重かった背番号7、長く続く不振…アレクシス・サンチェスが復活するために必要なこと。

リヴァプールでの輝きがあまりにも眩しかったフェルナンド・トーレスは、チェルシー時代の停滞を揶揄するファンが多い選手ですが、2012-13シーズンにはプレミアリーグ36試合8ゴール、公式戦64試合22ゴールでチャンピオンズリーグ制覇に貢献しました。負傷の影響もあってプレミアリーグになじめなかったラダメル・ファルカオは、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーでプレミアリーグ36試合5ゴール。厳しい2シーズンではありましたが、直近1年の彼よりもリーグ戦では高い得点率で終わっています。

彼…2018年1月にマンチェスター・ユナイテッドの7番を背負ったアレクシス・サンチェス。イングランド史上最高額の週給39万ポンド(約5600万円)で話題になったアタッカーは、入団後の13ヵ月でプレミアリーグ26試合3ゴール、公式戦37試合5ゴール。CLでは未だノーゴールで、スールシャール監督就任後もFAカップ4回戦のアーセナル戦で決めた1発に留まっています。

昨秋には「冬のマーケットでパリ・サンジェルマンに移籍する」と騒がれた男は、チャンピオンズリーグのラウンド16で、パリのアウェイ勝利に貢献してしまいました。シュートもチャンスメイクもゼロ、コントロールミスはラシュフォードの4回に次ぐ3回。相変わらずのボールロストの多さで、完敗の理由のひとつとなりました。「BBC」によると、クラブOBのフィリップ・ネビルが「現在の彼はあまりにもひどい」とコメント。「トップフォームを取り戻すには10試合以上を必要とする。交代でインパクトをもたらすのは彼ではない」と、低いパフォーマンスを嘆いています。

問題は、フィジカルではなくメンタルなのでしょう。1試合あたりのシュート数は、プレミアリーグで1.1、チャンピオンズリーグでは1.0と少なく、アーセナル時代に冴えていたスルーパスは2本しか決めていません。スールシャール体制になり、サイドの選手が中央に入ることを求められるようになっても、7番のパフォーマンスは変わらず。スールシャール監督は、「アレクシスについては何ともいえない。自分でトップフォームを取り戻すしかないだろう。彼が高いレベルのプレーヤーであることは誰もが知っている」と語り、極度の不振は気持ちの問題であると示唆しています。

高額サラリーというネックさえなければ、マンチェスター・ユナイテッドは冬にサンチェスを売っていたのではないでしょうか。スールシャール監督が、負傷者さえいなければ今の彼を起用する気がないのは明らかで、残り3ヵ月で変化がなければ次のシーズンは違うユニフォームを着ることになるでしょう。復活のための適切なチョイスは、「週給39万ポンドを捨てて、王様として扱ってくれるスペインのクラブに移る」なのではないかと思います。ファルカオがモナコに戻ってゴールの感覚を思い出したように、環境が変わればアーセナル時代の切れ味を取り戻せるかもしれません。

2017年7月に発行された「footballista Zine ARSENAL」にて、「結局アレクはどうなるの⁉ 全72ゴールを完全チェック」と題した記事を寄稿した者として、今の彼は見るにしのびないのであります。教訓は、「選手とクラブはお金ではなく愛でつながるべし」でしょうか。2人の監督も、周囲の選手たちも必ずしも彼を歓迎していなかったということが、不振の背景にあるのではないかと思います。フィル・ネビルさんがこんなことをいっています。「彼は愛を必要としている。それはスールシャールが取り組むべきこと」。そうですよね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

エミリアーノ・サラ選手が、安らかな眠りにつかれますようお祈り申し上げます。

カーディフに向かう小型飛行機がイギリス海峡で消息を絶ち、生存が絶望視されていたエミリアーノ・サラ選手の死亡が確認されました。2018-19シーズンのナントでリーグアン18試合12ゴール。クラブレコードとなる移籍金でカーディフに加わったアルゼンチン人ストライカーが、プレミリーグでどんなプレイを見せてくれるのか楽しみにしていた矢先の悲しい事故でした。将来ある選手の夭逝に際して、無念という月並みな言葉しか浮かびません。サラ選手が、安らかな眠りにつかれますようお祈り申し上げます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

これはうれしい!決め続けてほしい!プレミアリーグ1月MVPはマーカス・ラシュフォード!

25節のレスター戦が、プレミアリーグ100試合め。マンチェスター・ユナイテッドの最前線に定着しつつあるマーカス・ラシュフォードは、9分という早い時間にポグバの浮き球でラインの裏に抜け出し、左隅にメモリアルなゴールを決めました。21歳の頃、ウェイン・ルーニーとマイケル・オーウェンは既にプレミアリーグ50ゴールを達成しておりましたが、ラシュフォードの26ゴールは、21歳3か月で17ゴールだったクリスティアーノ・ロナウドを大きく上回っています。現在は175試合122ゴールのハリー・ケインは、同年齢では4ゴールしか決めていません。ルーニーの後を継ぐ10番にとって、当面の目標であり代表のライバルでもあるスパーズの絶対的エースは、決して届かない存在ではありません。

プレミアリーグの1月の表彰は、3勝1分で走り抜けた暫定監督と4戦3発のエースストライカーがコンビで選ばれました。最優秀マネージャーに選ばれたスールシャール監督は、もちろん初受賞。マンチェスター・ユナイテッドの指揮官としては2012年10月のサー・アレックス・ファーガソン以来という事実が、このクラブがいかに長い間苦しんできたかを如実に物語っています。ラシュフォードの前にMVPに選ばれたマン・ユナイテッドの選手は、2016年12月のズラタン・イブラヒモヴィッチ。パリから来た神は、プレミアリーグ初年度に28試合17ゴールという数字を残しています。現在、22試合9ゴールのラシュフォードが絶好調をキープできれば、尊敬するストライカーと肩を並べられるかもしれません。

「個人表彰を受けるのは常にいいことだね。ここ数週間のチームとしてのパフォーマンスはとても優れていた。これを続け、さらに1歩ずつ進化させなければならない」「最高の選手と優秀な選手の違いは、一貫性の有無だと思う。いいシーズンを何度も繰り返せるかどうかが、2つのカテゴリーを分ける」(マーカス・ラシュフォード)

10番の類まれなる得点力を信じて、最前線にコンバートしてくれたスールシャール監督に感謝しています。そう、あの鮮烈なデビューは未だ忘れられません。2016年2月25日のヨーロッパリーグラウンド32、オールド・トラフォードのミッティラン戦で2ゴール。3日後のプレミアリーグ27節は、レスターと優勝を争っていたアーセナルとのゲームでしたが、ラシュフォードは29分と32分にゴールを重ね、夢の劇場に足を運んだサポーターたちを熱狂させました。以来、3年。モウリーニョ監督のチームでは左サイドにまわされ、思うように出番を得られない苦しい時期もあったものの、新しい指揮官の初めてのゲームで結果を出し、望んでいたポジションをゲットしました。

彼がゴールを量産し続けてくれれば、マンチェスター・ユナイテッドはチャンピオンズリーグ出場権を手に入れられるでしょう。冷静な頭では、ペップやクロップが繰り出すアグレッシブなフットボールをわがクラブも…と考えていたりするのですが、心のどこかで「ラシュフォードとポグバが決めて勝ってくれれば、それだけでハッピー」と子供じみたことを思っていたりするのです。プレミアリーグで決めた26発のうち、ビッグ6とのゲームで8発。リヴァプール、マン・シティ、アーセナルが2発ずつ、チェルシーとトッテナムが相手の試合でも既に決めています。大一番に強い10番には、オールド・トラフォードで迎え撃つレッズ戦とマンチェスターダービーでの大暴れを期待しています。今日はすっかり、恋文になってしまいました。うれしいです、MVP。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「プレミアリーグですべてのタイトルを手に入れた」ペトル・チェフが今季限りの引退を発表!

勇敢でクレバー。インテリジェンス溢れるオトナのプロフェッショナルで、アーセナルのチームカラーにふさわしい守護神でした。ペトル・チェフ、引退。「プロになってから20年が経った。引退するのにふさわしいタイミングだと思う」と、今季限りでスパイクを脱ぐことを表明した36歳のGKは、アーセナルで最後のトロフィーを手にしたいと語っています。プレミアリーグ443試合出場、2006年10月に頭蓋骨陥没の重傷を負ってヘッドギアがトレードマークとなってからは366試合。クリーンシート202試合はプレミアリーグ史上最多で、セーブ数が1000を超えるのはチェフ(1005本)とワトフォードのベン・フォスター(1001本)のみです。チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグを制し、プレミアリーグ4回優勝、FAカップ5回制覇を誇るチェコの英雄は、名実ともに史上最高のGKです。

1999年にチェコのプルシャニでプロデビューしたチェフは、スパルタ・プラハ、レンヌを経て2004年の夏にチェルシーに入団しました。同じ年にエヴァートンからマンチェスター・ユナイテッドに入団したウェイン・ルーニーの移籍金は2560万ポンドでしたが、チェフは700万ポンド。モウリーニョ監督のチームで、クディチーニをベンチに追いやったチェコ代表は、初年度からプレミアリーグ694分連続無失点というレコードを残し、安い買い物であったことを証明しました。2005-06シーズンもプレミアリーグ優勝に貢献したGKがアクシデントに巻き込まれたのは、翌シーズンの8節に行われたレディング戦でした。スティーブ・ハントに頭を蹴られて意識不明となり、選手生命を危ぶまれたものの、驚異的な回復を見せて3ヵ月後のリヴァプール戦で復帰しました。

2008年に初めてチャンピオンズリーグの決勝に進出したチェフは、ファン・デル・サールを擁するマンチェスター・ユナイテッドにPK戦で敗れて準優勝止まり。リベンジを果たしたのは2011-12シーズンで、この年のCLは「チェフの大会」といっても過言ではないでしょう。バルサとのホーム&アウェイでは、プジョルの絶望的なヘッドをセーブするなど1-0、2-2の勝利の立役者となり、バイエルンとのファイナルではロッベンのPKをストップしました。4年前に敗れたPK戦でも、オリッチとシュヴァインシュタイガーを止めて4-3で勝利。チェルシーが初めて味わう欧州戴冠の原動力は、ゴールマウスに立ちはだかる絶対的守護神でした。

2014-15シーズンにクルトワとのレギュラー争いに敗れ、翌シーズンにアーセナルに移籍。レスターに優勝をさらわれたのは残念でしたが、最初の2シーズンは素晴らしいプレイを見せてくれました。昨季からミスが目立つようになり、2018-19シーズンはベルント・レノにポジションを奪われてしまいました。ロンドンをこよなく愛しているからといっても、ウェストハムやクリスタル・パレス、フラムなどでタイトルとは無縁のシーズンを過ごすという選択肢はなかったのでしょう。「オフ・ザ・ピッチでの人生にどんなことが待っているのか楽しみにしたい」というひとことでメッセージを結んだレジェンドは、ノースロンドンかウェストロンドンで指導者をめざすのでしょうか。

最後のFAカップをぜひ…といいたいところではありますが、直接対決を控えるクラブのサポーターとしては、トロフィーはヨーロッパリーグのほうでどうぞとしかいえません。本ブログにたびたび登場する相方のグーナーが、チェルシー戦とマンチェスター・ユナイテッド戦を現地観戦することになっておりますので、渾身のレポートを期待することにいたしましょう。素晴らしいGKを堪能させていただいた15年のプレミアリーグに思いを馳せながら、あらためて感謝の言葉を添えたいと思います。ありがとう、チェフ。私にとってのあなたは、いつの時代も極上のヒールでした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

もっと決められるはず!プレミアリーグ得点王を争う3人のアタッカーを徹底比較!

ディスりたいわけではありません。期待の現われです。プレミアリーグの得点王争いのお話ですが、現在ランキングのTOP3を占めているオーバメヤン、ハリー・ケイン、サラーは、もっと決められるのではないでしょうか。1月にアーセナルに入団して以来、プレミアリーグ32試合23ゴール7アシストのオーバメヤンは、ドルトムントでは1試合1ゴールに近いペースで量産していたストライカー。4年連続で20ゴール超えのハリー・ケインは、直近2シーズンのプレミアリーグでは67試合59ゴールという出色の数字を残しています。昨年の夏にレッズの一員となったモー・サラーは、36試合32ゴールで得点王に輝いており、新シーズンはワントップで戦う機会が増えています。この3人なら、前半戦の終わりには15ゴール以上でTOPを争っていてもおかしくありません。それぞれのスタッツをチェックして、「不振(?)の理由」を挙げてみましょう。

3人とも19試合すべてに出場しており、オーバメヤンが13発、昨季の得点王を争った30ゴールコンビは12発。シュート数を見てみると、サラーが65本でミトロヴィッチに次ぐ2位、ハリー・ケインが63本で3位につけているのに対して、オーバメヤンは47本で8位です。1試合あたりに置き換えると、サラーは3.4本で3位、ハリー・ケインは3.3本で4位。スパーズのエースは、2017-18シーズンは1試合あたり5.0本でダントツのリーグ1位に輝いており、2位だったサラーも4.0本でした。この2人がペースダウンしたのは、シュートの本数が減ったことに起因しているようですが、今季のオーバメヤンは2.5本で12位。オンターゲットを見ると、ハリー・ケインとサラーが31本で1位に並んでおり、オーバメヤンは22本で6位と、ポグバやアザールよりも低い数字に留まっています。

もうひとつ、気になるスタッツを見てみましょう。ビッグチャンスでミスした回数は、オーバメヤンが11本でカラム・ウィルソンに1本差の2位。昨季は1位だったサラーは10本で3位、ハリー・ケインは8本で7位です。シーズン序盤にらしくないミスが多かったオーバメヤンは、うっかり外してしまったシーンで決めていれば、ドイツでの最後の1年半と同じペースをキープしていた可能性があり、レッズのエースとスパーズの主将はチャンス自体が減っているのだと思われます。

それぞれのペースが緩やかになっている理由は、三者三様なのではないでしょうか。マークが厳しくなったサラー。下がってプレイする機会が増えたハリー・ケイン。サイドにいることが多かったオーバメヤン。サラーの顕著な変化は、中央に斬り込んで放つコントロールショットが警戒されていることと、カウンター対策によって縦1本で決めるシーンが減っていることです。ハリー・ケインにとっては、ソン・フンミンの出遅れとデル・アリの負傷が大きかったのではないでしょうか。ターゲットが彼だけになったために、前線に張っていてもボールが来なくなり、中盤に下がって味方を活かすプレイが目立つようになりました。昨季は37試合で2アシスト&ビッグチャンスクリエイト5回だった10番は、19試合終了時点で3アシストと5つのビッグチャンスクリエイトを記録しています。ソン・フンミンがゴールの感覚を取り戻し、マークが分散するようになった今、ようやく量産体制が整ったということなのかもしれません。

ラカゼットとの併用の際には左サイドを担うことが多かったオーバメヤンは、鋭い嗅覚は相変わらずで、右サイドからクロスが上がるときは、常に最適なポジションに入ってきています。味方からのパスがなかなか出て来ず、消える時間が長いのが目下の課題。オーバメヤンに対するアシストが最も多いのはラムジーとラカゼットで、それぞれ3つずつを叩き出しています。サブにまわっているラムジーの出番が増え、ワントップとその下でコンビを組めれば、シュートとゴールにまつわるすべての指標が上がるはずです。

最初の8試合で3ゴールだったサラーは、直近8試合で7発とアクセル全開。主力がトップフォームに入りつつあるスパーズで、ハリー・ケインはよりゴールに集中できるようになるでしょう。エジル、ラムジーらパサーたちがいいときのプレイを取り戻せば、オーバメヤンもラッシュ間違いなし。プレミアリーグの優勝争いもさることながら、素晴らしいアタッカーたちのデッドヒートを堪能させていただければと思います。得点王予想は1点、プレミアリーグで最もゴールセンスがある男、ピエール・エメリク・オーバメヤンです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ