リヴァプール公式サイトが「モハメド・サラーの2年」をスタッツで回想…感懐深い!

リヴァプールの公式サイトが、「モハメド・サラーの2年」と題して、押しも押されぬエースの足跡を印象的なスタッツを並べて紹介していました。かつて「エジプティアン・メッシ」と呼ばれた稀代のドリブラーが残した数字を眺めていると、「リヴァプールの復活は彼なくして実現しなかった」とあらためて感じます。公式戦104試合71ゴール29アシスト、プレミアリーグ74試合54ゴール18アシスト。入団初年度にPFA最優秀選手となり、2シーズン連続でリーグの得点王に輝いています。

プレミアリーグを1敗で走り抜け、チャンピオンズリーグを制した2018-19シーズンの躍進は、マネ、フィルミーノ、ワイナルドゥム、ミルナー、ヘンダーソン、ファビーニョ、ロバートソン、アーノルド、ファン・ダイク、アリソンらがひとり欠けてもなしえなかったように思えますが、前年からのサラーのブレイクが重要なキーポイントだったと表現しても違和感はないでしょう。

2017年の夏、当時のクラブレコードとなる3690万ポンドでローマからの移籍が決まったとき、素晴らしい補強と書いてレッズやチェルシーのサポーターに叱られたことを思い出します。私がサラーというタレントに強いインパクトを受けたのは、バーゼル時代のチェルシーとの3試合でした。2012-13シーズンのEL準決勝セカンドレグでは、要塞スタンフォード・ブリッジで先制ゴール。翌シーズンのCLグループステージでも、先制ゴール2発でプレミアリーグのビッグクラブ相手にダブルを喰らわす導火線となりました。当時の印象は、メッシというより「レフティのシェフチェンコ」。ディナモ・キエフ時代にバルセロナやレアル・マドリードを屠る原動力となったスピードスターの姿が、直線的にゴールに斬り込むエジプトの若手有望株にオーバーラップしました。

類まれなる才能を目の前で見せつけられたチェルシーが、2014年1月に契約寸前だったレッズから強奪するように契約を勝ち取ったものの、アザールやウィリアンがいるチームは本人が望むように出場機会を与えられず。プレミアリーグ13試合2ゴールという冴えない戦績を残して、フィオレンティーナにレンタルされたサラーは、最初の7試合で6ゴール1アシストと復活します。2015年にローマに移ると、2シーズンでセリエA65試合29ゴールという活躍を見せ、以前に振られたリヴァプールが2度めの恋を成就させたのでした。

当時の相場でも3690万ポンドは安いと感じたのですが、サラーに批判的だった方々はチェルシー時代の残像を拭えなかったのでしょう。「抜けるドリブルではない」「奪われても追わない」「守備をしない」。とりわけモウリーニョファンの言葉が激しく、なぜこんなに叱責を受けなければならないのかと戸惑いましたが、あれから2年が過ぎました。バーゼル時代よりも素晴らしい選手となったサラーのスタッツには、感慨深いものがあります。

決して私が正しかったなどといいたいのではありません。何しろ八方美人ゆえ、メンフィス・デパイも推していたのです。サラーについていえば、好きなタイプだったのでセリエAでの活躍をチェックしており、「人間は変わるもの」「フットボールの世界では、未来は常にわからないもの」と自分にいい聞かせながらプレミアリーグでのリベンジを期待していたのでした。前評判は高くなかったけれど、密かに思いを寄せていた選手が大ブレイクしてくれると、こんなにうれしいものなのだなとあらためて感じる次第です。

「リヴァプールで、ユルゲン・クロップと出会えてよかったですね…」。南国で過ごすバカンスで、巨大な魚を右手に握りしめて満面の笑みを浮かべている27歳の写真を眺めながら、ついひとりごちた週末の朝なのであります。トランスファーマーケットが盛り上がる季節。続々とプレミアリーグに参入してくる若い選手たちから、次のサラーが出てきてくれればと楽しみにしています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アレクシス・サンチェスとメスト・エジル…高すぎたサラリーが残したさまざまな傷跡。

2015-16シーズンにプレミアリーグ19アシストを決めたメスト・エジル。翌シーズンに38試合24ゴールというキャリアハイの数字を残したアレクシス・サンチェス。ヴェンゲル監督のアーセナルで2枚看板だったワールドクラスが、いずれも厳しい状況に追い込まれています。イギリスメディア「フォー・フォー・トゥ」は、「5 players Arsenal should sell this summer(この夏、アーセナルが売るべき5人)」と題した記事でドイツ人プレーメイカーを1位に指名。ジェンキンソン、パパスタソプーロス、エルネニー、ムスタフィよりも売却の優先順位を高くした理由として、「アーセナル史上最高額のサラリーながら、モンレアルよりもアシストが少ない選手」「移籍金をさほど得られなくても、彼がいなくなればサラリーの部屋に莫大な空間を生むことができる」と、端的に指摘しています。

プレミアリーグ2018-19シーズンは20試合1ゴールに終わったアレクシス・サンチェスも、明るい話題が見当たりません。シーズン終了後に不甲斐ない出来だったとサポーターに謝罪し、イタリアに行くというゴシップが流れた後は、デ・ヘアの高額サラリー要求を報じる際に引き合いに出されるぐらいでした。失意のチリ代表が直近で取り上げられたのは、「過去10年、マンチェスター・ユナイテッドの7番がいかに寒い数字に終わっているか」というテーマでした。マイケル・オーウェンがプレミアリーグ31試合5ゴール、バレンシアは30試合1ゴール、ディ・マリアは27試合2ゴール、デパイが29試合4ゴール。20試合でたった3発のアレクシスを入れた5人の移籍金総額は1億4571万円(約211億円)となり、プレミアリーグ196試合84ゴールという記録を残したクリスティアーノ・ロナウドの売値8460万ポンド(約123億円)を大きく上回ります。

アーセナルらしさを体現していた2人が、窮地に追い込まれていった軌跡を振り返ると、つまずきの元は法外なサラリーだったといわざるをえません。移籍金が高くても、ツッコミを入れられるのはクラブですが、サラリーとなると影響はロッカールームに波及します。プレミアリーグファンやライバルクラブの選手だけでなく、チームメイトの耳目まで集める契約の後、彼らのパフォーマンスは明らかに落ち、同僚はトップを基準に新たな条件交渉を行うようになりました。アンデル・エレーラやアーロン・ラムジーのような交渉決裂は、他のクラブからは聞こえてこない話です。エジルとアレクシス・サンチェスが以前のようなプレイを披露できていれば、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドはチャンピオンズリーグ出場権を失わずに済んだかもしれません。

気前よくサラリーを奮発した2つのクラブは、新たな副作用に苦しんでいます。売りたくても売れない…。選手が報酬の減額を呑まなければ、次の活躍の場に送り出すこともできません。エジルのサラリーに圧迫され、補強の枠が小さくなってしまったアーセナル。マンチェスター・ユナイテッドは、デ・ヘアと条件闘争を続けているようです。心情的には、「何度もチームを救ってくれたプレミアリーグ屈指のGKには、その活躍で積み上げた勝ち点に見合う額を払うべき」と思うものの、アレクシスを上回る額が必要となるなら売りに出したほうがいいでしょう。ロッカールームに軋轢を生むような契約は、神セーブ連発の守護神を並の選手に堕としてしまうかもしれません。

エジルとアレクシス・サンチェスが、今いるクラブであの頃のプレイを取り戻してくれることを祈っておりますが、こうなってしまった以上は新天地でリフレッシュしなければ復活は望めないのではないかと思います。イタリアか、スペインか、パリかプレミアリーグか。高すぎたサラリーが残した傷跡は、違うカラーのシャツを纏った彼らが極上のパフォーマンスを見せてくれるまで癒えないのではないでしょうか。フットボールは何が起こるかわかりませんが、このままでは何も起こらないような気がしてなりません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ2018-19シーズン総括 (3)クラブを去る選手たち

ラムジーはユヴェントス、コンパニは母国ベルギーのアンデルレヒトでプレーイングマネージャー。アンデル・エレーラはパリに向かい、ペトル・チェフは引退を発表しました。「BBC」は、彼ら以外にも契約が切れる選手が多数いると報じ、リストをまとめています。プレミアリーグ初制覇が叶わなかったリヴァプールでは、ダニエル・スタリッジとアルベルト・モレノが来季の構想に入っていないようです。最前線でパスを待つタイプのストライカーは、相当なゴールセンスがなければフィルミーノの代役は務まらないでしょう。3トップの一角が欠けるとオリギしか選択肢がないクラブは、守備への貢献度が高く、個人力でボールを運べるタイプを物色するのではないでしょうか。ロバートソンのポジションにも、将来性のある若い選手を足すのではないかと思われます。

チェルシーを去ることが決まっているのは、プレミアリーグで先発起用がなかった33歳のガリー・ケーヒル。補強禁止処分が覆らなければ、アンパドゥがレギュラー争いに加わることになるでしょう。オリヴィエ・ジルーとカバジェロも、来季の契約にサインしていません。イグアインがイタリアに戻り、モラタがロンドン復帰を嫌がるようであれば、バチュアイとジルーに最前線を託す形も考えられます。サッリ監督に今季限りという噂があるなか、新チームの輪郭が見えてくるのは6月上旬になってからでしょう。

トッテナムで将来が不透明なのは、フェルナンド・ジョレンテとミシェル・フォルム。35歳のオランダ人GKの退団は決定的ですが、CLで活躍したストライカーは次の監督次第で残留もあるかもしれません。CLの結果とオーナーの投資方針次第では、ポチェッティーノ監督がクラブを去る可能性があるといわれており、チームのコンセプトが変わるとなれば出ていく選手が増えるかもしれません。

ラムジーに続いてウェルベックも退団し、リヒトシュタイナーも放出となりそうなアーセナルは、モンレアルが次の契約を結んでいません。ヘタフェで活躍するジェネ、グレミオのワルテル・カンネマン、ローマのコスタㇲ・マノラスに加えてサンテティエンヌの18歳CBウィリアム・サリバも獲得候補といわれているチームは、ユーティリティの高い選手を獲れれば33歳のスペイン人を手離すのではないでしょうか。補強予算を増やすために、エルネニーやジェンキンソン、ムフタフィまで放出される可能性はなきにしもあらずです。

マンチェスター・ユナイテッドは、エレーラとバレンシアが今季限り。プレミアリーグで9シーズンを過ごしたファン・マタも契約切れとなり、スペインに帰ることになるかもしれません。スールシャール監督は、機能しなかった選手を売りさばいて自分好みのスカッドを作ろうとしているのではないでしょうか。アレクシス・サンチェスやロホ、ダルミアンも開幕戦のベンチにいないのではないかと思われます。

エヴァートンでは、長年活躍したレイトン・ベインズとジャギエルカが契約満了。バーンリーのピーター・クラウチ、ハマーズのアンディ・キャロル、サミル・ナスリ、アドリアンも「BBC」のアウト・オブ・コントラクトのリストに名を連ねています。今回のメンバーの中で、プレミアリーグに残る選手は何人いるでしょうか。「マタがニューカッスルに移籍して中盤の王様として君臨」「ジルーとチチャリートの2トップ」などとなったら盛り上がるのですが…。オフシーズンは、ビッグ6の新戦力だけでなく、チームを離れるベテランたちの身の振り方にも注目してまいります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

レジェンド、退団。地元メディア「レスター・マーキュリー」の岡崎慎司特集に感謝します。

His unselfishness and professionalism meant he didn’t get to play in the front-line striker role he preferred and he didn’t score as many goals as he would have liked, but Okazaki still had plenty of highlights.(彼の非利己主義とプロフェッショナリズムは、自身が好む最前線のストライカーという役割でプレイする機会をつかめず、望むように多くのゴールを決められないということにつながった。しかしそれでもなお、オカザキには数多くのハイライトがあった)

クロード・ピュエルの下でチームが苦しんでいたとき、「オカザキを出せ」といい続けてくれた地元メディア「レスター・マーキュリー」は、最後まで日本代表FWの理解者でした。「Shinji Okazaki's best moments in a Leicester City shirt, including that incredible bicycle kick(レスター・シティのシャツを纏った岡崎慎司の最高の瞬間、あの信じられないバイシクルも)」と題した最新のレポートは、プレミアリーグ4年めの今季をもってクラブを去ると明言した33歳のベテランストライカーの名シーンを、情感たっぷりに伝えています。

プレミアリーグ113試合14ゴール4アシスト、108本のシュートと41本のオンターゲット、3本をクロスバーやポストに当て、16回のビッグチャンスを逃したストライカー。プレミアリーグの公式サイトで彼が残したスタッツをピックアップすると、こうなります。対して地元メディアは、どんなに数字を駆使しても表現できない稀有な存在として、岡崎慎司の足跡を語っています。

「彼は常に、2016年のタイトルを獲得したレジェンドと認められ、その戦績はシティのおとぎ話のなかに位置付けられている。過去4年は、ジェイミー・ヴァーディーがゴールを決めるために必要としたパートナーに最もふさわしい存在でもあった」

記事が振り返る最初の1発は、2015年8月に行われたアップトン・パークのウェストハム戦におけるプレミアリーグ初ゴールでした。「狭いエリアでターンする能力はすぐに明らかになった「すべてのショットにストライカーとしての本能が感じられた」「公式戦19ゴールの大半が近距離からのものだった」と、岡崎の特徴を端的に記しています。2016年1月にスパーズ戦で決めたFAカップ初ゴールについては、「いわゆるボックスのなかのずるいキツネだったが、守備のために走るのも好きだった」「あの有名なフィッシュアンドチップス大好き発言があった」などといったエピソードを交えて紹介。さらに4つのメモリアルゴールをピックアップし、それぞれ素晴らしい瞬間だったと激賞しています。

2016年3月、本拠地キングパワーのニューカッスル戦で決めた「信じられないバイシクル」。チャンピオンズリーグで決勝トーナメント進出を確実にしたクラブ・ブルッヘ戦のボレーは、フクスのクロスにピンポイントで合わせた「クオリティフィニッシュ」でした。2017年5月にマンチェスター・シティ戦で決めた美しいボレーは、ヴァーディーの後ろからゴールに近づき、オルブライトンのクロスをジャストミートしたもので、ロブ・タナー記者は「個人的なお気に入り」とひとこと添えています。

記事は最後に岡崎慎司のベストパフォーマンスを選出しています。2017-18シーズンのプレミアリーグ17節、セント・メアリーズで行われたサウサンプトンとのアウェイゲーム。「日本代表のチームメイトである吉田麻也があらゆる種類の問題を引き起こした」と描かれた1-4の快勝劇で、彼は2ゴールを決めて主役の座をゲットしています。2017年12月13日は、ストライカーとしての能力を知らしめた最高の日であるとともに、レスターのサポーターたちにゴールをプレゼントした最後の日になってしまいそうです。

「プレミアリーグで活躍したストライカー」と初めて呼べるわれわれの同胞を、4年間支え続けてくれた「レスター・マーキュリー」に、感謝の気持ちを伝えたくてこれを書きました。時に誇らしく、時に勇気づけられた数々の記事をありがとうございました。彼のプレミアリーグにおけるキャリアの(おそらく)最後に、素敵なギフトのような特集を配信していただいたことも、忘れずにいようと思います。

岡崎慎司に向けて感謝やねぎらいの言葉を記すのは、最後の2試合を終え、新しいクラブが発表されてからにしましょう。私のお気に入りはチャンピオンズリーグ唯一のゴール、クラブ・ブルッヘ戦のボレーですが、これから行われるマンチェスター・シティ戦とチェルシー戦のいずれかで書き換わるかもしれません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

彼が最後に抜かれたのは…PFA年間最優秀選手に輝いたファン・ダイクの超絶スタッツまとめ!

「とても誇らしいこと。この気持ちを言葉にするのは難しい。毎週、戦っている選手たちの投票なので、本当に名誉だと思う。受賞できて光栄だ。今日は特別な日だね。みんなに感謝している」

プレミアリーグ2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手は、大方の予想通りヴィルジル・ファン・ダイクでした。最大のライバルと目されたマン・シティのラヒム・スターリングは、若手の最優秀選手を受賞。プレミアリーグ20ゴールのセルヒオ・アグエロや、16ゴール13アシストのエデン・アザールまで抑えてのトロフィー獲得は素晴らしいのひとことです。DFとしては、2004-05シーズンのジョン・テリー以来14年ぶり。昨季のモハメド・サラーに続き、2年連続でリヴァプールの選手が栄誉に輝くことになりました。

リヴァプールの公式サイトが、プレミアリーグにおけるDFの史上最高額となる7500万ポンドで獲得した大黒柱のスタッツを紹介しています。公式戦の出場時間は4015分、プレミアリーグは3215分。6節のサウサンプトン戦で肋骨を痛め、リタイアした後の35分以外はリーグ戦で彼がいない時間はありませんでした。ボールタッチ3262回は、ジョルジーニョ&アスピリクエタのチェルシーコンビに続く3位。パス本数2847本は、ジョルジーニョに次ぐ2位に入っています。

公式戦におけるクリアは240本で、コンビを組むマティプの92本の2倍以上。プレミアリーグでは183本のクリアを記録し、ビッグ6のDFではNo.1です。空中戦の勝利数170回はTOP5にランクインしており、勝率76.2%は今季プレミアリーグで堂々の1位です。アリソンやアーノルド、マティプ、ロバートソンらとともに積み上げたクリーンシートは公式戦23試合、国内リーグ20試合。1試合あたりの失点は0.56とプレミアリーグ最少です。

クロップ監督は、カラバオカップとFAカップをファン・ダイク抜きで戦っているのですが、前者はチェルシーに1-2、後者はウルヴスに2-1であっさり敗退しています。想像すると怖ろしくなってきますが、もしオランダ代表キャプテンがいなかったら、リヴァプールはマン・シティの独走を許してCL出場権争いに巻き込まれていたのではないでしょうか。多大なる貢献は堅守と前線へのフィードのみにあらず、チャンピオンズリーグで2ゴール2アシスト、プレミアリーグで3ゴール2アシスト。マティプのオウンゴールを帳消しにしたバイエルン戦の決勝ヘッドは、今季の欧州を語るうえで大きなターニングポイントでした。

さあ、いよいよ最後のスタッツを紹介しましょう。ファン・ダイクの偉業を物語る最高の数字は、「プレミアリーグにおいて、45試合連続でドリブルで抜かれたことがない」でしょう。彼を最後に抜き去ったのは、昨季プレミアリーグの29節で当たったニューカッスルのミケル・メリーノ。ボックス脇でかわされたこのシーンは失点にはつながっておらず、レッズは2-0で勝利しています。「BBC」によると、2018-19シーズンに2000分以上出場した選手で、ファン・ダイクに続いて抜かれた回数が少ないのは、ニューカッスルのラッセルズが3回、ダヴィド・ルイス5回、クック、マグワイア、スモーリングが6回。ゼロがいかに凄いことなのかが、これらのデータを見てもよくわかります。

PFA年間最優秀選手、おめでとうございます!ライバルクラブの選手の表彰なのに、気を抜くと涙腺が緩んでしまうのは、「CBひとりでこれだけチームが変わるんだ…!」という感動をリアルタイムで味わわせてくれた稀有なプレーヤーだからでしょう。今季のリヴァプールから3ゴールを挙げたのは、4-3で撃ち合いに屈したクリスタル・パレスのみです。カンプ・ノウで待つバルセロナは、2つめのチームになるのでしょうか。ファン・ダイクの統率力と判断力の素晴らしさに魅了された私は、今季こそはスペインの強豪を完封して欧州の頂点に立っていただきたいと切に祈っています。水曜日も、ぜひメッシを止めてくださいね!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ