「4バックに戻せ」「デ・ヘアは残せ」…熱きサポーターたちが、ファン・ハールに「待った」!

セインツ戦もQPR戦の前半も、ろくにシュートを打てずに苦しんでいたマンチェスター・ユナイテッド。サイド攻撃の数は少なく、中央にいるディ・マリア、ファン・ペルシ、ファルカオら最前線の選手へのパスコースは切られ、横パスをただまわす姿が目立ちます。ロフタス・ロードに陣取ったアウェイサポーターは、ついにしびれを切らし、「4-4-2」のチャントを大合唱し始めました。この日の布陣は、なぜかディ・マリアがトップでマタがその下、ルーニーはセントラルMF。運動量、守備力、長距離を一気に突破できるドリブル、遠めからのシュート力があるディ・マリアを前線で密着マークに晒す戦術では、彼の長所を活かしきれないのは明らかでした。

マンチェスター・ユナイテッドの3バックは、プレミアリーグ開幕当初は守備の脆さが非難されておりましたが、最終ラインの整備は進み、目下の課題は攻撃です。トッテナム、ストーク、セインツと続いたプレミアリーグ3試合でわずか1ゴール。ファルカオのゴールはCKからのもので、崩しによってゲットした得点はありませんでした。オールド・トラフォードで枠内シュートゼロと、セインツに手もなくクリーンシートを喰らったことで、ファン・ハール流3-4-1-2は既に槍玉に挙がっておりましたが、一向に改善しないQPR戦でついに爆発したわけです。選手が戦い方を熟知している4-4-2に戻せ、と。

この試合では、57分のジョニー・エヴァンスの負傷で指揮官は交代を余儀なくされ、代わって入ったジェームズ・ウィルソンがファルカオと並ぶ2トップ。ディ・マリアが1列下がり、最終ラインにバレンシア、フィル・ジョーンズ、ロホ、ダレイ・ブリントが並ぶ4バックにスイッチします。するとその1分後、後半頭から入ったフェライニが先制ゴール。ファーガソンの時代を思い出させるバレンシアのサイド突破をみて、中央に侵入してワントラップのシュートを叩き込んだフェライニの動きは、ポール・スコールズのようでした。身長は、ともかく。

私は、マンチェスター・ユナイテッドの現在の問題は、3バックよりも、前の「1-2」にサイドをフォローする狙いがないことだと思っています。4-4-2と3-4-1-2の大きな違いはサイドの人数です。同じ3バックでもリヴァプールの3-4-3にはウィンガーがおり、マルコヴィッチ、ララナ、アルベルト・モレノ、ヘンダーソン、マンキージョらを両サイドに2人ずつ配置しますが、3-4-1-2はサイドはひとり。昨季プレミアリーグを席巻したリヴァプールのスアレス・アンド・スタリッジ(SAS)のように、どちらかがサイドに張ってボールを呼び込むなどの工夫があればいいのですが、ファン・ペルシやファルカオは、セルフの判断で開くことはあっても、組織の意図としてサイド攻撃を支援するシーンはほとんどありません。相手より頭数が少ないサイドを抑えられ、中央に目を向けると、そこにはセントラルMFとCBが待ち構えており、あっという間に大渋滞。シュナイデルランとワニャマが並ぶセインツ相手に、完全に読まれている楔のパスを打ち続けるようでは、シュートが打てなくても仕方がありません。

一昨日、イギリスメディア「スカイスポーツ」が、マンチェスター・ユナイテッドにおける3バックと4バックの数字の差異を分析しておりました。今季プレミアリーグにおけるそれぞれの試合数は、3バック12試合、4バック10試合。勝率は3バックが42%、4バックでは60%。ゴール数は3バックが1試合あたり1.3、4バックなら2.0。3バック時の勝ち点平均は1.7、4バック時が2.0と、4バックのほうがいい数字が出ており、両者の差が得点力にあるのは明白です。余談ですが、マンチェスター・ユナイテッドがガレス・ベイルをプレミアリーグに呼び戻そうとしているという話が、ネタではなく事実だとすれば、ファン・ハール監督が思い描く完成型は、ディ・マリア左、ベイル右の3-4-3なのではないかと思います。そして、それが実現した時は、居場所を失ったファン・マタはスペインに戻ることになるでしょう。

そうそう、そうです。ベイルです。ちっとも余談ではありませんでした。イギリス紙「デイリー・ミラー」の記事によると、ベイル獲得の件についても、現地サポーターから「ちょっと待った!」が出ているようです。イギリスメディアに「デ・ヘアとベイルをトレード」という記事が出たことを受けて、サポーター団体「マンチェスター・ユナイテッド・サポーターズ・トラスト」が、Facebookで「デ・ヘア残留と、ベイル獲得&デ・ヘア放出とではどちらがいいか」というアンケートを実施したそうです。結果は、デ・ヘア圧勝。99%のサポーターが、守護神の残留を支持したそうです。

そりゃ、そうでしょう。単純計算ではありますが、今季のデ・ヘアは、ジエゴ・コスタやアグエロ、アレクシス・サンチェスらのゴール数を上回る数のビッグセーブ連発で、少なく見積もっても10をくだらない勝ち点をチームに積んでくれているのですから。「世界中で6億人以上いるファンの意見を考慮に入れるのは不可能だ」などとはぐらかしながら3-4-1-2には頑固なファン・ハール監督も、こちらについては同意見であると信じたいところ。私も声を大にしていいたいです。今後、15年に渡ってサポーターに激しく愛され続けるであろう絶対的守護神を出すなどという悲しい暴挙だけは、何としてもやめてください。1998-99シーズンのトレブル達成にはピーター・シュマイケル、2007-08シーズンの雨のモスクワでの欧州戴冠にはエドウィン・ファン・デル・サールという全幅の信頼をおける名手がいたことを忘れないでください、と。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ