デ・ヘアだけではなかった。アーセナルをアウェイで下したモウリーニョ戦術、2つのリスペクト!

「ファンタスティックな試合だった。(ファンとして)スタンドや家で観ていたら、終わるのが残念に思えただろう。私は別だけどね。勝ちたかったから終わるのが待ち遠しかった」「世界じゅうを見渡しても、彼以上のショットストッパーはいない。試合後、世界でベストのGKを見せてもらったと伝えたよ」(ジョゼ・モウリーニョ)

今、思い返してもとにかく素晴らしい試合でした。プレミアリーグ15節、アーセナルVSマンチェスター・ユナイテッド。ラカゼットとアレクシス・サンチェスが絶好調だったホームチームの攻撃は凄まじく、シュート33本、オンターゲット15本。過去、何度もこのカードを観てきましたが、アーセナルに対してこの試合ほどの恐怖を感じたことはありません。2015年10月のエミレーツで、開始早々からエジルにやられて3-0で完敗したときでも、「やられた」とは思いながらも「何点獲られるかわからない」と震えるほどの感覚はありませんでした。モウリーニョ監督のいうとおりです。世界一の守護神が、プレミアリーグタイ記録となる1試合14本のショットストップを見せてくれなければ、守備陣の集中力が切れて、とんでもないスコアでアーセナルが勝っていたかもしれません。デ・ヘアの神のようなセービングに支えられた堤防が決壊する前に、待ち焦がれたタイムアップの笛に救われました。

「デ・ヘアは1億ポンドのGKである」とリスペクトしていた「デイリー・ミラー」は、「的確だったリンガード起用」「ポグバレッドカード」「超人的なデ・ヘア」「ホラーのような夜を過ごしたコシールニー」と、試合のターニングポイントを振り返っておりましたが、アーセナルの強力なアタックと守護神の超絶セービングの次に私が着目したのは「モウリーニョ監督のチームづくりと采配の素晴らしさ」です。

まずは、攻撃面から振り返りましょう。ジェシー・リンガードが先発と聞いて、私はあの試合を思い出しました。2017年10月14日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ8節のリヴァプールVSマンチェスター・ユナイテッド。0-0で迎えた63分、ムヒタリアンをリンガードに代えた采配について、モウリーニョ監督はこう語っていました。「クロップ監督が、ホームで勝利を得るべく前がかりになるのを待っていた。リンガードには、そうなったときの攻め方を既に伝えていた」。指揮官は、ミッションに忠実で上下動を厭わない14番の動き出しの早さを買っているのだと思われます。レッズ戦を観ていたプレミアリーグファンからは、ゴール前にバスを停めているようにしか見えなかったのではないかと思われますが、モウリーニョ監督が虎視眈々と狙っていたのは「完璧だったワイナルドゥム、エムレ・ジャン、ヘンダーソンの連携が攻撃的な交代によって崩れること」。相手より先に選手を代えて反応を待つという高度な駆け引きは、おそらくその意図を読んだクロップ監督が前線の選手のみを代えたために空振りに終わりました。

それから1ヵ月半。モウリーニョ監督は、エミレーツでも攻め立てられることを覚悟していたのでしょう。レッズ戦で放ったリンガードという刺客は、リアクションから先にゴールを奪うためにゲームのスタートから前線にポジションをとっていました。今度は、大当たり。マルシアルの巧みな落としを左隅に蹴り込んだ2点め、ポグバとのコンビで文句なしのカウンターを決めた3点めは、指揮官の狙い通りだったはずです。相手のビルドアップを狙うショートカウンターと、奪ったらすかさずルカクに当てて縦に走るロングカウンター。33対8とシュート数では圧倒されながら、4本のオンターゲットのうち3つを決めたマンチェスター・ユナイテッドの攻撃戦術は明確でした。

次は、最後方に目を向けましょう。デ・ヘアがあまりに眩しかったために見逃されがちなのは、2人のレギュラーを欠いているCBの奮闘です。「デイリー・ミラー」は、15本も枠内に打たせた試合だったにも関わらず、リンデロフ、スモーリング、ロホの3バック全員に7点という高評価をつけています。「シュートコースを必ず切る」「シュート態勢に入られたら足元に飛び込む」という守備の基本の徹底度では、モウリーニョ監督のチームとショーン・ダイクのバーンリーが「2強」でしょう。CBの前のスペースを確実につぶし、クロスが入る際には最終ラインに下がって加勢するマティッチのプレイも安定しています。プレミアリーグ最少失点の堅守を相手にフリーでシュートを放つシーンをあれだけ作ったアーセナルの攻撃陣は、最強といっても大げさではないように思えました。3失点が1度もないマンチェスター・ユナイテッドは、これまでも引かされる試合はありましたが、ほとんどのシュートをコースを切るなり足に当てるなりでしのいできたのです。0-2とした後の70分は、心の底から震え続けた特別な時間でした。

こんなにやられるのかと「ショッキングな勝利」でした。しかし一方では、誰が出てもハードマークと的確なポジショニングで失点を最小限に抑えることができ、鋭いカウンターでゴールを奪えるチームを創ったモウリーニョ監督の底力をあらためて感じられた試合でもありました。週末戦うマンチェスター・シティは、やはりアーセナルよりも手強いのでしょうか。あれ以上の攻撃を喰らって初めての大量失点となるなら、「自分たち以上にライバルたちは強くなっているのだ」と認め、今季のプレミアリーグ優勝は(ほとんど)諦めます。あの日のアーセナルが凄かっただけだ。あんな劣勢は、もう観なくてすむ。今は、自分にそういい聞かせています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ズラタン、ポグバ、ロホがついに復活!反撃体制が整ったマンチェスター・ユナイテッドに注目!

それぞれ予想以上に早く、しかもトリオで同時に戻ってくることになりました。ズラタン・イブラヒモヴィッチ、ポール・ポグバ、マルコス・ロホ。プレミアリーグ12節、オールド・トラフォードにニューカッスルを迎える一戦のプレスカンファレンスで、モウリーニョ監督が3人ともスカッドに合流させたと明言しています。ポグバは9月12日に行われたチャンピオンズリーググループステージ初戦のバーゼル戦以来、ズラタンとロホは、アンデルレヒトと戦った4月のヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグが最後のゲームでした。

「ポグバがいるかいないかは、試合におけるわれわれのアプローチに影響を及ぼす。単純な話だ」「昨シーズン、われわれはすべての時間をズラタンと一緒にプレイした。今季は彼なしで戦う方法を学ばなければならなかった」「キャリアに影響するような重要な負傷と戦える信じられないパーソナリティ。2017年中に戻ってくるといっていたが、12月31日と11月中旬では全然違う」(ジョゼ・モウリーニョ)

指揮官の言葉を聞いていると、チームにとっていかに彼らが重要か、今回の復帰をどれだけ心待ちにしていたかが伝わってきます。昨季公式戦で46試合28ゴール、プレミアリーグでは28試合17ゴール。EFLカップとヨーロッパリーグを制することができたのは、絶対的エースがここぞというシーンで決め続けてくれたからです。ズラタンの復帰の恩恵を最も受けるのは、プレミアリーグ開幕以来、最前線でプレッシャーを受け続けてきたロメウ・ルカクではないでしょうか。精神的な負担は軽減し、年末年始のタイトなスケジュールをひとりで耐える必要がなくなります。ズラタンとルカクが前線に並ぶ3-5-2や4-4-2が機能すれば、相手のチェックを分散させることができるでしょう。「いい選手たちが一緒にプレイするのは簡単なことだ」。モウリーニョ監督は、フィジカルモンスターを並べた2トップの導入を視野に入れていることを示唆しています。

プレミアリーグ開幕から4戦3勝1分、1試合平均3ゴールと上々のスタートを切ったチームには、4戦2ゴール2アシストと前年よりもゴールに絡めるようになったポール・ポグバがいました。彼を失ったマンチェスター・ユナイテッドは、リヴァプール、トッテナム、チェルシーとの上位対決で1ゴールしか決められず、中盤のキープ力と最前線を一発で変える的確なロングフィードの重要性を思い知りました。ハムストリングの負傷は思いのほか重く、12試合を失うことになりましたが、チームはその間9勝1分2敗とまずまずの戦績で耐え抜きました。彼とフェライニ、キャリックが復帰すれば、ようやくマティッチを休ませることができます。直近7試合は3ゴール以上のゲームがなかったマンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ屈指のインサイドMFの復活でカウンターの切れ味を取り戻すはずです。

現在のチームにおいて、CBのベストチョイスはバイリーとフィル・ジョーンズですが、安定感を増したイングランド代表CBは常に負傷リタイアの不安と向き合っており、先日のドイツとのフレンドリーマッチで、前半の半ばについに立てなくなってしまいました。ロホのカムバックによって、バイリーとのコンビでフィル・ジョーンズの穴を埋められるようになり、リンデロフ、スモーリング、トゥアンゼベらを加えた3バックのクオリティを上げることもできるでしょう。FAカップが始まる前に、最終ラインで体を張れるCBを加えられたのは、モウリーニョ監督にとって相当大きな「補強」だったのではないでしょうか。

「彼には、90分間フル出場したり毎試合プレイしたりすることは期待できない。彼は自分のレベルに戻る時間が必要だ。フィットネス、シャープネス、すべてにおいて」。指揮官は、ズラタンについては当面スーパーサブのような形で起用し、フィットネスを高めてもらうつもりのようです。ポグバとロホは、不安さえ払拭されれば早晩フルタイム出場となるでしょう。このメンバーが揃っても、年末までにマンチェスター・シティの差を詰められなければ、今季は相手が悪かったとプレミアリーグ優勝は諦めます。日本時間で19日2時30分。ニューカッスル戦が、俄然楽しみになってまいりました。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

新戦力を獲るなら誰か出せ!?「BBC」が指摘するマンチェスター・ユナイテッドの放出候補!

夏にむやみに戦力を放出せず、多少ダブつかせながらプレミアリーグ開幕を迎えたのは、よかったと思っています。ズラタンとロホは長期離脱中で、フィル・ジョーンズはいつ壊れるかわからない状態。さらに一時はポグバ、キャリック、フェライニと3人もセントラルMFを欠きながら、強いペップのチームのすぐ下で踏ん張っているのは、チェルシー時代は贅肉のないスカッドで戦っていたモウリーニョ監督が選択肢を狭めずにチームづくりを進めてきた成果でしょう。マンチェスター・ユナイテッドは悪くないポジションで年末年始に突入できそうですが、これでも指揮官は戦力に不満があり、サイドのスペシャリストや本職のSBがほしいのかもしれません。

一方で、イギリスメディア「BBC」が、オールド・トラフォードの経営ボードは選手のサラリー総額を抑制したがっていると報じています。9月に発表された2016-17シーズンの決算では、選手やスタッフにかかる人件費が13.5%UPの2億6350万ポンド(約392億6000万ポンド)に膨らんでいます。「新しい選手を獲るなら、誰か出せ」。モウリーニョ監督の就任以来、デパイ、シュナイデルラン、シュヴァインシュタイガー、ルーニーと主力レベルを放出してきたものの、加わった選手が大物揃いで、サラリーに関してはコントロールする必要があるということのようです。記事が指摘している放出候補は、ルーク・ショーとフェライニ。腰を据えたレポートに定評がある「BBC」といえども、これはあくまでも「モウリーニョ監督の意に沿わない選手」「来夏で契約が切れる選手」は可能性が高いというだけのお話でしょう。プレミアリーグの試合がない季節のエンタメと笑ってスルーすればいいのですが、出してほしくない選手だけに、思わずむきになってしまいそうです。

2014年の夏に、10代の選手としてはプレミアリーグ史上最高額の2700万ポンドでセインツから加入したルーク・ショーは、縦にも中にも自在に出ていけるセンスあふれるSBで、将来はカイル・ウォーカーのような存在になるはずと期待していた選手でした。過去形になってしまったのは、2015年9月15日のチャンピオンズリーググループステージ初戦でエクトル・モレノのタックルが右足の踝に入り、シーズンを棒に振る無惨な骨折をするまでの私の想いだからです。その後のルーク・ショーはトップフォームを取り戻せず、今年の4月にはモウリーニョ監督にコミットメントまで咎められています。10月にはリザーブチームの試合でモチベーション不足を指摘されており、今季プレミアリーグでは未だに出番がありません

あくまでも、本人の問題です。出されても仕方がない状況だと思います。しかし私は、ファン・ハール監督2年めのプレシーズンから開幕にかけての輝きが忘れられません。何とか、復活できないものか。夏まで待っていただけないか。「トッテナムへの移籍を希望している」などというニュースが聞こえてくるたびに、何ともいえない焦燥感に駆られます。片やフェライニは、キャリックがスパイクを脱ぐであろうチームにとっては、必要な選手なのではないでしょうか。マティッチと並んで縦に入ってくる選手を追いかけまわすことができ、セットピースでは武器になるハートの強い男は、ここぞというときのカードとして必要でしょう。彼のメンタリティを買っているモウリーニョ監督は、手離さないのではないかと思われますが、守備力がある若いセントラルMFが獲れるとなった際には、再度放出候補となるかもしれません。

ズラタンやポグバ、ロホの復帰に加えて、トゥアンゼベやマクトミネイの成長も期待できるなど、これから戦力的な上積みがある今季は、新しい選手を加えるよりも攻撃戦術をしっかり固めにいったほうがいいのではないでしょうか。プレミアリーグで最も走らないチームが、サイドからのクロス、カウンター、セットピースの3点セット以外でもっとゴールが奪えるようになれば、チャンピオンズリーグで春まで残れる可能性が高まるでしょう。この冬は、ステイしましょう。移籍市場再開まで1ヵ月以上も前の記事に、目くじらを立てなくてもいいのではないかと思いつつ。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「スカイスポーツ」の記者が戦術分析!「マルシアルとラシュフォードは共存できるのか?」

これは、以前から気になっていたテーマです。「Anthony Martial and Marcus Rashford are vying for one spot at Manchester United(アントニー・マルシアルとマーカス・ラシュフォードはマンチェスター・ユナイテッドでひとつのポジションを巡って争っている)」。イギリスメディア「スカイスポーツ」のニック・ライト記者が問題提起しているのは、2人の共存の可能性です。19歳のラシュフォードは、プレミアリーグでは7試合2ゴールながら、CLとカラバオカップで3発決めて11試合5ゴール4アシスト。21歳のマルシアルは、プレミアリーグでは先発が1試合しかなかったにもかかわらず6試合で3ゴールを決めており、カップ戦も入れれば9試合5ゴール6アシストと貢献度は絶大です。

数字だけ見れば、両者ともスターターとして使いたくなるところですが、モウリーニョ監督のファーストチョイスはラシュフォードとファン・マタ。彼らが一緒にピッチの上でキックオフを迎えたのは、カラバオカップ3回戦のバートン・アルビオン戦のみ。この試合では、ラシュフォードが2ゴール、マルシアルも60分に4点めをゲットしています。レベル差があったこの試合だけをとって、「共存は可能」とするのは早計です。実際のところはどうなのでしょうか。この問題は、いろいろ悩ましいポイントがあり、ベストイレブンを選べば終わりというわけにもいきません。私が気になっていることを、ざっと列挙してみます。

・ラシュフォードをセンターで使いたいが、プレミアリーグ7試合7ゴールのロメウ・ルカクはアンタッチャブル。4-3-3や4-2-3-1で戦う限りは19歳はサイド起用だが…
・バルセロナやアーセナルが狙っているといわれるマルシアルの先発機会を増やしたいが、しっかり上下動を励行するラシュフォードがスタメン、マルシアルはスーパーサブという明確な序列でいいのか
・マルシアルとラシュフォードを両サイドに置く形もありえるが、2人とも右に入ると普通の選手になる印象がある
・変化をもたらすパスワーク、裏への飛び出し、中に入る動き、勤勉なチェイスと武器が多いマタは外しがたいが…
・今季プレミアリーグで5アシストのムヒタリアンは絶好調で、これも外しがたいが…
・ズラタンが戻ってきたら…⁉重戦車2台の4-4-2はあるのか?マルシアルとラシュフォードはどう使われるのか?

ニック・ライトさんは、「フリースコアリングのルカクがCFのポジションを手に入れたことは驚きではない」「チャンスメイク数でプレミアリーグ3位、アシスト数で2位のムヒタリアンがNo.10のポジションを確立しているのも驚きではない」としながら、モウリーニョ監督が右にマタを起用しているのは興味深いと記述しています。マン・ユナイテッドの8番は、プレミアリーグ7試合1ゴールでアシストはゼロ。クラブOBのライアン・ギグスさんは、「(マルシアルとラシュフォードが)同じチームでやれることは明確だが…」と疑問を呈しています。

こうした見方に対して、「スカイスポーツ」のアナリストの最終的な見解は、「バレンシアのオーバーラップが右サイドからの攻撃に幅を持たせており、彼のためにスペースを作るマタのバランス感覚はモウリーニョにとって必要不可欠」。速いアタッカーがいる左サイドでは、ブリントやアシュリー・ヤングがオースドックスなSBとしての役割を果たし、右では速さをバレンシアに求めてマタは彼や中央を活かすことに徹していると分析しています。これはこれで納得いくのですが、マルシアルとラシュフォードの共存は可能か?という問いの答えにはなっていないように思います。ラシュフォードやマルシアルにはマタの役割は果たせないといいたいのかもしれませんが、「左とトップ下にラシュフォードとマルシアル、右にムヒタリアンあるいはマタ」というオプションはないのでしょうか。

速い3人が2列めに入るフォーメーションは、左右と中央がめまぐるしくポジションチェンジを繰り返す流動的なアタックを実現できればおもしろいのではないかと思います。バレンシアと左SBの攻め上がりが抑えられ、カウンター勝負となりそうなリヴァプール戦こそスピードスターの共存のチャンスと考えていたのですが、いかがでしょうか。先制して逃げ切るという目論見は同じながらも、先に奪うことに目がいく私に対して、モウリーニョ監督は先に奪われないことを優先するのでしょうが…。本日のスタメンは、たぶんマタとラシュフォードでしょうね。それはそれで、いいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ