650億円超えは過去最高収益!少数精鋭のマンチェスター・シティは、今季どこまで勝てるのか!?

ファイナンシャル・フェアプレー違反を問われ、昨夏の選手獲得金額や総人件費に制限を加えられたマンチェスター・シティが、2013-14シーズンの決算内容をリリース。昨季の売上は3億4700万ポンド(約652億円)と過去最高。収支は2300万ポンド(約43億2000万円)のマイナスとのこと。この額には、FFP違反で課せられた1600万ポンド(30億円)の罰金も含まれているそうで、ほぼトントンといっていい着地です。いや、すごい。2008年にアブダビの資金が入り、シェイク・マンスール氏がオーナーとなってからわずか5シーズンで、売上650億円はすごいです。

ちなみに、同じく過去最高を記録したマンチェスター・ユナイテッドの最終着地は4億3320万ポンド(約750億円)で、初の5億ユーロ超えを果たしたバイエルン・ミュンヘンは700億円。アブラモヴィッチオーナーが来てから10年以上になるチェルシーは、3億1980万ポンド(約583億円)です。シェイク・マンスールオーナー率いる投資グループは、ここまで1600億円以上といわれる巨額の資金を注入してきたといわれていますが、プレミアリーグの中位をうろうろしていたクラブを一気に欧州のトップクラスの規模に引き上げるのは、お金の力だけでできることではありません。チェルシーは、アブラモヴィッチさんが買う前から、既にプレミアリーグの上位にいたわけですから。

私が興味があるのは、カルドーン・アル・ムバラクチェアマンが「大型投資の時期を乗り越えた」と語っているマンチェスター・シティが、「FFPの煽りもあって大型補強をしなかった今季のチームでどこまで勝てるのか」です。夏の主だった補強は、マンガラ、フェルナンド、サニャ、ランパード、カバジェロ。ポルトから来た2人は持てる力を発揮しているとはいえず、プレミアリーグのライバルクラブにいたベテラン2人は、ランパードがプレミアリーグ先発2試合、サニャが3試合とあくまでサブメンバー。GKカバジェロは、リーグでは1試合しか使われておりません。ジェコ、ダヴィド・シルヴァ、コンパニなどの主力が欠けると、すぐにやりくりが難しくなるマンチェスター・シティは、年末年始のタイトなスケジュールや、欧州リーグとFAカップが重なってくる2月~3月を順調に乗り切れるのでしょうか。

大ピンチだったチャンピオンズリーグは、ローマに勝てば決勝トーナメントに進出できるかもしれない、というところに漕ぎつけました。プレミアリーグのチェルシーとの6勝ち点差は、数字上は充分逆転可能。FAカップはこれからで、トレブル(三冠)達成の可能性も残っています。今季のチャンピオンズリーグで上位進出を果たし、プレミアリーグ連覇まで持っていければ、来季はペジェグリーニ監督続投もあるでしょう。次の決算ではライバルのマンチェスター・ユナイテッドを売上で追い抜き、利益を出しながらのクラブ運営、あるいはさらなる大物獲得による真の欧州トップクラスへのチャレンジというステップに踏み出すものと思われます。

私の予想は、「優勝はチェルシーだが彼らは3位は外さない。ただし、アグエロがシーズンを通じて元気ならば」です。昨季同様、プレミアリーグ上位対決の勝ち方を知っているこのチームは、主力が揃えばチェルシー以外には負けないのではないかと思います。しかし一方で、昨季よりもムラが目立つのも確かで、メッシやクリスティアーノ・ロナウドの域に迫りつつあるのではないかという目覚ましい活躍をみせているエースストライカーを失えば、取りこぼす試合も増えるでしょう。ヤヤ・トゥレの調子が上がってきたのは好材料ですが、昨季の爆発的な得点力を期待するのは酷ではないでしょうか。チームのゴールの4割をひとりで稼いでいるアグエロの貢献度が、マンチェスター・シティのプレミアリーグにおける最終着地に大きく影響するのではないかと思います。

「やっぱりマンチェスター・シティは強かった」というハッピーエンドを迎えるのか。チャンピオンズリーグを早々と終え、負傷者の影響で失速してマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルの後塵を拝するという信じがたい結末となるのか。タイトな年末年始の直後に、エヴァートン、アーセナル、チェルシーの難敵3連戦が控えるマンチェスター・シティにとって、スタメンに頭を悩ませそうなこの12月は、まさに「師が走る」重要な1ヵ月です。




おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。

おそらくアグエロが抜けたとしてもなんだかんだ2位につけるでしょう。シティがとりこぼしたとしても今季のアーセナル、ユナイテッド、リバプールはお付き合いしてしまうとおもいます。ただ、3位以下は激戦ですね。先の3チーム+スパーズ、セインツ、トフィーズはかなり終盤まで混戦を続けそうな予感がします。
それにしてもチェルシーの無敗優勝だけは見たくないなぁ…
  • せお
  • 2014/12/06(Sat)12:36:53
  • 編集

無題

エースがいなくなれば取りこぼすのはどこも同じだと思います
シティがアグエロにとても依存してるのは確かですが
ヤヤトゥーレはアフリカネーションズカップがあるので離脱しますよね
やっぱりチェルシーの優勝の可能性は高いですかね
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/12/06(Sat)13:01:24
  • 編集

コメントありがとうございます。

せおさん>
アグエロという大きな存在が抜けたら、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドにかわされるのではないかと思っています。「私見です」「感覚です」としかいえず、根拠が弱いので、本編で書けませんでしたが。

プレミアリーグ大好き!さん>
優勝はチェルシーじゃないでしょうか。彼らが、他のクラブ以上に崩れるのは考えづらいですね。
  • makoto
  • 2014/12/06(Sat)13:49:57
  • 編集

無題

エースがいなくなれば取りこぼすのはどこも同じだと思います
シティがアグエロにとても依存してるのは確かですが
ヤヤトゥーレはアフリカネーションズカップがあるので離脱しますよね
やっぱりチェルシーの優勝の可能性は高いですかね
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/12/06(Sat)14:10:01
  • 編集

初コメントです。

マンチェスターシティを検索してたらたどり着きました。
アグエロ、どのくらいかはわからないですが、離脱してしまって残念です。ローマ戦だけじゃないですが、みんな頑張って何とか...
  • アルゲンダビス
  • 2014/12/07(Sun)09:43:45
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ