現地メディアに刺激されて挑戦!「プレミアリーグに戻ってきてほしい選手ランキング」

1位フェルナンド・トーレスはニューカッスルかセインツ、2位ティム・ケーヒルはウェストハム、3位スティーブン・エンゾンジはアーセナル…。懐かしい名前が並ぶランキングは、イギリスメディア「Football365」が選んだ「プレミアリーグに戻ってきてほしい選手TOP10」です。ここまででさっそく、「37歳のケーヒルはないでしょう!」と心のなかで叫んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。選出根拠が怪しげなランキングは、おそらくプレミアリーグ復帰が取り沙汰された選手と、最近話題になった選手からチョイスしているのだと思われます。

ジエゴ・コスタ加入で出場機会がなくなりそうなフェルナンド・トーレスは、3日ほど前、かつてともに戦ったラファエル・ベニテスと点取り屋がほしいマウリシオ・ペジェグリーノが興味を持っていると報じられました。セヴィージャのエンゾンジは、以前からアーセナルがほしがっているといわれており、夏に「デイリー・ミラー」がトランスファーリクエストを出す見通しと報道。今季はスペインに留まりましたが、最近になって現地紙のインタビュー記事で「プレミアリーグを愛している。将来は何が起こるかわからない」と語っています。ティム・ケーヒルが話題になったのは、10月末。「BBC」が、「チチャリートのプレミアリーグ41ゴールは全ゴールをボックス内から決めた選手として歴代2位」と伝えた際に、56ゴールでぶっちぎりの1位の選手として紹介されました。ちなみに、チチャリートと並んでボックス内オンリーで41発決めているのは、ジョン・テリーです。いわれてみれば、プレミアリーグでチェルシーの主将がミドルを叩き込むのを観た記憶はありません。

ランキングに戻りましょう。4位はマリオ・バロテッリ!昨季はニースで23試合15ゴール、今季も8試合6ゴールと水を得た魚のように自由にプレイしているイタリア人は、メディアがうるさいプレミアリーグには戻ってこないのではないでしょうか。5位はマンチェスター・シティで結果を出せず、フィオレンティーナ、アトレティコ・マドリードでプレイしたステファン・サヴィッチ。昨季のセリエAで37試合29ゴールと大暴れし、得点王に輝いたローマのエディン・ジェコが6位は低すぎます。7位は今や懐かしいハビエル・マスチェラーノ、8位はエデンの弟、ボルシアMGに移籍したトゥルガン・アザール。9位にピックアップされた香川真司は、ヴェンゲル監督が「非常に機動力がある」「クレバー」「クリエイティブ」「速い」と激賞していたとして、「to Arsenal」とされていますが…。10位はハテム・ベナルファ。パリで居場所を失っているドリブラーのプレミアリーグ復帰は、リアリティあるお話です。

とまあ、ツッコミどころ満載の微妙なランキングなのですが、プレミアリーグファンが居酒屋で盛り上がるには格好のテーマではあります。10人を自由に選んでいいといわれれば、誰をどこに入れるでしょうか。私の1位は、あまりにも眩しかったルイス・スアレスでリヴァプール復帰。スタリッジとのSASアゲインというだけでなく、新SAS(スアレス・アンド・サラー)にも期待してしまいます。2位はルカ・モドリッチで、エンゴロ・カンテ、バカヨコとの3センターを観てみたいと思います。3位はエディン・ジェコ、行き先は王様のようにふるまえるエヴァートン。4位は同僚のコラロフで、左SBがやや不安なマンチェスター・ユナイテッドがおもしろそうです。

5位にはシャルケ04のナビル・ベンタレブ。スパーズはもったいないことをしたのではないかと思います。22歳と伸びしろ充分のセントラルMFは、セインツでロメウとコンビというのはいかがでしょうか。6位はパリのディ・マリアで、「もっと早く来ていれば出さなかった」と憤っていたモウリーニョ監督に託しましょう。1月にリヨンに加入してからリーグ・アンで27試合11ゴールと復活したメンフィス・デパイを7位とすると、縦に速いタイプを加えたいスウォンジーやバーンリーのようなチームがはまりそうなのですが、さすがに現実感がなさすぎますか。ストークで馬車馬のように走り回り、中盤を仕切っていたエンゾンジを8位。彼がアーセナルはありだと思います。9位に同じセヴィージャからヘスス・ナバスをチョイスして、右からの攻撃が弱く感じられるセインツへ。チェルシーでは力を発揮できなかったファン・クアドラードは、アーセナルでWBチェンバレンの後釜などいかがでしょうか。

ヌジエ、ルーカス・レイヴァ、ガストン・ラミレス、ルイス・アルベルトと、負傷が癒えた後の巻き返しを期待しているニャブリを次点としたいと思います。もうひとり、スペインに大物がいるのですが、さすがに触れませんでした。今季はラ・リーガで7戦1ゴールとはいえライバルクラブにいかれるのは抵抗があり、さりとてマンチェスター・ユナイテッド復帰はマルシアルやラシュフォードが心配です。このうえは、レアル・マドリードでキャリアを終えていただきたいのですが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

圧巻エリクセン!ワールドカップ出場を決めた素晴らしいハットトリックをリプレイ!

圧巻でした。クリスティアン・エリクセン。 ワールドカップロシア大会欧州プレーオフ、アイルランドVSデンマークは、イタリアが60年ぶりにワールドカップ出場を逃した直後の一戦。荒れたピッチに苦しみ、コペンハーゲンでの一戦をスコアレスで終えてしまったデンマークは、敵地ダブリンでアウェイゴールを決めて引き分けるか、勝利を得なければロシアには行けません。レスターの守護神シュマイケル、チェルシーの成長株アンドレアス・クリステンセン、そして10番エリクセン。プレミアリーグでおなじみの選手を要所に配したデンマークは、6分という早い時間に失点を喫してしまいました。ハーフライン付近からFKをゴール前に入れたのは、WBAのロビー・ブレイディ。ヨルゲンセンが足に当てたボールがゴール前に浮くと、ヘッドでシュマイケルに競り勝ったのはブライトンのシェーン・ダフィです。昇格チームで今季プレミアリーグフル出場のCBの一撃で、ホームチームが俄然有利になりました。

ゴールを決めなければイタリアの後を追うことになるデンマークは、29分にショートコーナーから同点に追いつきます。シストが左サイドを完全に崩してグラウンダーを入れると、クリステンセンのボレーは「何とか触った」という表現がぴったりでした。ところがこのボールが右のポストぎりぎりに転がり、クリスティはクリアしきれません。DFが腿で押し込む格好となった幸運なゴールは、デンマークがどうしてもほしかった貴重なアウェイゴール。1-1となり、今度はアイルランドがゴールを決めなければ敗退です。

しかし32分、勝ち越しゴールを決めたのはデンマークの10番でした。ポウルセンのインターセプトから始まったカウンター。楔に入ったヨルゲンセンが右サイドを走るポウルセンに戻すと、20番は再び中央のヨルゲンセンに預け、ボールは左から上がったエリクセンに渡ります。ここまですべてダイレクトパスでつながった華麗な速攻の仕上げは、クロスバーの下を叩く完璧なボレー。力を入れず、コースだけ気にしながら枠に収めた一撃は、エリクセンらしいフィニッシュでした。1-2で後半に入ると、とどめを刺したのもスパーズのプレーメイカーです。

63分、バイタルエリアでシストからのパスを受けたエリクセンは、ワントラップで迷いなく放った左足のシュートをサイドネットに収めます。何度リプレイを見ても、ここしかない…とため息が漏れる完璧なコントロールショット。プレミアリーグ145試合34ゴール40アシストは、いかにもパサーのスタッツですが、エリクセンのゴールシーンはキックのチョイスもコースも完璧な美しいシュートばかりです。ハットトリック達成となった74分のゴールは、ウォードのクリアミスを見逃さずに走り込んで叩いた容赦ないインステップ。エースの活躍で勝負を決めたデンマークは、終了直前にベントナー男爵が自ら得たPKを蹴り込み、1-5圧勝でロシアへのチケットを手に入れました。

2013年の夏、ガレス・ベイルの移籍金で大量補強を敢行したトッテナムは、直近4シーズンより下のプレミアリーグ6位と振るわず、強化は失敗だったといわれました。それから3年が過ぎ、振り返ってみると、3シーズン連続で35試合以上出場と負傷に強いエリクセンの獲得は大成功。今となっては、ベイルを残留させるよりもこちらのほうがよかったと胸を張っていえるのではないでしょうか。デル・アリ、ハリー・ケインとのトリオはプレミアリーグ屈指の破壊力。昨季は力を発揮できなかったCLでレアル・マドリードに完勝したスパーズは、何としてもタイトルを手にして実りあるシーズンにしたいものです。天才プレーメイカーの素晴らしい3発を観て、週末のノロンドンダービーがより楽しみになってきました。いやー、最高です、エリクセン!(クリスティアン・エリクセン 写真著作者/Chris 0023)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地メディアの見解も二分…負傷が続くガレス・ベイルのプレミアリーグ復帰はあるのか?

南米王者のチリが最終節でチケットを取り逃がし、序盤でつまずいたオランダはスウェーデンに届かず。強豪国・伝統国が相次いで散ったロシアワールドカップ予選の最後に、驚愕のサプライズが待ち構えていました。イタリア、敗退。ファーストレグのリードを守り切ろうとゴール前を固めるスウェーデンに対して、シュート26本を浴びせたイタリアは、最後までゴールラインを越えられずにサンシーロに集まったサポーターを落胆させてしまいました。彼らの最大の敗因は、ヴェントゥーラ監督の采配だったと思います。

なぜ、ガッビアディーニを代えてしまったのか。プレミアリーグではラインの裏を狙い続ける点取り屋は、インモービレとのコンビではセカンドストライカー。サイドに流れたり引いてもらったりと、自在なポジショニングでうまく拠点を作っていました。ところが63分、ベロッティを入れた際にセインツのストライカーを外すと、スウェーデンの守備陣を振り回す存在がいなくなってしまいます。この交代は、守りやすくなったアウェイチームのベタ引きを誘発。せっかくのエル・シャーラウィにスペースは与えられず、最後はゴール前に放り込むのみでした。追加タイムの2回のCKで、ゴール前に上がってきたブッフォンの背中が今も脳裏をよぎります。ストックホルムでの失点は、デ・ロッシの足に当たってコースが変わった不運な一発でしたが、180分間ノーゴールでは、どんな釈明もファンの耳には届きません。

プレミアリーグファンとしては、イタリアのアタッカーたちよりもアレクシス・サンチェスやワイナルドゥムの不在が残念ですが、視線を最終ラインに移すと、最後のワールドカップとなる名守護神ブッフォンとボヌッチ、バルザーリ、キエリーニの「BBC」が見せる堅守を大会から失うのは寂しい限りです。「BBC」といえば、スペインにもワールドカップで観たかった大物がいます。ガレス・ベイルのウェールズは、カーディフでの最終戦に勝てば無敗でプレーオフ進出が決まるという有利なポジションにいながら、アイルランドに敗れて予選敗退。GKヘネシー、ベン・デイヴィス、アシュリー・ウィリアムズ、ジョー・アレン、サム・ヴォークスなどプレミアリーグでおなじみの選手を揃えたクリス・コールマン監督にとっては、ラムジーとベイルを欠いたのが致命的でした。

ガレス・ベイルをワールドカップで観たかったという思いは残りますが、もしウェールズが出場を決めていても彼はロシアに辿り着けなかったかもしれません。左足ふくらはぎを痛め、9月に開催されたチャンピオンズリーグのドルトムント戦以来ピッチを離れていたベイルは、今度は内転筋を痛めてリタイア。2013年の夏に1億ユーロでレアル・マドリードに入団して以来、今回が19度めの負傷となります。レアル・マドリードが放出を決めたと報じられるほど負傷が多いエースが、夏にどうなっているかは誰にもわかりません。

リーガ・エスパニョーラでプレイした4年3ヵ月で、159試合70ゴール55アシスト。この間の欠場は73試合に及び、全日程の2/3しか出場していない計算になります。イギリスメディア「デイリー・ミラー」は、ウェールズ代表監督クリス・コールマンのコメントを紹介。「彼がマドリードで幸せでないなら、ハッピーになれる場所に行かなければならない」。若き指揮官は移籍という選択肢もあると主張しています。プレミアリーグ復帰となれば、いの一番にマンチェスター・ユナイテッドの名前が取り沙汰されそうですが、「契約を延長しない」と語ったとされるクリスティアーノ・ロナウドがクラブを離れる場合は、エル・ブランコは2人を同時に手離すというギャンブルは回避するのではないかと思います。スペイン紙「アス」はガレス・ベイル放出決定と報じ、「マルカ」は夏までは保留としており、現地メディアの見立てもひとつの方向にまとまっているわけではありません。

ポルトガルのレジェンドの里帰りという物語の実現をめざすか、ウェールズの天才の復活に賭けるか。3試合に2試合しか出場できないベイルの現状を気にするか、5試合中4試合でゴールに絡んでくれることを評価するか。ユニフォームが売れるのは間違いない「BBC」の一角を手繰り寄せられそうとなれば、7番が空いているマンチェスター・ユナイテッドは興味を示しそうではあるのですが、蠱惑的な高額のお買い物はいずれもハイリスクです。…おお、ダブリンで行われている決戦でクリステンセンとエリクセンのプレミアリーグコンビがゴールを決め、デンマークがアイルランドをリードしています。マドリードにビッグイヤーを3回もたらした英雄たちに思いを巡らせるのをしばし中断して、最後の欧州予選プレーオフに没頭することとしましょう。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ポグバ、ララナ、ロス・バークリー…プレミアリーグ復帰間近と伝えられる3人のキーマンに期待!

プレミアリーグ11戦10勝1分、積み上げたゴールは38。ここまで非の打ちどころのない数字を残しているマンチェスター・シティが、近年稀に見る強さであることは間違いありませんが、彼らのアドバンテージとして「前線のキーマンに負傷者が出ていない」ということがあります。支払った移籍金の総額だけを見れば「大型補強」ともいえるのですが、獲得したのはエデルソン、カイル・ウォーカー、バンジャマン・メンディ、ダニーロと後ろのメンバー中心。高齢化した最終ラインは再編成したものの、アタッカーはベルナルド・シウヴァしか加えていません。

イヘアナチョ、ヘスス・ナバス、ノリートを手離したチームは、前線の戦力の単純計算ではマイナスですが、何しろレギュラー陣が凄すぎてまったく気になりません。10試合7ゴールのガブリエウ・ジェズス、8試合8ゴールのアグエロは甲乙つけがたく、9試合7ゴールのスターリングと11試合6ゴールのレロイ・サネがいれば、ベルナルド・シウヴァに先発出場が3試合しかまわってこないのも納得です。ダヴィド・シルヴァ、デブライネはフェルナンジーニョはプレミアリーグ全試合先発出場。彼らが最後まで皆勤賞を続ければ、ペップのチームは独走で優勝するのではないでしょうか。今後のマンチェスター・シティの最大の敵は、主力を襲う負傷なのかもしれません。

一方、ライバルクラブはキーマンの負傷や出遅れに苦しんでいました。アレクシス・サンチェスがわずか1ゴールでエジルもようやく活躍し始めたアーセナル、一時はワニャマとデンべレが両方いなかったトッテナム、アザールやカンテ不在に苦しんだチェルシー。とりわけ厳しかったのがモウリーニョ監督とクロップ監督で、アンタッチャブルな存在を欠いたために攻撃のオプションに乏しく、苦しい戦いを強いられていました。そんな彼らも、そろそろキーマンが復帰するようです。ポール・ポグバとアダム・ララナ。イギリスメディア「デイリー・ミラー」は、ポグバがインターナショナルマッチウイーク明けのニューカッスル戦でベンチ入りする可能性があると報じ、「テレグラフ」はララナがリハビリの最終ステージに入ったと伝えています。

プレミアリーグ開幕から2試合連続ゴールと好スタートを切ったポグバは、9月12日に行われたチャンピオンズリーグのバーゼル戦でハムストリングを負傷。彼がいた4試合は1試合あたり3ゴールだったチームは、9月末にマルアン・フェライニも欠くと、上位対決が続いた直近のプレミアリーグ4試合で2ゴールしか決められませんでした。数人に囲まれてもボールをキープでき、前線に的確なロングフィードを通せるポグバがいれば、あっさり敗れたハダースフィールド戦や劣勢のままゴールを奪えなかったチェルシー戦は、ドローには持ち込めていたのではないかと思われます。6番の復帰は、ロメウ・ルカクの沈黙とムヒタリアンの孤立をダブルで解決してくれるのではないでしょうか。12月頭に、CLのCSKAモスクワ戦をはさんで行われるアーセナル、マンチェスター・シティとのシックスポインター2連発は、ベストな布陣で臨んでいただければと思います。

サディオ・マネがいれば、マンチェスター・ユナイテッド戦のノーゴールとトッテナム戦の惨敗は違う結果になっていたかもしれませんが、開幕前に負傷して公式戦18試合を棒に振ったララナの不在も負けず劣らず大きかったのではないかと思います。昨季プレミアリーグで31試合8ゴールという数字を残したオールラウンダーがいれば、中盤の連携やボックス手前での崩しのクオリティは格段に上がり、プレスもより機能するのではないかと思います。チャンピオンズリーグの勝負どころであるセヴィージャ戦の後、チェルシーとの大一番を控えるリヴァプールにとって、ララナの復活は心待ちにしていた最高のニュースです。

そしてもうひとり、近々復帰といわれているロス・バークリーも、チームを変えてくれるかもしれない選手のひとりです。昨季プレミアリーグで36試合に出場した司令塔は、夏にはトッテナムに移籍するといわれておりましたが、ハムストリングが癒えずに断念。ルカク移籍もさることながら、馬車馬のようなドリブルとパワフルなミドルシュートが魅力のMFの穴が埋まらなかったことも、エヴァートンが不振に陥った理由のひとつでしょう。苦境のチームを復活させる活躍を見せ、ワールドカップで真価を発揮した後にビッグクラブに移籍というのが、彼が描く最高のシナリオです。

プレミアリーグの再開までまだ1週間ありますが、3人の姿をピッチで確認する瞬間が今から楽しみです。ララナ、マネ、サラー、フィルミーノ、コウチーニョ、ヘンダーソン。ポグバ、マティッチ、ムヒタリアン、マルシアル、ラシュフォード、ルカク、ズラタン。これは、どちらも早く観たいですね!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ