「スカイスポーツ」の記者が戦術分析!「マルシアルとラシュフォードは共存できるのか?」

これは、以前から気になっていたテーマです。「Anthony Martial and Marcus Rashford are vying for one spot at Manchester United(アントニー・マルシアルとマーカス・ラシュフォードはマンチェスター・ユナイテッドでひとつのポジションを巡って争っている)」。イギリスメディア「スカイスポーツ」のニック・ライト記者が問題提起しているのは、2人の共存の可能性です。19歳のラシュフォードは、プレミアリーグでは7試合2ゴールながら、CLとカラバオカップで3発決めて11試合5ゴール4アシスト。21歳のマルシアルは、プレミアリーグでは先発が1試合しかなかったにもかかわらず6試合で3ゴールを決めており、カップ戦も入れれば9試合5ゴール6アシストと貢献度は絶大です。

数字だけ見れば、両者ともスターターとして使いたくなるところですが、モウリーニョ監督のファーストチョイスはラシュフォードとファン・マタ。彼らが一緒にピッチの上でキックオフを迎えたのは、カラバオカップ3回戦のバートン・アルビオン戦のみ。この試合では、ラシュフォードが2ゴール、マルシアルも60分に4点めをゲットしています。レベル差があったこの試合だけをとって、「共存は可能」とするのは早計です。実際のところはどうなのでしょうか。この問題は、いろいろ悩ましいポイントがあり、ベストイレブンを選べば終わりというわけにもいきません。私が気になっていることを、ざっと列挙してみます。

・ラシュフォードをセンターで使いたいが、プレミアリーグ7試合7ゴールのロメウ・ルカクはアンタッチャブル。4-3-3や4-2-3-1で戦う限りは19歳はサイド起用だが…
・バルセロナやアーセナルが狙っているといわれるマルシアルの先発機会を増やしたいが、しっかり上下動を励行するラシュフォードがスタメン、マルシアルはスーパーサブという明確な序列でいいのか
・マルシアルとラシュフォードを両サイドに置く形もありえるが、2人とも右に入ると普通の選手になる印象がある
・変化をもたらすパスワーク、裏への飛び出し、中に入る動き、勤勉なチェイスと武器が多いマタは外しがたいが…
・今季プレミアリーグで5アシストのムヒタリアンは絶好調で、これも外しがたいが…
・ズラタンが戻ってきたら…⁉重戦車2台の4-4-2はあるのか?マルシアルとラシュフォードはどう使われるのか?

ニック・ライトさんは、「フリースコアリングのルカクがCFのポジションを手に入れたことは驚きではない」「チャンスメイク数でプレミアリーグ3位、アシスト数で2位のムヒタリアンがNo.10のポジションを確立しているのも驚きではない」としながら、モウリーニョ監督が右にマタを起用しているのは興味深いと記述しています。マン・ユナイテッドの8番は、プレミアリーグ7試合1ゴールでアシストはゼロ。クラブOBのライアン・ギグスさんは、「(マルシアルとラシュフォードが)同じチームでやれることは明確だが…」と疑問を呈しています。

こうした見方に対して、「スカイスポーツ」のアナリストの最終的な見解は、「バレンシアのオーバーラップが右サイドからの攻撃に幅を持たせており、彼のためにスペースを作るマタのバランス感覚はモウリーニョにとって必要不可欠」。速いアタッカーがいる左サイドでは、ブリントやアシュリー・ヤングがオースドックスなSBとしての役割を果たし、右では速さをバレンシアに求めてマタは彼や中央を活かすことに徹していると分析しています。これはこれで納得いくのですが、マルシアルとラシュフォードの共存は可能か?という問いの答えにはなっていないように思います。ラシュフォードやマルシアルにはマタの役割は果たせないといいたいのかもしれませんが、「左とトップ下にラシュフォードとマルシアル、右にムヒタリアンあるいはマタ」というオプションはないのでしょうか。

速い3人が2列めに入るフォーメーションは、左右と中央がめまぐるしくポジションチェンジを繰り返す流動的なアタックを実現できればおもしろいのではないかと思います。バレンシアと左SBの攻め上がりが抑えられ、カウンター勝負となりそうなリヴァプール戦こそスピードスターの共存のチャンスと考えていたのですが、いかがでしょうか。先制して逃げ切るという目論見は同じながらも、先に奪うことに目がいく私に対して、モウリーニョ監督は先に奪われないことを優先するのでしょうが…。本日のスタメンは、たぶんマタとラシュフォードでしょうね。それはそれで、いいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

マルシャルをもっと早めの時間帯に使って欲しいです。
実際60分くらいでラッシュフォードはキレが落ち始めているので。
サウサンプトン戦の時もマルシャルを早くラッシュフォードとスイッチしていたら楽な展開になったのではないかと感じましたしね。

コメントありがとうございます。

どーんさん>
セインツ戦はそうでしたね。多様なオプションをもって崩しにいけるチームになればと思います。
  • makoto
  • 2017/10/14(Sat)19:54:44
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ