来季もプレミアリーグで、ぜひオールド・トラフォードへ…偏愛的ポチェッティーノ待望論。

ウインターブレイク明けのチェルシー戦が待ち遠しいです。スタンフォード・ブリッジで、ブルーノ・フェルナンデスのプレミアリーグ初ゴールとオディオン・イガロの復帰戦ゴールが観たい!スポルティングCPから来たアタッカーは、2年ぶりとなるTOP4フィニッシュのカギを握る救世主。中国の上海緑地申花から戻ってくるストライカーは、マンチェスター・ユナイテッドを愛する同志のような存在です。ナイジェリア代表で35試合16ゴールという数字を残しているイガロは、ワトフォード時代から「マン・ユナイテッドは僕の夢」と語っていた筋金入りのファン。中国では1月31日23時、グリニッジ標準時ではデッドラインデーの14時に代理人から最初の連絡を受け、その夜は一睡もしなかったと振り返っています。

「ユナイテッドが契約を望んでいると聞いて、飛び起きたよ。すぐに通訳に連絡してディレクターの部屋を訪ね、交渉を始めた。あの夜は、寝られなかった。上海時間の朝7時にはトランスファーマーケットが閉まるからね。他のクラブからのオファーもあったけど、マンチェスターに行きたいと伝えた。ユナイテッドなら減給といわれたけど、『気にならない。契約してほしい。これこそが僕の望みだ。どれだけサラリーが減っても構わない』と答えた」

イギリスメディア「ガーディアン」の記事に、ついつい涙腺が緩んでしまいました。ライバルとのシックスポインターで、わがシアター・オブ・ドリームズで、ぜひゴールを決めてもらえればと思います。ラシュフォード、イガロ、マルシアル、ポグバ、マクトミネイ、ブルーノ・フェルナンデスという攻撃的な布陣で、マンチェスターダービーやモウリーニョ率いるスパーズ戦で完勝する姿が観たいのです。CL出場権を獲得したスールシャール監督が、ホーム最終戦となるハマーズとの試合後に、惜別のスピーチをしてくれたら盛り上がるでしょう。そして来季は、あの方に来ていただきましょう。ナタリー・ピンクハムさんがゲストを招いて語り合う「スカイスポーツ」のポッドチャット「イン・ザ・ピンク」に出演した彼に。

「正直にいおう。プレミアリーグで働きたい。実際は、困難なことだとわかっている。今は待つだけだね。何が起こるかを見てみよう」(マウリシオ・ポチェッティーノ)

トッテナムで得たすべてを誇りに思うと熱く語ったアルゼンチン人指揮官は、新たなチャレンジに対する準備はできていると強調しました。「ホワイト・ハート・レーンを新スタジアムに建て替える間に、ウェンブリーやミルトン・ケーンズでプレイした。こういった状況がいかに難しいかは、フットボール関係者にしかわからない」「新しいフィロソフィーやアイデアを定着させるのはタフな仕事だった。しかし、私は成功し、トッテナムのレベルを引き上げることができた」。今のマンチェスター・ユナイテッドに必要なのは、彼がスパーズで築き上げたようなサスティナブルなコンセプトと戦術的な引き出しです。若い選手が増えたチームは、同じ方向に磨き上げればもっと輝くと信じています。

少し気の早い話ですが、トッテナムでは無冠だった指揮官は、マンチェスターで初めての戴冠を実現することができるでしょうか。スパーズより補強予算があり、スパーズより監督の希望を汲む余地があり、スパーズよりめざす選手が多いクラブです。しかし、ご本人にビッグタイトルを手にする可能性を問えば、笑って首を横に振るかもしれません。彼にとって大事なのは、ひと時の歓喜ではなく、クラブに素晴らしいカルチャーを遺すことだから。

「チャンピオンズリーグで3~4年プレイし、多くのシーズンでアーセナルより上だったのは、われわれの偉大な財産だ。タイトルを獲得するのは素晴らしいことだけど、これほどのクラブとスタジアムを手に入れたことこそがレガシーだと思う。それらは、タイトル以上に大切なものだ」

朗報を、待っています。来季もプレミアリーグで。ぜひオールド・トラフォードへ。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

スパーズと同レベルの選手層をユナイテッドが集められるか疑問です
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2020/02/13(Thu)08:30:59
  • 編集

無題

スパーズサポの自分でとしては彼が存分に力を発揮してスパーズで勝ち取れなかったタイトルを狙って欲しい、そしていつの日か帰ってきて欲しい…という思いがあります。
しかしプレミアリーグで最低二度も相手側のベンチに座るポチェを見るのはまだ切ない…出来ればPSG等以前本人が言っていたチームへ行って欲しいというのが正直なところです笑
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2020/02/13(Thu)10:21:43
  • 編集

無題

絶大なブランドと豊富な資金力があるので選手は集められると思います。
ポチェユナイテッド、、いいですね
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2020/02/13(Thu)10:29:16
  • 編集

無題

イガロのコメントには好感度上がりまくりました、我ながらチョロいです。スルーシャールには敬意を払いつつ、やはりポチェッティーノのマンユナイテッドは期待しちゃいますね…。
  • のこ
  • 2020/02/13(Thu)12:10:22
  • 編集

無題

ポチェの戦術の強さって前線、中盤のハイプレスからのショートカウンターだったり、攻守の切り替えの速さが強さの基本だと思ってます。
スパーズ時代はケイン、デレアリ、エリクセンやソンと技術もありながら献身性もある選手を抜擢できたからこそ成功を掴めたんじゃないかなと。
一方でユナイテッドの選手見てみると、マルシャル、ポグバを筆頭に守備意識低めの選手が多いのでポチェでユナイテッドが劇的に変わるかといったら無理だと思います。
  • プレミア
  • 2020/02/13(Thu)16:57:06
  • 編集

無題

ユナイテッドは予算はあるけどそれを指揮官が望む形で補強に使ってくれるかと言うと疑問符がつくんですよね。
加えて既に前述された方が居ますが選手達の守備意識の低さに加えて、フリーとなるような動き出しのなさ(これは監督のせいでもありますが)
今の選手達で昨シーズン、スールシャールが一時的に攻撃的に行けたのも結局ただの解任ブーストでしたし

ポチェなら2年以上猶予があれば変えてくれそうですがそこまでフロントの我慢が持たない気がします
  • かーど
  • 2020/02/14(Fri)10:51:11
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ