主力の移籍報道、CL出場権剥奪の可能性…不穏な話題が多いマン・シティ、補強は慎重モード?

就任初年度をプレミアリーグ3位で終えたペップ・グアルディオラが、圧倒的な最強チームを創り上げるべく2回めの夏に手掛けた改革は、最終ラインの入れ替えでした。2017年の夏に放出した12人のうち、後方のベテランは5人。カバジェロ、クリシー、サニャ、サバレタ、コラロフに加えて、SBとしても使われていたヘスス・ナバスや中盤の底を締めていたフェルナンドもチームを去ることになりました。彼らに取って代わったのは、エデルソン、カイル・ウォーカー、ダニーロ、バンジャマン・メンディ、ラポルテ。フィールドプレーヤーのようにプレイできるGKと、中盤に関与するセンスがあるDFを揃え、ペップはプレミアリーグ連覇につながる基盤を築き上げたのでした。

あれから2年を経て、ペップ4度めの夏。極上のマジシャンと見紛うような稀代の名将は、新たなリスクを抱えています。インサイドでは、長年クラブを支えてきたキーマンの高齢化。外圧は、FFP違反によるペナルティです。フェルナンジーニョ34歳、ダヴィド・シルヴァ33歳、セルヒオ・アグエロ31歳。プレミアリーグ21ゴールのストライカーは、もうしばらくトップレベルをキープしてくれそうですが、中盤の2人はフルシーズン活躍するのが難しくなるかもしれません。昨季終盤のダヴィド・シルヴァは、明らかに運動量が落ちていました。

フェルナンジーニョの不在は、中盤ならどこでもこなせるギュンドアンがフォローしてくれれば話が早いのですが、契約が残り1年となったドイツ代表MFは、出場機会を増やすべく移籍を検討していると伝えられています。8番以外では、バイエルンが狙っているといわれているレロイ・サネ、2020年の夏に契約満了となるダヴィド・シルヴァ&ファビアン・デルフ、売却が噂されるダニーロが契約を延長するのかが気になります。積極的に補強すると伝えられていたマン・シティですが、所属する選手を売るか残すかで優先順位が変わるため、慎重モードになっているようにも見えます。

コンパニの後釜と目されるデ・リフトやマグワイヤを本気で獲りにいっているようには感じられず、ヨヴィッチはあっさりレアル・マドリードに決まってしまいました。ブスケツを彷彿とさせるアトレティコ・マドリードのロドリと、CLで苦しめられたリヨンのフセム・アワールが中盤におけるペップのお気に入りと伝えられていますが、未だオファーには至らず。「獲れたらダニーロを売る」と報じられたユーヴェの右SBジョアン・カンセロは、最低でも4500万ポンドが必要といわれており、数回にわたる交渉で具体的な話は交わされていないようです。

補強同様に気になるFFP違反疑惑のほうは、UEFAのクラブ財務管理機関(CFCB)がチャンピオンズリーグ出場権剥奪を勧告すると見られており、「ガーディアン」によると、マン・シティは6月6日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に対して調査に妥当性がないとする申し立てを行ったとのこと。記事によると、裁定が下っていない現段階では控訴は認められていないため、昨夏のACミランが成功した上訴は処分確定後のプロセスになる見通しだそうです。CL出場権剥奪は、マーケットにおける投資規模の縮小や獲得候補のモチベーション低下につながる怖れがあり、様子見を決め込む理由のひとつとなっている可能性があります。

ペップ就任初年度は、保有戦力と弱点を把握しながら補強を進める「手探りの夏」。プレミアリーグ制覇を遂げた2年めは、最終ラインを刷新しつつ前線も強化する「大胆な夏」。連覇をめざす3年めは、マフレズのみの獲得でシャッターを降ろした「熟成の夏」…。国内3冠を達成して本丸のCLを勝ちにいく2019-20シーズンは、ベテランの見立て、主力の契約延長交渉の成否、UEFAの動向などをにらみながら補強総額と優先順位を固めていく「ナーバスな夏」になりそうです。ライバルクラブは、マン・シティが静かなうちに意中のタレントを獲得したほうがいいのかもしれません。王者はどのタイミングで牙を剥くのでしょうか…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「My last as a Blue」…誇らしく、苦しかった11年。ヴァンサン・コンパニからの惜別の言葉。

アーロン・ラムジー、アンデル・エレーラ、ダニー・ウェルベック、ペトル・チェフ…プレミアリーグを盛り上げてくれた個性的な選手たちが、今季をもって次々と退団します。アントニオ・バレンシア、ガリー・ケーヒル、ファン・マタからも、近々同じような発表があるかもしれません。このオフにプレミアリーグに別れを告げる選手のなかで「最も大物は?」といわれれば、チェルシーとアーセナルで18回のタイトルを獲得しているチェフですが、昨日退団のメッセージを配信したレジェンドも、トータル12回のタイトルホルダーです。マンチェスター・シティのキャプテン、ヴァンサン・コンパニ。2008年から水色のシャツを着ているCBは、ラムジーと同じ11シーズンをイングランドで過ごしました。

公式戦360試合出場20ゴール、プレミアリーグでは265試合出場167勝50分48敗で18ゴール。入団初年度に10位だったクラブを、ダヴィド・シルヴァやセルヒオ・アグエロ、ヤヤ・トゥレらとともにTOP4の常連に引き上げました。コンパニの11年は、3つの時代に分かれるのではないでしょうか。2008年からの3シーズンは、トップクラブの仲間入りを果たすための「成り上がり期」。2010年から2014年までは、ロベルト・マンチーニやマヌエル・ペジェグリーニの下で最強の称号を得た「絶頂期」。直近の4年は、負傷に悩まされてシーズン20試合出場もままならなくなり、後進にポジションを譲った「苦難期」。私たちプレミアリーグファンにとっては、絶頂期に見せてくれた憎らしいほどの鉄壁の守備こそがコンパニですが、ご本人にとって最も忘れ得ぬ時代は、最後の数年なのでしょう。Facebookで発表した惜別のメッセージには、思い通りにプレイできなかった苦しみが滲み出ています。

I will never forget how all Man City supporters remained loyal to me in good times and especially bad times. Against the odds you have always backed me and inspired me to never give up.(マン・シティのサポーター全員が、いい時期はもちろん、とりわけ悪い時期も忠誠を尽くしてくれたことを忘れることはないだろう。困難のなかでも、みなさんは常に私を後押しし、諦めないように奮い立たせてくれた)」

A special word also to Pep and the backroom staff: you’ve been superb. You’ve followed me through so much hardship. You made me come back stronger every time. Thank you so much.(ペップとバックルームのスタッフにも、特別な言葉を捧げたい。あなたたちは素晴らしかった。多大な困難を乗り越えさせ、強さを取り戻せるようにしてくれた。本当にありがとう)」

Community Shield Winners! Back 2 back League Cup Winners! Back 2 back Champions of England! FA Cup Winners!」。前人未到の国内トレブル、コミュニティシールド制覇、プレミアリーグとリーグカップの連覇を祝う書き出しで始まるメッセ―ジが伝えていたのは、苦しい時代に支えてくれた人々への感謝ばかりではありません。インテリジェンス溢れるキャプテンが、仲間たちをいかに愛していたか。マンチェスター・シティが、いかに離れがたい場であったか。私は、今季こそはリヴァプールに悲願のプレミアリーグ制覇を達成してほしかったのですが、長いメッセージを締める最後の数行に触れて、これでよかったのだと思いました。

The end of this season couldn’t be more memorable.
I have lived the dream here.
I have learned so much the last 3 years.
From an incredible manager.
Pep Guardiola reignited my love for the game.
I’ve witnessed, participated, analyzed, absorbed, studied.
Man City play the football I want to play.
It is the football I want to teach and to see played.

(今シーズンの終わりほど、記憶に残るものはないだろう。
私はここで夢を見続けて過ごした。
最後の3年で、多くのことを学んだ。
信じられないほどの力量を持つマネージャーから。
ペップ・グアルディオラはゲームに対する愛を再燃させてくれた。
見て、やって、分析して、学んだ。
マン・シティのフットボールは私がプレイしたいものだ。
教えたくなり、観続けたいフットボールだ)

リヴァプールの追撃を振り切り、優勝を確信したのは、37節のレスター戦で彼のスーパーミドルがゴール右隅に突き刺さった瞬間でした。

アンデルレヒトでプレーイングマネジャーとして戦う道を選んだレジェンドに、感謝とリスペクトを捧げたいと思います。11年間、ありがとうございました。あなたが統率したマン・シティは、いつも素晴らしいチームでした。

We’ve just seen the close of an incredible season. My 11th as a Blue. And I cannot believe I’m writing this but ... also my last as a Blue.

彼の心の奥底にある寂しさや晴れやかさを理解するまではできないとしても、私たちは同じような気分の一端を共有できているのではないでしょうか。素晴らしいシーズンが幕を閉じました。あなたを観続けて11年。今、そのメッセージを読んでいるのが信じられないけれど…あなたがブルーでいる最後の時


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

FFP違反と契約違反…国内トレブル目前のマンチェスター・シティが問われる2つの疑惑!

日本のメディアは「来季のチャンピオンズリーグ出場権はく奪の可能性」と煽っていますが、元ネタの「ニューヨーク・タイムズ」は、次のシーズンか2020-21かは不透明と報道。「BBC」は「控訴した後、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴訟を起こせるため、来季のコンペティティヴは対象にならない」という見解を示しています。昨年、ドイツの有名週刊誌「デア・シュピーゲル」が敢行したリークがきっかけとなり、1月から調査が始まったマンチェスター・シティのFFP違反疑惑。プレミアリーグを連覇し、週末のFAカップ決勝で国内トレブルをめざすクラブは、最大の目標であるビッグイヤーへのルートを奪われるピンチに直面しています。

調査の対象になっているのは、数百万ポンドに及ぶスポンサーシップ契約です。得られるメリットに対して不当に高額なフィーがマン・シティに支払われているという疑惑が取り沙汰され、元ベルギー首相のイヴ・ルテルム氏をリーダーとするUEFAのクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関(CFCB)が設置した調査委員会が間もなく結論を出すと報じられています。プレミアリーグNo.1クラブは、「CFCBの調査に全面的に協力しており、事情通からのリークを引用したとする『ニューヨーク・タイムズ』の記事に強い懸念を抱いている」と声明を発表。「マンチェスター・シティの会計報告は完全であり、法に則っている。不正会計の告発は完全な誤りであり、CFCBに包括的な事実の証明書を提出した」と抗議しています。

真偽のジャッジは調査委員会とUEFAの裁定に委ねるしかありませんが、2019年3月1日付の「デア・シュピーゲル」の記事は具体的です。彼らと「ニューヨーク・タイムズ」がニュースソースとしたのは「フットボールリークス」でした。ドイツメディアの記事によると、マン・シティの幹部が、UEFAの監査を回避できるスペシャルスキームを考案したのは2012年。コストがオーバーした際に、UAEの国営投資会社やエティハド航空などから提供された裏金を後で支払うことで帳尻を合わせていたと伝えています。メディアは、このスキームの存在を証明するメールや内部文書が発見されていると主張しており、プレミアリーグ王者は、ピッチではめったにお目にかかれない圧倒的に不利な状況に追い込まれているように見えます。

「ニューヨーク・タイムズ」は、「UEFAがペナルティを執行できなければ、2011年以降に導入された財務ルールの公平性が意味をなさなくなる」と主張。「UEFAで財務統制に携わる何人かの職員は、個人的な見解として、われわれの仕事が歯抜けとされれば評判を傷つけられるといっている」。今回の裁定の重要度がいかに高いかが窺えるコメントです。

さらに気になるのは、「BBC」が報じているもうひとつの疑惑です。こちらを調査しているのは、FIFA、FA、プレミアリーグ。イギリスメディアは、チェルシーが咎められたのと同様にユース選手との契約において違反の疑いがあるとして、決定的な証拠が出れば補強禁止処分が下されると報じています。欧州出禁と補強ゼロのダブルを喰らうことになれば、経済的にも戦力的にも大きなビハインドを背負うことになります。2020-21シーズンだけでなく、その後のチーム作りにも影響が残るかもしれません。

あまりに重い本件に、予断をはさむことはできません。2014年に「スポンサーフィーが適正な額とはいえない」とされ、4900万ポンドの罰金を支払った前科1犯のクラブの命運はいかに。「BBC」は、今後の48時間でUEFAの裁定が下される可能性があると伝えていますが…。(エティハド・スタジアム 写真著作者/Profile)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

デブライネの穴を埋めた男…今季のマンチェスター・シティはベルナルド・シウヴァに注目!

昨季プレミアリーグで37試合8ゴール16アシストのケヴィン・デブライネは、14試合1ゴール0アシスト。9ゴール11アシストだったダヴィド・シルヴァも、プレミアリーグ26試合6ゴール6アシストと数字を落としています。主軸のスタッツがこれだけ悪化すれば、戦績が大きく落ちるのが普通ですが、マンチェスター・シティは24勝2分4敗でリヴァプールと首位争いを展開。2敗でフィニッシュした2017-18シーズンほどの絶対的な強さはありませんが、30勝の大台は越えてきそうです。夏のMF補強はゼロだったペップは、どんな魔法を使ってチームのクオリティを維持したのでしょうか。最も大きな変化は、ベルナルド・シウヴァの本格化です。

今年のチームを牽引しているのは、ダヴィド・シルヴァの後継者と目されているポルトガル代表MFといい切っても差し支えないでしょう。入団初年度は先発15試合に留まりましたが、2年めは既に25試合でスタメン起用されています。「今のチームは、ベルナルドと残り10人で成立している。彼を外すのはほぼ不可能だ」と絶賛したペップは、ユーティリティ、チームプレー、運動量、戦術理解度、テクニックなどあらゆる面でワールドクラスと評価しています。

「これまで見てきたなかで、最高のタレントのひとりだ。3つ~4つのポジションでプレイできる。彼自身、8番と9番ではうまくいかないのをわかっているけどね」「今季の彼は、プレミアリーグのベストプレーヤーだろう。よく走るよね。彼と一緒にいられるなんて信じられないくらい幸せだ」

2017-18シーズンはプレミアリーグ35試合6ゴール4アシスト、今季は29試合5ゴール6アシスト。主要スタッツは大して変わっておらず、デブライネの穴はまったく埋まっていないと見る向きもあるかもしれません。そんな方々には、こちらの数字を見ていただきましょう。ビッグチャンスクリエイトは3回から10回にUP、2本しかなかったスルーパスは7。彼の真骨頂である正確なロングボールは、21本から64本へと3倍増です。

深い切り返しでDFをかわし、ゴールに向かうクロスを入れてくるのが最も危険な瞬間。ウイングをまかせれば、サラーに負けない鋭さで中に斬り込み、真ん中に入ると広い視野を活かした危険なパスが左右に通ります。右サイドが主戦場ですが、最近はしばしば左サイドへも出没。レロイ・サネの出番を減らしたベルナルド・シウヴァは、「サイドにいるプレーメイカー」という新境地を開拓したといえるのかもしれません。リヴァプールとの天王山では、プレミアリーグ最長の13.7kmを走破し、貴重な勝利に貢献しました。まさにチームのエンジン。マン・シティが優勝したら、MVPに指名したくなる獅子奮迅の活躍ぶりです。

ペップが彼を溺愛するのは、フットボーラーとして一流という理由ばかりではないでしょう。控えにまわされても文句をいわずに黙々とトレーニングを続け、いじられキャラでロッカールームの笑いの中心となる人柄も、今や欠かせないパーツなのだと思われます。デブライネやフェルナンジーニョが不在のマン・シティがなぜ強いのか不思議と感じていた方は、残り8試合は20番を追いかけてみてください。サラー、エジル、ウィリアン、アレクシス・サンチェス、デル・アリのいいところをミックスしたようなオールラウンダーが、いかにチームに貢献しているかを目の当たりにするはずです。(ベルナルド・シウヴァ 写真著作者/Антон Зайцев)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

7発ゲットのセルヒオ・アグエロが2月MVP!負傷に泣いたエースは、今年こそ年間MVPなるか⁉

予想通りというしかありません。プレミアリーグ2月のMVPはセルヒオ・アグエロ。最優秀監督は4戦4勝12ゴールのペップ・グアルディオラです。マンチェスター・シティのエースについては、プレミアリーグ4試合7ゴールという数字自体もさることながら、アーセナルとチェルシー相手にハットトリックという偉業を評価しないわけにはいきません。

1月末には5ゴール差をつけられていたモー・サラーを一気にかわし、18ゴールで得点王争いのトップに躍り出た10番は、最後までハイペースをキープできるでしょうか。直近6試合で1ゴールと今季最大の不振に陥っているサラーが調子を取り戻せず、優勝が遠のいたハリー・ケインが得意の追い込みを見せられなければ、プレミアリーグのトロフィーも得点王もアグエロのものとなるはずです。

プレミアリーグ在籍8シーズンめで、20発以上を5回も記録しているアグエロですが、得点王の座を射止めたのは1回のみ。モウリーニョ監督のチェルシーが制覇した2014-15シーズンに33試合26ゴールという数字を残しており、この年ブレイクしたハリー・ケインに5本差をつけて頂点に立っています。ハットトリック11回は、アラン・シアラーと並ぶ最多記録。2月27日のウェストハム戦で決めたPKでプレミアリーグ通算161ゴールとなり、イングランドにやってきた南米選手では、カルロス・テベスを70発以上も引き離すぶっちぎりのTOPです。これだけの選手が得点王1回に留まり、年間MVPに1度も輝いていないのは、シーズンを通じてコンスタントに活躍したという印象がなかったからでしょう。

マン・シティ初年度の2011-12シーズンは、彼にとって唯一の「長期離脱がなかったシーズン」でした。その後の7年は、どこかで必ず4試合連続以上のお休みがあり、25試合21ゴールの昨季も2月10日のレスター戦で4発の固め獲りに成功した後、11試合中8試合を欠場しました。PFAのベストイレブンは、2017-18シーズンが初めての選出。2006-07シーズンのアトレティコ・マドリードでミスタをベンチに送り込んでから、レギュラーの座を明け渡したことが1度もない選手ですが、不思議なぐらい年間表彰に縁がありません

そんなベテランストライカーに、最大のチャンスが訪れています。4月のスパーズ戦で決めれば、ビッグ6との直接対決で全チームからゴールゲットとなります。前回の得点王の際は、最後の7試合で9ゴールという確変を起こしていますが、同じようなペースで量産できれば、今度こそ文句なしでMVPを獲得するのではないでしょうか。

サラーとハリー・ケインに1年前の勢いはなく、オーバメヤンはベンチスタートを強いられることもしばしばあります。デブライネは負傷が多いシーズンを過ごしており、身内に敵なし。ポール・ポグバは前半戦の沈黙を咎められるでしょう。最も怖いのは、リヴァプールを革命的に変えたヴィルジル・ファン・ダイク。直近7試合で6ゴールと好調のサディオ・マネには負けるわけにはいきません。レッズに優勝をさらわれることになれば、鉄壁CBか快足ウインガーにもっていかれる可能性大。久しぶりのプレミアリーグ連覇に加えて、チャンピオンズリーグとFAカップをさらうことができれば、30歳の大台に乗ったストライカーはバロンドールまで手に入れられるかもしれません。

残り9試合、リヴァプールとの差は1ポイント。アグエロにまず望むのは、ケガなくシーズンを終えることです。マン・シティ、レッズ、スパーズ、ガナーズ…エースストライカーたちが、最後まで真価を発揮し続けるエキサイティングなシーズンになることを期待しています。リヴァプールの初優勝を観たい気分はありながら、アグエロが評価されるシーズンになってほしいという願望も捨てられません。いやー、ここはフットボールの神様に決めていただきましょう。今夜の相手は、難敵ワトフォードです。ゴールゲットなるか、アグエロ⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ