17歳の怪物はどうなる!? PFA最優秀選手&最優秀若手選手のノミネートに盛り上がる!

ガレス・ベイル、ルイス・スアレス、エデン・アザール、リヤド・マフレズ、エンゴロ・カンテ。直近5年はドリブラーが優勢ですが、今季プレミアリーグではプレーメイカーが本命視されています。先週末、PFA(プロサッカー選手協会)が、22日に発表される年間最優秀選手と最優秀若手選手について、それぞれノミネート6名を発表。ペップのフットボールが席巻したシーズンらしく、マンチェスター・シティの選手が半分を占めています。「週末、ともに戦っている選手から支持されるのは最高のリスペクト」とジョン・テリーが語るこの賞は、リーグの表彰の最高峰といっていいでしょう。さっそく、MVPのほうからエントリーされた選手の顔ぶれを見てみましょう。プレミアリーグ30ゴールのモー・サラーと、15アシストのデブライネの一騎打ちムードですが、他の4人も素晴らしい顔ぶれです。

マンチェスター・ユナイテッドの守備を支えたダヴィド・デ・ヘアは、チームが優勝していれば、1977-78シーズンのピーター・シルトン以来40年ぶりとなるGKの受賞を実現させていたでしょう。トッテナムの最前線でコンスタントな活躍を見せたハリー・ケインは、最後に昨季のような固め獲りを見せられれば、3季連続のプレミアリーグ得点王に輝く可能性があります。デブライネに次ぐ12アシストを決めているレロイ・サネは、最優秀若手選手とダブルでノミネート。11アシストで3位のダヴィド・シルヴァは、ゴール数では7発のデブライネをひとつ上回っています。

選ばれなかったプレーヤーのなかで、最も肩入れしたくなるのはプレミアリーグ33試合15ゴール7アシストのロベルト・フィルミーノではないでしょうか。余談ですが、名誉あるこの賞はシーズン終了直後に実施したほうがいいのではないかと毎年のように思います。プレミアリーグが主催する表彰とのかぶりを回避したいのかもしれませんが、モハメド・サラーがビッグイヤー獲得とプレミアリーグ歴代最多の36ゴールをダブルで達成していれば、そちらに流れる票が増えるはずです。

「あくまでもプレミアリーグの表彰であり、チームの優勝に貢献したという事実は個人賞でも評価されるべき」という主張を取ればデブライネで決まりですが、近年まれに見るハイレベルな争いだけに、「すべての試合を終えた後の足跡で決められないか」というひとことが喉元まで出かかってしまいます。決してサラー推しというわけではなく、デブライネなら納得ではあるのですが…。


【PFA最優秀選手ノミネート】
ダヴィド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
ダヴィド・シルヴァ(マンチェスター・シティ)
モハメド・サラー(リヴァプール)
レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
ハリー・ケイン(トッテナム)


23歳以下から選出される最優秀若手選手候補の6人を見た瞬間、一気にテンションが上がりました。ライアン・セセニョン!チャンピオンシップ所属の選手がノミネートされたのは、史上初の快挙だそうです。3位につけているフラムで、ウイング、WB、SBをすべてこなす獅子奮迅の活躍を見せた17歳の怪物は、42試合14ゴール6アシストという出色の数字を残しています。プレミアリーグ17ゴール8アシストのスターリング、ペップサッカーを体現したエデルソン、こちらで選ばれたら違和感爆発のハリー・ケインなど錚々たるメンバーのなかで、直接対決したことがない選手たちの支持を得ることができるのでしょうか!?

【PFA最優秀若手選手ノミネート】
エデルソン(マンチェスター・シティ)
ライアン・セセニョン(フラム)
ハリー・ケイン(トッテナム)
マーカス・ラシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
ラヒム・スターリング(マンチェスター・シティ)


ラシュフォードが選ばれるなら、エンディディ、デル・アリ、リシャルリソン、ウォード=プラウズ、クリステンセンもぜひノミネートを!とツッコミたくなるところですが、いい出すとキリがなくなるので、ここは収めましょう。私の受賞予想は、MVPがデブライネ、若手はサネ。投票するなら若手はエデルソンです。セセニョンはノミネートまでならおもしろいのですが、トップリーグで活躍したうえで選ばれるのが筋というものでしょう。今週末、満面の笑みでトロフィーを掲げるのは誰でしょうか。マンチェスター・シティの司令塔なら「はにかんだ笑み」という表現のほうがぴったりですね。ミッドウィークのプレミアリーグを愉しみながら、22日を待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「自分の肩に触った!」ハリー・ケインの25発めが認められたとき、ライバルのサラーは…!

先日、プレミアリーグ観戦記のストークVSトッテナムで、「エリクセンのFKをバトランドが獲れなかったスパーズの2点めのシーンで、ハリー・ケインは触っていない!」と主張したのですが、天才プレーメイカーと私は逆転敗訴となったようです。「スカイスポーツ」「テレグラフ」など現地メディアが、エリクセンのゴールとしていたプレミアリーグが、GKの前でハリー・ケインが触っていたと認めたと報道。昨季プレミアリーグ得点王のゴール数は25となり、ランキングTOPを走るモー・サラーとの差は4発に縮まりました。

いや、これは失礼しました。どうしても3季連続でプレミアリーグNo.1のゴールゲッターになりたかったジャイアンが、スネ夫から無理やりゴールを強奪しようとしたかのように書いてしまいました。この場で訂正いたします。「エリクセンのFKが自分の肩に当たったとアピールしていた10番は、強奪作戦を成功させました」。…もとい、ハリー・ケインにはボールがヒットした感触があり、その瞬間を捉えたアングルの映像があったということなのでしょう。「スカイスポーツ」は、「エリクセンがチームメイトにゴールを譲ったことをハッピーと語った」と報じています。

「僕にはわからない。彼が自分のゴールのようにセレブレートしていたので、触ったんだなと思った。僕はアシストを決めたんだろう。素晴らしいことだ。映像を見れば、それが事実かどうかはわかるよね。それだけだよ」(クリスティアン・エリクセン)

この顛末について、メディアはライバルのツイートを取り上げることも忘れていませんでした。「テレグラフ」の見出しは、「Liverpool players mock Premier League decision to award disputed goal to Harry Kane(リヴァプールのプレーヤーは、ハリー・ケインの得点王を争うゴールにおけるプレミアリーグの決定をいじる)」。モー・サラーは、発表の15分後という自らのドリブル並みの速さで、Twitterにひとことだけ残しています。

「Wooooooow really?」

ワイナルドゥムとアーノルドが、チームメイトを援護射撃すべく決定に対して驚きを表明すると、「Kane>you」などとツッコミを入れるファンも出現し、Twitter界隈は明るく盛り上がっておりました。昨季は29ゴールをゲットしたハリー・ケインは、ラスト5試合で9ゴールを挙げております。週末のマンチェスター・シティ戦以降の対戦相手を見ると、ブライトン、ワトフォード、WBA、ニューカッスル、レスター。順位テーブルの中位とぶっちぎり最下位という「目標がないクラブ」が勢ぞろいです。大爆発の予感漂うスパーズのエースに対して、CL準決勝を戦うレッズのスピードスターは逃げ切ることができるでしょうか。CL出場権獲得バトルの趨勢が決しつつあるなか、得点王争いのほうは当確印を打つのはまだ早いようです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

引退か、プレミアリーグ復帰か…ジョン・テリーの未来に関する報道がヒートアップ!

来季プレミアリーグで13試合に出れば通算505試合出場となり、リオ・ファーディナンドとスティーヴン・ジェラードを抜き去ってTOP10入り。17試合に記録を伸ばせば509試合でジェイミー・キャラガーをかわし、プレミアリーグ最多出場DFの座は彼のものになります。チェルシーで20シーズンを過ごした後、ワンクラブマンとしてスパイクを脱ぐのをよしとせず、アストン・ヴィラでのチャレンジを選んだジョン・テリー。11月の負傷で2ヵ月ほど欠場したものの、チャンピオンシップ28試合出場とチームの中心として活躍しています。

ヴィラは現在、勝ち点69で4位につけており、2位のカーディフと7ポイント差。ストレートインは難しくなってきましたが、プレミアリーグ昇格を賭けたプレーオフには進めそうです。4チームで争うミニトーナメントで勝者となり、トップフライトに返り咲いたら、38歳になるテリーはどうするのでしょうか。現地メディアの見解は、真っ二つに割れています。

3月上旬に、「プレミアリーグ昇格なら現役続行の意向」と報じたのは「デイリー・ミラー」。地元紙「バーミンガム・メール」もこれを支持し、ディレクターのスティーヴ・ラウンド氏が明言したと伝えています。一方、今季が最後のシーズンと主張するのは「スカイスポーツ」です。未来についての議論はまだなされていないと前置きしつつ、「テリーは古巣チェルシーでマネージャーになるという野望に向かう」と予測。「デイリー・スター」も、クラブのプレミアリーグ昇格に貢献した後は、最も厳しい決断を下してコーチングの世界に身を移すと報じています。

プレミアリーグ優勝5回、FAカップ制覇5回というチェルシーの黄金時代に中心選手として活躍し、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグまで制したレジェンドに、新たなモチベーションは生まれるのでしょうか。「バーミンガム・メール」は、新契約の懸念材料として、現在の週給7万ポンドは削減される見通しと伝えています。事実ベースでいえば、「今は誰にもわからない」「少なくとも2紙はガセネタ化する」ということになりますが、これらの記事を読んでヴィラに注目するファンが増えれば、マスコミの狙い通りということになるのでしょう。

偉大なCBに敬意を表して、中途半端な憶測をかぶせるのはやめましょう。愛するチェルシーを泣く泣く離れてまで現役にこだわったテリーに伝えたいのは、「”やりきった”といえるまでプレイしてください」というひとことだけです。どんな決断を下すのかは本人のみぞ知るですが、心の準備はしておいたほうがよさそうです。チェルシーのレジェンドの年度別成績を眺めていて、あらためて思いました。プレミアリーグで最も成功したCBはこの人だった、と。シーズンが終わる前に、もう1度ヴィラの試合を観ておこうと思います。ひとつの時代の終わりを告げられるような、せつなさを感じながら。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「I need to be vocal」…ヴィルジル・ファン・ダイクがリヴァプールにもたらしたもの。

「道が閉ざされたとは思わなかった。彼のような選手から学べる絶好の機会だからね」。今季プレミアリーグでは、右サイドをまかされることが多いジョー・ゴメスは、ヴィルジル・ファン・ダイクの入団について当初からポジティブだったと語っています。「新しい選手が来ることを過度にストレスに感じたりしない。そういった選手たちから学べるのは素晴らしい環境だと思う。僕は最高のスポンジになろうとしている」。DFとしてプレミアリーグ最高額の7500万ポンドで移籍したCBに対して、真ん中でプレイできる機会が減った20歳のイングランド代表DFは諸手を挙げて称賛しています。「絶大な存在感がある。プレイは支配的で、彼のボディランゲージはボールを持ったときのクオリティが高いことを示している」。ファン・ダイクの素晴らしさを実感しているのは、6つ年下の元CBばかりではないでしょう。

1月の入団以降、ファン・ダイクが出場したプレミアリーグ7試合は6失点しか喫しておらず、3試合がクリーンシート。不在の24試合で33失点のレッズは、明らかに守備力が向上しました。最初に目につく数字は、空の支配力です。1試合平均6.5回のヘディングを成功させており、勝率82%は過去6週間のプレミアリーグでTOP。193センチという長身に加えて、落下点をジャッジするのが早く、常に余裕をもって飛んでいるのが圧倒的な勝率につながっているのだと思われます。以前はハラハラだったセットピースも、今は落ち着いて見ることができるようになりました。空中戦だけでなく、ニアに入ってクロスをカットするシーンや、シュートコースを切る動きからも先読みの能力の高さが窺えます。開幕当初は、1試合あたりで13本のシュートを喰らっていたレッズは、プレミアリーグ平均の9.8を下回る7.9まで被弾を減らすことができました。

ポジショニングのよさに加えて、特筆すべきはリーダーシップです。「I need to be vocal」。デヤン・ロブレンの集中力が高まり、ロリス・カリウスが落ち着いてプレイできるようになったのは、「常に声を出さなければいけない」とリヴァプールの公式サイトに語った彼のコーチングのおかげでしょう。セットピースでは逆サイドのSBにまで指示を飛ばすCBによって、レッズの最終ラインが混乱するシーンは激減し、ヘンダーソンやエムレ・ジャンは高い位置でプレイする時間が増えました。「入って2週間半でフィジカルを100%フィットさせることができた。ハダースフィールド戦を欠場して、再びプレイすることになったときには、戦い方がテーマだった。いつも助けてくれる監督や仲間と話し、最初の頃より理解が深まった」。セインツとポルトを連続で完封した頃から、レッズの守備陣は目に見えて冷静に守れるようになっていました。

「CBのようなポジションは、組織的にやらなければならないんだ。いつも忙しくしていないと。そうすれば、ラクになるからね」。風貌とデュエルの強さから、ハードマーカーと思われがちなファン・ダイクですが、最大の強みはポジショニングやコーチングといったボールがないときのプレイだと思います。プレミアリーグで同じようなセンスを感じるのが、オタメンディ、アスピリクエタ、アルデルヴァイレルトです。最近、トッテナムのCBには移籍の噂が流れていますが、記事を読むたびに「ファン・ダイクとアルデルヴァイレルトが並んでいるところを見てみたい」という欲望にかられます(スパーズサポーターのみなさん、ごめんなさい)。新しいオランダ代表キャプテンは、サラーやフィルミーノ、ヘンダーソンとともにレッズをどこまで連れていってくれるのでしょうか。4月4日にマンチェスター・シティと戦うチャンピオンズリーグが待ち遠しくなる今日この頃です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ