総額880億円!2冠達成のマンチェスター・ユナイテッドの2016-17シーズンの収入は史上最高額!

2016-17シーズンは成功だった。3つのトロフィーを獲得して、チャンピオンズリーグ復帰を決めた。スカッドへの投資には満足しており、エキサイティングなシーズンを楽しみにしている」。マンチェスター・ユナイテッドのヴァイスチェアマン、エド・ウッドワードのコメントを紹介したのは、イギリスメディア「BBC」。ビル・ウィルソン記者は、プレミアリーグで6位だったクラブの年間収入は、5億8100万ポンド(約877億円)という史上最高額だったと伝えています。フットボールクラブにおける収入の3本柱は、「テレビ放映映権料」「マッチデー収入」「コマーシャル収入(スポンサー&コンテンツ収入)」ですが、プレミアリーグで最も稼いでいるクラブの羽振りのよさをカテゴリごとに紹介しましょう。

最も増加したのは、プレミアリーグの全クラブが恩恵を受けているテレビ放映権料です。新しい巨額な契約が始まった2016-17シーズンの終わりに、マンチェスター・ユナイテッドに配分された額は1億9400万ポンド(約293億円)。1年前の1億4000万ポンド(約211億円)から38%の増収です。「BBC」は、マンチェスター・ユナイテッドのテレビ放映権料の増加について、「5月のストックホルムでアヤックスを倒したこと」も理由のひとつとしています。クラブ初のヨーロッパリーグ制覇は、チャンピオンズリーグ復帰をもたらしただけでなく、テレビ放映数増加による収入UPにも寄与しています。

プレミアリーグのライバルクラブに対して、マンチェスター・ユナイテッドが強いのはコマーシャル収入です。昨季1年で増えたスポンサーは、グローバルスポンサードパートナーシップ9社と、地域スポンサー、ファイナンシャルサービス、MUTVパートナーがそれぞれ1社ずつ。2億7550万ポンド(約416億円)となったスポンサーフィーは対前年で2.7%増となりました。デジタルアウトプット(モバイルコンテンツなど)の領域は15%の売上減少となったものの、近年急激に売上を伸ばしてきたリテール&アパレル、プロダクトライセンスが軒並み増えています。

オールド・トラフォードのシーズンチケットやメガストアの売上をカウントするマッチデー収入が4.7%の増収となったのは、カップ戦優勝を重ねてホームゲームが増えたからです。FAカップを制したファン・ハール監督の後を継いだジョゼ・モウリーニョ監督は、ヨーロッパリーグとEFLカップを勝ち切ることでクラブの収入増加にも貢献しました。

一方、コストを見ると、増えているのは選手たちへのサラリーです。ズラタン、ポグバ、ムヒタリアン、バイリーを獲得したことによって、支払い総額は14%UP。新シーズンもルカク、リンデロフ、マティッチのサラリーが乗っかってきていますが、プレミアリーグNo.1だったウェイン・ルーニーがエヴァートンに移籍したために、さほど増えないのではないかと思われます。営業費用総額は5億1130万ポンド(約772億円)に膨らんでおり、前年より17.1%の増加となっています。すべて締めると、純負債が4780万ポンド圧縮されて2億1310万ポンド(約322億円)。プレミアリーグで順位を落としたものの、ピッチの上も金庫の中も実りある1年だったといえるでしょう。

今回紹介した数字を前年と比較してみたい方、詳細を確認したい方は、「Business Wire」を見ていただくのがいいでしょう。「マンチェスター・ユナイテッドのコマーシャル収入は、マッチデイの2.5倍もあるのか!」など、収益の柱とそれぞれの規模感がつかめる興味深いレポートです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「カウンターの王者」「終盤のマイスター」…マンチェスター・ユナイテッドのゴールとスピードを分析!

UEFAスーパーカップではレアル・マドリードに1-2で敗れたものの、プレミアリーグ開幕以降は全試合2ゴール以上の4勝1分。モウリーニョ体制2年めを迎えたマンチェスター・ユナイテッドが素晴らしいスタートを切りました。プレミアリーグの得点王レースの先頭を走るルカクは公式戦5ゴールと真価を発揮。ラシュフォードは3発決めており、マルシアル、ポグバ、フェライニが2ゴール。リストに名前がないムヒタリアンはプレミアリーグで5アシストと、ルカクのゴールラッシュをバックアップしています。

「スカイスポーツ」は、「Manchester United now have speed in attack: Is it a team transformed?(今のマンチェスター・ユナイテッドは攻撃にスピードがある。チームは変わったのか?)」と題いう記事を掲載し、好調の要因としてカウンターの威力に着目。リーグNo.1となる4回の速攻を成功させているチームについて、「モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドをthe kings of the counter-attackに仕立て上げた」と称賛しています。チームを変えた最大のポイントは、補強です。就任当初、ファン・ハール前監督のアプローチが色濃く残っていたチームについて「ダイナミクスを変えるのは難しい状況にある。20人の新しい選手を獲得して、ゼロから創り上げたほうが簡単だろう」と嘆いていたモウリーニョ監督は、プレミアリーグをよく知る2人をキーとなるポジションに据えることによって改革に成功しました。ロメウ・ルカクとネマニャ・マティッチ。新ストライカーは最前線にスピードをもたらし、エレーラをベンチに追いやったセントラルMFは類まれなるボール奪取力で速攻のスイッチとなっています。

プレミアリーグのさまざまなデータを分析する「Opta」のシークエンスメトリクスは、ピッチ上でどれだけ速くボールが前に進むかを計測することによって、マンチェスター・ユナイテッドの変化を説明しています。ズラタンからルカクにバトンタッチしたチームは、最初の3試合で昨季と比べて10%以上スピードアップを果たしているとのこと。ルカクの存在がいかに大きいかは、プレミアリーグで最も遅いのが秒速0.94メートルで最下位となったエヴァートンであるという事実が証明しています。尤も、この数字の原因となっているのが、2016-17シーズンのマンチェスター・ユナイテッドで開幕からしばらくの間スタメン出場していたウェイン・ルーニーである可能性も否めません。クラブのレジェンドを悪くいうわけではなく、ことスピードにおいてはルカクとルーニーのスイッチによって大きく変わるという事実が「Opta」によって炙り出されているということです。

このデータを受けて、今季のマンチェスター・ユナイテッドがゴールを決めた時間帯を調べてみました。彼らがキング・オブ・カウンターだとすれば、戦術がはまるのは疲労とラインの間延びが始まる後半なのではないかと考えたからです。プレミアリーグ開幕以降、CLを含む15ゴールのうち、セカンドハーフに奪取したゴールは11。全体の半分に近い7ゴールを80分以降に決めています。日曜日に対戦する「最も遅いチーム」エヴァートンが勝利を収めるなら、ラスト10分まで何とかリードをキープして自陣にこもる流れに持ち込みたいところです。1-0や2-1で終盤に突入し、人数をかけて攻め上がらなければならない展開となれば、マルシアルやルカクが繰り出すカウンターの餌食になる可能性が高まります。

昨季のマンチェスター・ユナイテッドは、上位8チームとのアウェイゲームで4分3敗と未勝利。7試合で2ゴールという貧攻に泣き、ホームでも10のドローを積み上げています。モウリーニョ監督がカウンターに磨きをかけた今季は、これらの数字の改善が最大の課題です。攻め込んでくるマンチェスター・シティやリヴァプールからマティッチがボールを奪ってムヒタリアンに預け、最後はルカクが決めるといった形を増やすことができれば、最後まで優勝争いに残ることができるのではないでしょうか。ルカクとマティッチの加入によって自由とスペースを得たポグバが1ヵ月半ほどいなくなるのが不安ではありますが、今週末も鮮やかなカウンターが炸裂するシーンを見せていただければと期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サム・アラダイスと現地メディアが絶賛するモウリーニョのマン・ユナイテッド、2年めの変化

長かったインターナショナルマッチウィークが終わりを告げ、本日よりいよいよプレミアリーグが再開いたします。TOP6のゲームがすべて土曜日に集中する極めて珍しいスケジュール。ランチタイムキックオフのマンチェスター・シティVSリヴァプールを皮切りに、エヴァートンVSトッテナム、アーセナルVSボーンマス、レスターVSチェルシーと好カードが続きます。プレミアリーグ開幕から無失点の3連勝と最高のスタートとなったマンチェスター・ユナイテッドは、BET365スタジアムでストークと対戦。3試合10ゴールと破壊力抜群の攻撃陣は、ルカクとマティッチの加入やムヒタリアン、マルシアルの復調によってレベルアップしたのか、あるいは不振の下位チームに助けられたのか。「talk SPORT」は、彼らを優勝候補の筆頭とするサム・アラダイス氏のコメントを紹介。クリスタル・パレスの前監督は、「モウリーニョ監督による臨機応変な戦い方」をタイトルに届く理由としています。

「何度も見ただろう?彼はいつ、どこで戦術を変えればいいかわかっている。昨季はあまりに引き分けが多かったが、課題は解決したようだ。攻撃ははるかによくなり、得点力がある」

目に見えてよくなったのは、縦への推進力が増したことです。ボールを奪うとすぐに前に展開するマティッチが効いており、ハーフラインを越えたポグバが詰まって後ろに戻すシーンは減りました。昨季プレミアリーグ25ゴールのロメウ・ルカクとムヒタリアン、マルシアルが仕掛ける素晴らしいカウンターは、前シーズンとは別なチームです。新エースはさっそく3ゴールをゲットしており、決定機が増える今季は得点王を狙えるでしょう。

そしてもうひとつ、大きく変わったのは2列めの選手の動きです。ファン・マタはしばしばラインの裏に抜け出し、5アシストを決めたムヒタリアンがDFを引きつけることによって、ルカクやポグバがフリーになるシーンが目につきます。12本のシュートを放ったポグバが、プレミアリーグのシュート本数ランキングで3位につけているという事実が、フィニッシュの道筋が見えなかった昨季と違う崩し方ができていることを物語っています。3節で彼らと戦った岡崎慎司は、「なかなか前に行けない。個々の能力が高い。正面からぶつかるのは難しいので、守備的になるしかなかった」とコメント。ルカク、マティッチ、ポグバ、フェライニと190センチ台を前線に4人置くことができ、ズラタンとルーニーが抜けたために平均年齢が22歳以下となったアタッカー陣は速さをアピール。強さ、高さ、速さを備え合わせたプレミアリーグ首位チームは、「現時点ではイングランドのベストチーム(テレグラフ)」などと現地でも評価を高めています。

「昨年も開幕3連勝だったが、内容がついてきていなかった。現在は昨シーズンと違い、プレイのクオリティが高くなった。ボールをキープできており、カウンターにも迫力がある。3試合とも安定したパフォーマンスを示すことができた」(ジョゼ・モウリーニョ)

現地メディアや元監督の目利きが正しければ、ストーク戦はアウェイといえども完勝で終われそうですが、マンチェスター・ユナイテッドにとって嫌なデータが2つあります。過去5シーズン、モウリーニョ監督の開幕4戦めは1勝4敗。モウリーニョVSマーク・ヒューズは、直近4戦に限れば3分1敗と勝てていません。アーセナルをカウンター1発で沈めたストークは、2度めの番狂わせでプレミアリーグを混戦に戻すことができるでしょうか。注目のキックオフは、本日の17時30分(日本時間は10日1時30分)です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「獲得するのは中盤とサイド」…ジョゼ・モウリーニョが補強ポジションを明言!

プレミアリーグ優勝をめざすモウリーニョ監督が、「この夏ほしいのは中盤とサイド」と明言しました。先日までは、2人ほしいといいながらポジションについては言葉を濁していたのですが、「バランスとオプションを与えてくれるミッドフィールダー」「攻撃的な選択肢を増やしてくれるウインガー」が必要とコメントしています。ひとりはイヴァン・ペリシッチ、もうひとりはマティッチやファビーニョでしょうか。マンチェスター・ユナイテッドの動向を追いかけていた方なら、ここまでの話は既報どおりと思われるでしょう。

しかし私は、このたび「スカイスポーツ」が掲載した指揮官の言葉を読んで、理解が足りなかったのかもしれないと思うようになりました。ウェストハムに移籍したチチャリートについて聞かれたモウリーニョ監督は、プレミアリーグもマンチェスター・ユナイテッドも知るストライカーに興味を覚えなかった理由を以下のように語っています。

「私のスカッドに彼が加わるのは、いつでもウェルカムだ。ゴールを決めるまでに多くの時間を要しない選手だからね。でも、われわれはより若いルカクを獲るという別なディレクションを選んだ。ラシュフォードもストライカーだし、必要を感じなかった」

ルカク、ムヒタリアン、マタ、ラシュフォード、リンガード、マルシアル、アシュリー・ヤング。3トップに7人の選手を抱えており、左のワイドにはマルシアルとラシュフォードがいるチームにペリシッチは必要なのかと疑問に感じていたのです。得点力のあるサイドアタッカーを外から調達するのではなく、若い選手たちの得点力を活かす戦術を構築すればいいのではないか、と。ところが、指揮官は端からラシュフォードをトップに固定するつもりで、左としてカウントしていたのはマルシアルだけだったのかもしれません。ゴールセンス溢れる19歳を左で使わず、ストライカーとしてきちんと育てるという方針なら納得です。年内のコンペティションを2人でまわし、忙しくなる冬にズラタン・イブラヒモヴィッチが帰ってくれば、プレミアリーグとFAカップのダブル、いや、リーグカップ連覇まで狙える…などと考えながら、ポール・ポグバのコメントに触れると否応なく盛り上がります。

Obviously Zlatan is a leader, always a big leader, and he's a big leader because he's still in the team.Even though he's not playing he's a leader outside of the pitch.(ズラタンは明らかにリーダーだ。常にビッグなリーダーだ。彼はまだチームにいるのだから。プレイしていないけど、ピッチの外でもリーダーだね)」

余談ですが、私がズラタンとポグバに最も感謝したいのは、チームの雰囲気を明るくしてくれたことです。「大きな決断だった。チャンピオンズリーグに出られないのはわかっていた。それでも僕は、マンチェスター・ユナイテッドをあの頃のマンチェスター・ユナイテッドらしくしたいと心に決めたんだ。今はそこに向かっている最中だ」というポグバの言葉を聞くと泣けてきます。この夏は、自称「エージェントP」としても、最高の仕事をしてくれました。「MUTV」のインタビューに応えたロメウ・ルカクは、移籍先を検討していた頃、ポグバに「誘導作戦」を仕掛けられていたと明かしました。

「ポールと食事に出かけると、彼はわざとオールド・トラフォードの脇を通るんだ」

「本物のエージェント」ミーノ・ライオラ氏とマンチェスター・ユナイテッドは、極上のマッチングをサポートしたエージェントPにマージンを払わなければなりません。…話を戻しましょう。昨季は多くの負傷者に泣いたモウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグを視野に入れて選手層に厚みを持たせようとしているのでしょう。バレンシアの代役はトゥアンゼベ、バイリー、ダルミアン。ルーク・ショーのポジションにはブリント、ダルミアン、アシュリー・ヤング。ロホの負傷を受けて、移籍の噂があるスモーリングとフィル・ジョーンズは両方残すかもしれません。さらにスケールの大きいアンカーとサイドアタッカーを加えられれば、モウリーニョ監督のスカッドは盤石です。過去、2年以上指揮を執った延べ5つのクラブで、2年めにすべてリーグ優勝を果たしている名将は、ポグバの言葉どおり、チームをプレミアリーグの頂点に復帰させることができるでしょうか。次のシーズンは、3つのタイトルを獲った前年以上に楽しみです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ