中盤センター、コンパニの代役…マンチェスター・シティが冬に獲りたい有望な若手7人!

32勝6分勝ち点102、得点114失点16。ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティが現在のペースで走り続ければ、プレミアリーグ史上最高の数字で着地することになりますが、あながちない話でもなさそうです。昨季プレミアリーグアシスト王のケヴィン・デブライネが機能しないまま、首位を快走し続けているチームに死角は見当たらず。鬼門のアンフィールドをスコアレスドローでクリアし、あのザ・インヴィンシブルズ以来の無敗優勝が現実味を帯びてきました。「スカイスポーツ」の「What do Manchester City need in the January transfer window?(マンチェスター・シティは1月のトランスファーウインドウで何が必要?)」という記事のタイトルを見ると、ため息が出ます。守護神エデルソンが夏までリタイアとなれば一大事ですが、フィールドプレーヤーに関しては、誰を欠いてもペップはあっさり穴を埋めてしまいそうです。

夏にフレッジやジョルジーニョを獲り逃したといわれてはいるものの、フェルナンジーニョがいなくなっても、ギュンドアンやジョン・ストーンズが代役を務めれば大した問題にはならないでしょう。「ダヴィド・シルヴァがアンカー」などというプランが成功してしまえば、むしろ手に負えません。やっかいなのは、スターリング、ダヴィド・シルヴァ、ジョン・ストーンズと中央でもサイドでも機能する選手が揃っていることで、最前列、真ん中、後方の綻びはすべて彼らがフォローしてしまうものと思われます。

「マンチェスター・イブニング・ニュース」が実施したサポーターアンケートでは、中盤の選手が必要という声が過半を占めておりましたが、これについては「33歳になったフェルナンジーニョの後継者がそろそろほしいね」といった中長期的視点のお話と捉えても差し支えないでしょう。前述の「スカイスポーツ」の記事が挙げていたのは、ウルヴスのルベン・ネヴェス、アヤックスのフレンキー・デヨング、リヨンのタンギ・エンドンベレ。全員21歳で、既にチームの主軸として活躍しているMFです。視野が広く、相手に的を絞らせない配球ができるルベン・ネヴェスは、12試合フル出場で2ゴールを決めており、今季プレミアリーグの最大の発見といっても過言ではないでしょう。パスセンスが素晴らしいデヨングは、ダヴィド・シルヴァの系譜を継ぐ者と捉えたほうがしっくりきます。

攻めっ気の強い2人は、6000万ポンド(約86億円)程度で獲得できるといわれておりますが、正統派アンカーのエンドンベレには7000万ポンド(約101億円)という高額ののタグが付いているようです。運動量とボール奪取力が光るフランス代表より、ネヴェスのほうがペップ好みに見えますが、ホルヘ・メンデスのコネクションでポルトガル代表を集めた野心溢れるウルヴスが移籍を認めるでしょうか。ペップの下でプレーしたがっているといわれるデヨングのほうが、獲得におけるハードルは低そうです。

「スカイスポーツ」は、21歳トリオ以外にもペップのターゲットをピックアップしています。ブレシアの18歳MFサンドロ・トナーリ、パリの生え抜きアドリアン・ラビオ。セントラルMF以外では、コンパニの後釜を物色しているようで、デヨングの同僚の19歳CBマタイス・デ・リフトや、ボーンマスの最終ラインを統率するナタン・アケの名前が挙がっています。ああ、何てペップらしいチョイス。デ・リフトやアケは、水色のシャツを纏って後方でパスをまわすイメージが湧きます。実際に獲得するのはひとりか、2人か。2ヵ月後には、デブライネが完全復活したうえに中盤センターが厚みを増した「盤石のマン・シティ」を見ることになりそうです。うう…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

売上は5億ポンドを突破!マン・シティ躍進の10年を振り返る「Decade in data」がおもしろい!

総収入は初めて5億ポンド(約735億円)を突破し、10年連続の増収。利益は1040万ポンド(約15億3000万円)で、4年連続の黒字決算です。マンチェスター・シティが2017-18シーズンの事業報告書をリリースしました。史上最多の106ゴールなど25のリーグ記録を塗り替え、勝ち点100に到達したぶっちぎりのプレミアリーグ制覇とリーグカップ優勝。就任2年めで2冠を達成したペップ・グアルディオラ監督のチームづくりについて、カルドゥーン・アル・ムバラク会長は「2017-18シーズンは歴史に残るだろう。信じられないほどの素晴らしいサッカーを誰もが目撃した。監督と選手、スタッフのハードワークを誇りに思う」と、手離しで称賛しています。

日本語サイトのTOPニュースは、ここまでのお知らせで終わっているのですが、英語サイトには彼らの10年の足跡をビジュアライズしてまとめた「Decade in data」へのリンクがあります。2007-08シーズンまではプレミアリーグの中堅クラブだったマン・シティは、2008年9月にアブダビ・ユナイテッド・グループ・フォー・デベロップメント・アンド・インベストメントに買収されました。このとき、レアル・マドリードからロビーニョを買ったのがトップクラブをめざす最初のアプローチ。「An era of evolution(進化の時代)」と題されたレポートに、ワールドクラスを呼び寄せて急激に強くなった躍進の足跡が記されています。

2010-11シーズンにFAカップ優勝、翌シーズンには「アグエロの93分20秒」で44年ぶりとなるリーグ制覇。資本注入からの10年で、プレミアリーグ優勝3回、FAカップ1回、リーグカップ3回と7つのメジャータイトルを制しています。ヤヤ・トゥレ、ダヴィド・シルヴァ、セルヒオ・アグエロ、ヴァンサン・コンパニ。主力に据えるべく獲得したタレントの人選は的確でした。Webサイトのページの後半には、ペップ・グアルディオラのチームが記録した数々のレコードがこれでもかと並んでおり、「イングランドにおけるUEFAランキングNo.1」「1ゴールを決めるまでにかかる時間は、143試合107ゴールのアグエロが107分で最短」と胸を張られると、深々と首を垂れるしかありません。残念ですが、認めましょう。直近の10年は、サー・アレックス・ファーガソンのチームからマン・シティとチェルシーに覇権が移った時代でした。

興味深いのは、財務データでみる10年です。2008-09シーズンの総収入は8700万ポンド。2億ポンドを超えたのは2011-12シーズンで、そこからの6年で売上は倍増しています。2008年にエティハド航空がスポンサーになり、2011年にはナイキが参入。翌年にニューヨーク・シティFCが立ち上がり、2014年には日産とパートナーシップを締結しています。メルボルン、横浜、ニューヨークをつなぐ「ワールドワイドなフットボールクラブチェーン」の後に着目したのは、中国とのリレーションシップ。シティサッカースクールは、2015年から中国教育省と連携しており、最初の3年で35万人の子どもを育成する計画となっています。2017-18シーズンにはAmazonと提携。2007-08シーズンには24社だったパートナーは54社に増え、2300万ポンドしかなかったコマーシャル収入は、2億1800万ポンド(約320億円)に増加しました。ブランド価値は、10年前の3300万ポンドから29倍となる9億5300万ポンド(約1400億円)に膨らんでいます。

インフラや世界戦略まで紹介し始めると大変なボリュームになってしまうので、昨年度の決算の範囲に話を留めます。最後に紹介したい数字は「収入における人件費比率52%」です。数年前は、選手獲得のための法外な移籍金&サラリーとダブついたスタッフの賃金で、人件費比率が100%を超えていたクラブが、よくぞここまで改善しました。ファーガソン&ヴェンゲルがプレミアリーグを席巻した時代があったため、イングランドでは長期政権がもてはやされる傾向がありましたが、これはあくまでも短期契約の更新を続けた結果論。インフラ、育成、世界的なマネタイズを視野に捉えた中長期的な経営戦略を構築しつつ、監督と選手についてはクイックに是非を判断する短期的なPDCAサイクルをまわすのが、クラブ経営のあるべき姿なのだと思います。5億ポンドですか。数年後には、お隣を抜いて世界一に躍り出るかもしれませんね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

こんなところに日本人…ブラボ今季絶望のマン・シティの補強リストにエイジ・カワシマ⁉

The 35-year-old is another vastly experienced option who could provide suitable cover for City during the absence of Bravo.(その35歳は、ブラボ不在の穴を埋めるにふさわしい非常に経験豊富なオプションだ)」。はい、第1問。こちらは誰について説明している文章でしょうか。プレミアリーグ未経験の選手です。…すみません。ついつい盛り上がってタイトルに名前を載せ、写真まで入れちゃいましたので、全員正解です。川島永嗣、いわずとしれたワールドカップロシア大会の日本代表GK。まさか、ここで彼の名前が出るとは思いませんでした。

「マンチェスター・イブニング・ニュース」が、プレミアリーグ王者マンチェスター・シティがブラボの代役として狙っていると報じているのです。いやー、びっくり。「こんなところに日本人」。一緒に掲載されているGKは、2014年にサンダーランドにいた32歳のアルゼンチン人GKウスタリ、クリスタル・パレスとの契約を終えた35歳のカヴァリエリ、2009年からの3年をエティハドで過ごした37歳のスチュワート・テイラーです。なるほど。地元メディアの激賞の理由が見えてきました。「ワールドカップでレギュラーメンバーとして決勝トーナメント進出を果たしながら、現在フリーエージェントという選手は激レア」。この顔ぶれのなかでは、間違いなく「国際大会や欧州各国のクラブでプレイした経験豊富なオプション」です。

数ヵ月前まで、マンチェスター・シティはGK王国。ブラジル代表のエデルソンが常時ゴールマウスをまかされ、控えにはブラボ。22歳の有望株アンガス・ガンをノリッジに貸し出し、長年イングランド代表のエースGKだったジョー・ハートもウェストハムにレンタルというぜいたくな状態でした。夏になると、出場機会を求めたガンはセインツに移籍。ニック・ポープが長期離脱となったバーンリーから声がかかったジョー・ハートもクラブを離れ、19歳のアロ・ムリックはオランダのNACブレダにローン移籍させていました。

エデルソン、ブラボと20歳のグリムショーでプレミアリーグ開幕を迎えた王者は、第2GKがアキレス腱断裂で今季絶望となって状況一変。「BBC」がムリックを呼び戻したと報じていましたが、できれば経験値の高い選手をひとり加えたいところです。「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、突然候補に挙がった川島のストロングポイントを、こんなふうに紹介しています。

「グアルディオラのスタイルに合ったボールプレイングGKではないが、シーズンの間に必要な分のカバーをしてくれるだろう。2015年に(スコットランドの)ダンディー・ユナイテッドでプレイしているので、シーズンの大半を覆うマンチェスターの雨も楽しんでしまえるだろう」

雨…?そこですか!? 最後にとってつけたように、「南アフリカとロシアで、日本代表としてそれぞれ全4試合に先発」とあります。ぜひ、そちらを先にお願いします。ロシアでマネのシュートをパンチミスしてサポーターを騒然とさせてしまったGKが、あのマン・シティに加わるとは思えないのですが、もし入団してエデルソンが負傷したら…。ワクワクよりもハラハラしてしまいそうですが、コンパニからバックパスを受けるところを見てみたいものです。たとえゴシップだとしても、ペップのチームから声がかかるかもしれないという話は、新聞の切り抜きを額縁に収めて飾りたくなるようなビッグイベント。謹んで、記録させていただきました。(川島 永嗣 写真著作者/Светлана Бекетова)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ連覇をめざすペップ・グアルディオラが抱える2つの懸念!

マンチェスター・シティは、プレミアリーグ連覇を達成するのでしょうか。32勝4分2敗で、勝ち点100に届いた昨季の最強チームと同じパフォーマンス&コンディションで戦われれば、追い抜けるチームはないでしょう。勝利数やポイント数だけでなく、106ゴールや18連勝もプレミアリーグレコード。オールドトラフォードのマンチェスターダービーを2-1で制した16節以降、優勝争いという言葉は存在しませんでした。

ペップらしい機能的なフットボールはパーフェクトでしたが、意地の悪い目線を向けて、「運も味方にした」「できすぎだった」とはいえないでしょうか。メディカルスタッフの素晴らしい仕事があったとはいえ、バンジャマン・メンディ以外に長期離脱した選手はゼロ。多くの主力が、指揮官を悩ませる負傷も不振もないままでシーズンを終えています。しかし、2018-19シーズンは、同じようには戦えないかもしれません。最大の懸念は、序盤戦のコンディションでしょう。ワールドカップロシア大会で準々決勝に進出した選手が11人もおり、8月12日のプレミアリーグ開幕戦まで2週間となった今でも、15人がチームに合流していません。

「私だけでなく、どのマネージャーにとっても簡単な状況ではない」。他のビッグクラブも条件は変わらないと主張するペップですが、緒戦でいきなりぶつかるアーセナルは、オーバメヤン、ラカゼット、ムヒタリアン、エジル、ラムジーが既に仕上がっているのを把握しているはずです。

6節までに、プレミアリーグに昇格してきたチームとの対戦が3つあるドローはラッキーのひとことですが、ここまでで2~3試合落とすという事件が起これば、8節でリヴァプール、10節トッテナム、12節がマンチェスター・ユナイテッドと飛び石で続く直接対決が苦しくなります。昨季は自信と余裕を失うことなくシーズンを走り抜けたペップ・シティですが、唯一彼らの自信を打ち砕いたのが、クロップ監督率いるリヴァプールでした。23節のアンフィールドで完全に守備を崩され、3-4で完敗すると、チャンピオンズリーグの準々決勝でも0-3、1-2で連敗。序盤戦で勝ち点を落とし、不安を抱えながらアンフィールドに乗り込むことになれば、その後の戦い方に影響を及ぼすような深手を負う可能性もなきにしもあらずです。

2つめの懸念は、リヤド・マフレズしか新戦力を確保できていないことです。「スカイスポーツ」は、フェルナンジーニョの代わりがいないと指摘しています。33歳のMFは、他の選手よりも1000分以上多くプレイしている大黒柱ですが、2016-17シーズンには1試合あたり48回あったスプリントを、昨季は41回に減らしています。大量リードを得た後に流す試合が多かったのは確かですが、年齢を考えると気になるデータではあります。チェルシーにジョルジーニョを持っていかれたのは、想像以上に痛かったかもしれません。以前に「サッカーの世界では、現状維持は衰退を意味する」と語っていた指揮官が、チーム内の競争を促すことができなければ、レギュラー固定でプレミアリーグを制した翌シーズンに停滞してしまったモウリーニョ、ラニエリ、コンテの足跡をトレースすることになりかねません。

チームのエンジンとなるデブライネ、ダヴィド・シルヴァ、フェルナンジーニョと、守備範囲の広さと足元の巧さはプレミアリーグNo.1のエデルソンに何かあれば、ライバルに上にいかれるかもしれません。ギュンドアンやブラボをあてがい、簡単に乗り切られてしまえば、「さすがペップ」と脱帽するしかありませんが…。これから2週間の補強とチームづくりを、引き続きウォッチしてまいります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

後方の攻撃力が格段にUP!マンチェスター・シティがたった1年でこれだけ強くなった理由。

「BBC」は、GK革命とサイドの刷新を勝因に挙げています。ペップ・グアルディオラ、就任2年めのプレミアリーグ制覇。マンチェスター・シティでの最初のシーズンを、23勝9分6敗の3位という凡庸な戦績で終えた47歳の指揮官は、オフシーズンにコンセプチュアルな補強に打って出ました。イングランド代表のレギュラーGKジョー・ハートと、百戦錬磨のベテランGKクラウディオ・ブラボに背を向け、24歳のエデルソンを獲得。コラロフ、クリシー、サバレタ、サニャと前年のSBを全員放出して、バンジャマン・メンディ、カイル・ウォーカー、ダニーロに入れ替えました。1月にはアイメリク・ラポルテまで押さえる後方中心の強化。初年度にサネ、ガブリエウ・ジェズス、ギュンドアンを買ったペップは、前線はベルナルド・シウヴァだけで充分と見切っていました。

大胆すぎる改造を施したチームは、新戦力がフィットするまで時間がかかるのではないかと懸念されていたのですが、プレミアリーグ前半戦の勝ち点ロストは2節のエヴァートン戦のドローのみ。成功した補強の最初のひとりにエデルソンを指名した「BBC」に、諸手を挙げて賛成します。ペップが求めるGKは、セントラルMFのようにビルドアップに参加できるタイプ。ショットストッパーとしては評価されていたジョー・ハートが選ばれなかったのは、セービングにミスが目立つからではなく、足元の技術に難があったからです。昨季のプレミアリーグでゴールマウスをまかせられたブラボは、名将の期待に応えられず、パス成功率は72.6%。2017年の夏にベンフィカから3500万ポンドでやってきた若き守護神は、自陣につなぐパスの95.1%を成功させています。

バーンリーのショーン・ダイク監督は、「(現役時代は攻撃的なCBとして有名だった)ロナルド・クーマンがゴールを守っているかのようだ。ボールを手に入れると、ピッチのあらゆるエリアに投げてくる。彼が火を着けると、シティのゲームプランに大胆さが加わる」と絶賛。攻撃時にはフィールドプレーヤーがひとり多いペップのチームは、オタメンディやジョン・ストーンズが思い切って前に出ていけるようになりました。プレミアリーグにおけるポゼッション率が昨季の64.9%から71.2%に向上した要因は、キープ力に長けたデブライネやダヴィド・シルヴァの存在だけではありません。新GKはセービングも安定しており、21節のクリスタル・パレス戦の終了直前にチームを救ったPKストップがなければ、これほどの差をつけて早期に優勝を決めることはできなかったかもしれません。

右サイドは、カイル・ウォーカーの加入で安定。SBの強力なサポートによって、マン・シティ入団後の最初の2年で64試合12ゴールだったスターリングが、29試合17ゴール8アシストとブレイクしました。バンジャマン・メンディの長期離脱は誤算でしたが、デルフとジンチェンコでカバー。こちらのサイドには、SBやMFとのマッチアップをひとりで制圧できるレロイ・サネがいます。プレミアリーグ29試合9ゴール12アシストの快足ウインガーは、守備に不安を抱えていた急造SBたちの負担を確実に取り除きました。

ペップのスタイルへの理解が高まったオタメンディ、スターリング、サネ、デルフらのパフォーマンスがこれだけ上がれば、元よりワールドクラスのデブライネ、ダヴィド・シルヴァ、フェルナンジーニョ、アグエロが結果を出すのは必然です。25試合21ゴールのアグエロと24試合10ゴールのガブリエウ・ジェズスは、いずれも負傷が多い選手ですが、今季はアグエロに長期離脱がなく、ストライカーの不振に悩む時期はさほどありませんでした。15アシストでプレミアリーグTOPのデブライネと、11アシストで3位のダヴィド・シルヴァをインサイドMFに据えた4-3-3は機能性が高く、彼らが上がって空いたスペースは、フェルナンジーニョ、CB、中に絞ったSBで埋めています。

こうしてマンチェスター・シティの強さを紐解いていくと、「後ろのパフォーマンスを高めたことで、前のタレントがより活きるようになった」のがよくわかります。お金で優勝を買ったと揶揄する声には、彼らは補強と同時に大胆な放出も敢行しており、夏のマーケットではマンチェスター・ユナイテッドよりも収支のマイナスは少ないと反論しましょう。いや、素晴らしい。ペップの狙いどおりのリーグ制覇です。最強マンチェスター・シティは、自らがタイトルを獲得するばかりでなく、プレミアリーグの全体のレベルを一段高めてくれました。来季は連覇とともに、欧州の頂点まで狙っていただければと思います。名将の夏のチーム作りが、今から楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ