来季もプレミアリーグで、ぜひオールド・トラフォードへ…偏愛的ポチェッティーノ待望論。

ウインターブレイク明けのチェルシー戦が待ち遠しいです。スタンフォード・ブリッジで、ブルーノ・フェルナンデスのプレミアリーグ初ゴールとオディオン・イガロの復帰戦ゴールが観たい!スポルティングCPから来たアタッカーは、2年ぶりとなるTOP4フィニッシュのカギを握る救世主。中国の上海緑地申花から戻ってくるストライカーは、マンチェスター・ユナイテッドを愛する同志のような存在です。ナイジェリア代表で35試合16ゴールという数字を残しているイガロは、ワトフォード時代から「マン・ユナイテッドは僕の夢」と語っていた筋金入りのファン。中国では1月31日23時、グリニッジ標準時ではデッドラインデーの14時に代理人から最初の連絡を受け、その夜は一睡もしなかったと振り返っています。

「ユナイテッドが契約を望んでいると聞いて、飛び起きたよ。すぐに通訳に連絡してディレクターの部屋を訪ね、交渉を始めた。あの夜は、寝られなかった。上海時間の朝7時にはトランスファーマーケットが閉まるからね。他のクラブからのオファーもあったけど、マンチェスターに行きたいと伝えた。ユナイテッドなら減給といわれたけど、『気にならない。契約してほしい。これこそが僕の望みだ。どれだけサラリーが減っても構わない』と答えた」

イギリスメディア「ガーディアン」の記事に、ついつい涙腺が緩んでしまいました。ライバルとのシックスポインターで、わがシアター・オブ・ドリームズで、ぜひゴールを決めてもらえればと思います。ラシュフォード、イガロ、マルシアル、ポグバ、マクトミネイ、ブルーノ・フェルナンデスという攻撃的な布陣で、マンチェスターダービーやモウリーニョ率いるスパーズ戦で完勝する姿が観たいのです。CL出場権を獲得したスールシャール監督が、ホーム最終戦となるハマーズとの試合後に、惜別のスピーチをしてくれたら盛り上がるでしょう。そして来季は、あの方に来ていただきましょう。ナタリー・ピンクハムさんがゲストを招いて語り合う「スカイスポーツ」のポッドチャット「イン・ザ・ピンク」に出演した彼に。

「正直にいおう。プレミアリーグで働きたい。実際は、困難なことだとわかっている。今は待つだけだね。何が起こるかを見てみよう」(マウリシオ・ポチェッティーノ)

トッテナムで得たすべてを誇りに思うと熱く語ったアルゼンチン人指揮官は、新たなチャレンジに対する準備はできていると強調しました。「ホワイト・ハート・レーンを新スタジアムに建て替える間に、ウェンブリーやミルトン・ケーンズでプレイした。こういった状況がいかに難しいかは、フットボール関係者にしかわからない」「新しいフィロソフィーやアイデアを定着させるのはタフな仕事だった。しかし、私は成功し、トッテナムのレベルを引き上げることができた」。今のマンチェスター・ユナイテッドに必要なのは、彼がスパーズで築き上げたようなサスティナブルなコンセプトと戦術的な引き出しです。若い選手が増えたチームは、同じ方向に磨き上げればもっと輝くと信じています。

少し気の早い話ですが、トッテナムでは無冠だった指揮官は、マンチェスターで初めての戴冠を実現することができるでしょうか。スパーズより補強予算があり、スパーズより監督の希望を汲む余地があり、スパーズよりめざす選手が多いクラブです。しかし、ご本人にビッグタイトルを手にする可能性を問えば、笑って首を横に振るかもしれません。彼にとって大事なのは、ひと時の歓喜ではなく、クラブに素晴らしいカルチャーを遺すことだから。

「チャンピオンズリーグで3~4年プレイし、多くのシーズンでアーセナルより上だったのは、われわれの偉大な財産だ。タイトルを獲得するのは素晴らしいことだけど、これほどのクラブとスタジアムを手に入れたことこそがレガシーだと思う。それらは、タイトル以上に大切なものだ」

朗報を、待っています。来季もプレミアリーグで。ぜひオールド・トラフォードへ。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

負傷者続出のマンチェスター・ユナイテッド、移籍が噂されている主力はどうなる⁉

TOP4まで5ポイント差のプレミアリーグ5位に着けているマンチェスター・ユナイテッド。リヴァプールやマンチェスター・シティと比べると、明らかに戦力が後るチームとしては悪くないポジションですが、このところの負傷者続出で再び沈むのではないかともいわれています。ウルヴス戦でリストに加わったのは、ハリー・マグワイア。股関節を痛めたCBは、プレミアリーグ21節のノリッジ戦に間に合うと見られていたのですが、スールシャール監督の見立てより重傷とのこと。「BBC」のサイモン・ストーン記者は「マグワイアは長期離脱となる見通しで、復帰時期は未定」とレポートしています。

バイリー、トゥエンゼベ、フォス=メンサー、ロホが月末まで出られず、スモーリングをローマに貸し出しているチームは、リンデロフとフィル・ジョーンズだけで2週間を過ごすことになるのでしょうか。マンチェスター・シティとのカラバオカップ準決勝で、デブライネに簡単にかわされたフィル・ジョーンズが、19日に控えたアンフィールドのリヴァプール戦で3トップを封じるとは思えません。負傷者が多いのはCBばかりでなく、ポール・ポグバも月末までアウトで、マクトミネイの復帰は2月です。1月にチームを離れると噂されていたマティッチは、緊急事態に対応すべく夏まで残ることになったといわれています。

プレミアリーグ4位が視界に入っているクラブとしては、弱点を補強してCL出場権を手に入れたいところですが、メディアを賑わしているのは出ていく選手の話ばかりです。インテルのコンテ監督が、アシュリー・ヤングの獲得を熱望していると伝えたのは「スカイスポーツ」。34歳のキャプテンは、次の夏には契約満了となりますが、インテルは移籍金を払ってでも冬に獲得したがっているといわれています。2019年のプレミアリーグでゴールもアシストもゼロだったリンガードも、冬に売却となるかもしれません。「マンチェスター・イブニングニュース」によると、2022年までの契約延長オプションを持っているクラブに対して、リンガードの代理人となったミーノ・ライオラが移籍させる意向を伝えているそうです。

CB、SB、中盤がごっそり抜ける可能性があるマン・ユナイテッドですが、弱点補強のほうも頓挫しているようです。以前から獲得を熱望と報じられているレスターのジェームズ・マディソンは、ブレンダン・ロジャーズ監督が「これから何年もわれわれを助けてくれる選手。売る必要はない」と徹底抗戦モード。ご本人としても、プレミアリーグ2位から5位へと慌てて移る動機は見当たらないでしょう。スパーズのエリクセンはインテル移籍濃厚といわれており、プレミアリーグのなかで動くという話は聞こえてきません。

「ブルーノ・フェルナンデスに再度アタック」という報道がありましたが、11月にスポルティングCPとの契約を更新してしまったMFは、バイアウト条項に記載された額が6500万ポンド(約93億円)から8500万ポンド(約122億円)に跳ね上がっています。アストン・ヴィラの大黒柱ジャック・グリーリッシュも、ディーン・スミス監督が放出を拒否。「われわれのオーナーには、プレミアリーグでトップクラブのポジションに定着するという野心がある。ならば最高のプレーヤーが必要だ。そう、ジャック・グリーリッシュはキープしないとね。彼を見続けることはできるけど、触れることはできない」とビッグクラブを牽制しています。

シーン・ロングスタッフもニューカッスルのディフェンスが堅く望み薄。ユヴェントスのエムレ・ジャンが来れば中盤センターの穴は埋まりますが、飛躍的に強くなるイメージは持てません。このまま進めば、EL出場権争いで終わる可能性大。スールシャール監督と経営ボードは、テコ入れできるのでしょうか。私としては、冬に誰も来なくても、最大の補強ターゲットであるマウリシオ・ポチェッティーノを夏に招聘できればOKですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チャンスを逃さないでほしい…近年の不振を憂うサポーターの偏愛的ポチェッティーノ待望論。

プレミアリーグが創設された頃、20代だった私は、よくいえば情熱的、悪くいえば血気盛んで乱暴なサポーターでした。マンチェスター・ユナイテッドがゴールを決めた瞬間、部屋中に氷をまき散らしたり、失点に激怒してTシャツを引きちぎるなどは日常茶飯事。当時の私のまま、プレミアリーグ7位に沈む現在のクラブを見たら、即座にこう叫ぶでしょう。「スールシャールなんかクビにしちまえ!早くポチェッティーノを連れてこい!」。

フットボールの世界は、われわれから見えているよりも複雑であると学んだ今は、脊髄反射で暴言を吐くのを控えるようになりましたが、プレスカンファレンスで記者の意地悪な質問に答えるオーレ・グンナー・スールシャール監督を見たとき、スパーズに解任された監督を一刻も早く招聘してほしいと訴えたい気分になりました。

「職があろうが失おうが、マネージャーならいつもこの仕事をしていたいと望むものだ。周辺で何が起こっても関係ない。自分の仕事に集中しなければならない。マンチェスター・ユナイテッドのために、できる限りのことをするだけだ。クラブをどうやって前に進めればいいのか、ウッドワードやオーナーといつも話している。他のクラブが監督を代えようが、われわれがやることは変わらない」

指揮官にとっては何も変わらなくても、クラブにしてみれば大きな状況変化かもしれません。マウリシオ・ポチェッティーノこそが、復権をめざすマンチェスター・ユナイテッドにとって、最も適役だと思います。明快なコンセプトと徹底度、豊富な運動量、若手を育てる力…今のチームに足りないものを、すべて備えた指導者が現場を離れた千載一遇のチャンス。「クラブOBのスールシャールをあっさりクビにするクラブであってほしくない」「苦しかったチームを、短い間でも元気にしてくれた恩がある」といった気分がないわけではありません。それでも、プレミアリーグ12試合4勝4分4敗と記された順位テーブルを突き付けられ、二択を迫られたら、現職の名前を返すことはできません。

「ファーガソン勇退の直後にジョゼ・モウリーニョを招いていたら」「デヴィッド・モイーズの後任としてユルゲン・クロップを口説けていたら」…。いくつかの「たら・れば」を呑み込みながら、ファーガソンの晩年の得点力を取り戻せないチームにため息をついてきたサポーターとしては、2016‐17シーズンのスパーズで86ゴール26失点という秀逸なスタッツを残した指揮官の招聘をためらう理由は見当たりません。

私も、あの頃よりオトナになりました。3月からのプレミアリーグで7勝6分9敗の監督といえども、即座に切れとはいいません。しかし、現状のチームにうってつけの監督を取り逃がすのだけはやめてくれと、声を大にしていいたいのです。「スカイスポーツ」でポチェッティーノを招聘するべきと主張していたポール・インスの言葉で、この稿を締めたいと思います。

「オーレ・グンナー・スールシャールが暫定マネージャーとして引き継ぎ、当初はとてもうまくいったために正式に就任した。個人的には早すぎる決定だと思っていた。彼らはシーズンの終わりまで待つべきだった。私は、マウリシオ・ポチェッティーノに仕事をさせろと騒ぐひとりだった。オーレが監督だとボードが決断を下したわけだが、彼らは今、ポチェッティーノが招聘可能だとわかっている」

「オーレの下では一貫性はないが、彼は何かを構築しようとしている。過去3~4年のリヴァプールやシティのようなプロジェクトを得ている。しかし、ポチェッティーノのようなマネージャーを起用できれば、ダイナミクスが変わるはずだ。1つ2つ惨敗したら、ポチェッティーノを呼べるぞと、みんなにいわせればいいんじゃないかな」


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アリソン復活、デ・ヘア離脱…週末のリヴァプール戦はオールド・トラフォードの神通力に期待!

これは痛い!首位リヴァプールとのホームゲームを控えたマンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ屈指の守護神抜きで決戦の日曜日を迎えることになりそうです。ユーロ2020予選のスウェーデン戦に出場したダヴィド・デ・ヘアが、ハムストリングを痛めてしまいました。ハーフタイムを迎える前に筋肉の不調を訴えていたデ・ヘアは、治療を施して後半のピッチに立ったものの、60分にゴールキックを蹴ると、即座に足の裏側に手をやって交代を要求しました。

2011年の夏にマトレティコ・マドリードからやってきたスペイン代表GKは、プレミアリーグ9シーズンで283試合158勝65分60敗という数字を残しており、出場した試合の勝率は55.8%。不在時の勝率は20勝5分4敗で69.0%に跳ね上がり、セルヒオ・ロメロにゴールマウスを託すという状況を悲観的に捉えなくてもいいのかもしれません。いや、しかし…。数々のビッグセーブでチームを救ってきた絶対的守護神の離脱が、チームメイトとサポーターのテンションを下げるのは間違いありません。バイリー、ワン=ビサカ、ルーク・ショー、フィル・ジョーンズと最終ラインの中心選手を4人も失っていたチームは、デ・ヘアとジオゴ・ダロトも負傷者リストに加わり、総勢11人が次戦でプレイできるかどうかわからない野戦病院状態です。

マルシアル、リンガード、ルーク・ショー、ワン=ビサカは復帰できる可能性ありといわれていますが、どこまでコンディションが戻っているでしょうか。金曜日のプレスカンファレンスで、スールシャール監督の言葉に耳を傾けるしかありませんが、最悪のケースを想定してスタメンを並べてみましょう。GKセルヒオ・ロメロ、DFトゥアンゼベ、リンデロフ、マグワイア、アシュリー・ヤング。MFマティッチ、マクトミネイ、アンドレアス・ペレイラ、FWダニエル・ジェームズ、ラシュフォード、マタ。ベンチの平均年齢は、相当下がるのではないでしょうか。前線も最終ラインも、あとひとりいなくなったらアカデミー出身の選手を駆り出さなければなりません。

もはや勝負を問うておらず、「大敗だけはしないでね」とスコアを案ずるモードになりつつありますが、震えているばかりでは仕方がないので、ポジティブな材料を探してみましょう。マンチェスター・ユナイテッドとリヴァプールの過去の対戦成績は、サー・アレックス・ファーガソンが積み立てた貯金が残っており、202試合80勝56分66敗。プレミアリーグは16勝6分5敗で、オールド・トラフォードでは直近の6試合は負けていません。おお、ユルゲン・クロップにはプレミアリーグ7戦2勝4分1敗と勝ち越しているんですね。2018年3月10日のオールド・トラフォードで2発ゲットし、チームを2-1の勝利に導いたラシュフォードの爆発に期待したいと思います。

負傷者続出に苦しむマンチェスター・ユナイテッドに対して、リヴァプールはアリソン・ベッカー、マティプ、サラー、シャキリが全員間に合うといわれており、ナサニエル・クライン以外は全員出場可能といわれています。敵はプレミアリーグ17連勝、こちらは3戦連続勝利なし。オールド・トラフォードの空気以外に、勝てる予感を漂わせる材料は見当たらないのですが、ああ、デ・ヘア…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いろいろありましたが、あらためてポール・ポグバに期待しています!

プレミアリーグ8節終了時点で2勝3分3敗。12位に沈んでいるマンチェスター・ユナイテッドですが、インターナショナルマッチウィーク明けの初戦の相手は、よりによって全勝リヴァプールです。昨季はアンフィールドでは3‐1で完敗し、直後にモウリーニョ監督が解任。スールシャール暫定監督の下で、プレミアリーグ8勝1分と快進撃を続けていた時期に当たったオールド・トラフォードでは、何とかスコアレスドローと耐え抜きました。ホームで引き分けたことを喜ぶなど、数年前には考えられなかったのですが、何せ相手は2018‐19シーズンのプレミアリーグを1敗で駆け抜けた欧州王者。こちらは31ポイントも離された6位のチームです。既にアーセナルとチェルシーに完勝しているチームに対して、勝てるといえる要素は見当たりません。

厳しい状況ではあるものの、朗報があるとすればアントニー・マルシアルのトレーニング復帰です。開幕戦2ゴールのラシュフォードが、その後の7試合で1ゴールと停滞しているなか、ファン・ダイクがいないサイドにドリブラーを足せれば期待が膨らみます。ユーロ予選のクロアチア戦で頭部を強打したダニエル・ジェームズは大事には至らず。ニューカッスル戦を欠場したワン=ビサカやリンデロフが戻ってくれば、サポーターを落胆させるだけの試合にはならないのではないでしょうか。一方、ポール・ポグバは足にギブスをしたままフィットネスを高めている状態で、復帰は10月末までずれ込みそうです。スールシャール監督は、中盤のコントロールタワーを欠いたメンバーで、もうしばらく耐えなければなりません。

「レアル・マドリードが高額移籍金に難色を示している」「ユーヴェが獲得を熱望」などと、ゴシップの主役となっているポグバですが、あらためてスタッツをチェックすると、今のチームに不可欠な存在であることは明らかです。2016年の夏にクラブに復帰してから、プレミアリーグ97試合出場で24ゴール25アシスト。通したスルーパスは61本を数え、19回のビッグチャンスクリエイトを記録しています。昨季のオンターゲットは50本で、64本のモー・サラーに次ぐリーグ2位。プレミアリーグ3シーズンで、ポグバがいた試合は53勝28分16敗で勝率55%ですが、不在となると8勝5分9敗で36%に落ちてしまいます。

フランス代表をワールドカップ制覇に導いたセントラルMFについては、モウリーニョ監督の3年めのトラブルの際に「VSポグバ」と騒がれたことが現在も尾を引いているように感じられます。指揮官と一触即発のムードになっている動画が出回るなど、彼が目立っていたのは確かですが、当時はマルシアルの代理人が退団希望を公言し、デ・ヘアが契約延長交渉を凍結するなど複数の選手のモチベーションが下がっていました。実際のところは、「監督を取るか、エースを残すか」といったマンガのようなわかりやすい図式ではなかったのではないかと思われます。

今季は、1年前以上に苦しい状況ですが、あらためてポグバに期待しています。夏に「ステップアップする時期」と移籍をほのめかしたため、クラブに対するロイヤリティを疑問視する向きもあるようですが、レアル・マドリードに移籍する寸前だったデ・へアのその後の活躍を見てきた者として、ポグバも同じようにプロフェッショナルであると信じています。エースは、復帰間近。「降格ゾーンがすぐ下に見えている」と怖れるのではなく、「プレミアリーグ4位まで5ポイント差。充分めざせる」と考えましょう。…と、うまいことポジティブシンキング(あるいは現実逃避)をしてきたのですが、うっかり週末のスケジュールをチラ見してしまいました。今、リヴァプールですか。もう1か月ほど、待っていただきたく…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ