ドリブル、パス、タックル、フィジカル…すべてが秀逸!スパーズの天才ムサ・デンベレに注目!

He is a genius, no?(彼は天才だ。違うか?)」。トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ノースロンドンダービーが開催されるたびに、自軍のセントラルMFの才能を絶賛しているそうです。彼のことは、いずれ書きたいと考えていたのですが、「スカイスポーツ」がその素晴らしさを証明するデータを紹介してくれた今がそのタイミングだと思い立ちました。ベルギー代表MFムサ・デンベレ、30歳。プレミアリーグで最高のセントラルMFは?と問われれば、他クラブのサポーターは口々に別な名前を挙げるでしょう。ネマニャ・マティッチ、エンゴロ・カンテ、ポール・ポグバ、フェルナンジーニョ、ジョーダン・ヘンダーソン、あるいはジャック・ウィルシャー…。正解は、それぞれの心のなかにあればいいのだと思います。それでも、この稿を読んだ何人かの方に、「なるほど、デンベレも凄い」「今度、プレイをじっくり見てみよう」と思っていただけたなら、拙文を発表した甲斐があるというものです。前置きが長くなりました。そろそろ天才について話し始めましょう。

ベルギーのジェルミナル・ベールスホットでプロフットボーラーとしてのキャリアをスタートさせたデンベレが、オランダのAZアルクマールを経てプレミアリーグに参入したのは2010年の夏でした。当初の所属クラブは、ウェストロンドンのクレイヴン・コテージを本拠地とするフラムです。AZではFWだったデンベレは、2シーズンめとなる2011-12シーズンにマルティン・ヨル監督にMFとしての適性を見出され、プレミアリーグ36試合2ゴールという数字を残します。2012年8月にトッテナムに移籍したデンベレは、アンドレ・ヴィラス・ボアス監督にレギュラーに抜擢され、以来今季まで6シーズンにわたってチームの心臓として活躍してきました。

マウリシオ・ポチェッティーノがクラブにやってきたのは2014年。すぐにその才能に惚れ込んだ指揮官は、フィジカルに問題を抱えがちだったデンベレにサポートを惜しみませんでした。毎年恒例の序盤戦の負傷を今季も避けられず、プレミアリーグ20試合出場に留まってはいるものの、「スカイスポーツ」の5000字に及ぶレポートとデータを読み解くと、いかに彼が必要不可欠なのかがよくわかります。「Mousa Dembele a unique genius and irreplaceable for Tottenham(ムサ・デンべレはユニークな天才で、トッテナムにとってかけがえのない存在)」と題された記事は、「プレミアリーグで3シーズンにわたってタックル数とドリブル数でTOP20にランクされた唯一の選手」というわかりやすい表現でデンベレの特徴を語り切っています。

今季プレミアリーグで40回以上ドリブルで仕掛けたセントラルMFは4人。ユヴェントスからサウサンプトンに加わったレミナの53回を筆頭に、デンベレが50回、マティッチが43回、カンテが40回。カンテの成功率は75%、レミナとマティッチも80%を切っているなかで、デンベレは88%という驚異的な成功率を誇っています。さらに素晴らしいのは、パス成功率。ギュンドアンが87.9%、カンテ88.1%、フェルナンジーニョは88.6%という数字を残していますが、デンベレは91.3%でぶっちぎりのTOPです。もう一度、ポチェッティーノ監督の絶賛の声を紹介しつつ、「彼こそがチームのベストプレーヤー」とリスペクトする若手選手の言葉も添えましょう。

「私が書く本には、彼は幸運にも出会えた天才のひとりとして登場するだろう。マラドーナ、ロナウジーニョ、ジェイ=ジェイ・オコチャ、デ・ラ・ペーニャ、そしてムサ・デンベレ。私たちは、彼によくこういっているんだ。18~19歳のときにわれわれと出会えていたら、世界最高の選手になっていたのに、とね」(マウリシオ・ポチェッティーノ)
「純然たるパワー、ペース、強さ、テクニック、すべて凄い。直面したどんな選手も打ち負かすことができる彼こそが、僕にとってのベストプレーヤーだ」(ハリー・ウィンクス)

ボールを預けると抜群のキープ力でタメを作ってくれる、素晴らしいタックルとインターセプトでショートカウンターの起点となってくれる、バイタルエリアが渋滞するゲームではドリブルで数人を引っ張ってスペースを空けてくれる…。プレミアリーグでは存在感を発揮しているものの、負傷からの復帰途上だったチャンピオンズリーグのグループステージでは後半からの出場が多かっただけに、決勝トーナメントでは稀有な才能を十全に活かしてスパーズの上位進出に貢献していただければと思います。トビー・アルデルヴァイレルトとフェルトンゲンのビルドアップが安定感があるといわれるのも、エリクセンやデル・アリが思い切って前にいけるのも、彼らが優れているからというばかりではありません。「ガゼッタ・デロ・スポルト」がこんなことをいっています。彼が「ポチェッティーノのかけがえのないひとり」であり続けるのは、これまでにかけてきたコストが理由ではなく…。

It is because there is simply nobody else in the game who plays it quite like Mousa Dembele.(単純な話、ムサ・デンベレのようには誰もプレイできないからだ)」

(ムサ・デンベレ 写真著作者/Oleg Bkhambri (Voltmetro))


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

13ヵ月の戦いの末に…26歳でピッチに別れを告げたライアン・メイソンに捧げる言葉。

2017年1月22日。プレミアリーグ2016-17シーズン第22節、チェルシーVSハル・シティ。14分のその瞬間は、プレミアリーグでよくある激しい接触のようにしか見えませんでした。ペドロのクロスをヘディングでクリアしようとしたライアン・メイソンと、遅れて競りにいったガリー・ケーヒル。ぶつかった直後、頭を抱えながらもライアン・メイソンは容態を気にする味方選手に何かを訴えており、しかるべき処置が行われれば、いつものようにプレイは再開するものとばかり思っていました。

試合は5分間中断され、ケーヒルは立ち上がりましたが、ライアン・メイソンは担架に乗せられてスタンフォード・ブリッジのピッチを後にします。トッテナムでプロデビューを果たしたセントラルMFにとって、プレミアリーグ69試合めとなるこのゲームが現役最後の舞台となるとは想像できませんでした。私は、ハル・シティが健闘したスリリングな試合に没頭し、長い中断と25歳のMFのことは記憶の隅に押しやっていました。ハーフタイムには明らかにダメージが残っていたケーヒルは、最後まで試合に出場し、81分にはダメ押しの2点めをゲットしています。ライアン・メイソンが頭がい骨骨折という深刻な状況を抱えていたことを知ったのは、試合が終わって数時間経ってからでした。

14枚の金属板と42本のクリップ…ダメージを受けた直後の適切な処置と大手術によって最悪の事態を回避したライアン・メイソンは、「生きていられたのが幸運だった」とコメント。長期間にわたるリハビリを経て、夏にはトレーニングに戻ったと伝えられていたものの、現役を続行できるかどうかは不明ともいわれていました。その頃には、いずれ悲しいニュースを受け取ることになるのだろうと覚悟していました。同じ時期に、いちばん身近な人間が左手首の粉砕骨折という悪夢に見舞われ、1年3ヵ月という長い治療の末に手の機能は元通りにはならないことがわかったからでもあります。ライアン・メイソンは、もうヘディングをしてはいけないのだろうと思いました。

2018年2月13日、26歳のMFが引退を発表したというニュースが届きました。「長年ともにプレイしてきた全てのチームメイトに感謝しています。いいたいことは尽きません。みんなと一緒にいられたのは特別なことでした。イングランド代表に選ばれたのも、誰も奪うことができない名誉です。負傷してから13ヵ月、ピッチに戻るためにあらゆることをやってきました。だから、胸を張って現役を引退することができます。トップレベルのフットボールをすることに人生を賭けてきましたが、その努力は報われました。これからフットボールが僕をどこに連れていってくれるのか、楽しみにしています」。トッテナムとハル・シティの選手たちやスタッフに感謝の意を表し、長いメッセージを残したライアン・メイソンからは、前を向こうという強い意志が感じられました。

2014-15シーズンのノースロンドンダービーで、彼を初めて見たときの興奮を思い出します。ハリー・ケインがブレイクしたこのシーズン、若い選手たちが台頭してきたスパーズは、期待に満ち溢れていました。彼はそんなチームの象徴でした。私はこのブログで、その名前を連呼しました。2016年の夏、プレミアリーグ53試合2ゴールという数字を残してハル・シティに移籍することが決まったときは、もったいないと思いました。最後のシーズンは真価を発揮したといえる出来ではありませんでしたが、いずれ再評価されると信じていました。鬱病から復活して代表に呼び戻されたジェイク・リヴァモアのように。

厳しい状況であると聞かされていたので、このニュースを静かに受け止められるはずと想像していたのですが、これから最高の時を迎えようとしていた選手のキャリアの終焉を告げる報は、やはり堪えます。しかしここは、前を向きましょう。度重なる負傷に苦しみながらスパーズでプレミアリーグデビューを果たしたライアン・メイソンが、トップレベルの選手に育ててくれたクラブを率いてビッグタイトルを獲得する日が来ることを願っています。最後に、プロフットボーラーとしての人生にピリオドを打った26歳に素晴らしい未来があることを信じ、祈る2人の言葉を紹介して、この稿を締めたいと思います。

「ライアンからのニュースを聞いて、心が荒れた。CKを競るのは何千回も繰り返してきたことで、ライアンのようなトッププロフェッショナルがこんな災難を被るのを見るのは悲しい。 彼と彼の家族に、すべての愛を送りたい。最高の未来が待っていることを願っている」(ガリー・ケーヒル)
「私もコーチングスタッフもクラブも、彼を支援するためにドアを開いている。最後の数日間、彼はトレーニンググラウンドにいた。たくさん話をしたね。コーチングスタッフや、アカデミーのボスであるジョン・マクダーモットと。心配しないで、ライアン。あなたはフットボールのピッチの外で、成功者になれるから。間違いないよ」(マウリシオ・ポチェッティーノ)

(ライアン・メイソン 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

1試合4発のアグエロ、TOP6に強いヴァーディ…週末プレミアリーグで達成した新記録をチェック!

毎朝、「BBC」のプレミアリーグ関連記事はチェックしているのですが、とりわけ月曜日の朝は楽しみです。ウィークエンドのプレミアリーグで達成されたさまざまな記録について、興味深い切り口で紹介してくれるコーナーがあるからです。ノースロンドンダービーでハリー・ケインがヘディングシュートを叩き込み、セント・メアリーズでモー・サラーがフィルミーノの絶品ヒールを左足で流し込んだ27節は、マッチレースとなっていた得点王争いに3人めの男が乱入した週末でもありました。セルヒオ・アグエロ、怒涛の4発。マンチェスター・シティのエースがプレミアリーグで1試合4ゴールを達成したのは3回めで、これは堂々のレコードです。ロビー・ファウラー、マイケル・オーウェン、フランク・ランパード、ディミトル・ベルバトフ、ヤクブ、オール・グンナー・スールシャール、アンディ・コールといった錚々たる顔ぶれが2回までは記録しているものの、3つは前人未到だそうです。

今季リーグ戦で21ゴールとなったアグエロは、4シーズン連続で20の大台に乗せた4人めのストライカーとなりました。過去3人は、プレミアリーグ最多ゴールのアラン・シアラー、ザ・インヴィンシブルズのティエリ・アンリ、そして今季ひと足先に達成していたハリー・ケイン。5シーズン連続となると、アンリのみです。ガブリエウ・ジェズスとのポジション争いが最初の関門となるアグエロと、スペインから勧誘されそうなハリー・ケインは偉大なストライカーに並ぶことができるでしょうか。5年の長きにわたって負傷せず、不調に陥らずというのは簡単にできることではありません。

この週末に達成されたストライカーの記録では、こちらもレコードとなります。マンチェスター・シティ戦でゴールを決めたジェイミー・ヴァーディは、2014-15シーズン以降のプレミアリーグでTOP6相手に最多の23ゴールをゲットしておりますが、同一シーズンに6クラブすべてから決めたのは初の快挙だそうです。開幕戦でアーセナルから2ゴールを奪ったレスターのエースは、リヴァプール戦はホームでもアウェイでも決めており、13ゴール中8ゴールをビッグクラブ対決で叩き込んでいます。決めた7試合は1勝1分5敗と今ひとつチームに貢献できておらず、中堅・下位クラブからは5発しか積んでいないのは残念ですが、大試合における勝負強さは特筆すべきでしょう。今季の12ゴールがすべて9位以下からのロメウ・ルカクとの2トップは、最強コンビです。

主な選手のTOP6相手のゴール数をチェックしてみると、アグエロは31試合21ゴール、ハリー・ケインは33試合18ゴール。43試合23ゴールのヴァーディと、37試合15ゴールのサディオ・マネまでが、量・率ともに高い数字を叩き出している四天王です。一方、意外と少ないのは、アレクシス・サンチェスの35試合9ゴール。今季6試合ノーゴールのルカクは、直近4シーズン通算で41試合5ゴールです。移籍前のクラブで上位相手に沈黙しがちだった2人のアタッカーが、シックスポインターとなると重心を低くして負けないサッカーに徹する指揮官と起こす化学変化は、サポーターとしては不安を通り越してもはやホラー、あるいはコメディです。

今季の興味として、プレミアリーグレコードのシーズン34ゴールの更新があります。ハリー・ケインは11試合12ゴールなら新記録達成、サラーは13発、アグエロは14発決めないとシアラーとアンディ・コールを抜けません。かなり高いハードルではありますが、ハリー・ケインは昨季の最後の7試合で10ゴールの固め獲りを見せており、決して無謀な目標ではありません。まずは30発、そして前人未到の高みへ!ワールドクラスのストライカーたちがハイレベルな数字を追っている今季は、優勝争い以外(!)はおもしろいシーズンだと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグのレジェンドたちが熱く語る、ポール・ポグバのベストポジション!

「彼は複数のポジションをこなすことができる。でも、彼はセントラルMFではない。3枚のMFの左こそベストポジションだ」(ティエリ・アンリ)
「クラシックなボックス・トゥ・ボックスの選手だ。彼は何でもできる。守備について考えなくていい役割を任せてあげたら、相手に確実にダメージを与える。そのぐらいの才能がある選手だね」(ウェイン・ルーニー)
「(2-0で勝った)エヴァートン戦を見ればわかるように、ポグバは左のインサイドハーフが最も適していると思う。守備的なマティッチがアンカー、右にエレーラがいるとき、ポグバの攻撃的なプレイが光る。ユヴェントスでも、左インサイドで素晴らしい仕事をしていた」(ライアン・ギグス)

年が明けてから、ポール・ポグバの起用法が話題となることが増えています。マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグで優勝できるレベルと語るギグスに対して、ルーニーは来季もマンチェスター・シティには追いつけないと悲観的ですが、ポグバのベストポジションについてはほぼ一致しているようです。マンチェスター・ユナイテッド入団直後から、ポグバはより前でプレイさせてほしいと訴えていたティエリ・アンリは、その後も10回以上同じことをいっているのではないでしょうか。2016年の夏に、「スカイスポーツ」が紹介していたアンリのコメントを引用してみましょう。

「私は、より前でプレイする彼を見たい。ユーロのフランス代表では深いポジションにいたけどね。ボールが前にあるときはいいけど、背後に走り込まれると守備を忘れることがある。より高い位置でプレイした方が効果的だ。テクニックがあり、ゴールを決められる。単なるセントラルMFとして起用するのはいいことではないと思う。プレミアリーグでどんなプレイを見せてくれるのか、楽しみだね」

プレミアリーグのレジェンドたちが、ポグバとマンチェスター・ユナイテッドについて繰り返し語っているのは、ジョゼ・モウリーニョ監督がポグバに対して守備を要求することが増えているからでしょう。開始11秒でエリクセンに先制ゴールを決められたトッテナム戦では、ゴールを奪うために持ち場を離れることが多かったポグバを63分に交代。2点のビハインドを背負った場面で、最も正確なパスを前線に供給できる選手を下げる采配は感情的に見えました。続くハダースフィールド戦では、まさかのスタメン落ち。指揮官は戦術的な理由と語っておりましたが、お灸を据えるための措置でないことを祈っています。

この試合で休ませるべきは、疲労からかパフォーマンスにムラが生じていたマティッチだったのではないでしょうか。アンタッチャブルなアンカーの運動量が落ちたために、2センターの相棒にカバーリングの強化を求めるのではなく、キャリックやエレーラをうまく使いながらマティッチをリフレッシュするべきなのではないかと疑問に感じました。

今季プレミアリーグで16試合3ゴール9アシスト。プレミアリーグ公式サイトのアシストランキングでは、11のデブライネと10のサネの後塵を拝しているものの、26試合出場で1試合あたりのアシストが0.42のデブライネに対して、16試合のポグバは0.56。4-3-3で何度もポグバ無双を目撃しながら、アーセナル戦やトッテナム戦で守備的な布陣に走った指揮官は、負けている状況でも失点しないことが最も重要であるかのような戦い方に終始していました。

マンチェスター・シティがあれだけ強くなった今、上位に対して負けないサッカーを選びながら2勝1分3敗では、プレミアリーグ優勝は望むべくもありません。マンチェスター・シティやトッテナムを前線からのプレスで追い込んでいくリヴァプールを観て、「マンチェスター・ユナイテッドはポグバを左インサイドで活かしながらもっと攻めてほしい」という思いが高まっています。ルカク、アレクシス・サンチェス、マルシアル、マタ、ポグバ、リンガード、ラシュフォード。ライアン・ギグスがいうとおり、もはや戦力的には優勝を狙えるレベルだと思います。明日のニューカッスル戦には、胸のすくような攻撃的なサッカーを期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ