「今こそ団結の時」…現地メディアが報じたペップの残留宣言に触れて思うこと。

「見ていてほしい。どのリーグで戦うことになったとしても、私はここにいる。リーグ2(4部相当)に入れられたとしても、ここに残るよ。今こそ、一緒にいるべき時間だろう?」。自分たちをプレミアリーグ連覇に導いてくれた最高の指揮官に、これほど情熱的な言葉で団結を請われたら、ノーといえる選手はいないのではないでしょうか。「スカイスポーツ」の記事の見出しは、「Pep Guardiola and Raheem Sterling planning Manchester City stay despite UEFA ban(ペップ・グアルディオラとラヒム・スターリングは、”UEFA ban”があろうとマンチェスター・シティに残ろうとしている)」。ユヴェントスから声がかかったと報じられたペップは、来季もプレミアリーグで…いや、イングランドで戦うと決めているといわれています。

プレミアリーグでは、16勝3分6敗という彼ららしくないスタッツで2位。チャンピオンズリーグのラウンド16の相手は、早いタイミングで当たりたくなかったレアル・マドリードです。スペインの名門に敗れれば、今季のモチベーションは2つの国内カップのみとなります。UEFAに2年のCL出場禁止処分を喰らったクラブが、CAS(スポーツ仲裁裁判所)にすべてをチャラにしてもらえる可能性はゼロに近いでしょう。来季のミッションは、プレミアリーグ制覇か、リーグ2のチャンピオンか。国内トレブルを達成した監督が、次のステップを求めてイングランドに別れを告げる理由は出揃っています。

処分の確定を前に、ペップが選手たちに自らの残留を伝えたとすれば、考えられる理由は3つです。ひとつめは、クラブに対する信頼。経営陣から事情を聞いている指揮官は、リーグ2降格という最悪の事態は起こらないと見切っており、悪いことをしていないクラブを離れるという選択は自らのポリシーに反すると考えているのかもしれません。2つめも彼の哲学に関するものですが、あらゆる契約を全うしてきた指揮官は、自ら辞任を申し出るのはフェアではないと腹をくくっている可能性もあります。これには、「船底に穴が開いた巨大なタンカーから、船長が最初に救命ボートに飛び乗るなどということはありえない」といった気分も乗っかっているかもしれません。

3つめの可能性は、「マンチェスター・シティでチャンピオンズリーグを獲りたい」「マンチェスター・シティこそが、次のCL獲得への最短ルートである」という思いと確信です。「ありたい」「あるべき」なのか、「あるはず」なのかはともかく、「2年の雌伏の時を過ごしたとしても、スペイン以外のクラブでビッグイヤーを制するならここだ」と思い定めているなら、バッドニュースの直後の熱いメッセージも納得です。マン・シティが処分を喰らうレベルの黒あるいはグレーな経営を成していたのは事実ですが、素晴らしい経営手腕によってCL出場権を常時キープするレベルに達した稀有なクラブであるのも事実です。残留宣言をしたのだとすれば、それがどんな理由だったとしても、ペップが経営ボードをリスペクトしているのは間違いないでしょう。

野次馬の帽子を深々とかぶれば、ペップがリーグ2から4シーズンで欧州の頂点に立つというドラマを見てみたい気分にかられます。そこにはどんな選手がいるのか。サポーターはついてくるのか。それらの問いは、マンチェスター・ユナイテッドを応援する自分にも同時に突き付けられます。クラブが4部に落ちても、声を振り絞って応援できるのだろうか。…きっと、できちゃうんでしょうね。われながら立派なプレミアリーグジャンキーだと思います。そしておそらく、息を詰めてペップの動向を見守るあなたも、クロップがもたらす結果に歓喜するあなたも、TVの画面に向かってアルテタを鼓舞するあなたも…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

どうなるマン・シティ!? 「BBC」の名物記者がCL出場禁止処分による影響をレポート!

「マンチェスター・シティがFFP違反で2年間のチャンピオンズリーグ出場禁止処分」。UEFAが発表した今季プレミアリーグ最大のニュースを即時で伝えた現地メディアが、次々と新たなレポートを配信しています。「BBC」のサイモン・ストーンさんは、「What could this mean for the club?」と題した記事で、今回のペナルティがクラブやプレミアリーグに及ぼす影響をQ&A形式で検証。「ペップの去就」「選手の流出」「経済的な損失」「プレミアリーグの対応」「欧州におけるポジションの喪失」「マン・シティの未来」「CL出場権の行方」といったテーマを掲げ、それぞれに対して見解を示しています。

前提として置かなければならないのは、マンチェスター・シティは今回の処分に納得しておらず、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴すると明言していることです。2018年にEL出場禁止処分を受けたACミランは、CASによって処分取り消しとなっており(翌年に再度ペナルティを受ける見通しとなり、EL出場を辞退)、昨季プレミアリーグ王者にも同様の裁定が下る可能性はゼロではありません。昨年の春に書いた「FFP違反と契約違反…国内トレブル目前のマンチェスター・シティが問われる2つの疑惑!」というレポートで、違反の内容と調査の経緯について触れているのですが、マン・シティは現在に至るまで見解の相違というスタンスを崩していません。この姿勢が厳罰につながるか、中立的な機関の理解を促すかは定かではありません。

「インディペンデント」「BBC」は、「プレミアリーグがポイント剥奪を検討」「リーグ2(4部相当)への降格の可能性もある」と報じていますが、既に議論が始まっている国内のペナルティは、CASのジャッジの後に発表される見通しです。4部落ちという厳罰が取り沙汰されているのは、EFL(イングリッシュフットボールリーグ)の規定に則ればというお話で、プレミアリーグが最大級の悪質事案と判断しない限りはそこまでいかないでしょう。マン・シティは、CAS上訴で処分を1年に軽減し、プレミアリーグにおけるビハインドを最小限に抑えられればまずまずと考えているのではないでしょうか。

出場停止2年という最悪のペナルティが確定すれば、サイモン・ストーンさんのレポートが現実となる可能性が高まります。ペップ・グアルディオラは次の夏で契約を解除…⁉ 契約期間の残りが2年以下のアグエロ、サネ、ジョン・ストーンズ、オタメンディが移籍を選択する可能性があり、2022年以降もプレイすることになっている主力も、身の振り方を検討し始めるかもしれません。2500万ポンド(約35億7000万円)の罰金を払うクラブは、CLから弾き出されれば1億5000万ポンド(約215億円)の損失があるといわれています。

3年後に欧州に復帰しても、クラブランキングの低下によって不利なポッドを余儀なくされます。クラブの未来は…「BBC」のスポーツジャーナリストの見解は「プレーヤーとのサインが多少難しくなっても、再建は可能。オーナーのシェイク・マンスール氏とハルドゥーン・アル・ムバラク会長に対する評判のダメージのほうが問題」。なるほど。資金力があるクラブゆえ、ビッグ6といわれる水準はキープするはずですが、ロンドン勢やマン・ユナイテッドが強化に成功すれば、今までのようにCLの常連ではいられなくなるかもしれません。デブライネ、ベルナルド・シウヴァ、スターリングらが残留するかどうかが、リスタートの成否のカギとなるのは間違いないでしょう。

最後に、ライバルクラブのサポーターたちの関心事についても触れておきましょう。「来季のCL出場権はどうなるのか?」。ルールでは、プレミアリーグ5位が繰り上げ出場となるため、シェフィールド・ユナイテッドがプラスワンのポールポジションとなります。アーセナルがニューカッスルに勝てば、5位との差は5ポイント。苦しい季節を過ごしたアルテタ新監督が、CLへのチケットを手に入れたら盛り上がります。どうなるマン・シティ、そしてプレミアリーグのTOP4争い。裏金によって赤字を隠し、UEFAを欺こうとしたと報じられた事案で処分取り消しを勝ち取れるとは思えないのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

最終ジャッジはFFPドーピング…マンチェスター・シティに2年間のCL出場禁止処分!

Manchester City banned from Europe」。深夜の「BBC」に、衝撃的な見出しが躍っています。マンチェスター・シティが、チャンピオンズリーグ出場禁止と2500万ポンドの罰金という重いペナルティを科されました。以前から調査の対象となっていたスポンサーフィーの水増しが、FFPのルールに違反していると裁定されたようです。プレミアリーグ王者に下された処分について、クラブの財務を管理する独立裁定機関である「クラブ・ファイナンシャル・コントロール・ボディ」(CFCB)は、こう表明しています。「UEFAに提出された2012年~2016年の損益の情報において、スポンサーシップ収益が過大評価されていた」。この決定を報じた「インディペンデント」は、プレミアリーグにおいてもポイントを剥奪される可能性が高まっているとレポートしています。

「簡単にいえば、本件はUEFAによってスタートされ、UEFAによって起訴され、UEFAによって判断された。偏見のプロセスが終了した段階で、クラブは可能な限り迅速に公平な判断を求めたいと考えている。最も早いタイミングで対応してもらえるよう、スポーツ仲裁裁判所に対する手続きを始める」

今回の決定を不服とするマン・シティは、ステートメントのなかで「偏見」という言葉を使い、UEFAの裁定を非難しています。彼らが欧州への扉を閉ざされることをよしとしなければ、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に最終的なジャッジを委ねることになりますが、長期間の調査の末に咎められた2度めのFFP違反が根底から覆ることはないでしょう。

「FFPのルールに即し、ファイナンシャルドーピングを罰することはサッカーの将来にとって不可欠だ」。重いペナルティに賛意を表したのは、ラ・リーガ会長のハビエル・テバス氏です。「長年にわたり、マンチェスター・シティとパリ・サンジェルマンに対する厳しいアクションを求めてきたが、ようやくいい事例を得ることができた。もっとやってほしいね」。直近10年で飛躍的な成長を遂げた新興クラブについて、オイルマネーを背景とした多額の投資に歯止めをかけてほしいという声は小さくありません。

「大きなニュース」と冒頭に書いた「BBC」のサイモン・ストーンさんは、ペップ・グアルディオラと選手たちの未来を案じています。2021年までの契約となっている名将は、1年早くクラブを去るのではないか。ペップを求めて入団した選手たちはどうするのか。チャンピオンズリーグから2年も遠ざかると決まっているクラブは、トランスファーマーケットにおいても競争力を失います。王国は崩壊するのか、あるいは3年後に復活するのか。指揮官の身の振り方と、スターたちの決断に注目が集まります。

「UEFAを意図的に誤解させてきた」と見做されたクラブに、無傷という最終ジャッジが与えられるとは考えられず、CLから離れる期間を1年に圧縮するのが現実的な目標となりそうです。ペップの素晴らしいフットボールによって欧州の頂点に立つという野望は、2019-20シーズンがラストチャンスとなるかもしれません。レアル・マドリードとのアウェイゲームは、ペップが来てからの3年8ヵ月で最も重要な戦いといっても過言ではないでしょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「敗れたら解任されるだろう」…スペインの名門との決戦間近、ペップがCLへの思いを激白!

プレミアリーグでは圧倒的に強かった2017-18シーズンは、ベスト8でリヴァプールにダブルを許し、昨季はトッテナムとの乱打戦で一歩及ばず。イングランドで過ごした3シーズンで7つのトロフィーを手に入れたペップ・グアルディオラが、唯一手にしていないタイトルがチャンピオンズリーグです。

最後にビッグイヤーを獲得したのは、バルサを率いていた2010-11シーズン。スペインでは優勝とベスト4しかなかった名将は、バイエルンで3季連続の4強止まりと足踏みし、マンチェスターでは準々決勝でプレミアリーグ勢に敗れるのがお約束となっています。

2010年以降の9シーズンで、プレミアリーグを4回制している盟主マン・シティにとって、欧州戴冠は最大のミッション。「BBCラジオ5」の「フットボール・デイリー」でペップが語った「レアル・マドリードに敗れたら解任されるだろう」というコメントは、ご本人にとっては決して大げさではないのでしょう。

「彼らを倒さなければ、会長かスポーツディレクターがいうだろう。『この結果は充分なものとはいえない。われわれはCLを求めている。君はクビだ』とね。そうなれば『オッケー、ありがとう。楽しかった』と返すしかない」。プレミアリーグで16勝3分6敗と苦しいシーズンを過ごしている指揮官にとって、2月26日のサンティアゴ・ベルナベウは、最も重要な試合のひとつです。

「われわれには、ファンを幸せにしてきた素晴らしい選手たちがたくさんいる。ファンはシーズンの一部を楽しんだ。彼らに、いつも『いいね』『足りないね』などといわれるのはわかっている。受け入れるよ。チャンピオンズリーグで優勝したい。レアル・マドリードとの対戦で夢を見て、楽しむんだ。自分が何ができるかを見届けるために」
「2週間のこのプロセスで、彼らを打ち負かすために何ができるか、想像している。私の職業における最も幸せな時間になるはずだ」

CLで早期敗退となれば、自らの立場が脅威に晒されると繰り返したペップは、常に勝利とタイトルを求められる苦しさを吐露しています。「人々はいつも、すべてのタイトルを制し、20億ポイント、20億ゴールをゲットしなければならないと信じている。時にそれは不可能だ。タイトルを手に入れられるのは1チームだからね。無理だよ。勝者とトロフィーばかり数えるのは、次世代や子どもたちに対するよくないメッセージだと思うよ。シーズンは大惨事だといわれていても、CLで勝てばセンセーショナルだ。なぜ?」。タイトなスケジュールを強いられるなかで、すべてのゲームで勝利に向かわなければならない状況に疲弊しているのかもしれません。

ユヴェントスが、ペップの招聘を画策していると報じられました。CLでベスト8にも残れなければ、名将は環境を変えることを望むような気がしてなりません。ダヴィド・シルヴァはラストイヤー。アグエロはおそらく、残り1年半。フェルナンジーニョのキャリアも晩年に差しかかっています。今まで以上にチームづくりにパワーがかかりそうな状況で、彼は踏みとどまり、シティズンが切望する欧州のタイトルを置いていこうとするでしょうか。激戦必至のレアル・マドリードとのホーム&アウェイは、プレミアリーグに注目するわれわれにとって、未来を左右する大事なイベントなのではないかと思います。彼が飽いているであろう言葉を避けましょう。決戦に向けて、ベストなプロセスを!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「ペップはリヴァプール恐怖症」…現地メディアがマン・シティの「今」を徹底レポート!

「チームは良好だ。プレイは気に入っている。しかし、それだけでは充分ではない。われわれは遠く離れたところにいる。大きな差をつけられている。それが現実だ」「目標は別の大会であり、CLの出場権を勝ち取ることだ」。シュート3本のスパーズに2-0…自身の最多タイとなるシーズン6敗めを喫したペップ・グアルディオラ監督が、今季プレミアリーグの終戦を認めました。敗れた相手は、ノリッジ、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム。ウルヴスにはダブルを喰らっており、ポゼッションで圧倒しながらカウンターで失点を重ねるパターンを繰り返しています。

「彼はリヴァプールフォビア(恐怖症)に罹っている」と主張するのは、レッズのレジェンドとして語り継がれているジョン・オルドリッジです。「彼らのドキュメンタリー『fly-on-the-wall』のクリップでも、われわれのフロントスリーをいかに止めるか、クロップがドルトムントでやってきたことをどう活かそうとしているかをしきりに気にしていたね」。プレミアリーグ史上初の100ポイントに到達し、モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドに19ポイント差というぶっちぎりの優勝を果たした2017-18シーズンに、チャンピオンズリーグで2試合トータル5-1と完敗したのが発症のきっかけと喝破しています。

「欧州のリーグを制覇すれば、ペップのシーズンは救われるけど、現在はそれもまた遠い道のりに見える。後半のステージでもリヴァプールには怖れはない。クロップと選手たちが日和るとは思えない。シティはわれわれに対して、恐怖症にかかっているように見える。それはマネージャーに起因している」(「ミラー」のスポーツライター、リッチ・ジョーンズ氏のレポート「Pep Guardiola's Liverpool "phobia" showcased in Man City documentary」より)

彼らがプレミアリーグのTOP4から陥落するほどの不振に陥るとは思えませんが、悲願のビッグイヤー制覇というハッピーエンディングに辿り着けるかといわれれば、前途多難といわざるをえません。「ミラー」のハッサン・ラシュド氏のレポート「Man City stars 'told Pep Guardiola to stop tinkering' in Spurs dressing room showdown(スパーズ戦後のドレッシングルームを閉め切り、マン・シティのスターたちがペップ・グアルディオラにいじくり回すのは止めたほうがいいと説得)」によると、最後の敗戦の後、45分に渡る緊張感の高いミーティングが行われたとのこと。マン・シティの事情に詳しい記者は、何人かのベテランが頻繁なフォーメーション変更に懸念を示したと伝えています。

今季のマン・シティが、2試合連続で同じメンバーで戦ったことは1度もなく、ミケル・アルテタが去った12月以降は「tinkering」に拍車がかかっています。フォーメーション変更76回は今季プレミアリーグNo.1で、フランク・ランパードの60回、ユルゲン・クロップの46回を大きく上回っています。ゲームの途中でも2回、3回とシステムを変えて膠着状態を打開するのはペップの真骨頂。数字を差し出されても「さもありなん」としか思わないのですが、いいときは「変幻自在」でも、歯車が狂えば「右往左往」。守備がうまくいっていない現状では、選手たちのストレスの原因になっているようです。

ウェストハム戦の後、ウィンターブレイクに入るチームには、レスター、レアル・マドリード、アーセナルという難敵3連戦が待っています。ジョゼ・モウリーニョに敗れた名将は、選手たちとのコミュニケーションをきっかけに、勝ち続けていた頃の感触を取り戻せるでしょうか。これからの4試合の注目ポイントは、スターティングラインナップとフォーメーションです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ