サー・アレックス・ファーガソンが提言!「マンチェスター・ユナイテッドはELを獲りにいくべき」

「ESPN」が報じていたサー・アレックス・ファーガソンのご意見に共感します。今季のマンチェスター・ユナイテッドは、ヨーロッパリーグを勝ちにいく。決してプレミアリーグを捨てるというわけではありませんが、国内の上位対決と欧州が続いたときに、どちらに照準を合わせるかといえば、欧州を優先すべきという見解です。サー・アレックスは、こんなことをおっしゃっています。「ヨーロッパリーグで初優勝するのはクラブにとって意義のあること」「欧州大会のトロフィー獲得は、ビッグイヤーでなくても素晴らしい。クラブの歴史がさらに厚くなる」「ましてやチャンピオンズリーグ出場権というインセンティブがあるのだから」「何といってもセヴィージャがいない。絶好のチャンスだ」。最近になって、モウリーニョ監督もELに色気を出し始めていますが、2人のニュアンスは若干違うのではないでしょうか。サー・アレックスが「純粋に勝ちたい」「名誉である」と考えているのに対して、現在の指揮官のほうは「来季のチャンピオンズリーグに出場するルートとしてのEL」でしょう。

「来シーズンのチャンピオンズリーグで戦うために、2つの扉が開いているのはいいことだ」「ヨーロッパリーグを勝てば、チャンピオンズリーグに出場できるからね。名声やUEFAスーパーカップの出場権も得られる」(ジョゼ・モウリーニョ)

内容的には重なっているのですが、勝つことの目的・意味、名誉と実利の重みづけの違いが感じられます。損得勘定に長けた指揮官は、1ヵ月前まで「ヨーロッパリーグはわれわれが戦いたい大会ではない」と主張していたのですが、ここにきてプレミアリーグで4位に入るのは難しいと考え始めたのではないかと思われます。

ここまで読んで「両方取りにいけばいいんじゃないの?」と思った方、おっしゃるとおりで、それができれば最高です。しかし、今のマンチェスター・ユナイテッドには両立は困難だと思います。オールド・トラフォードで戦ったプレミアリーグ14試合の半分をドローで終わらせているチームが、残り11試合を8~9勝でフィニッシュすると計算するのは楽観的に過ぎるでしょう。スケジュールを見ると、木曜日にELを戦った直後に、ロンドン勢が待ち構えている週末が3つもあります。しかも、ノーズロンドンの2戦はいずれもアウェイ。ついでにいえば、アンデルレヒトとのEL準々決勝セカンドレグを終えた後は、ホームで9勝2分3敗の難敵バーンリーです。次戦のマージ―サイドダービーをもって、TOP7とのゲームがずべて完了するリヴァプールの上に滑り込めるイメージはありません。


【マンチェスター・ユナイテッドの残り試合スケジュール】
4/1 (土)プレミアリーグ30節/WBA(H)
4/4 (火)プレミアリーグ31節/エヴァートン(H)
4/9 (日)プレミアリーグ32節/サンダーランド(A)
4/13(木)ヨーロッパリーグ準々決勝/アンデルレヒト(A)
4/16(日)プレミアリーグ33節/チェルシー(H)
4/20(木)ヨーロッパリーグ準々決勝/アンデルレヒト(H)
4/23(日)プレミアリーグ34節/バーンリー(A)
4/27(木)プレミアリーグ26節/マンチェスター・シティ(A)
4/30(日)プレミアリーグ35節/スウォンジー(H)
5/4 (木)ヨーロッパリーグ準決勝第1戦
5/6 (土)プレミアリーグ36節/アーセナル(A)
5/11(木)ヨーロッパリーグ準決勝第2戦
5/13(土)プレミアリーグ37節/トッテナム(A)
5/21(日)プレミアリーグ38節/クリスタル・パレス(H)
5/24(木)ヨーロッパリーグ決勝
未定   プレミアリーグ28節/サウサンプトン(A)


同じ5試合でも、エヴァートン、チェルシー、マンチェスター・シティ、アーセナル、トッテナムとホーム2試合、アウェイ3試合を戦って3~4勝を稼がないといけないルートと、アヤックス、リヨン、シャルケ04、セルタ・デ・ヴィーゴらから3チームをチョイスして3勝2敗でいいというルートでは、どちらの山が登りやすいかといわれれば後者でしょう。いや、獲りやすさという観点よりも、大事なことがあります。マンチェスター・ユナイテッドに「欧州3大大会を制覇した4番めのクラブ」になっていただきたいのです。1984-85シーズンに「ヘイゼルの悲劇」のショックさめやらぬゲームで最初の偉業を達成したプラティニのユヴェントス、ファン・ハール監督が率いた無敗のチームでビッグイヤーを勝ち取ったアヤックス、ラファエウ・ベニテスが暫定監督という扱いに耐えながら意地を見せたチェルシー。マンチェスター・ユナイテッドが彼らの後に続くのは、非常に意義があることだと思っております。

モウリーニョ監督、ここはひとつ、本気で獲りにいきましょう。マンチェスター・ユナイテッドサポーターのなかにもさまざまな意見があろうかと思いますが、私は、今季のチームがプレミアリーグで7位に落ち、ヨーロッパリーグの決勝で敗れたとしても、勝ちにいった結果ならば咎めません。まずは最高の結果をぎりぎりまで追いかけていただき、そのうえで難しければ絞りましょうというお話ではありますが。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

やはりタイトル獲得はなんであれ興奮しますし、プレミアリーグも3位に入らなければストレートイン出来ないのですからそう考えてるとELを取りに行って欲しいです笑
最大のライバルだったローマがいなくなったわけですからELを優勝できないと来シーズンCLに出れたとしても通用しないと言っても過言ではないですからしっかり勝ってシーズンを終えたいところです。

無題

本当に初歩的な話で申し訳ないのですが、EL優勝かつプレミア4位以内だと5位のチームは出れるんでしたっけ?
EL2位チームが繰り上げですか?
  • ガナユ
  • 2017/03/25(Sat)23:16:00
  • 編集

コメントありがとうございます。

ユナイテッドさん>
同感です!特に欧州は格別ですよね。2冠という響きを残して来季につなげてほしいです。

ガナユさん>
5位は出られず、繰り上げもなしです。4位を外したチームがCL・ELを優勝すると5枠になるというレギュレーションです。
  • makoto
  • 2017/03/28(Tue)09:43:44
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ