プレミアリーグ&欧州のCB徹底比較!「ハリー・マグワイアに8000万ポンドの価値はあるか?」

ハリー・マグワイアのマンチェスター・ユナイテッド移籍が決まりました。現地メディアが連日報じていますが、移籍金はプレミアリーグのDF史上最高額となる8000万ポンド(約102億円)。2018年1月にサウサンプトンからリヴァプールに移籍したヴィルジル・ファン・ダイクを、500万ポンド上回っています。オランダ代表のキャプテンは、日曜日にウェンブリーで行われたコミュニティーシールドの88分にガブリエウ・ジェズスに抜かれるまで、65試合もドリブル突破を許しておらず、ビッグイヤー獲得の原動力が7500万ポンドなら安い買い物だったといわれています。

比べる相手が凄すぎて、「マグワイアがファン・ダイク以上はありえない」といったネガティブな声が勝っている昨今ですが、イングランド代表CBの活躍によってマンチェスター・ユナイテッドが強くなれば、こちらもいい補強だったと評価されるはずです。私もまた、ファン・ダイクより金がかかるといわれて戸惑いを覚える側のひとりですが、新チームでのプレイを観る前に叩くようなことはせず、どんなプレイを見せてもらえるのか楽しみにしたいと思っています。

そうはいっても、現在は多くの方の興味が「ハリー・マグワイアに8000万ポンドの価値はあるのか?」というテーマに集中しているのは間違いないでしょう。「BBC」のゲイリー・ローズ記者が入団前に配信した記事のタイトルは、そのまんま「Is Manchester United target worth £80m?」。データ分析記事に定評がある「スカイスポーツ」も、「BBC」と同様にマンチェスター・ユナイテッドのCBのスタッツを並べてマグワイアの強み・弱みを炙り出そうとしています。

「マグワイアのペース不足は明確な事実だが、読みのよさで欠点を補っている」。GCSE(イギリスの全国統一試験)でA評価だったクレバーなCBについて、「BBC」は冒頭でウィークポイントを喝破しています。マグワイアがプロデビューを果たした2011年に、シェフィールド・ユナイテッドで指揮を執っていたミッキー・アダムズや、マネージャーとして晩年を迎えていたサー・アレックス・ファーガソンは、いずれも賢さ、勤勉さ、学習意欲の高さを評価。ハル・シティでチームメイトだったマイケル・ドーソンは、ボールを散らすのがうまく、狭いエリアでも余裕をもってプレイできる力が、8000万ポンドで得られる価値だと語っています。ペップ・グアルディオラが獲りたがっていたのも、ビルドアップにおける貢献度の高さと前線へのフィードを買っていたからでしょう。

ゲイリー・ローズ記者は、欧州のトップクラブで活躍するCBたちの2016-17シーズン以降のスタッツを挙げながら、「タックル、インターセプト、クリア数などで負けておらず、ファン・ダイクとコンパニに次いで空中戦に強いというボーナスがある」「デ・リフトやピケ、フンメルス、クリバリと比べてゴールに直結するミスは少ない」と分析しています。7ゴール6アシストはセルヒオ・ラモスの次に多く、攻撃における貢献度が高いのもマグワイアのストロングポイントです。

マンチェスター・ユナイテッドのCBたちとの比較は、データの精度が高い「スカイスポーツ」のほうを紹介しましょう。プレミアリーグ2018-19シーズンのタックル成功率は、フィル・ジョーンズが68.4%、リンデロフ67.5%、バイリー60%に対してスモーリングは56.7%、マグワイアは何と54.7%。パスの精度を見ても92.6%のフィル・ジョーンズと89.2%のリンデロフがワンツーで、バイリー87%、スモーリング86.2%、マグワイアは85.6%に留まっています。守備のスタッツでマグワイアが強いのは、181回を数えるデュエル勝利数や77回のヘディングでのクリアですが、プレミアリーグ9位のレスターにいれば自ずとピンチの頻度は増えるもの。完全勝利は、リンデロフ(8回)の2.5倍以上となる21回のドリブル成功のみです。

ボールを前に運ぶ力、ゲームを読む力、的確なプレイ選択、ロッカールームでのポジティブな振る舞い、キャプテンシー。空中戦とドリブル以外はスタッツに現れにくい魅力ばかりですが、ハリー・マグワイアは停滞気味のマンチェスター・ユナイテッドを変えてくれるでしょうか。ファン・ダイクのめざましい活躍は、彼自身の能力が高かっただけでなく、リヴァプールとクロップサッカーにぴったりフィットしたことも大きいのではないかと思います。デ・ヘアが蹴ってしまうチームでビルドアップのうまさをどこまで発揮できるかなど、不安要素もありますが、未来予測力や統率力を活かしてチームを落ち着かせてくれることを期待しています。いつか、安い移籍金だったといえる日が来るのを信じて。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ポクバが自身の移籍金がプレッシャーになったことを認めてましたが、マグワイアも心配ですね。
ユナイテッドはネタにされやすいし、偉大すぎるダイクより高いというのもネタにされますし・・・
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/06(Tue)07:47:33
  • 編集

無題

移籍金が妥当かどうかは、選手個人の価値だけではなく、チーム事情も考慮するべきだと思っています。
明確にCBに問題を抱えていたこと、CL出場権がないこと、トップレベルでの実績がない監督、チーム(監督)がイングランド人を欲しがっていた等を考慮すれば、少なくともマンユナイテッドにとっては8000万ポンドでも来てくれるなら高すぎではないと思っています。
マンユナイテッドが7500万ポンドで今取れるダイクがいて、マグワイアを選んだのならヤバいですが、そんな選手がいない以上単純な比較はするべきではないと自分に言い聞かせています。
  • ルニキ
  • 2019/08/06(Tue)08:18:32
  • 編集

無題

ルニキさんの言う通りに思いますね
チームの懐事情、監督の理想のチーム観、現在のウィークポイント等々各チームによって事情は違いますからね
DFで最高額といえばファンダイクと比較されるのも分かりますし、なんと言っても騒がれやすいマンユナイテッドなので色々言われるのは分かりますが
このクラブに全てを捧げると言う発言もあったとかで、今のチームはそのような忠誠心こそを必要としているかもしれませんし

他サポからすれば金額がどうあれ、嫌な補強しよったなーというのが正直な感想です
  • B
  • 2019/08/06(Tue)11:33:13
  • 編集

無題

いつも更新ありがとうございます。
8,000万ポンドの価値があるかはこれから確かめるとして、格安だったファンダイクの価格と比較するのはフェアでは無いと、今回の記事で気付かされました。
彼自身の功績ですが、優れたCBの重要性が再評価された今の市場でファンダイクの適正価格が幾らなのか。8,000万では買えなさそうですが…
  • アイク
  • 2019/08/06(Tue)12:58:52
  • 編集

無題

ルニキさんに100%同意です。
待ち望んだCBな上にイングランド代表なんて最高です。
  • 京都一のMUFCファン
  • 2019/08/06(Tue)13:22:02
  • 編集

無題

デリフトで80億なのに27歳のマグワイアが100億越えはいくらホームグロウンでもありえない価格だと思いますね。
数年前からずっとそうですがユナイテッドは交渉が下手すぎる。
マグワイアは間違いなくいいDFだとは思いますが劇的な守備の改善は難しいかなと。
ユナイテッドの本当の弱点はゆるゆるな中盤ですからね、エレーラすらいなくなったし。
  • リーズ
  • 2019/08/06(Tue)15:07:10
  • 編集

無題

補強せねばならない場所に大金を投入する、近年だとチェルシーのケパ7000万ポンドの状況に非常に似ていますね。
前評判は「誰だコイツ!?」のGKが、今ではスペイン正GKの投票で90%を上回る支持率を持つまでになりました。
マグワイアは前評判も良いですし、ユナイテッドを変えてくれる素晴らしいピースだと思います。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/06(Tue)15:14:55
  • 編集

無題

マグワイアの加入でワンビサカ、デヘア残留も含めて金額はかかっていても守備は固くなるのでこれ以上ない夏を過ごしていると感じます、守備が課題なのにまたアタッカーを補強したガナーズなんかと比べればかなりポジティブと思うんですが、ユナイテッドは前線(特にラッシュフォード、マルシャル)とポグバの攻撃から守備になった時の遅さが課題と見ています。
  • ランパードが好き
  • 2019/08/06(Tue)20:40:24
  • 編集

無題

サッカー選手の移籍金をドラゴンボールの戦闘力のように捉えている人が多すぎる!移籍金というのは選手の能力に応じて絶対的に決まるものではなくて、買う側のクラブと売る側のクラブという世界でたった二者の間でのみ成立する金額。
取引が成立した=二者が合意したということならば妥当でない移籍金など存在し得ません。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/07(Wed)17:01:00
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ