ウェイン・ルーニーがクラブ残留を明言…前途多難なキャプテンが輝くポジションはどこ!?

「他クラブから打診があったのは事実で、感謝しています。しかし私は、最近の憶測を終わらせたい。マンチェスター・ユナイテッドに残ります。4つのフロント(プレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、EFLカップ、FAカップ)での成功のためにチームを助けるべく、すべてのパートでプレイしたい。クラブはエキサイティングな時間を過ごしており、これを続けたい」。マンチェスター・ユナイテッドの公式サイトでウェイン・ルーニーのメッセージを読み、ほっとしました。1月21日に行われたプレミアリーグ22節のストーク戦で素晴らしい直接FKを決め、クラブ歴代最多となる250ゴールを記録したストライカーは、思うようにプレイできない現状を打開すべく中国スーパーリーグに参入するのではないかと懸念していたからです。

2015-16シーズンは、プレミアリーグ28試合出場8ゴール。11シーズン続けてきた2ケタゴールが途切れ、さらに今季は17試合2ゴールと、今までになかったスランプに陥っています。昨年4月に、「スコールズのプレイをずっと見てきた。いつか自分がそのポジションでプレイする日が来るかもしれないと思っていた」と語ったルーニーは、新シーズンに入る前は、キャリックの近くでプレイするイメージを持っていたのだと思われます。しかし、クラブにやってきたモウリーニョ監督は、ルーニーはあくまでも9番か10番であって、6番や8番ではないと主張。チェルシー時代にルーニー獲得を熱望していたといわれる指揮官は、ズラタン・イブラヒモヴィッチの後ろか脇にキャプテンという絵を描いていたのでしょう。

ところが、プレミアリーグ開幕から5試合までスタメンだったルーニーの調子は、一向に上がりません。シュートを狙う姿勢を欠いていたのは、ファン・ハール監督のチームやユーロ2016のイングランド代表で、中盤をまかせられていたことが影響したのかもしれません。ベンチに下がった6節以降、リーグ戦20試合で先発はわずか3回。サッカーセンスの塊のような選手とはいえ、出番が限られてはゴール量産は望むべくもありません。数字を見ると、スタメンの3試合はいずれもアウェイで完勝。途中出場の9試合は1勝8分で、得点でチームに貢献したのは1-1に追いついたストーク戦のメモリアルゴールのみです。データからは、ルーニーが最初からいる試合はチームがうまくいっているようにも受け取れるのですが、3試合はいずれもズラタンとポグバが活躍したゲームで、称賛はすべて大型新人たちのもの。途中出場の試合でチームを変えたといわれるような目に見える貢献が出来なかったことのほうが目立ってしまい、今やモウリーニョ監督の優先順位は、明らかにマタ、ラシュフォード、リンガードのほうが上です。

クラブのレジェンドであり現在のキャプテンでもある選手が、出場機会を求めてプレミアリーグを離れるという終わり方はあまりにもしのびなく、この2月はずっと残ってくれと祈っていたのですが、結局は夏にお別れの時を迎えるのかもしれません。ルーニーがこの先も4-3-3のチームで機能するとすれば、キャリックの右斜め上で中盤を組み立てる役割が最適だと思うのですが、エレーラを主軸に仕立て上げたモウリーニョ監督にその気はないでしょう。マメにポジションを変えてボールをつなぎ、機をみてサイドの選手を走らせるパスを通す敏捷なエレーラに対して、ルーニーはパスを受けると王様のようにドリブルを始め、中盤をスローにしてしまいます。

サンティ・カソルラをセントラルにコンバートしたアーセン・ヴェンゲルのような辛抱強い監督なら可能性が感じられるのですが、現在のマンチェスター・ユナイテッドの指揮官はドライです。中盤に課題があれば好みの選手を呼び寄せ、ルーニーにはゴールを決められるかどうかを問い続けるでしょう。ズラタンやラシュフォードよりも10番を優先する絵は、どうしても描けません。残ってくれてありがとう!とキャプテンの決断に拍手を送りつつ、2017-18シーズンに目を向けると、モヤモヤ感は拭えません。クラブを離れたヴィディッチやエヴラ、ファーディナンドではなく、マンチェスター・ユナイテッドで引退を表明したスコールズ、ギグス、ファン・デル・サール、エリック・カントナの後に続いてほしいと願っているのですが…。「マンチェスター・イブニング・ニュース」のサポーターアンケートによると、6割弱が「ルーニーは夏に出ていくべき」と答えています。現地サポーターは、貢献度が著しく下がったアタッカーには、監督同様にドライです。まずは、結果を出していただかないといけません。EFLカップ決勝で出番があれば、ぜひ!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「最も勝ち点を稼いでいるストライカー」は、ズラタン・イブラヒモヴィッチ&ジエゴ・コスタ!

プレミアリーグとFAカップのダブルに向かって突き進むチェルシー。コンテ監督が実り多き初年度となるのか、アドバンテージを手離して失意のシーズンとなるのか、カギを握る最後の砦はマンチェスター・ユナイテッドなのかもしれません。FAカップは準々決勝で激突。プレミアリーグでは、33節のオールド・トラフォードがチェルシーにとって最後の上位対決です。この試合は、今後チェルシーの足が止まればライバルの逆転を許すトリガーとなる可能性があり、快調に勝ち点差を広げれば、実質的に優勝を決める一戦となるかもしれません。

マンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、ホームできっちりお返ししてプレミアリーグ優勝が狙えるポジションに立てればと期待しておりますが、果たしてどんな終盤戦になるでしょうか。「スカイスポーツ」が掲載した「Zlatan Ibrahimovic: Manchester United's match-winner」という記事を読むと、FAカップとプレミアリーグでの直接対決の結果を左右するキーマンは、やはり両チームのエースストライカーだと実感します。

ズラタン・イブラヒモヴィッチとジエゴ・コスタは、今季のプレミアリーグにおいて、自らのゴールで直接ゲットした勝ち点が11とトップに並んでいます。両者ともゴール数は15で、量・質ともに文句なし。とりわけズラタンは、参加したすべての大会でゴールを奪っており、モウリーニョ監督のチームが未だに5冠を追えるのは、彼がいたからといっても過言ではないでしょう。レスターとのコミュニティシールドでは83分に決勝点。ヨーロッパリーグでは、ゾリャ・ルハンシクとのホームゲームで両チーム唯一のゴールを決め、先週のサンテティエンヌ戦でハットトリック。EFLカップは、準々決勝のウェストハム戦で先制とダメ押しの2発。FAカップ5回戦では、ブラックバーンを相手に攻め手を失っていた62分に登場し、ポグバのロングフィードを受けて鮮やかな決勝点を左隅に流し込んでいます。

ジエゴ・コスタのほうは、カップ戦のゴールはFAカップのウルヴス戦のみとプレミアリーグのスペシャリストですが、チームの13連勝中は5試合で決勝ゴールと同点ゴールを叩き込んでおり、勝負強さはズラタンに負けません。ちなみに、「ゴールによる勝ち点ランキング」の3位はアグエロで勝ち点10、4位のマネが勝ち点9、5位はハリー・ケインとシグルズソンの8となっています。8ゴールのシグルズソンがTOP5に食い込んでいる一方で、17ゴールを挙げて得点王レースの先頭に立つアレクシス・サンチェスと、16ゴールのロメウ・ルカクが圏外なのが興味深いところです。

FAカップ準々決勝のドローが発表され、昨シーズンまで多くの時間を過ごしたスタンフォード・ブリッジに乗り込むことが決まったモウリーニョ監督は、「チェルシーはこれ(FAカップ)だけを考えればいいと思ってるだろう。なぜなら彼らは既にプレミアリーグのチャンピオンで、考える必要がないからね」と得意の揺さぶりを開始。「われわれには(EFLカップの)決勝があり、サンテティエンヌとも戦わなければいけない。勝ち進めば、ヨーロッパリーグで次の対戦相手もいる。さらにプレミアリーグでTOP4を狙っており、やるべきことだらけだ」と、「忙しい自慢!?」とツッコミたくなるコメントを残しています。それもこれも、ズラタンさまさま。ほんとうに、いい人に来ていただきました(涙)。チェルシーとの2つのバトル、ジエゴ・コスタとのゴール合戦、楽しみにしております。こういう試合はえてして「ペドロとブリントのゴールでドロー」といったシブい着地になるものですが…いや、FAカップのリプレイは勘弁してください。われわれは、忙しいので!(プレミアリーグ6位ですが…)。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

苦闘続きの岡崎慎司、絶賛の吉田麻也…プレミアリーグ所属の日本人2人の明暗!

アーメド・ムサとイスラム・スリマニが次々と移籍金のクラブレコードを塗り替え、ジェイミー・ヴァーディ、ウジョアと合わせて「FW5人体制」となったレスターの岡崎慎司。今やプレミアリーグ最高のCBともいわれるファン・ダイクと、ユーロ優勝国のCBジョゼ・フォンテが絶対的なレギュラーのサウサンプトンで、3番手評価だった吉田麻也。2016年の夏、2人の日本人は、どちらもレギュラーポジション奪取は厳しいのではないかといわれていましたが、より懸念されていたのは吉田麻也のほうでした。あれから6ヵ月、立場は逆転しつつあります。

出場を夢みていたチャンピオンズリーグで、最初の4試合は先発起用されなかった岡崎慎司は、初めてスタメンに名を連ねた5試合めのクラブ・ブルッヘ戦でゴールを決めたにも関わらず、ラニエリ監督の強い信頼を取り戻したとはいえません。プレミアリーグ20試合出場ながらもスタメンは12回に留まり、そのうち4回も前半のみで交代。2点ビハインドで前半を終えたスウォンジー戦のハーフタイムに呼ばれたのは、イスラム・スリマニでした。

一方の吉田麻也は、ユーロのファイナルを戦ったフォンテ不在の開幕戦こそスタメン出場したものの、次の出番は11節のハル・シティ戦で、しかも右SB。カップ戦要員がCBとして出場する機会はEFLカップとヨーロッパリーグに限られており、「不動の3番手」としてプレミアリーグをヒトケタ出場で終えると目されていました。この状況が変わったのは、12月でした。オフィシャルには「負傷」でしたが、ELに出られない状況に不満を唱えたといわれるジョゼ・フォンテが移籍を志願し、吉田麻也に出番がまわってきます。今季から指揮を執るピュエル監督のこの決断は、「2番手を使わないから次点を起用」といったデジタルなものではないでしょう。カップ戦における吉田麻也の献身的なプレイが、指揮官の心を動かしたのだと思われます。ELグループステージ最終節のハポエル・ベールシェヴァ戦で、追加タイムのヘディングシュートがあと50センチ内側に寄っていれば、吉田はヒーローでした。

この後、12月18日のボーンマス戦で3回めのスタメン起用となった日本代表CBは、以来プレミアリーグ9試合で8戦先発。22節のレスター戦で大黒柱のファン・ダイクが負傷離脱した後は、若いスティーブンスを牽引する最終ラインのリーダーとして奮闘しています。フォンテをウェストハムに売ったセインツが後釜のCBを獲得しなかったのは、多分に失敗したのだと思われますが、ストライカーのガッビアディーニを獲るほどの熱意がなかったのも確かでしょう。ピュエル監督は、吉田麻也、ファン・ダイク、スティーブンス(+ガルドシュ)でシーズンを戦うつもりです。方針が定まらない「ティンカーマン」ラニエリ監督の下、途中出場時に貢献するイメージが湧かないと苦しむ岡崎慎司に対して、吉田麻也はうるさいイギリスマスコミからたびたび絶賛されており、日を追うごとに2人の置かれている状況の差は開いているようにみえます。

25節のセインツは、サンダーランドにアウェイで0-4と大勝。激賞されたのは、2月のデビュー以降2試合3ゴールのガッビアディーニばかりではありませんでした。スティーブンスとともに最終ラインを締めた吉田麻也も、ここまで14ゴールのデフォーを完封したと評価され、ファイナルに勝ち進んだEFLカップにおけるイブラヒモヴィッチとの対決が注目されています。負傷さえなければ、今後のプレミアリーグとEFLカップでも、レギュラーとして最終ラインの中央をまかされることになるでしょう。イングランドで初のタイトル獲得を!と応援したいところなのですが、マンチェスター・ユナイテッドに勝つのだけはご遠慮いただきたく…。

シーズン前は、「そうはいっても岡崎は重宝され、10ゴールも狙える」「吉田麻也は出場機会を得られないかもしれず、プレミアリーグは今季限りかもしれない」と思っていたのですが、激動の欧州サッカーシーンは、何が起こるかわかりません。それぞれ応援し続けますが、われわれをより喜ばせてくれるのは、セインツの3番だと思われます。がんばれ吉田!次戦はおいといて、3月頭のワトフォード戦は勝利を!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ルカク殴り込みで大激戦のプレミアリーグ得点王レース、ブックメーカーの予想をチェック!

プレミアリーグをこよなく愛するみなさま、先週末のロメウ・ルカクの4発をご覧になりました?開始1分の先制ゴールが、とにかく圧巻でした。ジェームズ・マッカーシーのパスをボックス手前で受け、ツータッチでクックをかわして左足を振り抜いたゴールだったのですが、中に軽く出したボールを叩いたタイミングは、普通のストライカーよりワンテンポ速く、GKボルツは何もできず。バックパスのミスを拾ってチップキックで決めた2点めともども、「この男は、どれだけ膝が強いんだ」と言葉を失いました。

コールマンのクロスをインサイドで合わせた鮮やかな3点め、クックとタイロン・ミングスの間に割って入ってフィジカルの強さで2人をちぎったフィニッシュもエキサイティングで、グディソン・パークのサポーターたちはチケットの安さをかみしめたのではないでしょうか。クーマン監督が「ワールドクラス!」と手離しでリスペクトしたベルギー代表ストライカーは、プレミアリーグ23試合16ゴールで得点王レースのトップに立ちました。優勝争いはチェルシーの独走気配ですが、こちらのバトルはTOP6が2点以内にひしめく大混戦です。

ルカクが単独トップ、1点差にジエゴ・コスタ、アレクシス・サンチェス、ズラタン・イブラヒモヴィッチ。さらにその下の14ゴールが、1月に5発をまとめたハリー・ケインと孤軍奮闘のジャーメイン・デフォー。出場停止や負傷で11ゴールに留まっているものの、爆発力は上位に引けを取らないセルヒオ・アグエロまでが圏内でしょうか。なかでも興味深いのは、ルカクとジエゴ・コスタの足跡です。先週のアーセナル戦で決められず、今季プレミアリーグで初めて2戦連続ノーゴールに終わったジエゴ・コスタは「ミスター・コンスタント」。一方のルカクは開幕3試合ノーゴール、11月もゼロとときどき沈黙しながら、4節のサンダーランド戦でハットトリック、ボーンマス戦の4発と固め獲りしています。「決めまくって、疲れて休んで」を繰り返しているのが「出たがり王」アレクシス・サンチェス。秋に6試合ノーゴールでメディアに叩かれながら、その後復活して貴重なゴールを積み重ねているズラタンのペースは、チームの調子とリンクしています。

昨季得点王のハリー・ケインは、毎年恒例のスロースタートと負傷で出遅れたものの、11月に目覚めて14試合12ゴールと、差し切り態勢は万全。逆にロケットスタートを決めたアグエロは、チェルシー戦で出場停止を喰らった後はパッとせず、6試合1ゴールと停滞しています。サンダーランドのデフォーが凄いのは、すべてのゴールを自分たちよりも上位のクラブからゲット…すみません。ほめ方を間違えました。今季プレミアリーグで、6割をブービーか最下位で過ごしているチームのストライカーですので、相手が上にいるのはアタリマエです。「低迷しているチームでひとり気を吐き、サンダーランドの24ゴールのうち半分以上の14を決めている」というべきですね。彼がいなければ、デヴィッド・モイーズという名前はクラブの公式サイトから消えていたのではないかと思われます。

さて、プレミアリーグ2016-17シーズンの得点王に輝くのは誰でしょうか。「欧州の大会がなく、プレミアリーグに集中できる」「チーム内にライバルがおらず、ターンオーバーで出場時間が減ることが少ない」「下位との対戦を多く残している」という条件を満たしているのは、青い2人。ジエゴ・コスタが止まることは考えられず、3ヵ月に1回大爆発があるロメウ・ルカクは、春にもう1度ハットトリックを決めそうです。彼らの比較では、優秀なパサーに囲まれているジエゴ・コスタを推したくなります。ペドロ、アザール、マティッチ、セスク、ウィリアン、ヴィクター・モーゼス、マルコス・アロンソ…。多彩なラストパスを繰り出すプレミアリーグ首位クラブのアタッカー陣に対抗するには、ロス・バークリーとミララス、ルックマンには相当がんばってもらわなければなりません。

ヨーロッパリーグがあるハリー・ケインとイブラヒモヴィッチですが、高さという武器があるのが強み。バレンシアやマタがハイクロスを放り込んでくるマンチェスター・ユナイテッドのストライカーが一見有利そうですが、最近の彼らはズラタンへのボールが減っており、エリクセン、デル・アリ、ソン・フンミン、カイル・ウォーカーから多彩なラストパスをもらえるハリー・ケインのほうがシュートチャンスは多くなるかもしれません。ガブリエウ・ジェズスが登場したマンチェスター・シティは、チャンピオンズリーグでアグエロが奮闘した後、若手3トップ作戦を導入してエースを休ませる機会が増えるのではないでしょうか。アレクシス・サンチェスはジルー投入で左にまわることが多く、ゴール数よりもアシストが伸びる可能性もあります。そしてデフォーは…。得点王レースのTOP6で最多となるPK5ゴールのストライカーは、ヤヌザイやボリーニのラストパスに期待するより、彼らがボックスで引っ掛けられるのを待ったほうが…とは冗談ですが、チャンスの絶対数で上位クラブの点取り屋たちにはかなわないでしょう。

材料が揃ったところで、ブックメーカーの予想をチェックしつつ、私も乗ってみたいと思います。ブックメーカー大手の「ウィリアム・ヒル」のオッズは、ジエゴ・コスタとハリー・ケインが4.0で1番人気、イブラヒモヴィッチが4.33、ルカク5.0、アレクシス・サンチェス8.0、アグエロ10.0、デフォー17.0。なるほど。プロはそうつけますか。私の予想は、フラットならジエゴ・コスタ推しですが、ベットするなら色気を出してルカクに大枚はたき、対抗にイブラヒモヴィッチ、ジエゴ・コスタを押さえで少々といった按配です。サンダーランド、ハル・シティ、スウォンジー戦を残しており、内弁慶でアウェイ未勝利のレスター&バーンリーをグディソン・パークで容赦なく叩けるルカクの爆発力に期待してみました。さあ、あなたの本命は、誰ですか?


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ