スターリングじゃないんですか!?「プレミアリーグ最速選手ランキング」第1位の意外な名前!

最近、欧州では「最も足の速い選手は誰か」という話が新聞の紙面を賑わす機会が増えています。背景にあるのは、試合中のデータを精緻に取得する技術が、ここ数年で進化したことでしょう。サッカーにまつわるさまざまな数値の計測・解析を専門に行う会社も現れ、彼らが発表するデータをマスコミがこぞって取り上げるようになっています。

このたび、イギリス紙「デイリーメール」が掲載したのは、プレミアリーグのデータ集計と分析を行い、さまざまな切り口で情報提供している「EAスポーツ」配信の「プレミアリーグ最速選手ランキング」。これを見た記者は、相当びっくりしたのでしょう。記事の書き口が、ややもち興奮気味です。「プレミアリーグで最速の選手が誰だろうか、その名前を聞けば驚くだろう。アレクシス・サンチェス? エデン・アザール? ラヒム・スターリング? ノー。2014-15シーズンで最速の選手はフィル・ジャギエルカだ」。

ジャギエルカ…!?確かに、びっくりです。イングランド代表のレギュラークラスであり、安定感があるCBですが、彼のプレイをみて「速い」という印象を持ったことは一度もありませんでした。ジャギエルカが出したスピードは、以前にFIFAの調査で最速とされたアントニオ・バレンシアの時速35.1キロより速い、35.99キロ。最速達成の現場は、プレミアリーグ開幕戦、レスターの本拠地キングパワー・スタジアムだったそうです。以下に、EAスポーツ発表のランキングを紹介させていただきますが、私の第一印象は「地味!」。最近プレミアリーグを観るようになった方や、特定のクラブの熱狂的なサポーターでライバルクラブのゲームは観ない方は、名前を見ても半分もわからないのではないでしょうか。

■EAスポーツ社によるプレミアリーグ2014-15最速ランキング
1位 35.99 フィル・ジャギエルカ(エヴァートンDF)
2位 35.94 リッチー・デ・リート(レスターDF)
3位 35.91 ジョー・レドリー(クリスタル・パレスMF)
4位 35.82 スティーヴン・ヌゾンジ(ストークMF)
5位 35.80 コナー・ウィッカム(サンダーランドFW)
6位 35.68 モハメド・ディアメ(ハル・シティMF)
7位 35.54 アラン・ハットン(アストン・ヴィラDF)
8位 35.53 ネイサン・ダイアー(スウォンジーMF)
9位 35.49 クレイグ・ガードナー(WBA・MF)
10位 35.46 ジョーイ・オブライエン(ウエストハムDF)
(単位は時速)

「デイリー・メール」は、足の速い選手の起用が多いサイドアタッカーがネイサン・ダイアーしか入っておらず、セントラルMFやディフェンダーが多いのは、ボールを持っていない状態で全力疾走する機会が多いからではないかと分析しています。なるほど、確かに。トップ10は、プレミアリーグの中堅あるいは下位クラブで、守備の中心を担っている選手が多いですね。選手間の距離がコンパクトなマンチェスター・シティや、最終ラインが裏を取られるシーンにお目にかかることが少ないチェルシーの選手がここに名を連ねるイメージはありません。「10メートル走最速ランキング」などやってみると、全く違う顔ぶれになるのでしょうね。ここには、ジエゴ・コスタやスターリング、スタリッジ、アグエロなどの名前が入ってきそうで興味深いですが、EAスポーツにそんなデータはないのでしょうか?

さて、プレミアリーグがかなり渋いランキングになってしまったので、口直しというわけではありませんが、今年4月にスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が掲載した「世界最速の選手トップ10~FIFA調査バージョン」も紹介いたします。こちらは、一見して納得、という方が多いと思います。

■世界最速選手ランキング
1位 35.1 アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド)
2位 34.7 ガレス・ベイル(レアル・マドリード)
3位 33.8 アーロン・レノン(トッテナム)
4位 33.6 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
5位 32.7 セオ・ウォルコット(アーセナル)
6位 32.5 リオネル・メッシ(バルセロナ)
7位 31.2 ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)
8位 30.7 フランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン)
9位 30.4 アリエン・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)
10位 30.1 アレクシス・サンチェス(現アーセナル)
(単位は時速)

いかがでしょうか。このランキングは、FIFAの調査と書かれているだけで、いつ誰がどのように計測したのかわかりかねますが、「選手がボールを持っているときのスピードを計測」したデータだそうで、プレミアリーグの調査とは明らかに取り方が違います。「ボールを持ったとき」となると、今度は逆にCBやセントラルMFの選手は入ってきにくいですよね。私は、毎年プレミアリーグのゲームの半分程度は観ているはずですが、テリー、メルテザッカー、ガレス・バリーのような選手が長距離を高速ドリブルで疾走しているシーンは、未だかつて観たことがありません。

ボールを持たない時間を含めると、ボールがないところでは長距離を全力で走らない最前線の選手が入らず、ボールを持ったときの速さに特化すると、簡単にさばく選手や後ろに下がっている時間が長い選手が割を食う。フラットなデータを取るというのは、なかなか難しいものです。今回は、2つのランキングを紹介しましたが、私たちサッカーファンの興味により応えてくれているのは、精緻に取得したようにみえるEAスポーツのデータよりも、怪しげなFIFA調査のほうなのかもしれません。ただの全力疾走の速さなら、試合中に計らずとも50メートル走でもやれば、条件均等でより正確ですので。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

でもサッカー選手はボール追っかけてる時の方が速そうw
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/10/29(Wed)10:08:41
  • 編集

無題

そしてこれと比べても更に1キロ以上速いロッベンはやばいですね。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/10/29(Wed)10:12:28
  • 編集

コメントありがとうございました。

プレミアリーグ大好き!さん>
確かに。ワールドカップのロッベンは、37キロ出しましたね。
  • makoto
  • 2014/10/29(Wed)10:18:04
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ