「イングランドの若手はもっと海外に出るべき」…ヴァンサン・コンパニの鋭い指摘に納得。

プレミアリーグに所属するイングランド人の若手はもちろん、高校サッカーからJリーグというルートが一般的な日本の選手についても考えさせられるお話です。イギリスメディア「デイリー・メール」が報じていたマンチェスター・シティCBヴァンサン・コンパニのコメントが興味深かったので、紹介しましょう。ベルギーでキャリアをスタートし、20歳以降は海外でプレイを続け、プレミアリーグで成功をおさめたワールドクラスのDFの言葉だけに、説得力があります。

「17歳のイングランド人の選手たちに、オランダ1部リーグでサッカーをするのか、フットボールリーグ1(3部相当)でプレイする道を選ぶかと聞いたら、10人に9人はフットボールリーグ1を選択するだろう。しかし、私はもっとオープンな考え方をするべきだと思う。若い選手たちが、(国際的なステージに直結していない)フットボールリーグ1でプレイすることはチャンスにはつながらないし、学ぶことも少ない。僕自身は、17歳~18歳のときには、ベルギーリーグでプレイしていた。そして20歳で、アンデルレヒトでチャンピオンズリーグに出場するチャンスを得たんだ。イングランドの選手たちも、もっと他国で経験を積むという道を考えるべきだ」

コンパニがいいたいのは、直接的には「国際的なゲームなど、より高いレベルに自らをおける場で経験を積み、成長していくことの重要さ」です。その言葉の背景にあるのは、イングランドにおいてはプレミアリーグという欧州のステージ直結のトップリーグで、若手が出場できる機会が限られてしまっている現状認識と、キャリアの選択肢を狭く捉えてしまっているために、成長機会を逃しているイングランド人選手が多いのではないかという問題意識だと思われます。

コンパニはユース年代の話をしていますが、プレミアリーグの上位クラブで、海外から来たトップクラスのプレイヤーにベンチに追いやられている20代前半のイングランド人選手にも、同じことがいえるでしょう。プレミアリーグのなかでは、チェルシーは若手をレンタルで他クラブに出して修業を積ませるのがうまく、プレミアリーグ内でキャリアアップしたルカクや、海外で成長を遂げたデブライネ、クルトゥワがいたりしますが、クラブによっては、チェルシーのような使い分けをせず、リザーブリーグに出場するだけの若手選手を多く抱えていたりします(ルカクやデブライネが結果的にクラブを離れたという話は、別議論で)。もしかしたら、そんな若手選手のなかには、ベルギーやオランダ、スイスなどの上位クラブに出ていってチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグで戦えれば、より才能が磨かれる選手がいるかもしれません。

日本からも、19歳で海を渡った久保裕也や、アーセナルでチャレンジを始めた宮市亮のような選手がもっと出てきてもいいですね。宮市亮は、本人のケガもあり、ホームグロウンルールを見据えてレンタル先をイギリス国内に限定しようとしたヴェンゲル監督の方針がやや裏目に出たところもあって、結果的にはあまりうまくいかなかったかもしれませんが、やろうとしていたことは悪くなかったと思います。「代表クラスの選手が、トーマス・クロートという敏腕代理人を介してブンデスリーガへ」というルートはひとつのトレンドとなりましたが、オランダやスイス、ベルギーの中堅・下位クラブで試合経験を積み、国内上位にキャリアアップし、その先はプレミアリーグ、セリエAなどへ挑戦、というような「本田圭祐・久保裕也ルート」を辿る選手がどんどん増えればおもしろいと思います。

最近のイングランドとイタリアの凋落は、若手の成長機会が少なく、国内でくすぶりがちであることと無縁ではないでしょう。オランダ、スペイン、ベルギー、ポルトガル、フランスの若手選手は、次々と海外に出ていってますので。コンパニの言葉を、FAのみなさんやプレミアリーグ関係者はどう受け止めるのか。すぐにどうこうという話ではありませんが、ホームグロウンルールの功罪、若手育成システムのありようなど、奥が深い話ではあります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

イングランドもドイツ&オランダの様に自国人枠を設け、若い頃に海外挑戦をして
ホームグロウン権を持っていなくてもハンデにならない様にするべきかもしれませんね。
  • ゆうま
  • 2014/08/15(Fri)08:47:46
  • 編集

コメントありがとうございます。

ゆうまさん>
ホームグロウンの影響で、イングランド人が高くなりがち、というのも問題ですね。上位クラブにいるイングランド人の控え選手が、下位クラブに移籍しづらくなったりする面もあると思います。
  • makoto
  • 2014/08/15(Fri)10:40:49
  • 編集

無題

ホームグロウンによって数合わせのイングランド人がシティとかにいっぱいいましたからね・・・
  • アーセナル
  • 2014/08/15(Fri)12:48:07
  • 編集

無題

なんかトーレスもこのようなコメントしてたような…
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/08/15(Fri)14:19:30
  • 編集

コメントありがとうございます。

アーセナルさん>
そうなんです。明らかにノーチャンス、という選手がプレミアリーグ上位クラブにいるのはもったいないですよね。

プレミアリーグ大好き!>
海外歴が長い選手は、若手を見ていて気になるのかもしれません。
  • makoto
  • 2014/08/16(Sat)10:31:04
  • 編集

無題

うわあ…
レベル()とか、若手海外草刈りになるの推奨とかJで10年前から危惧されて論外になった話をいまさら言うかぁ…なんというか残念な管理人さんだなあ
あ、もう少し育成について勉強したらいいと思いますよ
レベル()の高いプレミア信奉してるのは自由ですが、実績もなく資金不足の所から成長させるのはあなたのようなお花畑では無理なんですよー
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/08/17(Sun)06:41:59
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ