ワールドカップで代表落選、今季も出遅れ…そろそろ覚醒するはずのレロイ・サネに期待!

指揮官との確執が噂されているポグバや、新戦術のなかで力を発揮できていないエジルも心配なのですが、より気になるのはマンチェスター・シティのレロイ・サネです。2016年の夏にペップのチームに移籍した快足ドリブラーは、今季が3シーズンめ。初年度は戦術にフィットするのに時間がかかり、本領を発揮し始めたのは年が明けてからでしたが、2017-18シーズンは才能が開花した1年でした。開幕から4戦めのリヴァプール戦で2ゴールをゲットすると、6節のクリスタル・パレス戦からレギュラーに定着。9月30日にスタンフォード・ブリッジで開催されたチェルシー戦では、時速35.48kmのスプリントがプレミアリーグ史上最速と報じられました。左サイドから中央に斬り込むドリブルで、ライバルクラブのSBを振り回したレフティは、プレミアリーグ32試合10ゴール15アシストという素晴らしい数字を残して独走優勝に貢献。ワールドカップでも、主力として活躍するものと期待したファンが多かったのではないでしょうか。

6月3日に発表されたドイツ代表の23人には、サネの名前はありませんでした。レーヴ監督は、ドリブラーを選外とした理由について、「とても難しい決断だったが、ブラントを選んだ。レロイにはとんでもない才能があり、9月には戻ってくるはずだが、まだ代表レベルには達していない」とコメント。メディアは、「チームメイトに悪態をついた」「練習態度に問題があった」「レーヴ監督が、他の選手への悪影響を嫌った」などといったエピソードを挙げ、プレイ以外に理由があったと報じました。

ロシアで素晴らしいタッチを披露することはできなかったものの、昨季プレミアリーグのアシストランキングでデブライネに次ぐ2位の選手です。レスターからリヤド・マフレズが加わったとはいえ、左サイドはサネがファーストチョイスだと決めつけていました。ところが、シーズンが始まってみると、ペップがスターターに指名したのはマフレズ、スターリング、ベルナルド・シウヴァです。サネの出場時間は、最初の3試合でトータル30分。4節のニューカッスル戦では、ベンチに入ることもできませんでした。

サネの課題を率直に指摘したのは、ドイツ代表でともに戦うトニ・クロースでした。「サネのボディランゲージからは、勝っても負けてもどちらでもいいという雰囲気が伝わってくる。ワールドクラスになるために必要なものをすべて備えているが、もっとパフォーマンスを上げなければならない」と語った百戦錬磨のMFは、スピードと左足のクオリティは高いと認めながら、レーヴ監督とペップが同じテーマを抱えているといっています。「彼に最高のパフォーマンスをさせる術が必要だ」。UEFAネーションズリーグを戦うドイツ代表に選ばれた後、パートナーの出産を理由にチームを離れたサネは、いま1度マン・シティで昨季のようなプレイを見せられなければ、再度つかんだ代表の椅子を手離すことになりかねません。

トニ・クロースは、ペップの直近の判断について「チームから外して、サネを焦らしているのだろう」といっておりましたが、昨季プレミアリーグの優勝監督は、22歳のレフティの闘争心に火を着けることができるでしょうか。デブライネ不在の今、サネの突破力は今までにも増して必要とされています。シャルケ最後の年は、7節までに先発出場2試合。2016-17シーズンに初めてスターターに選ばれたのは8節のエヴァートン戦で、昨季は5節までの先発は1回のみでした。フラム、カーディフ、ブライトンと与しやすい相手が続く9月のプレミアリーグで、スロースタートが恒例のドリブラーの覚醒に期待したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ファビーニョ、ナサニエル・クライン…巻き返せるか、プレミアリーグ出場ゼロの精鋭たち。

ファビーニョ、ナサニエル・クライン、デルフ、クリステンセン、ケーヒル、マヴロパノス。彼らの共通項は、シンプルです。負傷が伝えられているわけでもないのに、未だプレミアリーグ出場ゼロ。サッリ監督とエメリ監督は、新チームを創り上げるなかでCBを固定して戦っており、ムスタフィ&パパスタソプーロスとリュディガー&ダヴィド・ルイスの安定感が増せば、ベンチにいるCBの当面の出場機会はカラバオカップやヨーロッパリーグに限定されるものと思われます。ペップの下でユーティリティの高さを発揮したデルフは、ポジションを争う相手がバンジャマン・メンディやフェルナンジーニョでは致し方なし。ペップの信頼を得ているMFは、シーズンが進むにつれて徐々に出番が増えるでしょう。

気になるのは、リヴァプールの2人です。数年前まで、カイル・ウォーカーとイングランド代表の右SBの座を争っていたナサニエル・クラインは、負傷で苦しんでいる間にトリッピアーやアーノルドにポジションを奪われてしまいました。クラブでも、昨季プレミアリーグとチャンピオンズリーグで経験を積んだアーノルドが今やファーストチョイスで、鋭いオーバーラップを武器とする27歳のSBにはなかなかチャンスがまわってきそうにありません。マティプやデヤン・ロブレンの出来次第では、ジョー・ゴメスが再び右サイドで使われる可能性もあり、モナコからやってきたファビーニョもSBの心得がある選手です。2016-17シーズンはプレミアリーグ37試合出場のナサニエル・クラインは、短期間で一気に若い選手が増えたレッズで出番を得られるでしょうか。ベンチに座れるかどうかという現状が続けば、次の夏には新たなクラブを探すことになるでしょう。

期待の新戦力ファビーニョもまた、最初の4試合で1度も使われることがなかった選手です。9試合あったプレシーズンマッチは全試合に出場。開幕戦はベンチスタートだった24歳のMFは、2試合めからはサブの7人にも選ばれず、好調のチームを外から眺める日々が続いています。モナコで過ごした5シーズンは、いずれの年もレギュラーとして活躍。PKをまかされるようになった2015-16シーズンからは、3シーズンでリーグアン22ゴールという数字を残しています。ナビ・ケイタ、ララナ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム、ミルナー、ファビーニョから3人しか出られない激戦の中盤で、ブラジル人のセントラルMFはいつデビューできるのでしょうか。

いささか心配になるスロースタートですが、ご本人は納得しているようです。「スカイスポーツ」のインタビューで、「フィルミーノのおかげで早くチームになじめた」「プレシーズンでイングランドのチームと戦うことができて、フィジカルやスピードの感覚がつかめた」と語っており、プレミアリーグデビューに向けて準備は万端とアピールしています。クロップ監督は、昨季のロバートソンと同様に、コミュニケーションを密に取ってゆっくりチームにフィットさせる方針なのでしょう。出番の心配をしなくてはならないのは、現在出場している選手のほうなのかもしれません。

アリソンやナビ・ケイタなど大型補強を敢行したリヴァプールのロケットスタート、チェルシーをポゼッションサッカーにモデルチェンジしたサッリマジックなど、既に見どころ満載の今季プレミアリーグですが、未だ見ぬ選手たちが続々登場すると思うとテンションが上がります。ファビーニョ、クリステンセン、マヴロパノスを早く観たいと気がはやるインターナショナルマッチウィークのど真ん中なのであります。もちろん、吉田麻也も。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

監督との確執が噂されるメスト・エジルとポール・ポグバに、2人の理解者がメッセージ。

Mesut Ozil critics are ‘inventing problems with Arsenal boss Unai Emery, says Nacho Monreal(メスト・エジルを批判したい人間が、アーセナルのウナイ・エメリ監督との問題をでっち上げたとモンレアルが主張)」。イギリスメディア「イブニング・スタンダード」が、プレミアリーグ屈指のプレーメイカーを擁護するベテランSBの言葉を紹介しています。ノーズロンドンで7シーズンめを迎えたナチョ・モンレアルは、「人々はエジルに対してアンフェアだ」とコメント。「彼は有名で、みんな彼について語るのが好きだ。最近は、よくないことばかりだね。前もそうだったけど、風邪をひいたからプレイしなかっただけだよ」と、エメリ監督との確執を否定しています。プレミアリーグ開幕からマンシティとチェルシーに連敗したチームに、10番の活躍は不可欠と考えているのでしょう。気合いを前面に出さないエジルのキャラについても、真正面から擁護しています。

「選手は1人ひとり違うということを理解してもらう必要がある。彼はああいうふうに冷静な選手で、10年前からそうだった。ピッチでケンカしたり、レフェリーに文句をいったりするのを期待することはできないよ。今まで、1度もそんなことはしていないのだから。彼はこれからも、変わらないだろう。大事なのは、彼が最高のパフォーマンスで多くのゴールやアシストを積み上げ、チームを助けてくれること。それこそが、彼ができることだ。選手に向かって突進し、喉をつかんだりするのは無理だね」

監督と選手のトラブルは、当事者が口をつぐんだら真相は藪の中となるのが常です。第三者がこれだけストレートに「証言」するのは珍しく、レフトバックの熱い言葉を信じていいのではないでしょうか。エジルにとっては、うれしいアシストでしょう。今の彼は、ガナーズの10番を手に入れたことで上がったモチベーションを、代表引退にまつわるさまざまな軋轢によって生じた精神的疲労が蝕んでしまっているのではないでしょうか。心身ともにコンディションが上がり、エメリスタイルを体得すれば、プレミアリーグ2015-16シーズンのアシスト王は、キラーパスを連発してくれるはず。モンレアルの優しいクロスが、エジルの心にピンポイントで届くことを願ってやみません。

指揮官との確執といえば、ポール・ポグバも未だ噂が絶えないひとりです。水曜日に「今後数ヵ月で何が起こるかを誰が知るというのか?」と、移籍志願とも取れる発言を残したと報じられた6番は、「そんなことはいっていない。フィジカルのコンディションを上げ、自分の仕事をしているだけだ」と憶測を否定。「ワールドカップで復帰が遅れたので、できる限りパフォーマンスを高めようとしている」「(モウリーニョ監督とは)純粋にコーチと選手の関係だ。それだけだよ」「常に100%の力を捧げると約束する。コーチと何があろうと、ユナイテッドのために全力を尽くす。それ以上いうことはない」と、ヒートアップするメディアをたしなめるようなコメントを残しています。

渦中の指揮官とプレーメイカーに対して、「2人ともクラブを離れてはいけない」と忠告したのは、クラブOBのディミトル・ベルバトフです。「すべては憶測に過ぎず、大事なのはサッカーを変えることだけ」。プレミアリーグ229試合で94ゴールを決めたストライカーは、素晴らしいプレイと勝利が最高の良薬と信じているのでしょう。監督と選手の摩擦や、メディアの作文はビッグクラブにはよくあることと切り捨て、どんな状況にも対処するのがプロフェッショナルの責任と説いています。

「クラブの外にいる人々は、いつもそんな話ばかりしており、勝手に物語を作り上げる。それは誰の救いにもならないね。マンチェスター・ユナイテッドにいるわけではないので、みんなが読むような情報しかなく、内部事情はわからないけど、たとえ何があっても当事者は対処する方法を知らなければならない。それらは、いずれ終わる。みんな人間だから、失敗はあるよ。でも、集中するべきはピッチの中だ」

サポーターにとっては、心強い言葉です。これを聞いて、ルーク・ショーの晴れやかな表情を思い出しました。モウリーニョ監督に名指しで批判され、移籍の噂が絶えなかったSBは、自らのプレイで指揮官を納得させ、0-3で完敗したトッテナム戦のタイムアップの直後には最初に抱擁をかわしていました。ポグバとモウリーニョさんも、今は緊張感が高い関係になっているのかもしれませんが、タイトル獲得に続く道の途中で避けられなかったプロセスなのだと思うようにしています。ポグバがいつも素晴らしいパフォーマンスを発揮できるようになり、チームが復活すれば、新たな信頼関係が生まれる可能性は決して少なくないと信じています。

エジルもポグバも、プレミアリーグで観続けたい大好きな選手なので、モンレアルとベルバトフの言葉に救われたような心持ちがしました。苦しい立ち上がりとなったプレミアリーグを、インターナショナルマッチウィークでしばし忘れて、5節からは本来のパフォーマンスを披露してもらればと思います。素晴らしい理解者が活躍を願ってくれていることを、心の隅に置いていただいて。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

8月の最優秀監督は全勝ワトフォードのハビ・グラシア、MVPは3発ゲットのルーカス・モウラ!

ワトフォードは4連勝、トッテナムのドリブラーはプレミアリーグ4試合3ゴール。2018-19シーズンにおける最初のアワードの人選に、何の違和感もありません。プレミアリーグ公式が発表した8月の最優秀監督は、ワトフォードで指揮を執るハビ・グラシア監督。月間MVPにはスパーズのルーカス・モウラが選ばれました。ご本人、サポーターや関係者のみなさま、おめでとうございます!

ワトフォードの快進撃には、びっくりしました。昨季のプレミアリーグでは、11勝8分19敗で14位。最後の9試合で1勝しか挙げていないクラブに、厳しい状況を打開する補強があったかといえば、手痛い主力の離脱のほうが目立ったオフシーズンでした。ローン移籍だったカリージョのベンフィカ復帰は予定通り、しかしリシャルリソンのエヴァートン行きは激痛です。左サイドで暴れまわってくれた若きブラジル人がいなくなった後、ワトフォードは代役を獲りませんでした。夏の新戦力リストのなかで即戦力といえるのは、35歳のGKベン・フォスター、ボローニャから来た左SBアダム・マジーナ、エステルスンドから獲得したMFケン・セマと地味な顔ぶれ。デウロフェウとトム・クレヴァリーを負傷で欠いたチームは、苦しい戦いを強いられるものと思われました。

ハビ・グラシア監督の最大の工夫は、4試合連続のスタメン固定です。フォスター、ヤンマート、キャスカート、カバセレ、ホレバス、ウィル・ヒューズ、ドゥクレ、カプェ、ロベルト・ペレイラ、ディーニー、アンドレ・グレイ。プレミアリーグ開幕戦でブライトンに2-0で完勝したメンバーをそのまま使い続け、コンディションが整わないままEL予選を戦っていたバーンリーを叩くと、クリスタル・パレス戦は2点を先取して逃げ切りました。走り負けなかったトッテナム戦は、2回のセットピースを活かして逆転勝利。クロス本数はリーグ19位ながら、インターセプト65回とロングボール300本は、いずれも2位に食い込んでいます。奪ったボールを素早くディーニーやアンドレ・グレイ、ロベルト・ペレイラに展開する直線的なサッカーは、リーグ3位の9ゴールという形で実を結びました。4-4-2の完成度で勝負した指揮官が、次節のマンチェスター・ユナイテッドや9月末に当たるアーセナルに対して、どんな戦い方を選ぶのか注目です。

4戦4発のマネとアルナウトヴィッチを差し置いて、ルーカス・モウラがMVPに選ばれたのは、2ゴールを決めたマンチェスター・ユナイテッド戦の活躍が鮮烈だったからでしょう。ハリー・ケインが先制ゴールを決めた直後、エリクセンの丁寧なグラウンダーに走り込んだ豪快なボレーで、昨季プレミアリーグ2位は完全にしびれました。スモーリングを抜き去ったドリブルシュートも、いかにも彼らしい一撃です。今年の1月に入団してからしばらくは、チーム戦術にうまくはまらず苦しみましたが、チームメイトの理解が深まった新シーズンは相当やってくれるのではないでしょうか。アジア大会を制したソン・フンミンが戻ってくれば、スパーズの前線は質・量とも盤石です。

チャンスメイカーを抜かれた伏兵と、補強ゼロのトップクラブは、既存のメンバーの活性化でどこまで戦えるでしょうか。キャラ立ちまくりのクラブひしめくプレミアリーグは、今季もおもしろくなりそうです。オールド・トラフォードで0-3…いや、終わった試合のことは忘れましょう。あの試合のルーカス・モウラは素晴らしかった。この稿で語られるのは、それだけで充分です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

レギュラーか、ベンチか⁉ プレミアリーグで出遅れた日本代表選手たちを評する指揮官語録!

吉田麻也、岡崎慎司、武藤嘉紀。プレミアリーグに所属する日本人選手たちが、揃って出遅れています。サウサンプトンで7シーズンめを迎えた吉田麻也は、未だプレミアリーグ出場ゼロ。武藤は途中出場3試合、岡崎も後半からの2試合で15分間出場しただけです。彼らに巻き返しのチャンスは訪れるのでしょうか。それぞれの事情をチェックしてみました。

セインツのレギュラーCBは誰かと問われれば、ジャーナリストはウェズレイ・フートとヤニク・ヴェステルゴーアと答えるでしょう。この夏、ボルシアMGから加わったヴェステルゴーアは、デンマーク代表でもプレイしている26歳のハードマーカー。ドイツのクラブでは、199cmの長身を活かしてセットピースにおける得点源になっており、直近2シーズンのブンデスリーガで66試合7ゴールという数字を残しています。2節のエヴァートン戦を欠場したものの、今季プレミアリーグの4試合のうち3試合でフートとコンビを組んでいます。2試合をクリーンシートで終えたマーク・ヒューズ監督は、当面は最終ラインを固定して戦うかもしれません。

しかし、サポーターに聞けば、CBはデンマーク人と日本人のタッグがベストとする声が多いようです。フートはしばしばボールウォッチャーとなり、2-1で敗れたエヴァートン戦でもクロスやセットピースで対応が遅れるシーンが目立ちました。SNSでは「フートとスティーヴンスはクオリティが低い」「ヴェステルゴーアの隣に吉田がベスト」という意見が多数派となっています。バーンリーとの開幕戦の直前に、「マヤのプレシーズンにおけるトレーニングは2週間。最後のフレンドリーマッチで20分ほど調整しただけだ。完全な状態ではなかった」と語ったマーク・ヒューズ監督は、ブライトンと戦ったカラバオカップ3回戦で吉田を起用。パスミスはあったものの無難に守った30歳のCBが、プレミアリーグでヴェステルゴーアとコンビを組む日は、すぐそこまで来ているのではないでしょうか。

32歳の岡崎慎司にとって、今シーズンがレスターで戦う最後のシーズンになるかもしれません。ジェイミー・ヴァーディーというアンタッチャブルなエースの次に、ピュエル監督が重宝しているのは、2年めのケレチ・イヘアナチョです。「速いヴァーディーは、常にDFにとって危険な存在だが、今いる選手たちは全員異なる特徴がある。イヘアナチョと岡崎もタイプが違う。彼らはチームとして戦う準備ができている」と語る指揮官は、守備力とワンタッチゴールに長けた岡崎よりも、ボールが収まり自力で持っていけるイヘアナチョを使いやすいと感じているようです。ゴール前に入るタイミングのよさで勝負する小柄なストライカーは、出場機会が減れば周囲との相互理解を醸成できず、ゲームから消えてしまう時間が長くなりそうです。4年めの今季、プレミアリーグに参入してから最少のゴール数で終わってしまう可能性は低くはありません。

武藤について、「公平に見て、アンラッキーだった」と語ったのはラファエル・ベニテス監督です。最初の5試合のうち、4つまでがTOP6対決となったクラブは、コントロールタワーのシェルヴィを失い守備的な布陣を余儀なくされています。「彼はストライカーだ。われわれはそのポジションで2人を失っているので、彼がそこに入らなければならない。ところが、カーディフ戦はシステム変更が必要となって中盤に入らざるをえず、4-1-4-1のチェルシー戦でも後ろに配されることになった。未だ理想的なポジションではプレイしていない」。指揮官の理解を得られている武藤にとって、今は耐える時。下位クラブとの対戦が続く10月以降は、活躍の場が増えるのではないでしょうか。

吉田と武藤は曇りのち晴れの見通し、岡崎は雨が止む気配が感じられず。3人に共通しているのは、早い時期にチャンスを活かせなければベンチが指定席になってしまうということです。セインツの次戦は与しやすいブライトン、レスターは好調ボーンマス、ニューカッスルは難敵アーセナル。日本人選手が大活躍というニュースを、そろそろ聞かせていただければと期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ