克服できるか…リヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドが抉ったペップ・シティの弱点!

プレミアリーグで4-3、チャンピオンズリーグは3-0、1-2。ゲーゲン・プレッシングのクロップ監督がマンチェスター・シティに3連勝し、その間にジョゼ・モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドも2点のビハインドをひっくり返して逆転勝利。前半戦は無敵だったペップのチームが、ここにきて守備の脆さを露呈しています。リヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドは、ペップのスタイルを打ち破る要素を備えた象徴的な2つのタイプだったのではないでしょうか。チャンピオンズリーグのベスト4は、中盤のプレス合戦に持ち込むことができ、ショートカウンターから一気にゴール前に運べるチーム。プレミアリーグ2位のほうは、バイタルエリアをカバーする術を知り、長いカウンターとセットピースを武器とするチームです。

4月の両者に共通していたのは、最終ラインの裏を狙う意識が強かったこと。アンフィールドのレッズもエティハドのマン・ユナイテッドも、多くのゴールはDFの背後に出したパスが決め手とななっています。3連敗中のチームが、どんなプロセスで失点を喫したのかを振り返ってみましょう。まずは、アンフィールドで行われたCLファーストレグ。12分まで押されていたレッズは、アーノルドが通したサラーへの素晴らしい縦パスから、先制ゴールを決めました。サラーが並走するフィルミーノに通したニアへのパスは、セカンドレグの前半終了間際にチェンバレンをエデルソンと1対1にしたパスに似ていました。アンフィールドではオタメンディがフィルミーノに振り切られ、エティハドではフェルナンジーニョが裏を取られています。フィルミーノは、シュートをブロックされた後の混戦を制し、フリーのサラーにラストパス。プレミアリーグ29ゴールのサイドアタッカーは、左足で強く蹴るだけでした。

チェンバレンのミドルが左隅に突き刺さったシーンでは、右に寄りすぎた中盤の選手たちがレッズの21番を自由にさせてしまい、コンパニのコースの切り方も曖昧でした。前への意識が高いマン・シティのDF陣とフェルナンジーニョは、ひとたび下がるとバランスを失い、ラインの前のスペースを空けてしまいがちです。1月のプレミアリーグでチェンバレンが先制ミドルを決めた際も、フェルナンジーニョが振り切られて最終ラインの前でフリーになったことが正確なシュートを生んでいます。

サラーの浮き球からマネがヘッドで決めた3点めは、サラーと対峙したラポルテが無力でした。マン・シティ崩しのひとつの形として、サイドから縦にスルーパスを通してドリブラーを勝負させるのは有効でしょう。1月のゲームでもチェンバレンのスルーパスをフィルミーノが決めているレッズは、3トップが3人とも裏を狙う意識が強いからこそゴールを奪えるのだと思います。ラシュフォードやアザールがいるチームは、攻めっ気が強いSBの裏を狙わせればチャンスを増やせるのではないでしょうか。セカンドレグのレッズの貴重な先制点も、サラーのパスが右にいたマネに通り、不利な態勢だったラポルテから冷静さを奪ったのが効を奏しました。CBは股抜きを喰らい、フェルナンジーニョもかわされてエデルソンと1対1。サラーの前にこぼれ球が出れば、万事休すです。

そして、セカンドレグの決勝ゴール。左サイドでフィルミーノがオタメンディのキックををカットしたゴールシーンを見て、プレミアリーグの1発を思い出しました。オタメンディが縦に出そうとしたボールをサラーがカットして、パスを受けたマネが容赦ない左足シュートを突き刺したシーンです。オタメンディとジョン・ストーンズは、プレッシャーをかけられるとしばしばキックミスを犯します。シーズンが進むにつれ、フェルナンジーニョもパスミスと1対1の弱さが目立つようになっており、プレスが厳しい相手をどうさばくかは、ペップの懸案事項のひとつでしょう。

マンチェスター・ユナイテッドの3発は、いずれもポグバとスモーリングがコンパニとオタメンディの裏に飛び出してゲット。アレクシス・サンチェスのクロスをエレーラが胸で落とした瞬間、コンパニの対応が中途半端になり、ポグバが抜け出して1点差に迫ると、2発めはアレクシスの浮き球に走り込んだポグバにオタメンディがついていけませんでした。決勝点のセットピースもオタメンディとフェルナンジーニョがスモーリングに置いていかれ、イージーなボレーを押し込まれてしまいました。

ラインの裏を取られやすい。つなぐことにこだわるビルドアップやカットした直後のボールを狙われる。前への志向が強いがゆえに、押し込まれると縦のバランスが崩れやすい。フェルナンジーニョの両脇が攻撃のキーマンだからか、アレクシス・サンチェスやチェンバレンのようにスペースを使われる…。選手のコンディションが戻れば解決する類いのものと、何らか手を打ったほうがいい課題が混在しているのだと思われますが、ペップは直近の8失点をどう捉えているのでしょうか。急激に強くなったプレミアリーグ最強チームの来季の進化を、怖れながら注目したいと思っています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

変則トレブルなるか!? 最強マンチェスター・シティが狙える6つのプレミアリーグ記録!

プレミアリーグの順位テーブルや公式スタッツを眺めていると、私たちは今、ものすごいチームを目の当たりにしているのだなと実感します。ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ。プレミアリーグ30節を終えて26勝3分1敗。2003-04シーズンにアーセン・ヴェンゲルのアーセナルが成し遂げた無敗優勝こそ逃したものの、残り8試合のうち5勝すれば、2016-17シーズンにチェルシーが更新したばかりの30勝という最多勝レコードを塗り替えます。エヴァートン戦のドロー以外を全勝すれば、ホーム最多の18勝でシーズンを終えた4つめのチーム。2004-05シーズンにジョゼ・モウリーニョが打ち立てた最少失点15、アウェイ最多勝利15、最多勝ち点95は、失点以外の2つは到達できる可能性を残しています。2009-10シーズンにアンチェロッティのチームが記録した103ゴールも射程圏内です。

ドログバが29ゴール、ランパードが22ゴールを決めた当時のチェルシーは強力でしたが、アグエロ21発、スターリング15発の今季の首位はどこからでもゴールが奪えるチームです。プレミアリーグレコード達成には8試合で19ゴールが必要ですが、直近8試合で21ゴールを挙げている彼らがあっさりクリアする姿は充分にイメージできます。1999-2000シーズンにマンチェスター・ユナイテッドが記録した2位との最大勝ち点差18は、タイトルホルダーとのデッドヒート次第。既にプレミアリーグ18連勝というレコードを手に入れたマン・シティは、ざっと挙げただけでも6つの新記録・タイ記録を視界に捉えています。

私は、開幕前にはマンチェスター・ユナイテッドの優勝を予想していました。ジョゼ・モウリーニョの弱点補強リストの3名のうち、ルカク、マティッチと2名までがプレミアリーグ経験者だったのに対して、ペップが集めた主力5名はカイル・ウォーカー以外はフィットするのに時間がかかるかもしれないというのが最大の理由です。これに加えて、バイエルン時代に毎年大量の負傷者を出していた指揮官が初年度と同様に不振に陥る時期があると考えたこと、ジョー・ハートやナスリ、ボニーを含めれば総勢10人以上の放出も選手層の厚みという観点では懸念材料でした。

しかし、ペップは4ヵ月でこれらが杞憂にすぎないと証明してしまいました。前半戦を無敗で終え、2位に勝ち点13という大差をつけたチームは、年が明けてからも失速しませんでした。バンジャマン・メンディ以外に長期離脱はなく、デルフリタイアによる「左サイドの危機」は、ジンチェンコがあっさりカバー。プレミアリーグ18連勝の立役者だったスターリングに疲労が見えた頃には、ベルナルド・シウヴァがフィットしていました。冬のラポルテ獲得でコンパニの体調は重要事項ではなくなり、フィル・フォーデンやブラヒム・ディアスに場数を踏ませる余裕までできたチームに、ライバルたちは太刀打ちできませんでした。

さて、マンチェスター・シティは、どんな成果を残して素晴らしいシーズンを終えるのでしょうか。プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、カラバオカップの変則トレブル達成が最高のゴール。ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」は、CLの優勝予想でバルセロナの3.50倍に次ぐ4.33倍でマン・シティを対抗馬に推しています。ラウンド16のチェルシーVSバルサを観て、こんなことを思いました。マンチェスター・シティとわれわれの勝ち点差が、プレミアリーグの2位以下と欧州のトップとのギャップそのものなのかもしれない、と。

リヴァプールがスペイン勢やバイエルン、ユーヴェに対してどう戦うのかを観たい気分もありながら、今年のペップのチームに欧州を制するパワーがあるのかを問いたいという興味も捨てられません。いっそ、全部獲ってしまえ!リヴァプールときっちり決着をつけ、古巣のバルサとバイエルンを連破して自分が最高なのだと欧州に知らしめた結果、ペップのタイトル全制覇にストップをかけたのはウィガンだった、というオチはプレミアリーグらしくていいのではないでしょうか。

大半のベテラン放出による若返り、エデルソンやダニーロら大陸からの新戦力の早期フィット、デルフとジンチェンコの戦力化、デブライネ&ダヴィド・シルヴァの超攻撃的インサイドMFコンビの実現、スターリングとレロイ・サネの覚醒…これらはすべて、ペップでなければ短期間でなしえなかったのではないでしょうか。いやー、本当に素晴らしい。冒頭に挙げた記録も含め、最高の結果を残していただければ、「たられば」を考えることなく2位以下のポジションを受け入れられそうです。最後に、モウリーニョ監督に狙っていただきたいプレミアリーグタイ記録を紹介させていただき、この稿を締めたいと思います。

2011-12シーズンにマンチェスター・ユナイテッドが記録した、プレミアリーグ2位の最多勝ち点89。全勝条件ですが。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

10月MVPはサネ、最優秀監督はペップ!最強マンチェスター・シティは鬼門を克服できるか?

プレミアリーグの10月表彰は、当然のようにマンチェスター・シティのダブルでした。ストーク戦は7-2圧勝、バーンリーを3-0と問題にせず、WBA戦は最後に失点したものの2-3完勝。3試合13ゴールという強烈な攻撃力を見せつけられれば、ペップ・グアルディオラ監督を2ヵ月連続の最終監督に選ばざるをえないでしょう。月間MVPは、3試合すべてでゴールを決めたレロイ・サネ。序盤戦は途中出場が多かった21歳のウインガーは、9月23日のクリスタル・パレス戦でゴールを決めるとレギュラーに定着。プレミアリーグ11試合で挙げた6ゴールは、デビューシーズンの数字を既に上回っています。逆サイドのスターリングも9戦7発と絶好調。このチームがなぜアレクシス・サンチェスを欲しがっているのかがわからなくなるほどの破壊力をキープしています。

プレミアリーグ11戦10勝1分、積み上げたゴールは38発、得失点差は2位マンチェスター・ユナイテッドを13も上回る31。開幕当初はエヴァートン戦で引き分け、ボーンマス戦はラストプレーで勝ち点3をゲットするなど苦戦が目立ちましたが、リヴァプールを5-0で粉砕してからは攻撃陣が完全にフィットして連戦連勝。チェンピオンズリーグはフェイエノールト、シャフタル・ドネツク、ナポリ、ナポリと4連勝でラウンド16進出を早々に決めており、ウルヴスにPK戦に持ち込まれたカラバオカップを勝利とカウント(オフィシャルにはドロー)すれば、公式戦15連勝です。「未だ弱点は見当たらない」とペップのチームを絶賛するアラン・シアラーは、マン・シティが強い理由のひとつとして、多彩なオプションを挙げています。

「彼らはどこよりも多くのオプションを持っている。セルヒオ・アグエロが負傷しても、ガブリエウ・ジェズスがいる。これに対してチェルシーがアルヴァロ・モラタを欠いたら同じようにはいかない。ハリー・ケインを欠いたトッテナムも同じようにはいかない。マンチェスター・ユナイテッドのロメウ・ルカクは今、少し苦労しているが、やはりノット・ザ・セイムだ」(アラン・シアラー)

プレミアリーグ歴代最多ゴール記録を持つレジェンドが、唯一懸念として挙げているのは、年末年始のタイトなスケジュールです。昨季プレミアリーグでは、12月は3勝3敗、1月は1勝1分1敗。「彼はドイツとスペインでタイトルを獲得しており、ラインを越える方法を知っている」と指揮官を評価しながらも、過去2シーズンのマンチェスター・シティがロケットスタートの後に沈んでいると指摘し、負傷やコンディション不良による停滞の可能性に言及しています。今季のスケジュールを見ると、12月にはマンチェスターダービーとトッテナム戦が控えており、年明けにはリヴェンジを狙うリヴァプールとアンフィールドで戦わなくてはなりません。ペップも、この季節をうまく乗り切ることが重要と捉えており、こんなコメントを残しています。

「結果を分析しただけでは議論したことにはならないが、われわれは12月のスケジュールによって何が起こり得るかを把握して、改善を図らなければならない」(ペップ・グアルディオラ)

今季のジョン・ストーンズの成長をリスペクトし、「昨季の彼は週に3試合プレイする最初のシーズンだったことを忘れてはいけない。エヴァートンでは週1回でよかったからね。チャンピオンズリーグですぐにプレイするためには、それをうまくこなすプロセスが必要なんだ」と語っていた指揮官は、同時に自らにも言い聞かせていたのかもしれません。

マンチェスター・シティのウィークポイントは、「クオリティが高すぎる中盤」ではないでしょうか。デブライネ、ダヴィド・シルヴァ、フェルナンジーニョはプレミアリーグ全試合先発出場。彼らのいずれかが負傷欠場となれば、代わりに入るのは途中出場6試合のみのギュンドアンか、2試合のヤヤ・トゥレです。今季プレミアリーグでアシストランキングTOPのダヴィド・シルヴァと、2位のデブライネの穴は誰にも埋められないでしょう。

アンタッチャブルなダブルプレーメイカーと何でもできるセントラルMFは、最強の武器であるとともに、控え選手の経験値UPを妨げる諸刃の剣なのだと思います。事実、彼らが全員揃っていなかったカラバオカップの2試合とチャンピオンズリーグのナポリとのアウェイゲームは、セカンドハーフの半ばまで同点というきわどい展開の試合でした。鬼門の12月を、今までのペースで走り抜けるのは難しいのではないか…。「We can do better」と繰り返していたペップの采配に注目したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マン・シティもクラブレコードの700億円超え…マンチェスター勢の決算数字を比較してみました!

3年連続で負債ゼロ、9年連続の業績改善、人件費比率は56%と健全。プレミアリーグで10勝1分と快調に首位をひた走るマンチェスター・シティが、経営面でも好調であることをアピールしています。このたび発表された2016-17シーズンのアニュアルレポートに記載された総収入は、前年から21%増となる4億7340万ポンド(約705億円)。レロイ・サネ、ガブリエウ・ジェズス、イルカイ・ギュンドアンらの獲得に8710万ポンド(約130億円)を費やし、選手やスタッフの給与総額が33%増の2億6441万ポンド(約394億円)に膨れ上がりながらも、108万ポンド(1億6000万円)の利益を出しています。

ペップ・グアルディオラ監督のプレミアリーグ初年度は無冠に終わりましたが、ライバルのマンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ6位ながらもEFLカップとヨーロッパリーグに優勝しています。これに伴うテレビ放映権料やマッチデー収入の増加もあって、彼らの総収入はクラブレコードの5億8100万ポンド(約866億円)。両者の差は1億ポンドほど開いておりますが、絶好調のマンチェスター・シティはチャンピオンズリーグにおける収入増も期待され、1年後にはギャップはさらに詰まっているでしょう。ここからは、プレミアリーグNo.1の隣町のクラブと比較しながら、マンチェスター・シティの収益の現状を確認していきたいと思います。

2016-17シーズンは、3年契約で1兆2000億円を超える巨額のテレビ放映権料が分配される最初の年です。マンチェスター・ユナイテッドは38%UPの1億9400万ポンド(約289億円)、マンチェスター・シティは26%UPの2億300万ポンド(約303億円)。両者の伸び率の差には、ヨーロッパリーグと国内カップ制覇で試合数が多かったチームと、2015-16シーズンにCLベスト4でベースが高かったチームという違いが反映されています。マンチェスター・ユナイテッドはコマーシャル収入が多く、2億7550万ポンド(約410億円)を稼いでいるのに対して、マン・シティのほうは2億1800万ポンド(約325億円)。オールド・トラフォードに75800人を入れられるクラブは、マッチデーに1億1200万ポンド(約167億円)を得ており、55000人のエティハドで5190万ポンド(約77億円)のクラブを大きく引き離しています。

マンチェスター・シティがコマーシャル収入を23%も成長させているのに対して、マンチェスター・ユナイテッドは2.7%しか伸びておらず、今後はここが詰まっていくのではないかと思われます。カルドゥーン・アル・ムバラク会長は、「フィールドにおける成功と財務の持続可能性は、両立していなければならない。このままうまくいけば、フットボールオーガニゼーションとオフフィールドビジネスは、われわれがさらに強化・成長し続けるための適切なシンメトリーとバランスを持っているといえる」と、さらなる伸びしろについて語っています。さらに特筆すべきは、ユースチームの強化です。アカデミーは昨季、9つのトロフィーを獲得。ムバラク会長は「とりわけフィル・フォーデンとブラヒム・ディアスは、若手選手の能力開発において長期的な持続可能性の柱となっている」と2人のタレントをリスペクトしています。

ひと頃は人件費がクラブの総収入を上回っていたクラブは、適正な人材配置、収益性の向上、アカデミーの整備を的確に進め、高額選手を買うばかりでないチーム強化に舵を切っています。クラブ経営力は、マンチェスター・シティがプレミアリーグNo.1でしょう。ここまで成長を遂げた彼らが未だにライバルクラブに劣るのはスタジアムの熱気ですが、いずれは地元出身のスター選手がエティハドを盛り上げてくれるものと思われます。ペップのコンセプトが浸透し、快進撃を続けるクラブはどんな成長曲線を描くのでしょうか。引き続き、彼らの動向に注視していきたいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ公式サイトが分析!「マンチェスター・シティの守備力が向上した理由」

数字で見ると、その変化は顕著です。プレミアリーグ公式サイトが、首位を快走しているマンチェスター・シティの昨季との違いを分析しています。「Possession game helping Man City's defence(ポゼッションゲームがマン・シティの守備陣を助けている)」と題された記事は、今季プレミアリーグ7試合で2失点しか喫していないクラブについて、「ボールを持って適切に動かしている限りは、敵にやられることはない」と表現。中盤とアタッキングサードでプレイする時間を増やし、守る時間を極力減らすことによって最終ラインを助けていると分析しています。スタンフォード・ブリッジで0-1と完勝したチェルシー戦では、77.9%の時間をディフェンシブサードにボールを入れさせずに費やし、ボーンマス戦では82%、ブライトン戦では87%とほとんどの時間をミドルサードより前で過ごしています。

ポゼッション平均63.8%は2位アーセナルより4.1%高く、パス成功率88.6%は2位マンチェスター・ユナイテッドを3.6%上回っています。記事が評価しているのは、SBのカイル・ウォーカーとバンジャマン・メンディの激しい上下動。彼らがウイングをサポートすることによって、より前で多くの時間を使えるのが相手にチャンスを与えない理由だと評しています。データを見ると、昨季との違いは明確です。ポゼッションとパス成功率は3%ほどUPしており、ディフェンシブサードで過ごす時間は3%ダウン。最も大きく変わったのはオンターゲットのシュートを喰らう本数で、昨季プレミアリーグで平均2.82本を許していたチームは、2017-18シーズンは1.86本に抑えています。


【マンチェスター・シティの主要スタッツ比較】
         2017/18 2016/17
ポゼッション    63.8%  60.9%
パス成功率     88.6%  85.5%
ディフェンシブサード20.0%  23.0%
試合あたり被ショット 1.86   2.82


ここまでの評価とデータは、彼らのゲームを全試合見ているのでイメージ通りだったのですが、びっくりしたのはGKにまつわる数字です。プレミアリーグ公式サイトが提供する数字は、ベンフィカから獲得したエデルソンの素晴らしさと、前年のブラボの厳しさを同時に表現しています。クロスへの対応、ショットストッパーとしての能力、足元の安定感で、いずれもエデルソンは昨季のGKたちを凌駕。記事は「ビルドアップにおいてもインテリジェンスがあり、2016-17シーズンよりもCBに安心感をもたらしている。彼らは危機に晒されることが減った」と新守護神を絶賛しています。エデルソンのプレイとスタッツを見ると、ペップがジョー・ハートを使わなかった理由がよくわかります。


【マンチェスター・シティのGKのスタッツ比較】
          エデルソン ブラボ カバジェロ
1失点あたりの時間   292.5   75.7   111.6
ショットセーブ率    84.6%   56.0%  70.5%
90分あたりのセーブ数   1.7    1.5     1.9
90分あたりのキャッチ数  1.0    0.5     0.7
パス成功率        83%    73%     76%
※エデルソンは2017-18シーズン、他の2人は昨シーズンのプレミアリーグの出場試合で算出


今季のペップがよく用いるフォーメーションは3-1-4-2と4-3-3ですが、4-3-3ではデブライネとダヴィド・シルヴァをインサイドMFに配することで、キープ力とパスの精度が向上しました。フェルナンジーニョが攻守ともに落ち着いてプレイできているのは、脇にいるMFがプレスをさぼらず、マイボールを確実に前に届けてくれるからでしょう。3人のMFが前でボールを奪取してくれれば、ジョン・ストーンズとオタメンディが不利な態勢を強いられることはなくなり、ビルドアップの際は余裕を得たCBのどちらかが積極的に前に出るシーンが目立ちます。「最初の7試合では、ボールをクリアしなければならない状況は少なく、ミスを最小限に抑えている。特にポジショニングが優れており、自陣で奪われて逆襲を喰らうシーンは見当たらない」と、記事は2人のCBを高く評価しています。チームとしての連携の向上が、攻撃する時間の増加と守備の安定化を同時に実現しているようです。

今季のマンチェスター・シティがやっかいなのは、ポゼッションが高いからといってパスをまわしているばかりではなく、CBやフェルナンジーニョから速い縦パスが前線に入る直線的なアタックや、デブライネとダヴィド・シルヴァがタクトを揮うカウンターが決まるところです。彼らを止められるのは、どんなチームでしょうか。ロートン、タルコフスキー、ベン・ミー、ワードの最終ラインが安定しているバーンリーが、堅守をベースにワンチャンスを活かせるかどうか。チェルシー、トッテナム、リヴァプール、エヴァートンに2勝2分と大健闘しているチームが先にゴールを奪えば、最強マン・シティも苦しむのではないでしょうか。エティハドで行われるプレミアリーグ9節のゲームは、「ペップワクチン」が存在するのかどうかがわかる重要なゲームなのかもしれません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ