アーセナルを救えるか!? ジャック・ウィルシャーの完全復活を「スカイスポーツ」がデータで解説!

「問題はクオリティや才能、決断力ではなく、一貫してトップにいられるかどうかだ」。イギリスメディア「スカイスポーツ」のニック・ライト記者の言葉に、深くうなずくサポーターは多いのではないでしょうか。2011-12シーズンのプレミアリーグを負傷で棒に振って以来、フルシーズンで活躍したことがないジャック・ウィルシャーには、レンタル先のボーンマスが必要とするなら放出してもいいのではないかとさえ思っていました。エディ・ハウ監督のチームでプレミアリーグ27試合出場と存在感は残したものの、終盤戦でウィルシャーが先発しなかった9試合をボーンマスは5勝4分と無敗で走り抜けており、復活したといえるほどの出来ではありませんでした。時折いいパスを出すMFなら、アーセナルには何人もいます。ジャカを軸としたチームには、もうひとりのレフティの居場所はないと見切っていたのです。

2017-18シーズンが始まってしばらくは、ウィルシャーの主戦場はカラバオカップとヨーロッパリーグ。開幕前に「彼はレギュラーとしてプレイするべきで、それができるチームへ行くのも選択肢」と語っていたヴェンゲル監督は、ジャカとラムジーのコンビをファーストチョイスとしており、10番については戦力としてカウントしているかどうかも怪しい使い方でした。11月までのプレミアリーグ14試合で、ウィルシャーの出番は4試合65分のみ。9月のELのボリゾフ戦ではベストパフォーマンスとほめていたものの、ゆっくりフィットさせようとしているのか、ガス抜きのためにピッチに出しているのかわからない時間が長く続きました。

転機が訪れたのは12月でした。アーロン・ラムジーが負傷で戦線を離脱すると、ヴェンゲル監督は直前のボリゾフ戦でゴールを決めていたウィルシャーに中盤の真ん中を締める役割を託しました。プレミアリーグ17節のハマーズ戦からの6試合はすべて先発フル出場。ラインの裏に落とす柔らかいロングフィードや、狭いスペースに斬り込むドリブルを見て、サンティ・カソルラの代わりを務められるのはやはり彼しかいないとあらためて思いました。このたびの「スカイスポーツ」のレポートは、興味深いデータを示しながらウィルシャーが完全復活を遂げたことを伝えています。

90分あたりのドリブル数3.2は、プレミアリーグのセントラルMFのなかではNo.1。被ファール数3.6は、リシャルリソン、アシュリー・バーンズ、チチャリート、エデン・アザールをかわしてリーグでトップの数字となっています。負傷を心配するサポーターにとっては盛り上がるデータではありませんが、彼のドリブルやフェイントが相手を混乱させているのは間違いありません。ボーンマスでプレイしていた2016-17シーズンは1試合あたりのスプリントが46回で、今季は56回。平均走行距離は10.7kmから11.0kmに伸びています。「ボールを持っていないときでも、彼がどれだけインテリジェンスがあってフットボールをわかっているかを見せてくれている」。シュコドラン・ムスタフィは、トップフォームに戻った10番に極上の賛辞を残しています。

ウィルシャーが素晴らしいデータを残しているのは攻撃面ばかりではありません。90分あたりのボール奪取数8.9はアンカータイプのエンディディやロメウより上で、9.1のネマニャ・マティッチに迫る数字です。前回のユーロ予選でホジソン監督がウィルシャーをアンカーで起用して批判されましたが、しつこいマークとセンスあふれるロングフィードを見ると、元イングランド代表監督の主張もわかる気がします。

アレクシス・サンチェスやエジルが移籍問題で騒がれているなか、後半戦のアーセナルを支えるキーマンはジャック・ウィルシャーなのではないでしょうか。チェルシー戦のケガが軽傷だったのは何より。今週末の「古巣」ボーンマス戦に間に合うかどうかはわかりませんが、ビッグロンドンダービーで見せてくれたような胸のすくようなゴールとテンポのいいパスワークで、苦境に陥っているチームを救っていただければと思います。グーナーのみなさんは、「Jack Wilshere goes back to Bournemouth as a key figure for Arsenal」と題されたレポートに、ぜひ目を通してみてください。ニック・ライトさんのプレーヤー分析は密度が濃く、週末の楽しみのひとつです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

確実に言えるのはウィルシャーはシーズン中にまた怪我をするということだけ。
いくら才能があっても負傷癖がついてしまった選手はトップレベルのプレーを継続することはできないと思う。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/01/13(Sat)09:56:42
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
それがなぜ、「確実」なのですか?
  • makoto
  • 2018/01/13(Sat)18:22:52
  • 編集

無題

ここ最近のウィルシャーは素晴らしいですね。特にファーストタッチで相手をかわすプレーはさすがです。あとはシーズンを通して怪我してプレイできるか?ラムジーとの相性はどうか?が後半戦の見どころだと思います。
  • Itohaji43
  • 2018/01/13(Sat)21:50:07
  • 編集

無題

ジャックはスタッツ上は数字を残しているのですね。
ただ、アーセナルを毎試合見ている身としては、もう一つ気の利いた選択が出来ていない印象です。
ジャカを孤立させたり、DFからの組み立てに困っているときにサポートしたりと言った動きができず、
結局エジルが下がってその役割を…となっているので
ここで気の利いたことができるかどうかですね。
と言ってもこれは怪我前から引っかかっていたことではありますが。
ファイナルサードでも無理な中央突破や狭いところへ突っかけて奪われているので、
以前彼はセスクやピルロ、シャビへの憧れを口にしましたが
そうではなく今最も見習うべきは引退したばかりの先輩であるロシツキではないでしょうか。
  • 名無し
  • 2018/01/14(Sun)13:39:28
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ