明日の勝利と世代交代をどう両立させるのか…ペップ・グアルディオラの1月補強&若手抜擢に注目!

「デイリー・メール」が、ペップ・グアルディオラ監督のプレミアリーグの戦績が、就任初年度の自己ワーストであると報じていました。2008-09シーズンのバルセロナでは、20試合終了時で17勝2分け1敗、63得点14失点。前シーズンにユップ・ハインケスが3冠を達成していた1強バイエルンでは18勝2分け、53得点9失点と敵なし。バルサでは初年度にスペイン史上初の3冠、バイエルンの1年めでもブンデスリーガ、DFBポカール、UEFAスーパーカップと3つのタイトルを獲得していたペップは、今季のマンチェスター・シティでは13勝3分け4敗、41得点22失点。明らかに数字を落としているだけでなく、チェルシーに勝ち点7差をつけられてプレミアリーグ4位と、タイトル奪取が厳しい状況に追い込まれつつあります。

前の2チームには、世界一の代表チームの主軸とリーグ最高といわれる選手がいたのに対して、マンチェスター・シティの戦力はライバルと比べて抜きん出ているわけではありません。唯一のイングランド代表レギュラーだったジョー・ハートをイタリアに出してしまい、スターリングとジョン・ストーンズは発展途上。エースのアグエロが健在とはいえ、他にワールドクラスといえる選手はデブライネぐらいしか見当たりません。3チームの勝ち点や得失点は、いかにも「データ大好きイギリスメディア」が食いつきそうな数字ですが、単純比較にはさほど意味が…いや、それ以前に、勝って勝って欧州の頂点に立つことを求められたバルサやバイエルンと、今のマン・シティではペップのミッションは違うのだと思われます。名将が託されたのは、初年度から飛ばすことではなく、「チームの創り直し」「長期的な視座に立った基盤づくり」であるはずです。

ブラボ、カバジェロ、サニャ、サバレタ、クリシー、コラロフ、コンパニ、ヘスス・ナバス、フェルナンジーニョ、ダヴィド・シルヴァ、ヤヤ・トゥレ、ノリート。30代の選手で1チーム作れてしまいそうなマンチェスター・シティは、黄金時代の最終ライン全員とギグス、スコールズをあっという間に失ったファーガソン晩年のマンチェスター・ユナイテッドと、同じ危機を迎えているのだと思います。エヴァートンの少ない予算で切り盛りした経験しかなかったモイーズ監督は残念ながら力不足で、「勝ち続けながら世代交代」という難しいミッションは、ペップ、モウリーニョ、シメオネといった世界屈指の監督を招聘しなければ達成できなかったでしょう。マン・シティは、並みの監督ならチャンピオンズリーグ出場権すら失いかねない大変な状況にあるのです。首位と7差の13勝3分4敗というここまでの数字を「よくはないが、失格ではない」とするならば、目を向けるべきは過去のペップではなく今後のチーム作りです。

「来季プレミアリーグ制覇、さらに3年以内に欧州で勝つ」という仮のヴィジョンを置いて夏の補強と現有戦力を見ると、気になるのは「SBの入れ替えを進めなかったこと」「若いGKを連れてこなかったこと」「スターリング以外の若手に成長感が乏しいこと」「中盤センターがフェルナンジーニョ頼みであること」です。GKについては、足元が確かだという理由でブラボを獲得するより、成長余力のある若手をジョー・ハートと競らせる「チェフVSクルトワ」「ブラボVSシュテーゲン」のような構えのほうがよかったのではないかと思います。「コンパニが使えないのは想定外だった」と語るペップが短期的にCB強化を望むのは理解できますが、長期的に見ればSBこそがこの冬の最重要補強ポイントなのではないでしょうか。ウェストハムと当たってしまったFAカップで、メンバーを落としづらかったのは確かですが、成長を促したいイヘアナチョを使うにはうってつけの試合でした。明日勝つための手と、2~3年後のための布石をバランスよく打てれば理想的ですが、今のペップは前者に偏っているように感じます。

ファン・ダイクやラポルテなど、CB獲得の噂が聞こえてきていますが、モナコの右SBファビーニョや、ボルシアMGのダフードなど懸案のポジションを併せて強化できればなおよし。高齢化著しいGKとSBに若い力を足さなかったために、世代交代の時計を1年遅らせてしまった感はあるものの、冬にうまく仕込めれば半年分は巻き返せます。ポストフェルナンジーニョについては、ペップ好みの「CBにもまわせるセントラルMF」を狙うのもよさそうです。トップクラブゆえ、1年めは勝たなくてもいいなどということはありませんが、今季にこだわりすぎると下り坂のベテランが続々抜けるであろう来夏以降が厳しくなります。この1月は次世代に向けたペップらしい補強を見せていただき、後半戦においては、レロイ・サネの飛躍とパルメイラスから合流したガブリエウ・ジェズスの抜擢にも期待したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

6戦勝利なしはペップのワースト…どこが変わった!?マンチェスター・シティ、不振の理由を考える

プレミアリーグ開幕戦で、ラスト3分のオウンゴールというきわどい展開になりながらもサンダーランドに勝ってから、破竹の公式戦10連勝。やはりペップは世界一と、ライバルチームのファンや他クラブ優勝予想の評論家が匙を投げかけると、今度は誰もが驚く6試合勝利なしというスランプに突入。バルセロナとバイエルンで勝ち続けたスペイン人指揮官にとって、6戦の沈黙はワーストだそうです。マンチェスター・シティに、何が起こったのでしょうか。勝った10試合と勝ち点を落とした6試合について、どんな変化があるのか、復活するためには何が必要なのかを探ってみたいと思います。まずは、1-0で敗れたEFLカップのマンチェスター・ダービーの試合後会見で、指揮官が残したコメントをチェックしましょう。

「われわれが今やっていることは、10連勝していた時と何も変わらない。スランプは誰の身にも起こりえる。みんな、私が魔法の杖を持っていると思っているようだけど、サッカーにそんなものはないね。どんなチームにも、いい時期と悪い時期がある。自分のやり方を変えるつもりはない」(ペップ・グアルディオラ)

何も変わらない…。現場が取り組んでいることについては、そうだとしても、連勝中とその後では、数字は大きく変わっています。マンチェスター・シティは、ゴールを奪えなくなりました。最初の10試合は30ゴール。チャンピオンズリーグでセルチック相手に集中力を欠いて3-3と引き分けると、その後の5試合はわずか2ゴール。10連勝中は必ず先にゴールを決めていたチームは、勝てなかった6試合すべてで先制点を許しています。いちばん大きいのは、今季からモデルチェンジした「走るサッカー」による疲労の蓄積ではないでしょうか。開幕から7試合9ゴールと「アグエロ無双」状態だったエースの足が止まりました。CLのバルサ戦とEFLカップでエースを外したペップは、表向きには戦術的理由としかいいませんが、アグエロを休ませたいと考えていたのではないかと思います。セルティック戦とトッテナム戦で、いいところがなかったストライカーは、チームとともに6戦ゴールなし。最近は、ミッドウィークのゲームでは極力使わないと決めているようにみえます。

変わったのは前線だけではありません。プレミアリーグ6節のスウォンジー戦でハムストリングを負傷したデブライネは、先週末のサウサンプトン戦ではふくらはぎを痛めて前半で交代。チームがスランプに陥った6試合中3試合を欠場しており、マン・シティは決定的なラストパスと正確なミドルシュートを失いました。昨季はエヴァートンで伸び悩んでいたジョン・ストーンズは、マン・シティに移籍してからは読みのよさと前線への効果的なフィードでポテンシャルの高さを発揮していたものの、ここにきてミスが目立つようになっています。疲労からか、負傷やミスが頻発するようになったプレミアリーグ首位チームは、前線からの激しいプレスをかけられなくなる試合が増えました。敵陣でボールを奪い、ショートカウンターでゴールを決めるのがひとつの勝ちパターンだったチームがその武器を失えば、おのずとゴールが減り、リードする機会がなくなったことでカウンターからのチャンスメイクも激減します。直近5試合のうち3試合をスコアレスで終えているのは、攻撃そのものよりも守り方に問題があるのだと思われます。

こうした状況とペップの言葉を重ね合わせれば、「やっていることは変わらないが、主力の負傷やコンディション不良でクオリティが落ちてしまった」ということになります。これが妥当だとすれば、アグエロ、デブライネ、ジョン・ストーンズ、コンパニらが元気になれば、背骨が弱ったチームは再び強くなるわけですが、ペップの最大のリスクがこのことに内包されているのではないかと思います。バイエルン時代には変幻自在なフォーメーション変更で相手のチャンスの芽をつぶし続けていた名将の引き出しには、新しいチームにおけるオプションが未だ入っていないのです。

おそらく、ここまでの3ヵ月半では「激しいプレス」「奪われた直後に奪い返す」「ダイレクトパスを駆使してマークを散らす」「直線的なショートカウンター」「サイドからの速い崩し」といったコンセプトや戦術を明確にして基本形を植え付け、3バックと4バックの守り方をインストールするのが精一杯だったのでしょう。2つのフォーメーション以外の戦い方と、攻撃におけるオプションは手つかずで、「先制されると取り返せない」のは、相手の弱点を突く戦術変更ができないからではないでしょうか。EFLカップのマンチェスター・ダービーは、衝撃的でした。ターンオーバーでメンバーを落としていたのは確かですが、後半開始からのマンチェスター・ユナイテッドの猛攻に対して、ペップは対抗策を打ち出すことなく敗れてしまいました。選手交代に頼らずとも、中盤の選手を下げて対応したり、左右の選手の入れ替えるなど、今までのペップなら何らかの手を打って危機を回避しようとしていたはずです。このチームは発展途上なのだと、あらためて感じさせるゲームでした。

「リスク」と書きましたが、今回の不振を脱した後の次の正念場は、リヴァプールとアーセナルが待つ年末だと思います。スケジュールがタイトなプレミアリーグを初めて体験するペップが、この時期に負傷者やコンディション不良の選手を大量に出せば、2度めの勝てない時期を迎える可能性は充分です。サブの選手のクオリティを高めるのか、相手によってフォーメーションや戦術を変える彼らしい戦い方を実現させるのか。時間がないペップにとって、ここからの2ヵ月は初年度の最終結果を左右する重要な時期になりそうです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「タイトル奪取には8人の獲得が必要」…ペップ・グアルディオラとマンチェスター・シティが動き出す!

トゥーロン国際ではロフタス=チークやウォード=プラウズ、マット・ターゲット、カラム・チャンバースなど次世代のイングランドを担うU-23代表チームが戦っており、ユーロを控えたイングランド代表では、テストマッチのオーストラリア戦の開始わずか3分、ラシュフォードが史上最年少ゴールをゲット。プレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、イングランド代表と、すべてファーストシュートをゴールに叩き込んだ18歳は、ジャンプアップが速すぎて、U-21の試合に出ないままにユーロで活躍してしまうかもしれません。あれこれ気になるニュースが多く、目移りするのですが、今回はペップ新監督率いるマンチェスター・シティのお話です。

イギリスメディア「デイリー・ミラー」が、「Pep Guardiola tells Manchester City chiefs they need EIGHT new starters as he plots summer overhaul(ペップ・グアルディオラがマンチェスター・シティの首脳陣に対して、オフシーズンの構想として8人の新しいレギュラー候補が必要と説いた)」と題した記事を掲載していました。プレミアリーグ優勝を狙えるスカッドを実現するために必要な資金は2億ポンド(約322億円)とのこと。現在所属する選手でグアルディオラの眼鏡にかなうのは、アグエロ、デブライネ、フェルナンジーニョ、「ケガがなければコンパニ」のみと伝えています。ライバルのモウリーニョ・ユナイテッドのほうは、イブラヒモヴィッチ、ハメス・ロドリゲス、ハリー・ケイン、ジョン・ストーンズなどお金がかかりそうな名前が景気よく並んでおりましたが、ペップはどんなタイプの選手がほしいといっている(あるいはいっていると噂されている)のでしょうか。まずはリストを見てみましょう。


GK
ジョー・ハート→テア・シュテーゲン(バルセロナ)
DF
オタメンディ→アイメリク・ラポルテ(アスレティック・ビルバオ)
コラロフ→ダニー・ローズ(トッテナム)
コンパニ→ジョン・ストーンズ(エヴァートン)
MF
ヤヤ・トゥレ→ジャック・ウィルシャー(アーセナル)
フェルナンド→イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)
ヘスス・ナバス→アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)
ダヴィド・シルヴァ→リロイ・サネ(シャルケ04)


なるほど。マンチェスター・ユナイテッドよりも通好みな人選ですね。「ウッドワードCEOが明るくツバつけた選手たちVSペップがマジメにチョイスした選手たち」の差なのでしょうか。スウォンジーがボニーを呼び戻そうと画策しているという報道があるなか、ストライカーが入っていないのは疑問ですが、イングランド人選手が4人いるあたりはリアルです。これが事実だとすれば、こういうコンセプトでしょうか。「GKは足元がしっかりしている選手」「最終ラインはスピードと展開力」「セントラルMFは攻撃力が必須」「縦に勝負できる選手がほしい」。レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ準決勝で、運動量が少なくスローなプレイに終始したヤヤ・トゥレや、つなぎに終始することが多く攻撃への貢献度が少ないフェルナンドは、新チームには居場所はないかもしれません。

記事では、ジョー・ハートとラヒム・スターリングの2人は先行き不透明であり、アカデミーのタレントをはじめ何人かのイギリス人選手を連れてくることを考えていると報じています。ペップが求めるGKは、ワールドクラスのショットストッパーよりも足元に不安がない選手であり、スターリングは持ち過ぎるプレイスタイルと守備力がネックのようです。筆者のデイブ・キッド氏は、マンチェスター・シティはペップのプランを形にすべく既に動き始めていると主張し、「アーセナルはジャック・ウィルシャーは渋るかもしれないが、チェンバレンは出す可能性がある」「ジョン・ストーンズには4500万ポンドが必要で、ダニー・ローズは1500万ポンドも払えばスパーズはOKだろう」と結んでいます。マン・シティは2月に監督交代を発表しており、ただでさえ4ヵ月遅れのうえにヨーロッパリーグ出場クラブでしかないマン・ユナイテッドは、ジョン・ストーンズなど何人かのほしい選手を持っていかれそうです。いや、なかなか興味深い記事でした。プレミアリーグ開幕前に、答え合わせをしてみるのもおもしろそうです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

開幕5連勝は遠い昔…マンチェスター・シティ「負け続けた1年」を振り返る。

マンチェスター・シティがアーセナルに勝てずにライバルにチャンスを渡すと、「アップトン・パーク最後の日」のパワーに屈したマンチェスター・ユナイテッドはそのまま主導権を返却。両者勝ち続けて最終節勝負という極上のチキンレースを期待していたのですが、両者とも対戦相手の気迫にたじろぎ、後ろからの追撃に怯える「チキンのレース」になってしまいました。マンチェスター・ユナイテッドのほうは、むしろよくここまでたどり着いたと感心するぐらいです。年末にプレミアリーグ3分3敗というひどい季節を過ごし、チャンピオンズリーグまで失ったチームは、ラシュフォードやフォス=メンサーなど若手が出てきてくれて結果的に助かった「出直しチーム」。プレミアリーグ4位に入ってほしいという色気はあるものの、レスターとトッテナムに上にいかれた今、TOP10で下から2番めの得点力では5位着地も仕方がありません。

しかし、マンチェスター・シティは…!「プレミアリーグ開幕時はチェルシーとマンチェスター・シティが優勝候補だった」とヴェンゲル監督に指摘されると「その発言はどこ目線?」とツッコミを入れたくなってしまいますが、御大のおっしゃるとおり。秋にさしかかる頃には、オタメンディ、スターリング、デブライネと的確な補強を進めた開幕5連勝のチームが、出遅れた昨季王者を突き放して独走するのだとばかり思っていました。ところが、2年前の優勝チームは、11月のスランプで最初の貯金を吐き出し、2月の3連敗でレスターとトッテナムの一騎打ちを許します。とりわけ2月以降は、プレミアリーグ14試合を6勝3分5敗と完全に失速。優勝どころか、一時はウェストハムやリヴァプールの下に潜るのではないかと思われたマンチェスター・ユナイテッドとCL出場権を争うまでに落ちてしまいました。彼らに、何が起こったのでしょうか。私の印象を、できるだけ短い言葉で表現すると、こうなります。

マンチェスター・シティは、疲れ果てていた。

優勝したレスター、2位トッテナムと比べて、ペジェグリーニ監督のチームが「多かったもの」を並べてみましょう。移籍金やサラリーは置いておいて、サッカーそのものの話に絞れば「試合数」「負傷者の数」「選手の年齢」。キャピタルワンカップを制し、CLで準決勝に進出したマン・シティの試合数は、リヴァプールに次いで多い58。「Injury League」によると、負傷者の通算離脱週数は203を数え、7位です。負傷者の多さで上位に入ったクラブを見てみると、降格寸前ニューカッスル、プレミアリーグでは浮上しないリヴァプール、絶不調エヴァートン、途中で出直しマン・ユナイテッド、後半失速アーセナルと、6位ボーンマスを除けば納得がいかないシーズンを過ごしたクラブばかり。13位のトッテナムは、プリチャード、ベンタレブ、ヌジエといったサブの選手の長期離脱を除けばさほど多くなく、レスターは19位です。

ナスリ、コンパニ、サバレタ、クリシーがシーズンの1/3しか満足に出られず、アグエロ、ダヴィド・シルヴァ、デブライネらを交互に欠いて苦しんでいた優勝候補を尻目に、ハリー・ケイン、アルデルヴァイレルト、ウェズ・モーガンは皆勤賞。マフレズは1試合、ジェイミー・ヴァーディはサスペンデッドの2試合しかお休みがありません。さらに、選手の年齢構成をみると、マンチェスター・シティでプレミアリーグの先発出場が10試合以上の18人のうち、10人までが30代。ウインターブレイクがないリーグで、キャピタルワンカップを最後まで戦い、チャンピオンズリーグで頂点に立とうとしていたチームにしばしば気合負けや運動量の低下が見られたのは、こういった数字と無縁ではないでしょう。

ここまで読んで、「負傷者が出ることを考えて、選手層を厚くしているのでは?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。本質的な問題は、ペジェグリーニ監督が、2年前の優勝メンバーにこだわり過ぎて、新戦力や若手の力を十全に発揮させられなかったこと、すなわち「ターンオーバーができない監督だったこと」なのかもしれません。「コンパニが出ると失点が減る」「デミチェリスが出ると失点が大きく増える」「サバレタとコラロフがいると圧勝が増える」「フェルナンドが出ると得点力が落ちる」といったわかりやすさは、選手の顔ぶれによるクオリティの上下が激しすぎることを示しています。はまればセビージャを相手にせず、パリまで食ってしまうチームは、オプションに乏しく、ひとつ歯車が狂うととたんに攻め手を欠き、ニューカッスル、ノリッジ、アストンヴィラの降格ゾーン3クラブにすべて引き分けてしまうチームでもありました。上位対決ではカウンターでいじめられ、3分5敗と勝利なし。マンチェスター・シティに勝ちにいこうとするチームは、自陣に引くことに何の躊躇もありませんでした。

「グアルディオラ監督就任を早期に発表したために、マネジメントが難しくなった」のも停滞の要因のひとつではあったでしょう。しかし、それよりも大きかったのは、この2年の若手の台頭がイヘアナチョしかなく、負傷者が多発したために競争環境がなくなり、チャンピオンズリーグ以外に強いモチベーションを抱けず、時折心身ともに疲れた状態でプレミアリーグを戦っていたことのほうではないでしょうか。最初の5連勝の後の14勝8分10敗は、プレミアリーグ8位水準。今季は、本当によく負けました。

とはいえ、最終節でチャンピオンズリーグ出場権を死守するという条件付きながら、この負け続けた1年は、未来のためにはよかったのではないかとも思います。指揮官交代が間違いではなかったと確信しているであろうマン・シティは、抜本的なチーム改革に取り組むはずです。バイエルンからやってくる新しい監督は、2年連続で大量の負傷者を出したこともあり、今季のブンデスリーガでは18人の選手に10試合以上の先発を命じており、そのなかにはバトシュトゥバーとリベリーの名前はありません。プレミアリーグより4試合少なく、カップ戦もひとつしかない国の独走王者の監督が、欧州の頂点に立つためのコンディショニングとオプション戦術開発を怠らなかった足跡が、数字に表れているように思えてなりません。同じCLベスト4敗退ながら、こちらは試合半ばで気力が絶えてしまい、あちらは欧州トップレベルのサッカーを披露して大会を去っていきました。2016-17シーズンに向けて、マンチェスター・シティの賢明な経営陣とワールドクラスの名将は、鮮やかな手口で新しい強者を誕生させてくれるのではないでしょうか。ユーロの熱狂が去った後、グアルディオラ監督の船出に注目したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけるとうれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ