苦しい時代を支えたチームプレーのスペシャリスト…ありがとう、アンデル・エレーラ!

プレミアリーグ12試合10勝2分という快進撃で、29節には4位に食い込んでいたオーレ・グンナー・スールシャールにとって最大の誤算は、彼が負傷でリタイアしたことでしょう。2014年の夏に入団し、的確なポジショニングで攻守のつなぎ役として活躍したアンデル・エレーラ。以前からパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されていた29歳のインサイドMFは、マンチェスター・ユナイテッドの公式サイトが行ったインタビューで、この夏にクラブを離れると明言しました。

「5年間、このクラブで毎日を楽しんできたけれど、移籍すると発表しなければならない。次のシーズンは、マンチェスター・ユナイテッドの選手ではない。とてもよくしてくれたファンに伝えたい。多くの愛情とサポートをくれたことを、本当に感謝している。…今日は楽しい日ではないね。簡単な決断ではなかった。でも、人生には、決断しなければならない時があるんだ」

パリの本拠地パルク・デ・プランスで開催されたチャンピオンズリーグを1-3で勝ち、逆転でベスト8進出を果たしたマンチェスター・ユナイテッドは、30節のアーセナル戦で2-0と完敗。ここからのプレミアリーグ8試合を2勝2分4敗と崩れてしまい、来季のCLのチケットを手に入れることはできませんでした。データを見ると、エレーラの存在がいかに大きかったかがよくわかります。スールシャール監督が就任してからのプレミアリーグ20試合で、彼がピッチにいた12試合は9勝3分けと負けておらず、すべて1失点以下。不在の8試合は3勝1分4敗と負け越しており、2点以上獲られた試合が6つもありました。

ポグバ、マティッチ、エレーラの絶妙な3センターが、新監督が率いるチームの躍進を支える原動力でした。ポグバを意図的に上がらせるためにマティッチが背後をカバーするため、右のインサイドハーフには的確な判断力とポジショニングのセンスが求められます。上下動をさぼらず、自分のところで時間をかけないエレーラのプレイが、モウリーニョ時代には空回りすることが多かった右サイドを活性化していました。

ウインガーやストライカーの侵入を粘り強いチェックで抑え、CBの負担を減らすのも彼の役割です。4-0で敗れた35節のエヴァートン戦は、スペイン人MFがいかに重要だったのかを示す一戦でした。マンチェスターから乗り込んだアウェイサポーターを沈黙させた2つのミドルシュートとカウンターは、21番が不在のエリアで危険な選手をフリーにしたために喰らった失点です。エレーラとともに巻き返し、エレーラを失って再び崩れた…苦しい時間ばかりが印象に残る2018-19シーズンは、彼の大切さを際立たせた1年でもありました。

プレミアリーグ5シーズンで132試合12ゴール17アシストというスタッツは、特段目を引くものではありません。カンテのような強固な守備力はなく、キャリックのように鋭い縦パスを通すわけでもなく、ジャカのシュート力もフェルナンジーニョのパスセンスも、ヘンダーソンのロングフィードも持ち合わせていなかったMFは、繊細なポジショニングによって後方からのパスを引き出し、前線の選手がいい体勢でプレイできるようにするのが真骨頂でした。「日曜日は感傷的な日になるのか」と問われたエレーラは、こんな言葉を残してインタビューを締めています。

「このクラブで、ファンのためにプレイできなくなるのはつらい。今までのどの瞬間も、みんなとの関係もスペシャルなものだった。絶対に忘れないよ。オールド・トラフォードで僕の名前が入ったチャントを聞くと、いつも最高の気分になれた。アウェイでも、素晴らしいファンが観に来てくれていた。誇らしく、穏やかな気持ちでクラブを離れることができる。クラブとファンのために、全力を尽くしてきたからね」

サー・アレックス・ファーガソンが去った後、補強で苦しんだクラブが誇れる数少ないキーマン。新契約のサラリーが折り合わず、フリーエージェントで移籍せざるをえなかったという経緯は残念ではありますが、本日は最後の勇姿を目に焼き付け、気持ちよく送り出したいと思っています。「(印象に残っている試合は)ストックホルムでアヤックスと対戦したヨーロッパリーグの決勝かな。あの勝利で、僕たちはシーズンで3つめのトロフィーを獲得した。アンフィールドで勝ったときのフィーリングも忘れられない。ファンにとってはトロフィーのようなものだね」。苦しい時代に、喜びを分かち合えたEL制覇を決して忘れることはないでしょう。

今後のキャリアに数多くの幸せあれ。そしていつの日か、マンチェスターに戻って素晴らしい選手を世に送り出していただければと思います。アンデル・エレーラは、そんな気分にさせられるプレーヤーのひとりでした。5年間、ありがとうございました!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

崖っぷちマンチェスター・ユナイテッド…彼らが崩れた理由と新監督に期待したいこと。

直近の公式戦9試合で2勝7敗、プレミアリーグ2勝4敗と崩れたマンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラフォードで行われるチェルシー戦に敗れれば、来季の欧州におけるステージはヨーロッパリーグとなります。パリ・サンジェルマンとのCLラウンド16にて、ホームで2点差で敗れながら逆転した唯一のチームとなったレッド・デヴィルズは、スールシャール就任以来14勝2分1敗という快進撃を続けていました。フレッジ、マクトミネイ、アンドレアス・ペレイラというレギュラー不在の中盤で、敵地でパリを屠ったチームは本物だと思われたのですが、直後のプレミアリーグ30節でアーセナルに2-0で敗れたのをきっかけに、あっという間に別なチームになってしまいました。

エミレーツでの完敗は、3年前のリベンジのようでした。2016年2月に、首位レスター相手に95分のウェルベックのゴールで劇的な勝利を挙げたアーセナルは、プレミアリーグ制覇の手ごたえを得て意気揚々とオールド・トラフォードにやってきました。勢いを止めたのは、プレミアリーグデビュー戦だったマーカス・ラシュフォード。29分と32分に衝撃的な2ゴールを決めた18歳によってアーセナルは3-2で敗れ、その後の2試合で勝ち点1しか積めずに優勝争いから脱落しました。今回、マンチェスター・ユナイテッドに尾を引くショックを与えたのは、グラニト・ジャカ!? アウトにかかって鋭くシュート回転したミラクルショットに、逆に動いて呆然と立ち尽くしたデ・ヘアは、その後すっかり調子を崩してしまい、メッシやサネのシュートを弾き切れずに敗戦の遠因となっています。

ガナーズにやられた後、ウルヴスとバルサに連敗し、エヴァートンに4-0といいところなく敗れたマンチェスター・ユナイテッドは、パリ戦を最後に完勝といえる試合がひとつもありません。2-1で勝ったワトフォード戦は、オールド・トラフォードでシュート数8対20と押しまくられ、同じくホームゲームだったウェストハム戦はポグバのPK2発で辛勝。直近5試合でPK以外のゴールはなく、1勝4敗で2得点11失点という深刻なスタッツを残しています。最大の問題は、スールシャール監督の宗旨替えでしょう。サブの選手を活かしてパリで勝てたのは、アグレッシブな姿勢と戦い方に一貫性があったからです。負け始めた指揮官はティンカーマン(こねくり回し屋)と化し、強豪相手に守備的な布陣を採用するなど、スタメンも戦術も毎試合変えるようになりました。

破竹の快進撃を支えていたのは、前任者にはなかった攻めて勝つ姿勢と、「ラシュフォードのCF起用」「リンガードを中央で機能させる」「マティッチのカバーによりポグバをより前へ」などの新機軸でした。マティッチ、リンガード、アンデル・エレーラ、アシュリー・ヤング、ルーク・ショーらが次々と負傷したのは不運でしたが、戦術のベースをしっかりキープできていれば、ここまでの混乱はなかったのではないかと思います。1試合あたり107.8㎞の走行距離はプレミアリーグ16位。厳しいプレスとポゼッションを捨てて引いて戦うフットボールとなれば、その道の大家であるジョゼ・モウリーニョに叶うはずもなく、今や前半戦よりも質が低い守備的なチームに堕しています。

「マンチェスター・ユナイテッドはなぜスールシャールとの正式契約を急いだのか、わからなかった。彼がマネージャーにふさわしくないとはいっていない。実際にチャンスを勝ち取ったわけだけど、まだ修羅場を経験していなかったじゃないか」。イギリスメディア「デイリー・メール」が報じたバーンリーFWピーター・クラウチの言葉が、結果的には的を射ているように感じられます。クラブの監督選びの問題を指摘したベテランストライカーは、選手たちの姿勢についても疑問を投げかけています。

「シティが2-0で勝った後、ロイ・キーンが『自分がいた頃のようなスタンダードがなくなった』といっていた。選手たちは、ユナイテッドのようなクラブでプレイする誇りを常に持つべきだ。しかし、何人かはそれを理解できていないように思える。なぜルカクはイタリアでプレイしたいといった? なぜポグバはレアル・マドリードとのコンタクトの噂を収めない? 以前は許されなかったことが起こっている」

デ・ヘア、ポグバ、ルカク、エレーラなど主力に移籍の噂が絶えないチームは、いま一度団結してライバルに勝つことができるでしょうか。新監督がいい形で来季をスタートさせるためには、CL出場権は必須アイテムです。ゴールが遠い5-3-2ではなく、4-4-2あるいは4-3-3で攻撃的に戦った方が可能性は高まるでしょう。今からできることは、スールシャール監督が明快な戦術を打ち出し、適切な布陣に配された選手たちが持てる力を最大限に発揮することだけです。最も重要なステージで意地を見せてほしい。もちろん、全力で応援します!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

不振のマンチェスター・ユナイテッドがダービーで復活するための布陣と戦術を考察!

「自分もチームも、サポーターに失礼なパフォーマンスだった」。プレミアリーグ34節のエヴァートン戦で、マンチェスター・ユナイテッドは4-0という記録的な大敗を喫しました。リシャルリソンに豪快なボレーを叩き込まれた後、シグルズソンとディーニュに強烈なミドルを喰らい、とどめはラインの裏に抜けたウォルコット。モチベーションを落としていたモウリーニョ時代にもなかった厳しい結果について、ポール・ポグバは「選手たちが全力を尽くしていなかった」と振り返っています。

「彼らに謝罪する唯一の方法は、ピッチですべてを出し切ること」「これからもゲームを失うことはあると思うけど、そんなときもいいパフォーマンスとプライドがなければならない。このシャツを着るなら、このクラブのカルチャーや歴史を尊重してワークしないとね」

シグルズソンのミドルをお膳立てするかのような緩いマークをしてしまったネマニャ・マティッチも、ひたすら反省モードです。「サポーターとクラブを失望させてしまった。あまりにもひどいパフォーマンスで、言葉がない。すべての面で負けていた。オンターゲットを打つまでに85分を必要としてしまった」。昨季プレミアリーグで2番めに失点が少なかった堅守を支えたアンカーは、「自分がいちばん問題だった」と、惨敗の理由を語っています。アーセナルに敗れた後、公式戦2勝6敗と突如崩れたチームの問題点を整理してみたいと思います。

最もパフォーマンスが落ちたのは中盤でしょう。パリとのアウェイゲームで奇跡的な勝利を飾り、就任以来14勝2分1敗という出色の戦績を残していたスールシャール監督のチームは、ポグバ、マティッチ、エレーラを軸とした4-3-3で戦っていました。前任者との違いは、サイドアタッカーを中心としてスプリントが増えたこと、ポグバがより前でプレイできるようになったこと、ラシュフォードを最前線で機能させたこと、右サイドのリンガードが中に入り込んでプレイするようになったこと。プレミアリーグにフィットしたリンガードとスモーリングを組ませ、プレミアリーグ12試合で10失点と最終ラインの安定感も上がっていました。

アーセナル戦をきっかけに、不振に陥った最大の理由は、改善していたポイントの多くが悪い時期の彼らに戻ってしまったことだと思います。ルーク・ショーの離脱は激痛で、マティッチの低調がかぶさり、アンカーのカバーリングと左SBの運動量を失ったことで、ポグバが自陣でストレスを溜める時間が増えました。右サイドで前線と後方のつなぎ役を務めていたエレーラがいなくなると、ルカクが右サイドに流れる戦い方も機能しなくなります。孤立が目立つラシュフォード。エヴァートン戦では、ポグバのロングフィードとマルシアルのドリブルという飛び道具に頼らざるをえない時間が続きました。

マティッチの両脇を使われると、最終ラインはずるずる下がり、チーム全体が間延びします。グディソン・パークのマンチェスター・ユナイテッドは、デヴィッド・モイーズの呪いがかかったかのように選手間の距離が長く、リズミカルな連携による崩しは望むべくもありませんでした。状況を見ながら、プレッシングとハイラインで戦うのか、リトリートして速攻主体の攻撃に徹するのかをはっきりさせなければなりません。2つの戦い方を完璧にコントロールできるペップのチームが、現在の赤い悪魔を活性化する最も良質なテキストなのではないでしょうか。

さて、マンチェスターダービーです。アンデル・エレーラは間に合うのでしょうか。彼がプレイできれば、ポグバ、マティッチの横に並べて4-3-3で戦うことになるのでしょう。私が気になっているのは、ベルナルド・シウヴァのプレーエリアにルーク・ショーがいないことです。サイドからの崩しに人数を割いて対応するなら、リンデロフ、スモーリング、マティッチの3バックという奇策がおもしろいのではないかと思います。アシュリー・ヤングとジオゴ・ダロトがWBとして高めのポジションを取り、マクトミネイの両脇にポグバとエレーラ。前線にはラシュフォードとルカクあるいはマルシアルといった3-5-2(5-3-2?)です。

インサイドMF、WB、サイドのCBの3人がベルナルド・シウヴァ&マフレズ、ギュンドアン&スターリングのサイドアタックを包囲し、奪ったボールを前線の2人に当てる戦術。いやー、スールシャール監督は、そこまではやらないでしょうね…。指揮官による最終ラインのいじりすぎも、不振の要因のひとつだと思われますので、くれぐれもSBリンデロフだけは避けていただければと願っております。レッズサポーターも注目する大事な試合は、本日20時(日本時間で明日の4時)にキックオフです。不安…いやいや、楽しみです!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マンチェスター・ユナイテッドの監督に正式就任!スールシャールが残した12のスタッツ!

「とても名誉なことだと思う。この数ヵ月、ずっといい続けてきたから、みんなが私の気持ちについては知っていたと思うけど、フットボールが好きな人なら夢みたいな仕事だ。ユナイテッドに関わってきた人間にとっては、特にね。クラブを前に進める機会をもらった。このクラブのポテンシャルは高いよ。ファンタスティックだ」。マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に正式に就任したオーレ・グンナー・スールシャールが、公式サイトのインタビューで発した最初のメッセージです。公式戦14勝2分3敗、プレミアリーグ10勝2分1敗。多くのサポーターが、エド・ウッドワードバイスチェアマンの言葉にうなずくのではないでしょうか。

「パフォーマンスや結果もさることながら、オーレは選手としても指導者としても経験豊富だ。若い選手たちにチャンスを与えたいと考えており、このクラブのカルチャーを深く理解している。マンチェスター・ユナイテッドを前進させるなら、彼が適任だと考えた」「われわれをあるべきポジションに導き、その歴史を次のステージに導いてくれる彼を、ファンとすべてのクラブ関係者が支持している」

1998-99シーズンのチャンピオンズリーグファイナル。バイエルン・ミュンヘンを相手に追加タイムのCK2発で逆転に成功した「カンプ・ノウの奇跡」の立役者が、サー・アレックス・ファーガソン引退後初のクラブOB監督になったという事実に、とにかくテンションが上がります。公式サイトは、われわれのために盛り上がるコンテンツを用意してくれました。「オーレが残したスタッツ」。暫定監督に就任してからの3ヵ月で手に入れたさまざまなレコードが紹介されています。

19試合で得点40、失点17はまずまずの数字でしょう。彼が指揮を執ってからのプレミアリーグで勝ち点32をゲットし、ビッグ6のなかでも堂々のTOP。アウェイ9連勝はクラブ史上初で、就任以来のプレミアリーグ6連勝はアンチェロッティやペップと並ぶリーグ記録となります。FAカップを加えると、マン・ユナイテッドにおける監督デビューからの連勝は8に伸びており、サー・マット・バスビーの5連勝を軽く上回るクラブNo.1。オールド・トラフォードで開催されたプレミアリーグでは、未だ負け知らずです。

ファーガソン時代を知るサポーターが最も興奮するスタッツは、「追加タイムに4ゴール」ではないでしょうか。ラシュフォードがパリ・サンジェルマン戦で蹴ったPKを思い出すと、今でも胸が震えます。この短期間で、既に12人がゴールを決めているというのも特筆すべきデータ。ルカク、ポグバ、ラシュフォード、マルシアル、リンガード、エレーラ、アンドレアス・ペレイラ、マタ、マティッチ、アレクシス・サンチェス、アシュリー・ヤング、リンデロフと、名前を並べただけでもフィニッシュへの道筋が多彩になったのがわかります。トッテナム、アーセナル、チェルシーのロンドン勢すべてにアウェイで勝ったシーズンは、34年ぶりだそうです。

若手や生え抜きの起用においても、スールシャール監督は特筆すべき記録を残しています。12月22日以降に出場したアカデミー出身選手は、タヒス・チョン、ガーナー、アンヘル・ゴメス、グリーンウッド、リンガード、マクトミネイ、アンドレアス・ペレイラ、ポグバ、ラシュフォードの9人。このうち、タヒス・チョン、ガーナー、グリーンウッドの3人は、新指揮官によってファーストチームデビューを果たした選手です。公式戦で決めた40ゴールのうち、アカデミー育ちの選手が21ゴールと過半を占めるなど、モウリーニョ時代には考えられなかった数字が揃っています。

「新たなスタートだ。ハードワークが始まる。楽しい仕事の始まりであり、誇りに思う瞬間ではないね」。トレブルの歓喜を知る若き指揮官には、プレミアリーグ4位以内フィニッシュとチャンピオンズリーグ制覇を期待したいと思います。新たな気持ちで迎える週末のワトフォード戦が、今から楽しみです!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「モウリーニョと変わらない」ファン・ハール氏のスールシャール批判には違和感が…!

「私の後任の指揮官はバスを停める戦術に変え、カウンターを駆使した。今はもうひとりの監督がバスを停め、カウンターでプレイしている。モウリーニョとスールシャールの主な違いは、スールシャールは勝っているということだ」

発言の主は、監督業からのリタイアを明言したばかりのルイ・ファン・ハール。マンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグを2シーズン戦い、2015-16シーズンにFAカップを制した監督です。「BBC」のインタビューに応えたかつての名将は、自分を解任してジョゼ・モウリーニョを連れてきたエド・ウッドワードCEOの振る舞いについて不満を漏らした後、プレミアリーグ4位以内とCL制覇をめざす現在のチームについて持論を展開しました。

欧州主要リーグを渡り歩いた元指揮官は、「変化が起こり、雰囲気はよくなった。ポール・ポグバをより重要なエリアに配したのは事実」とスールシャール監督の工夫を認めながらも、「今のマンチェスター・ユナイテッドはファーガソンのやり方とは違う。それを好むならいい。私の退屈な攻撃よりもエキサイティングというならいいと思う。しかしそれは、私の真理ではない」と批判しています。いやー、ファン・ハールさん、何をおっしゃいますやら。そういうお話は、フルシーズン戦い抜いた監督に対してするべきでしょう。スールシャール監督のミッションは、「指揮官と選手の確執によって痛んだチームを立て直す」ことで、3ヵ月の成果としては上々です。

「守備のシステムが出来上がっているので、チャンピオンズリーグで優勝することも可能だろう。しかしそれは、モウリーニョの仕事の成果だ」というご指摘も、スールシャール監督に対するリスペクトを欠いているのではないかと思います。バトンタッチされたばかりのチームが持つポジティブなベースを活かすのは当然。性急な変化を求めれば、クリスタル・パレスでプレミアリーグ4連敗という記録だけ残して解任されたフランク・デブールや、フラムで空回りしてしまったクラウディオ・ラニエリのような結果に終わる可能性のほうが高いでしょう。ファン・ハールさんは、当事者だったチームゆえに感情的になっているのだと思われます。2度にわたってチェルシーの立て直しに取り組んだフース・ヒディンクには、「モウリーニョの最高のチームには及ばない」といった無慈悲な評価は下さないはずです。

さらにもうひとツッコミ入れるなら、「プレミアリーグで49ゴールしか挙げられなかった2015-16シーズンのチームは攻撃的だったか?」。自分のサッカーのほうが攻撃的だったとおっしゃりたいようなので、こちらにも言及しますが、スールシャール監督のチームはプレミアリーグ13試合で29ゴールを決めており、38試合に直せば84となります。事実ベースでいくつか記せば、「モウリーニョ時代よりも試合あたりのゴールもシュート数も増えている」「リヴァプールやトッテナムよりカウンターは少ない」「チェルシーとトッテナムよりもオープンプレイからのゴールが多い」のが今のチームです。ラシュフォードのトップ起用、リンガードのプレイエリアを中央に寄せる戦い方、相手のウィークポイントにルカクをぶつける奇策など、アタックにおける工夫はポグバだけではありません。

実現したいのは「ファーガソンのフットボールに回帰すること」ではなく、「より多くのゴールを奪って勝つこと」。84ゴールペースのチームと49ゴールは比べるべくもなく、横に10本つながるチームよりは縦に3本通るチームのほうが魅力的に映ります。ファン・ハールさんのご意見はいささか的が外れているように感じますが、いかがでしょうか。

私は、あなたに感謝しているのです。ラシュフォード、リンガード、マルシアル、エレーラは、ファン・ハール時代からの主軸です。「多くのトレーナーは、モウリーニョのように若い選手にチャンスを与えない。はい5分、スールシャールでも10分。それはチャンスとはいわない。1ゲーム戦ってこそチャンス」などと主張しなくても、若手を成長させていい未来を創ろうと苦心していた姿をリスペクトしているのです。「スールシャールはよくやっている。来季続投となるようであれば、攻撃的なフットボールで勝ち続けてほしい」でいいではありませんか。私は、期待しています。次世代の選手たちが続々と登場し、胸が熱くなったあなたの頃と同じように。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ