ニャブリ、デパイ、サラー…「売らなきゃよかった」選手たちを見ていて思うこと。

10月1日、チャンピオンズリーググループステージ2節のトッテナムVSバイエルンでセルジュ・ニャブリの4ゴールを見たとき、「アーセナルは、なぜこの逸材を売り払ってしまったんだ!」と震えました。ノースロンドンで20歳まで過ごしたアタッカーは、プレミアリーグ10試合1ゴールと揮わず。2015-16シーズンにはWBAにレンタルされ、公式戦3試合ノーゴールと結果を出せないまま、夏にブレーメンに売却されました。母国に戻ったニャブリは、いきなりブレイク。ブンデスリーガ初年度で27試合10ゴール、ホッフェンハイムで22試合10ゴールと2ケタゴールを続け、名門バイエルンでも30試合10ゴールと主力にのし上がりました。トッテナム・ホットスパースタジアムの試合結果を聞いて、多くのグーナーが悔しい思いをかみしめたのではないでしょうか。

なぜ突然、こんな話を始めたかといえば、オランダ代表のロナルド・クーマン監督がチームのエースについて語った記事を目にしたからです。「彼はトッププレーヤー。マンチェスター・ユナイテッドにいた頃は、少し若すぎたかもしれない」。公式戦53試合7ゴールというもの足りない数字しか残せず、斬新すぎるファッションばかりが話題になったウインガーを1年半で放出すると聞いたときには、やむなしとしか思いませんでした。ところが、オリンピック・リヨンでの最初の8試合で5発決めたと知ると、とたんに落ち着かなくなります。

2017-18シーズンにリーグアン36試合19ゴールという出色のスタッツを叩き出したデパイは、母国の代表チームでも真価を発揮するようになりました。リヨンに在籍した2年10ヵ月で、公式戦130試合50ゴール42アシスト。オランダ代表でも、直近11試合で8ゴール10アシストです。ニャブリのブレイクにほぞを噛むグーナーを到底笑えず、今はインテルでセリエA12試合9ゴールのルカクを見て複雑な思いをかみしめています。何とかならなかったのでしょうか、スールシャール監督…。

そういえば、モー・サラーがプレミアリーグ36試合32発と大爆発した2017-18シーズンには、チェルシー時代に彼を手離したジョゼ・モウリーニョ監督を揶揄する記事が続出しました。アザール、オスカル、ラミレス、ウィリアン、ジエゴ・コスタ、ロイク・レミー、ドログバを擁してポール・トゥ・ウィンのプレミアリーグ優勝を果たしたチームで、実績がない選手に「試合に出してくれ」といわれても、簡単に呑めるものではありません。「獲得はしたが、放出はしていない。クラブが決めたこと」「われわれは、彼の希望に沿えなかっただけ」という名将のコメントは、偽らざる本音でしょう。ウェストロンドンにいた頃、22歳だった快足ウインガーは、モウリーニョとの早すぎた出会いと別れを経て、最高のタイミングでクロップと邂逅したのだと思います。

「将来性を見込んで獲得した若手が結果を出せない」「ユースでは素晴らしかった選手が伸び悩んでいる」…売るか、残すか、ローンに出すか。若手を多く抱えるクラブの共通の悩みです。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのように、短期間で監督を代えるクラブほど、中長期的な育成や手離すか否かのジャッジが難しくなり、売って後悔するリスクが高まります。

ユースからの抜擢や若手獲得が目立つようになった最近のプレミアリーグを観ていると、心の中で念じている自分に気づくことがあります。マンチェスター・シティは、レロイ・サネを出すな。アーセナルは、ルーカス・トレイラやブカヨ・サカを出すな。マンチェスター・ユナイテッドは、マルシアルとグリーンウッドを出すな。チェルシーは、何としてもハドソン=オドイを引き留めろ…。残すのが正解とはいえないのですが、彼らを放出したクラブのサポーターが、数年後にモヤモヤした気分を引きずるような気がしてならないのです。

マン・シティからアストン・ヴィラに移籍したドゥグラス・ルイスは、ワールドクラスといわれるまでに成長を遂げるでしょうか。リヴァプールからボーンマスにレンタルされたハリー・ウィルソンは、次の夏に呼び戻すべきでしょうか。売るか、残すか、ローンに出すか。あるいは買い取りオプションという保険を付けるか。選手も監督もクラブも悩む「stay or go」のタイミングと決断。結果論で成功・失敗を語ることはできても、当事者たちを批判することはできません。ニャブリの華々しい活躍に肩を落とすグーナーのなかには、こんなことをいう人々もいるかもしれません。「アレクシス・サンチェスは、やっぱりあのタイミングで売るべきだったのだ」。(セルジュ・ニャブリ 写真著作者/Steffen Prößdorf)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

彼らが売られた数年前に比べて移籍市場の金額は大幅に上がり、上手くクラブをやりくりするには若手の発掘・育成がこれまで以上に重要になりますからね。
これからのプレミアリーグは、どのチームもそう簡単に有望な若手を売却するとは思えないです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/11/17(Sun)19:42:01
  • 編集

無題

ニャブリに関しては2015年、エジルが「僕が選ぶベスト11」の中にラームやカソルラ、CR7らと共に選出されているんですよね。。。
その時のエジルの様子からすると「今はまだまだだけど、これから期待の若手だよ」みたいなイジりも含めてチョイスしたようですが。
恥ずかしながら僕もその時「エジルが選んだ」という理由からニャブリを知ったんですよね。
エジルがその時どこまで本気で彼の才能を見抜いていたのかは分かりませんが、エジルもヴェンゲルと同様「お、こいつは化けるぞ」というタレントを見つけるのが得意なのかも知れませんね。
  • ぐなです
  • 2019/11/18(Mon)10:46:58
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ