ポグバ、ルカク、ズラタン、ライオラ…運命と思惑がすべて重なり実現した衝撃の移籍劇…⁉

2015年の夏、「フットボールチャンネル」がマイアミでバカンスを楽しむ3人を描いた記事を掲載していました。その直前にマンチェスター・ユナイテッド移籍が決まっていたメンフィス・デパイと、既に古巣復帰が噂されていたポール・ポグバ。もうひとりは、ひと足早くプレミアリーグで成功を収めていたロメウ・ルカクです。誕生日が2ヵ月違いの「親友」ポグバとルカクは22歳。デパイはルカクの9ヵ月後に生まれており、このときはまだ21歳です。砂浜でくつろぐスリーショットをインスタグラムに投稿したと報じられた3人は、つかの間の休暇を満喫すると、それぞれのクラブに帰っていきました。記事から3週間後、デパイのマンチェスター・ユナイテッド入りが正式に発表されました。

「web Sportiva」が昨年11月に掲載していた「大物代理人ミノ・ライオラ物語(サイモン・クーパー著)」によると、ポグバの代理人はこの時期から現在のマンチェスター・ユナイテッドを予見していたようです。「デパイとマルシアルはうまくいかない。この名門を自分が支えていくといえるような選手ではないから」「ズラタンのような選手を獲得して、バランスを取らないといけない」。ポール・ポグバ移籍について、マンチェスター・ユナイテッドと交渉を始めたのは2014年からだったと代理人は述懐しています。「あのクラブには、彼ら(ズラタンとポグバ)が必要だった」。チャンピオンズリーグ出場権を獲得するのに苦労し始めたプレミアリーグの名門は、これからトロフィーを積み上げていこうとする若きタレントには格好の場だと見ていたのでしょう。

あの夏から1年後、ポール・ポグバが8900万ポンドというワールドレコードでマンチェスター・ユナイテッドに復帰しました。最初の1年は、プレミアリーグ30試合5ゴール4アシスト。ゴールに絡む数字はもの足りなく見えますが、ボールタッチ数は全体の3位、パス本数4位、スルーパスはアレクシス・サンチェスとデブライネに次ぐ3位。8試合を欠場した選手としては秀逸な数字で、まずまずの滑り出しだったのではないでしょうか。ポグバと同じミーノ・ライオラを代理人とするロメウ・ルカクは、親友の決断に触発されたようで、自身の移籍が決まった後に「自分がサインするチャンスを迎えたらノーといわないと心に決めていた」と回想しています。2017年1月、ライオラの予想通りデパイがマンチェスターを去ると、3月にはルカクがエヴァートンからの契約延長オファーを断りました。「チャンピオンズリーグに出たい」。ただしこのときは、彼の頭のなかを占めていたのは昔着ていた青いシャツだったのかもしれません。

2017年の夏、ルカクとポグバは2年前と同様に、バカンスをアメリカで過ごしました。「BBC」は、ルカクのマンチェスター・ユナイテッド入りについて「'Agent' Pogba played 'big role' in Lukaku's Man Utd move」という見出しを立てて、自称「プロジェクトP」の存在がルカクにとっていかに大きかったかを紹介。「ポグバは親友であり、隣人でもある。普段からいつも一緒にいるから、(移籍の際に)物事がどう進むのかを私に説明してくれた」というストライカーの言葉を取り上げています。ラカゼットが親友コクランの言葉でアーセナル入団を決断したように、ルカクもまた、ロサンゼルスで一緒にトレーニングに励んだ同い年の友のアドバイスを大事にしたようです。

これらの話を読んで、私はこんなふうに思いました。ルカクの移籍は、数々の出来事が重ならなければ実現しなかったのではないか、と。モウリーニョ監督のチームがヨーロッパリーグを制覇して来季の出場権を獲らなかったら、ルカクはチェルシーを選んだのではないか。ズラタンが負傷せずにマンチェスター・ユナイテッドとの契約を延長したら、彼の代理人でもあるライオラはチェルシーとの交渉に絞ったのではないか。「クラブがいかに大きいか、そしてトロフィー獲得に飢えているかが大事。私は、キャリアの終わりに”トロフィー獲得にチャレンジし続けたチームのためにプレイしてきた”といわれたい」と語っている選手に、プレミアリーグを制したクラブよりもこれから獲ろうとしているクラブを勧めるのは、難しいことではなかったのではないか…。プレミアリーグ、EL、ズラタンのリタイアという3つの結果と、「プロジェクトP」ポール・ポグバの存在がすべて重なり、ミーノ・ライオラとロメウ・ルカクはウェストロンドンではなくマンチェスターを選んだと思えてなりません。

ロメウ・ルカクは、エヴァートン時代と同じ背番号「10」ではなく、多くのストライカーが当たり前のように付けている「9」を選びました。ウェイン・ルーニーの後継者というプレッシャーに晒される番号を避けたのは、スタートとしては賢明でしょう。ならば、レジェンドの後だろうが臆せず「10」を背負える唯一の存在、ズラタン・イブラヒモヴィッチに1月に復帰していただき、ハングリーなストライカーにチャンピオンズリーグの勝ち方を教えてあげてもらえればと思います。そしていずれは、ルカクは「10」を!マーカス・ラシュフォードには「7」を背負ってほしいというのが、古くからのサポーターの願いであります。ルカクとポグバ、そしてズラタン…今季こそプレミアリーグ制覇を!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

私にとってのウェイン・ルーニー…マンチェスター・ユナイテッドを離れる今、心に留めておきたい10の言葉。

真の天才です。そして世界最高のチームプレーヤー。彼がエゴイストだったら、どれだけゴールを決めていただろうと想像すると同時に、彼がセルフィッシュな選手ではなかったがゆえにどれだけ勝たせてもらっただろうとも思います。ウェイン・ルーニー、31歳。エヴァートン移籍が発表されると、現地メディアの大半が続々と特集を組んで15年のキャリアを称えました。そのすべてを網羅することはできなかったのですが、私が目を通したなかで最も素晴らしかった記事は、「Wayne Rooney: Everton re-sign striker after 13 years at Manchester United」と題された「BBC」のレポートです。10000字を超える情熱的かつ多角的なアナライズには、9歳でエヴァートンの門を叩いてからのすべてのキャリアと、プレミアリーグやチャンピオンズリーグを戦った同僚、ライバル、チーム関係者の敬意に満ちたコメントが紹介されています。

559試合で重ねた253ゴールは、マンチェスター・ユナイテッド史上最高のゴール数。プレミアリーグで11年連続の2ケタゴールは、一流のストライカーの証。ピーター・シルトンの国内最多出場記録に6試合足りないイングランド代表119試合は、長きにわたってトップレベルをキープしてきたからこそ成しえた記録です。数字を並べると、類まれなるストライカーという言葉がぴったりですが、彼の魅力を語る言葉はそれだけではないでしょう。「BBC」がまとめてくれた、ルーニーの素晴らしさを語るワールドクラスの選手たちとOBの言葉に耳を傾けてみましょう。

「彼の身に起こったこともクレイジーだと思うね。私も彼も直情的な男だ。フットボールでは完璧な人間などいない。失敗から学ぶ。私が彼からそうしたようにね。彼は彼だ。それが重要だ。誰よりも好きなイングランドの選手だね」(ズラタン・イブラヒモヴィッチ:2013年)
「ルーニーとプレイする場を失ってしまったわけだけど、いつかまた一緒にやれるかもね。とにかくパワフルで、彼のことを”ピットブル”と呼んでたよ。彼のパワーは体力とメンタリティに根ざしており、決して止まろうとしない」(クリスティアーノ・ロナウド:2015年)
「われわれの世代の偉大なるイングランド人プレーヤー。彼がフィールドでできることはスペシャルで、ヨーロッパのどのスカッドもよくしてしまえる数少ない選手のひとりだ」(リオネル・メッシ:2016年)
「クリスティアーノ・ロナウドは、個人として世界一になることを絶対的に望んでいた。ウェインはいうだろう。”世界最高になりたい。ただし自分はチームプレーヤーとしてめざす”とね。そうでなければ、シーズン40ゴールを決めたとしても彼は納得しない」(リオ・ファーディナンド:2017年)

直情的、パワフル、どんなチームも改善できるチームプレーヤー。私は、リオのコメントから、ルーニー自身の言葉を思い出しました。2013年11月、スポンサーイベントで囲み取材に応じていた香川真司の横に割り込んだウェイン・ルーニーは、自らとシンジについてこんなふうに説明していました。「僕らは2人ともvery, very unselfish playersだ。パスを交換しながらチームをサポートする」。一緒にプレイしていて楽しいと続けたルーニーは、これからも僕らのリンクアップを見せられるはずと力強く語りました。自分が決めるとも、彼が決めるともいわずに。この8ヵ月前、ノリッジ戦で香川真司にプレミアリーグ唯一のハットトリックを決めさせた2本のラストパスは、ウェイン・ルーニーの真骨頂でした。切り返しから左足で打つと見せて中に転がした2点めのシーンは、セルヒオ・アグエロやジエゴ・コスタなら間違いなくシュートで終わっていたでしょう。

プレミアリーグで通算100アシストを超えている選手は4人いますが、ギグス、セスク、ランパードと中盤の選手が上位を占めており、ストライカーで唯一達成したのがルーニーです。あまりにも眩しいプレミアリーグ198ゴールという数字に目を奪われがちですが、101アシストこそ他のストライカーと一線を画すルーニーの勲章なのではないでしょうか。マンチェスターダービーでプレミアリーグ史上ベストといわれるオーバーヘッドを決めた稀有なフィニッシャーであるとともに、さりげなく通すラストパスで味方を活かすコンダクターであり、ピンチになるとゴールライン際まで戻るファイターでもありました。2トップで輝いた現代の10番。私にとってのウェイン・ルーニーは、そんな選手でした。

ゴールデンボーイと手離しで称賛した元イングランド代表監督のズベン・ゴラン・エリクセン、20歳のときに「疑いの余地がない最高のヤングプレイヤーだ」と驚嘆したサー・アレックス・ファーガソン、私がずっとファンだったことは秘密でも何でもないと語ったジョゼ・モウリーニョ。マネージャーたちのリスペクトの言葉を連ねた「BBC」は、オールド・トラフォードで昨日までともに戦った選手たちの惜別のコメントも紹介しています。

「あなたの素晴らしいキャリアの次章でも、最高のスキッパーでいてください。絶対的な歓喜と多大なる学びをもたらしてくれました」(ジェシー・リンガード)
「いつか、あなたとプレイしたことを孫に誇る日がくるでしょう。うまくいきますように。ありがとう」(アンデル・エレーラ)

そしてもうひとり、この方からのメッセージも。
The time has come to leave Man Utd .... 13 great years at the club! Thank you all for making our family so welcome and treating us so well.(マンチェスター・ユナイテッドを離れるときが来た。13年の素晴らしい年月!ありがとう、私たち家族を歓迎し、とてもよくしてくれて/コリーン・ルーニー)」

5回のプレミアリーグとチャンピオンズリーグ、FAカップ、ヨーロッパリーグをありがとうございました。愛する街で過ごす時間が、幸せでありますように。そして次の夏、ロシアで開催されるワールドカップで、出会うことができますように。(ウェイン・ルーニー 写真著作者/Станислав Ведмидь)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「モウリーニョ監督は、2センターで守備的な戦術に回帰する」…現地メディアの分析に異議あり!

先日はリヴァプールの新シーズンの展望を紹介しておりましたが、「スカイスポーツ」のラインナップ&補強予想の第2弾はマンチェスター・ユナイテッド編です。コミュニティシールド、EFLカップ、ヨーロッパリーグと3つのタイトルを手に入れたものの、プレミアリーグでは6位に沈んだモウリーニョ監督のチームは、来季はどんな戦い方でビッグタイトルを狙うのでしょうか。データ分析に定評がある現地メディアの主張に目を通してみましょう。

アルバロ・モラタはズラタン・イブラヒモヴィッチの完璧な代役となり、ハメス・ロドリゲスは既に報じられているターゲット。クロアチア代表のイヴァン・ペリシッチはよりワイドなポジションでモウリーニョの攻撃力を強化することができる」。いくつかの大型補強で既にぜいたくなスカッドを拡大しようとしていると語り出したメディアは、2年めのモウリーニョ監督がフォーメーションを変えてくると予想しています。攻撃的な戦いを志向した4-3-3ではなく、より安全な4-2-3-1へ。ポール・ポグバが3枚のセンターの左でプレイしたがっているのに対して、指揮官は最終ラインの前に2人いるフォーメーションに回帰するとみています。このあたりには異論がありますが、話を先に進めましょう。

「スカイスポーツ」の予想スタメンは、GKデ・ヘア、最終ラインにバレンシア、リンデロフ、バイリー、ルーク・ショー。ポグバとエレーラの2センター、その前にラシュフォード、ハメス・ロドリゲス、ペリシッチ。トップにモラタを配しています。「相手の攻撃を抑え、カウンターアタックで叩きのめすのはモウリーニョの武器である。ヨーロッパリーグ決勝でも、マンチェスター・ユナイテッドのポゼッションは30%をわずかに上回っていただけだった。ボールをキープすることは、モウリーニョにとって重要なことではない」。昨季プレミアリーグで54ゴールしか積めなかったチームは、より守備的な戦い方にシフトしながら一撃必中の速攻を仕掛けるとみているようです。

「騒動はやがて沈静化し、ユナイテッドファンの耳元で奏でられる音楽となる」ダヴィド・デ・ヘアは残留予想。スピードはもちろん、DFとしてのキャパシティの高さを評価しているリンデロフは3070万ポンドを投じたラインのヒエラルキーの頂点。モウリーニョ監督は、獲得を熱望していたラファエル・ヴァランとの類似点を新戦力に認めているようです。中盤では、「the go-to man for Mourinho(モウリーニョが頼りにする男)」アンデル・エレーラがポグバをフォロー。昨季プレミアリーグにおける平均シュート数が3本を超え、誰よりも多くのパスを出していたフランス代表MFは、深いポジションでもチームの宝になりえると主張しています。

Could the prodigal son make a sensational return this summer?」。”放蕩息子”のセンセーショナルな復帰については、「スカイスポーツ」は懐疑的。クリスティアーノ・ロナウドのチームへの愛情が確かだとしても赤いユニフォームを纏うには至らず、それでも前線のオプションに困ることはないとしています。モラタの到着はすぐそこに迫っており、ペリシッチについては「63回のチャンスメイクはマンチェスター・ユナイテッドにおける最高のクリエイター・ポグバより8つも多く、8アシストはチームのトップであるアントニー・マルシアルより2つ多い」。さらにハメス・ロドリゲスの創造力とゴールセンスが加わり、指揮官を説き伏せたラシュフォードには居場所が用意されているというのが彼らの分析です。

「モウリーニョ監督はタイトルを獲れる。しかし、アタッカーを窒息させてしまうかもしれない」。4-2-3-1によるカウンターサッカーを前提としたこの結論が最も想像しやすいのですが、これには正面から異を唱えたくなります。「マンチェスター・ユナイテッドの指揮官は、より攻撃的な戦い方でプレミアリーグを勝とうとしているはずだ」と。根拠は1点、キャリック残留とマティッチへのアプローチ、つまり「守れるパサー」をアンカーに据えようとする動きです。1年めで守備についてはいける手応えをつかみ、淀みのないスピーディなアタックと確実なフィニッシュさえ手に入れられればプレミアリーグも欧州も勝てると確信しているのではないでしょうか。私の予想スタメンを紹介して、この稿を締めたいと思います。

GKデ・ヘア、最終ラインにバレンシア、リンデロフ、バイリー、ルーク・ショー。アンカーにマティッチ、左右にポグバとエレーラ。3トップはムヒタリアン、モラタ、ペリシッチ。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

モウリーニョ熱望と報じられたアルバロ・モラタは、マンチェスター・ユナイテッドで輝くのか!?

23歳だったアグエロは32試合20ゴール。25歳のアレクシス・サンチェスは34試合19ゴールで、同じ歳だったジエゴ・コスタは35試合27ゴール。スペインからプレミアリーグに来たストライカーの直前のシーズンを見ると、それぞれ新しいチームでエースと呼ばれるにふさわしい数字です。オランダ発のスアレスは、アヤックスで33試合35ゴールというとんでもないペースでゴールを決めており、わがクラブに来ていただいたズラタン・イブラヒモヴィッチはパリで31試合38ゴール。期待するなというのが難しいトップスコアラーでした。

…すみません。そろそろ本題に入りましょう。グリーズマン獲得を諦めたマンチェスター・ユナイテッドは、レアル・マドリードのアルバロ・モラタにターゲットを変えたといわれていますが、2つの懸念を払拭できずに困っているのです。ひとつは「一度もレギュラーとしてフルシーズン活躍していない選手が、プレミアリーグで絶対的エースとして働けるのか?」、そしてもうひとつは「そんな選手に7800万ポンド(約109億円)は高すぎないか?」。いえ、決してモラタを評価していないわけではないのです。縦に抜け出すのがうまく、柔らかいトラップと巧みなフェイントは申し分なし。長短のカウンターを武器にするチームには魅力的に映る選手です。2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラで26試合に出場して15ゴールを挙げており、先発14試合でエースのベンゼマよりもゴールが多いのは素晴らしいと思います。しかし…。

私が気になっているのは、その前の2年です。2014-15シーズンにユヴェントスにローン移籍したモラタは、初年度はテベスとジョレンテの陰でリーグ戦7ゴール。翌シーズンはディバラとマンジュキッチより出場試合もゴール数も少なく8発止まり。最初のシーズンは、イタリアの名門を12年ぶりにチャンピオンズリーグの決勝に導く大活躍を見せており、実績がないわけではないのですが、異なるタイプの4人のストライカーに対して自分が主役であると主張できなかった選手ではあります。

どうも煮え切らないのは、私の好みの問題でもありそうです。エリック・カントナやウェイン・ルーニーのような華のあるヒール系か、ファン・ニステルローイのような有無をいわせぬゴールマシンが好きなので(ティエリ・アンリの美しさに響かないところがマンチェスター・ユナイテッドサポーター…?)、モラタのように「速い」「うまい」といわれる選手にピンときていないだけかもしれません。さらに運が悪いことに、1年前に来たのがゴール前でもマイクの前でも決定力がある自称ゴッドで、これに一発で魅了されてしまい、「昔の彼氏が忘れられない」状態でもあるのでしょう。モラタ、申し訳ない。あなたが悪いのではありません。「ズラタンの相棒を4000万ポンドで連れてきた」といわれれば、一発で腹落ちしたのかもしれません。

モラタと1年を過ごした後は、「さすが、欧州王者とイタリアの強豪でもまれただけのことがある!」と盛り上がっているのか、あるいは「ゴールライン際で持たせれば天才的にうまいのに、なんでシュートをGKの正面に打つねん…」と嘆いているのか。…いや、来るかどうかわからない選手に悶々とするのは、このへんでやめましょう。モウリーニョ監督が「私のところに来れば、君はきっと重要な選手になる」とささやいたといわれるモラタは、噂通りマンチェスター・ユナイテッドに決まるのでしょうか。あれこれこぼしてしまいましたが、赤いユニフォームでプレミアリーグデビューとなれば、もちろん全力で応援します。(アルバロ・モラタ 写真著作者/Leandro Ceruti)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ