1年8ヵ月ぶりの欠場と3年ぶりのフル出場…アスピリクエタ&ウィルシャー、それぞれの軌跡

片や1年8ヵ月ぶりの欠場、もう一方は2年4ヵ月ぶりの先発復帰。カラバオカップ3回戦では、ロンドンのクラブに在籍する2人の選手の出場記録が話題になりました。チェルシーのCBセサル・アスピリクエタと、アーセナルの10番ジャック・ウィルシャー。2012年8月にプレミアリーグの門を叩いたアスピリクエタは、最初の2ヵ月こそベンチを温めていたものの、11月になると右サイドのレギュラーに定着。翌シーズン、イヴァノヴィッチが右にまわると、世界最高の左SBといわれたアシュリー・コールからレギュラーポジションを奪ってチェルシーの最終ラインを安定させました。

当時の指揮官だったジョゼ・モウリーニョが「アスピリクエタが11人いれば、チャンピオンズリーグを勝てる」という極端な賛辞を送ったのは、一瞬たりともさぼらない献身的なプレイと集中力の高さがあまりにも魅力的だったからでしょう。チームがピンチを招いても決して慌てず、完璧なポジショニングで対応するデイヴがいたからこそ、モウリーニョ監督は第二次政権でもプレミアリーグ優勝を成し遂げられたのだと思います。スランプに陥る選手が続出し、チームが10位に沈んだ2015-16シーズンも、ひとり崩れず37試合2ゴール。2016年1月31日、今は懐かしいオスカルがハットトリックを決めたミルトン・キーンズ・ドンズ戦を休んだアスピリクエタは、次のワトフォード戦から連続出場記録をスタートさせました。コンテ監督のチームでは公式戦全試合出場を成し遂げ、プレミアリーグ優勝とFAカップファイナル進出に貢献しています。

カラバオカップ3回戦のノッティンガム・フォレスト戦は、リュディガー、ケーヒル、クリステンセンにポジションを譲りました。奇しくも前回の欠場時と同じ5-1でチェルシーは快勝。今回ハットトリックを決めたのは、好調のミヒー・バチュアイでした。チェルシーにとって、アスピリクエタを休ませることができるのは、選手層に厚みができた証拠でしょう。チームの弱点となるポジションを埋め続け、5シーズンにわたってレギュラーポジションをキープし続けてきた28歳のDFは、サッカーセンスの塊です。彼がいなければ、異なる指揮官による直近の2度の優勝はなかったかもしれないとすら思います。

2015-16シーズンはプレミアリーグ出場3試合のみ。2016-17シーズンは途中出場で2試合。エミレーツのサポーターが、スタメンとしてピッチに登場するジャック・ウィルシャーを最後に観たのは2015年5月15日でした。今年の4月に「スカイスポーツ」が発表した「2011-12シーズン以降の負傷欠場日数ランキング」では、あのアブ・ディアビを37日も引き離す895日でぶっちぎりTOP。16歳でプレミアリーグデビューを果たし、18歳のときにはリーグ戦35試合出場と既に主力として活躍していた早熟の天才は、いつしか「悲運」という形容が似合う選手になってしまいました。

1-0で辛勝したカラバオカップ3回戦のドンカスター戦では、イオビかウィロックに代えられるかと思いきや、予想外のフル出場。10番が90分間ピッチにいたのは、2014年9月23日のキャピタルワンカップ3回戦のサウサンプトン戦以来となります。エミレーツで1-2と敗れた試合には、彼と同様に負傷に泣かされ続けたロシツキとディアビが出場していました。

ウィルシャーがボーンマスで常時出場する感覚を取り戻そうとしている間に、アーセナルは3-4-2-1にモデルチェンジしています。この夏、ヴェンゲル監督はウィルシャーに移籍を許可したといわれており、ジャカ、ラムジー、コクラン、エルネニーがいるセントラルMFには、彼の居場所はないものと思われていました。「ジャックが自信を取り戻すためには理想的な場だった。90分間プレイできることがわかった」。歯切れのいい言葉でウィルシャーの復活を称えた指揮官は、今後どんな形でレフティを起用するのでしょうか。ジルーに送った浮き球を見て、チームの主軸だった頃のことを思い出しましたが、エジルやジャカからもこれは出るとも思いました。守備を考えればジャカ、ボックスへの攻め上がりはラムジーのほうが期待値が高く、3-4-2-1の前線となるとアレクシス・サンチェスやエジルと勝負することになります。

アーセナルのファーストチームに昇格して10年め。クラブを長く見続けているサポーターにとっては、イングランド代表を背負って立つ存在になるといわれたMFは忘れえぬ存在なのだと思われますが、「やっぱり彼が必要だ」と再確認するまでにはもう少し時間が必要でしょう。サッカーセンスの塊という言葉は、アスピリクエタにもウィルシャーにもふさわしいと思いますが、この5年間の軌跡は光と影といっても大げさではないコントラストを描いています。「最も重要な選手のひとり。世界屈指のCB。ボールのオン・オフに関係なくクオリティが高い」とコンテ監督がベタ褒めするCBは、今日のストーク戦でも当たり前のようにピッチに顔を出すでしょう。一方のウィルシャーは…。7節のブライトン・アンド・ホーブ・アルビオン戦なら、プレミアリーグでは2年半ぶりとなる10番のスタメンがあるのではないかと密かに期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サディオマネはチームを救えたのか?評論家の意見も割れる不振のリヴァプールの課題を考える。

昨季プレミアリーグにおいて、アーセナルのシュコドラン・ムスタフィは入団から4ヵ月半負けなしでした。クリスマスの直前に彼がいなくなったとたんにチームは連敗を喫し、戻ってくると最初の敗戦を経験するまで2勝1分。ワトフォード戦で敗れたアーセナルは長いトンネルに入り、ムスタフィの記録は忘れ去られましたが、前半戦は文字通り守り神に見えたものでした。同じシーズンで、マイケル・キャリックの無敗記録も現地で話題になりました。1月26日のEFLカップ準決勝セカンドレグでハル・シティに敗れるまで、彼が出場した公式戦は14勝4分、欠場したゲームは7勝4分5敗。ベテランアンカーの安定感により、ポグバが憂いなく攻撃にシフトできたのは確かですが、それにしてもあまりに見事なコントラストです。フットボールの世界では、価値ある選手の貢献度を実数字が大きくデフォルメしてしまう現象が、時折起こります。彼らが重要な役割を果たしていたのは間違いありませんが、デ・ヘアやチェフの素晴らしいセービングによって敗戦を回避した試合もあり、運という言葉なくして語れない数字であったのも確かです。

前振りが長くなりました。リヴァプールサポーターのみなさん、あるいは雑食系のプレミアリーグファンの方々に問いたいと思います。サディオ・マネの数字には、どのくらい運という要素が入っているでしょうか。2016年の夏にセインツから加わったアタッカーが出場すると23勝9分4敗、アフリカネーションズカップなどで彼を欠いた試合は8勝5分け7敗。勝率にすると、64%対40%という鮮やかなギャップとなります。プレシーズンマッチでバイエルン・ミュンヘンを破るなど6勝2分で新シーズンに入ったクロップ監督のチームは、最初の5試合を4勝1分と絶好調。チャンピオンズリーグのプレーオフではホッフェンハイムから2試合トータルで6ゴールを奪い、プレミアリーグではアーセナルに4-0で圧勝しています。相変わらず守備の綻びは気になったものの、フィルミーノ、サラー、マネの最前線は素晴らしい出来で、25歳のセネガル代表FWはプレミアリーグ3戦連続ゴールという最高の滑り出しでした。

課題を内包しつつも期待を抱かせていたレッズがつまずいたのは、プレミアリーグ4節のマンチェスター・シティ戦でした。アグエロにゴールを許した後の38分、勇敢に飛び出してきたエデルソンの顔をスパイクの裏で蹴ってしまったマネは一発レッド。10人となり、得意のプレッシングが効かなくなったチームは、ガブリエウ・ジェズスとレロイ・サネに2発ずつを喰らって5-0という予想外の大敗を喫しました。巻き返しを期したチャンピオンズリーグ初戦の対セヴィージャは、フィルミーノがPKを失敗してアンフィールドで2-2のドロー。続くプレミアリーグ5節のバーンリー戦はポゼッション71%、シュート35本を浴びせながら1-1で勝ち点1に終わり、カラバオカップのレスター戦は岡崎慎司にやられて2-0で完敗しました。

「ESPN」は、キングパワーでの一戦について「5点は獲れたレッズは21本のシュートをムダにした」とシュートの精度を問題にしており、試合後のクロップ監督は「不必要なミスが試合を難しくした」と守備陣の対応のまずさを嘆いています。攻守どちらの責任が重いかは意見が分かれるところだと思われますが、リヴァプールがチーム全体として歯車が狂っているのは間違いないでしょう。クロップ監督就任以降、リーグカップの準決勝とFAカップが重なって混乱を招いていたチームは、9月という予期せぬタイミングで2分2敗と勝利から見離されてしまいました。

果たして、マネがいればチームを救えていたのでしょうか。攻め勝つ形に持ち込めない前線の課題が大きいのか、やはり守備陣が厳しいという従前の見方が妥当なのか、評論家の意見は割れています。アラン・シアラーが「守備陣が毎週似たようなミスを繰り返しているのを見ると、クロップがトレーニングで何をやっているのか疑問に思う」と主張すれば、クリス・サットンは「ファンはセットプレーについて語っているだろう」と援護射撃。これに対してイアン・ライトは「ゴールを決めることでチームを落ち着かせないといけない。今のリヴァプールは積極性を欠くがゆえに、思わぬ失点を喫している」と攻撃陣の姿勢を疑問視しています。

私が気になっているのは、優位に立っているときの過ごし方です。昨季の年末、1-0で勝ったアンフィールドのマンチェスター・シティ戦では、8分にワイナルドゥムが先制点を決めた後は自陣に引いてボールをまわして時間を遣いながら、時折速攻を仕掛ける老獪な戦い方を見せて逃げ切っています。積極的に仕掛けて相手を混乱させる戦い方と、あえてスローに落として相手を呼び込み、長い縦パスで一気にゴール前に迫るような攻め方を交えれば、ゴール前に張り付いていればOKと割り切って楽に守る相手に、希望のないミドルを浴びせる単調な時間を少なくできるのではないかと思います。ただし、ヘンダーソンやマティプがロングフィードを入れるなら、トラップ一発でDFを抜き去ることができるマネの重要性は上がりそうではあるのですが…。

8月のプレミアリーグの月間MVPに輝いたアタッカーに加えて、スペースを使うのがうまいララナが復帰し、コウチーニョがトップフォームを取り戻せば攻撃陣の問題はあっさり解決するのかもしれません。しかし当面の問題は、週末のレスター戦です。クロップ監督は、自らの采配で勝ち点3をもぎ取り、「カラバオカップの敗戦はメンバーを落としたから。主力が揃えばマネ抜きでも強い」ことをあらためて証明できるでしょうか。やっかいな岡崎慎司は、次はスタメンに名を連ねているはずです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

お買い得は何人!? 「スカイスポーツ」が選んだ移籍金ゼロのフリー選手ベストイレブン!

8月31日に幕を閉じたプレミアリーグのトランスファーマーケット。ドリンクウォーター、ジョレンテ、サコなどのインターナショナルクラスがぎりぎりで動いた一方で、ファン・ダイク、コウチーニョ、ロス・バークリー、アレクシス・サンチェスといった話題の選手は揃って残留となりました。われわれプレミアリーグファンの目は、ビッグネームに行きがちですが、契約満了や構想外となってクラブを離れながらも次の働き口が決まっていない選手がいます。「スカイスポーツ」が、フリーエージェントの選手を集めたベスト11を紹介しています。

GKには、ストークに所属していたシェイ・ギブン。ニューカッスルで12年、マンチェスター・シティとアストン・ヴィラで3年を過ごした大ベテランは、既に41歳です。この歳までプロとしてクラブのリストに名前を残してきた選手を、私は無条件でリスペクトします。常にピッチに立てるように体を作り、若手の突き上げに耐えてこられたのは、勝利の喜びを味わいたいという強いモチベーションと自分はまだやれるという信念を持ち続けられたからでしょう。プレミアリーグ出場451試合の守護神が素晴らしいのは、ヴィラとストークで控えGKとして戦況を見つめてきた直近3年でリーグ戦11試合に出場していることです。元アイルランド代表GKに、「次」はあるのか。チャンピオンシップのクラブが経験を頼りにして声をかけてくる可能性は充分です。

DFは5バックで、サンダーランドで負傷続きだったヤン・キルヒホフ、レスターのCBヴァシレフスキ、ノリッジに所属していたカメルーン代表セバスティアン・バソング、アーセナルやマン・シティで最終ラインを統率したコロ・トゥレ、元イングランド代表CBジョレオン・レスコットといったなかなかの顔ぶれです。2015年にバイエルン・ミュンヘンから降格候補のクラブにやってきたキルヒホフの2シーズンは、プレミアリーグ出場22試合と満足いくものではありませんでした。まだ26歳。トップフォームを取り戻せれば、中堅クラブの最終ラインで輝く可能性は充分にあると思います。

2014-15シーズンまでレスターでレギュラーポジションをキープしていた37歳のヴァシレフスキは、昨季はプレミアリーグ出場1試合に留まったものの、下部リーグならまだやれるでしょう。1月に移籍したサンダーランドで、初のスタメンとなった最終節が1-5の大敗だったレスコットも、気持ちさえ続けばジョン・テリーと同じリーグで活躍できるのではないかと思われます。

ノリッジを出ることになったセバスティアン・バソングはまだ31歳。2015-16シーズンにはプレミアリーグ27試合1ゴールとクラブの最終ラインを支えていたDFは、昨季はチャンピオンシップ9試合と出場試合数が激減。イングランドで声がかからなければ、若き日々を過ごしたフランスに流れるかもしれません。1ヵ月前に、コートジボアールのフル代表とU-23のアシスタントコーチ就任が発表されたコロ・トゥレは、プレイを続けたいといっているものの、このままスパイクを脱ぐ可能性が高そうです。リヴァプール時代に、セヴィージャとのEL決勝戦で最終ラインを落ち着かせていた姿が忘れられません。

MFは、クリスタル・パレスからジョー・レドリーとマテュー・フラミニ。ユーロ2016でウェールズ代表として活躍したレドリーは、すぐにプレイするクラブが見つかるのではないでしょうか。33歳になったフラミニはアメリカかイタリア、WBAとノリッジでプレミアリーグ7年のキャリアを持つユースフ・ムルンブは、チャンピオンシップのフラム入りが噂されています。WBAといえば、リーグ1(3部相当)の得点王から5年でワールドカップ出場に辿り着いたシンデレラストーリーを持つリッキー・ランバートもフリーです。カーディフで18試合4ゴールだった35歳のストライカーは、現役続行に意欲を燃やしているでしょう。

「スカイスポーツ」は、最後のひとりにプレミアリーグとは関係ないジュゼッペ・ロッシを入れてしまいましたが、ここはリッキー・ランバートをワントップに据える5-4-1として、中盤にジョーイ・バートンというのはいかがでしょうか。数えきれないほどの賭博を咎められて13ヵ月出場停止となった35歳のMFは、「クロップは監督というよりチアリーダーだ。タッチライン際で飛び跳ねているのを見ると、いつも心配になる」「コウチーニョは早く売れ」と、ピッチの外で存在感を発揮しています。次の職場探しが最も困難なのは、この男かもしれません。いや、もしかしたら、バーンリーが3度めの…。(マテュー・フラミニ 写真著作者/joshjdss)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

戻ってきたらやっぱり怖い…ジエゴ・コスタがプレミアリーグの登録メンバー入り!

8月31日、デッドラインデーの移籍ニュースをリアルタイムで配信していた「BBC」の決定リストに、彼の名前はありませんでした。ジエゴ・ダ・シルヴァ・コスタ。2014年夏のチェルシー入団以来、プレミアリーグ3シーズンで89試合53ゴール。モウリーニョ監督の下でプレイした2014-15シーズンと昨季はプレミアリーグで20発を達成しており、チームの優勝に貢献した素晴らしいストライカーです。とりわけ昨季の前半戦は、圧巻でした。18試合14ゴールという数字もさることながら、先制ゴール5発、決勝ゴール5発(先制して1-0勝利も含む)、同点ゴール2発と大事な局面でチームメイトを奮い立たせるゴールが多かったのをリスペクトするべきでしょう。彼がいなければ、チェルシーの3連勝スタートとクラブレコードとなるプレミアリーグ13連勝はなく、すなわち優勝をトッテナムにさらわれていたかもしれません。

2016-17シーズンの前半戦が終わったとき、「今季はジエゴ・コスタがMVPに選ばれるかもしれない」と書いたのですが、この夏の移籍騒動につながる事件は年明け早々に起こりました。中国の天津権健からオファーを受けたジエゴ・コスタはアントニオ・コンテ監督と口論になり、1月14日のレスター戦のスタメンから外されます。このとき、コンテ監督は2年めの構想からスペイン人FWを除外したのでしょう。7ヵ月後、指揮官にメールで構想外と伝えられたことに憤っていたストライカーは、弁護士を通じて「アトレティコ・マドリードへの移籍を許可しなければ、法的措置も辞さず」と揺さぶりをかけましたが、チェルシーの指揮官は何が問題なのだといわんばかりに冷静にいなしました。

「なぜ弁護士が介入するんだ?すっと前から状況は明確だ。終わった問題だろう。ジエゴについてのジャッジを語るなら、1月まで遡る必要がある。彼は私の決断を知っていたが、弁護士は正しい情報を得ていないようだ。シンプルな話だよ。本人、代理人、クラブと全員が状況を完全に理解していた」(アントニオ・コンテ)

故郷のブラジルに帰ったジエゴ・コスタは、チェルシーのトレーニング参加指令に背を向け続け、8月には30万ポンド(約4300万円)の罰金を科されたようです。この夏の補強を禁止されているアトレティコ・マドリードは、「彼はチェルシーの選手。クラブの同意がなければ動かない」というスタンスを崩さず。ジエゴ・コスタの古巣は復帰を望んではいるものの、1月からしか使えない選手を焦って獲りにいく理由はありません。かくしてデッドラインデーに、ジエゴ・コスタの名前は話題に上りませんでした。9月2日、「スカイスポーツ」がジエゴ・コスタがプレミアリーグ登録メンバー25人に入ったと報じ、「ESPN」はチェルシーが昨季のエースストライカーをピッチに立てる状態に戻そうと画策していると伝えています。

コンテ監督が敬意を欠いていると主張し、ブラジルに留まっているジエゴ・コスタがこのままの状態を続けても、得るものは何もないでしょう。さまざまなニュースをチェックする限り、今回の一連のトラブルは自身が火付け役であり、チェルシーとコンテ監督に非はありません。ジエゴ・コスタが7月にチームに合流して黙々と個人練習に励めば、チェルシーはアトレティコ・マドリードと話をつけにいったのではないかと思われます。アトレティコ・マドリードの主将ガビは、元エースの復帰を歓迎しながらも、「彼はチェルシーの選手なのだから、クラブに敬意を払わないといけない。移籍したいなら、適切な方法で話し合わないとね」とコメントしています。契約が残っている所属クラブと建設的な話をして、早期にトップフォームを取り戻さなければ、「1月まで休めば普通は太ってしまう。彼はプロなのだから、どのような体型をキープしなければならないかを知っておかないと」と語るアトレティコ・マドリードのエンリケ・セレソ会長に扉を閉められてしまうかもしれません。

一方、こんなことも考えます。「ジエゴ・コスタが半年でもチェルシーに戻ってくれば、コンテ監督のチームは優勝候補の筆頭である」と。アルバロ・モラタが思うようにゴールを決められなくなったとき、ロイク・レミーをラス・パルマスに出したクラブには、フィット感のないバチュアイ起用かアザールの偽トップぐらいしか手立てがなくなりますが、プレミアリーグ20発を2回も叩き出しているストライカーがいるとなれば話は変わってきます。モラタとジエゴ・コスタを前線に据え、アザールをトップ下に置く3-5-2というオプションもあり、チャンピオンズリーグとプレミアリーグを戦うチームはスムーズにターンオーバーすることができるようになります。

ライバルクラブのサポーターとしては、今回、チェルシーがジエゴ・コスタをメンバーに入れたことはかなりの脅威です。コンテ監督と和解したストライカーが10月のプレミアリーグのピッチに姿を見せるなどということがあれば、マンチェスター・ユナイテッド本命という今季の優勝予想を上書きしたくなりそうです。ただでさえ絵にかいたようなヒールキャラの選手が、チームの編成を揺るがすような問題を起こしたわけで、チェルシーサポーターのみなさんは簡単に許す気分にはなれないかもしれません。しかし、傍から見れば、ジエゴ・コスタの復帰はリュディガーやバカヨコ獲得に勝るとも劣らない最強の補強です。早々に手打ちという着地を怖れながら、しばし成り行きを静観したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ