期待以上だった11人をチョイス!プレミアリーグ2017-18前半戦ベストイレブン!【裏版】

「水色が中央を席巻!プレミアリーグ2017-18前半戦ベストイレブン!【総合版】」より続きます。マンチェスター・シティの水色に塗りつぶされそうになった本流のベストイレブンに対して、こちら「裏版」では期待以上だった選手、個性的なプレイでプレミアリーグを盛り上げてくれた選手にスポットを当てたいと思います。GKはもちろん、バーンリーのニック・ポープ。エースのヒートンの負傷離脱で、ショーン・ダイク監督のチームは失速するのではないかと危惧していたのですが、25歳の第2GKがしっかり穴を埋めてくれました。

プレミアリーグNo.1のセーブ率には、彼の前にいるベン・ミーとタルコフスキーが危険なシュートをことごとくブロックしてくれたおかげで比較的イージーなシュートをさばいていたという面もあるのですが、これはお互い様。ポープの安定感あるセービングがなければ、逆に最終ラインがもっとバタバタしていたでしょう。レギュラー固定の4バックとGKの連携の素晴らしさを称えて、3バックの一角にはシュートブロック数でプレミアリーグ2位のベン・ミーを指名させていただきました。

ベン・ミーとともに最終ラインを構成するDFには、チェルシーでダヴィド・ルイスからポジションを奪いつつある21歳の新星クリステンセンと、CBなのに2ゴール4アシストと攻撃が大好きなレスターのハリー・マグワイアをチョイスしました。レンタル先のボルシアMGでレギュラーとして活躍していたクリステンセンは、チェルシーの錚々たるメンバーのなかでこれほど早く頭角を現すとは思いませんでした。4バックでも3バックでも構わずハーフラインを越えるマグワイアは、ロングフィード、ミドルシュート、セットピースでの競り合いなど幅広く攻撃に貢献してくれる異色のCBです。ブロック、カバー、オーバーラップと得意技が違うおもしろい3バックが組めたのではないかと自負しておりますが、いかがでしょうか。期待以上だったCBたちにおいては、後半戦のより一層のキャラ立ちを楽しみにしております。

中盤センターは、エンディディやグイェといったアンカータイプの守備力よりも、マルコ・シルヴァ監督のハイプレスを機能させながら6ゴールを決めているドゥクレのスケール感と、ハダースフィールドの王様アーロン・ムーイのオールラウンドな魅力を選びました。8節まで4勝3分1敗とロケットスタートを決めたワトフォードにおいて、CBの前での守備からチャンスメイクまで獅子奮迅のプレイを見せてくれるドゥクレの仕事量は欠かせません。負傷者の多さと不安定な最終ラインがネックとなり、直近は調子を崩しているワトフォードですが、クレヴァリーやカプェ、ワトソンらとともに中盤を仕切る攻撃的なセントラルMFの出来がTOP10フィニッシュできるかどうかのカギとなりそうです。

2016年の夏にムーイのマンチェスター・シティ入団が発表されたときは、思わず「誰、それ⁉」と叫んでしまったのですが、パスセンスの素晴らしさとクレバーなポジショニングでハダースフィールドのプレミアリーグ昇格に貢献したのを見て、認識不足を反省しました。レッズやマグパイズのサポーターに説明するなら「ムラのないシェルヴィ」といった感じでしょうか。彼もまた、ドゥクレ同様にチームの浮沈を左右するキーマンです。

右サイドには、プレミアリーグ前半戦で15試合6ゴール4アシストと今やマンチェスター・ユナイテッドになくてはならない存在となったリンガード。ブライトンの攻撃を活性化し、4ゴール5アシストという数字を残したパスカル・グロスを中央に据え、左にはワトフォードで非凡なボールタッチと突破力を披露している20歳のブラジル人アタッカー・リシャルリソンをチョイス。得点ランキングの上位をTOP6の高額移籍金ストライカーと常連組が占め、期待以上といえる選手がサラーとルーニーしかいなかったため、2トップには岡崎慎司とザハを抜擢しました。

先発した9試合で6ゴールをゲットし、チームは4勝2分3敗。1ゴールを決めるのにかかる時間がハリー・ケインの次に少なかった岡崎慎司は、出場時間さえ確保できればプレミアリーグでは初めてとなる2ケタゴールに届くのではないでしょうか。開幕から7戦連続ノーゴールで7連敗と最悪のスタートを切ったクリスタル・パレスは、チェルシー戦で復帰したザハの決勝ゴールで息を吹き返し、16位まで順位を上げています。1試合あたりのドリブル成功数でアザールに次いで2位(ボールを奪われる回数は1位…!)のザハは、開幕戦の負傷で悪夢のノーゴール期間を欠場しており、ベンテケやサコよりもいなくなっては困る存在です。

以上、多分に思い入れが勝ったベストイレブンになってしまいましたが、いかがでしょうか。妥当かどうかよりも、後半戦を愉しむための材料にしていただければという思いで選んでみました。眠らないプレミアリーグは、本日の夜も21節の7試合が開催されます。最注目カードは、リヴァプールVSレスター。マンチェスター・ユナイテッドから最後にゴールを決め、ドロー決着の立役者となったマグワイアと、キングパワーのレッズ戦でゴールを決めている岡崎慎司に注目したいと思います(前節先発の岡崎は途中出場かもしれませんが…)。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

個人的には、スターリングはもうダメかなと思っていたので、彼が一番サプライズであり期待以上でした。

イングランド代表は次までに面白いチームになりそうだなあと思いました。話が変わってしまいますけど。
リンガード、スターリング、ケインの3トップで、中盤にララーナ、アリ、ヘンダーソン。
ウォーカーとローズのサイドに、ストーンズとあと誰か一人(フィル・ジョーンズ……?)。
ヴァ流れを変える駒としてーディー、ウインクス、ラシュフォードあたり。ユーティリティなダイアー、デルフ、ミルナーなどもいますし。あとはバークリー、ウィルシャー、ルーニーの復活にも期待しつつ。
居ないのは指揮官ですね。
  • sini
  • 2017/12/30(Sat)13:47:33
  • 編集

無題

スパーズファンとしてはダビンソン・サンチェスが3バック・4バック問わず適応できたことにかなり助けられましたが、たしかに「予想外」というより「期待通り」の出来だったかもしれませんね。
前半戦を故障で棒に振った選手たちも、是非来年5月のこのコーナーで名前が挙がってきて欲しいものです。
  • xof ybot
  • 2017/12/30(Sat)14:56:56
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ