無念!デブライネ、全治10週間。マンチェスター・シティはピンチをチャンスに変えられるか!?

キャピタルワンカップ準決勝セカンドレグ89分、 対エヴァートン、3-1。あと数分、ボールをまわしてしのげば、2戦トータルで4-3とリードしていたマンチェスター・シティは2月末にウェンブリーで行われるファイナル進出が決まります。悲劇が起こったのは、ホームチームの左サイド。フネス・モリの背後からのタックルを受けたケヴィン・デブライネは苦痛に顔をゆがめてピッチに倒れ込み、起き上がれないまま右足を固定されて、担架で運ばれました。膝の負傷は靭帯損傷のようで、本人がツィッターで全治10週間と報告。復帰が4月中旬だとすると、16日のプレミアリーグ34節、スタンフォード・ブリッジのチェルシー戦には間に合わず、残り4試合となったストーク戦からの復帰でしょうか。クラブ史上最高額となる5500万ポンド(当時のレートで約101億円)の移籍金で加入した中盤の軸は、プレミアリーグにおいて唯一4冠すべてが狙えるチームの大事な季節を、スタジアムの外で過ごすことになってしまいました。

チームメートのがんばりでチャンピオンズリーグの4強に入れば、決勝までの最大3試合で彼らしい優雅なプレイが観られるはずですが、その前にマンチェスター・シティが大会を去るようなことがあれば、躍進に期待していた者として本当に無念です。9月12日、セルハースト・パークでのクリスタル・ぺレス戦の70分、途中出場という形でプレミアリーグ復帰を果たしたデブライネは、以来2列めのレギュラーに定着。トップ下はもちろん、左右どちらのサイドでも機能するベルギー代表MFは、正確なラストパスとコントロールショットでゴールを脅かし続け、プレミアリーグ19試合出場で5ゴール9アシスト。過去に例をみないハイペースで16ものアシストを量産しているメスト・エジルがいなければ、堂々のアシストランキングTOPです。デブライネがいなくなると、マンチェスター・シティはどうなるのでしょうか。調べてみると…。

そもそも、テーマ設定に無理があったようです。マン・シティでのデビュー以来、デブライネは全試合に出場しているのですから。プレミアリーグでの途中出場は、前述のクリスタル・パレス戦と、16節のスウォンジー戦のみ。チャンピオンズリーググループステージ第4節のセビージャとのアウェイゲーム、FAカップ3回戦の対ノリッジ、そして悲劇が起こったエティハドのエヴァートン戦と、これら5試合を除けばすべてスタメンです。チームが絶好調だったプレミアリーグ開幕からの4試合を、「デブライネがいなかった試合」として分析するのは無意味でしょう。チームは、彼のカラーを得て新しいスタイルに変貌したのです。ここから先、デブライネの不在は、ダヴィド・シルヴァ、ヤヤ・トゥレ、スターリング、ヘスス・ナバスに埋めてもらうよりほかはありません。

さて、どうしましょう、プレミアリーグ、リヴァプールとのキャピタルワンカップファイナル、そしてディナモ・キエフと当たるチャンピオンズリーグのラウンド16。このピンチをチャンスに変えるとすれば、「強豪相手にはヤヤ・トゥレをトップ下に固定して、ショートカウンターを狙う」「点が欲しいときは、アグエロとイヘアナチョの2トップ」といった戦い方がおもしろいのではないかと思います。ヨーロッパリーグ覇者としてCLに乗り込んできたセビージャとのアウェイ戦は、今季のマンチェスター・シティにおけるベストバウトといっても違和感はないのではないでしょうか。あの試合で目立ったのは、前でのボール奪取と一瞬のスピードでした。

スターリングやヘスス・ナバスのスピードを活かすとすれば、できるだけ前でボールを奪ってすかさず勝負させるか、SBの背後を狙ったスルーパスが有効です。ヤヤ・トゥレを前に置けば、後ろのナンド&ジーニョやデルフが守備を安定させることができ、中盤の3人の連携によってパスカットの頻度は確実に増えます。最近2シーズン、自らが最終ラインの裏を突かれてバルサに負けてきたマン・シティは、少し引き気味に構えてスターリングらが縦に走るスペースを空け、ボールを獲ったら手数をかけずにフィニッシュにつなげる直線的な攻撃のほうが、欧州では輝くのではないでしょうか。中盤センターのファーストチョイスは、フェルナンジーニョとデルフがいいと思います。フェルナンド先発の試合は6勝3分4敗と数字が悪く、勝った相手はニューカッスル、ノリッジ、サンダーランド、クリスタル・パレスなど下位や不振のクラブばかり。強いクラブに対して結果が出ていないのが気になります。

マン・シティファンにとっては、デブライネ不在で最初のタイトルであるキャピタルワンカップを勝ち、彼が復帰したときに4冠が狙えるポジションにいられれば、納得のシーズンといえる着地が見込めるのではないでしょうか。ベルギー代表MFの離脱は残念ですが、同郷の先輩・コンパニさえ戻れば、可能性は充分にあると思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

デブライネは全試合出場してたのは驚きです
シティは怪我する人数が多いですね
怪我してないのはオタメンディと控えGKくらいで
誰かが帰ってくると誰かがいない状態のなか
今いる位置はペジェグリーニの功績でしょう
守備は安定しないですが上手くやり繰りをするのではないでしょうか
  • シティさぽ
  • 2016/01/30(Sat)10:23:26
  • 編集

無題

コメント初なんですが失礼します
テブライネの怪我は残念でなりません...シルバとの創造性あふれるようなプレーの共有により得点以外のシーンでも魅せてくれていたので

しかしイヘアナチョは最近の試合を見てもやはりもっと活躍する可能性がある選手だと思うので、運動量の多いデルフとフェルナンジーニョの2センターでバランスをとってもらいヤヤトゥレ(もしくはシルバ)や両快速サイドの2人に活かしてもらえるとびっくりするような事になるかもしれないと思っています!
パスセンスやゴールセンスは既に素晴らしいものを持っているので後は成長して身につけているあのフィジカルを使いこなせるともっと伸びるような気がします
  • シティファン
  • 2016/01/30(Sat)14:14:08
  • 編集

無題

デ・ブライネはサイドにいるときに恐怖を感じる選手だと個人的に思ってます。サイドバックを駆け引きではがし、ゴールキーパーが嫌がる位置にボールを蹴ってくるイメージが焼き付いてます。

確か最終節にアーセナルーシティだったと思うので、デ・ブライネを含め両チームのキーマンが揃った上での好勝負を期待したいですね。
  • 新参
  • 2016/01/30(Sat)16:38:20
  • 編集

無題

開幕前は圧倒的なイメージのあるシティが毎年のようにCLで苦しみ(これはいつもバルサと当たる運の悪さもありますけど)、リーグでも独走することがないのは怪我人の多さゆえですよね。

軸のコンパニ、シルバ、アグエロは毎年のように離脱を繰り返しているので、シティの新たな顔となったデブライネにもこの癖がつかないか心配です。

僕自身はリバプールファンですが、欧州の舞台で戦う時のライバルチームは応援しているので、どうにか乗り切って欲しいです。
  • NA28
  • 2016/01/30(Sat)17:41:38
  • 編集

無題

デブライネ離脱は痛いですね
全試合出場していたのは初めてしりましたが、それだけフィットしていたと言うことですよね
コンパニといい、シティはフルメンバーが揃えば今のプレミアなら他を寄せ付けない強さがあると
個人的には思っているのですが……

そして同じベルギー出身、スパーズのフェルトンゲンも残念ながら負傷してしまいました
ヴィマーがここで結果を残して踏みとどまるのか
はたまた穴を埋められず、ずるずると落ちていってしまうのか、こちらも正念場です
  • スパーズ推し
  • 2016/01/30(Sat)20:46:28
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティさぽさん>
負傷者の離脱日数でいえば、実はマンチェスター・ユナイテッドと変わらないんですよね。ヤヤを攻撃にまわして、イヘアナチョをうまく使えればがんばれると思います。

シティファンさん>
よろしくお願いいたします。スターリングにスペースを創るべく、プレスを始める位置を低めにしたほうがいいのでは?と思いました。3-1で勝ったエヴァートン戦の前半、中盤が間延びして危険だったこともあり。

新参さん>
最後の1個前ですね。「事実上の優勝決定戦、両者ベストメンバー」となったらおもしろいなと思います。

NA28さん>
キエフに何とか勝っていただき、8強でいいクジ引いてもらえればと思います。バルサやバイエルント当たるときは、ぜひベストで。

スパーズ推しさん>
大事な2ヵ月、両者とも激痛ですね。ヴィマーやイヘアナチョが覚醒してくれるといいなと思います。
  • makoto
  • 2016/01/31(Sun)14:47:03
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ