目標は今季の残留か、将来の栄光か…エヴァートンの新指揮官は残留請負人サム・アラダイス!

ウェイン・ルーニーがハットトリックを達成し、今季プレミアリーグで初めて2点差以上の勝利を挙げたウェストハム戦。グディソンパークのスタンドで、サム・アラダイスが10番のスーパーゴールに拍手を送っているのを見て、エヴァートンもようやく次の指揮官が決まったのだなと思いました。翌日、大方の予想通りビッグ・サムの就任発表。デヴィッド・アンズワース暫定監督の下で2勝1分5敗と停滞を続けていたチームは、そろそろ止血しないといけない頃合いでした。63歳になった元イングランド代表監督の18ヵ月という短い契約期間は、その役割があくまでもリリーフであることを物語っています。

中田英寿が一時期在籍していたボルトンをプレミアリーグ6位に押し上げ、2005-06シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)でベスト32進出。ビッグ・サムの履歴が紹介されるとき、このエピソードが早いタイミングで語られるのは、多くの期間を残留を心配しながら過ごした指揮官がトップリーグを率いた経験がないからでもあります。ボルトンと結んでいた10年という長い契約を解除して挑んだ2007-08シーズンのニューカッスルでは、就任から8ヵ月後に戦績不振によって解任。「長年の夢だった」と語ったイングランド代表監督の座は、FAが禁じている選手の第三者保有ルールを批判したことや架空契約の仲介がおとり取材で判明したために、1戦1勝という数字しか残せず2ヵ月で終わりを告げました。

今度のクラブは、1888年にスタートしたフットボールリーグの最初のシーズンから参加している名門です。直近22年はタイトルから遠ざかっているとはいえ、イングランドリーグ優勝9回、FAカップ5回、1984-85シーズンにはカップ・ウィナーズカップを制覇。2016年3月にファルハド・モシリ氏が筆頭株主になると、エヴァートンは新スタジアム建設に乗り出し、夏には8人のインターナショナルに1億5000万ポンド(約228億円)を投じる大型補強を断行してビッグクラブの一角に食い込もうとしています。野心溢れるクラブと、5月にクリスタル・パレスを離れる際に引退の可能性を示唆していた残留請負人は、頭の中ではどうしても結びつきません。

2011年から4年率いたウェストハムでは、ロングフィードを多用する戦術が守備的でつまらないと批判されたものの、残留危機に瀕していた昨季のクリスタル・パレスではベンテケにハイボールを集める弱者のフットボールが功を奏し、チェルシー、リヴァプール、アーセナルを次々と倒して14位フィニッシュ。「エヴァートンは、放っておくと降格まである」と危機感を募らせるなら、ビッグ・サム招聘は的を射たテコ入れなのだろうと思います。しかし、クラブはワトフォードのマルコ・シウヴァ監督やバーンリーの躍進で注目が集まるショーン・ダイチェといった若い監督をターゲットとしていたと伝えられており、ルーニーやシグルズソンを加えたチームを欧州行きのチケット獲得圏内に引き上げられるタレントを求めていたはずです。一見、妥協とも受け取れる今回の指揮官招聘の是非については、プレミアリーグファンの間でも意見が分かれるのではないでしょうか。

賛成派は、「まずは残留」「守備が崩壊しているクラブにはうってつけ」。懸念を示す側の主張は「継続性を欠く」「ロングフィード主体の戦術ではプレミアリーグTOP10が精一杯」「戦力充実のクラブはいい指揮官を得れば立ち直るので、”とりあえず残留”という中2階は必要ない」といったところでしょうか。両者が一致しそうなのは、「ビッグ・サムのエヴァートンの降格はない」という1点です。今季の注目ポイントは、獲得したビッグネームと成長著しい若手選手が輝くかどうか、そしてシーズンオフには指揮官の残留があるかどうかでしょう。まずは、緒戦となるハダースフィールドとのホームゲームのスタメンに注目したいと思います。カルヴァート・ルーウィン、トム・デイヴィス、ジョンジョ・ケニー、ヴラシッチ、ルックマン、バニンギム、サンドロ・ラミレスといった将来が楽しみなプレーヤーたちが、ベテラン指揮官の下でうまく成長しますように…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今季は既に5チームが監督交代を決断!プレミアリーグの「秋の解任」は成功か、失敗か!?

Does sacking a manager in October or November work?(10月か11月にマネージャー解任に踏み切りますか?)」。こんな問いかけを見出しにしているのは、イギリスメディア「BBC」です。今季プレミアリーグでは、既に5人の監督がクラブを追われています。9月11日、開幕からたった4試合で道を閉ざされたフランク・デブール監督は史上初の「ノーゴール全敗解任」。10月に入ると、レスターのクレイグ・シェイクスピア監督が上がり目なしとジャッジされ、エヴァートンを降格ゾーンに落としてしまったロナルド・クーマン監督もアウト。さらに今月、プレミアリーグ18位と低迷していたウェストハムのスラベン・ビリッチがチームを去り、WBAの「残留請負人」トニー・ピューリスまでもが職を失いました。「BBC」によると、11月までに5人解任は過去4番めのハイペース。ラスト1週間でもうひとり加われば、3シーズンあった6人に並び、「Seasons with most upheaval(最も激動のシーズン)」のトップに加わります。

さて、ここからが本題です。「BBC」が話題にしているのは「結局、秋の解任はうまくいったのか」。監督があっけなくクビにされる風潮に異を唱えたいプレミアリーグファンとしては、戦績やポジションが下がっているほうに賭けたいのですが、過去10シーズンの新監督10人中9人が1試合あたりの勝ち点を増やしています。2008-2009シーズンに最下位だったファン・デ・ラモス監督からバトンを受けたハリー・レドナップ監督は、スパーズを8位にジャンプアップさせました。2013-14シーズンにイアン・ホロウェイ監督をフォローしたクリスタル・パレスのトニー・ピューリスは、1試合あたりの勝ち点を3倍以上に増やして19位から11位に躍進しています。

ビッグクラブでは、2015年の10月に解任となったブレンダン・ロジャースは10位でしたが、ユルゲン・クロップ監督に代わって8位フィニッシュ。2012-13シーズン、CL制覇から半年も経たないうちにクビを宣告されたチェルシーのディ・マッテオ監督は、プレミアリーグ3位につけながらのセンセーショナルな「Sacked」でしたが、後任のラファエル・ベニテスに2.0対2.1と僅差でかわされています。唯一失敗したのは、2009-2010シーズンにポール・ハート解任の後を受けたアブラム・グラント監督ですが、ポーツマスの順位は最下位のまま変わりませんでした。20位で引き受け、底に沈んだままでシーズンを終えた監督が3人いますが、それ以外の7つの例では3位のままだったベニテスを除く全員が順位を上げています。

「秋の解任」に成功例が多いのは、時間が経つにつれて減っていく優秀な監督を早期にアサインでき、戦術変更や冬の補強による立て直しが間に合うからではないでしょうか。10人の後任監督を見ると、ハリー・レドナップが2回、ユルゲン・クロップ、ラファエル・ベニテス、トニー・ピューリス、サム・アラダイス、マーティン・オニールと錚々たる顔ぶれが並んでいます。今季は、秋に決断した5クラブのうち、後任が決まっているのは3クラブ。レスターのオファーを受けたクロード・ピュエル監督や、ウェストハムに招聘されてテンションが上がっているデヴィッド・モイーズ監督にとっては、試合あたりの勝ち点改善率90%という数字はポジティブです。

全敗のチームを引き受けたロイ・ホジソン監督は、既に試合あたりの勝ち点数で前任者を上回るのは確定していますが、11人めの成功例となるためにはシーズン終了まで残らなければなりません。直近の10年でシーズン中に最も多くの監督が解任された月は、16人もいなくなった12月です。冬の移籍市場が始まる直前にテコ入れしようと考えるクラブオーナーが多いなかで、就任時よりも17位との差が開いているホジソン監督は「2人めだから安泰」とはいえません。レスターは18位から暫定11位に順位を上げていますが、モイーズ監督のハマーズは1分1敗と渋いリスタート。エヴァートンとWBAは、監督探しの結論がまだ出ておりません。それぞれの秋のジャッジは、先例の多くが示す通りに吉と出るのでしょうか。降格率は30%と、なかなかの高確率ですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

直近26戦3勝&観客減少はさすがにきつい…WBAの「残留請負人」トニー・ピューリスがついに解任!

プレミアリーグ開幕から連勝スタートながら、その後の9試合で1回も勝っていないのは知っていましたが、ニュースを見るまでは彼は大丈夫とどこかで高をくくっていました。しかし、あらためてここまでの足跡を見れば、クラブのこの判断はやむなしです。WBAのトニー・ピューリス、ついに解任。2014年12月29日、WBAはこのシーズンに初めてプレミアリーグで指揮を執ったアラン・アーヴァイン監督を解任し、ウェールズ出身の残留請負人を招聘しました。ニューイヤーズデイにやってきたピューリス監督が立て直しに着手したとき、チームは4勝5分10敗で現在と同じ17位でした。戦う姿勢と一体感をチームにインストールし、シンプルな戦術を徹底させるのがうまい指揮官は、残りのシーズンを7勝6分5敗と巻き返し、13位にジャンプアップ。2016-17シーズンを14位で終えると、昨季プレミアリーグでは12勝9分17敗でTOP10フィニッシュを達成しました。ダレン・フレッチャーこそチームを去ったものの、代役としてギャレス・バリーを獲得し、ギブス、ジェイ・ロドリゲス、クリホヴィアクといった実力者を加えたWBAは、今季も上位クラブにとってやっかいな存在であり続けるだろうと思われました。しかし…。

10位という昨季の最終順位と開幕2連勝に目を奪われてしまいましたが、凋落への道は3月から続いていたのでしょう。2016-17シーズンの26節まで11勝7分8敗と勝ち越していたWBAは、突然ゴール欠乏症に陥り、最後の12試合を1勝2分9敗と失速。最終ラインのドーソン、マコーリー、ジョニー・エヴァンス、ニョムはスタメン固定で、前線にはサロモン・ロンドンとロブソン=カヌしかいなかったチームは、主力に25歳以下がゼロ。30代が6人おり、ベテランの経験値を活かして春まではがんばったものの、プレミアリーグで4番めに走るサッカーを続けているうちに疲労が抜けなくなったのではないでしょうか。今季プレミアリーグにおける2勝4分6敗は勝率16.7%ですが、2015年の就任から昨季終了までは29勝27分38敗で勝率30.9%。ピューリス監督の勝率が最も低かったのは1992年~94年のボーンマス時代の29%で、これよりもはるかに悪い数字となれば、「簡単にはしない決断(ジョン・ウィリアムズチェアマン)」に走ったクラブを責められないでしょう。

それでも、クラブを降格させたことがない監督を切ることに対して、異議のある方もいらっしゃるでしょう。「残留が目標のクラブにとって、彼ほど実績を残した監督はなかなかいない」という主張に対しては、WBAの経営陣はこちらの数字をプレゼンしたほうがいいと思われます。「BBC」によると、ピューリス監督が就任した2014-15シーズンは平均観客数が25064人だった本拠地ホーソンズは、昨季は23876人に減少しています。ポゼッション率40.6%はプレミアリーグ最下位、1試合あたりのシュート数8.6は下から2番め。盛り上がるシーンが少ないチームはサポーターの不興を買っており、「利益のため」と語ったチェアマンの言葉からはマッチデイ収入の減少を看過しないという意志が感じられます。ここまでお伝えしてきたことが解任の理由であることは、次のメッセージからも明白です。

We are in a results business and over the back end of last season and this season to date, ours have been very disappointing.(われわれは結果のビジネスであり、昨シーズンのバックエンドと今季のここまでの日々に大きな失望があった)/ジョン・ウィリアムズチェアマン)」

フランク・デブール、クレイグ・シェイクスピア、ロナルド・クーマン、スラヴェン・ビリッチ、そしてトニー・ピューリス。今季プレミアリーグで解任の憂き目に遭った5人のうち、戦績を見て非情という言葉が浮かぶのは、負けた4試合がアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リヴァプールだったレスターの監督ぐらいです。プレミアリーグの直近26試合を3勝6分15敗では、「クラブもそれなりに我慢した」という言葉にうなずかざるをえません。直近10年で、年間の監督交代(シーズン終了後も含む)が最も少なかったのは、2010-11シーズンと2014-15シーズンの9人。このペースなら、年明けまでに職を失う監督がもう1~2人は出るのではないでしょうか。下位5クラブを見ると、解任されていない指揮官がひとりだけいます。スウォンジーのポール・クレメント監督は、アブラハム以外で点が取れないチームを早期に改善しなければなりません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今季はここまで4人とハイペース…プレミアリーグの監督解任が相次ぐ「危険な月」をリサーチ!

クリスタル・パレスのフランク・デブール監督は就任から77日、プレミアリーグ4戦4敗ノーゴールで解任。2月にラニエリ監督解任の後を継いだクレイグ・シェイクスピア監督は、219日でレスターを去ることになりました。その6日後にエヴァートンから解任を宣告されたのは、ロナルド・クーマン監督です。昨季プレミアリーグでチームを7位に導いたオランダ人監督は、アーセナルに5発決められて降格ゾーンの18位に転落するという厳しい状況を許してもらえませんでした。ウェストハムのスラヴェン・ビリッチ監督が解任されたのは11月6日、ロンドンスタジアムのリヴァプール戦で惨敗した2日後です。クラブは、インターナショナルマッチウイークの入り口というタイミングを狙っていたのでしょう。解任発表の翌日、デヴィッド・モイーズ監督の就任が発表されています。

イギリスメディア「スカイスポーツ」が、プレミアリーグが創設された1992年からの監督解任のタイミングをリサーチ。指揮官たちが、「sack」という忌まわしい言葉を突きつけられる最も危険な月は11月だとレポートしています。実際には最多は5月の48件なのですが、これはシーズン終了後という妥当なタイミングでの指揮官交代が多く含まれているからです。11月にクラブを去った監督は32人、次に多いのは12月の31人。プレミアリーグでシーズンを全うしたければ、最初の3ヵ月が重要ということになります。

「スカイスポーツ」が調査した過去25年では11月がデンジャラスなのですが、直近3年を切り取ってみると、状況は変わってきていることがわかります。2015-16シーズンは、10月4日にディック・アドフォカートとブレンダン・ロジャースが同日解任。月末にはアストン・ヴィラのティム・シャーウッドがクビを宣告されており、このシーズンの途中解任は10月の3人が最多でした。2016-17シーズンは、10月にフランチェスコ・グイドリンがスウォンジーを去っており、11月は前年に続いてゼロ。最初のチェックポイントは、プレミアリーグ開幕から7~8試合というタイミングに短縮されています。

ここを乗り越えた監督たちに、次に黄色いシグナルが点滅するのが12月です。2015-16シーズンはスウォンジーのガリー・モンクとチェルシーのジョゼ・モウリーニョ。翌シーズンは、クリスタル・パレスのアラン・パーデューと10月にスワンズに来たばかりだったボブ・ブランドリーが、ボクシングデーをはさんで相次いで職を失っています。11月まで解任ゼロと指揮官たちにとって穏やかな秋だった2013-14シーズンも、クリスタル・パレスのニール・ワーノックとWBAのアラン・アーヴァインが年末に飛んでいます。今季は9月にフランク・デブール、10月に2人。スラヴェン・ビリッチは、久しぶりに11月のニュースになった指揮官でした。

プレミアリーグに冬の移籍市場再開という仕組みがなければ、12月の監督交代ラッシュはタイトなスケジュールを避けて前後にずれるのではないかと思われます。現在のレギュレーションでは、前半戦が終わる前に新しい指揮官を招聘しておけば、1月のマーケットで新戦術に必要な選手を獲得することができます。過去3シーズンで12月と1月に監督交代を発表した7クラブのうち6つが、1月5日までに次の監督を決めています。今季はここまで4人と、直近4シーズンのなかでは最高のペースですが、5週間後からさらに動くクラブはあるのでしょうか。

「スカイスポーツ」は、スウォンジーのポール・クレメント、WBAのトニー・ピューリス、サウサンプトンのマウリシオ・ペジェグリーノのプレッシャーが高まっていると伝えています。ストークのマーク・ヒューズは泰然としており、ボーンマスのエディ・ハウは17位でも至って冷静ですが、あのジョゼ・モウリーニョですらつまずいた季節に、彼らを対象外とする理由はありません。年末年始が無風で終わることはないでしょう。プレミアリーグの新常識は、「まずは10月、次に年末」です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ