若きSBは23連勝がストップ、ヴィラの主将は20連敗…史上最長★プレミアリーグの天国と地獄!

ガブリエウ・ジェズスが92分に突き刺したゴールがVARによって取り消されたとき、22歳のテクニシャンが続けていた偉大な記録が途切れました。2016年の夏にマンチェスター・シティに加わったオレクサンドル・ジンチェンコは、プレミアリーグデビュー以来23連勝という数字を残していたのです。最初の1年はPSVアイントホーフェンにレンタルされ、ペップの2年めにチームに呼び戻されると、2017‐18シーズンはプレミアリーグ8試合出場。19歳で初キャップのウクライナ代表で、あのシェフチェンコの最年少ゴール記録を塗り替えた神童は、スター揃いのクラブでは本職の中盤で起用されるには至りませんでした。

まかされたポジションは、バンジャマンメンディが長期離脱となった左SB。1月から1ヵ月半だけレギュラーとして起用されたものの、バンジャマン・メンディが復帰すれば出番はなくなると見られており、2018年の夏にはマン・シティとウォルヴァー・ハンプトンがクラブ間合意と報じられました。プレミアリーグ昇格クラブで出場機会を増やすものと思われたジンチェンコは、土壇場で移籍話を蹴ってペップのチームでチャレンジする道を選択。この決断によって、デブライネにそっくりのプレーメイカーは、引き続きプレミアリーグの全勝記録を積み上げていくことになります。

2018‐19シーズンは、バンジャマン・メンディが再度負傷したことにより2月からレギュラーに定着。プレミアリーグ出場は14試合と前シーズンより増え、ピッチに立った試合の通算成績は22戦全勝となりました。国内トレブルを達成したチームで居場所を確立したレフティは、新シーズンの開幕節のウェストハム戦で記念すべき勝利をゲット。23連勝は、大先輩のダヴィド・シルヴァが2017‐18シーズンに創った史上最多連勝とタイレコードで、「デビュー以来」という言葉が加われば前人未到の大記録です。

ここまでのスタッツがまた凄い!23試合のゴール数は61で、失点はわずか7。2ゴールを許した試合はひとつもなく、クリーンシートが16回。ダヴィド・シルヴァの23連勝は失点13、クリーンシートは12回に留まっており(これも凄い)、実はジンチェンコこそがエースなのではないかと思えてきます。スパーズ戦で初の2失点、初のドローとなってしまいましたが、左サイドの後方にプレーメイカータイプがいる変態チームはやはり脅威です。今季はアーノルドのシーズン12アシストというプレミアリーグのSB最多記録を破り、通算3アシスト&チャンスメイク3回というもの足りないスタッツを上書きしていただければと思います。

さて、勝者がいれば、同じ数だけ敗者がいるのがフットボールの世界。プレミアリーグに復帰したアストン・ヴィラに、よくぞここまで移籍せずに耐え抜いたと拍手を送りたい若手がいます。ジンチェンコよりひとつ年上、23歳でキャプテンを務めるジャック・グリーリッシュが最後にプレミアリーグで勝ったのは、2014‐15シーズンの36節、5月9日に行われたウェストハム戦です。このシーズンのラスト2試合を連敗で終えたアタッカーは、20歳で迎えた2015‐16シーズンで出場した16試合を全敗という不名誉な記録を作ってしまいました。

彼がいなかった22試合は3勝8分11敗と、敗戦率50%。運が悪いのか自分が悪いのか、それとも「悪童」に科せられた天罰か。わからないままチャンピオンシップで耐えること2年。やんちゃな少年は、頼もしいオトナへとキャラ替えに成功しました。2019年の夏、ようやくトップリーグに戻ってきたグリーリッシュは、以前に誘ってくれたスパーズとの一戦で残り20分まで1‐0でリードしていました。

このままいけば久々の勝利。追いつかれても久々の勝ち点。ああ、それなのに…。73分にタンギ・エンドンベレに決められた後、残り4分でメラにインターセプトを喰らったのは誰あろうグリーリッシュでした。シュートのディフレクションを押し込んだハリー・ケインは、90分にとどめの3発めをゲット。2節のボーンマス戦は、本拠地ヴィラ・パークだったにも関わらず、12分までに2発叩き込まれて完敗を喫してしまいました。

トータル20連敗は、プレミアリーグのワーストレコード。ドローすらない暗黒の日々を過ごす選手の気持ちはいかばかりか。今後の4試合は難敵揃いで、ヴィラ・パークがエヴァートンとアーセナル、アウェイゲームはクリスタル・パレスとウェストハム。ここで4連敗となっても、バーンリー、ノリッジ、ブライトンと続く3連戦のどこかで歓喜の瞬間が訪れるのではないでしょうか。アストン・ヴィラが勝ったら、グリーリッシュに聞いてみたいことがあります。「宿敵バーミンガムに勝つのとどっちがうれしい?」。6歳からヴィラでプレイしている生え抜きは、もしかすると…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2018-19のUEFA年間MVPにノミネート!ファン・ダイクの凄さを物語るスタッツまとめ!

リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ヴィルジル・ファン・ダイク。8月29日に発表される2018-19シーズンのUEFA年間MVPに、プレミアリーグNo.1といわれるCBがノミネートされました。バルセロナをラ・リーガ制覇に導いたメッシ、ユーヴェの8連覇に貢献したCR7に対して、ファン・ダイクのリヴァプールはプレミアリーグ2位ですが、こちらにはビッグイヤーという強力な武器があります。

こんな年こそは、今回だけは、欧州を制する立役者となった完全無欠のCBに獲らせてあげたい。ここから先は、オランダ代表キャプテンの応援演説です。チャンピオンズリーグ12ゴールで得点王に輝いたメッシも、ネーションズリーグ初代王者&大会得点王のCR7も素晴らしいのは重々承知ながら、リヴァプールの最終ラインを統率したCBがいかに凄かったかをご理解いただこうという趣向であります。

昨季プレミアリーグでわずか1敗、失点22はリーグ最少。アリソン・ベッカーとともに欧州でも屈指の堅守を築いたファン・ダイクは、プレミアリーグ全試合先発出場を果たしており、パス本数3037本はジョルジーニョに次ぐ数字です。パス成功率は90%。同じサイドのマネやロバートソンを走らせるだけでなく、サラーの動き出しを見てロングフィードを合わせるなど、アタックの起点としても機能しています。セットピースでは、空中戦の強さを活かしてプレミアリーグ4ゴール&チャンピオンズリーグ2ゴール。バイエルンとのアウェイゲームでゲットした決勝ゴールは、レッズの欧州戴冠を語るうえで外せないハイライトです。

守備の話に移りましょう。2018年3月にニューカッスルのメリノに抜かれてから、先日のコミュニティシールドでガブリエウ・ジェズスにやられるまで65試合連続でドリブル阻止率100%という記録は、UEFA年間MVPやバロンドール獲得の決め手になるのではないでしょうか。「BBC」にも加勢していただきましょう。7月に「Should Liverpool defender win Ballon d'Or?(ファン・ダイクはバロンドールを制するべきか?)」と題した記事を配信したエムリン・ベグレイ記者は、「デュエル勝利数245は欧州主要リーグでTOP」とレポート。勝率を見ると76.3%、タックル成功率は74%、空中戦の勝率も74.1%という高率を叩き出しており、プレミアリーグにおけるクリーンシート20回という素晴らしい戦績に貢献しています。

以上、ファン・ダイクの輝かしい足跡を数字で紹介させていただきました。ちなみにバロンドールの受賞者をチェックすると、過去12シーズンで9人までがチャンピオンズリーグ優勝チームから選出されています。いや、そもそもCBが不利なのは心得ております。メッシは国内と欧州のダブル得点王です。クリスティアーノ・ロナウドはクラブと代表チームで優勝しています。「いつもの2人」のどちらかが選ばれても、異論を主張しようとも泣き言を並べようとも思いません。しかし…。

今回はメッシとクリスティアーノ・ロナウドは痛み分けということで、ここはひとつ、ファン・ダイクで手を打っていただけないでしょうか。リヴァプールはバルサに勝ったんです。ファーストレグでメッシに2発決められましたが、それでも勝ったんです。2019年3月31日、プレミアリーグ32節のスーパープレーをせひ見てください。シソコとソン・フンミンに2対1にされた絶体絶命のピンチで、ソン・フンミンへのパスコースを切りながらシソコを追い込み、苦手な左足で打たせるなどという芸当を誰ができるというのでしょうか(号泣)。有権者のみなさま、2018-19シーズンはファン・ダイク、ファン・ダイクを何卒よろしくお願い申し上げます


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ&欧州のCB徹底比較!「ハリー・マグワイアに8000万ポンドの価値はあるか?」

ハリー・マグワイアのマンチェスター・ユナイテッド移籍が決まりました。現地メディアが連日報じていますが、移籍金はプレミアリーグのDF史上最高額となる8000万ポンド(約102億円)。2018年1月にサウサンプトンからリヴァプールに移籍したヴィルジル・ファン・ダイクを、500万ポンド上回っています。オランダ代表のキャプテンは、日曜日にウェンブリーで行われたコミュニティーシールドの88分にガブリエウ・ジェズスに抜かれるまで、65試合もドリブル突破を許しておらず、ビッグイヤー獲得の原動力が7500万ポンドなら安い買い物だったといわれています。

比べる相手が凄すぎて、「マグワイアがファン・ダイク以上はありえない」といったネガティブな声が勝っている昨今ですが、イングランド代表CBの活躍によってマンチェスター・ユナイテッドが強くなれば、こちらもいい補強だったと評価されるはずです。私もまた、ファン・ダイクより金がかかるといわれて戸惑いを覚える側のひとりですが、新チームでのプレイを観る前に叩くようなことはせず、どんなプレイを見せてもらえるのか楽しみにしたいと思っています。

そうはいっても、現在は多くの方の興味が「ハリー・マグワイアに8000万ポンドの価値はあるのか?」というテーマに集中しているのは間違いないでしょう。「BBC」のゲイリー・ローズ記者が入団前に配信した記事のタイトルは、そのまんま「Is Manchester United target worth £80m?」。データ分析記事に定評がある「スカイスポーツ」も、「BBC」と同様にマンチェスター・ユナイテッドのCBのスタッツを並べてマグワイアの強み・弱みを炙り出そうとしています。

「マグワイアのペース不足は明確な事実だが、読みのよさで欠点を補っている」。GCSE(イギリスの全国統一試験)でA評価だったクレバーなCBについて、「BBC」は冒頭でウィークポイントを喝破しています。マグワイアがプロデビューを果たした2011年に、シェフィールド・ユナイテッドで指揮を執っていたミッキー・アダムズや、マネージャーとして晩年を迎えていたサー・アレックス・ファーガソンは、いずれも賢さ、勤勉さ、学習意欲の高さを評価。ハル・シティでチームメイトだったマイケル・ドーソンは、ボールを散らすのがうまく、狭いエリアでも余裕をもってプレイできる力が、8000万ポンドで得られる価値だと語っています。ペップ・グアルディオラが獲りたがっていたのも、ビルドアップにおける貢献度の高さと前線へのフィードを買っていたからでしょう。

ゲイリー・ローズ記者は、欧州のトップクラブで活躍するCBたちの2016-17シーズン以降のスタッツを挙げながら、「タックル、インターセプト、クリア数などで負けておらず、ファン・ダイクとコンパニに次いで空中戦に強いというボーナスがある」「デ・リフトやピケ、フンメルス、クリバリと比べてゴールに直結するミスは少ない」と分析しています。7ゴール6アシストはセルヒオ・ラモスの次に多く、攻撃における貢献度が高いのもマグワイアのストロングポイントです。

マンチェスター・ユナイテッドのCBたちとの比較は、データの精度が高い「スカイスポーツ」のほうを紹介しましょう。プレミアリーグ2018-19シーズンのタックル成功率は、フィル・ジョーンズが68.4%、リンデロフ67.5%、バイリー60%に対してスモーリングは56.7%、マグワイアは何と54.7%。パスの精度を見ても92.6%のフィル・ジョーンズと89.2%のリンデロフがワンツーで、バイリー87%、スモーリング86.2%、マグワイアは85.6%に留まっています。守備のスタッツでマグワイアが強いのは、181回を数えるデュエル勝利数や77回のヘディングでのクリアですが、プレミアリーグ9位のレスターにいれば自ずとピンチの頻度は増えるもの。完全勝利は、リンデロフ(8回)の2.5倍以上となる21回のドリブル成功のみです。

ボールを前に運ぶ力、ゲームを読む力、的確なプレイ選択、ロッカールームでのポジティブな振る舞い、キャプテンシー。空中戦とドリブル以外はスタッツに現れにくい魅力ばかりですが、ハリー・マグワイアは停滞気味のマンチェスター・ユナイテッドを変えてくれるでしょうか。ファン・ダイクのめざましい活躍は、彼自身の能力が高かっただけでなく、リヴァプールとクロップサッカーにぴったりフィットしたことも大きいのではないかと思います。デ・ヘアが蹴ってしまうチームでビルドアップのうまさをどこまで発揮できるかなど、不安要素もありますが、未来予測力や統率力を活かしてチームを落ち着かせてくれることを期待しています。いつか、安い移籍金だったといえる日が来るのを信じて。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプール公式サイトが「モハメド・サラーの2年」をスタッツで回想…感懐深い!

リヴァプールの公式サイトが、「モハメド・サラーの2年」と題して、押しも押されぬエースの足跡を印象的なスタッツを並べて紹介していました。かつて「エジプティアン・メッシ」と呼ばれた稀代のドリブラーが残した数字を眺めていると、「リヴァプールの復活は彼なくして実現しなかった」とあらためて感じます。公式戦104試合71ゴール29アシスト、プレミアリーグ74試合54ゴール18アシスト。入団初年度にPFA最優秀選手となり、2シーズン連続でリーグの得点王に輝いています。

プレミアリーグを1敗で走り抜け、チャンピオンズリーグを制した2018-19シーズンの躍進は、マネ、フィルミーノ、ワイナルドゥム、ミルナー、ヘンダーソン、ファビーニョ、ロバートソン、アーノルド、ファン・ダイク、アリソンらがひとり欠けてもなしえなかったように思えますが、前年からのサラーのブレイクが重要なキーポイントだったと表現しても違和感はないでしょう。

2017年の夏、当時のクラブレコードとなる3690万ポンドでローマからの移籍が決まったとき、素晴らしい補強と書いてレッズやチェルシーのサポーターに叱られたことを思い出します。私がサラーというタレントに強いインパクトを受けたのは、バーゼル時代のチェルシーとの3試合でした。2012-13シーズンのEL準決勝セカンドレグでは、要塞スタンフォード・ブリッジで先制ゴール。翌シーズンのCLグループステージでも、先制ゴール2発でプレミアリーグのビッグクラブ相手にダブルを喰らわす導火線となりました。当時の印象は、メッシというより「レフティのシェフチェンコ」。ディナモ・キエフ時代にバルセロナやレアル・マドリードを屠る原動力となったスピードスターの姿が、直線的にゴールに斬り込むエジプトの若手有望株にオーバーラップしました。

類まれなる才能を目の前で見せつけられたチェルシーが、2014年1月に契約寸前だったレッズから強奪するように契約を勝ち取ったものの、アザールやウィリアンがいるチームは本人が望むように出場機会を与えられず。プレミアリーグ13試合2ゴールという冴えない戦績を残して、フィオレンティーナにレンタルされたサラーは、最初の7試合で6ゴール1アシストと復活します。2015年にローマに移ると、2シーズンでセリエA65試合29ゴールという活躍を見せ、以前に振られたリヴァプールが2度めの恋を成就させたのでした。

当時の相場でも3690万ポンドは安いと感じたのですが、サラーに批判的だった方々はチェルシー時代の残像を拭えなかったのでしょう。「抜けるドリブルではない」「奪われても追わない」「守備をしない」。とりわけモウリーニョファンの言葉が激しく、なぜこんなに叱責を受けなければならないのかと戸惑いましたが、あれから2年が過ぎました。バーゼル時代よりも素晴らしい選手となったサラーのスタッツには、感慨深いものがあります。

決して私が正しかったなどといいたいのではありません。何しろ八方美人ゆえ、メンフィス・デパイも推していたのです。サラーについていえば、好きなタイプだったのでセリエAでの活躍をチェックしており、「人間は変わるもの」「フットボールの世界では、未来は常にわからないもの」と自分にいい聞かせながらプレミアリーグでのリベンジを期待していたのでした。前評判は高くなかったけれど、密かに思いを寄せていた選手が大ブレイクしてくれると、こんなにうれしいものなのだなとあらためて感じる次第です。

「リヴァプールで、ユルゲン・クロップと出会えてよかったですね…」。南国で過ごすバカンスで、巨大な魚を右手に握りしめて満面の笑みを浮かべている27歳の写真を眺めながら、ついひとりごちた週末の朝なのであります。トランスファーマーケットが盛り上がる季節。続々とプレミアリーグに参入してくる若い選手たちから、次のサラーが出てきてくれればと楽しみにしています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アレクシス・サンチェスとメスト・エジル…高すぎたサラリーが残したさまざまな傷跡。

2015-16シーズンにプレミアリーグ19アシストを決めたメスト・エジル。翌シーズンに38試合24ゴールというキャリアハイの数字を残したアレクシス・サンチェス。ヴェンゲル監督のアーセナルで2枚看板だったワールドクラスが、いずれも厳しい状況に追い込まれています。イギリスメディア「フォー・フォー・トゥ」は、「5 players Arsenal should sell this summer(この夏、アーセナルが売るべき5人)」と題した記事でドイツ人プレーメイカーを1位に指名。ジェンキンソン、パパスタソプーロス、エルネニー、ムスタフィよりも売却の優先順位を高くした理由として、「アーセナル史上最高額のサラリーながら、モンレアルよりもアシストが少ない選手」「移籍金をさほど得られなくても、彼がいなくなればサラリーの部屋に莫大な空間を生むことができる」と、端的に指摘しています。

プレミアリーグ2018-19シーズンは20試合1ゴールに終わったアレクシス・サンチェスも、明るい話題が見当たりません。シーズン終了後に不甲斐ない出来だったとサポーターに謝罪し、イタリアに行くというゴシップが流れた後は、デ・ヘアの高額サラリー要求を報じる際に引き合いに出されるぐらいでした。失意のチリ代表が直近で取り上げられたのは、「過去10年、マンチェスター・ユナイテッドの7番がいかに寒い数字に終わっているか」というテーマでした。マイケル・オーウェンがプレミアリーグ31試合5ゴール、バレンシアは30試合1ゴール、ディ・マリアは27試合2ゴール、デパイが29試合4ゴール。20試合でたった3発のアレクシスを入れた5人の移籍金総額は1億4571万円(約211億円)となり、プレミアリーグ196試合84ゴールという記録を残したクリスティアーノ・ロナウドの売値8460万ポンド(約123億円)を大きく上回ります。

アーセナルらしさを体現していた2人が、窮地に追い込まれていった軌跡を振り返ると、つまずきの元は法外なサラリーだったといわざるをえません。移籍金が高くても、ツッコミを入れられるのはクラブですが、サラリーとなると影響はロッカールームに波及します。プレミアリーグファンやライバルクラブの選手だけでなく、チームメイトの耳目まで集める契約の後、彼らのパフォーマンスは明らかに落ち、同僚はトップを基準に新たな条件交渉を行うようになりました。アンデル・エレーラやアーロン・ラムジーのような交渉決裂は、他のクラブからは聞こえてこない話です。エジルとアレクシス・サンチェスが以前のようなプレイを披露できていれば、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドはチャンピオンズリーグ出場権を失わずに済んだかもしれません。

気前よくサラリーを奮発した2つのクラブは、新たな副作用に苦しんでいます。売りたくても売れない…。選手が報酬の減額を呑まなければ、次の活躍の場に送り出すこともできません。エジルのサラリーに圧迫され、補強の枠が小さくなってしまったアーセナル。マンチェスター・ユナイテッドは、デ・ヘアと条件闘争を続けているようです。心情的には、「何度もチームを救ってくれたプレミアリーグ屈指のGKには、その活躍で積み上げた勝ち点に見合う額を払うべき」と思うものの、アレクシスを上回る額が必要となるなら売りに出したほうがいいでしょう。ロッカールームに軋轢を生むような契約は、神セーブ連発の守護神を並の選手に堕としてしまうかもしれません。

エジルとアレクシス・サンチェスが、今いるクラブであの頃のプレイを取り戻してくれることを祈っておりますが、こうなってしまった以上は新天地でリフレッシュしなければ復活は望めないのではないかと思います。イタリアか、スペインか、パリかプレミアリーグか。高すぎたサラリーが残した傷跡は、違うカラーのシャツを纏った彼らが極上のパフォーマンスを見せてくれるまで癒えないのではないでしょうか。フットボールは何が起こるかわかりませんが、このままでは何も起こらないような気がしてなりません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ