スティーブン・ジェラードが契約延長の交渉を開始…って、よく考えると凄いニュースですね!

「契約延長が決まった」ならともかく、まだ決まっていないどころか交渉も始まっていない段階での記事。さらに、交渉がスタートする具体的な日付もない「今週中」というアバウトな情報で、それも「始まる模様」と、やるのかどうかすら定かではない表現です。今週頭のイギリスメディアの報道をみて、このレベルでニュースになってしまうのが凄いな、と思った次第。それほど、スティーブン・ジェラードがリヴァプールでキャリアを全うするのかに、プレミアリーグファンが注目しているということなのでしょう。

昨季限りで、フランク・ランパードがクラブを離れると決まったとき、多くのチェルシーサポーターが「チェルシーでキャリアを終えられればよかったのに…」と残念がっておりました。ランパードは、元々はウェストハムでプロとしての第一歩を踏み出した選手で、チェルシー育ちではありませんが、それでも13年間の長きに渡って、自らのキャリアの最盛期をチェルシーの発展とともに過ごし、サポーターからレジェンドとして称賛を集めるに至ったわけです。対して、ジェラードはリヴァプールのアカデミー出身、紛うことなき生え抜きです。ただでさえ熱いアンフィールドのサポーターたちは、当然、ジェラードの引退の瞬間をアンフィールドで迎えたいと思っていることでしょう。ランパードとチェルシーが「最高の出会い」だったとすれば、ジェラードとリヴァプールの関係は、「運命」だったのだと思います。

先頃、「来季もプレーを続ける」と現役続行を明言しつつ、「リヴァプールから話がなければ、僕はその先について考えなければならない」と語っていたジェラードですが、ロジャース監督が本人に残ってほしいと語り、オーナーにも再契約を進言したという状況でもあり、今回はスムーズにまとまるでしょう。これから何年かは、秋の深まるこの時期に、ジェラードの話がメディアを盛り上げるのでしょうね。スコールズやギグスのとき、晴れ晴れとした心持ちで彼らに拍手を送ったように、そう遠くない将来、ジェラードがアンフィールドでサポーターに別れを告げる姿を観られればと願っています。

さて、今シーズンの終わりに、ジェラードは35歳になります。リヴァプールは、そろそろ偉大なキャプテンの後継者を作らないといけないわけで、誰がそのスピリッツと役割を継ぐのかというお話は、サポーターならずとも気になるところ。私は、リヴァプールとロジャース監督は既に手を打っているという認識で、キャプテンシーをもってチームを束ねる力は副キャプテンのヘンダーソン、スケールの大きいプレイでチームを動かす力はエムレ・カンでしょう。選手が順調に育つか、移籍話に巻き込まれないかなど、不確定要素が多々あるので実際にどうなるかはわかりませんが、出場試合が少なくなっていくであろうジェラードの不在を、彼らが自然に埋めていければいいですね。

適材適所で即戦力を獲得して強化を図るマンチェスター・シティ。若手選手を獲得してレンタルで育て、クラブの軸を創ろうとしているチェルシー。経営の安定と強化のバランスを意識しながらチームづくりを進めるアーセナル。大型補強で短期的な成果を狙いながら、次世代のクラブのありようを模索するマンチェスター・ユナイテッド。それぞれのスタイルに対して、好き・嫌いや各論でのさまざまな批判はあるでしょうが、成功か失敗かは未来のプレミアリーグが決めること。どの手法にもメリットもリスクもあり、未来は誰にもわからないということに謙虚になれば、どれが正しい、どれが間違っているとは軽々に断定はできないでしょう。そんななかで私は、ひとりひとりの選手をいちばん大事にしているのはリヴァプールではないかと思います。アッガーが母国に戻りやすいよう、移籍金を欲張らずに優しく送り出したときにも感じましたが、この姿勢は、好きです


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

キャプテンの契約話は気になる所ですが、ご指摘の通りレッズの選手として終わると思いますし、本人やサポーター&チーム全体もそう考えていると思います。時期キャプテンは悩ましいですね、ヘンドやカン辺りが軸かもですね。個人的にはヘンドです。
チームの姿勢が変わったのは現在のヘンリーオーナーになってからかと思います。全オーナーは酷すぎました、、、。アッガーの件は今でも涙ものです。現代フットボールの世界では難しいかもしれませんが、クラブが選手を大事に短期的な視点にならず長期ビジョンを示して歩んで欲しいと思います。

無題

まぁ選手によって大分違う気がしますけどね
オーナー変わってからもマキシやカイトは追い出されるような形で放出されましたし
  • こーこ
  • 2014/11/13(Thu)13:13:29
  • 編集

無題

マキシやカイトなどの選手は前オーナーの負の遺産的な感じで放出されましたからね。しょうがないんでしょうが…
しかし、ビッククラブに在籍し続けるというは難しいですね。ここ最近、長年在籍し続け、そのクラブで引退した選手はギグス、キャラガー、ネビル、スコールズぐらいですか。アーセナルだと最後はベルカンプぐらいまで遡りますし、ファンとしてはクラブに骨を埋めてくれる選手って一定数いると思うんですが、複雑ですね…
  • リバサポ
  • 2014/11/13(Thu)14:29:15
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん こーこさん>
確かに、後味のよくない移籍もありましたが、軸となる選手や功労者を長く大事に、という印象がありました。アーセナルもそのあたりはなかなかなのですが、給与を理由に出ていった選手が多いイメージがあり…。すみません。このあたりは、「印象」ではあります。なので、本文では「好きです」にとどめさせていただきました。

リバサポさん>
そうですね。衰えとサラリーのバランスをみつつ、最後までチームの顔でいてもらうのは、難しいです。
  • makoto
  • 2014/11/13(Thu)15:06:59
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ