何かと微妙…ガリー・ネビル氏が発表!「私が監督ならマンチェスター・ユナイテッドはこの11人」

「私がスカウトなら、彼はここにいたはずだ。髪を引っ張って『行くぞ』と言ってやりたかった」。レナト・サンチェスをバイエルンにさらわれたことを悔やむリオ・ファーディナンドさんを筆頭に、何かとOBがうるさいマンチェスター・ユナイテッドですが、「監督はやりにくいだろうな…」と、モウリーニョさんのお気持ちを案じつつ、クラブ愛が強い方々があれこれいってくれるのは悪いことではないと自分に言い聞かせております。選手のやる気を削ぐような話でなければ、多少の外圧は奮起を促すドリンク剤にもなるでしょう。いや、しかし、これは…。

プレミアリーグ5勝3分3敗、上位に離された6位と苦しんでいるマンチェスター・ユナイテッドについて、「スカイスポーツ」評論家のガリー・ネビルさんが「もし自分が監督だったら…」と、レギュラーメンバーを選定したと報じられました。このニュースは、ツッコミどころ満載です。2015-16シーズンのバレンシアで3勝6分8敗、4ヵ月ももたずに指揮官解任となったネビルさんに、「監督だったら」は当面NGワードだと思っていたのですが、ご本人は気にしていないようです。そしてまた、選んだ11人が、格好のゴシップネタになりそうな面々。この手の話には、当然「ザ・サン」が食いつきます。「Gary Neville names his best Manchester United XI – and there are TWO shock omissions(ガリー・ネヴィルは、彼が思うベストなマンチェスター・ユナイテッドの11人を指名した。そこには2つの衝撃的な落選が…)」。ほらほら、こうなっちゃうじゃありませんか!いえ、失礼しました。メンバーを見てみないと、何のことやらわかりませんね。まずは、こちらをご覧ください。


【ガリー・ネビルが監督として選んだプレミアリーグ2016-17のマンチェスター・ユナイテッド】
GK/ダヴィド・デ・ヘア
DF/アントニオ・バレンシア、クリス・スモーリング、
  エリック・バイリー、ダレイ・ブリント
MF/アンデル・エレーラ、マイケル・キャリック、
  ポール・ポグバ
FW/ヘンリク・ムヒタリアン、アントニー・マルシアル、
  マーカス・ラシュフォード


現地タブロイド紙は、「イブラヒモヴィッチとルーニーがいない!」と、鬼の首を取ったように囃しているのですが、私は「なぜマタを外す!?」と別な角度から突っ込んでしまいました。いや、いいんですよ。評論家の方がサッカーについて自説を主張するのは、それこそが商売ですから。ガリー・リネカー氏が、「次の試合にシュヴァインシュタイガーが起用されたら、『マッチ・オブ・ザ・デイ』にパンツ一丁で出演する」などと外野感たっぷりに明るく宣言するぶんには、「絶対やってくださいね!」と笑って流しておしまいです。しかしながら、ネビルさんはOBです。その発言は、少々重めです。ましてや、「私が監督だったら…」なんてつけたら、今の監督どうなんだ的なニュアンスが漂ってしまい、痛くもない腹を探られかねないではないですか。「私の好きな11人」とライトにいくか、「リヴァプールやマンチェスター・シティのようなサッカーを志向するなら」ぐらいの但し書きをつけてやっていただかないと、意図しないところで同業者を喜ばせてしまいます。

と、いいつつ、この11人に込められた意図はわかるんですよね…。私なら、左SBをルーク・ショー、エレーラはマタにしますが、現在のプレミアリーグを席巻している「走るサッカー」「速いサッカー」にシフトするなら、スピードのあるアタッカーを前線に配してパスが出せる選手で中盤を固めたくなります。コンテ監督の3-4-3に当て込んだチェルシーバージョンも作ってみましょうか。


【プレミアリーグ2016-17のマンチェスター・ユナイテッド~チェルシー仕立て】
GK/ダヴィド・デ・ヘア
DF/クリス・スモーリング、エリック・バイリー、ダレイ・ブリント
MF/アントニオ・バレンシア、マイケル・キャリック、
  ポール・ポグバ、ジェシー・リンガード
FW/ヘンリク・ムヒタリアン、アントニー・マルシアル、
  マーカス・ラシュフォード


おや、マタが消えてしまいました。今のマンチェスター・ユナイテッドの顔ぶれなら、3-4-3よりも4-3-3のほうが機能しそうです。速さを取るならラシュフォードですが、ズラタン・イブラヒモヴィッチのシュート力と身体能力は未だ衰えず驚異的で、彼を活かしながらの4-3-3もあると思います。ルーニーもまた、シュートを貪欲に狙う姿勢を取り戻すか、プレイスピードを上げれば必要なのですが、調子の問題もあるのか、トップ下でもセントラルMFでも65点の選手になってしまっています。現在の4-2-3-1は、ポグバの攻め上がりを活かしきれず、サイドアタッカーの守備の負担も大きく、トップ下とストライカーの関係も曖昧で攻撃をうまく組み立てられていません。

とはいえ、ここはモウリーニョ監督にがんばっていただくしかありませんが、FAカップ、ヨーロッパリーグ、EFLカップ、プレミアリーグとスケジュールが立て込む(はずの)年明けに向けて、ラシュフォードをトップに据える形も試したほうがいいのではないでしょうか。いきなりですが、次のアーセナル戦でいかがですか?ラシュフォードが2点ぐらい決めてくれるような気がしてならないのです。どこかでそんな試合を観たような…。ネビルさん、監督だったら、どうします!?(ガリー・ネビル 写真著作者/University of Salford Press Office)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

奪ったら相手の守備が整う前に攻撃するチームがほとんどですよね
なのでスピードのあるラッシュフォードをトップで起用してほしいですが
今季すでにトライしましたっけ?

さすがのイブラも衰えているのでは・・・
  • シティふぁん
  • 2016/11/16(Wed)22:29:37
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティふぁんさん>
プレミアリーグでは、ラシュフォードTOPはないですね。イブラヒモヴィッチは、多少は衰えはあるのかもしれませんが、随所にさすがと叫びたくなるプレイはあり、攻撃がうまく流れるようになればさらに決めてくれるものと信じております。
  • makoto
  • 2016/11/19(Sat)19:27:46
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティふぁんさん>
プレミアリーグでは、ラシュフォードTOPはないですね。イブラヒモヴィッチは、多少は衰えはあるのかもしれませんが、随所にさすがと叫びたくなるプレイはあり、攻撃がうまく流れるようになればさらに決めてくれるものと信じております。
  • makoto
  • 2016/11/20(Sun)02:06:58
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ