未だセンスは衰えず…新時代を迎えたプレミアリーグでも輝き続けるマイケル・キャリック!

「Sportie」に、「リヴァプールとチェルシーはなぜ強い?プレミアリーグ『好調クラブ』の共通項」と題した記事を書かせていただきました。厳しいプレスを仕掛けてできるだけ前でボールを奪い、めまぐるしくポジションチェンジしながら直線的に攻める「走るサッカー」「速いサッカー」が、ペップ、コンテ、クロップ、ポチェッティーノが創った現在のメインストリーム。アレクシス・サンチェスやフィルミーノといった「偽9番」が活躍する一方で、いわゆる10番タイプの選手はプレースタイルの見直しを余儀なくされています。

エジルはセカンドストライカーとして前線に飛び出すプレイが増え、エリクセンやデブライネはサイドから正確なラストパスをフィードするシーンが目立ちます。ダヴィド・シルヴァとマタは、前線のサイドかアンカーの脇。セスクがポジションを失っているのは、セントラルMFとしては守備力でマティッチに劣り、サイドをまかせようとするとペドロのスピードもウィリアンの運動量も持ち合わせていないからでしょう。昨季までのプレミアリーグでは4-2-3-1が主流でしたが、トップ下というポジションがあったこのフォーメーションを純粋にキープしている上位チームは、今や「ジルーがいるときのアーセナル」だけ。ペップは時折この形を使うことがありますが、2列めの選手は流動的です。いや、もうひとつ、ありました。「冴えないときのマンチェスター・ユナイテッド」。セカンドストライカーとしてもセントラルMFとしてもストロングポイントを見出せない現在のルーニーや、前に張りっぱなしでは持ち味が半減するポグバをストライカーの後ろに置いて戦ったモウリーニョ監督は、今のクオリティではチェルシーやリヴァプールのサッカーには太刀打ちできないと思い知らされました。

指揮官が慣れ親しんだ4-2-3-1か、ポグバを活かす4-3-3か。苦しみ続けるマンチェスター・ユナイテッドが、どんな戦い方を選ぶのかが注目だったプレミアリーグ12節のアーセナル戦。序盤のポグバを見て、トップ下ではコクランとムスタフィにつぶされるのではないかとハラハラしたのですが、時間が経つとキャリックがアンカー、両脇にポグバとエレーラの4-3-3であることが明らかになりました。右サイドのマタは、先発したプレミアリーグは5勝3分、頭からいたゲームではフェイエノールトにしか負けていないのですが、実はキャリックは完全に無敗です。プレミアリーグは2勝1分、ヨーロッパリーグではフェネルバフチェに4-1快勝、EFLカップはマンチェスターダービーの勝利を含む2連勝。今季のマンチェスター・ユナイテッドは、3点以上を奪って勝ったゲームが5試合あるのですが、キャリックはそのうち3試合に先発。4-3-3で4-1と快勝したレスター戦にも途中出場しており、いなかったのはプレミアリーグ開幕節のボーンマス戦だけです。

アーセナル戦を観たほとんどの方が、「マンチェスター・ユナイテッドは強かった。アウェイチームは何もできなかった」と証言するのではないかと思います。キャリックは完璧でした。一瞬空いた選手に通す速いフィードは健在。何しろパスミスがありません。危険なスペースをいち早く察知するアンカーが中央にいると、ポグバは安心して攻め上がれます。1-1のドローに終わり、首位チェルシーに勝ち点9差と引き離されたものの、モウリーニョ監督のチームは今後に希望が持てる出来でした。試合を観ても数字をチェックしても、答えは出ているのです。マンチェスター・ユナイテッドのベストフォーメーションは、ポグバ、マタ、キャリックを軸とした4-3-3である、と。ヘンダーソン、ワニャマ、フェルナンジーニョに2センターながらグイェ、カンテと、アンカータイプの活躍が目立つ今季のプレミアリーグで、サー・アレックス・ファーガソン時代から淡々とプレイし続けているキャリックもまた、新しいサッカーの到来を表現している選手のひとりとしてカウントしていいのではないでしょうか。

今後の逆襲に欠かせないセントラルMFの懸念は、35歳という年齢です。アンドレア・ピルロがユヴェントスで出場機会を大きく減らしたのも、この年でした。プレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、EFLカップにFAカップとタイトスケジュールのなか、全試合出場は望むべくもありませんが、シュナイデルラン、エレーラとうまくローテーションしながら、ここぞという試合では素晴らしいパスワークとポジショニングで中盤を仕切っていただければと思います。サポーターとしては、赤いユニフォームを着たままで選手生活を全うしていただき、満員のオールド・トラフォードでスピーチしている姿を観たい選手でもあります。週末のウェストハム戦では、2か月ぶりのホームゲーム勝利をよろしくお願いいたします。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
キャリックを全試合で使うのは難しいかもしれませんが、彼の活用はユナイテッドには大きな力をもたらすかもしれませんね。そのくらい存在の大きい選手だと思います。
  • Macki
  • 2016/11/22(Tue)08:40:00
  • 編集

無題

問題はキャリックの先だと思うんですが…
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/11/22(Tue)09:24:01
  • 編集

無題

よし、ヘンダーソン獲得に動きましょ笑笑

頼むぞシュナイデルラン!
  • por
  • 2016/11/22(Tue)14:18:27
  • 編集

無題

スコールズの横でたまにポカしたりしていたキャリックが今や代えのきかない選手になりました。タクトを振るう選手というのはどうして年齢を重ねるたびに美しい選手になっていくんでしょうね。稼働率が高くないので、彼のいない試合をどう展開していくのかはモウリーニョの腕の見せ所なのですが残念な結果ばかりです。ここ辺りでちょっと若手の初出場というのもみられませんし、余裕のなさがある気がしますね。

無題

キャリックを何故使わないのか、の回答はやはり年齢なんでしょうね。
監督としては使いたいけど、将来のことを考えると新たな試みも必要ですし。
ただ先日の活躍を見ると、もう今期は任せて冬か来期に即戦力を狙うかもせれませんね。
  • くろ
  • 2016/11/23(Wed)13:38:30
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
いてくれると、スムーズに攻撃に入れます。シュナイデルランが、セインツ時代の輝きを見せてくれれば、2人のローテが基本でいいかと思います。

プレミアリーグ大好き!さん>
それは別な問題としてありますね。シュナイデルランやブリントの活かし方を考えたうえで、補強の是非を検討するという話ですね。

porさん>
シュナイデルラン、がんばってほしいです。

MUFC@7さん>
余裕ないですよね。人の入れ替えでしか課題解決をしようとしていないのが残念です。

くろさん>
現有戦力を活かすという選択肢がないならば、補強でいいと思いますが、シュナイデルランとシュヴァインシュタイガーはうまく使えるんじゃないか…とモヤモヤします。
  • makoto
  • 2016/11/24(Thu)14:31:38
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ