デブライネの穴を埋めた男…今季のマンチェスター・シティはベルナルド・シウヴァに注目!

昨季プレミアリーグで37試合8ゴール16アシストのケヴィン・デブライネは、14試合1ゴール0アシスト。9ゴール11アシストだったダヴィド・シルヴァも、プレミアリーグ26試合6ゴール6アシストと数字を落としています。主軸のスタッツがこれだけ悪化すれば、戦績が大きく落ちるのが普通ですが、マンチェスター・シティは24勝2分4敗でリヴァプールと首位争いを展開。2敗でフィニッシュした2017-18シーズンほどの絶対的な強さはありませんが、30勝の大台は越えてきそうです。夏のMF補強はゼロだったペップは、どんな魔法を使ってチームのクオリティを維持したのでしょうか。最も大きな変化は、ベルナルド・シウヴァの本格化です。

今年のチームを牽引しているのは、ダヴィド・シルヴァの後継者と目されているポルトガル代表MFといい切っても差し支えないでしょう。入団初年度は先発15試合に留まりましたが、2年めは既に25試合でスタメン起用されています。「今のチームは、ベルナルドと残り10人で成立している。彼を外すのはほぼ不可能だ」と絶賛したペップは、ユーティリティ、チームプレー、運動量、戦術理解度、テクニックなどあらゆる面でワールドクラスと評価しています。

「これまで見てきたなかで、最高のタレントのひとりだ。3つ~4つのポジションでプレイできる。彼自身、8番と9番ではうまくいかないのをわかっているけどね」「今季の彼は、プレミアリーグのベストプレーヤーだろう。よく走るよね。彼と一緒にいられるなんて信じられないくらい幸せだ」

2017-18シーズンはプレミアリーグ35試合6ゴール4アシスト、今季は29試合5ゴール6アシスト。主要スタッツは大して変わっておらず、デブライネの穴はまったく埋まっていないと見る向きもあるかもしれません。そんな方々には、こちらの数字を見ていただきましょう。ビッグチャンスクリエイトは3回から10回にUP、2本しかなかったスルーパスは7。彼の真骨頂である正確なロングボールは、21本から64本へと3倍増です。

深い切り返しでDFをかわし、ゴールに向かうクロスを入れてくるのが最も危険な瞬間。ウイングをまかせれば、サラーに負けない鋭さで中に斬り込み、真ん中に入ると広い視野を活かした危険なパスが左右に通ります。右サイドが主戦場ですが、最近はしばしば左サイドへも出没。レロイ・サネの出番を減らしたベルナルド・シウヴァは、「サイドにいるプレーメイカー」という新境地を開拓したといえるのかもしれません。リヴァプールとの天王山では、プレミアリーグ最長の13.7kmを走破し、貴重な勝利に貢献しました。まさにチームのエンジン。マン・シティが優勝したら、MVPに指名したくなる獅子奮迅の活躍ぶりです。

ペップが彼を溺愛するのは、フットボーラーとして一流という理由ばかりではないでしょう。控えにまわされても文句をいわずに黙々とトレーニングを続け、いじられキャラでロッカールームの笑いの中心となる人柄も、今や欠かせないパーツなのだと思われます。デブライネやフェルナンジーニョが不在のマン・シティがなぜ強いのか不思議と感じていた方は、残り8試合は20番を追いかけてみてください。サラー、エジル、ウィリアン、アレクシス・サンチェス、デル・アリのいいところをミックスしたようなオールラウンダーが、いかにチームに貢献しているかを目の当たりにするはずです。(ベルナルド・シウヴァ 写真著作者/Антон Зайцев)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

7発ゲットのセルヒオ・アグエロが2月MVP!負傷に泣いたエースは、今年こそ年間MVPなるか⁉

予想通りというしかありません。プレミアリーグ2月のMVPはセルヒオ・アグエロ。最優秀監督は4戦4勝12ゴールのペップ・グアルディオラです。マンチェスター・シティのエースについては、プレミアリーグ4試合7ゴールという数字自体もさることながら、アーセナルとチェルシー相手にハットトリックという偉業を評価しないわけにはいきません。

1月末には5ゴール差をつけられていたモー・サラーを一気にかわし、18ゴールで得点王争いのトップに躍り出た10番は、最後までハイペースをキープできるでしょうか。直近6試合で1ゴールと今季最大の不振に陥っているサラーが調子を取り戻せず、優勝が遠のいたハリー・ケインが得意の追い込みを見せられなければ、プレミアリーグのトロフィーも得点王もアグエロのものとなるはずです。

プレミアリーグ在籍8シーズンめで、20発以上を5回も記録しているアグエロですが、得点王の座を射止めたのは1回のみ。モウリーニョ監督のチェルシーが制覇した2014-15シーズンに33試合26ゴールという数字を残しており、この年ブレイクしたハリー・ケインに5本差をつけて頂点に立っています。ハットトリック11回は、アラン・シアラーと並ぶ最多記録。2月27日のウェストハム戦で決めたPKでプレミアリーグ通算161ゴールとなり、イングランドにやってきた南米選手では、カルロス・テベスを70発以上も引き離すぶっちぎりのTOPです。これだけの選手が得点王1回に留まり、年間MVPに1度も輝いていないのは、シーズンを通じてコンスタントに活躍したという印象がなかったからでしょう。

マン・シティ初年度の2011-12シーズンは、彼にとって唯一の「長期離脱がなかったシーズン」でした。その後の7年は、どこかで必ず4試合連続以上のお休みがあり、25試合21ゴールの昨季も2月10日のレスター戦で4発の固め獲りに成功した後、11試合中8試合を欠場しました。PFAのベストイレブンは、2017-18シーズンが初めての選出。2006-07シーズンのアトレティコ・マドリードでミスタをベンチに送り込んでから、レギュラーの座を明け渡したことが1度もない選手ですが、不思議なぐらい年間表彰に縁がありません

そんなベテランストライカーに、最大のチャンスが訪れています。4月のスパーズ戦で決めれば、ビッグ6との直接対決で全チームからゴールゲットとなります。前回の得点王の際は、最後の7試合で9ゴールという確変を起こしていますが、同じようなペースで量産できれば、今度こそ文句なしでMVPを獲得するのではないでしょうか。

サラーとハリー・ケインに1年前の勢いはなく、オーバメヤンはベンチスタートを強いられることもしばしばあります。デブライネは負傷が多いシーズンを過ごしており、身内に敵なし。ポール・ポグバは前半戦の沈黙を咎められるでしょう。最も怖いのは、リヴァプールを革命的に変えたヴィルジル・ファン・ダイク。直近7試合で6ゴールと好調のサディオ・マネには負けるわけにはいきません。レッズに優勝をさらわれることになれば、鉄壁CBか快足ウインガーにもっていかれる可能性大。久しぶりのプレミアリーグ連覇に加えて、チャンピオンズリーグとFAカップをさらうことができれば、30歳の大台に乗ったストライカーはバロンドールまで手に入れられるかもしれません。

残り9試合、リヴァプールとの差は1ポイント。アグエロにまず望むのは、ケガなくシーズンを終えることです。マン・シティ、レッズ、スパーズ、ガナーズ…エースストライカーたちが、最後まで真価を発揮し続けるエキサイティングなシーズンになることを期待しています。リヴァプールの初優勝を観たい気分はありながら、アグエロが評価されるシーズンになってほしいという願望も捨てられません。いやー、ここはフットボールの神様に決めていただきましょう。今夜の相手は、難敵ワトフォードです。ゴールゲットなるか、アグエロ⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

夏にペップが獲得⁉今季ブレイクのイングランド人ヤングスター3人に注目!

「ザ・サン」の記事ですので、移籍関連ニュースとしては怪しいゴシップなのですが、今季プレミアリーグにおける注目選手の紹介と捉えれば非常に興味深いレポートです。「Man City eyeing Wan-Bissaka, Rice and Chilwell in £150m raid for top British talent(マン・シティが狙うワン・ビサカ、ライス、チルウェルといったブリティッシュタレントのトップに、1億5000万ポンドが用意されている)」と題された記事の登場人物は、今季プレミアリーグでブレイクしたイングランドのヤングスターたちです。

ペップが彼らをほしがっているという触れ込みが事実なのかどうかはわかりませんが、近い将来、この3人にトップクラブから声がかかる可能性は極めて高いと思われます。それぞれの足跡と、プレミアリーグでの活躍ぶりを追いかけてみましょう。

ウェストハムでアンカーに定着したデクラン・ライスは、最初のクラブに見離されてよかったのではないでしょうか。14歳までチェルシーユース。プレミアリーグで最強の育成システムを持つクラブが契約を見送ったため、ライスはウェストハムのユースに加入してプロ契約を結びました。U-23チームでキャプテンを務めた後、2016-17シーズンの最終節のバーンリー戦でプレミアリーグデビュー。昨シーズンの後半戦からレギュラーに定着し、ディオプとバルブエナというプレミアリーグ初年度コンビの負担を軽くする存在として、なくてはならない選手になりつつあります。

2018年3月に19歳でアイルランド代表のピッチに立ったライスは、ロンドンで生まれ育っており、イングランド国籍も保持していました。1月に20歳になり、イングランド代表をめざすと宣言したことで注目の的となったアンカーは、スリーライオンズでもレギュラーポジションを狙えるタレントだと思います。チェルシーに残っていたら…ジョルジーニョとカンテがいるクラブでは、チャンピオンシップのクラブやエールディヴィジにレンタルされ、見どころのある若手という評価で止まっていたかもしれません。マン・シティに移籍してフェルナンジーニョの後釜として活躍できれば、若き日のキャリア選択は100%成功です。

クリスタル・パレスのユースにこんなに素晴らしい選手がいたのかと驚愕させられたのが、21歳の右SBアーロン・ワン=ビサカです。2018年2月のスパーズ戦でプレミアリーグデビューし、昨季は7試合に出場。レギュラーに抜擢された2018-19シーズンは、8月と9月にクラブの月間MVPに選ばれる活躍を披露し、秋にはジャーナリストたちの関心を集めていました。マンチェスター・シティが狙っていると噂されたのは11月。プレミアリーグ26節までのタックル数96はグイェと並んで1位、インターセプト59回は4位、1試合あたりのドリブル成功数がDFでは最多の1.7回というアグレッシブなプレイがペップに気に入られたのでしょうか。12月にクリスタル・パレス戦に敗れた後、カイル・ウォーカーを3試合外したペップは、存外本気で獲得を狙っているかもしれません。

バンジャマン・メンディが2シーズン連続で長期離脱となり、マン・シティの弱点となっている左SBに、レスターで主力となっているベン・チルウェルを入れるのはいいアイデアだと思います。今季プレミアリーグのスプリント回数No.1で、中央に斬り込んで放つシュートも脅威となっている22歳が、早晩ステップアップをめざすというのはメディアの共通認識です。3人の移籍云々については夏にならないと答えは出ませんが、ご存じなかった方は、彼らのプレイに注目していただければと思います。アーセナルの左サイドやマンチェスター・ユナイテッドの右サイドなど、上位クラブのウィークポイントに推薦したくなる素晴らしいタレントです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

中盤センター、コンパニの代役…マンチェスター・シティが冬に獲りたい有望な若手7人!

32勝6分勝ち点102、得点114失点16。ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティが現在のペースで走り続ければ、プレミアリーグ史上最高の数字で着地することになりますが、あながちない話でもなさそうです。昨季プレミアリーグアシスト王のケヴィン・デブライネが機能しないまま、首位を快走し続けているチームに死角は見当たらず。鬼門のアンフィールドをスコアレスドローでクリアし、あのザ・インヴィンシブルズ以来の無敗優勝が現実味を帯びてきました。「スカイスポーツ」の「What do Manchester City need in the January transfer window?(マンチェスター・シティは1月のトランスファーウインドウで何が必要?)」という記事のタイトルを見ると、ため息が出ます。守護神エデルソンが夏までリタイアとなれば一大事ですが、フィールドプレーヤーに関しては、誰を欠いてもペップはあっさり穴を埋めてしまいそうです。

夏にフレッジやジョルジーニョを獲り逃したといわれてはいるものの、フェルナンジーニョがいなくなっても、ギュンドアンやジョン・ストーンズが代役を務めれば大した問題にはならないでしょう。「ダヴィド・シルヴァがアンカー」などというプランが成功してしまえば、むしろ手に負えません。やっかいなのは、スターリング、ダヴィド・シルヴァ、ジョン・ストーンズと中央でもサイドでも機能する選手が揃っていることで、最前列、真ん中、後方の綻びはすべて彼らがフォローしてしまうものと思われます。

「マンチェスター・イブニング・ニュース」が実施したサポーターアンケートでは、中盤の選手が必要という声が過半を占めておりましたが、これについては「33歳になったフェルナンジーニョの後継者がそろそろほしいね」といった中長期的視点のお話と捉えても差し支えないでしょう。前述の「スカイスポーツ」の記事が挙げていたのは、ウルヴスのルベン・ネヴェス、アヤックスのフレンキー・デヨング、リヨンのタンギ・エンドンベレ。全員21歳で、既にチームの主軸として活躍しているMFです。視野が広く、相手に的を絞らせない配球ができるルベン・ネヴェスは、12試合フル出場で2ゴールを決めており、今季プレミアリーグの最大の発見といっても過言ではないでしょう。パスセンスが素晴らしいデヨングは、ダヴィド・シルヴァの系譜を継ぐ者と捉えたほうがしっくりきます。

攻めっ気の強い2人は、6000万ポンド(約86億円)程度で獲得できるといわれておりますが、正統派アンカーのエンドンベレには7000万ポンド(約101億円)という高額ののタグが付いているようです。運動量とボール奪取力が光るフランス代表より、ネヴェスのほうがペップ好みに見えますが、ホルヘ・メンデスのコネクションでポルトガル代表を集めた野心溢れるウルヴスが移籍を認めるでしょうか。ペップの下でプレーしたがっているといわれるデヨングのほうが、獲得におけるハードルは低そうです。

「スカイスポーツ」は、21歳トリオ以外にもペップのターゲットをピックアップしています。ブレシアの18歳MFサンドロ・トナーリ、パリの生え抜きアドリアン・ラビオ。セントラルMF以外では、コンパニの後釜を物色しているようで、デヨングの同僚の19歳CBマタイス・デ・リフトや、ボーンマスの最終ラインを統率するナタン・アケの名前が挙がっています。ああ、何てペップらしいチョイス。デ・リフトやアケは、水色のシャツを纏って後方でパスをまわすイメージが湧きます。実際に獲得するのはひとりか、2人か。2ヵ月後には、デブライネが完全復活したうえに中盤センターが厚みを増した「盤石のマン・シティ」を見ることになりそうです。うう…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

売上は5億ポンドを突破!マン・シティ躍進の10年を振り返る「Decade in data」がおもしろい!

総収入は初めて5億ポンド(約735億円)を突破し、10年連続の増収。利益は1040万ポンド(約15億3000万円)で、4年連続の黒字決算です。マンチェスター・シティが2017-18シーズンの事業報告書をリリースしました。史上最多の106ゴールなど25のリーグ記録を塗り替え、勝ち点100に到達したぶっちぎりのプレミアリーグ制覇とリーグカップ優勝。就任2年めで2冠を達成したペップ・グアルディオラ監督のチームづくりについて、カルドゥーン・アル・ムバラク会長は「2017-18シーズンは歴史に残るだろう。信じられないほどの素晴らしいサッカーを誰もが目撃した。監督と選手、スタッフのハードワークを誇りに思う」と、手離しで称賛しています。

日本語サイトのTOPニュースは、ここまでのお知らせで終わっているのですが、英語サイトには彼らの10年の足跡をビジュアライズしてまとめた「Decade in data」へのリンクがあります。2007-08シーズンまではプレミアリーグの中堅クラブだったマン・シティは、2008年9月にアブダビ・ユナイテッド・グループ・フォー・デベロップメント・アンド・インベストメントに買収されました。このとき、レアル・マドリードからロビーニョを買ったのがトップクラブをめざす最初のアプローチ。「An era of evolution(進化の時代)」と題されたレポートに、ワールドクラスを呼び寄せて急激に強くなった躍進の足跡が記されています。

2010-11シーズンにFAカップ優勝、翌シーズンには「アグエロの93分20秒」で44年ぶりとなるリーグ制覇。資本注入からの10年で、プレミアリーグ優勝3回、FAカップ1回、リーグカップ3回と7つのメジャータイトルを制しています。ヤヤ・トゥレ、ダヴィド・シルヴァ、セルヒオ・アグエロ、ヴァンサン・コンパニ。主力に据えるべく獲得したタレントの人選は的確でした。Webサイトのページの後半には、ペップ・グアルディオラのチームが記録した数々のレコードがこれでもかと並んでおり、「イングランドにおけるUEFAランキングNo.1」「1ゴールを決めるまでにかかる時間は、143試合107ゴールのアグエロが107分で最短」と胸を張られると、深々と首を垂れるしかありません。残念ですが、認めましょう。直近の10年は、サー・アレックス・ファーガソンのチームからマン・シティとチェルシーに覇権が移った時代でした。

興味深いのは、財務データでみる10年です。2008-09シーズンの総収入は8700万ポンド。2億ポンドを超えたのは2011-12シーズンで、そこからの6年で売上は倍増しています。2008年にエティハド航空がスポンサーになり、2011年にはナイキが参入。翌年にニューヨーク・シティFCが立ち上がり、2014年には日産とパートナーシップを締結しています。メルボルン、横浜、ニューヨークをつなぐ「ワールドワイドなフットボールクラブチェーン」の後に着目したのは、中国とのリレーションシップ。シティサッカースクールは、2015年から中国教育省と連携しており、最初の3年で35万人の子どもを育成する計画となっています。2017-18シーズンにはAmazonと提携。2007-08シーズンには24社だったパートナーは54社に増え、2300万ポンドしかなかったコマーシャル収入は、2億1800万ポンド(約320億円)に増加しました。ブランド価値は、10年前の3300万ポンドから29倍となる9億5300万ポンド(約1400億円)に膨らんでいます。

インフラや世界戦略まで紹介し始めると大変なボリュームになってしまうので、昨年度の決算の範囲に話を留めます。最後に紹介したい数字は「収入における人件費比率52%」です。数年前は、選手獲得のための法外な移籍金&サラリーとダブついたスタッフの賃金で、人件費比率が100%を超えていたクラブが、よくぞここまで改善しました。ファーガソン&ヴェンゲルがプレミアリーグを席巻した時代があったため、イングランドでは長期政権がもてはやされる傾向がありましたが、これはあくまでも短期契約の更新を続けた結果論。インフラ、育成、世界的なマネタイズを視野に捉えた中長期的な経営戦略を構築しつつ、監督と選手についてはクイックに是非を判断する短期的なPDCAサイクルをまわすのが、クラブ経営のあるべき姿なのだと思います。5億ポンドですか。数年後には、お隣を抜いて世界一に躍り出るかもしれませんね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ