メッシのバロンドール受賞に納得!しかしファン・ダイクの落選には異議あり…⁉

「おそらく、既に50万回はいっているはずだが、リオネル・メッシは、私の人生で見たなかで最高の選手だ。そりゃそうだろう?若い頃、ペレ、フランツ・ベッケンバウアー、ディエゴ・マラドーナを見て、今になってリオネル・メッシをしょっちゅう目の当たりにしている」
「しかし昨季は、本当にそのシーズンだけで考えれば、正直にいって、これほどディフェンダーが印象的だったシーズンを思い出せない。ヴィルグがもし勝ったら、それは正しかっただろうし、僅差だと聞いていた。ヴィルグのその後の発言は、彼がいかに人間としてファンタスティックかを物語っているね」

12月2日に、2019年のバロンドールが発表されました。まずは、6度めの受賞を果たしたリオネル・メッシに心からの拍手を送りたいと思います。公式戦50試合51ゴールという出色のスタッツを残し、バルセロナをラ・リーガ制覇に導いた稀代のアタッカーの受賞に、何の異論もありません。マージーサイドダービー直前のプレス・カンファレンスで、バロンドールについて聞かれたユルゲン・クロップ監督も同じ認識でしょう。冒頭で紹介したコメントは、最初のバロンドールから10年を経て、なおも世界のトップに君臨している不世出の選手へのリスペクトが溢れています。

ただし…こちらもクロップ監督に賛同いただけるはずですが、こうも思います。「バロンドールがメッシである」ことには違和感も反論もないけれど、「バロンドールがヴィルジル・ファン・ダイクではない」ことには異議あり!です。なぜ、彼ほどの活躍を見せた選手が世界一のプレーヤーという栄誉に輝けないのか?もう1度、クロップ監督の言葉を紹介しましょう。

「チャンピオンズリーグで優勝した。屈指のシーズンだった。(プレミアリーグで)97ポイントを獲得した。目撃した人々は、称賛されてしかるべきと思うだろう。私は彼らにとても満足している。17位はトレントだったっけ? 3年前に誰がそんなことを思っただろう?」

ファン・ダイクから見える景色で、2019年のリヴァプールと彼自身について整理してみましょう。プレミアリーグでは、年明けの初戦でライバルに敗れてからは無敗を続け、僅差の準優勝。チームはリーグ最少の22失点でフィニッシュし、個人としてはプレミアリーグ50試合連続で誰にも抜かれないという驚異的なレコードを残しました。チャンピオンズリーグは、バロンドールのライバルだった10番が率いるチームをファーストレグで3-0という絶体絶命の状況からひっくり返し、マドリードのファイナルでトッテナムを完封して優勝。ネーションズリーグも決勝に進出し、敵地でポルトガルに敗れたものの、準優勝に輝いています。

新シーズンは、プレミアリーグでは未だ無敗。前季より出来が悪いなどという声もあるようですが、2失点以上が1度もないチームの大黒柱にはネガティブな形容をせず、「フツーの世界一」ぐらいに留めておけばいいでしょう。2019年通算でプレミアリーグの戦績を見ると、32試合26勝5分1敗という秀逸な数字です。ビッグイヤーとUEFAスーパーカップ制覇、国内リーグと代表で準優勝では足りなかったというのでしょうか。世界中のジャーナリストの投票というフェアでオープンなアワードであり、受賞者がひとりしかいないのは重々承知しているのですが、どうにもこうにも悔しさを包み隠すことができません。

ゴールやアシストという明確な数字があるアタッカーは、チームと個人を切り離しやすいのですが、CBは「他人のミスで負けた。アイツは悪くない」とはいかず、個人の評価は戦績と連動するのが常です。いや、だからこそ、リヴァプールが欧州王者となったシーズンのMVPには、最高の勲章を手に入れてほしかったのです。とはいえ、もう結果は出てしまいました。アリソン・ベッカーが、新設されたレフ・ヤシン賞を獲得したことを称え、何とか矛を収めることとしましょう。敵はシーズン51ゴールですからね…。「プレミアリーグ制覇」「ネーションズリーグ優勝」「カンプ・ノウのCLセミファイナルで10番を完封」の3点セットからひとつ加えるぐらいでなければ勝てなかったということなのでしょう。

ファン・ダイクは、私のなかでは2018-19シーズンで最も輝いた選手です。13年ぶりのDF受賞を見られなかったのは残念ですが、来年はトレブルを達成するなどして、今度こそサッカーの歴史にその名を刻んでいただければと思います。今夜のマージーサイドダービーを、楽しみにしております。うう…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ニャブリ、デパイ、サラー…「売らなきゃよかった」選手たちを見ていて思うこと。

10月1日、チャンピオンズリーググループステージ2節のトッテナムVSバイエルンでセルジュ・ニャブリの4ゴールを見たとき、「アーセナルは、なぜこの逸材を売り払ってしまったんだ!」と震えました。ノースロンドンで20歳まで過ごしたアタッカーは、プレミアリーグ10試合1ゴールと揮わず。2015-16シーズンにはWBAにレンタルされ、公式戦3試合ノーゴールと結果を出せないまま、夏にブレーメンに売却されました。母国に戻ったニャブリは、いきなりブレイク。ブンデスリーガ初年度で27試合10ゴール、ホッフェンハイムで22試合10ゴールと2ケタゴールを続け、名門バイエルンでも30試合10ゴールと主力にのし上がりました。トッテナム・ホットスパースタジアムの試合結果を聞いて、多くのグーナーが悔しい思いをかみしめたのではないでしょうか。

なぜ突然、こんな話を始めたかといえば、オランダ代表のロナルド・クーマン監督がチームのエースについて語った記事を目にしたからです。「彼はトッププレーヤー。マンチェスター・ユナイテッドにいた頃は、少し若すぎたかもしれない」。公式戦53試合7ゴールというもの足りない数字しか残せず、斬新すぎるファッションばかりが話題になったウインガーを1年半で放出すると聞いたときには、やむなしとしか思いませんでした。ところが、オリンピック・リヨンでの最初の8試合で5発決めたと知ると、とたんに落ち着かなくなります。

2017-18シーズンにリーグアン36試合19ゴールという出色のスタッツを叩き出したデパイは、母国の代表チームでも真価を発揮するようになりました。リヨンに在籍した2年10ヵ月で、公式戦130試合50ゴール42アシスト。オランダ代表でも、直近11試合で8ゴール10アシストです。ニャブリのブレイクにほぞを噛むグーナーを到底笑えず、今はインテルでセリエA12試合9ゴールのルカクを見て複雑な思いをかみしめています。何とかならなかったのでしょうか、スールシャール監督…。

そういえば、モー・サラーがプレミアリーグ36試合32発と大爆発した2017-18シーズンには、チェルシー時代に彼を手離したジョゼ・モウリーニョ監督を揶揄する記事が続出しました。アザール、オスカル、ラミレス、ウィリアン、ジエゴ・コスタ、ロイク・レミー、ドログバを擁してポール・トゥ・ウィンのプレミアリーグ優勝を果たしたチームで、実績がない選手に「試合に出してくれ」といわれても、簡単に呑めるものではありません。「獲得はしたが、放出はしていない。クラブが決めたこと」「われわれは、彼の希望に沿えなかっただけ」という名将のコメントは、偽らざる本音でしょう。ウェストロンドンにいた頃、22歳だった快足ウインガーは、モウリーニョとの早すぎた出会いと別れを経て、最高のタイミングでクロップと邂逅したのだと思います。

「将来性を見込んで獲得した若手が結果を出せない」「ユースでは素晴らしかった選手が伸び悩んでいる」…売るか、残すか、ローンに出すか。若手を多く抱えるクラブの共通の悩みです。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのように、短期間で監督を代えるクラブほど、中長期的な育成や手離すか否かのジャッジが難しくなり、売って後悔するリスクが高まります。

ユースからの抜擢や若手獲得が目立つようになった最近のプレミアリーグを観ていると、心の中で念じている自分に気づくことがあります。マンチェスター・シティは、レロイ・サネを出すな。アーセナルは、ルーカス・トレイラやブカヨ・サカを出すな。マンチェスター・ユナイテッドは、マルシアルとグリーンウッドを出すな。チェルシーは、何としてもハドソン=オドイを引き留めろ…。残すのが正解とはいえないのですが、彼らを放出したクラブのサポーターが、数年後にモヤモヤした気分を引きずるような気がしてならないのです。

マン・シティからアストン・ヴィラに移籍したドゥグラス・ルイスは、ワールドクラスといわれるまでに成長を遂げるでしょうか。リヴァプールからボーンマスにレンタルされたハリー・ウィルソンは、次の夏に呼び戻すべきでしょうか。売るか、残すか、ローンに出すか。あるいは買い取りオプションという保険を付けるか。選手も監督もクラブも悩む「stay or go」のタイミングと決断。結果論で成功・失敗を語ることはできても、当事者たちを批判することはできません。ニャブリの華々しい活躍に肩を落とすグーナーのなかには、こんなことをいう人々もいるかもしれません。「アレクシス・サンチェスは、やっぱりあのタイミングで売るべきだったのだ」。(セルジュ・ニャブリ 写真著作者/Steffen Prößdorf)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

エデン・アザール去りし後、序列は変わるか?プレミアリーグのドリブル成功数ランキング!

ジェイミー・ヴァーディー、タミー・アブラハム、セルヒオ・アグエロ、ピエール・エメリク・オーバメヤン。今季プレミアリーグの得点王に輝くのは誰でしょうか。常連とニューフェイスが混在したTOP4だけでなく、負傷の影響に苦しむモー・サラー、チームの不振とリンクしてシュート数が減ったハリー・ケイン、獰猛なラヒム・スターリング、勝負強いサディオ・マネも有力候補です。マンチェスター・ユナイテッドのサポーターとしては、マーカス・ラシュフォードの覚醒に期待したいのですが、あれを外すとは…。すみません。プレミアリーグ12節のブライトン戦で、無人のゴールにプッシュするだけのボレーを蹴り損ねたショッキングなシーンの残像をまだ消せずにいます。ワンタッチゴールの天才たちが鎬を削るレースに食い込むためには、シュートの精度を高めなければなりません。

ツカミの話が長引きました。本題は、こちらのランキングです。プレミアリーグで、1試合あたりのドリブル成功数が最も多い選手は?と聞かれたら、誰を思い浮かべるでしょうか。ここ数年の常連は、エデン・アザール、ウィルフリード・ザハ、アダマ・トラオレの3人でした。アザールが絶不調だった2015-16シーズンはザハが1位。翌シーズンは1試合平均5本の大台に乗せたアダマ・トラオレがザハを押さえ、アザールは3位に留まっています。

2017-18シーズンと昨季は、アザールとザハのワンツー。王者だったアダマ・トラオレは、ミドルズブラの降格によって2017-18シーズンをチャンピオンシップで過ごし、ウルヴス移籍後はスーパーサブにまわったために数字が落ちてしまいました。アザール去りし後、ドリブラーの序列は変わったのでしょうか。「whoscored」より、2019-20シーズンの「1試合あたりのドリブル成功数ランキング」を紹介しましょう。

プレミアリーグ12節終了時点でTOPに立っているのは、やっぱりウィルフリード・ザハです。4.6回は、2位にランクインしているアダマ・トラオレの3.6回を大きく引き離しており、このまま突っ走るのではないかと思われます。夏にアーセナルへの移籍が取り沙汰された稀代のドリブラーは、一連の騒動がプレイに影響を与えたと認めておりますが、ここまでまさかのノーゴールながらもスピードとテクニックは健在。古巣のマンチェスター・ユナイテッドに復帰するなどといったゴシップが出始めていますが、冬のマーケットで振り回されなければ、4シーズンぶりに1位に返り咲くのではないでしょうか。

9月にレギュラーポジションを獲得したアダマ・トラオレも、DFを強引に抜き去る重戦車のようなドリブルでサポーターを沸かせています。2017-18シーズンの3位はスターリングでしたが、今季は期待のニューフェイスがアダマ・トラオレと同等の数字を残しています。ニューカッスルの左サイドに君臨するアラン・サン=マクシマン。私は、彼を紹介したいがために、この稿を書き始めたのかもしれません。16歳でサンテティエンヌからトップリーグデビュー。ハノーファー96、バスティア、モナコと渡り、昨シーズンのニースで34試合6ゴールという数字を残したドリブラーは、まだ22歳です。

緩急、繊細なタッチ、タイミング。ハードマークを身上とするプレミアリーグのDFたちも慎重にならざるをえず、勢いに乗せたら止まらなくなります。8試合出場でゴールゼロアシストゼロではありますが、得意の左45度からのコントロールショットが炸裂するようになれば、ニューカッスルの得点力は自ずと上がるでしょう。4位はノリッジのブエンディア、5位はアーセナルのニコラ・ペペ。6位にTOP10では唯一のDFシーマス・コールマンが入っており、セインツのブファル、ヴィラのマッギン、ボーンマスのジョシュア・キングと続いています。

好きな選手はといわれれば、エリクセンやダヴィド・シルヴァなど、クレバーなプレーメイカーの名前を挙げてしまうのですが、アダマ・トラオレやザハの名前がスタメンにあれば、試合を観ておこうかという気分が高まります。得点王争いの行方と同時に、ドリブラーたちのスタッツも追いかけていきたいと思います。まだ観ていないかたは、サン=マクシマンをぜひ。(ウィルフリード・ザハ 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London))


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

PK以外ではわずか1ゴール…結果を出せないマーカス・ラシュフォードのウィークポイント。

You can’t hide in football and the last few weeks simply haven’t been good enough.As a United fan myself, that hurts. And you deserve better.(フットボールはごまかせない。このところの数週間は単に充分ではなかった。僕自身、ひとりのユナイテッドのファンとして心を痛めている。改善できるはずだよ)」。

昨季プレミアリーグで13ゴール9アシストのポグバと、絶対的守護神デ・ヘアを欠いたマンチェスター・ユナイテッドが、日曜日にオールド・トラフォードに全勝リヴァプールを迎えます。「自らの改善のみに集中するべき」と、Twitterでメッセージを配信したマーカス・ラシュフォードは、チームと自身をストレスから解放するゴールを決めることができるでしょうか。プレミアリーグ通算119試合30ゴール16アシストのストライカーは、ルカクを押しのけて中央でプレイする以上は、得点王を争えるレベルまでステップアップしなければなりません。

タミー・アブラハムとセルヒオ・アグエロは、8戦8発のロケットスタート。7発ゲットのオーバメヤンがいなければ、アーセナルも下位に沈んでいたでしょう。8月の沈黙が恒例となっているハリー・ケインも5ゴールを決めており、サラー、マネ、フィルミーノの最強3トップは12本のシュートをネットに突き刺しています。プレミアリーグやチャンピオンズリーグを制するには、ストライカーの決定力は必須アイテムですが、チェルシーとの開幕戦で2ゴールと幸先いいスタートを切ったラシュフォードは、8試合3ゴールというもの足りない数字に留まっています。

3つのうち2つはPK。ラインの裏への飛び出しや得意のミドルが決まらず、クリスタル・パレス戦ではPKを左のポストに当ててホーム敗戦の原因となってしまいました。先に挙げたライバルクラブのストライカーたちは、タミー・アブラハムの15本を筆頭に全員がオンターゲット9本以上を記録しているのですが、ラシュフォードはPK2本を含む7本。ビッグチャンスにおけるミス3回も、ハリー・ケイン(ゼロ!)を除く6人より少なく、「チャンスを創れず、枠に打てていない」状態が続いています。

ドライブとフラットを使い分ける右足の強烈なシュートと、縦に抜けるスピードはプレミアリーグでもトップクラスなのですが、CBとの駆け引きとスペースをいち早く見つける判断力がウィークポイントです。ファン・ハール監督に見出され、ワントップでプレイしたのは3ヵ月のみ。モウリーニョ時代は左サイドにまわされていたため、最前線のプレーヤーに必要な動きを体得する時間が少ないまま、持ち前のセンスのみで戦っている印象があります。昨年の12月にスールシャール監督によってトップに戻されてからは、スピードを活かして8戦6発と爆発したのですが、相手に引かれるとミドルシュートしか打つ手がなくなります。

ラシュフォードが本格的なストライカーとして開眼するためには、ニアでCBに先着するアグエロや、ファーでフリーになるオーバメヤンの動きを学ぶ必要があるでしょう。プレミアリーグ13位の9発とゴール欠乏症に陥っているマンチェスター・ユナイテッドですが、クロス153本はオーバメヤンやタミー・アブラハムのチームを上回り、トッテナムと1本差のリーグ7位と決して少なくはありません。キックの精度と、ストライカーやウインガーが中に入るタイミングが向上すれば、カウンターに頼らず勝てるようになるはずです。

逆の見方をすれば、ラシュフォードは「ビッグクラブのなかで、最も成長余力があるストライカー」なのかもしれません。まだ21歳。この夏ブレイクしたタミー・アブラハム(10月2日で22歳)と同い年です。いずれはマン・ユナイテッドを背負って立つ存在になると信じています。リヴァプール戦では、久々のゴールを期待し…ファン・ダイクとマティプですか。きついですね。勝負はまだまだ先ですので、期待しすぎず、応援しようと思っております。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現役No.1ストライカーなのに…セルヒオ・アグエロがMVPに縁がない理由を考察してみました。

プレミアリーグ247試合172ゴール。今季中に、175ゴールのアンリと177ゴールのランパードをかわすのは確実で、負傷さえなければ187ゴールのアンディ・コールを抜いて歴代3位に躍り出るのではないでしょうか。31歳になったセルヒオ・”クン”・アグエロは、2019‐20シーズンも絶好調。開幕から6試合連続ゴールを決め、プレミアリーグ8戦8発で得点王争いのTOPに立っています。

2018年9月に、2020‐21シーズン終了まで契約を延長。「ここで10年プレイしたい」「契約を全うする」と公言しており、残り68試合で37ゴールを積めれば、ウェイン・ルーニーの上をいく209ゴールでシアラーに次ぐ2位となります。これまでのペースで走れれば充分手が届く数字ですが、シーズンのどこかで軽傷で休むのが「アグエロあるある」。シーズン平均22.5ゴールを2年続けるというミッションは、プレミアリーグ屈指のゴールマシンといえども約束できるレベルではありません。

マンチェスター・シティで歴代最多ゴール、プレミアリーグにおける南米出身選手としても最も多くのゴールをゲット。8シーズンすべてで2ケタゴールを達成し、5シーズン連続で20発以上。ハットトリック11回はシアラーと並ぶリーグレコードで、1試合あたりのゴール率69.6%は史上最高です。これほどの選手なのに、地味というか華がないというかキャラが弱いというか、「アグエロ・イズ・ナンバーワン!」な雰囲気がないのはなぜでしょうか。「現役選手でNo.1ストライカーは?」と、トータルの評価を匂わせると名前が挙がりそうなのですが、「今いちばんスゴい選手は?」というテーマでランキングを作ると、いつも2番手3番手な印象があります。

2017年までプレミアリーグ年間ベストイレブンに1度も選ばれていないと聞いて、驚く方は少なくないでしょう。ようやく2018年に初選出され、今年の春に連続受賞を果たしていますが、「マン・シティがあれほど圧倒的に強くないと、アグエロといわれないのか」と、むしろため息をついてしまいます。アグエロがマンチェスターにやってきてから、最初の6シーズンに選ばれたストライカーをチェックしてみましょう。ファン・ペルシ、ルーニー、スアレス・アンド・スタリッジ、ハリー・ケイン、ジエゴ・コスタ、ジェイミー・ヴァーディー、ロメウ・ルカク。なるほど、ちょっと見えてきました。アグエロの弱点は、「アクロバティックなゴールがない」「優等生キャラ」「間が悪い」の3点ではないでしょうか。

ルーニーのオーバーヘッド、ファン・ペルシやハリー・ケインのハンマーショット、スアレスの超ロングシュート、ヴァーディーの縦パス1発カウンターのような記憶に残るゴールがないのが、アグエロの弱点…いや、彼らしさです。ストロングポイントは、ニアに入ってワンタッチゴールを決める際の絶妙な速度計算と瞬発力、浮き球やクロスの落下点をいち早く察知する空間把握力、緩急の差が激しいフェイント、DFを背負いながら振り向く速さ。ボールを見なくても確実にタッチできるため、GKは表情や顔の向きから蹴るタイミングとコースを読めません。持てる能力を駆使した結果、どうなるかといえば、ほとんどのフィニッシュが簡単に見えてしまうのです。

ガチガチのマークを駆け引きと技術でかわしてシュートを積み重ねるアグエロを、拙いトラップから無理やり蹴ったボールが運よくサイドネットに突き刺さった選手が抜き去っていく…大げさにいえばそんなイメージで、表彰においては「記録よりも記憶」で損をしてしまったケースが多分にあったのではないでしょうか。そういえば、プレミアリーグの月間MVPは、たったの5回。ハットトリックを達成しながら選ばれなかった月が5回もあります。

「最前線の選手は、いわゆるヒールやプチトラブルメーカーのほうがキャラが立ちやすく、活躍したときのインパクトがデカい」というのは、思い込みでしょうか。先に並べた名前のなかで、優等生キャラはハリー・ケインとアグエロだけ。スパーズのエースには母国のヒーローというアドバンテージがあり、アグエロのひとり負け…というのが仮説です。監督とケンカしたり、移籍騒動の主役になったり、レッドカードを喰らったりすることがないため、ゴールを決めるか何らかの記録を塗り替えたときしかメディアの見出しになりません。実力の割に話題性がないことが、アグエロのそこはかとない地味な雰囲気につながっているような気がします。

最後に、「間の悪さ」ですが…。マン・シティが44年ぶりのプレミアリーグ制覇を果たした年に、最後の劇的なゴールを決めながらも、ファン・ペルシ無双にMVPを持っていかれてベストイレブンもルーニーがゲット。得点王を獲ればいいのかと2014‐15シーズンに唯一のNo.1に輝くと、チェルシーに優勝をさらわれてしまい、スポットライトを浴びたのはアザールでした。ぶっちぎりのリーディングゴールゲッターなのに、ベストイレブンをジエゴ・コスタとハリー・ケインに譲るとは…。2015年10月には、月初の試合でニューカッスル相手に5ゴールを決めた後、3試合を欠場し、月間表彰を逃すという無念もありました。

高校生に例えるなら、アグエロは学年で2番めに成績がいい優等生。苦手科目がなく、どんなテストもすいすい解いてしまうのですが、ほとんどが2番手で、唯一TOPなのは物理です。英語や体育ならアウトプットによって目立つのですが、「物理ってよくわかんない」「何でそんなに難しいことがわかるの?」と周囲は若干引き気味。ケンカの強さをアピールして注目を集めることもなく、学級委員長に選ばれる人気者でもないのですが、温厚なキャラと実力で、クラスメイトに一目置かれている…。

いかがでしょう。デフォルメが過ぎるでしょうか。「みなさん、クン・アグエロにもっとリスペクトを!」と声を張り上げたいわけではありません。プレミアリーグファンなら、マン・シティのエースの凄さをよくご存じでしょう。私が彼に密かに期待しているのは、見納めになるかもしれない来季までのどこかで、形に残る極上のリスペクトを手に入れることです。プレミアリーグ通算209ゴールか、悲願のチャンピオンズリーグ制覇&バロンドールか、PFA年間最優秀選手とプレミアリーグMVPのダブルか。長きにわたって1度も沈むことなく、ゴールを決め続けた真のワールドクラスにふさわしい何かを。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ