2017年の主役はペップ&ハリー・ケイン! 「BBC」が選んだプレミアリーグおもしろスタッツ大集合!

本日はボクシングデーです。みなさま、徹夜の用意は万全でしょうか。日本は平日ですが、あちらは休日で、「プレミアリーグは眠らない」とでもキャッチコピーをつけたくなる怒涛のミッドウィーク3連続ライブが楽しめる1日です。21時30分よりトッテナムVSサウサンプトン、24時からはマンチェスター・ユナイテッドVSバーンリーかチェルシーVSブライトン、深夜2時30分にリヴァプールVSスウォンジーというのが本日のメインストリートでしょう。2017年も、残り2節となりました。イギリスメディア「BBC」が、この1年を通じた素晴らしいレコードと直近のおもしろい数字を取り混ぜたスタッツ特集を掲載しています。

2017年の主役は、やはりペップ・グアルディオラのチームです。プレミアリーグの「今年の漢字」を選ぶなら、ぶっちぎりの首位チームのクラブ名にちなんで「街」とするのがいいのではないでしょうか。19節でボーンマスに4-0で勝ち、プレミアリーグの連勝記録を17に伸ばしたマンチェスター・シティは、年間100ゴールを達成。この記録は、1982年に当時欧州最強だったリヴァプールが叩き出した106以来の快挙です。2位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点13差は、クリスマスまでについたギャップとしては史上最大だそうです。近年、TOP6といわれるようになっていたプレミアリーグは、あっという間にワントップで2列めが5枚というフォーメーションに変わってしまいました。「BBC」は、ラヒム・スターリングがチェリーズ戦で5試合7ゴールという出色の記録を残したと添えています。

ベストチームがマン・シティなら、ベストプレーヤーはハリー・ケインでしょう。2017年のプレミアリーグで積み重ねた36ゴールは、アラン・シアラーと肩を並べる堂々のタイレコード。スパーズは21節のゲームが年明けにスライドとなるため、年内はボクシングデーがラストマッチですが、ここで1発決めれば単独トップに躍り出ます。プレミアリーグの炎上芸人(?)ガリー・リネカーさんが、シアラーの写真とともに「ハットトリックのケインがシアラーの記録に並んだ。彼のために喜んでいるふりをしている写真がコレ」といじっておりましたが、本日の夜、歴代1位の260ゴールという記録も持つレジェンドは、本当に喜んでいるふりをしなければならなくなるのでしょうか。最近、失点に直接絡むことが増えている吉田麻也は、何度もリプレイされるシーンに映り込まないように気をつけてほしいものです。クラブレベルで年間46ゴールを叩き込んだハリー・ケインを超えるのは、50ゴールのカヴァーニとメッシだけだそうです。

その他個人記録では、ジェイミー・ヴァーディーがレスターの選手として初めての50ゴールという数字を残しています。3-3というスリリングなゲームとなったアーセナルVSリヴァプールで、フィリペ・コウチーニョがプレミアリーグで53発めのゴールを決めましたが、何とこれが初のヘディングシュート。「WBAのサロモン・ロンドンはアウェイのストークとの3ゲームすべてでゴール」という細かすぎて伝わらないレコードまで掲載されていますが、さておき。クラブ記録に目を移すと、「バーンリーは先制された試合で47試合連続未勝利(9分38敗)」「クリスタル・パレスは8戦連続負けなし、WBAは2015-16シーズンのアストン・ヴィラの19に迫る17戦連続勝利なし」「ウェストハムは直近5つのPKのうち3つを失敗しているが、すべて異なる選手(ノーブル、ランシーニ、アイェウ)」といったあたりがなかなかおもしろい記録です。書きながら、盛り上がってまいりました。何しろ本日は、プレミアリーグ名物のボクシングデーです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

デルフ、リンガード、クリステンセン…サポーターを驚かせた「うれしい誤算」の3人に注目!

タイトなスケジュールで38試合を戦うプレミアリーグには、負傷者はつきもの。年間を通じて主力の離脱がほとんどなかった2015-16シーズンのレスターのようなケースは稀で、監督がどんなに慎重に選手を起用したとしても、どこかでやりくりを強いられるのが常です。グーナーは、「カソルラがいれば…」と何回つぶやいたことでしょう。ヨーロッパリーグを制覇したマンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグでは6位に沈んだのも、シーズン終盤に大量に発生した負傷者によるところが大きかったと思われます。

一方で、シーズンを上位で走り切るクラブには、時折「うれしい誤算」と表現したくなる選手が現れるものです。昨季のチェルシーは、エンゴロ・カンテの活躍は予想できましたが、ストークやハマーズにレンタルされていたヴィクター・モーゼスがあそこまでWBにはまるとは想像できませんでした。今季の上位3チームでも、シーズン前はサブと目されていた選手が大事な試合で活躍したり、主力としてチームを支えていたりします。ペップに左SBにコンバートされたファビアン・デルフ、ムヒタリアンよりも出場試合数が多いジェシー・リンガード、チェルシーでレギュラーに定着しつつある21歳CBアンドレアス・クリステンセン。なかでも最大のサプライズは、デルフでしょう。夏にペップの構想外とも報じられた選手が、ダニーロよりも多くの試合に出ることになるとは思いませんでした。

今季プレミアリーグで初めてデルフが登場したのは、6節のクリスタル・パレス戦でした。バンジャマン・メンディが不運なアクシデントでシーズンの大半を失うことになった試合では、代役として左サイドに入ったのはダニーロで、デルフは3-0となった後の残り20分で試されただけでした。しかし、試合終了間際の89分にデルフはゴールを決め、次のチェルシー戦ではダニーロを押しのけて左サイドでスタメン抜擢。中央に入って中盤に厚みを加えるペップ好みのプレイは、セントラルMFが本職ならではの動きです。プレミアリーグ12戦連続先発出場の28歳SBは、快足ウインガーとの駆けっこというやや苦手なシーンで致命的な失敗を犯さなければ、今後も重宝されるのではないでしょうか。

マンチェスター・ユナイテッドのリンガードがラシュフォードと肩を並べるプレミアリーグ4ゴールという事実には、驚いているサポーターが多いのではないかと思われます。13節までは9試合の出場機会のうち8つまでがラスト30分を切ってからの起用。唯一スタメンだったハダースフィールド戦は、チームが今季初黒星を喫した冴えない試合でした。序盤戦で5アシストを決めたムヒタリアンが不振に陥らなければ、目立った活躍がなかったMFに5試合連続先発出場という記録は残らなかったはずです。主力が使えなくなったモウリーニョ監督に豊富な運動量と戦術理解の高さを評価されたMFは、14節のワトフォード戦で最初の11人に選ばれると、さっそく今季初ゴール。次戦、エミレーツでアーセナルと当たるという重要なゲームで、ラインの裏を突くというミッションを忠実にこなした14番は、2ゴールを挙げて指揮官を喜ばせました。

スピード、テクニック、フィジカルと項目別に見ると突出して秀でるポイントはありませんが、守備をさぼらず、来てほしいところに必ず入ってくる動きの質の高さがリンガードの強みです。守備にまわった際のポジショニングと対応に要求が高いモウリーニョ監督は、マタやミキよりもバランサーにより多くのチャンスを与えるかもしれません。

チェルシーのクリステンセンは、レンタル移籍していたボルシアMGから戻ってきた若手ですが、2015-16シーズンには4位に入ったドイツの名門で2シーズン通算61試合に出場したバリバリのレギュラー。チェルシーでいずれ主力になると期待されていた選手ではありましたが、ダヴィド・ルイスやリュディガー、ケーヒルと強力なライバルがひしめくなかで、こんなに早く3バックの中央に定着するとは思いませんでした。ダヴィド・ルイスのようなポカがなく、ケーヒルのようにフェイントに振られるシーンが少ない若きCBは、大きなケガさえなければジョン・テリーの後継者としてクラブの顔になってくれるのではないかと思います。

トッテナムで不動のレギュラーをめざす21歳MFハリー・ウィンクス、アーセナルで左SBに抜擢されたメートランド=ナイルズ、リヴァプールの新戦力ドミニク・ソランケも今後が楽しみな選手たちです。ボクシングデーから後半戦に入りますが、2015-16シーズンに衝撃のデビューを果たしたラシュフォードや、昨季プレミアリーグで36試合に出場してPK7発を決めた左SBミルナーのような抜擢はあるでしょうか。名将たちの英断を楽しみにしたいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「僕は永遠に…」忘れ得ぬトマシュ・ロシツキがアーセナルに捧げる最後の言葉。

One thing is for sure, I'm a Gunner forever.(確かなことがひとつある。僕は永遠にガナーだよ)」

かつて彼のボスは、「If you love football, you love Rosicky.(フットボールを愛しているなら、ロシツキを愛するはずだ)」という美しい言葉で類まれなるタレントをリスペクトしました。このたび現役引退を発表したトマシュ・ロシツキのメッセージも、アーセン・ヴェンゲルに負けず劣らず粋な言葉です。2006年から10年過ごしたアーセナルでは、幾度となく負傷に苦しみながらも公式戦248試合出場29ゴール。プレミアリーグに別れを告げたときは101だったチェコ代表のキャップは、105まで伸びました。古巣のスパルタ・プラハに戻ったロシツキはアキレス腱痛に悩まされ、最初のシーズンの出場時間はたった19分。手術が成功して新シーズンから復帰すると、9月10日のカルヴィナ戦でスパルタ・プラハの選手としては17年ぶりとなるゴールを決めました。

「スパルタ・プラハでチャンピオンズリーグに出場する」という夢を抱いて戦い続けていた37歳のMFの身体は、限界だったようです。「プロサッカー選手として必要なコンディションを万全に整えられないとわかった。ビッグクラブに続く最初のキャリアのステップとなり、育ててくれたスパルタ・プラハに感謝したい。最も愛する場所で、さよならをいえる機会を与えてくれたことにも」。最初のクラブに謝意を述べた後、18年のプロフットボール選手としてのキャリアで最も長い時間を過ごしたアーセナルに対しては、こんなメッセージを残しています。

「 最後となるこの機会に、アーセナル・フットボールクラブのみなさんにも感謝の意を表したいと思います。 素晴らしいクラブでした。アーセナルのためにプレイするのをいつも名誉に感じていました。ファンのみなさんとは、特別な関係を築けていました。 彼らは私があのシャツのためプレイしていることをわかってくれていました」

シャツのために、サポーターのために。このスピリッツを持つ選手がいなくなったことが、最近のプレミアリーグにおけるアーセナルの脆弱さにつながっているのではないでしょうか。左サイドからゴールに向かうクロス、縦に鋭く走るスルーパス、そしてノースロンドンダービーでの見事なシュート。数々の美しいシーンが思い浮かびますが、ボールを奪われるとすぐに追いかけて取り返そうとする姿こそが、ロシツキの本質だったのかもしれません。時に勢い余って相手を倒してしまうキレのあるスライディングは、クラブのサポーターでなくてもガッツポーズをしてしまいそうになる爽快な瞬間でした。

We'll all miss having you on the pitch, Little Mozart(リトル・モーツァルト、われわれはみんな、あなたがピッチにいた頃を懐かしく思う)」(Arsenal FC Twitter)

いつも3位か4位だったけれど、ビッグネームを獲得できないままにセスクやファン・ペルシがクラブを去る厳しい季節だったけれど、あの頃のアーセナルは「次こそはプレミアリーグを獲る」という希望に満ちていました。プレミアリーグを制してはいたものの、軍隊式でごつごつしていたマンチェスター・ユナイテッドのサポーターとして、明るくてインテリジェンス溢れるアーセナルのチームカラーをいつもうらやましいと思っていました。ロシツキは、そんな時代の象徴だったのだと思います。今は、主力に移籍の噂が絶えない不安な時期を過ごしていますが、もう一度あのスマートさとポジティブなマインドを取り戻していただき、プレミアリーグで最も美しいクラブとして優勝争いに君臨していただければと願っています。

本当のお別れの時がやってきました。われわれは、それを受け入れなくてはならないようです。ありがとう、ロシツキ。FAカップを2度制したあなたのチームを、決して忘れることはありません。(トマシュ・ロシツキ 写真著作者/joshjdss)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マンチェスター・シティがプレミアリーグNo.1MFケヴィン・デブライネに異例の7年契約をオファー!

7年契約となれば、満了時には33歳です。「BBC」「スカイスポーツ」「ガーディアン」などイギリスメディアが一斉に報じたのは、マンチェスター・シティがケヴィン・デブライネにオファーした長期契約の中身です。首位チームのフィールドプレイヤーで唯一、プレミアリーグ全試合先発出場を続けているプレーメイカーの現在の週給は11万5000ポンド(約1725万円)。2024年までと3年延長される新しい契約は、21万ポンド(約3150万円)に増額されるようです。これに対して、キャリアのピークに近づいている26歳のMFは合意寸前と伝えられています。

「どこにも行くつもりはない。プロジェクトの一員として楽しんでいる。チームは正しい方向に進んでいると思うけど、それは重要なことだね。マンチェスター・シティ入団は正しい決断だった。家族もそう感じている。すべてがうまくいっているよ」。ペップの下で黄金時代を築こうとしているクラブに対して、ベルギー代表MFは満足の意を表しています。

公式戦24試合7ゴール13アシスト、プレミアリーグ18試合6ゴール8アシスト。チャンスメイク50回とスルーパス21本は、いずれも今季プレミアリーグNo.1。5連勝であっさりグループステージ突破を決めたチャンピオンズリーグでも1ゴール3アシストと結果を出しており、ペップ2年めの躍進を語るうえではデブライネの存在を外すことはできません。右サイドから縦に突破して繰り出す高速グラウンダー、3トップを一瞬でフリーにするスルーパス、ピンポイントでゴール前の味方に合わせるアーリークロスとすべてがワールドクラス。彼の最大のストロングポイントは、時間、空間、速度を一瞬で計算できることです。

守備陣が門を創っているのを見れば出すタイミングが図れるスルーパスに対して、GKとDFの数秒後のポジションまで読まなければならないアーリークロスを完璧に決めるのは、一段難易度が上がります。デブライネのキック1発で世界が変わるのを、何度目撃したことか。プレミアリーグ6ゴールのうち4発を左足で決めており、ピッチのどこにいてもクオリティが変わらないのも、他のプレーメイカーを凌駕するポイントです。

今までは4-2-3-1の2列めでプレイすることが多かった司令塔は、今季は4-3-3のインサイドMFに固定されています。今季になって大きく変わったのは、新しいポジションで守備における貢献度が高まったことと、積極的にシュートを打つようになったことです。プレミアリーグにおける枠内シュート23本は4位で、モラタ、ラカゼット、アレクシス・サンチェス、アザールを上回っています。2015年の夏に、マンチェスター・シティがヴォルフスブルクに払った5500万ポンド(約82億5000万円)は、相当安かったのではないでしょうか。以来2年半の在籍で、プレミアリーグ79試合19ゴール36アシスト。シュート、チャンスメイク、ラストパス、ディフェンスと貢献度絶大のMFがフルシーズン普通にプレイすれば、マンチェスター・シティは他の追随を許さず4年ぶりのプレミアリーグ制覇に辿り着くのではないかと思われます。

ポグバ抜きでダービーを戦ったチームのサポーターとしては、「次はそちらがデブライネ抜きで」と申し入れをしたくなりますが、それでもマン・シティは強いのでしょうね…。デブライネが牽引するチームがチャンピオンズリーグでどこまで上にいけるのかを見届けたいと思う一方で、デブライネがいないチームがライバルとどう戦うのかを観てみたい気分もあります。本日のカラバオカップ準々決勝、レスター戦は17番はお休み。延長戦を終えても決着はつかず、ただいまPK戦に突入しております。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ