キャピタルワンカップ決勝が楽しみ!チームの命運を握るアザール&エリクセンの凄い記録!

「スカイスポーツ」が紹介していたデータを見て、びっくりしました。チェルシーのアタッカー、ベルギー代表MFエデン・アザールは、今季のチャンピオンズリーグとプレミアリーグの両方において「最もファールを受けている選手」なのだそうです。試合を観ていて、やられている印象はあったものの、2つの異なるコンペティションでぶっちぎりの1位というのは凄いですね。ちなみに、一昨日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、パルク・デ・プランスでのパリ・サンジェルマン戦においても、アザールの被ファール数は両チーム最多の9回です。

フランスのリールにいたアザールがプレミアリーグに参入したのは、2012年の夏。時を同じくしてマンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司とは、いわば同期です。アザールは、この年の高額移籍金ランキングでチアゴ・シウヴァに次ぐ2位という鳴り物入りだったとはいえ、ドルトムントのブンデスリーガ2連覇に主軸として貢献した香川真司が実績では上回っていました。以来、3年。当時の移籍金額である39億円と16億円という差以上に、アザールと香川真司のポジションは開いてしまいました。チェルシーの核弾頭は、将来のバロンドール獲得が話題になっているのに対して、日本代表の10番は、復帰したドルトムントでは準レギュラーです。指揮官との相性、他の選手との相対的な評価、チームのフォーメーション、成長、実績…もちろん実力があることが第一ですが、サッカー選手の運命はさまざまな要素の上に成り立っているのだなとあらためて思います。

話を戻しましょう。被ファール数のランキングに入る選手は、ペナルティエリアの外を主戦場とするサイドアタッカーかセカンドストライカーです。チャンピオンズリーグもプレミアリーグも、錚々たる顔ぶれですね。

■チャンピオンズリーグ2014-15 被ファール数TOP5
エデン・アザール (チェルシー)  28回
ネイマール    (バルセロナ)  21回
フッキ      (ゼニト)    18回
パイティム・カサミ(オリンピアコス)17回
ヤシン・ブライミ (ポルト)    16回

■プレミアリーグ2014-15 被ファール数TOP5
エデン・アザール(チェルシー)        74回
ラヒム・スターリング(リヴァプール)     60回
スティーブン・ネイスミス(エヴァートン)   52回
アレクシス・サンチェス(アーセナル)     47回
ガブリエル・アグボンラホル(アストン・ヴィラ)46回

アザールのこの記録における2大ポイントは、「ケガをしないこと」「コンスタントに力を発揮していること」だと思います。プレミアリーグ全試合出場の25試合9ゴール。キャピタルワンカップ、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグの「変則トレブル」が充分狙えるチェルシーは、今後はさらにタイトなスケジュールに突入しますが、シーズン終了まで無事に走っていただければと思います。

アザールに続いて、もうひとり、凄い記録を叩き出している選手を紹介しましょう。今季プレミアリーグでこちらも全試合出場、奇しくもアザールと同じ25試合9ゴール。先のバレンタインデーで23歳になったばかりのトッテナムの司令塔、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンです。彼の素晴らしい記録は、「プレミアリーグに所属した経験のあるMFにおける、23歳時の得点率」。イギリス紙「インディペンデント」の記事によると、ここまでのエリクセンは、50試合出場で16ゴール。得点率32%という数字は、26%のスコールズ、23%のロッベン、21%で並ぶベッカム&ギグスといったワールドクラスの攻撃的MFたちを凌駕しています。

プレミアリーグ54試合で17ゴールを挙げているアザールは、エリクセンを僅差で追いかける31%。エリクセンの上をいく選手は、150試合で54ゴールを叩き出したクリスティアーノ・ロナウドだけだそうです。あちらは当時は、攻めっぱなしで半ばFWといってもいい自由なサイドアタッカーだったわけですから、守備の面倒も見なければならないエリクセンの得点率は驚異的です。美しさではベッカムと双璧といっていい直接FKと、パスを出すかのように決めてしまう正確なミドルは、今後もプレミアリーグの上位クラブを悩ませ続けるでしょう。いや、こちらも凄い。

こんな数字を見ると、10日後に迫った3月1日のキャピタルワンカップ決勝が俄然楽しみになってきます。年明けのプレミアリーグでは、ハリー・ケインの大活躍でトッテナムが5-3と快勝していますが、中立地ウェンブリーでの一戦は、まったく別な試合となるでしょう。来季の欧州へのチケットが獲れるかどうかわからないなか、ヨーロッパリーグ出場権をここで確保しておきたいトッテナムのほうが、一見モチベーションが高そうですが、昨季無冠に終わったモウリーニョ監督にとってはプレミアリーグ復帰後初のタイトル。勝ちたい気持ちは互角だと思われます。コンスタントにボールに絡むアザールと、終盤の決勝ゴールが多く勝負強いエリクセンが両者空回りに終わるイメージはありません。トッテナムの戴冠を観たい気持ちが半分、チェルシーの3冠チャレンジが継続してほしい気持ちが半分。相変わらずの八方美人で恐縮ですが、極上のロンドンダービー特別篇が、今から待ち遠しくて仕方ありません。


「おもしろい!」と思った方だけで結構です。お時間がよろしければ、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると励みになります。今後とも、応援よろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

アザールは2年連続のリーグアンMVPでしたので、移籍金が示す通り実績も当時から香川より上回っていたと思いますよ。エリクセン上手いですね。何度かプレーを見ましたが、彼の利き足はどちらなのか未だによくわからないです。
  • Joe
  • 2015/02/19(Thu)12:14:51
  • 編集

コメントありがとうございます。

Joeさん>
ブンデスリーガ>リーグアン という物差しで、「香川真司が実績とチーム貢献度は上」とみていましたが、当時のドルトムントとリールの欧州での実績はほぼ変わらず、移籍直前のシーズンの20ゴールをみれば、アザールが上という方が妥当かもしれませんね。ご指摘ありがとうございます。
  • makoto
  • 2015/02/19(Thu)14:33:28
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ