「クラブは意志をもってCB獲得を見送った」…3年めのモウリーニョ監督に、今求めたいこと。

「BBC」のサイモン・ストーン記者と、「ガーディアン」のジェイミー・ジャクソン記者。マンチェスター・ユナイテッドの内部事情に明るい2人のジャーナリストが、「ヴァイスチェアマンのウッドワードさんとボードメンバーは、モウリーニョ監督のリクエストに対して難色を示していた」と語っています。昨季プレミアリーグで、ペップのマン・シティと1点差の28失点に抑えたチームのマネージャーは、さらなる堅守をめざしてCBの獲得を要求していました。プレミアリーグなら、トビー・アルデルヴァイレルトとハリー・マグワイア。欧州の強豪クラブから選ぶなら、レアル・マドリードのヴァラン、バイエルンのボアテング、アトレティコ・マドリードのゴディン、バルセロナでうまくいっていなかったジェリー・ミナ。サイモン・ストーン氏によると、マンチェスター・ユナイテッドの経営陣はそれぞれについてこう評価していたそうです。

「ヴァランは、レアル・マドリードが出す気がないのが明らか」
「マグワイアはCLの経験がなく、プレミアリーグでも経験が浅い。ファン・ダイクのようなレベルの金額を払うのは賢明ではない」
「32歳のゴディンはアトレティコ・マドリードからの契約延長オファーを受けようとしている」
「負傷が多いボアテングは、2シーズンで33試合に欠場しており、獲るとしてもローン」
「ミナと契約合意に至れば、ワールドクラスではない選手に対して危険な前例を残してしまう」
「アルデルヴァイレルトに関する憶測は不確かで、オファーするべきではない」

ジェイニー・ジャクソン氏は、これらの判断について「彼らは、CBに莫大な金額を投資しても、見合う改善はないと結論付けた」と表現しています。昨季プレミアリーグで16ゴールをゲットしたロメウ・ルカクに対するサポートを厚くし、より多くのゴールを決められるようになれば、マンチェスター・シティとの19ポイントのギャップは埋まる…。経営陣はモウリーニョ監督に対して、ポグバ、ラシュフォード、アレクシス・サンチェスの改善を要請し、プレッシャーをかけているとのこと。サポーターのなかには、CBの質を高めるべきと主張する方もいらっしゃるかもしれませんが、マン・シティより38点も少なかった攻撃陣を変えなければならないという見解には、うなずく方が多いのではないでしょうか。

希望する選手を獲れず、「難しいシーズンになる」と不満を隠さなかったモウリーニョ監督は、開幕戦でレスターに勝った後も、ぼやきが止まりませんでした。「何ヵ月もプランを練っていたのに、自分が考えていた状況とは違う形でプレミアリーグの開幕を迎えることになった。移籍市場の話は、もうおしまいだ」「マネージャーではなく、ヘッドコーチと呼ぶべきだろう」「われわれ以上に投資したチームとの対戦だった。これからのプレミアリーグでは、自分たちと同じクオリティの選手を揃えたチームばかりと戦うことに慣れないといけない」。…ボス、不満をこぼすのは、もうやめませんか。初戦のあなたは、素晴らしいマネージャーだったと思います。

アンカーに抜擢したアンドレアス・ペレイラが安定していたのは、戦術と役割を理解していたからでしょう。シュート8本は、ホームで戦う強豪クラブとしてはもの足りない数字ですが、サイドチェンジやダイレクトパスを織り込んだ速いアタックには進化の可能性が感じられました。アレクシス・サンチェスが中に斬り込んで2トップのようになる形が定着すれば、ポグバやフレッジからのキラーパスが増えるでしょう。ポグバのキャプテン指名とルーク・ショーの先発も、チームのムードを盛り上げる秀逸なチョイス。試合後、2人を激賞されてましたが、それこそがサポーターが待ち望んでいた姿です。シーズンが終わったとき、こんなふうにいえたら最高です。「CBを獲れなかったけど、バイリーとリンデロフがいたから問題なかった。アレクシス、ラシュフォード、ルーク・ショー、ポグバの才能を目いっぱい引き出してくれた指揮官の采配こそが、優勝の最大の理由であり、今季最高の”補強”だった」と。

最後に、モウリーニョ監督の最近の言動をたしなめる2人の言葉を紹介して、この稿を締めたいと思います。「スペシャルワン」「ハッピーワン」と自らを称していた稀代の名将に、選手層の厚さと個々のポテンシャルの高さでは、ライバルに決して負けていないと信じてほしいという願いを込めて。

「ジョゼはカメラの前で、選手たちに『君たちを信じている。今季はマンチェスター・シティに迫れる』とメッセージを送るべきだ。メディアの前で、クラブの幹部に話しかけるのは今すぐやめないといけない。トランスファーマーケットは終わった。できることは何もない」(ティム・シャーウッド)
「チェルシーやレアル・マドリードにいたときのように、多くの選手と揉めれば、彼に訪れる未来はひとつだ。このまま選手たちを困らせ続ければ、彼が仕事を失うことになる。今は選手が勝つからね」(アラン・シアラー)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

不寛容になり「3年めの爆発」に向かっている…「BBC」が懸念するモウリーニョ監督の孤独。

マンチェスター・ユナイテッドで3度めのシーズンを迎えるジョゼ・モウリーニョ監督の周辺が騒がしくなってきました。プレミアリーグのライバル対決となったリヴァプール戦で1-4で惨敗した指揮官は、ワールドカップ出場組の不在やレフェリングを嘆き、アントニオ・バレンシアのコンディショニングにも苦言を呈すと、希望する選手を獲得できていないと強調。自分がファンなら、こんな試合に金は払わないとぼやきました。ブックメーカーは、ポルトガル人監督を今季プレミアリーグにおける解任第1号の本命に推していますが、「BBC」のサイモン・ストーン記者は逆の見方を提示しています。

「モウリーニョは、自ら出ていくのではないか?」。レアル・マドリード時代にメディアとの駆け引きの末に残った傷跡が、「スペシャル・ワン」と称していた指揮官を不寛容にしてしまったと指摘するジャーナリストは、「stereotypical full-blown third-year explosion(お決まりとなった本格的な3年めの爆発)」が起こるのではないかと警鐘を鳴らしています。3月に「ルーク・ショーに対する”いじめ”に他の選手たちが憤っている」とレポートしたのもサイモン・ストーンさんですが、補強の遅れに不満を抱いているマネージャーに対して、彼が主張しているポイントは2点です。

「手持ちの選手をもっと活かすべき」
「プレミアリーグのライバルたちも、リヴァプールを除けばチームづくりに苦労している」

今季の補強はフレッジとCB(アルデルヴァイレルト?)といわれていますが、マンチェスター・ユナイテッドがここ数年で獲得した高額移籍金の選手は、ディ・マリア以外はすべて残っています。「BBC」の記者は、ポグバとマルシアルは真価を発揮できておらず、1億ポンド以上をかけて獲ってきたバイリー、リンデロフ、アレクシス・サンチェスもオールド・トラフォードに大きなインパクトを与えられていないと解説。彼らの力を引き出せていないなかで、新しい選手を獲ってきても、同じような状況を抱える可能性があるということです。

マルシアルについては、「デイリー・メール」が、「チェルシー時代にサラーやデブライネを放出したモウリーニョ監督が、同じ過ちを繰り返すことになるかもしれない」といっています。2016-17シーズンから昨季にかけて、先発回数も出場時間も減らされてしまったドリブラーは、トータルのゴール数は8から11に増えており、117分に1回はゴールかアシストを決めています。これを上回るチームメイトは113分のルカクだけで、ラシュフォードは128分、アレクシスは192分。チリ代表FWを左サイドでしか使わないのであれば、2人の若手有望株から成長の機会を奪う拙速な補強だったといわざるをえません。

「BBC」のレポートに話を戻しましょう。ワールドカップ、インターナショナルチャンピオンズリーグ、コミュニティシールド、デッドラインデー、プレミアリーグと息がつけないタイトなスケジュールに、ライバルたちも苦しんでいます。最も深刻なスパーズは、ロシアで戦った7人が合流しておらず、未だ補強ゼロ。アーセナルの最高額はルーカス・トレイラで、マンチェスター・シティの即戦力はマフレズのみ。チェルシーはサッリ監督招聘に時間がかかり、クルトワやウィリアンが離脱する可能性があります。昨季プレミアリーグで2位のクラブは、唯一遅れているわけではないという見解には納得です。

サイモン・ストーン記者は、長年片腕として支えてくれたルイ・ファリア氏の不在も、モウリーニョさんが苦しんでいる理由のひとつではないかといっています。加えて私が気になっているのは、「翻訳者の不在」です。デコ、テリー、ランパード、ドログバ、ズラタン…モウリーニョ監督の下には、常にプロフェッショナルとして完成した理解者がいました。ボスのハードマネジメントの意図を解釈して若い選手たちに伝え、モチベートする存在です。昨季プレミアリーグでズラタンが健在であれば、ポグバは気分よくプレイできたのではないでしょうか。移籍した直後でチームになじめなかったアレクシスが、「彼とは毎日コーヒーを飲みながら話している」と感謝の意を述べていたゴッドのようなカリスマこそが、「third-year explosion」を食い止める最高の消火器なのかもしれません。

2017-18シーズンのマンチェスター・シティ。粗削りだった22歳のサネと23歳のスターリングに、中央に斬り込むタイミングを教えたのは、ペップの片腕だったミケル・アルテタだったそうです。マルシアル、ポグバ、ラシュフォードのモチベートを、マイケル・キャリックにお願いできないだろうか。絶対に放出してはいけない彼らが、ベストシーズンを過ごしてくれれば、マン・シティやリヴァプールを脅かす存在になれるのではないか…。ルカク、マティッチ、フェライニ、アシュリー・ヤング、バレンシア、デ・ヘアなど、以前にともに戦った選手と、プロとしてのマインドセットができているベテランやワールドクラスしか使いこなせていない指揮官の孤独感が、大いに気になる今日この頃であります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

次戦こそいつものセービングを!地元紙が「デ・ヘアが新契約に合意」と報道!

壮絶な撃ち合いは、3-3のドロー決着でした。ワールドカップロシア大会の3日め、ポルトガルとのイベリア半島対決に臨んだスペインは、ロペテギ監督解任という衝撃的な事件を乗り越えられるかどうかが注目されていました。開始2分、クリスティアーノ・ロナウドをナチョが引っ掛けたとして、レフェリーがPKスポットを指差します。VARのチームは、DFが足を動かしていないのを目撃したのではなかったか。CR7とデ・ヘアが対峙しているのを見ると、思わず目元が熱くなります。マンチェスター・ユナイテッドが強かった頃のトップスコアラーと、厳しい状況に陥ってからの大黒柱の対決は、右隅に蹴り込んだ旧エースが勝利しました。

マンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグ優勝3回、2007-08シーズンにはチャンピオンズリーグを制したポルトガルの至宝は、スペインに渡ってさらに4回もCL制覇を果たしました。一方、2011年にマンチェスターにやってきたデ・ヘアは、翌シーズンのプレミアリーグ優勝でトロフィーとメダルに触れただけ。2016-17シーズンのヨーロッパリーグは、同僚のセルヒオ・ロメロが体を張った大会でした。CR7のチームメイトとなる話が何度も浮上しながら、その都度クラブに留まってくれた守護神には、ぜひともビッグタイトルを獲ってほしい。クリスティアーノ・ロナウドのシュートを正面で受けながら、後逸してしまった珍しいミスを見ながら、その思いを強くしました。

ジエゴ・コスタのスライディングシュートとナチョのスーパーミドルで3-2と逆転したスペインは、88分に相手のエースに絶好の位置からのFKを与えてしまいます。外から巻いて右隅に刺さった一撃は完璧。タイムアップの笛が鳴ると、スペインでタイトルを獲りまくったバロンドール5回のアタッカーはガッツポーズを見せ、プレミアリーグで不振のクラブを支え続けたGKは、悲し気な表情を浮かべて天を仰ぎました。興奮冷めやらないまま、イギリスのメディアをチェックしていると、「マンチェスター・イブニング・ニュース」の素敵な見出しが目に飛び込んできました。「Manchester United agree new contract with David de Gea(マンチェスター・ユナイテッドは、デ・ヘアと新契約合意)」。プレミアリーグ屈指のGKが、真価を発揮できずにピッチを去る姿に心を痛めていた私は、今度こそ昂っていた気持ちを抑えることができませんでした。

プレミアリーグ237試合出場、クリーンシートは93試合。PFA(イングランドプロサッカー選手協会)のベストイレブンに5回選ばれており、2017-18シーズンはクリーンシート18回で初のゴールデングラブを受賞しています。ショットストップは、間違いなくワールドクラス。デ・ヘアの神セーブがなければ、マンチェスター・ユナイテッドはCL出場権をキープできなかったかもしれません。弱点があるとすれば、ハイボール処理をもたつくことがあることと、ゴールマウスから出ていかないことでしょう。2017-18シーズン、ボックスの外におけるクリア数6回はTOP20に入っておらず、40回の首位エデルソンに大きく引き離されています。

モダンなGKとはいえないかもしれませんが、それでも私にとっては、デ・ヘアこそが世界一。マンチェスター・ユナイテッドを30年以上見てまいりましたが、ブライアン・ロブソン、ゴードン・ストラカン、キング・カントナ、ピーター・シュマイケル、ファン・ニステルローイ、ファン・デル・サール、ライアン・ギグスを越えて、彼が最も好きな選手です。4月に「ファン・ハールが残っていたら、クラブを去っていた」と語っておりましたが、ジョゼ・モウリーニョ監督とはいい関係を築けているようです。すんなり新契約締結となれば、最高です。次のシーズンも、信じられないビッグセーブを連発して、オールド・トラフォードのサポーターを沸かせていただければと思います。

「いいプレイができている。自信もある。でも、それを続けると同時に、タイトルが必要だね。ワールドクラスと呼ばれる選手は、タイトルを獲るものだから。僕たちは、ユナイテッドチャンピオンズリーグとイングランドの王者に復帰させないといけない」(2018年4月 ダヴィド・デ・ヘア)

ぜひ、お願いします!いや、その前にワールドカップですね。イラン戦とモロッコ戦は活躍のチャンスがないかもしれませんが、決勝トーナメントでは、ファンが思わず叫んでしまうビッグセーブを披露していただければと期待しています。デ・ヘア、頼む…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

濃密な時間。マンチェスターを離れるズラタン・イブラヒモヴィッチに心からの感謝を。

「偉大なことも、終わりを迎えるものだ。マンチェスター・ユナイテッドでファンタスティックなシーズンを2回も過ごすことができた。この時期を一緒に共有してくれたクラブ、ファン、チーム、コーチ、スタッフに感謝している」。神とわれわれの関係は、ハッピーエンドとはいきませんでしたが、3つのタイトルを獲得した1年の眩い輝きを忘れることはないでしょう。ズラタン・イブラヒモヴィッチは自身のインスタグラムで、マンチェスター・ユナイテッドは公式サイトで契約解除について発表しました。

2016-17シーズンにパリからやってきたズラタンの初年度は、公式戦46試合28ゴール、プレミアリーグ28試合17ゴール。類まれなるシュート力でチームを勝利に導いただけでなく、ポグバやラシュフォードにプロフェッショナルとしての姿勢を見せ続けてくれました。ファン・ハール時代と比べてチームの雰囲気が明るくなったのは、「ゴッドの汗を拭くタオルを取ってくれ」と自ら”神キャラ”を演じてスタッフまで笑わせるズラタンが中心にいたからでしょう。EFLカップ優勝後のインタビューで、ポール・ポグバが決勝ゴールのズラタンを「これが、チームが彼を買った理由さ」と称えると、すかさず「オレはフリーエージェントだ。クラブが買ったのはオマエだろう」。プレミアリーグでズラタンが見せた最もファンタスティックな一撃は、このひとことだったのではないでしょうか。

2017年4月に起こった悪夢がなければ、われわれはどんな1年を過ごしていたでしょうか。ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグ、アンデルレヒト戦の終了間際のアクシデント。膝の靭帯を損傷したズラタンは長期離脱を余儀なくされ、マンチェスター・ユナイテッドは契約延長を諦めるしかなくなりました。その後、2018年の初頭に復帰できる見通しとなったズラタンは、クラブと再契約。11月18日のプレミアリーグ12節、ニューカッスル戦での復活は、今思えば早すぎたのでしょう。ボクシングデーのバーンリー戦に出場した後、負傷を再発させてしまったズラタンは、出番を得られないままクラブを去ることになりました。最後のシーズンは、プレミアリーグ5試合ノーゴール。カラバオカップのブリストル戦で決めたFKが、ルカクに9番を譲った元エースの唯一のゴールでした。

思うようにプレイできなかった2017-18シーズンは、絶妙な神トークを愉しむ機会もありませんでしたが、「マンチェスター・イブニング・ニュース」が紹介していた最近のエピソードには胸を打たれました。「キャリントンでひとりで食事をしている」と孤独を伝えられていたアレクシス・サンチェスが、こんな発言をしていたのでした。

We talk and we have coffee together every day, it’s a shame that he no longer plays for his country.(われわれは、毎日コーヒーを飲みながら話しているよ。彼が母国のためにプレイできなくなるのは残念だ)」

新天地で難しい船出に苦しんでいた7番に声をかけ、フォローしてくれていたというズラタンらしいエピソードには自然に頭が下がります。モウリーニョ監督にとって、今季最大の誤算はセヴィージャ戦のベンチに彼を置けなかったことなのかもしれません。ポルトガル人監督と若い選手の間に神がいれば、ポグバ、マルシアル、ラシュフォードらは迷いなくプレイできていたでしょう。ハードマネージメントの指揮官もそれを自覚しているからこそ、チェルシー時代はテリーやドログバを頼り、マンチェスターにズラタンを呼んだのだと思います。稀代のストライカーが、キャリアの晩年にマンチェスター・ユナイテッドを選んでくれたことに、心から感謝しています。「BBC」が、LAギャラクシーに入団する予定と報じておりました。アメリカでも、プレミアリーグで見せてくれたアクロバティックな神ゴールを連発して、ファンを盛り上げてください。

ピッチにいたのはたった1年なのに、あなたがいなくなることを心細く感じます。ありがとうございました。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

17歳のSBに4000万ポンド!? マンチェスター・ユナイテッドにライアン・セセニョン獲得報道!

「BBC」「スカイスポーツ」は静観している「現地メディア一斉報道」ですので多分に眉唾ですが、マンチェスター・ユナイテッドサポーターにとってはテンションが上がる移籍ゴシップです。最も踏み込んで報じているのが「ザ・サン」であるニュースに顔をほころばせてはいけないと思いつつ、フラムのライアン・セセニョン獲得に4000万ポンド(約60億円)を費やすという見出しには「いっとけ!」と叫んでしまいます。チャンピオンシップのクラブに所属する17歳の左SBといえば、「なんでそんな選手に4000万ポンド!?」と驚く方もいらっしゃると思われますが、いや、凄いんです、セセニョン。プレミアリーグファンでもご存じない方が多いと思われますので、まずは彼のプロフィールから紹介させていただきます。

生まれはロンドンの真ん中のワンズワースで、9歳でフラムのユースチームに入団。ファーストチームデビューは2016年8月9日のEFLカップ1回戦でした。2-3で勝ったレイトン・オリエントとのアウェイゲームでピッチに立ったセセニョンは、16歳81日。ここから1年もしないうちに、才気あふれるSBはプレミアリーグのクラブから注目されることになります。3節のリーズ戦でチャンピオンシップデビューを果たすと、次節のカーディフ戦でさっそく初ゴール。9月のバートン・アルビオン戦で2ゴールめをゲットし、鋭いドリブルとシュート力が目の肥えたファンに評価されるようになります。

負傷もあり、レギュラーに定着したとはいえないシーズンでしたが、SB、WB、ウイングまでこなすサイドのスペシャリストは、公式戦30戦7ゴール5アシスト、チャンピオンシップ25戦5ゴールという数字を残しました。オフシーズンにはマンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、リヴァプールなどプレミアリーグ勢が触手を伸ばしていると伝えられましたが、セセニョンはフラムとプロ契約を締結します。出場機会を重視したこの選択は大正解でした。2017-18シーズンに入ると、17歳は海外でも話題になるような大ブレイク。開幕当初はSBをまかされることが多く、チャンピオンシップ17節までは1ゴールとおとなしかったのですが、4-2-3-1の2列めで起用された18節のシェフィールド・ウェンズデー戦でハットトリック。この後の5試合を再度SBに戻ると、4-3-3の左ウイングに入ったボクシングデーのカーディフ戦からゴールラッシュがスタートします。

年明けのイプスウィッチ戦はSBで2ゴールを決め、マン・オブ・ザ・マッチ。1月20日のバートン戦と次節のバーンズリー戦は2列めにポジションを上げ、2戦連続の2発ゲット。1月は4戦6ゴールでチャンピオンシップの月間MVPに選出されています。今季はここまでチャンピオンシップ37試合出場14ゴール。次の夏こそ、満を持してプレミアリーグに活躍の場を求めるのではないでしょうか。今回、タブロイド紙が記事にしたのは、ルーク・ショーの退団報道がトリガーだったのだと思われますが、私が期待しているのは右のウイングです。アシュリー・ヤングの後釜ではなくガレス・ベイルの再来。2016年に衝撃デビューのマーカス・ラシュフォード、プレミアリーグ初の2000年代生まれと話題になったアンヘル・ゴメス、そしてセセニョンの3トップでバルセロナに勝ったりしたら号泣です。

ライバルが多く、獲れるかどうかはまったくわかりませんが、2年前の3月にズラタン・イブラヒモヴィッチのマンチェスター・ユナイテッド移籍を先んじて報じた「ザ・サン」に、2発めの鮮やかなバイシクルを期待したいと思います。(ライアン・セセニョン 写真著作者/Nick)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ