買収、業務提携、スポンサー…FFPのペナルティを無力にしたいマンチェスター・シティの逆襲!

FFP違反で罰金83億円、チャンピオンズリーグの登録人数削減、移籍金と給与の上限縛りなどの手痛いペナルティを喰らったプレミアリーグ覇者、マンチェスター・シティが逆襲モードです。5月20日、マンチェスター・シティのホールディング会社であるシティ・フットボール・グループ(CFG)と、Jリーグの横浜Fマリノスが資本提携を伴うパートナーシップを結ぶという発表がありました。マンチェスター・シティは、横浜マリノスに対してトレーニング、コーチング、チームマネジメントなどのノウハウを提供していく、というのがオフィシャルなお話です。

おそらくこれに加え、アジアツアーや日本でのスクール開講など、さまざまな「コンテンツ」「ソフト」の供給も行い、マンチェスター・シティの日本におけるブランド浸透と、ソフト提供の対価としての日産自動車のイギリスにおけるスポンサードなどが展開されていくのでしょう。資本提携という形は、Jリーグでは初めてとなるそうです。

マンチェスター・シティの世界戦略は、後発クラブらしくスピード重視&パワープレイで着々と進められており、1月にオーストラリア・Aリーグに所属するメルボルン・ハートの株式を80%取得する形で買収しています。こちらはクラブ強化で収益を上げ、ホールディングスの売上・利益を伸ばすという目論見でしょう。同時に、オーストラリアでも何らかの形でマンチェスター・シティブランドの浸透強化を考えているのかもしれません。

アジア・オセアニアにとどまらず、プレミアリーグ終了直後の5月15日には、1月のFAカップ再試合のあおりで延期になっていたUAEツアーとして、アル・アインとの親善試合を開催(このときのパーティーで、誰もヤヤ・トゥレの誕生日を祝わなかったと問題になっているわけですね)。UAEでは、当地最大の建設会社Arabtecホールディングスと地域スポンサー契約を結んでおり、マン・シティがスポンサーフィーを受け取るのはもちろん、Arabtecが開発案件を請け負うロシア、中東、北アフリカ、インド、セルビアなどにおいて、マンチェスター・シティの建設案件が発生した場合は彼らが便宜を図ることになっています。いや、あちこちすごいスピードで手を伸ばしてますね。

多くのスポンサーを入れ、イギリス国内以外でも収益を上げられるコンテンツを展開することでCFGの売上を最大化し、そこから一定の額を選手獲得などの投資にまわす、というサイクルを早めて世界一のクラブをめざしているマンチェスター・シティ。FFP云々といわれるかなり前から、この世界戦略は順調に動いていたのだと思われますが、彼らの最大の誤算は「FFPのペナルティに移籍金と給与の上限縛りが盛り込まれたこと」でしょうね。多少の罰金は中長期的には問題なく、チャンピオンズリーグの登録人数縛りも、極論すれば来季1年だけは決勝トーナメント1回戦敗退でもやむなし、という割り切り方ができるのに対して、チーム強化の手段が限定されるのは激痛でしょう。プレミアリーグで5位以下に落ちようものなら、チャンピオンズリーグの収益、プレミアリーグ放映権料分配など、収益の算段が大きく狂ってきます

さあ、逆襲のゴングが鳴り響きました。この夏の移籍市場での立ち回り、アジアや中東での新しいコンテンツ、そして来季の戦い方と、マンチェスター・シティには注目ポイントが山盛りです。果たして、FFPのペナルティを「取るに足らないこと」にしてしまえるのか!?まずは来季に向けてのチームづくりですね。続報あれば、随時ご報告します。(写真著作者/Alfonso Jimenez)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

これは面白い。上手く成功すればプレミアだけにとどまらないブランド作りができそう。

でも、1サッカークラブとしての理念はや基本は逸脱しています。

プラティニの考え方の一つ。スポーツである以上、公正なピッチ上での競い合いをビジネス(お金の力や収益・売上重視)が凌駕してはならない。と対立していると思います。

こちらの戦いに関する記事も楽しませてもらっています。感謝!
  • だしまる
  • 2014/05/22(Thu)12:00:47
  • 編集

コメントありがとうございます。

だしまるさん>
今までのクラブの概念にとどまらず、サッカークラブチェーンを作っている感じですね。以前にテレビ東京がやっていた、「郊外の流行ってないラーメン屋にプロデューサーを入れて、繁盛店にする」といった企画と共通項があります。
  • makoto
  • 2014/05/22(Thu)13:26:24
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ