6年総額1億ポンド超え!デ・ヘアがマンチェスター・ユナイテッドとの新契約に合意!

いやー、うれしい!これを書いている時点で、正式な発表があったわけではありません。それでも、「スカイスポーツ」「テレグラフ」「タイムズ」など信頼性が高いといわれているメディアが、同じような見出しを立てているのを確認して、思わず叫んでしまいました。ダヴィド・デ・ヘアが、マンチェスター・ユナイテッドとの新契約に合意したと報じられています。2011年の夏にアトレティコ・マドリードから移籍したときは、トップリーグで2シーズンを過ごした21歳の新鋭GKという触れ込みでした。以来8シーズン、プレミアリーグ275試合でクリーンシート100回。PFA年間ベストイレブンに5回選ばれているリーグ屈指の守護神です。

最も断定的な見出しを2つ紹介しましょう。「David de Gea to sign long-term Manchester United deal(スカイスポーツ)「David de Gea to sign record six-year, £117m deal with Manchester United(ザ・タイムズ」。前者は、オールド・トラフォードに残るための条件は調整中としていますが、後者は「6年契約で総額1億1700万ポンド(約158億円)」と具体的です。年額1950万ポンド(約26億円)、週給に直すと37万5000ポンド。これが実現すれば、プレミアリーグだけでなく、世界No.1の高給GKとなります。

ユヴェントスとパリ・サンジェルマンから魅力的なオファーがあったとする「タイムズ」が、デ・ヘアが残留を選んだ4つの理由を紹介しています。ひとつめは、「オーレ・グンナー・スールシャールに借りを返したいと考えているから」。ノルウェーから帰ってきた新指揮官の信頼に応えたかったスペイン人GKは、CLのバルサ戦でメッシのシュートを後逸したことをきっかけに、プレミアリーグでもミスを連発してしまいました。

彼に近い関係者によると、「デ・ヘアは最初のエラーの悪影響からフォームを崩してしまったと認めており、スールシャール監督がレギュラーから落とそうとしなかったことに感謝している」とのこと。レアル・マドリード移籍が破談となった際にも、世話になったクラブに移籍金が残るようにと新契約を締結してくれており、今回も信頼してくれた人物に対する恩を大事にした決断でもあったのかもしれません。

2つめの理由は、マンチェスター・ユナイテッドが今後数年間でトロフィーを獲得できると信じていること。3つめがまた、人間関係重視の彼らしく「アトレティコ・マドリード時代から彼を指導してきたGKコーチのエミリオ・アルバレスと一緒に仕事したいから」だそうです。最後のひとつは、このたびのオファーにクラブの高い評価を感じたから。過去6シーズンでクラブMVPに4回輝いているデ・ヘアは、マンチェスター・ユナイテッドにおける最高額サラリーの選手に値すると自己評価しており、アレクシス・サンチェスと同等の報酬が決め手になったようです。

マンチェスター・ユナイテッドのなかで最も好きな選手が、6年という長期契約を結んだというニュースは喜ばしいのですが、小さな懸念が2つあります。「最高額GKというレッテルがプレッシャーになりはしないか」「昨季終盤戦のつらい記憶がトラウマになっていないか」。ポール・ポグバはワールドレコードの移籍金をずっと気にし続け、アレクシス・サンチェスはプレミアリーグNo.1のサラリーが足枷になったように感じられます。デ・ヘアが来季プレミアリーグの序盤戦で勝負に直結するミスを犯せば、メディアは容赦なく書き立て、悪夢の3月と同じようにショックを引きずる可能性もなきにしもあらずです。

気になることはあるものの、今はこういった報道があること自体をただ喜びたいと思います。彼がマンチェスターで過ごした8シーズンは、プレミアリーグ優勝1回、FAカップ1回、リーグカップ1回、ヨーロッパリーグ制覇が1回。苦しい季節でしたが、曲がりなりにもチャンピオンズリーグに5回出場しており、モウリーニョ監督の2年めにはリーグ2位に食い込んでいます。デ・ヘアがいなければどうなっていたかというきわどい勝利を何度も潜り抜けてきたサポーターとして、貢献度No.1の守護神がプレミアリーグの頂点奪還とビッグイヤー獲得の歓喜を味わうことができればと切に願っています。開幕前に、正式発表があるでしょう。来季も、オールド・トラフォードのゴールマウスに君臨するのはダヴィド・デ・ヘアです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「ネイマールの代理人がマンチェスター・ユナイテッドに売り込んでいる」という噂について…。

マンチェスター・ユナイテッドサポーターでなくても、プレミアリーグファンなら何度か見たネタなのではないでしょうか。パリ・サンジェルマンとバルセロナが移籍交渉中のネイマールを、代理人がメガクラブに売り込んでいるというお話です。イギリスメディア「フォー・フォー・トゥ」によると、ピニ・ザハーヴィ氏がプッシュしているのは、ユヴェントス、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンとマンチェスター・ユナイテッド。パリの条件は、「2017年にバルサに支払った2億2000万ユーロ(約290億円)の回収」だそうで、これだけの巨額を払えるクラブは限られています。

「金さえ出してくれれば、どこでもいいんかい!」とツッコミたくなりますが、プレミアリーグ6位&EL出場のクラブは候補から除外される可能性があるとのこと。「頼んでないわ!」と怒るところですが、ぐっとこらえて「それはありがたい」と胸をなでおろすべきかもしれません。名前が挙がっているクラブには、それぞれ「ネイマールを獲れない理由」があり、成り行きで話がまわってくれば、「ビジネス一流サッカー四流」のウッドワードさんがうっかりディールを成立させてしまうかもしれないからです。

話を整理するべく、メガクラブがネイマールを敬遠する理由を並べてみましょう。まずは「高すぎる」。さらに、「ご本人が王様扱いを求める」「ワールドカップにおけるダイブや、度重なるカードなどネガティブなイメージがある」。リーグアン2シーズンで37試合35ゴールというスタッツは秀逸ですが、副作用も大きいという印象があります。ユヴェントスにはクリスティアーノ・ロナウドというキングがいて、バルサはグリーズマンに既に投資しており、レアル・マドリードもアザールやヨヴィッチを獲ったばかり。復帰を画策していたバルサは、「1億ユーロ+主力を2人」という苦し気なオファーを提示したと伝えられているのですが、パリがほしいのはあくまでもキャッシュだと伝えられています。

イタリアとスペインの強豪が二の足を踏むとすれば、残るはマンチェスター・ユナイテッドとバイエルン・ミュンヘン。1999年のチャンピオンズリーグファイナルが思い出される「決戦(?)」ですが、ドイツ王者はひとりの選手にリスキーな額を突っ込まない堅実なクラブです。両者とも左サイドに飛び道具がほしいのは確かですが、サネやハドソン=オドイなどプレミアリーグの若手に目を向けているバイエルンにその気はないでしょう。

かくして、プレミアリーグ一択となってしまったら…。ポグバやルカクを高額で売却する可能性ありと噂されているクラブは、グローバルなマーケティングの効果を熟知しています。よくも悪くも知名度が高いネイマールは、ユニフォームやグッズが売れるんですよね…。「プレミアリーグやCLの戦績は、われわれの商業収入にほぼ影響がない」と豪語するウッドワードCEOは、マネジメントの難易度が高いスターをスールシャール監督に預けるかもしれません。ディ・マリア、ファルカオ、ズラタン、ポグバ。ビッグネームが来るたびにサポーターは盛り上がったのですが、中長期的なチーム強化という視点とは別口のディールだったのも事実です。

チャンピオンズリーグ出場権がないクラブはお呼びではないと理解しておりますが、気になる話ではあります。ちなみに、お隣にビッグイヤー初制覇を目論んでいるプレミアリーグ最強クラブがあるのですが、いかがでしょうか?サネをバイエルンに売れば左サイドが空きます。当代随一の指揮官なら、王様をうまく組み込むこともできるでしょう。エースのアグエロは31歳、そろそろ後釜がほしくなるタイミング。年間の売上はパリ以上バイエルン未満で、2億ユーロを超える移籍金の捻出は不可能ではないはずです。

と、雑談はこのくらいにしておきましょう。いやー、どうするのでしょうか、ネイマール。何かといじられやすいわがクラブに、格好のネタが増えなければいいけど…とディフェンシブな気分になる今日この頃です。スアレス、メッシ、デンベレ、グリーズマンにネイマールが加わったらどうなるのだろうというのが、目下の最大の興味ではありますが。(ネイマール 写真著作者/Кирилл Венедиктов)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ポグバ売却、ルカクはキープ…偏愛排除のマンチェスター・ユナイテッド改革論(私見ですが)!

「私が知る限り、選手たちにオファーは届いていない。われわれはマンチェスター・ユナイテッドだ。選手を売らなければならないクラブではないし、必要な選手を適正な価格で連れてくればいいだけだ。今のスカッドには素晴らしい選手が揃っている」(オーレ・グンナー・スールシャール/{BBC」より)

経営ボードの声明なら、「プライドよりもリアリティが必要なのでは?」とツッコミを入れたくなるところですが、指揮官の言葉としては適切です。戦力が足りないと嘆いてばかりのトップに、部下はついてこないでしょう。現地メディアは、スールシャール監督がポグバやルカクに残留してほしいと伝えていると報じています。

昨季プレミアリーグを6位で終えたクラブにとって、主力の退団希望は潜在的なリスクですが、彼らが翻意してチームのために戦ってくれるなら、全力で応援します。ポグバのベストシーズンが観たい。ルカクはシーズンを通じてゴールを量産し続けてほしい。マンチェスター・ユナイテッドで真価を発揮したとはいえないワールドクラスたちが持てる力を出し切れば、プレミアリーグ制覇はともかく、TOP4フィニッシュの可能性は決して低くはないでしょう。

と、ここまではサポーターモードですが、視点をフラットに切り替えてマンチェスター・ユナイテッドの未来について考えてみましょう。チームは今、変革すべき時を迎えているのではないでしょうか。長く在籍している選手、下り坂に差しかかっている選手を放出し、成長が期待できるタレントにスイッチする大胆な改革に打って出るには、プレミアリーグ6位に沈んで失うものがない今は絶好のタイミングです。スモーリング、ロホ、ダルミアン、マティッチ、アレクシス・サンチェスは、引き合いがあれば応じるべきでしょう。この先、彼らの移籍金が上がる可能性は限りなくゼロに近いのではないかと思われます。

渦中の3人、ルカク、ポグバ、デ・ヘアについては、「ルカクだけ残す」という判断もあるのではないでしょうか。プレミアリーグで7シーズン連続で2ケタゴールを達成しているルカクよりも確実に上と評価できるストライカーはなかなかおらず、ラシュフォードとタイプが違うのも戦術的にプラスだからです。デ・ヘアは最大の功労者で、熱狂的ファンの私としてはぜひ残してほしい存在ですが、シェフィールド・ユナイテッドのプレミアリーグ昇格に貢献した23歳のディーン・ヘンダーソンを呼び戻して未来を託すという選択肢があります。高額サラリーを未来のネックとしたくないと考えるなら、今こそが決断のタイミングです。

ポグバ売却は、1億2000万ポンド以上の移籍金が得られるなら、リヴァプールが見せてくれた「コウチーニョ<ファン・ダイク+アリソン」という数式に素直に従ってもいいでしょう。2人のワールドクラスで堅牢な最終ラインを築き上げ、バルサを倒してチャンピオンズリーグを制したクラブは、クレイジーなオファーには迷わず乗っかってよしと教えてくれました。ポグバ資金を元手に、得点力が高いブルーノ・フェルナンデスとワールドクラスのCBを獲れれば、来季のプレミアリーグとヨーロッパリーグが俄然楽しみになります。

チームの一体感と個々のモチベーションを高めたい指揮官が、誇りと信頼を口にするのは理解します。しかし、クラブとしてはロマンよりソロバンです。ペップの2年めにベテランDFを一掃して最終ラインを作り替えたマン・シティ、若手シフトで長期的な強化に成功したトッテナム、的確な売却と補強でプレミアリーグNo.1の堅守を手に入れたリヴァプール。上位クラブをお手本に動くべきと判断するカードは出揃っています。「若き指揮官による初めてのチームづくり」「アラサーの停滞」「むやみに上がってしまったサラリー相場」「主力売却で手に入る高額の移籍金」…いかがでしょうか?


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いよいよファイナルアンサー⁉ 年俸24億円超のオファーにダヴィド・デ・ヘアの決断は…!

マーカス・ラシュフォードのサラリーを週給20万ポンド(約2700万円)に引き上げ、2023年までの長期契約を結ぶことに成功したマンチェスター・ユナイテッドが、プレミアリーグ屈指の守護神に対して新たなオファーを行ったと報じられています。「BBC」「スカイスポーツ」「インディペンデント」などさほど飛ばさないメディアも即座に報じたダヴィド・デ・ヘアの新契約の中身は、「アレクシス・サンチェスの週給39万ポンドがベンチマーク(BBC)」「35万ポンド(インディペンデント)」。年俸に換算すると、24億円を超える高額となります。

契約期間が残り1年を切ったスペイン代表GKは、チャンピオンズリーグ制覇をめざしてパリ移籍をめざすのか、クラブの評価に納得して留まるのか。今回のオファーに対するデ・ヘアの答えが、ファイナルアンサーになるはずです。2011年の夏にアトレティコ・マドリードから移籍したデ・ヘアは、プレミアリーグ8シーズンで275試合に出場し、クリーンシートはちょうど100試合。ゴールデングローブを獲得したのは2017-18シーズンの1回のみですが、プレミアリーグの年間ベスト11には5回選出されています。

アリソンやエデルソンより守備範囲は狭く、今でも時折ハイボールにバンザイするシーンがあったりしますが、世界で5本の指に入るショットストッパーという表現に異論はないでしょう。圧巻だったのは、2017年12月2日のアーセナル戦です。プレミアリーグレコードとなる14本のセーブを披露し、チームを3-1の勝利に導いたGKについて、当時指揮官だったジョゼ・モウリーニョは「試合が終わった後、『世界最高のゴールキーパーのプレイを目撃した』と彼に伝えたよ」と激賞しました。

ファーガソン、モイーズ、ファン・ハール、モウリーニョは、そしてわれわれマンチェスター・ユナイテッドサポーターは、彼に何ポイントをプレゼントしてもらったことか。「デ・ヘアと他のGKをトレードできるとしたら?」と問われたモウリーニョさんが、「それは最高な質問だが、答えも最高に簡単だ」とおしゃれに返しておりましたが、停滞期に入ってからもCLに2回参加できたのは彼のおかげといい切っても大げさではありません。

最も好きな選手が「もうしばらくマンチェスター・ユナイテッドのためにがんばる」と約束してくれたら、これ以上の喜びはないのですが、超高額のサラリーを見るといくつか懸念が湧き起こってきます。ポグバやアレクシス・サンチェスが苦しんだように、デ・ヘアにかかるプレッシャーも相当大きくなるのではないか。昨季プレミアリーグの最終盤でミスを連発しており、開幕からの数週間で悪夢を繰り返して引きずってしまえば、入団以来最悪のシーズンを過ごすことになるのではないか。ロッカールームの空気は大丈夫か…。今まであれだけの活躍を見せてくれた選手ですが、それでもサラリーのギャップが開けば開くほど、おもしろくないと感じる選手が増えるのは間違いありません。

2015年の夏に、サンティアゴ・ベルナベウに本拠地を構える巨人に持っていかれると覚悟した選手です。1度は訣別を覚悟したわれわれは、デ・ヘアが去るという決断をしたとしても、今まで見せてくれた数々の超絶セーブを大きな拍手で称えることができるでしょう。心を落ち着けて、成り行きを見届けたいと思います。20億円を超える高給取りを複数抱えることになっても、びくともしない商業的基盤を築いたマンチェスター・ユナイテッドに怖れと不安を感じながら。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「長期的なヴィジョンに合う選手を…」CEOが漏らしたマン・ユナイテッドの補強方針。

「移籍市場は膨張する傾向にあり、ミスリードするような投資の話や物語が絶え間なく流されている。それでもリクルーティングチームはマネージャーと連携し、クラブの長期的なヴィジョンにフィットしたエキサイティングな選手を獲得するべく冷静に仕事を進めている」(エド・ウッドワード)

プレミアリーグ2017-18シーズンには2位に食い込み、優勝を争うはずだったマンチェスター・ユナイテッドは、指揮官と選手の確執によって不振に陥ったのが響いて6位でシーズンを終えました。着実な強化で欧州でもトップクラスとなったリヴァプールとマン・シティの背中は遙か遠くに去り、2019-20シーズンの目標はプレミアリーグTOP4フィニッシュとELやカップ戦のタイトル獲得まででしょう。

「スカイスポーツ」が紹介した冒頭のコメントは、ワン=ビサカの入団直前にエド・ウッドワードCEOがスタッフに送ったメールがリークされたものだそうです。これを読んで、「長期的なヴィジョン」という言葉にテンションが上がったサポーターが多かったのではないでしょうか。スウォンジーから獲得したMFダニエル・ジェームスと、クリスタル・パレスに5000万ポンドを支払ったアーロン・ワン=ビサカはともに21歳。ガレス・ベイルやアントワーヌ・グリーズマンなど大物獲得の噂が流れていたのは、シーズン終了から数週間だけでした。現在メディアを賑わしている顔ぶれは、スールシャール監督のポリシーに合い、成長余力がある選手ということになります。

数年後のプレミアリーグ制覇をめざし、モデルチェンジを図っているマン・ユナイテッドは、この先の5週間でどんなタレントを揃えるのでしょうか。現実的な最有力候補は、スポルティングCPのマルセル・カイザー監督が「チームに残ってほしいが、状況は誰もが知るとおりだ。彼をキープするのは難しいだろう」と語ったブルーノ・フェルナンデスでしょう。公式戦53試合32ゴール18アシストという驚愕のスタッツを残した24歳のポルトガル人MFについては、「マンチェスター、・ユナイテッドがワン=ビサカとの契約に注力し、トッテナムがエンドンベレにフォーカスしている間にリヴァプールが横取りを画策」と報じられました。

スールシャール監督が「交渉のスピードを上げてほしい」と要望したという報道もあり、7月からは彼の名前が取り沙汰される機会が増えるのではないでしょうか。7000万ポンドと伝えられている高額の移籍金と、ライバルのアトレティコ・マドリード、リヴァプール、トッテナムがすべてCL出場権を保持していることが気になりますが、首尾よく獲得できれば得点力不足という弱点は大きく改善しそうです。

中盤では、アストン・ヴィラでプレミアリーグ昇格に貢献したジョン・マッギンを5000万ポンド(約68億円)で獲りにいくという話も出ています。チャンピオンシップ40試合6ゴール10アシストでサポーターが選ぶMVPに輝いたスコットランド代表MFは、こちらも24歳。2018年9月のシェフィールド・ウェンズデー戦で、クリアボールの落ち際を左足で叩いた超絶ボレーが話題になった選手ですが、キックの精度の高さとパスワークに定評があり、マタが果たしてきた役割をまかせられるタレントです。プレミアリーグで実績がない選手にワン=ビサカと同額は、いささか高いような気がしますが、ポグバがマドリードに去るなら検討してもいいのではないでしょうか。

懸案のCBはマグワイアの獲得が厳しくなっており、シーン・ロングスタッフやデクラン・ライスなど若いセントラルMFは所属クラブのガードが固そうですが、これらのポジションも見どころある若手にこだわる方針でいいのではないかと思います。商業的な成功のシンボルであるウッドワードCEOと、プレミアリーグの指揮官として夏を過ごすのが初めてのスールシャールの目利きをどこまで信じていいのかという不安はありますが…。ビッグ6のなかでは、最も精力的に動いているマンチェスター・ユナイテッドの次の一手に注目です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ