何かと微妙…ガリー・ネビル氏が発表!「私が監督ならマンチェスター・ユナイテッドはこの11人」

「私がスカウトなら、彼はここにいたはずだ。髪を引っ張って『行くぞ』と言ってやりたかった」。レナト・サンチェスをバイエルンにさらわれたことを悔やむリオ・ファーディナンドさんを筆頭に、何かとOBがうるさいマンチェスター・ユナイテッドですが、「監督はやりにくいだろうな…」と、モウリーニョさんのお気持ちを案じつつ、クラブ愛が強い方々があれこれいってくれるのは悪いことではないと自分に言い聞かせております。選手のやる気を削ぐような話でなければ、多少の外圧は奮起を促すドリンク剤にもなるでしょう。いや、しかし、これは…。

プレミアリーグ5勝3分3敗、上位に離された6位と苦しんでいるマンチェスター・ユナイテッドについて、「スカイスポーツ」評論家のガリー・ネビルさんが「もし自分が監督だったら…」と、レギュラーメンバーを選定したと報じられました。このニュースは、ツッコミどころ満載です。2015-16シーズンのバレンシアで3勝6分8敗、4ヵ月ももたずに指揮官解任となったネビルさんに、「監督だったら」は当面NGワードだと思っていたのですが、ご本人は気にしていないようです。そしてまた、選んだ11人が、格好のゴシップネタになりそうな面々。この手の話には、当然「ザ・サン」が食いつきます。「Gary Neville names his best Manchester United XI – and there are TWO shock omissions(ガリー・ネヴィルは、彼が思うベストなマンチェスター・ユナイテッドの11人を指名した。そこには2つの衝撃的な落選が…)」。ほらほら、こうなっちゃうじゃありませんか!いえ、失礼しました。メンバーを見てみないと、何のことやらわかりませんね。まずは、こちらをご覧ください。


【ガリー・ネビルが監督として選んだプレミアリーグ2016-17のマンチェスター・ユナイテッド】
GK/ダヴィド・デ・ヘア
DF/アントニオ・バレンシア、クリス・スモーリング、
  エリック・バイリー、ダレイ・ブリント
MF/アンデル・エレーラ、マイケル・キャリック、
  ポール・ポグバ
FW/ヘンリク・ムヒタリアン、アントニー・マルシアル、
  マーカス・ラシュフォード


現地タブロイド紙は、「イブラヒモヴィッチとルーニーがいない!」と、鬼の首を取ったように囃しているのですが、私は「なぜマタを外す!?」と別な角度から突っ込んでしまいました。いや、いいんですよ。評論家の方がサッカーについて自説を主張するのは、それこそが商売ですから。ガリー・リネカー氏が、「次の試合にシュヴァインシュタイガーが起用されたら、『マッチ・オブ・ザ・デイ』にパンツ一丁で出演する」などと外野感たっぷりに明るく宣言するぶんには、「絶対やってくださいね!」と笑って流しておしまいです。しかしながら、ネビルさんはOBです。その発言は、少々重めです。ましてや、「私が監督だったら…」なんてつけたら、今の監督どうなんだ的なニュアンスが漂ってしまい、痛くもない腹を探られかねないではないですか。「私の好きな11人」とライトにいくか、「リヴァプールやマンチェスター・シティのようなサッカーを志向するなら」ぐらいの但し書きをつけてやっていただかないと、意図しないところで同業者を喜ばせてしまいます。

と、いいつつ、この11人に込められた意図はわかるんですよね…。私なら、左SBをルーク・ショー、エレーラはマタにしますが、現在のプレミアリーグを席巻している「走るサッカー」「速いサッカー」にシフトするなら、スピードのあるアタッカーを前線に配してパスが出せる選手で中盤を固めたくなります。コンテ監督の3-4-3に当て込んだチェルシーバージョンも作ってみましょうか。


【プレミアリーグ2016-17のマンチェスター・ユナイテッド~チェルシー仕立て】
GK/ダヴィド・デ・ヘア
DF/クリス・スモーリング、エリック・バイリー、ダレイ・ブリント
MF/アントニオ・バレンシア、マイケル・キャリック、
  ポール・ポグバ、ジェシー・リンガード
FW/ヘンリク・ムヒタリアン、アントニー・マルシアル、
  マーカス・ラシュフォード


おや、マタが消えてしまいました。今のマンチェスター・ユナイテッドの顔ぶれなら、3-4-3よりも4-3-3のほうが機能しそうです。速さを取るならラシュフォードですが、ズラタン・イブラヒモヴィッチのシュート力と身体能力は未だ衰えず驚異的で、彼を活かしながらの4-3-3もあると思います。ルーニーもまた、シュートを貪欲に狙う姿勢を取り戻すか、プレイスピードを上げれば必要なのですが、調子の問題もあるのか、トップ下でもセントラルMFでも65点の選手になってしまっています。現在の4-2-3-1は、ポグバの攻め上がりを活かしきれず、サイドアタッカーの守備の負担も大きく、トップ下とストライカーの関係も曖昧で攻撃をうまく組み立てられていません。

とはいえ、ここはモウリーニョ監督にがんばっていただくしかありませんが、FAカップ、ヨーロッパリーグ、EFLカップ、プレミアリーグとスケジュールが立て込む(はずの)年明けに向けて、ラシュフォードをトップに据える形も試したほうがいいのではないでしょうか。いきなりですが、次のアーセナル戦でいかがですか?ラシュフォードが2点ぐらい決めてくれるような気がしてならないのです。どこかでそんな試合を観たような…。ネビルさん、監督だったら、どうします!?(ガリー・ネビル 写真著作者/University of Salford Press Office)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地メディアが指摘!「モウリーニョの哲学は疲弊し、クロップよりも古くさくなっている」

本ブログのコメント欄でも、たびたび話題になっていたテーマについて、イギリスメディア「スカイスポーツ」が真正面から斬り込んできました。「Jose Mourinho 'old-school' compared to Jurgen Klopp, says Sunday Supplement panel(「サンデー・サプリメント」のパネルは、ジョゼ・モウリーニョはユルゲン・クロップに比べて古くさいといっている)」。プレミアリーグ10節のバーンリー戦で、ダルミアンの転倒がPKか否かを巡ってレフェリーに抗議し、ハーフタイムに退席処分を受けたモウリーニョ監督は、スコアレスドローに終わった痛恨のゲームをオールド・トラフォードのスタンドで見届けました。プレミアリーグ10試合で4勝3分3敗、直近3試合はノーゴール。9月頭のマンチェスター・ダービーに敗れてから、マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に関する明るい話題が減っています。番組のパネルを務めるサッカーライターのアリソン・ラッドさんが「常に不機嫌そう」「クロップやポチェッティーノと比べると、すごく老けて見える」といいたい放題だったのは、彼女がリヴァプール生まれだからではないでしょう。レイトン・オリエント・レディースで活躍していた元選手のライターは、「プレミアリーグにおけるトップクラブの指揮官のなかで、モウリーニョ監督の哲学は疲れを見せ始めている」と指摘しています。

ここに出てくる「old-school」は、保守的というより古くさいと訳すのが適切でしょう。番組でのやりとりを紹介した記事は、「ザ・サン」のアンソニー・カストリナキス記者が残した「(4-0で惨敗した)チェルシー戦での振る舞いはまずかった。コンテ監督が昨季と同じ選手を使ってサッカーを教えてくれたのに、モウリーニョは受け取ることができなかった」というコメントを伝えています。両者とも今季から新しいチームを預かった監督ながら、チェルシーの指揮官がDFの枚数を変える大改造を成功させたのに対して、プレミアリーグ7年めの指揮官のほうは試行錯誤の真っ最中。「ファン・ハール監督のやり方が染み付いたチームを変えるのは時間がかかる」と嘆いていた監督には、コンテに加えて、3バックと4バックを併用するペップ・グアルディオラまで引き合いに出して、「他のチームは既に多彩な戦術をインストールしてますが…」とツッコミを入れたくなってしまいます。

上位4チームに目立つのは、敵陣でアグレッシブにプレスをかけてショートカウンターを仕掛けるサッカーと、自陣で奪って速攻に転じるスタイルを使い分けていること。よく走ること。サイドの選手が中央に入ってきて決めるシーンが多く、ポジションが流動的なこと。アレクシス・サンチェスやフィルミーノ、ソン・フンミン、デブライネなど、ストライカータイプではなく多彩なプレイができる選手を最前線に置くゼロトップ戦術を敢行していること。ポチェッティーノ監督は、デル・アリ、エリクセン、ラメラを左右真ん中さまざまなポジションに動かしながら戦っており、リヴァプールのフィルミーノ、マネ、ララナは敵陣のすべてのスペースに顔を出します。エジルは、昨季よりも低い位置からプレイを始めることが多いにも関わらず、最前線に飛び出す動きが増えて、既にプレミアリーグ3ゴール。ギュンドアンとダヴィド・シルヴァは、トップ下かインサイドMFかわからなくなるほど交互に前線に躍り出ます。対して、マンチェスター・ユナイテッドはどうでしょうか。「サンデー・サプリメント」のパネルは、こんな指摘もしています。

「ズラタン・イブラヒモヴィッチは、プレスの際に迷惑になる古いタイプのプレイヤー。クロップやポチェッティーノのチームのために働けるとは思えない」「ダニエル・スタリッジがリヴァプールにフィットしないように、ズラタンもリヴァプールには合わない。彼らは10年前の遠い昔に生きているみたい」(アリソン・ラッド)

今季のプレミアリーグにおけるマンチェスター・ユナイテッドは走行距離が短いチームで、プレスにメリハリがなく、あれだけの得点力があるラシュフォードはほとんどの時間をサイドに縛られて過ごしています。昨季のマルシアルが、左サイドを本拠地としながらプレミアリーグで11ゴールを決めていたことを思い出せば、ポジショニングはファン・ハール戦術よりも固定的になっているようにもみえます。マンチェスター・ユナイテッドの4-2-3-1は、今までのプレミアリーグで主流だったサッカーであり、新しいスタイルを試している上位と比べるとスペクタクルに欠け、コンサバティヴに映るのは間違いありません。

しかし、私は、新しくないことを非難したいのではありません。ズラタンが31試合38ゴールと大暴れした昨季のパリ・サンジェルマンは強いチームだったと思います。プレミアリーグで優勝を遂げたレスターは、オーソドックスな「守ってカウンター」のチームでした。問題は、「新しいサッカーに対抗できるだけの強度や策があるかどうか」です。ポグバのポジションは未だ定まらず、主軸を担うだけのクオリティがあるマタの処遇もはっきりしません。ルーニー、マルシアル、デパイ、シュヴァインシュタイガー、シュナイデルランなど力を発揮できない選手があまりにも多いのも気になります。このチームには、ヴィクター・モーゼスをウイングバックで起用するチェルシー、イオビを完全にひとり立ちさせたアーセナル、ミルナーを左SBにコンバートしたリヴァプ―ルに感じられる「適材適所」の手応えがありません。今のスタイルの先には、プレミアリーグ優勝も初めてのヨーロッパリーグ制覇もないのではないでしょうか。

サイドでのマッチアップに勝てず、ラシュフォードやマルシアルが下がると、ズラタンが孤立して攻める手立てを失ってしまう今のチームを、どう変えたら強くできるのかを真剣に考えるべき時です。敵はレフェリーではなく、ライバルチームでもなく、自らの曖昧さと自信のなさでしょう。目先の結果をひたすら追いかける「勝利至上主義」に偏りすぎると、負けが込んだときに自分たちを見失い、疲弊してしまいがちです。「ザ・サン」の記者は、こんなこともいっています。「モウリーニョのチームは、醜い勝ち方しかできない。彼はグアルディオラやクロップのような方法では勝てないんだよ。それこそが彼なんだ」。この言葉を読んで、本ブログで現地観戦レポートをたびたび書いている相方のグーナー(この11月にも、ロンドンとパリにいくそうです)が、現在のモウリーニョ監督に対してつぶやいたことを思い出しました。

「理想がないサッカーは、結局だめなのかもしれないね」

稀代の名将、モウリーニョ監督は変わると、変われると信じております。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今こそ変化の時!マンチェスター・ユナイテッドを立て直すための3つのポイント!

スモーリングは0点、ブリントは1点、イブラヒモヴィッチは2点。イギリスメディア「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、プレミアリーグ第9節でチェルシーに4-0と惨敗したマンチェスター・ユナイテッドの選手たちに、過去最低レベルの厳しい点数を連発しました。ファン・ハール監督の初年度、キャピタルワンカップ2回戦で、下部リーグのクラブに同じく4-0で敗れたミルトン・キーンズ・ドンズ戦でもここまでの酷評はしなかった地元紙は、ドリブル突破を簡単に許した守備陣と覇気のないアタッカーたちに対して、よっぽど腹に据えかねたのでしょう。無理もありません。衝撃的でした。真正面からのドリブルにCBが一発で当たりにいって、簡単に抜かれて決められるシーンを久しぶりに見ました。セントラルMFのカンテにあの形でゴールを許していたら、ストライカーと1対1になるカウンターは全部やられてしまいます。

ペドロに決められた開始31秒のゴールは、ブリントがひとり残ったために最終ラインが不揃いとなる初歩的なミスから奪われました。その裏を取られたら、バイリーとともにラインを前に設定していたスモーリングは追いつけません。失点の原因となったブリントとスモーリングは、昨季プレミアリーグで最少となる35失点しか許していないチームのCBコンビです。1年前の注意深いラインコントロールがあれば、ゲームプランを狂わせる不用意な失点はなかったでしょう。チェルシーが決めた4点すべてが、集中力と気迫の欠如に起因するものでした。

マンチェスター・ユナイテッドの選手たちは、完全に自信を失っています。9月に入ってからのプレミアリーグで1勝2分3敗。昨季は、同じ時期を4勝1分1敗で走っています。バイリーが重傷と報じられた今、ワールドクラスのプレイヤーを集めたモウリーニョ監督のチームは、どう立て直せばいいのでしょうか。私は、「フォーメーションの見直し」「キーマンの固定」「ベテラン登用」が必要なのではないかと思います。よかった試合を思い出しましょう。4-1で勝利したレスター戦の、前半最後の20分です。マタとポグバがインサイドMF、エレーラがアンカーの4-3-3。マタが最終ラインの裏に飛び出すとポグバから完璧なタイミングでパスが通り、レスターのCBを混乱に陥れた一戦です。プレミアリーグ上位との対戦だからといって守備的な布陣を組むのではなく、ストロングポイントを活かす戦い方を選んだほうが勝機はあるでしょう。バイリーが離脱し、スモーリングとブリントに戻る最終ラインは、モウリーニョスタイルを消化しきれておらず、不安は拭えません。クリーンシートを期待できないのであれば、最終ラインに「1点も許してはいけない」緊張感を持たせなくてもいい試合運びをめざしたほうがいいのではないでしょうか。

4-3-3でCBの前のスペースを埋めて、ポグバを攻撃参加しやすくしたところで、次の課題解決にまいりましょう。モウリーニョ監督のチームで気になっているのは、実力を発揮できていない選手が多すぎることです。昨季プレミアリーグで11ゴールを挙げ、チームのトップスコアラーだったマルシアルは未だ1ゴールのみ。セントラルMFをローテーションで担っていたシュナイデルラン、シュヴァインシュタイガー、キャリックは、3人足しても途中出場2回と影すら見えなくなりかけています。ダルミアンとフォス=メンサーは全く使われず、デパイは2年めもフィットせず。これだけの選手が機能していないなかで、ルーニーまで外しているのが現在のマン・ユナイテッドです。この状態で、ムヒタリアンとフィル・ジョーンズの負傷離脱は言い訳にできないでしょう。本領を発揮すれば、ズラタンへのマークを分散させつつゴールを量産してくれるマルシアルと、入れば必ず決定機を創ってくれるマタは当面スタメンから外さず戦うぐらいの腹くくりはしてもいいと思います。そして懸案のセントラルMFは、このポジションをわかっているベテラン起用が特効薬となるのではないでしょうか。

適切なポジションを取れているとはいえないエレーラとフェライニをセントラルに並べれば、チェルシー戦でラシュフォードがゴールライン際まで戻っていたように、サイドアタッカーが守備に忙殺される頻度が格段に増えます。しばらくはキャリックで…といきたいところですが、35歳を週末のプレミアリーグに起用したうえで、ミッドウィークのゲームまでまかせるのは現実的ではありません。負傷が癒えればシュナイデルランでもいいのですが、昨季のこの時期にヴェンゲル監督がフラミニを甦らせたように、「シュヴァインシュタイガー復活!」はいかがでしょうか。初年度は攻撃への貢献度が高いとはいえず、もの足りなかったドイツ代表の元キャプテンは、パスコースを限定させるポジショニングやスペースをカバーする動きでは「さすがベテラン」とうならせるクオリティを発揮しており、コンディションさえ悪くなければ充分機能すると思われます。

「リヴァプール戦では守備的なゲームプランが機能したじゃないか」とは考えないほうがいいでしょう。あの試合は、3つの決定機をデ・ヘアとバレンシアがつぶしてくれて、何とか辿り着いたスコアレスドロー。「思惑どおり」という言葉を使っていいのは、アーセナルをシュート9本、決定機ゼロに抑えたミドルズブラのような戦い方ができたときです。攻守ともに完成度が低いマンチェスター・ユナイテッドにとって不幸中の幸いだったのは、上位が史上稀に見る混戦で、さほど離されていないこと。マンチェスター・シティ、アーセナル、リヴァプールが同勝ち点で並び、チェルシーとトッテナムがすぐ下と、5クラブが勝ち点1差のなかにおさまるのは1972-73シーズン以来の大渋滞だそうです。トップとの6差は、シックスポインターで勝てば充分届く距離。今なら、まだ間に合います。チェルシーやリヴァプールのようにうまくいった戦い方とメンバリングを熟成させ、力があるのにくすぶっている選手の再生を促しましょう。最大のリスクは、頑固さに磨きがかかった指揮官が、2年前のチェルシーで成功したやり方にこだわり、現状の課題が見えていないことなのかもしれませんが…。

モウリーニョ監督にいちばん申し上げたいのは、「マタを出すと守備が不安という妄信は捨てましょう」ということです。マタが先発した5試合は4勝1分、失点はすべて1点以下。スタメンから外れた4試合は1分3敗、押し込まれて何とか耐えきったレッズ戦以外はすべて2失点以上。これは、事実です。プレミアリーグで勝ち点1差の首位争いに加わっている上位5チームは、揃って「攻撃は最大の防御」「ピンチの芽はできるだけ早く、敵陣でつぶせ」という戦術であることも添えておきます。マンチェスター・ユナイテッドが、時代、相手関係、自軍のメンバーに合わせて変化と成長を志向するチームであることを祈っております。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2台めのバスは発車するのか!? コンテVSモウリーニョ、早くも訪れたサバイバルマッチの展望

リヴァプールにダブル、マンチェスター・ダービーは1勝1分と勝ち越し、アーセナルとトッテナムのノースロンドン勢には1勝1敗、レスターとチェルシーに2分。プレミアリーグ2015-16シーズン、ファン・ハール監督率いるマンチェスター・ユナイテッドは、上位と互角以上の戦績を残しています。このチームが最終的にチャンピオンズリーグ出場権に届かないプレミアリーグ5位に終わったのは、秋以降に顕著になった得点力不足から、下位に取りこぼしすぎたためでした。一時は首位だったチームは、ボーンマス、ノリッジ、ストークと3連敗を喫し、6戦連続で勝利がなかった年末に優勝争いから脱落。後半戦は3連勝すらなかった不安定なチームは、その後一度も3位にも上がれないまま、上位にまったく勝てなかったマンチェスター・シティの後塵を拝しました。

さて、今季はモウリーニョ監督です。ここまでのプレミアリーグ8試合を4勝2分2敗。8節のリヴァプール戦は、ポゼッション35%と引いて戦い、0-0のスコアレスドローでアウェイゲームを切り抜けました。この試合については、「バスどころか、ゴール前にトラックを止めた」と守備的な戦術を嘆く声と、「してやったり」「アウェイ戦でプラン通りに勝ち点1を持ち帰った」と評価する意見があり、まさに賛否両論。私は、「全体として守備的な戦術自体はOK、ただしゴールを奪いにいかなかった消極的すぎる戦い方にはがっかり」でした。7節までクリーンシートが1回もなかったレッズ守備陣は、合流して間もないGKロリス・カリウスがCBとの連携に不安があり、イブラヒモヴィッチとフェライニにハイボールを集められるのは相当嫌だったはずです。10分でも意志をもってアタックする時間がほしかったゲームではありましたが、過去ばかり見ていても仕方がありません。日曜日には、スタンフォード・ブリッジに乗り込んでチェルシーと戦うサバイバルゲームが待ち受けています。イブラヒモヴィッチ、フェライニ、バレンシアらを休ませながらポグバの2発で勝ったヨーロッパリーグの勢いを、大事な試合に持ち込んでいただければと思います。

一方のチェルシーですが、こちらもプレミアリーグの上位対決ではリヴァプールとアーセナルに連敗。3-0で完敗したロンドンダービーの後にはコンテ監督解任説まで飛び出しましたが、3バックにスイッチしたハル・シティ戦とレスター戦をいずれもクリーンシートで快勝。いい状態で、マンチェスター・ユナイテッドとの一戦を迎えることができそうです。プレシーズンに試していた4-2-4を諦めて4-1-4-1、さらには3-4-3に辿り着いたコンテ監督は、新しいシステムに手応えを感じているのではないでしょうか。この布陣の最大の長所は、ウイングバックのマルコス・アロンソとヴィクター・モーゼスが高い位置でサイドに張っているため、アザール、ウィリアンあるいはペドロが思い切って中央に入っていけることです。チェルシーの10番は、プレミアリーグMVPに輝いた2014-15シーズンのフォームを取り戻しており、8戦7発と絶好調のジエゴ・コスタの近くでプレイすることによって、対応する右SBとCBを混乱させています。岡崎慎司とアレクシス・サンチェスにかき回されたダヴィド・ルイスとケーヒルのコンビは、アスピリクエタが加わって3枚になり、安定感が上がりました。イブラヒモヴィッチがいるチームといえども、今のチェルシーからは簡単にゴールを奪えないでしょう。

さあ、日曜日のゲームを占ってみましょう。ポイントは、「モウリーニョ監督の戦い方」「アザール&ジエゴ・コスタとバイリー、バレンシアのマッチアップ」「ポグバVSカンテ」。マンチェスター・ユナイテッドの新指揮官は、熟成度の低いチームが攻め合いに巻き込まれることを避けて、セーフティに戦おうとするでしょう。ラインを低めに構えることで、アザールとジエゴ・コスタに速攻を喰らうという最悪の展開を排除し、ポジションを上げてきたマルコス・アロンソの裏のスペースをラシュフォードに突かせる戦術を選ぶのではないでしょうか。チェルシーの左サイドからの攻めを、バレンシアとバイリーがどうさばけるかが重要です。ボックスのなかでしかカットできないようならチェルシーの勝ち。インターセプトの回数が増えれば増えるほど、サイドにスペースができやすい3バックを攻め立てるマンチェスター・ユナイテッドのゴールの可能性が高まります。

さらにモウリーニョ監督のチョイスで注目したいのは、中盤の構成です。ポグバ、フェライニ、エレーラか、あるいはマタを投入するか。マティッチに自由にパスを出させたくないなら前者。ポグバをカンテの束縛から解放したいなら、マタが加わった厚みのあるアタックが必要です。監督の性格を考えると、守備的な布陣で先にゴールを奪われる展開を避け、リードされたらルーニーかマタを入れるという戦術を敷きそうですが、アウェイチームの目標が勝つことなのか負けないことなのかは、マンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては気になるところです。レスターを含む上位6チームに5勝5分2敗と勝ち越していたファン・ハール監督のチームが、指揮官が代わった翌シーズンに「攻めない、だから勝てない」チームに後退して、上位との3戦で勝利なしでは絶望感が漂います。勝ち点3を奪えなかったとしても、マンチェスター・シティ戦の後半で見せたような怒涛のアタックを見せていただければと願っているのですが…。モウリーニョ監督は至って冷静。サポーターの一喜一憂をどこ吹く風と、平然と勝ち点1で終わらせるかもしれません。

「タイトル候補の2つのクラブとの対戦がある今週は、非常に厳しい。上位との差を詰めるタイミングはここではない。何よりも、離されないことが大事だ。そうすれば、いずれ3、4、5連勝できる時がきて、優勝を争える位置につけているだろう」(ジョゼ・モウリーニョ)

私は、プレミアリーグ7位というポジションゆえに近視眼的になりすぎているのでしょうか。しかし、ここで負けると、10試合も消化しないうちに最近2年のプレミアリーグ優勝チームの最終着地である3敗に並びます。そこから、昨季のレスターと同じ戦績でフィニッシュしようとすると、19勝10分というとんでもないハイペースが必要です。昨季は、9試合終了時点で6勝1分2敗でした。これはリヴァプール、トッテナム、アーセナルとの試合を消化したうえでの数字ですので、決して相手に恵まれていたわけではありません。チェルシー戦を引き分けたとすれば、4勝3分2敗で、昨季との差はマイナス4。ライバルが強化されているなかで、混戦だった昨季より勝ち点を大きく落としてトップとの差が8に広がれば、挽回するのは容易ではありません。難しいアウェイ戦であることは重々承知ながら、ここは何としても勝ってほしいところ。そうなれば私も、デ・ヘアのビッグセーブ2発とバレンシアの鬼気迫るスラインディングで何とかドローに辿り着いたレッズ戦とは違って、「してやったり」といえるでしょう。

「スカイスポーツ」のポール・マーソンさんは、1-0でチェルシーの勝ちと予想しており、「モウリーニョ監督はリヴァプール戦と同じ戦い方をチョイスするが、チェルシーはリヴァプールを上回るものを持っている」と語っています。なるほど、結構予想を外すマーソンさんにそう来ていただけるなら、俄然希望が高まります。最大の希望は、スタンフォード・ブリッジにおけるモウリーニョ監督の戦績でしょうか。本拠地だったとはいえ、106試合で79勝22分け5敗は秀逸。このうち4敗は、初めての大崩れを体験した昨季ですので、「平時」は98戦1敗です。フラットに予想すれば、1-1ドローでしょうか。今のチェルシーの3-4-3はよく機能しており、リードして5-1-3-1になれば、崩すのは大変だと思います。マンチェスター・ユナイテッドが先に点を奪えば試合はおもしろく…もとい、逆ですね。バスが発車しないよう前半はチェルシーの1-0で…うーん、それも困る…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ