観客100名弱、こんなところに日本人…本ブログ特派員が「エンケティアのハットトリック」を現地で観ていた!

マンチェスター・シティ、ブラッドフォード、チェルシー、サウサンプトン、シェフィールド・ウェンズデー、サウサンプトン…。最近4シーズンでFAカップを3回も制しているアーセナルですが、リーグカップのほうはヴェンゲル体制になってからの優勝はゼロ。近年は「1月に2試合増やしたくない」と駄々をこねているかのような早期敗退続きです。2010-11シーズンのファイナルでバーミンガムに敗れて以来、3回戦~5回戦でいなくなるのが恒例行事。冒頭で並べたのが直近6シーズンで敗れた相手ですが、プレミアリーグのクラブだけでなく、下部リーグ所属チームにもたびたび足をすくわれています。今季はヨーロッパリーグ出場となり、例年以上に大胆にターンオーバーしているチームは、カラバオカップと呼ばれるようになった大会も若手を出していつも通りに敗れ去るものだとばかり思っていました。

一昨日は、そろそろ負け頃の4回戦。マンチェスター・ユナイテッドの試合をライブで観ながら、エミレーツではノリッジが先制したという報を聞いたとき、私は2年前の10月27日に開催されたシェフィールド・ウェンズデーとのひどい試合を思い出していました。同じ大会の同じラウンド。ポゼッションが71%もあったのに、シュートが6本しかなかったのもさることながら、プレミアリーグのクラブがチャンピオンシップに3-0はやられ過ぎです。一昨日の試合も、ドビュッシー、エルネニー、ホールディングの3バックが盛大にカウンターを喰らっており、一気に0-3になってもおかしくない展開でしたが、アーセナルは何とか持ちこたえて最少得点差で終盤に突入しました。

とはいえ、残り時間が5分となれば、多くのサポーターが敗戦を覚悟したでしょう。「スカイスポーツ」もまた、新しいスターが誕生したときの状況について、「Arsenal were heading for Carabao Cup defeat at home to Championship side Norwich City before his intervention. (彼が介入する前、カラバオカップのアーセナルはチャンピオンシップのノリッジ・シティ相手にホームで敗れようとしていた)」と表現しています。85分、ネルソンに代わって登場したのは背番号62、エディ・エンケティア。ピッチの感触を確かめてからわずか15秒後、左からの低いCKをコクランがバックヘッドで中央に送ると、18歳のストライカーはファーストタッチでゴールに押し込みました。大歓声のエミレーツ。怒っているかのような表情で何かを叫びながらチームメートの祝福を受けるエンケティアに、ゴールゲッターらしい気の強さを垣間見たような気がしました。

ロンドンで生まれ、チェルシーユースにいたエンケティアは、2015年にクラブからリリースされてしまいました。今季はスワンズにレンタルされてプレミアリーグ9試合4ゴールと順調に結果を出しているタミー・アブラハムが2歳年上におり、190cmの逸材よりも15cmも低い細身のFWがファーストチームでは難しいとジャッジされるのも無理はなかったのかもしれません。しかし、チェルシーはもう1年我慢すべきだったようです。チェルシー退団の数日後にアーセナルに加わったエンケティアが頭角を現したのは、2015-16シーズンでした。U-18のチームで28試合24ゴールという出色の数字を残したストライカーは、続く2016-17シーズンにはU-23チームに抜擢されて26試合12ゴール。かけもちで参加していたU-18でも16試合15発と類まれなるゴールセンスを発揮しました。

2016年11月のレスター戦でハットトリックを決めたエンケティアは、2017年3月にイングランドU-18代表として戦ったカタール戦でもハットトリック。アーセン・ヴェンゲル監督は若きタレントを放っておかず、プレシーズンにはオーストラリアと中国に帯同させていました。プレミアリーグには顔を出せていないものの、ヨーロッパリーグではBATEボリゾフ戦の89分に自己紹介のような欧州デビュー。ゴールを期待されてピッチに送り出されたのは、カラバオカップのノリッジ戦が初めてでした。

エンケティアの衝撃は、土壇場の同点ゴールだけではありませんでした。96分にも左CKを狙い、今度は打点の高いヘディングでファーサイドのネットに突き刺します。2-1、アーセナルは逆転勝利。2016年2月、ヨーロッパリーグラウンド16のミッティラン戦で2ゴールデビューを果たしたマーカス・ラシュフォード以来のサプライズ!「持っている男」には、特別な何かが備わっているのでしょう。彼はプレミアリーグのデビュー戦でもやってくれるかもしれません。ヴェンゲル監督には、今後はワトフォード戦のように追い込まれたら、ジルーではなくエンケティアのほうを出すようにおすすめ…いや、失礼、これは釈迦に説法。ボスが起用したからこそ、劇的な勝利が実現したのでした。いささか興奮しすぎたようです。

最後に…実はエンケティアについては、本ブログの特派員が「未来のスターを発掘せよ!アーセナルU23観戦記」という記事を昨年末に寄稿しております。「レスター戦のハットトリック」の現場に、100人にも満たない観客のひとり(すなわち相当物好きな外国人)として居合わせたわけですね。これは、ニッポンで最初の「エンケティアのライブ写真入りレポート」です。昨日、カラバオカップのレポートを書いた後に気がつきました。現地の雰囲気がわかる迫力のレポートですので、グーナーのみなさんはぜひ、目を通していただければと思います。(エディ・エンケティア 写真著作者/ed g2s)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

高まります!

アーセナルからこうした若い選手の衝撃デビューというのはすごく久しぶりな気がします!
恥ずかしながら名前も知りませんでした!
ユースからストライカーで活躍してる選手はアーセナルではしばらくいなかったと思うので非常に楽しみです(^^)
願わくばラッシュフォードのようにファーストチームに定着して底上げしてほしいですね!
  • りっきー
  • 2017/10/26(Thu)13:58:45
  • 編集

コメントありがとうございます。

りっきーさん>
そうですね。ラシュフォードのようなプロセスで上がっていってもらえればと期待してます。
  • makoto
  • 2017/10/28(Sat)16:50:57
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ