ドルトムントは契約更新せず。いよいよ始まるギュンドアン争奪戦…ほしいです!

ドルトムントが、イルカイ・ギュンドアンと契約更新しないと発表しました。残っている契約期間は1年。これは「みなさん、移籍金を用意して、高額な順番にお並びください」と宣言したようなものです。セントラルMFのクオリティを上げたいプレミアリーグのトップクラブは、軒並み手を上げるのではないでしょうか。33歳のキャリックの後釜探しが必要なマンチェスター・ユナイテッド、コクランがいなくなった際に前への力学が強く働き過ぎるアーセナル、ヤヤ・トゥレが出ていく可能性があるマンチェスター・シティ。ストライカー獲得の優先順位が高いリヴァプールと、セスクがいるチェルシーは微妙ですが、プレミアリーグ勢とバイエルン・ミュンヘンによる緊張感の高い争奪戦が水面下で繰り広げられそうな雲行きです。

セントラルMFにもいろいろなタイプがいますが、今のプレミアリーグでギュンドアンにプレースタイルがいちばん似ているのは、セスク・ファブレガスではないでしょうか。中盤で相手のパスコースをつぶすしつこいディフェンスができて、「人を使える」セントラルMF。ここぞというタイミングで前線に長いパスを出せるのも、両者の共通項でしょう。ギュンドアンがセスクを上回るのは、左足で出すピンポイントのロングの精度。ヴェンゲル監督やアルテタが「カソルラの利き足がわからなかった」と語っておりましたが、ドルトムントの8番が加入すれば、彼らは同じ驚きを口にするのではないかと思われます。2013年の8月に頚椎損傷という重傷を負い、翌年のワールドカップまで棒に振ったギュンドアンには「ケガが多い」「トップフォームに戻ってないのではないか」といった不安の声もあるものの、既にドイツ代表にも復帰しており、来季は頭から力を出せるはずです。

ペドロ、チェフと、最近の移籍関連ニュースではことごとく「アーセナルがリード」といわれていますが、ヴェンゲル監督、悪いことはいいませんのでギュンドアンは諦めて、セインツの2人にアプローチしませんか。パスコースを限定させる守備やボールの散らしなど、アルテタができることは全部できる選手ですので、獲ったらまずはキャプテンが不要となり、今のカソルラともモロかぶり。ジャック・ウィルシャーの出場機会も激減するでしょう。一方、コクラン不在の際は、ギュンドアンがいても中盤の守備の脆弱さは解決できないのではないでしょうか。ブスケツではなくシャビ、マティッチではなくセスクというのが、ギュンドアンの適切な活かし方だという認識です。ガナーズには、シュナイデルランやワニャマのような、ギュンドアンよりももう一段、重心を後ろに置ける選手を獲っていただいたほうが幸せだと思います。なぜここまでムキになるかといえば、ギュンドアンのプレースタイルがいちばんはまるのは、マンチェスター・ユナイテッドだと信じるからです。

彼が入ればルーニーはストライカーとしての守備に専念でき、ディ・マリアを安心してサイドに固定できるでしょう。高さで攻めるか短いパスワークとミドルで崩すか、相手に合わせてマタ、フェライニ、エレーラからトップ下を選べるようになり、オプションの幅も広がるはずです。右にマタとバレンシア、ナサニエル・クライン、左はディ・マリア、アシュリー・ヤングとブリントあるいはルーク・ショー。両サイドめがけてギュンドアンから危険なロングパスがガンガン出てくることを想像すると、ワクワクします。…すみません、妄想が過ぎたようです。今いない選手を、ちゃっかりメンツに入れてしまいました。もとい、ギュンドアンは、夏に34歳となり毎試合出場するのが難しくなりそうなキャリックの穴を埋め、次世代のマンチェスター・ユナイテッドのスピーディーなサッカーを託すのにふさわしいタレントだと思います。

怖いのは、バイエルン・ミュンヘンですね。一時期、完全に負けていたドルトムントに対して、掟破りの主力ぶっこ抜きで立場を逆転させたドイツ王者は、先日のDFBポカール準決勝で、PK戦全ハズシというインパクトの強すぎる負け方でドルトムントのファイナル進出を許しました。これによって、ゲッツェ、レヴァンドフスキに続いてギュンドアンも…と、バイエルンの「くれくれ病」が再発しないかと心配です。ペップ・グアルディオラ監督には、「いやー、シャビ・アロンソ、シュバイニー、ベルナト、ティアゴ・アルカンタラにラームまでいて、素晴らしい中盤です。ハビ・マルティネスが戻ってきたら、誰を使うか迷いませんか?補強するならCBですよね!」と申し上げたいと思います。ギュンドアン様、プレミアリーグへようこそ。できればロンドンではなくマンチェスター、水色ではなく赤でお願いいたします。(イルカイ・ギュンドアン 写真著作者/Eastfrisian)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

キャリックのポジションは守備力のある選手じゃないと厳しくないですかね。
ギュンドアンはトップ下でプレーする事もありますしタイプ的にはエレーラに近いかと。
まあチェルシー戦ではそのエレーラがアンカーやってましたし出来ない事はないと思いますけが。
  • パックン
  • 2015/05/02(Sat)11:21:59
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。
ここ最近のギュンドアンとフンメルスを見てるとプレミア挑戦は少し不安になってしまいます。モチベーションやチーム事情もあるんでしょうが。
ギュンドアンは実力ある選手なのは事実なのでマンUは欲しいでしょうが、キャリックの後釜となるとどうなんでしょう。隣に守備力と運動量のある選手が欲しいですね。
  • タカシ
  • 2015/05/03(Sun)01:25:23
  • 編集

コメントありがとうございます。

パックンさん タカシさん>
ドルトムントは以前からよく見ておりましたが、ギュンドアンは、守備うまいと思います。ハードなマークが目立つタイプではないものの、巧妙にパスコースを切るプレイは秀逸です。

「アンカータイプを置くかどうか」ですね。守備も攻撃もできる選手を並べるやり方もありますし、ブリントと2センターという形でセスクとマティッチのようなコンビを組む、という方法もあります。いずれにしても、キャリックの後継者としてギュンドアンが機能するとすれば、後ろから前線の選手を動かす力なのではないかと思います。
  • makoto
  • 2015/05/04(Mon)18:34:23
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ