売上は総額1億ポンド!? マンチェスター・シティが15人を放出するってホントですか?

プレミアリーグのトップクラブにのし上がってからのマンチェスター・シティは、思い切った投資で大物選手を獲得する姿ばかりが目立っていました。1年前は、ジョン・ストーンズ、ギュンドアン、レロイ・サネ、ノリート。スターリングやデブライネ獲得が話題になった一昨年ほどの派手さはありませんが、4750万ポンドのジョン・ストーンズを筆頭に高価な選手を集めており、総額1億5000万ポンド以上の大商い。この夏も、プレミアリーグのライバルに先駆けてベルナルド・シウヴァとエデルソンをゲットしています。ペップ2年め、勝負の年。いつもどおりマン・シティの快進撃は続くものと思われました。

一方で例年と違ったのは、契約満了となった30代の選手をまとめて放出したことです。サバレタ、ヘスス・ナバス、クリシー、サニャ、カバジェロ。いずれもピークを過ぎた感はありますが、カバジェロは昨季プレミアリーグ後半戦のレギュラーGK、ヘスス・ナバスとクリシーは20試合以上出場していた選手です。30代が12人と高齢化が進んでいたとはいえ、ペップは思い切りました。さらにエネス・ウナルをビジャレアルに送り出すと、アーロン・ムーイはハダースフィールドへ。34歳のヤヤ・トゥレは残したものの、ベテランとサブの選手を大量放出して筋肉質になったスカッドは、あとは新戦力を迎えるのみ…と思いきや、アメリカメディア「ESPN FC」は、これからの大掃除は今まで以上に忙しいと主張しています。

彼らがリストアップした退団候補は、何と8人。ついつい忘れがちですが、他クラブにレンタルされていた4人はすべて夏のセールの目玉商品です。エデルソンとブラボがいるチームでは出番がないジョー・ハートには、ニューカッスルとウェストハムがローンで獲りたいといっているようですが、マンチェスター・シティは完全移籍でなければ受け付けず。週給10万ポンドの元エースGKに、1800万ポンド(約26億5000万円)というタグをつけてエデルソンに費した移籍金の一部を取り戻そうとしています。

セヴィージャで活躍したサミル・ナスリは、積極的に起用してくれたホルヘ・サンパオリ監督がアルゼンチン代表監督に就任したため、残留は望み薄。ドーピング疑惑の結末が気になるものの、1000万ポンド(約14億7000万円)はお買い得です。バレンシアでプレイしていたエリアキム・マンガラにはリヨンが興味を持っていると報じられており、1800万ポンドあれば商談成立の可能性大。マン・シティで振るわなかったボニー・ウィルフリードは、ストークでもプレミアリーグ11試合2ゴールと沈黙しており、1000万ポンドで売りさばくのは難しいかもしれません。

残りの4人は、昨季プレミアリーグでパッとしなかったノリートとデルフ、新シーズンは出番がまわってこないかもしれないイヘアナチョとフェルナンドです。イヘアナチョについては、「BBC」がレスターに移籍間近と伝えており、2500万ポンド(約36億8000万円)で決着する見通し。アーロン・ムーイとエネス・ウナル売却で既に2000万ポンドをゲットしているクラブは、在庫一掃セールでトータル1億ポンド(約146億円)の売上をめざしているそうです。こんなにお金をかき集めて、誰を獲ろうとしているのでしょうか。アレクシス・サンチェスの希望年収が1560万ポンド(約22億4000万円)、移籍金が5000万ポンドとしてもおつりが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

コラロフ、サニャ、クリシー、ヘスス・ナバス…退団続出で一気に進むペップの世代交代策!

プレミアリーグ2016-17シーズンを総括する記事を書こうと思っていたのですが、こちらのニュースが気になりました。ペップ初年度をプレミアリーグ3位で終えたマンチェスター・シティは、一気に世代交代を進めるようです。先日、9シーズンを過ごしたチームを離れると発表したパブロ・サバレタに続き、30代の選手が4人同時に退団発表です。不振のブラボに代わってゴールマウスに立ち続けたウィリー・カバジェロ、マン・シティの6シーズンでプレミアリーグ137試合に出場した左SBガエル・クリシー、フランス代表67試合というキャリアを活かして右サイドを安定させたバカリ・サニャ、ドリブルと運動量を武器にプレミアリーグ121試合出場を果たしたヘスス・ナバス。クラブの公式サイトが、各選手とペギリスタインFDのメッセージを紹介しています。

彼らの今季の数字を振り返ってみましょう。プレミアリーグにおける出場試合数は、カバジェロが17、サニャは3月の負傷もあって16に留まり、ヘスス・ナバスは24試合、クリシーは25試合。2月にブラボからレギュラーの座を奪ったカバジェロは、堅実なプレイで13失点に抑え、11勝4分1敗という高い勝率を残しています。5敗のブラボがチェルシー、レスター、エヴァートンに3失点以上を奪われているのに対して、カバジェロのゲームはすべて2失点以内。出場試合数ではバルサから来たGKに劣るものの、数字は明らかに上回っています。

サバレタとサニャの併用でスタートした右SBは、ペップにとって懸案のポジションでした。指揮官のオーダーは、サイドに張るだけでなく中に入って中盤に厚みを築くことだったと思われますが、両サイドのSBでそれができるのは、フェルナンジーニョとコラロフだけでした。峠を過ぎたサバレタと34歳になったサニャ、縦にしかいかないクリシーはペップの眼鏡にかなわなかったのだと思われますが、「ワールドクラスのひとりであるサンチェス相手に素晴らしい仕事をした。彼はいつもベストを尽くす」とアーセナル戦後にほめていたヘスス・ナバスは残すものとばかり思っていました。契約満了が指揮官の意向なのか選手の希望なのかはわかりませんが、彼もまた、サイドアタッカーとしてもSBとしても求めるタイプではないのかもしれません。それにしても、右サイドを守れる選手を一気に3人放出するとまでは想像していませんでした。

主力に30代が12人いたペップのチームは、あっという間に7人まで減りました。残っているのは、ブラボ、コンパニ、コラロフ、フェルナンジーニョ、ヤヤ・トゥレ、ダヴィド・シルヴァ、ノリート。さらに放出があるとすれば、プレミアリーグにフィットしていないブラボ、サネとガブリエウ・ジェズスに押し出されたノリート、そしてヤヤ・トゥレでしょうか。代理人とペップの確執の影響で3ヵ月出番がなかったヤヤ・トゥレは、ギュンドアンの負傷もあってアンカーのポジションをまかせられると、25試合に出場して5ゴールをゲット。技術とパワーは衰えを感じさせないのですが、スピーディなパスワークを生んでいるとはいえず、夏に出ていくという噂が絶えません。

ガブリエウ・ジェズス、サネ、アグエロ、スターリング、イヘアナチョ、ダヴィド・シルヴァ、デブライネと前にはタレントが揃っているマンチェスター・シティが、後ろのポジションの強化に成功すれば、手がつけられなくなりそうです。カスパー・シュマイケル、ケイラー・ナヴァス、ボヌッチ、コラシナツ、ファビーニョ、キミッヒ、チェンバレン…のの夏は、どんな新戦力を補強するのでしょうか。来季は無冠に終わるわけにはいかないペップの改革に注目したいと思います。(ヘスス・ナバス 写真著作者/joshjdss)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

直近8戦でわずか2勝、TOP3には勝利なし…ペップ・シティが勝てなかった理由を探る!

マンチェスター・ユナイテッドがオールド・トラフォードで残念なドローを続け、プレミアリーグ4位が難しくなりつつある状況のなか、なぜ私がマンチェスター・シティを心配しているのかと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。いちばん大きな理由は、元来が八方美人で、リヴァプールもアーセナルもトッテナムもチェルシーも、隣町のライバルでさえも、試合を観るたびに「いいじゃないですか。おもしろい!」と心を動かされてしまうからなのですが、もうひとつ挙げるとすれば、今季のマンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ5位以下が妥当であると考えているからです。モウリーニョ体制初年度の攻撃戦術は、TOP4に値するとはいえないでしょう。もちろん、他が崩れてタナボタでいただけるなら喜んで!という気持ちはあるのですが、アーセナルやマン・シティの試合を観ながら「頼むから負けてくれ」と祈るほどの情熱はありません。

何しろ、たったの51ゴール。昨季より増えてはいるものの、10位ボーンマスと1ゴールしか違わない数字です。ボーンマスは、プレミアリーグで唯一「英国系とアイルランドの選手しかゴールを決めていない」チーム。彼らに対して、パリのエースやドルトムントのアタッカーに加えてプレミアリーグNo.1の高給取りまで擁するチームが、同じようなゴール数に留まっていてはいけません。一方で守備力は目に見えて向上しており、さすがモウリーニョ監督と評価しつつ来季以降には期待しているものの、今季はプレミアリーグ連続無敗記録を29に伸ばして静かに終わっていただき、ヨーロッパリーグ制覇でCL出場権獲得をと願っている次第であります。

さて、本題は心配なマンチェスター・シティです。ペップ・グアルディオラが率いるチームが、直近のプレミアリーグ8試合を2勝5分1敗とくすぶっている理由がわかりません。不振のチームは、その多くが背景や理由を想像できるものです。1月のリヴァプールは、過密スケジュールによって「走るサッカー」が電池切れ。2月以降のアーセナルは、バイエルンショック、エジルの不振、監督と主力選手の契約に関する過熱報道。直近のマンチェスター・ユナイテッドはズラタンやポグバ、CBなど負傷者続出。これらが直接的に戦績に影響する度合いはさまざまですが、「確かにそれはあるかも」とうなずく方はいるでしょう。

8戦のうち、4つが上位との直接対決だったのですが、実力的には1勝もできないチームではないでしょう。エティハドだったにも関わらず、28節のストーク戦はスコアレスドロー。そして2-2で引き分けたミドルズブラは、年明けからのプレミアリーグ15試合でわずか7ゴール、2点獲ったのはハル・シティ戦のみという貧攻の19位です。ダヴィド・シルヴァやヤヤ・トゥレ、ジョン・ストーンズを欠いてはいたものの、2回もリードを許していい相手ではありません。現在も不在の長期離脱選手はギュンドアンぐらい。このところ軽傷で使えない選手が何人か出てはいましたが、コンパニとガブリエウ・ジェズスが復帰してきており、戦力的な痛手は3位以下のライバルと比べればさほど大きくありません。

あらためて、全体の戦績と数字を見てみましょう。昨季と比較すると、4位は同じ。得失点差28は昨季の30とさほど変わらず、TOP3に勝っていないのも同じです。さらに個々の選手たちの数字と活躍ぶりまで踏み込んでみると、他クラブに対して決定的に足りないことがあるのに気がつきます。「レギュラーに定着したといえる新戦力が、サネしかいない」。プレミアリーグ23試合出場のジョン・ストーンズは、攻撃への貢献というプラスよりもミスが目立ち、ブラボも安定感を欠いて2月から8試合に渡ってカバジェロにゴールマウスを譲りました。ギュンドアンは10試合3ゴールでシーズンを終え、後半戦におけるノリートの貢献度はほぼゼロです。ガブリエウ・ジェズスは未来を明るく照らす希望ですが、負傷もあって6試合4ゴール。22試合5ゴールのレロイ・サネが、定位置を確保した唯一の存在でした。

カンテ、マルコス・アロンソ、ワニャマ、マティプ、ワイナルドゥム、イブラヒモヴィッチ、ポグバ、バイリー、ムスタフィ、ジャカ…。他クラブにはいた「チームを変える即戦力」が、ペップ初年度の獲得リストにはほとんど存在しなかったのです。実質的に層が厚くなっておらず、指揮官のコンセプトがしっかり定着したとはいえないマン・シティは、主力を多少欠いただけで全体のクオリティに影響を及ぼすデリケートな状態で、勝てないゲームを積み重ねているのではないでしょうか。

直近のDF陣で最も若いのは29歳のオタメンディ。中盤も、プレミアリーグアシスト王のデブライネを除けば、ダヴィド・シルヴァ、ヘスス・ナバス、フェルナンジーニョの31歳トリオと33歳のヤヤ・トゥレが主軸です。開幕当初は、これぞペップのサッカーとうならせる速いパスワークと機能的なプレスを披露していたチームは、自信をキープできずに元の姿に回帰してしまったようにも見えます。今季、ペップの戦略・戦術にフィットしきれなかった選手たちのなかで、次のシーズンはよくなる選手もいると思われますが、大胆な若返りとペップイズムを体現する人材のさらなる獲保に打って出なければ、マンチェスター・シティの強化は時間がかかりそうです。ペップは、どんな収穫を残して2年めに向かうのか。昨季のラスト4試合で5ゴールと固め撃ちを決めたイヘアナチョは、20歳になった今シーズンこそブレイクするのではないかと期待していたのですが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

明日の勝利と世代交代をどう両立させるのか…ペップ・グアルディオラの1月補強&若手抜擢に注目!

「デイリー・メール」が、ペップ・グアルディオラ監督のプレミアリーグの戦績が、就任初年度の自己ワーストであると報じていました。2008-09シーズンのバルセロナでは、20試合終了時で17勝2分け1敗、63得点14失点。前シーズンにユップ・ハインケスが3冠を達成していた1強バイエルンでは18勝2分け、53得点9失点と敵なし。バルサでは初年度にスペイン史上初の3冠、バイエルンの1年めでもブンデスリーガ、DFBポカール、UEFAスーパーカップと3つのタイトルを獲得していたペップは、今季のマンチェスター・シティでは13勝3分け4敗、41得点22失点。明らかに数字を落としているだけでなく、チェルシーに勝ち点7差をつけられてプレミアリーグ4位と、タイトル奪取が厳しい状況に追い込まれつつあります。

前の2チームには、世界一の代表チームの主軸とリーグ最高といわれる選手がいたのに対して、マンチェスター・シティの戦力はライバルと比べて抜きん出ているわけではありません。唯一のイングランド代表レギュラーだったジョー・ハートをイタリアに出してしまい、スターリングとジョン・ストーンズは発展途上。エースのアグエロが健在とはいえ、他にワールドクラスといえる選手はデブライネぐらいしか見当たりません。3チームの勝ち点や得失点は、いかにも「データ大好きイギリスメディア」が食いつきそうな数字ですが、単純比較にはさほど意味が…いや、それ以前に、勝って勝って欧州の頂点に立つことを求められたバルサやバイエルンと、今のマン・シティではペップのミッションは違うのだと思われます。名将が託されたのは、初年度から飛ばすことではなく、「チームの創り直し」「長期的な視座に立った基盤づくり」であるはずです。

ブラボ、カバジェロ、サニャ、サバレタ、クリシー、コラロフ、コンパニ、ヘスス・ナバス、フェルナンジーニョ、ダヴィド・シルヴァ、ヤヤ・トゥレ、ノリート。30代の選手で1チーム作れてしまいそうなマンチェスター・シティは、黄金時代の最終ライン全員とギグス、スコールズをあっという間に失ったファーガソン晩年のマンチェスター・ユナイテッドと、同じ危機を迎えているのだと思います。エヴァートンの少ない予算で切り盛りした経験しかなかったモイーズ監督は残念ながら力不足で、「勝ち続けながら世代交代」という難しいミッションは、ペップ、モウリーニョ、シメオネといった世界屈指の監督を招聘しなければ達成できなかったでしょう。マン・シティは、並みの監督ならチャンピオンズリーグ出場権すら失いかねない大変な状況にあるのです。首位と7差の13勝3分4敗というここまでの数字を「よくはないが、失格ではない」とするならば、目を向けるべきは過去のペップではなく今後のチーム作りです。

「来季プレミアリーグ制覇、さらに3年以内に欧州で勝つ」という仮のヴィジョンを置いて夏の補強と現有戦力を見ると、気になるのは「SBの入れ替えを進めなかったこと」「若いGKを連れてこなかったこと」「スターリング以外の若手に成長感が乏しいこと」「中盤センターがフェルナンジーニョ頼みであること」です。GKについては、足元が確かだという理由でブラボを獲得するより、成長余力のある若手をジョー・ハートと競らせる「チェフVSクルトワ」「ブラボVSシュテーゲン」のような構えのほうがよかったのではないかと思います。「コンパニが使えないのは想定外だった」と語るペップが短期的にCB強化を望むのは理解できますが、長期的に見ればSBこそがこの冬の最重要補強ポイントなのではないでしょうか。ウェストハムと当たってしまったFAカップで、メンバーを落としづらかったのは確かですが、成長を促したいイヘアナチョを使うにはうってつけの試合でした。明日勝つための手と、2~3年後のための布石をバランスよく打てれば理想的ですが、今のペップは前者に偏っているように感じます。

ファン・ダイクやラポルテなど、CB獲得の噂が聞こえてきていますが、モナコの右SBファビーニョや、ボルシアMGのダフードなど懸案のポジションを併せて強化できればなおよし。高齢化著しいGKとSBに若い力を足さなかったために、世代交代の時計を1年遅らせてしまった感はあるものの、冬にうまく仕込めれば半年分は巻き返せます。ポストフェルナンジーニョについては、ペップ好みの「CBにもまわせるセントラルMF」を狙うのもよさそうです。トップクラブゆえ、1年めは勝たなくてもいいなどということはありませんが、今季にこだわりすぎると下り坂のベテランが続々抜けるであろう来夏以降が厳しくなります。この1月は次世代に向けたペップらしい補強を見せていただき、後半戦においては、レロイ・サネの飛躍とパルメイラスから合流したガブリエウ・ジェズスの抜擢にも期待したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ