正式就任濃厚!? 現地メディアが伝えるスールシャール監督の補強&売却リスト!

プレミアリーグ13試合10勝2分1敗、チャンピオンズリーグでは、パリ・サンジェルマンを下してベスト8進出。ホームで2点差以上で敗れた後、逆転に成功した史上初のクラブとなりました。ジョゼ・モウリーニョ監督が解任となった17節では、4位チェルシーに11ポイント差だったチームは、3位トッテナムとのギャップを3ポイントに詰めています。パリを倒した直後から、オーレ・グンナースールシャール暫定監督が来季から正式に指揮を執る見通しと伝えられていますが、時が経つにつれて、ノルウェー人指揮官がそのまま残るという報道の中身がリアルになっています。

「デイリー・ミラー」は、スールシャール監督がエド・ウッドワードCEOに来季の補強リストを提出したと報じています。記事によると、最重要ターゲットはドルトムントのジェイドン・サンチョ。プレミアリーグデビューを果たすことなくマンチェスター・シティでのキャリアを諦め、海を渡った18歳を獲得できれば、心おきなくアレクシス・サンチェスを売却することができるという算段でしょうか。

「talk SPORT」は、サンチョの他にも3人の選手がリストアップされていると伝えています。クリスタル・パレスでブレイクした右SBワン・ビサカ、ナポリのCBクリバリ、バルセロナでレギュラーの座が危うくなっているイヴァン・ラキティッチ。「メトロ」が報じたスールシャール監督の希望ポジション「左右のSB、攻撃的MF、右のウインガー」とほぼ符合する顔ぶれですが、モウリーニョ時代から懸案だったCBもターゲットとされており、「デイリー・スター」はマグワイア獲得に6500万ポンド(約94億円)を用意していると報じています。「ザ・サン」が煽る候補はレアル・マドリードのトニ・クロース。スペインからMFが来ることになれば、フレッジは居場所を失うかもしれません。

「デイリー・スター」は売却リストのほうも取り上げており、入団以来のプレミアリーグで29試合3ゴールと振るわなかったチリ代表のアタッカーに加えて、契約延長をしなかったアントニオ・バレンシア、2試合しか出番がなかったマルコス・ロホの名前を挙げています。資金力があるゆえ、移籍ゴシップのネタにされやすいクラブではありますが、現地メディアの報道は同じ方向を示しています。「大型補強を敢行する予定」「SB、ウインガー、MF、CBを物色中」「何人かのベテランを放出」といったあたりは、クラブサイドから漏れ聞こえてきているのでしょう。暫定監督がプレミアリーグ4位以内を達成すれば、1年前はおとなしかったマンチェスター・ユナイテッドが夏の主役となりそうな雲行きです。

直近のプレミアリーグで4勝1分と調子を上げているアーセナルを捲るのは難しそうですが、停滞しているトッテナムとチェルシーの上にいくというミッションはリアルです。スールシャール監督は、望み通りの結果と来季の椅子を手に入れることができるでしょうか。チャンピオンズリーグを戦うラシュフォード、ルカク、ポグバを観続けたいと願うサポーターとしては、落ち着かない日々が続きます。マンチェスターダービーとチェルシー戦に勝てれば…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

選手たちが絶賛する手綱さばき…スールシャール監督が来季の契約を結ぶと現地メディアが報道!

冷静ではないのは認めますが、冷静になれる気分ではないと言い訳させてください。プレミアリーグ12試合で10勝2分、FAカップはアーセナルとチェルシーをアウェイで連破してベスト8。チャンピオンズリーグのラウンド16では、オールド・トラフォードでパリに唯一の敗戦を喫しましたが、パルク・デ・プランスで披露した奇跡的な大逆転劇でなかったことになりました。公式戦14勝2分1敗。「デイリー・ミラー」の記事に誘われ、思わず大声で叫んでしまいました。「来季もスールシャールでしょう!」。ジョゼ・モウリーニョの後を継いだ白髪まじりのベイビーフェイスが、正式に監督に就任する見通しと報じられています。記事によると、スールシャール監督の年俸はジョゼ・モウリーニョの半額程度となる750万ポンド(約11億円)。選手たちの評判は上々で、来季も彼とともに戦うことを疑う選手はいないようです。

「みんなオーレを愛している。彼がやってきた仕事も大好きだね。私たちは、今起こっていることすべてを楽しんでいる。ちゃんと結果が出てるしね」(ルーク・ショー)
「彼のやり方は信じられないぐらい素晴らしい。われわれは、短期間で成果を挙げることができた。私はあくまでも選手で、決めるのはオーナーやディレクターだけどね」(アシュリー・ヤング)
「他に何をしなければならないというんだ?(スールシャール監督の正式就任は)決まりだと思う。彼はそれを手に入れるべき。われわれのゲームを見れば、わかるだろう。疑いの余地はない。彼は留まりたいし、選手は彼に留まってほしい。彼は若いコーチで、若い選手もいるので、将来的にトロフィーを獲得するためには絶好の環境だろう」(ロメウ・ルカク)

4-3-3、5-4-1、4-2-3-1、4-4-2、3-5-2。相手や戦況によって巧みに布陣を変え、チームを勝利に導いてきたスールシャール監督の強みを3つ挙げるとすれば、「ポジティブ」「明快」「人心掌握術」ではないでしょうか。パリ・サンジェルマン戦を振り返るアシュリー・ヤングの言葉には、指揮官へのリスペクトが込められています。「私たちにはゲームプランがあった。自分たちがするべきことを全員がわかっていた。必要な時だけポゼッションを取り、ボールを前に運べた」。レギュラーのMFが全員いなかったチームは、試合中のフォーメーション変更をスムーズにこなし、混乱するシーンはありませんでした。

自分たちの弱点克服にフォーカスしたミニゲーム中心のトレーニングは、選手に気に入られている」。ロメウ・ルカクが指摘するのは、スールシャール監督の指示の明快さと、選手たちをほめるのが上手であることです。「彼にはプランがあった。私がイレブンに戻るためには鋭さを取り戻す必要があり、3~4週間かけてインターバルワークとフィニッシュのトレーニングを行った。今はフィットしたといい切れる」「彼は攻撃的なサッカーを志向しており、若手に自信を与えている。時に厳しいけど、適切なタイミングでほめてくれるんだ」。明確なコンセプト、柔軟な戦術、ポジティブな雰囲気がチームに浸透することによって、選手たちが迷いやストレスを払拭したのがチャンピオンズリーグの勝利につながったのだと思います。

スールシャール就任後、プレミアリーグ12試合8ゴール6アシストとポグバは絶好調。トップに戻されたラシュフォードはプレミアリーグ6ゴール&CL1ゴール、コンディションが上がったルカクも6ゴール&2ゴールで、前任者がめざさなかった理想的な両立が実現しています。「来季もスールシャールでしょう!」。そう叫んだのは、私だけではないはずです。攻撃力が上がったマンチェスター・ユナイテッドは、勝負強さも取り戻しました。プレミアリーグ、CL、FAカップと3つのコンペティションに夢を残しているチームは、スールシャール正式就任の報が届けば、さらに団結するのではないでしょうか。「私はあくまでもサポーターで、決めるのはオーナーやディレクター」ですが、4月を待たずにうれしいニュースが届くことを願ってやみません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

勝つのはクロップか、スールシャールか⁉ マンユナイテッドサポーター目線のマッチプレビュー!

Man Utd vs Liverpool: Essential reading」。日曜日に行われるプレミアリーグ27節の注目の一戦、マンチェスター・ユナイテッドVSリヴァプール戦を前にして、現地メディアが盛り上がっています。冒頭のタイトルは、「スカイスポーツ」の大特集より。それぞれの戦術、絶好調ラシュフォード、デ・ヘアVSアリソン、プレミアリーグ制覇に向かう上位のプレッシャー、モウリーニョ監督が解任に追い込まれた前回の対戦以降のスタッツなど、18のコンテンツを掲載する力の入れようです。サポーターがついついアツくなってしまうのは、「combined XI」でしょう。両チームの選手をミックスしてベストメンバーを創るという箸休め的コンテンツなのですが、フィル・トンプソン氏が最終ラインを全員レッズにしているのを見て肩を落としたり、ルーク・ショーを使ったポール・マーソン氏に「そこはロバートソンだろ!」と逆ツッコミを入れたりと忙しいことこのうえなし。私の11人は、こんなメンバーです。

デ・ヘア、アシュリー・ヤング、リンデロフ、ファン・ダイク、ロバートソン、ワイナルドゥム、ポグバ、ミルナー、サラー、ラシュフォード、マネ。いやー、やっぱり難しい。アリソン、アーノルド、エレーラ、マティッチ、フィルミーノと外しづらい選手が5人もいて、涙目です。遊びながら、あらためてクロップ監督のコメントにうなずきました。「オーレはほとんどすべてを変えた」。12月のプレミアリーグ17節で3-1と完敗しましたが、当時はデ・ヘアやポグバすら選べなかったと思います。

さて、そろそろ本題に入りましょう。オールド・トラフォードで開催されるゲームは、こちらから見ればリベンジマッチ。あちらにしてみれば、プレミアリーグ制覇をめざすうえで落とせない一戦ということになるのでしょう。ゲーゲンプレッシングが冴える堅守の強豪相手に、オーレ・グンナー・スールシャール監督がどんな戦い方で挑むのか。勝負のカギを握るのは誰なのか。マンチェスター・ユナイテッドのサポーター目線で、ゲームの展開を占ってみたいと思います。

GKデ・ヘア、最終ラインはアシュリー・ヤング、スモーリング、リンデロフ、ルーク・ショーでしょうか。中盤はポグバ、マティッチ、エレーラの一択。パリ・サンジェルマン戦で、リンガードとマルシアルの負傷リタイア以降にサイドがおかしくなったことを思い出せば、復帰するといわれている2人とラシュフォードが前線に張る布陣にしたいといころです。勝つための最大のポイントは、レッズの3トップに縦パスを入れさせないことだと思います。マネのサイドは、ここぞという試合でハードマークが光るアシュリー・ヤングとエレーラがいますが、サラーとアーノルドが仕掛けてくるサイドが不安です。ボックスのコーナーまで入ってきたサラーに速いパスを通されれば、縦突破からのグラウンダーと斬り込んで放つシュートを両方ケアしなければならなくなります。

ルーク・ショーが自陣に釘付けとなり、マティッチまで加勢して左をケアする形になれば、ポグバも高いポジションに残るわけにはいかなくなります。モウリーニョ解任以降のプレミアリーグ9試合で8ゴール5アシストの6番が、いかに自由になれるかが2つめのポイントです。自陣からでも1発でカウンターを成立させてしまうポグバのロングフィードは、リヴァプールにはない飛び道具です。彼のプレイを制限するべく、クロップ監督はミルナーかワイナルドゥムを右にまわしてくるものと思われます。ファン・ダイクがいないほうから崩したいホームチームは、ラシュフォードが左に流れるシーンが増えるはずです。サラーがサイドを制圧するか、ポグバがその背後から押し返すか。マルシアル、ルーク・ショー、アーノルドらも加わるこのエリアが、最高にアツい戦場と化すのではないでしょうか。

敵陣で奪ったレッズが縦パスからショートカウンターを連発できればダブル達成。ポグバからラシュフォード、マルシアルへのボールがつながり、CBの裏を取れれば年末の惨敗のリベンジを果たせるでしょう。セットピースも、マンチェスター・ユナイテッドの武器になりえるでしょう。ラシュフォードの鋭いキックやポグバ&スモーリングのストロングヘッドは、堅守レッズといえども対応に苦慮するのではないかと期待しています。

まとめると、こんな感じでしょうか。引いて構える4-3-3で、エレーラとマティッチが前線に入る縦パスをケア。奪ったらポグバとリンガードを探し、ラシュフォードやマルシアルを走らせるパスでCBと勝負。サラーが中に入ってきたらマティッチがチェックし、マネのドリブルはアシュリー・ヤングが対応。それでもダメなら「デ・ヘア、お願い!」。スールシャール就任後のプレミアリーグ8勝1分は堂々の首位、得点23失点6はリヴァプールを上回る数字です。「トッテナム、アーセナル、チェルシー、リヴァプールにすべて勝ったら、オーレ・グンナー・スールシャールを指揮官に任命しないのは不可能だ」。ガリー・ネビルさんがいっておりましたが、私もそう思います。現地時間の日曜日14時5分、キックオフが待ち切れません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

要求額は週給35万ポンド!? それでも残ってほしいダヴィド・デ・ヘアは契約延長間近?

週給35万ポンド(約5000万円)ですか!アレクシス・サンチェスやエジルを3万ポンド以上も上回るサラリーを要求していると伝えられているのは、マンチェスター・ユナイテッドの絶対的守護神ダヴィド・デ・ヘアです。昨季プレミアリーグで初めてのゴールデン・グローブに輝いた28歳のGKは、2018-19シーズンはアリソンより8つも少ないクリーンシート6回に留まっていますが、ここぞというシーンでの神セーブは健在。モウリーニョ監督の下では2回しかなかった完封勝利は、スールシャール監督の下で4回と倍増しており、次のクリーンシートが記念すべきプレミアリーグ通算100試合めとなります。

マンチェスター・ユナイテッドは、最も手離したくない選手に早くから契約延長を持ちかけているものの、チームが不振だった秋には話が進まず。スールシャール就任後の快進撃で(あるいはジョゼ・モウリーニョの退団で?)、デ・ヘアが新しい契約の締結に前向きになり、選手の条件をクラブが呑めば合意に至るといわれています。5年契約なら、サラリー総額は9000万ポンド(約128億円)。中堅クラブの年間予算と同じ規模のビッグな契約が実現すれば、スペイン代表GKはプレミアリーグでキャリアを終えることになる可能性が高まります。

近年、プレミアリーグのTOP4争いが定位置となったクラブは、デ・ヘアに何度救われたことか。2018-19シーズンのハイライトは、スールシャール体制で初めての上位対決となったプレミアリーグ22節のトッテナム戦でしょう。1月13日にウェンブリーで行われたこの試合で、前半終了間際にラシュフォードのゴールで先制したマン・ユナイテッドは、後半になるとスパーズの猛攻に耐える時間が続きました。デ・ヘアのセーブはセカンドハーフだけで11回。1試合に4回も足でストップしたGKは過去にいないそうです。足元のテクニックではエデルソンやアリソンが上かもしれませんが、ショットストッパーとしてはデ・ヘアがNo.1でしょう。14歳までやっていたフットサルが、瞬時に足が出る独特のゴールキーピングの礎となっているのだと思われます。

マーカス・ラッシュフォード、ファン・マタ、アンデル・エレーラとの契約延長を目論んでいるマン・ユナイテッドですが、バイエルン・ミュンヘンをはじめとする海外の強豪から関心が集まる守護神との新契約が最優先事項です。2017年12月2日のアーセナル戦で、プレミアリーグ史上最多の1試合14セーブを記録した男は、サラリーでも最高額の座を手にすることになるのでしょうか。デ・ヘアの話になると頭に血が上ってしまう私は、契約延長間近と煽る記事を見るたびに「いくら払ってもいいから早く延長してくれ!」と叫んでしまいそうになります。彼のおかげでプレミアリーグ4位に食い込んだといっても過言ではないシーズンもあり、年間26億円の出費は安いと思うのですが、いかがでしょうか…?


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リンガード&マルシアルが欠場…スールシャール監督がチェルシー戦で選ぶ布陣に注目!

CLでパリに敗れたマンチェスター・ユナイテッドとオーレ・グンナー・スールシャールにとっては大事なゲームです。現地時間の2月18日19時30分、スタンフォード・ブリッジでチェルシーと激突するFAカップ5回戦。プレミアリーグ26節のマンチェスター・シティ戦で6-0と大敗した後、スウェーデンで行われたマルメとのヨーロッパリーグをかろうじて勝ったサッリ監督にとっても、負けるわけにはいかない一戦でしょう。両チームの指揮官は、「プレミアリーグでTOP4に残れば、来季も指揮を執れる」といわれており、裏を返せばひとつしかない椅子を逃したほうが舞台を去る可能性があるということです。今回の試合は、プレミアリーグ36節で予定されているシックスポインターの前哨戦という位置づけでもあります。

相変わらず負傷者が少ないチェルシーに対して、スールシャール監督のチームはリンガード、マルシアル、ダルミアン、バレンシア、ロホを欠いています。就任以来の公式戦で10勝1分という快進撃をストップされたばかりの指揮官は、チェルシー戦まで落とすとなると、連敗でプレミアリーグのリヴァプール戦を迎えることになります。「負けたからといって、慌てることはない。考え方が変わることはない。自分たちがやりたいこと続ければいい」「パリ・サンジェルマンは以前とは違う形で戦っていたが、勝負が決まったのは戦術ではなく個人のスキルによるものだった」。セットピースと速攻から2失点を喫したオールド・トラフォードのゲームについて、指揮官は戦術が間違っていたわけではないと強調しておりましたが、この試合は今後につながる2つの課題を突き付けられた一戦だったのではないでしょうか。

ひとつは、ジェシー・リンガードを欠いたときの戦い方。そしてもうひとつは、ロメウ・ルカクをどう活かすか。豊富な運動量で右サイドを支えていたリンガードがマタに代わると、ディ・マリアやヴェラッティはすかさずアシュリー・ヤングのサイドを攻めてきました。スールシャール体制になってから、リンガードが途中出場だった2試合はいずれも苦戦しており、ニューカッスル戦はGKドゥブラフカのミスとカウンターで何とか0-2勝利。バーンリー戦は先にゴールを決められてドローに終わっています。14番によって活性化していた右サイドを任せるのはマタか、あるいは…。このテーマは、次なる課題であるルカクの起用法とリンクしています。

スールシャール体制の最前線はラシュフォードで、ルカクが先発したゲームはバーンリー戦とFAカップのレディング戦&アーセナル戦のみです。ベンチスタートが増えたストライカーは、それでもボーンマス戦とニューカッスル戦で途中出場からゴールをゲット。FAカップのレディング戦でも追加点を決め、アーセナルとのゲームでは右サイドにまわって2アシストを記録しています。スールシャール監督は、リンガードとマルシアルがいないチェルシー戦をどんな布陣で戦うのでしょうか。トップはラシュフォードかルカクか、右サイドはルカクかマタか。アザールのケアはエレーラとアシュリー・ヤングに任せるとして、うるさいマルコス・アロンソを自陣に封じ込めておくためには、マタをマークに着かせるよりもルカクが裏を狙い続けるほうがいいかもしれません。

パリに完敗したゲームでは、スールシャール監督はルカクの投入を84分までためらいました。失点はディ・マリアの素晴らしいキックに対応できなかった守備の問題ですが、指揮官がルカクの早期投入で攻める姿勢を鮮明にしていれば、絶望的な2点差で終わることはなかったかもしれません。本日のチェルシー戦も、スールシャール監督の戦術と胆力が同時に問われるビッグマッチです。エミレーツで快勝したFAカップ4回戦の再現を期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ