ライバルの背中が見えた!マンチェスター・シティが11年連続増収となる売上750億円を達成!

サー・アレックス・ファーガソンの勇退以降、プレミアリーグの頂点から遠ざかったマンチェスター・ユナイテッドは、7位、4位、5位、6位、2位、6位。2010年代に入ってからビッグクラブの仲間入りをしたマンチェスター・シティは、直近6年を1位、2位、4位、3位、1位、1位と隣町のライバルを完全に引き離しています。混乱の最中にあるマンチェスター・ユナイテッドの命綱は、オールド・トラフォードのキャパシティとブランド力に支えられた収益だったのですが、プレミアリーグを連覇したクラブは、こちらでもついにTOPの背中を捉えたようです。

2018-19シーズンに6億2710万ポンド(約881億円)を売り上げたマン・ユナイテッドが、CL出場権を失った今季の着地予測を5億6000万〜5億8000万ポンド(約787億円〜815億円)としているのに対して、先頃発表されたマン・シティのアニュアルレポートによると、2018-19シーズンの売上は5億3520万ポンド(約750億円)となっています。11年連続の収入増で、前年の5億50万ポンド(約701億円)からは6.9%UP。チケットやユニフォーム売上などマッチデイ収入は5670万ポンドから5500万ポンドに減り、コマーシャル収入も2億3230万ポンドから2億2700万ポンドに落ちているものの、テレビ放映権料が2億1150万ポンドから20%UPの2億5320万ポンドに伸長しています。経営陣は、国内トレブルを達成したペップに足を向けて寝られないでしょう。

ちなみに、マンチェスター・ユナイテッドの数字はライバルとは好対照です。2019-20シーズンの予測を見ると、スポンサーシップによる収益が増加している一方で、放映権料だけで990万ポンド(約14億円)もダウン。プレミアリーグで6位に沈み、ヨーロッパリーグにまわったのが最大の理由で、「戦績はわれわれのコマーシャル収入に影響を与えない」というウッドワードCEOの言葉が虚しく響きます。ペップがクラブに初のビッグイヤーをもたらすことができれば、マン・シティは収益面でもライバルを抜き去るかもしれません。

最終的な利益が1010万ポンド(約14億円)であることを発表したカルドゥーン・アル・ムバラクチェアマンは、「これらは単年の成果ではなく、10年間のハードワークを表している」と自画自賛。「組織は、複数年サイクルのプランによって熟成できるレベルにある」と、トロフィーの数に左右されない基盤の存在を強調しています。「これらの栄光は、アクシデントではない」と語るのはフェラン・ソリアーノCEO。「緻密に計画されたプロダクト、継続的なハードワーク、謙虚かつハングリーな姿勢を保ち続けるのが重要」「われわれが成功したかどうかは、シーズンエンドの4月~5月に美しいサッカーをしているか、タイトルを争えたかで測られる」と、ライバルのCEOとは真逆のスタンスを明らかにしています。

マンチェスター・シティの経営が改善した象徴的な数字が、58%という良好な人件費比率です。リヴァプール、トッテナムとともにプレミアリーグのTOP3を形成するこの水準は、サラリーから導き出した選手たちの価値を実際のパフォーマンスが大きく上回っていることを示しています。「ファンの99%がクラブをポジティブだと感じており、同じく99%がうまく運営されていると評価している。長期ビジョンがあると考えているファンは98%」。王者の鼻息の荒さに触れ、フットボールクラブは勝ってナンボだとあらためて感じる次第であります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

次の試合まで46時間15分!? 年末の過密日程を嘆くペップ・グアルディオラに共感!

Go home, open the fridge and get inside for 48 hours.See you at the Etihad Stadium in two days. I'm not joking.When I open the fridge to make an omelette maybe I talk with my players then, but apart from that, no way(家に帰って、冷蔵庫を開けて48時間入れておこう。エティハドで2日後に会おうってね。ジョークじゃない。オムレツを作るために冷蔵庫を開けたら、選手たちと話すかもしれないけど。それ以外に方法が思いつかない)」

「ジョークではない」、そうでしょう。怒り、諦め、ヤケクソ…?ただでさえタイトなプレミアリーグの年末年始に48時間以内に次の試合を組まれたら、さすがのペップ・グアルディオラも文句をひとつふたつこぼしたくなります。Amazonは、DVDの配送もフットボールも早く届けたほうがいいと考えているのでしょうか。12月に開催される10試合の放映権を買ったグローバル企業は、マンチェスター・シティに厳しいスケジュールを突き付けています。

12月21日に予定されているプレミアリーグ18節のレスター戦までは、通常運転。次節はウルヴスと難敵が続きますが、27日19時45分のキックオフなら中5日です。さて、問題はプレミアリーグ20節、シェフィールド・ユナイテッドとのホームゲーム。29日18時となると、前の試合からのインターバルは46時間15分しかありません。ウォルヴァーハンプトンからマンチェスターに戻り、1日休んだらマッチデーというスーパー過密スケジュール。ニューイヤーズデーにはエヴァートンと戦うことになっており、マンチェスター・シティは年末からの7日間で3試合をこなさなければなりません。

ライバルのリヴァプールも、似たような厳しさかといえばさにあらずです。21日はウェストハム、中4日となるボクシングデ―にレスター。直後の29日に戦うウルヴスは、マン・シティと同じく48時間以内の連戦で疲労を溜めているはずで、24時間余分に休めるレッズにとっては幸運な一戦といっていいでしょう。年が明け、アンフィールドで連戦となる対シェフィールド・ユナイテッドは1月2日にキックオフです。4日、3日、4日という間隔なら毎年恒例。プレミアリーグのタイトな日程に苦言を呈することが多いユルゲン・クロップも、ここだけつまんでツッコミを入れたりはしないでしょう。

最終ラインの軸となるラポルテと、左サイドを主戦場とするレロイ・サネが不在の時期に、最もしんどい連戦を強いられるとは、ペップも運が悪いとしかいいようがありません。2018-19シーズンのプレミアリーグでは、12月8日からの3週間で3敗を喫しており、レッズに7ポイント差をつけられています。今季は既にレッズとの差が8ポイントと苦しい状況に陥っているプレミアリーグ王者は、3連覇をめざせるポジションで2020年を迎えられるのでしょうか。

「ビジネスだからね。誰も選手を気にかけない。彼がケガしてる?オッケー、じゃあ他の誰かでよろしく」「過去に解決した問題は、未来も解決する。それだけだ。ぼやいたり、チェアマンに電話したり、オーナーのところに出向いたりしてもしょうがない。問題が解決しなければ、4つのタイトルは獲れないということだ」

ベストコンディションで戦う2チームのゲームを観たいプレミアリーグファンとしては、「選手が置かれている状況を理解しないパトロンとのお付き合いは、考え直したほうがいいのでは?」と進言したくなりますが、もしかして理解がないのはスポンサーではなく…⁉ もとい、ペップがいいたいことを率直にいわずにガマンしているなかで、外野がファイティングポーズを取るのはやめましょう。マンチェスター・シティが負傷者を大量に出して終戦などということにならないよう、祈るしかありません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

決断はCL次第…地元メディアが「ペップが今季限りで辞任の可能性あり」とレポート!

「マンチェスター・イブニング・ニュース」が、ペップ・グアルディオラ監督が今季限りで辞任する可能性があると報じています。バルセロナとバイエルンでリーグ優勝3回ずつ、マンチェスター・シティでプレミアリーグ連覇と国内トレブルを達成した稀代の名将は、ドイツでは果たせなかった自身3度めのチャンピオンズリーグ制覇が最大のミッション。2019‐20シーズンのプレミアリーグでは、全勝のリヴァプールに8ポイント差をつけられているものの、ラクなグループに入ったCLは予定通りの連勝スタートです。

イングランドにおける戦績は135勝26分25敗。勝率72.6%はバルサ時代を0.1%上回っており、3季連続でCLベスト4を逃していても、当代No.1の指揮官に彼を推す評論家は少なくないでしょう。並の監督なら絶対にやめない水準の強さをキープしている指揮官は、何が起こると辞任を決断するのでしょうか。

What Pep Guardiola has told Man City chairman about when he will leave the club(ペップ・グアルディオラがマン・シティのチェアマンに、クラブを去るかもしれないと伝えた)」と題された記事は、「タイトルを争えないレベルに落ちるか、チャンピオンズリーグで進化を遂げられなかった場合」と報じています。マン・シティの上層部が掲げているCLにおける高い目標を4年連続で外すのは、個人としても現場の責任者としても受け入れられないと考えているのでしょう。見出しにもある通り、既にアルドゥーン・アル・ムバラク会長にも不退転の決意を話しているようで、CLのラウンド16で足をすくわれれば、シーズン終了を待たずに残念なアナウンスがあるかもしれません。

最高のボスが辞任すれば、わが世の春を謳歌していたマン・シティは、一気に過渡期と呼ばれる状況に突入することになるでしょう。33歳になったダヴィド・シルヴァは、9年めとなる今季限りでプレミアリーグから離れると公言しており、31歳のアグエロも「残り2年となった契約を全うしたら、母国のインディペンディエンテに復帰することを考えている」と語っています。プレミアリーグ247試合172ゴールの絶対的エースが抜けた穴は、簡単には埋まらないでしょう。そのうえレロイ・サネがドイツに戻り、スターリングにスペインから声がかかれば、プレミアリーグ最強王者は一気にモデルチェンジを図らなければならなくなります。

バルセロナで4年、バイエルンは3年。燃え尽きる前にクラブを離れるという選択肢を取ってきた名将は、マンチェスター・シティで4シーズンめを戦っています。今季、チャンピオンズリーグを制覇したとしても、2021年までの契約を延長する可能性は極めて低いのではないでしょうか。マン・シティのみならず、プレミアリーグ全体に変革をもたらしたイノベーターのリタイアは、放映権料で潤うリーグの未来に影を差します。圧勝続きの水色のシャツを毎週観ていると、あの監督が出ていってくれればと悪態をつきたくなるのですが(苦笑)、いざ物騒なニュースに触れると、「ペップがいないプレミアリーグを今までのように楽しめるだろうか」という不安が押し寄せてきます。

とはいえ、私たちにできることは、ダヴィド・シルヴァ、アグエロ、ペップがいるマンチェスター・シティを存分に満喫することだけです。チャンピオンズリーグのベスト8が、リヴァプールVSペップとなればテンションが上がります。クロップが敗れればCL連覇の夢が絶たれ、ペップが2年前のリベンジを果たせず返り討ちに遭えば…。スポーツは残酷なエンタ―テインメントで、戦う者たちが失うものが大きければ大きいほど、ファンは熱狂するものです。ペップは、イングランドにおけるチャレンジにどこでピリオドを打つのでしょうか。静かにカウントダウンが始まっているのは間違いなさそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

最強チームのベンチか、中堅クラブのピッチか。不遇の天才フィル・フォーデンは今こそ決断の時。

18歳でプレミアリーグデビューを果たし、ひと頃はサイドにまわされながらもステップアップしているラシュフォードを筆頭に、母国出身のヤングスターたちの活躍が話題になっています。マンチェスター・ユナイテッドに移籍したワン=ビサカは21歳、チェルシーでプレミアリーグ6戦7発のタミー・アブラハムと最終ラインを締めるフィカヨ・トモリも21歳。アグレッシブにゴールを狙うメイソン・マウントは20歳です。アーセナルには、6節のアストン・ヴィラ戦でプレミアリーグ初先発のブカヨ・サカがいます。ヨーロッパリーグのアスタナ戦で決勝ゴールをゲットしたマン・ユナイテッドのメイソン・グリーンウッドは、17歳ながら今季のリーグ戦で4試合に出場しています。

ブレイク寸前の若手たちにスポットライトが当たると、メディアはこぞって不遇の天才にも鋭い視線を送ります。マンチェスター・シティの19歳、フィル・フォーデン。現地メディアのいくつかのレポートは、トーンが一緒です。「BBC」ではスパーズOBのクリス・ワドルが「彼はプレミアリーグで試合に出るべきだ」と主張し、「talkSPORT」ではハマーズやエヴァートンでプレイしていたトニー・コッティが「ベンチでは何も学べない」と嘆いています。U-21代表の主軸となっているフォーデンは、3-2で勝ったトルコ戦と2-0のコソボ戦で活躍した後も、クラブに戻るとワールドクラスの厚い壁に阻まれ、ベンチで出番を待ち焦がれる生活を余儀なくされています。

「今まで見たなかで、最も才能がある」と19歳を激賞するペップ・グアルディオラは、5-0で圧勝した開幕節のウェストハム戦で79分にピッチに送り込んだのが最後の起用となっています。8-0のワトフォード戦は、才気あふれるプレーメイカーのコンディションを上げる絶好の機会でしたが、風邪をひいていたフォーデンはベンチに入れず、ひとつ年下のエリック・ガルシアがプレミアリーグデビューを果たすのを見守るしかありませんでした。

彼がなぜ使われないのかを議論する必要はないでしょう。デブライネ、ダヴィド・シルヴァ、ベルナルド・シウヴァ、ギュンドアン…欧州でも屈指のクオリティを誇る中盤のレギュラーに食い込むのは至難の業。フォーデン自身に大きな課題があるわけではありません。もちろんペップも、同じ見解でしょう。出たいのに出られない選手と、使いたくてもそのタイミングを作れない監督は、互いに背を向けているわけではありません。

「フィル・フォーデンにはとにかく苛立っている。彼は信じられないほど優れたヤングプレーヤーだ。多くの人がファーストチームでトレーニングしているじゃないかというが、それは実戦でプレイするのと同じではない。もっと出場する時間と経験を得る必要がある。彼にとって大事なシーズンなのに。私がフィル・フォーデンだったら、毎週ドアを叩いて、”プレイできないのなら、どこかにレンタルしてくれ”というだろうね」

トニー・コッティの言葉に重ねるように、クリス・ワドルも「プレミアリーグにおける出場時間が必要なんだ。ユーロ2020予選を戦うイングランド代表に呼ばれたメイソン・マウントを見て、あれは自分だったはずと思っているに違いないね」とコメントしています。

現在、各地でカラバオカップ3回戦が行われています。マンチェスター・シティはプレストン・ノースエンドとのアウェイゲームで0-3とリードしており、次のラウンドに駒を進めるのは間違いありません。73分にスターリングがマフレズに代わり、フィル・フォーデンのフル出場が確定しました。この大会では彼はレギュラーですが…と話を振られれば、クリス・ワドルは即座に首を振るでしょう。「Foden not just a Carabao Cup player」。私もそう思います。

アカデミー出身の選手に、クラブを離れろとはいいませんが、バーンリーやブライトンの中盤で半年輝くという未来なら受け入れられるのではないでしょうか。フィル・フォーデンは、プレミアリーグで毎週観たい選手です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

フェルナンジーニョ、カイル・ウォーカー、あるいは…ラポルテを失ったペップの秘策に注目!

プレミアリーグを長らく見続けているわけですが、自力で立ち上がれないほどの痛みに 苦しむ選手を見守る時間は耐えがたいものです。そのアクシデントは、キックオフから33分後に発生しました。エティハドで行われたプレミアリーグ4節、マンチェスター・シティVSブライトン。ドリブルで強引に突破しようとしたウェブスターを止めようと足を出したラポルテは、接触した瞬間に顔をゆがめて右膝を押さえ、立とうとする素振りさえ見せずに担架で運ばれていきました。

「ザ・サン」によると、最終ラインを束ねるCBは膝の靱帯を痛めた可能性が高く、バルセロナのエキスパートを訪ねて検査を受けるとのこと。最悪の場合、プレミアリーグ王者はは2019-20シーズンをラポルテ抜きで戦うことになります。

ジョン・ストーンズを負傷で欠いていたペップは、フェルナンジーニョにCBを託して急場をしのぎました。イングランド代表CBは順調に回復しているといわれていますが、14日にキャロー・ロードで開催されるノリッジ戦に間に合わなければ、本職のCBはオタメンディのみとなります。引き続きフェルナンジーニョにまかせるのか、あるいはカイル・ウォーカーをコンバートして右SBにジョアン・カンセロを配するのか。バンジャマン・メンディの穴をデルフとジンチェンコで埋めた指揮官にとっては、MFを最終ラインにまわすのは特別な起用法ではありません。ビルドアップが下手なCBより、タックルが苦手なMFを優先するのではないかと思われるぐらい、最終ラインにも足下の技術とパスセンスを求める指揮官は、34歳の器用なブラジル人を使い続けるかもしれません。

ペップ・グアルディオラのチームは、今回のアクシデントを乗り切れるでしょうか。「デブライネがあれだけ欠場しても優勝したのだから、CB1枚で動じるわけがない」という楽観主義と、「昨季は、フェルナンジーニョが欠場した年末年始に1勝3敗と崩れており、アンタッチャブルなラポルテ欠場の影響は大きいのではないか」と懸念する向きが両方ありそうです。この二択なら、私は「苦しむ」に1票です。最大の根拠は、ラポルテのビルドアップへの関与度が高かったこと。昨季プレミアリーグで2998本はリーグ3位、今季の324本はTOP。1試合あたりでは86本となり、パス成功率は93%を超えています。8シーズンのトータルが54本(昨季は72本)のジョン・ストーンズや、70本のオタメンディは一気に前線を動かすダイナミズムを落とす可能性があります。

もうひとつの懸念は、フェルナンジーニョとロドリの負担です。前者がCB、後者がアンカーで起用し続けられれば、スケジュールがタイトになる年末にコンディションが下がるかもしれません。「予算がなく、夏のCB獲得を断念した」と語るペップにとって、最も負傷者を出したくなかったポジションにアクシデントが発生したと見ています。サネの負傷はカバーできても、ラポルテは難しいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

とはいえ、私が「苦しむ」としたのは、リヴァプールがあれだけ強いことが前提で、「今季プレミアリーグでは30勝しかできないのではないか」「3年ぶりに5敗してしまうのではないか」といったハイレベルなお話です。バイエルン時代に大量の負傷者を抱えながらも、ダヴィド・アラバとキミッヒをCBに据える奇策で乗り切った名将は、ギュンドアンとバンジャマン・メンディを中央に並べて悠々と3ポイントをゲットしてしまうかもしれません。どうする、ペップ!前半戦をDF6人で戦うというハンデ戦(?)を、3連覇をめざす指揮官がどうしのぐのかに注目しています。キーマンは、ギュンドアン…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ