「イングランドに戻りたい」…ヨアン・キャバイェにぴったりのプレミアリーグのクラブは?

ニューカッスルのコントロールタワーだったヨアン・キャバイェのチャレンジは、どうやら失敗に終わってしまったようです。 フランス紙「レキップ」のインタビューを紹介しているのは「スカイスポーツ」。このコンビは、昨年10月にも出場機会の少なさにストレスを抱えるキャバイェの嘆きを伝えていました。「控えのプレイヤーだということは受け入れないといけないけど、僕はそれで済ますことができない。トレーニングではベストを尽くすし、プレイしたいという意志は示している。でも、途中出場ではすぐにピッチを去らなければいけない」。2014年1月にパリ・サンジェルマンに移籍し、レギュラーポジションを争ったものの、マチュイディ、ルーカス・モウラ、ヴェラッティ、モッタらが揃うリーグアン王者の層の厚さに敗れ、定位置はベンチ。控えにまわるのは初めてだったキャバイェは、この頃からプレミアリーグへの復帰を考えていたようです。

結局、2014-15シーズンは24試合出場、スタメンはわずか13試合。プレミアリーグでは素晴らしいミドルシュートを武器に得点を重ねていたキャバイェは、短い出場時間のなかでは真価を発揮できず、ゴールは1本に留まっています。今回のインタビューでは、彼は明確にプレミアリーグでプレイしたいと語っています。「もし、イングランドに戻るチャンスがあるなら、関係者は移籍がうまくいくようにスマートに振る舞ってほしいと願っているよ」。

キャバイェの視野の広さ、長短のパスの正確さを評価するクラブは多いと思われますが、現状、29歳になったセントラルMFを獲りたいと手を上げるクラブはあるでしょうか。アーセナルが興味を示しているといわれているものの、彼らが今ほしいのは、コクラン不在時に後ろを締めてくれる選手でしょう。シュナイデルランが第一候補といわれるマンチェスター・ユナイテッドも然り。エムレ・ジャンを中盤に上げればジェラードの穴は埋まるリヴァプールは、ヘンダーソンとジョー・アレンもいるうえに、インテルのコヴァチッチ獲得に向けて交渉中です。マンチェスター・シティにはヤヤ・トゥレが君臨しており、トッテナムはエリクセンとライアン・メイソン、ベンタレブで間に合っています。セスクとマティッチがいるチェルシーに入団すれば、パリからロンドンに舞台を変えて、同じ控え選手の苦さを味わい続けることになりそうです。

どうやら、プレミアリーグ上位クラブのニーズは、総じてキャバイェよりも重心が後ろにある選手にあるようです。では、中堅以下はどうでしょう。すぐにでも手を上げてくれそうなのは、ニューカッスル時代のボスであるパーデュー監督が指揮を執るクリスタル・パレス。ジェディナクとのコンビでキャバイェが中盤に構え、長いボールでパンチュンやザハを走らせるサッカーはおもしろそうです。懸念があるとすれば、キャバイェとパリの契約が2017年まで残っていること。パリにしてみれば、移籍金約2300万ユーロ(当時のレートで約32億円)で獲った選手ですので、出すとなればそれなりの金額を要求したいところです。これに対して、クリスタル・パレスが呑むか引くかはわかりません。キャバイェが求めている「スマートさ」が発揮されなければ、交渉はまとまらないかもしれません。

プレミアリーグの中堅クラブが移籍金に二の足を踏むとすれば、ドイツやイタリアなどの可能性を模索するか、さもなくばもう1年、耐えがたきを耐えることになります。しかし、実はひとつだけ、キャバイェというパーツがぴったりはまり、移籍金を用意できそうなクラブがあります。シュナイデルランの移籍が確実なサウサンプトン。ぽっかり空いたワニャマの横に入れば、キャバイェは相当輝けるのではないでしょうか。30歳を目前にした控え選手の値段が、シュナイデルラン移籍で得られる額を上回ることはないはずです。

セインツのフロントとクーマン監督がその気にならないと実現しない話ではあるものの、キャバイェなら、負傷が多かったシュナイデルランよりもチームに貢献してくれる可能性があります。キャバイェには、焦ってパーデュー監督の元に飛び込むのではなく、シュナイデルランの動向を見極めたうえで次の居場所を決めることをお勧めしたいところです。来季のセインツには、プレミアリーグだけでなくヨーロッパリーグという活躍の場もあるのですから。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

トッテナムは間に合ってないぜ
エリクセンは中盤でもポジション違うし
メイソンはCL狙いにいくならまだスタメンはったら厳しいレベル
ってなわけでようこそキャバイェ(笑)
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/06/14(Sun)10:19:07
  • 編集

無題

確かにメイソンはスパーズサポーター以外には過大評価されてるイメージですね。キャバイエが来ればベンタレブと共に素晴らしい中盤を構成できると思います。
リヴァプールもまた、展開力のある中盤センターがおらず、キャバイエを必要としているクラブの1つだと思いますね。
  • トリッピー
  • 2015/06/15(Mon)00:00:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん トリッピーさん>
トッテナムは優先順位の問題、リヴァプールは方針としてキャバイェは必要としないのではないかと思いました。トッテナムは、最前線とDFの強化が先ではないかということですね。とはいえ、パウリーニョとデンベレを両方売るというところまでメスを入れるなら、キャバイェは有力候補になると思います。リヴァプールにはエムレ・ジャンがおり、既にミルナーをおさえているので、これ以上ベテランで中盤を強化することは考えないのではないかとみています。
  • makoto
  • 2015/06/15(Mon)09:32:05
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ