ブラボのセービングはプレミアリーグ最悪!? 絶不調GKをどうするのか、ペップの采配に注目!

ボクシングデーの前には、ロリス・カリウスの不安定なセービングが話題になっておりましたが、ここ1週間は、クラウディオ・ブラボの話題でもちきりです。トム・デイヴィス、ルックマンと2人の10代の選手にゴールを許したエヴァートン戦の4-0大敗がショッキングであったこと、プレミアリーグの公式データサプライヤー「Opta」がわかりやすいデータを出したことが、バルサからやってきたGKを追い込んだのでしょう。「デイリー・ミラー」は、「Horrendous stat proves Man City's Claudio Bravo is currently the worst goalkeeper in the ENTIRE Premier League(ゾッとするスタッツが、マン・シティのクラウディオ・ブラボがプレミアリーグ全体で最悪のゴールキーパーであることを示している)」と題された記事で、枠内シュートのセーブ数に関するデータを紹介。ブラボは、最近のゲームで受けた22本の枠内シュートのうち8本しか止めておらず、ブービーのボルツ、リー・グラント、フォースターらに3差をつける明らかな最下位となっています。

最も多くのシュートをストップしているのは、バルセロナでブラボの前任だったヴィクトル・バルデス。ひと足先にプレミアリーグに慣れたミドルズブラのGKは、直近22本のうち19本をセーブしています。2位がデ・ヘアとランドルフの18本。絶好調のトム・ヒートンと首位チームのクルトワが17本、プレミアリーグ最少失点チームを支えるロリスは16本、ノースロンドンのライバルに負けじとチェフも同じ数字で並んでいます。

このデータを見て「22本という切り方は恣意的で、ブラボに都合の悪いデータを仕立てているのではないか?」と思われる方もいるかもしれませんが、GKに関する大半のデータが、ブラボの出来がよくないことを示しています。セーブ数31は、1000分以上出場しているGKでは最下位。以前に「大丈夫、いずれ勇気を取り戻す!ブンデスリーガNo.2GKだったロリス・カリウスの復活に期待!」という記事で紹介させていただいた「相手のシュート数から導き出したゴール予測値と、実際の失点数」でも、ブラボより悪いのはマンダンダとツィーラーだけです。シュートを決められたのがすべてGKの責任というわけではないのですが、ビッグセーブでチームを救っている守護神は、おのずといい数字が出るものです。

リヴァプールのロリス・カリウスがミスを連発してメディアに叩かれた後、クロップ監督は即座に対応。16節のミドルズブラ戦以降はプレミアリーグはミニョレ、カップ戦はロリス・カリウスというシフトに切り替えました。控えにまわっていたベルギー代表GKは、昨季までとは別人のような素晴らしいプレイを見せており、レッズは直近6試合を4失点。唯一2点取られたサンダーランド戦はデフォーのPK2発で、GKが責任を問われる失点は弾き切れなかったウォルターズのヘディングだけです。ペップは、先人に倣って当面カバジェロ起用としてもいいのではないでしょうか。プレミアリーグのTOP6で、GKとCBの両方に新戦力を置いているのはレッズとマン・シティだけで、クロップ監督が手を打った今は、ペップのチームのみです。バーンリー戦でパンチを空振りして失点の原因となり、エヴァートン戦では枠内シュートをすべて決められた絶不調のGKと、度重なるミスで自信喪失気味のジョン・ストーンズを同時起用し続け、「新しいスタイルに慣れろ」「冷静に戦え」とあれこれ求めるのは厳しいのではではないかと思います。

マンチェスター・シティの守備における課題について、アーセナルOBのマーティン・キーオン氏と「マッチ・オブ・ザ・デイ」のフィリップ・ネビル氏が興味深い指摘をしています。「マン・シティの守備陣はボールを失ったときの切り替えが遅く、ポジショニングが悪い」と語るのはキーオン。フィリップ・ネビルは「ジョン・ストーンズのミスばかりが槍玉に挙がるが、エヴァートン戦は3つの失点で、オタメンディとクリシーがポジションも判断も誤っていた」とコメント。DF陣がブラボを信頼し切れていないために落ち着かないという面もあるかもしれませんが、GKにも同情の余地はあるようです。ただし、このふたりはブラボについて、ほぼ同じことをいっています。

「クラウディオ・ブラボのワールドクラスのセービングを1本も思い出せない。プレミアリーグ18試合で、マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍は1回もない」「優勝するチームには、DFが厳しいときに救ってくれるGKがいるものだ」(マーティン・キーオン)
「優勝するためには、大事なシーンでセーブしてくれるGKが必要だ。ここ10年、20年のチャンピオンチームを見てみよう。そのストップでシーズンに9~12ポイントの価値を生み出しているGKがいるはずだから」(フィリップ・ネビル)

ブラボが素晴らしいセービングでチームを救えるようになるまでには、時間が必要でしょう。ジョー・ハートが恋しくなる状況ですが、ペップはどんな判断を下すのでしょうか。新守護神がプレミアリーグを手のうちに入れるのを待つか、カバジェロに託すか、冬のマーケットで動くのか。リーグ戦での4-0敗戦は自身のワーストだった名将が、守備をどう立て直すかに注目したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ12月表彰は文句なし!コンテは史上初の3ヵ月連続、ズラタンは6戦5発!

最優秀監督は6戦全勝、MVPは6戦5発。負け知らずだったチームから選ばれたプレミアリーグの12月表彰に、異を唱える方はいないのではないでしょうか。チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、史上初の3ヵ月連続受賞。マンチェスター・シティを3-1と撃破しての6連勝、得点13失点3に他の監督は及ばず。最多受賞回数の27回を誇るサー・アレックス・ファーガソンや、コンテと並ぶプレミアリーグ13連勝のレコードホルダーであるアーセン・ヴェンゲルが成しえなかったトリプルを達成しました。MVP初受賞のズラタン・イブラヒモヴィッチは、WBA戦の2発をはじめ、エヴァートン、クリスタル・パレス、サンダーランドから次々とゴールをゲット。足の裏で巧みに決めたミドルズブラ戦のボレーを、後から飛び込んできたヴィクトル・バルデスへのチャージと取られる不運がなければ、1試合1ゴールペースで年末を駆け抜けたことになります。普段はむやみにアツい激情の指揮官もゴッドも、受賞に際しては冷静かつ謙虚なコメントを残しています。

「素晴らしいチームメイトと監督がいる素晴らしいクラブでプレイしている」(ズラタン・イブラヒモヴィッチ)
「この輝かしい栄誉は、みんなで受賞したものだ。選手やスタッフ、クラブに感謝している」(アントニオ・コンテ)

おもしろいのは、監督賞ではチェルシーの指揮官がマンチェスター・ユナイテッドを1歩だけリードし、MVPはマン・ユナイテッドのストライカーがチェルシーのエースを1点だけ上回ったことです。ジョゼ・モウリーニョは5勝1分。ドローに終わったエヴァートン戦が3-0勝利であれば、数字上はコンテ監督と肩を並べていました。決勝ゴール2発を含む6戦4ゴールだったジエゴ・コスタは、もう1点取ってライバルに並んでいれば、エヴァ―トン相手に先制点を挙げながら追いつかれたズラタンに対して「決めた試合は全勝」のアドバンテージで賞をさらっていた可能性があります。高いレベルの争いを制したコンテ、ズラタンの2人に、惜しみなく拍手を送りたいと思います。おめでとうございます!

現在、最も強いチームを挙げろといわれれば、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドの決戦投票となるでしょう。10月からの3ヵ月、プレミアリーグで負けがなかったチェルシーは、1月4日のロンドンダービーでトッテナムに連勝を止められたものの、直近15戦を13勝2敗。マンチェスター・ユナイテッドが最後に負けたのは11月頭のヨーロッパリーグ、フェネルバフチェ戦で、以降の公式戦15戦を12勝3分で走り抜けており、連勝を9つまで伸ばしています。両者に共通しているのは、中央の背骨がしっかりしていること、エースとチャンスメーカーが結果を出していること、守備が安定していることです。

チェルシーの中央にはジエゴ・コスタ、カンテ、ダヴィド・ルイスという不動のレギュラーがおり、マンチェスター・ユナイテッドはズラタン、キャリック、フィル・ジョーンズ。ジエゴ・コスタがアザールとのコンビでゴールを量産しているのに対して、ズラタンのフィニッシュの多くにポグバが関わっています。直近15試合の失点を比べてみると、実は8失点のマン・ユナイテッドがチェルシーより1点少ないのですが、得失点差26は奇しくも同じです。勝てば勝つほどテンションが上がるコンテ監督と、勝利を重ねている間はプレスルームでおとなしいモウリーニョ監督の対決は、ひと足早くベストフォーメーションを探り当てたチェルシーの指揮官がリードしていますが、セリエA3連覇のイタリア人監督がこのまま逃げ切るのか、プレミアリーグ3回制覇のポルトガル人監督が鮮やかに差し切るのか。絶好調の2チームに、リヴァプール、マンチェスター・シティ、アーセナル、トッテナムが絡む壮大なスペクタクルは、チェルシーの独走では終わらないのではないかと思います。今週末も、楽しみです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

凄すぎるアレクシス・サンチェス!「最高の選手」と評価する現地紙のスタッツ分析をチェック!

多くのグーナーが、プレミアリーグ5位に落ちてしまったチームを見て、サンティ・カソルラの不在を嘆いているでしょう。しかし、イギリスメディア「デイリー・メール」は、アーセナルが最も失ってはならない選手は、今季13ゴール7アシストという抜きん出た数字を記録しているプレミアリーグNo.1のアタッカーだと主張しています。「Arsenal star Alexis Sanchez is the most important player in the Premier League... the stats that show why Arsene Wenger can't afford to lose him(アーセナルのスター、アレクシス・サンチェスはプレミアリーグにおいて最も重要なプレーヤーである。スタッツは、アーセン・ヴェンゲルが彼を失ってはならないことを示している)」という長い見出しの記事は、ドリブル成功数やタッチ数など、さまざまなデータを紹介しながら今季の7番の偉大さを語っています。

13ゴールはジエゴ・コスタに次ぐ第2位、7アシストはデブライネとマット・フィリップスのすぐ下。ガナーズは、今季プレミアリーグで44ゴールを挙げているのですが、アレクシス・サンチェスはチームの45.5%の得点シーンに直接関わっていることになります。チャンスクリエイトでは、1位がディミトリ・パイェの74、2位はデブライネの58、3位がエリクセンの55で、アレクシスは54で4位。ドリブル成功数はアザールの87、ザハが80、アダマ・トラオレが73で、スターリング55、ポグバ54、52のアレクシスは6位にランクインしています。さらに「ボックスのなかでのタッチ数」は145を数え、イブラヒモヴィッチの150、スターリングの145に続く3位。タブロイド紙は、「ズラタン、ルカク、デフォーやマネとララナのデュオも、スタッツからチームにとって重要だとわかるが、アーセナルにおけるアレクシス・サンチェスほどではない」と言い切っています。

私のほうからも、アーセナルのエースにまつわる素晴らしい数字を付け加えましょう。枠内シュート数28はズラタン、アグエロの次。「Hit Woodwork」、すなわちクロスバーやポスト直撃のシュートはデブライネの6本、ズラタンの5本に次ぐ3位。スルーパス32本は、2位ポグバの20本を大きく引き離すぶっちぎりのTOPです。攻撃に関するスタッツにおいて、これだけ多くの項目で上位に顔を出している選手は他にいません。最前線でも左サイドでも脅威となり、ワンタッチゴール、ミドルシュート、ドリブル、ラストパス、チャンスメイクのどれを取っても高水準。彼を失えば、アーセナルはセカンドグループのままで淡々とシーズンを終えることになるのではないかと思われます。

無事にフルシーズンを過ごせれば、プレミアリーグ2016-17は7番にとってキャリアハイのシーズンとなるはずですが、記事も私も気にしているのは、明らかに溜まりつつある彼のフラストレーションです。クリスタル・パレス戦の最終盤には、チェンバレンがフリーのシュートを左に外した瞬間にピッチに座り込み、ボーンマス戦でジルーが同点ゴールを決めた際は、スコーピオンパフォーマンスに時間を費やしていたジルーとチームメイトに激怒。いち早くハーフラインに戻っていたアレクシス・サンチェスは、勝ち点1にはまったく価値を感じていなかったのでしょう。ヴェンゲル監督は、「他の選手たちもサンチェスと同様に結果にこだわっており、勝てなかったことにがっかりしていた」と語っておりましたが、勝利を渇望する彼の気持ちの強さが仲間との軋轢の原因や、チームに対する失望とならないことを祈っています。

ヴェンゲル監督が、2018年の夏に契約が切れるアレクシス・サンチェスをノースロンドンに留めたければ、アーセナルがプレミアリーグやチャンピオンズリーグを勝てるチームなのだということを証明しなければいけません。タイトルさえ獲れれば、クリスティアーノ・ロナウドとメッシが交代で占めているバロンドール獲得も夢ではないアタッカーは、チームメイトとともに栄冠を手にすることができるでしょうか。彼自身にとっても、ガナーズの未来にとっても、今季はこれまで以上に重要なシーズンとなりそうです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

とにかくおもろい!ズラタン・イブラヒモヴィッチのプレミアリーグ発言録2016

最初に申し上げたいのは、ミシェル・プラティニとブライアン・ロブソンに惹かれてサッカーを見るようになった私の好きなタイプは、今のプレミアリーグでいえばエジルやエリクセンのような天才肌で繊細なプレーメイカーか、デブライネやパイェのようにピンポイントのパスを出せるテクニシャンなのであるということです。マンチェスター・ユナイテッドサポーターとして過去最高の選手を挙げれば、「エリック・ザ・キング」カントナ。この対極にいるのがフィジカルモンスターで、2002年の日韓ワールドカップの決勝を横浜で観戦したとき、2ゴールを決めたロナウドを素晴らしいとは思ったものの、心は躍りませんでした。ゆえに、ズラタン・イブラヒモヴィッチのマンチェスター・ユナイテッド入りの噂を聞いた瞬間は、「おお!」よりも「ん?」でした。エジルに好意を抱く人間が、「王のように来て、レジェンドとして去る」などといってパリを退団した俺様キャラにテンションが上がるわけがありません。ところが…。

完全に洗脳されました。ズラタン・イブラヒモヴィッチ、最高です!おもしろい!

入団して3週間もしないうちに、最初の症状「しびれる」がきました。私のプレミアリーグ流行語大賞2016は、これです。エリック・カントナが「マンチェスターのキングは1人しかいない」と、ズラタンを挑発したときの切り返しが最高でした。「カントナには感心するね。マンチェスターのキングになるつもりはないよ。俺はマンチェスターの神になる」。きました。プレミアリーグが始まる前から、いきなり、神宣言ですか!?いや、思い出せば、ズラタンは以前から神でした。1年半ほど前に「テレグラフ」が紹介していたズラタン名言集から、神の発言を引用しましょう。

レポーター「ワールドカップの欧州プレーオフを勝ち抜くのはどこ?」
ズラタン「神だけが知ってるよ」
レポーター「神に聞くのは難しそうね」
ズラタン「なぜ?あなたは今、その神を見つめているじゃないか」

…次にいきましょう。ここまでは、ズラタンのパブリックイメージそのものなのですが、やられたと思ったのは、モウリーニョ監督のこの言葉です。「彼(=イブラヒモヴィッチ)は、いつもまわりを楽しませようと思っている。キットマン(用具係)とも仲がよくて、『神の汗を拭うタオルをくれ』といったときは、その場は爆笑の嵐だった」。数々の発言は、マスコミ受けを狙っていたのだとばかり思っていたのですが、まさかボケるとは!?おもしろいです、ズラタン。ポグバが入団を発表したとき、インスタグラムで「俺のユニフォームがヤツを連れ戻した」とやって、ポグバに「この男は有名になりたいんだろう。俺と写真を撮ってね」と返されると、すかさず「俺がお前を有名にしてやってるんだよ」。このあたりから、稀代の神キャラは奥が深そうと興味津々だったのですが、期待に違わずやってくれます。

しかも神は、ちょっと目を離した隙に、別なキャラになっていたりします。10月には、「超ナポレオン」でした。

「アメリカでプレイすることは、大きな選択肢のひとつだ。自分がアメリカも征服するシーンが見えるよ。ヨーロッパでやってきたみたいにね。俺はナポレオンのように旅をしてきた。新しい国に足を踏み入れるたびに、その地を征服してきた。ナポレオンもできなかったことをするべきなんだろうね。大西洋を横断し、征服するんだ」

そして直近は、ワインです。最初は、プレミアリーグは難しいリーグだからしっかり準備してきたとマジメに語っていたのですが…。

「50歳までプレイできるね。赤ワインのように年を重ねるごとにうまくなる。みんな、ワインが好きだろ?俺がそのいい例だよ。年を重ねるごとにプレイがよくなる」

今まで、チャンピオンズリーグ以外で彼のプレイをしっかりチェックしたことがなかったのですが、マンチェスター・ユナイテッドに来てから毎週観るようになり、「若い頃の彼は、決してうまくはなかった」といわれていたことを思い出しました。ポストプレーは、ときどき雑です。オリヴィエ・ジルーのほうが明らかに上でしょう。トラップがアバウトなのは、フィジカルが強いがゆえに何とかなってきたからだと思われます。ただし、キックの破壊力とボールをミートする技術はワールドクラス。予測不能のズドン!とヘディングの強さでプレミアリーグ16戦11発、直近10試合10ゴールは並みの選手では残せない数字です。しかし…。

素晴らしい選手ではあるのですが、私の好みからはかけ離れていました。当初は、プレイを観ながらイライラしたこともあったのですが、何しろ凄いシュートを決めてマンチェスター・ユナイテッドを勝たせてくれるものですから、神キャラの痛快さに取り込まれつつ徐々に好きになってしまいました。今では、素晴らしいポストプレーを見ると「今日は調子が悪いのかな?」などと思ってしまいます。勝利にこだわるメンタリティが若い選手たちにいい影響を与えていると紹介されることがありますが、ポグバやルーク・ショーからすれば、「おもろいアニキ」でもあるのでしょう。

そんなズラタンですが、この言葉には感動しました。チームメイトの泥酔事件がメディアを賑わせていることに対して、ジョークを一切交えず語ったコメントです。

「ウェイン・ルーニーのようなキャリアを積んできたイングランド人選手がどれほどいるというのか。(メディアは)冷静になるべきだ。彼のような選手がこのような状況に置かれていることを、とても残念に思う」

いや、素晴らしい。これからも、驚愕のシュートと神キャラで、われわれを楽しませていただけるものと期待しております。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ