ユース上がりを大量抜擢!”奇将”ファン・ハールが選んだラシュフォードと10数人の仲間たち

ルイス・ファン・ハールという指揮官については、名将と表現するより「奇将」というほうが的確なのかもしれません。あれだけの負傷者を出し、プレミアリーグやカップ戦にユース上がりの選手を大量にデビューさせても、クラブはプレミアリーグ4位争いの真っ最中で、ヨーロッパリーグとFAカップで残っているのですから力があるのは間違いありません。だからといって、ベストメンバーで戦ったら強かったかといえば、それでもプレミアリーグでは4位周辺をうろうろしていたのではないでしょうか。中盤やSBが揃っていたとしても、現在プレミアリーグ7ゴールで並ぶルーニー、マルシアルのゴール数が、アグエロやジェイミー・ヴァーディ並みに増えるとは思えません。

自分の好みに合わない選手を放出しすぎてトップチームを細らせ、年末からの長いスランプを招いたあたりに「ファン・ハールの限界」をみた一方で、ユース上がりのメンバーを駆使してアーセナルに勝ってしまうのが「ファン・ハールの底力」でもあります。今回は、稀代の奇将が起用してきた若手の顔ぶれをおさらいしつつ、その集大成ともいうべきマーカス・ラシュフォードについて、掘り下げて紹介させていただこうという趣向です。

今季のマンチェスター・ユナイテッドのベンチ入りメンバーを振り返ってみましょう。10節のマンチェスターダービーまでは、若手はそれなりにいたものの、プレミアリーグへの出場経験がない選手はGKサム・ジョンストンぐらい。昨季頭角を現したジェームズ・ウィルソンとバディ・マクネア、プレミアリーグ出場経験1試合だったリンガードとアンドレアス・ペレイラは、いずれも開幕前から今季の成長が期待されていた選手です。ファン・ハール監督のベンチに、フレッシュすぎる顔が登場した最初の試合は、10月31日のプレミアリーグ第11節クリスタル・パレス戦。アクセル・トゥアンゼベって…17歳ですよ!?昨季のクラブの最優秀若手選手ですが、U-21に上がったばかりなのに。そうです。すべては、ここから始まったのです。

次の事件は11月7日、ドリブルと高速クロスがウリの左SBボースウィック=ジャクソンがWBA戦でプレミアリーグデビュー。13節のワトフォード戦では、実は記念すべき出来事が起こっていたのです。マーカス・ラシュフォード、初のベンチ入り!この時期からショーン・ゴスと一緒に18歳のストライカーを呼んでおり、ジェームズ・ウィルソンをローンに出したことを重ね合わせると、先週のヨーロッパリーグでの起用は窮余の策ではあれど、思いつきではないことがわかります。ラシュフォードは、首位レスターとのゲームもベンチで見守っておりました。

15節のウェストハム戦でヴァレラ、12月8日のチャンピオンズリーググループステージ最終戦では、これまで欧州では決してやらなかった若手大抜擢に手を染めます。ヴァレラがスタメン、負傷したダルミアンの代わりはマクネアではなくボースウィック=ジャクソン、マタをニック・パウエルにチェンジという大事件。若手育成力に定評があるポチェッティーノ監督でも、負けられないゲームでエリクセンをオーダワなどという交代はしないでしょう。これぞファン・ハール基準。ここからは、毎ゲーム誰かしらがいるので、追いかけるのはやめましょう。ユース上がりの選手がいなかったのは、年始のスワンズ戦のみです。

あらためて、今季の「プレミアリーグ出場経験がなかったベンチ入り選手」を並べてみます。サム・ジョンストン、ギジェルモ・ヴァレラ、ボースウィック=ジャクソン、ドナルド・ラブ、アクセル・トゥアンゼベ、ニック・パウエル、ショーン・ゴス、ウィル・キーン、ジョー・ライリー、フォス=メンサー、ジェームズ・ウィア、そしてマーカス・ラシュフォード。いやいや、たった4ヵ月ですごいことになっていました。恥ずかしながら、ラシュフォードについては、野戦病院開設中の人数合わせとしか見ていませんでした。ここからは、突然現れた18歳の彗星について、あわてて調べた若干付け焼刃な情報を披露させていただければと思います。

地元クラブのフレッチャー・モス・レンジャーズ出身ということで、同じ1997年生まれのボースウィック=ジャクソンとはその頃からの知り合いだったようです。日曜日の試合でラシュフォードに負けじとゴールを決めたウェルベックも、ここから出ている選手ですね。昨季まではU-18のチームに所属しており、25試合で13ゴール。リザーブチームに昇格したのは今年の9月で、そこから2ヵ月でトップチームのベンチ入り、さらに3ヵ月で驚愕のヨーロッパリーグ&プレミアリーグ4ゴールです。アントニー・マルシアルがミッティラン戦の試合直前のアップでハムストリングを痛めていなかったら、ヴェンゲル監督がラシュフォードを覚えることもなかったかもしれず、人間、何が幸いするかわかりません。

ちなみに、彼の週給は8万円ほどだそうで、年収に直すと400万円とちょっと。ボーナスを入れても、ニッポンの中堅サラリーマンと大して変わらず、プレミアリーグのゴール数で並ばれてしまったメンフィス・デパイは相当気合いを入れないといけません。

それにしても、アーセナル戦のファン・ハール監督にはびっくりさせられました。ロホが負傷したとき、ベンチにマクネアと本職SBのジョー・ライリーがいたのに、プレミアリーグ初出場となるCBのフォス=メンサーをSBコンバートとは!ええと、相手はバイエルンに勝ったプレミアリーグ優勝候補ですよ!?…奇将には、お願いが2つあります。アーセナル戦という大ピンチを若手に助けられて乗り切ったのですから、この勢いでチャンピオンズリーグ出場権を獲得してください。そしてもうひとつ。隠し玉は、あと何人いるのですか!?これ以上、ファンや関係者をびっくりさせないよう、早めのご紹介をお願いいたします。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

計画性が感じられればもっと評価されるんでしょうけど汗
ちなみにオススメの選手教えて下さい!
  • por
  • 2016/03/01(Tue)11:11:53
  • 編集

コメントありがとうございます。

porさん>
ラシュフォードはおいといて、私が注目しているのはボースウィック=ジャクソン、フォス=メンサー、アクセル・トゥアンゼベです。いずれも体ができてくれば、トップチームでがんがんやってくれるでしょう。前の選手がもっと出てくるとよいのですが。まだ出てきていない選手から、カラム・グリビンとミッチェルに期待しています。
  • makoto
  • 2016/03/01(Tue)11:27:10
  • 編集

無題

初めまして。
ファンハールのダイブ芸コラを探してるうちに何故かこちらに辿り着き、面白く読ませて頂きました。

莫大な補強費をかけておいて活躍するのはアカデミー上がりの若手、という構図にベイル退団以降のスパーズに近いものを感じました。

一方でルーニーの負傷が心配です。
手術が必要な場合はEURO欠場やむなしだとかで、その場合ケインやヴァーディと共にラシュフォードが選出されることもあるかもしれませんね。
ホジソンはビッグクラブでスタメンとったイングランド人はすぐ呼びたがる傾向があるので。笑
  • あすえこと
  • 2016/03/01(Tue)11:52:32
  • 編集

そうか!

このラシュフォードの奇跡のような大抜擢・大成功も、その遙か手前の11月に彼をベンチ入りさせて、トップチームとの練習・交流と言う下地をキッチリ作り上げていたルイの、魔術的とも言うべき若手発掘能力が導いた功績だったと言うワケですねー!ドワァアアァァー!!

や、何かもう凄く感動しました。この記事が読めて良かったです。『キセキ』と言う言葉の中には、単なる偶然を超えた人智の必然が介入することがある。
その事実に触れたような、小説的な感動が味わえましたよ。ありがとう。
  • サンドバック
  • 2016/03/01(Tue)12:00:46
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
こうしてみるとファン・ハールは若手を積極的に登用してますよね。他のコメントにもありましたが、計画性があるともっと面白いチームになる感じがしますが、、、。それでも5位に位置しCLの望みがありんですから、ファン・ハールは優秀だと思います。
  • Macki
  • 2016/03/01(Tue)12:23:19
  • 編集

無題

新星の活躍って続かないものですからね、ラッシュフォードにユナイテッドサポーターとしてしてあげられる事と言えば、あまり騒がないことだと思います
  • グローリーグローリー
  • 2016/03/01(Tue)12:39:26
  • 編集

無題

アヤックス時代のように若手軍団路線でいけば良いんじゃないですかね?笑
勢いがありますし。
大型補強をほどほどにして若手を育成してくれるならファン・ハールのままでも良い気がします。(CL出場権付きで)

無題

グローリーグローリーさんの意見に私も賛同します。今回若手が活躍したのは非常に喜ばしい事ですが、それは怪我人が続出した事による副産物である要素が非常に高いと思います。
要はこれからです。怪我人が復帰してから若手とミックスしてチームを最適解に導けるのか、そしてそれを継続出来るのかがファン・ハールの課題になるでしょう。
ただ本当に嬉しいのはユナイテッドの下部組織が枯渇していなかった事です。これから彼らが中心になって行くかは分かりませんが、彼らの可能性を見せてくれた事をファン・ハールには感謝したいですね。あらゆる意味でこれからのユナイテッドに期待したいです。
  • parliament
  • 2016/03/01(Tue)23:31:42
  • 編集

コメントありがとうございます。

あすえことさん>
確かに、スパーズっぽい展開になってきました。ラシュフォードがユーロは、相当なシンデレラですね。盛り上がるよりも怖さが先にたってしまいます。

サンドバックさん>
ありがとうございます。ファン・ハールさんは、マメにユースをチェックしているようですね。U-21で出てない選手をよく見つけてきたなと思います。

Mackiさん>
いい監督だと思うのですが、ときどきトップレベルの選手とバチバチやってしまうのが玉にきずです。若手発掘は素晴らしいんですけどね…。

グローリーグローリーさん>
確かに。サポーターは落ち着かないと、ですね。

ユナイテッドさん>
おお、なるほど。12月からついこないだまでのサッカーを思い出すと複雑な気分ですが…。

parliamentさん>
来季の監督をどうするかはともかく、ファン・ハールさんに感謝したいというご意見にはとても共感します。いい若手が出てくると、元気出ますね。
  • makoto
  • 2016/03/02(Wed)10:50:15
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ