向きに語った指揮官には、ペップの背中が見えているのか、すぐには追いつけないと踏んでいるのか。次のプレミアリーグ制覇をめざすなら、昨夏のペップのような改革が必要でしょう。直近の3シーズンで3位、2位、3位と安定的な戦績を残しながら、タイトルに手が届いていないトッテナムのポチェッティーノ監督は、「大きなトロフィーの候補になりたければ、クラブはリスクを取る必要がある」と主張しています。

「私はダニエル(レヴィ会長)と話さなければならない。私たちがどうしたいのかを、はっきりさせないとね。クラブがリスクを冒すべきタイミングだと思う。前のシーズンよりハードワークして、競争力を高めるんだ。信じられないほどのファンを持つクラブなら、このような状況では勇気を最も必要とするものだ」

チームの完成度という意味では、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムよりも、CLファイナリストのほうが上かもしれません。とにかく明るいクロップ監督は、いつもながら大げさな表現で選手たちをリスペクトしていました。「今季の選手たちは、信じられないぐらいよかった。パーフェクトに近いシーズンを過ごした彼らを誇りに思う。マンチェスター・シティにチャレンジするチャンスはなく、ターゲットはCL出場権だけだったけど、大きなことを成し遂げることができた」。ビッグイヤーにリーチをかけているリヴァプールのマネージャーは、選手層を厚くしてプレミアリーグを勝ちにいくと明言しています。

「負傷者に悩まされなければ、もう少しマンチェスター・シティに近づけただろう。われわれには、さらなる一貫性が必要だ。今シーズンは、多くの経験を積むことができた。成熟に向かっているチームに何人かの戦力を加えて、次もいいシーズンにしたい」

CL出場権争いでレッズに敗れたチェルシーのコンテ監督は、シーズンを通じてささやかれていた今季限りという噂を一蹴しました。「FAカップが最後とは思っていない。私はクラブのために全力を尽くしてきた。憶測は知らない。大事なのは君たちの思惑ではなく、クラブの判断だ。私には契約が残っており、クラブもそれを心得ている」。TOP4を逃してしまった指揮官は、最終的な結果に落胆しながら、FAカップ決勝に挑む選手たちに奮起を促しています。

「タイトルを獲得できなかったのは初めてで、失望している。ユヴェントスで3回、チェルシーでも1回と、常にタイトルを勝ち取ってきたからね」「ニューカッスルは、勝利への強い意欲を示して戦っていた。今日は悪かった。FAカップ決勝でもこんなプレイをしたら、勝てないだろう。これからの6日間で、試合へのアプローチ、意欲、戦い方を変えなければならない」

ヴェンゲル監督を除く5人は、来季もプレミアリーグで戦うことになるのでしょうか。これだけの名将が揃い、必ずひとりはチャンピオンズリーグ出場権を逃すという激烈な環境に、思わずため息が漏れてしまいます。FAカップでぶつかるモウリーニョ監督とコンテ監督、レアル・マドリードと戦うクロップ監督にとっては、本当の振り返りは全日程を終えてからですね。今シーズンも、残すところ2試合。土曜日ごとに行われる2つのファイナルで、それぞれ彼ららしさを出し切っていただければと期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

セインツに続いてレスターも…守備的なスタイルを嫌われるクロード・ピュエル監督に解任の噂!

昨季はサウサンプトンを率いて、プレミアリーグ8位フィニッシュ。今季はレスターで9位。2年連続で解任となる見通しと報じられているクロード・ピュエル監督は、順位だけを見れば不憫というよりほかはありません。1勝3分4敗という厳しいスタートとなったクレイグ・シェイクスピア監督の後を受けたフランス人指揮官は、就任以来のプレミアリーグ27試合で9勝8分10敗とまずまずの戦績を残しています。得点37は、昨季のセインツを41ゴールで終わらせた守備的な監督らしい数字ですが、失点40は合格点でしょう。中堅クラブを中位につけ、最低限の責任を果たしつつある指揮官は、解任ゴシップが飛び交っている現状を受け入れられないのではないでしょうか。

彼自身に責があるとすれば、就活の際の「企業研究」が足りなかったことでしょう。2012-13シーズンにプレミアリーグ復帰を果たしたセインツは、昇格の功労者であるナイジェル・アドキンス監督を「目標を残留に置くとは、野心がなさすぎる」という理由で切ったクラブです。「守備的すぎるサッカーは、サポーターに好まれない」という理由でピュエルとの契約を解除したセインツは、マウリシオ・ペジェグリーニ監督を招聘した2017-18シーズンは、最後まで残留を争う苦しい1年を過ごしました。数字を見れば、前任者の正しさが証明された格好ではあるものの、安全志向のフランス人には任せられないという判断を後悔してはいないでしょう。

2015-16シーズンに奇跡的なプレミアリーグ制覇を果たしたレスターもまた、上昇志向が強いクラブです。優勝チームにはジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司という鉄板の2トップがいたのですが、満足できなかったクラブは、その後の2年で前線のタレントを獲りまくりました。アーメド・ムサ、イスラム・スリマニ、イヘアナチョ、ディアバテ。以前はエースだったウジョアの居場所がなくなるほどのアタッカーの乱獲が成果を見なければ、疑念が指揮官に向けられることは覚悟しなければなりません。

それでも、32節までの9勝7分6敗のペースが崩れなければ、ピュエル監督の評価が下がることはなかったでしょう。地元紙「レスター・マーキュリー」は、直近のプレミアリーグ5試合を1分4敗と大きく負け越したこと、とりわけ36節のクリスタル・パレス戦で5-0と惨敗したことをきっかけに、クラブは後任探しに動き出したと報じています。ピュエル監督にも、いい分はあります。現在、レスターはプレミアリーグNo.1の負傷者10人。シュマイケル、シンプソン、フート、チルヴェル、岡崎慎司、エンディディ、マット・ジェームズなど、主力クラスを週替わりで抜かれた状態で勝てというのが、難しい注文であることは間違いありません。

地元紙が伝える後任候補は、ハダースフィールドを率いているデイビッド・ワーグナー監督です。残留争いの真っただ中にいる46歳の若き指揮官は、ドルトムント時代のユルゲン・クロップの下で働いていたというブランドはあるものの、ファーストチームのマネージャーとしての実績は現職のみ。経験が少なく順位が下のクラブにいる監督を、モナコ、リール、リヨン、ニースを率いてきた知将の後に据えるというのは理不尽にも感じられます。守備的なスタイルと内向的な性格が、経営陣には不安に映るということなのでしょうか。サポーターを盛り上げるクロップ&ワグナーの熱さが、ウケがいいのはわかるのですが…。いや、まだ決まったわけではありません。続報を待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

スパーズはプレミアリーグ屈指の指揮官を守れるか!? ポチェッティーノ監督に年棒大幅UP報道!

こういった話題は、チームがプレミアリーグ4位以内を確定させてからのほうがいいのかもしれませんが、事実なら盛り上がるお話です。「Mauricio Pochettino in line for huge new pay deal to ward off Real Madrid(レアル・マドリードを撃退すべく、マウリシオ・ポチェッティーノが新しい巨額の契約を結ぶ)」。イギリスメディア「テレグラフ」が「Exclusive(独占)」と銘打って配信したニュースは、締まり屋で有名なダニエル・レヴィ会長は、かけるべきところにしっかりお金をかける人物であると主張しています。記事によると、スパーズはポチェッティーノ監督に新しい契約を用意しているとのこと。2016年5月に年俸550万ポンド(約8億3000万円)でクラブと握った46歳の指揮官がサインをすれば、プレミアリーグでTOP4に食い込む年俸850万ポンド(約12億8000万円)にジャンプアップすると伝えています。

ペップやジョゼ・モウリーニョは1500万ポンド(約22億5000万円)以上といわれているなか、ポチェッティーノさんが13億なら安いものでしょう。2014-15シーズンにノースロンドンにやってきた指揮官は、就任初年度の後半戦でハリー・ケインをブレイクさせると、数々の若手をプレミアリーグで戦えるレベルに育て上げました。ライアン・メイソン、ベンタレブ、ベン・デイヴィス、デル・アリ、エリック・ダイアー、トム・キャロル、ハリー・ウィンクス。あらためて驚くのは、エリック・ダイアーの仕入れ値は400万ポンド、デル・アリ獲得時にはミルトン・キーンズ・ドンズに500万ポンドしか払っていないという事実です。16歳でユースに加わったプリチャードを800万ポンドで売却し、生え抜きのライアン・メイソンは1300万ポンド、18歳で獲得したベンタレブは1600万ポンドで放出。「ポチェッティーノが引き上げてレヴィが売る」というフォーメーションが機能し、ピッチの外でも貢献度は絶大です。

私が彼の手腕に特に注目するようになったのは、2015-16シーズンからでした。この年のスパーズは、夏に余剰戦力大放出祭りを開催。パウリーニョ、ホルトビー、カプェ、カブール、スタンブリ、ソルダード、タウンゼント、アーロン・レノンらを一気に放出しました。トリッピアー、ソン・フンミン、アルデルヴァイレルトといった現在の主力を獲ってきたとはいえ、急激な血の入れ替えがチーム創りを難しくすることは、今季のエヴァートンで失敗したロナルド・クーマン監督が教えてくれています。最初の4試合を勝利なしで終えたポチェッティーノ監督は、37節まで2点差以上の敗戦なしという粘り強いチームを創り上げ、最終的にはプレミアリーグ3位でフィニッシュ。元よりプレミアリーグとヨーロッパリーグで11人全員を入れ替えるなどの大胆な采配に着目していたのですが、チャンピオンズリーグ出場権獲得に漕ぎ着けたこの年の采配を見て、スパーズはさらに強くなると確信しました。

昨季のチャンピオンズリーグは「死のリーグ」でグループステージ敗退に終わったものの、今季はレアル・マドリード相手に1勝1分と大健闘。ラウンド16で試合巧者ユーヴェに逆転負けし、上位進出は叶いませんでしたが、ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセンなど主力が残れば次のシーズンも期待できるのではないでしょうか。いや、すみません。こういった話題は、チームがプレミアリーグ4位以内を確定させてからのほうがいいですね。トッテナムの「走るサッカー」が好きな私としては、チャンピオンズリーグだけでなく、指揮官争奪戦(があればですが…)でもレアル・マドリードを撃破していただければと切に願っております。いい知らせを楽しみに待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ