ハリー・ケイン、エリクセン、デル・アリ。最高の時を迎えるスパーズトリオは、今季が見納めか…!

「国外に移籍するかという質問に、今ここでイエスやノーとはいえない。将来はどんなことも起こりうるし、誰にもわからないからね。今の自分は移籍を望んではいない。この先どこへも行かないとはいえないけれど、今はチームにとても満足している。未来はわからないよね」(ハリー・ケイン)
「バルセロナは偉大なクラブだ。彼らの誘いにノーといえる選手が多いとは思わない。僕の夢は最高のレベルでプレイすることで、2~3年後には叶うだろう。でも、頂点に届くチャンスがあればトッテナムに残るかもしれない」(クリスティアン・エリクセン)
「頂点からはそんなに離れてないと思う。あと1~2名必要かなとも思うけど」(デル・アリ)

プレミアリーグ7節のハダースフィールド戦ではDF陣を子ども扱いして2ゴール、イングランド代表では執念のボレーで決勝ゴール。2つの試合におけるスパーズのエースのゴールシーンを観ながら、私はSASと呼ばれた2人のストライカーを思い出していました。ルイス・スアレスとダニエル・スタリッジ。2013-14シーズンのプレミアリーグにおいて、ウルグアイ人のエースは33試合31ゴール、相棒のイングランド人は29試合21ゴールと猛威を振るったコンビです。このシーズンのリヴァプールは、前半戦を11勝3分5敗という微妙な戦績で折り返したのですが、年明けからの16試合で14勝2分と大ブレイク。この間のスアレスは11ゴール、負傷明けの1月12日のストーク戦から7戦連続でゴールを決めたスタリッジも11ゴールで、16試合中11試合が3ゴール以上という圧倒的な破壊力を誇っていました。

私は、この年は何としてもリヴァプールに優勝してほしかったのです。プレミアリーグ2013-14シーズンを制したマンチェスター・シティはレッズをひとつだけ上回る102ゴールを決めており、水色のユニフォームが最強だったという主張には異論はありません。しかし、最も心を動かされたのは間違いなくSASとスティーブン・ジェラードのチームであり、翌シーズンはこのユニットを観られなくなるであろうことをうすうす予感していました。シーズンが終わるとルイス・スアレスはバルセロナに移籍し、スタリッジは長く続く負傷との戦いを始め、1年後にはジェラードが移籍。SAS解散後のシーズンを6位で終えたリヴァプールは、2015-16シーズンも苦しいスタートとなり、10月にはブレンダン・ロジャース監督が解任となりました。

ハリー・ケインを観ながら彼らを思い出したのは、同じような気分に支配されたからです。エリクセン、デル・アリと組むプレミアリーグ最強のトリオには、ぜひトロフィーを手に入れてほしい。それ以外に、61000人を収容する新スタジアムで3人が揃ってプレイのを観るためのストーリーはないのではないかと怯えているのです。2016-17シーズンのプレミアリーグを2位で終えたポチェッティーノ監督のチームが、昨季よりもいいシーズンにしようと思えば目標は明確です。プレミアリーグと国内カップ制覇、そしてチャンピオンズリーグにおけるリベンジ。これらを達成するか、あるいはさらなる成長の手ごたえが感じられればワールドクラスの選手たちは残留するかもしれませんが、昨季より低いポジションでシーズンを終えれば、プレミアリーグのライバルクラブや国外からの誘いを真剣に検討するのではないかと思われます。

ましてや今季はワールドカップイヤーです。既に出場が決まっているハリー・ケインとデル・アリはチームの中心選手で、エリクセンのデンマークも1位通過の可能性を残しています。彼らが大舞台で活躍すれば、欧州の強豪クラブが手を差し伸べるでしょう。ミルトン・キーンズ・ドンズからデル・アリをスパーズに連れてきたロブ・シーガル氏は才能溢れる20番との契約を解消しており、ミーノ・ライオラやホルヘ・メンデスが接近中と報じられています。ハリー・ケインにはレアル・マドリードが2億ユーロ(約266億円)を用意しているという噂があり、イニエスタの後継者がほしいバルセロナがスパーズの天才プレーメイカーに目を向けるかもしれません。

ポチェッティーノ監督が指揮を執る素晴らしいチームで、今季プレミアリーグの16ゴール中13ゴールを決めている3人のコンビネーションを目に焼き付けておきたいと思っています。マンチェスター・ユナイテッドの優勝(あわよくばトレブル…!?)を願う私が、スパーズにタイトルを獲ってほしいなどというのは大いなる矛盾なのですが、彼らのプレイを観ている時間は、そんな気分に支配されるのです。八方美人で恐縮です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

国外移籍初めてのラカゼットが語る「不思議の国イギリス、恐るべしプレミアリーグ!」

新天地でステップアップをめざすロメウ・ルカクとアルバロ・モラタは、プレミアリーグ6試合で6ゴール。フランスから来たばかりのアレクサンドル・ラカゼットは同じ試合数で4ゴール。数字はたった2ゴールの差ですが、彼らのプレイを見ると、そのギャップはより大きく感じます。新しい環境を手の内に入れているように見える2人のストライカーに対して、ラカゼットは未だ手探り。消える時間が長く、リヨン時代には外さなかったようなチャンスを逃すシーンも目立ちます。

チームメイトからのボールを自身に集中させて、何年も前からマンチェスター・ユナイテッドにいたかのように振る舞っているのはロメウ・ルカク。今季プレミアリーグでビッグチャンスにおけるミスが5回とベンテケの次に多いのは、得点王争いのトップに立っている選手が気にするデータではないでしょう。プレミアリーグ経験が長く、指揮官を以前から知っており、親友ポグバというアドバイザーがいたことがロケットスタートを支えているのだと思います。同じく6ゴールのモラタは、ユヴェントス時代に異国でのプレイを経験していることと、クラブにスペイン人選手が多いことがプラス材料だったのではないでしょうか。半分の3ゴールは、同郷のアスピリクエタがお膳立てをしてくれています。

彼らに対してラカゼットは、これまでオリンピック・リヨンひと筋、プレミアリーグはもちろん初めて。同じくフランスしか知らなかった先輩オリヴィエ・ジルーが、デビューシーズンの初ゴールまで7試合、前半戦で6ゴールに終わったのと比べると充分いいスタートですが、本領発揮のハンコを捺すまでには時間が必要です。「BBC」の「マッチ・オブ・ザ・デイ」や「アーセナル・プレーヤー」で彼のコメントに触れる機会があったのですが、これが興味深く、「プレミアリーグが初めての選手のつまずきポイント集」とでもいうような”あるある”が満載でした。2大ポントは、「イギリス独特の環境」「プレミアリーグ特有のスタイル」です。まずは、彼の言葉を紹介させていただきます。

「ロンドンは好きだけど、天気がよくないね。今は英語のレッスンを受けているよ。中には、サッカー選手にはよくないからイギリスの食事は控えた方がいいという人もいる。いろいろ驚くことが多いね。早く適応しようとがんばっているところだ」
「フランスと大きく違うのは、フィジカルが重視されていること。スピードも試合展開も速く、息をつく暇もなければ次のことを考える時間もない」「主審のジャッジにもびっくりした。危険じゃないかと思ったけど、誰もショックを受けていない。これが当たり前なんだと自分に言い聞かせないとね」「最も大きな違いは、プレミアリーグには数多くの優秀なストライカーがいることだ。ハリー・ケイン、ルカク、アグエロ、ガブリエウ・ジェズス、モラタ、ヴァーディ…ここで得点王獲得に挑戦したいと思っている」

語学、食生活、天気はラテン系の国から来た選手がくじけやすい3大ハードル。レジェスやガブリエウ・パウリスタは、これらを乗り越えられないままにプレミアリーグを去りました。「とても楽しんでいるよ。素晴らしいスタッフが僕をサポートしてくれている。フランス人選手が数人いたから、なじむのはそれほど難しくなかった」と語るラカゼットは、おそらく大丈夫でしょう。今後、真っ先に実現したいのは、アレクシス・サンチェスやエジル、ジャカ、ラムジーとの連携です。今季しか見られないかもしれないアレクシス・サンチェス、エジルとの2-1がはまれば、アーセナルは大量得点を続ける怖ろしいチームになるかもしれません。

アレクシス・サンチェスとプレイしたかったのが、アーセナルを選んだ理由のひとつ。プレイにも心構えにも感銘を受けて、一緒にやりたいと思った。これから何年もそうあってほしいね」「グリーズマンは最高の友人だ。僕たちはとても仲がいい。グリージー、ラカズと呼び合っているんだ。グリージーがロンドンに来たら、アーセナルとサインするようにいっておくよ」…ゴールはもちろん、絶対的エースの残留と同郷のストライカーゲットに貢献してくれれば、「エージェントL」を獲得するために投じた4600万ポンドはとてつもなく安い…すみません。いい過ぎました。何しろ、明るくていいですね。アレクサンドル・ラカゼットには、早くプレミアリーグに慣れて素晴らしいゴールをたくさん見せてくださいね!と伝えたいと思います。いやー、今回は取りとめのない話で恐縮です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

メスト・エジルはアーセナルに残ってほしい…マンチェスター・ユナイテッド移籍報道に混乱中です!

この話に触れると、非常に複雑な気分になります。2週間前からしきりに報じられているアーセナルのメスト・エジルの去就に関する記事は、その多くが「レアル・マドリード時代にともに戦ったジョゼ・モウリーニョのチームへの入団を希望している」というものです。2015-16シーズンのプレミアリーグで19アシストを記録したプレーメイカーは、今季は低調なスタート。プレミアリーグ開幕から4試合に続けて先発したものの、チームは2勝2敗で、4-0で敗れたリヴァプール戦の試合後にはインスタグラムでサポーターに大敗を謝罪したことが話題になりました。その後、膝を痛めてチェルシー戦とブライトン戦を欠場。出場5試合でゴールもアシストもゼロは、彼らしいスタッツではありません。

そんななかで、ドイツとイギリスで一斉に報じられたのが、エジルがマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を希望しているというお話でした。その中身はメディアによってニュアンスが違い、「デイリー・ミラー」が本人が希望していると強調する一方で、「インディペンデント」はモウリーニョ監督がガナーズの司令塔の入団を強く確信していると主張。「本人が契約満了後にエミレーツに残る意欲を失っているため、残留交渉は行き詰まり、マンチェスター・ユナイテッドが契約を結ぼうと画策している」と獲得する側の熱意にフォーカスしています。この記事の見出しは、「Manchester United to make a move for Mesut Ozil this January as Arsenal contract talks continue to stall(アーセナルの交渉が停滞しているなか、マンチェスター・ユナイテッドはメスト・エジルを1月に移籍させようとしている)」。契約満了を待って移籍と伝えるメディアが大多数ですが、半年前倒しで動く可能性があると指摘する向きも出てきています。

冒頭に複雑な気分と書いたのは、アーセナルのチームカラーにフィットするエジルには今のクラブで長く活躍してほしいという願望があるのと、マンチェスター・ユナイテッドにドイツ代表の中心選手が来たためにあぶれる選手の行く末を憂えるからです。アーセナルは、エジルが普通にプレイしているだけで相当強いチームだと思っています。彼がクリスマスまでに18アシストを積み上げて1月17日まで首位だった2015-16シーズンと、「ゼロトップ戦術の隠れストライカー」として最前線に積極的に飛び出し、チームを14戦無敗に導いた昨季プレミアリーグの前半戦は見事でした。「走らない」「守備しない」という評価がありますが、前者は11番がしばしばチームNo.1レベルの走行距離を示すのを見れば誤りとわかり、後者については映像を見れば「エジルが消えるメカニズム」は、守備に忙殺されて前に出られなくなることなのだと理解できるはずです。

これだけの選手がマンチェスター・ユナイテッドに来るとなれば、サポーターとしては諸手を挙げて歓迎すべきなのかもしれませんが、われわれにはムヒタリアンとマタがいます。プレミアリーグにすっかり慣れたムヒタリアンは、ここまで5アシストと6本のスルーパスという秀逸な数字を残しており、いずれもリーグ2位。エジルが19アシストを記録したシーズンに、公式戦52試合23ゴール32アシストというとてつもない数字を残したアタッカーは、今やなくてはならない存在です。彼とエジルが共存できるとすれば、あぶれるのはマタでしょう。前線への飛び出し、効果的なプレス、違いを創るサイドチェンジでアタックを活性化してくれている8番が、再度ベンチ行きを命じられる姿を見るのはしのびなく、ワールドクラスのプレーメイカーの降臨を手離しでは喜べません。

今季のチームに絶望したのか、クラブOBの批判にロイヤリティを削られたのか、あるいは自らを変える機会がほしいのか。7月には週給28万ポンド(約4060万円)で契約延長と伝えられたエジルが翻意したのだとすれば、その理由が気になります。ヴェンゲル監督が、アレクシス・サンチェスとエジルの売却益を放棄するリスクをとったのは、ビッグタイトルを獲るためでしょう。指揮官と経営陣は、クラブがトロフィーを狙えるポテンシャルがあるのをあらためて示すことと希望通りのサラリーで、早期にエジルとの新契約締結に漕ぎ付けるというシナリオを描いていたはずです。われわれから見えない場所で何が起きているのかは想像するしかありませんが、毎年恒例の秋の快進撃でエジルの納得感を得て、クラブに骨を埋めると宣言するぐらいの契約を結んでいただければと思います。彼が来るとなればもちろん応援しますが、ムヒタリアンとマタが好きなサポーターとしては、気持ちの切り替えに相当の時間がかかるのは間違いありません。…こんな報道があること自体が、何ともいえず複雑です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

新戦力も絶対的エースも揃ってゴール量産!今季のプレミアリーグは得点王争いも激戦必至!

スパーズサポーターのみなさん、すみません。プレミアリーグらしいエキサイティングな展開だったウェストハムとのロンドンダービーは、リアルタイムで観ていたのですが、何しろ土曜日に試合が立て込んでいたもので観戦レポートに仕立てられませんでした。チャンピオンズリーグに5クラブが出場している今季は、これからも土曜夜の渋滞が頻繁に起こるのでしょう。ナイスゲームが続けば、1日3試合書きたくなることもあるのだろうなと覚悟して、週末も山積みの仕事をどう整理するかに頭を悩ませている次第であります。

ロンドンスタジアムのゲームは、0-3から同点寸前まで追い上げた終盤のハマーズのアタックが試合を盛り上げてくれたのですが、私のテンションが最も上がったのは「あの3人」で決めた前半の2ゴールでした。中央にいたエリクセンのスルーパスでデル・アリが右サイドを崩し、正確なクロスをハリー・ケインが頭でズドン。エリクセンの浮き球を受けたフェルトンゲンが、左からラインの裏を狙ったデル・アリにラストパスを通し、シュートはジョー・ハートに阻まれるもののフォローしたハリー・ケインが左足で流し込んで0-2。天才エリクセンのパスセンス、デル・アリの打開力、ハリー・ケインの決定力が十全に活かされた2発でした。例年通り8月はノーゴールだった昨季プレミアリーグ得点王は、4節のエヴァートン戦でも2発決めており、6試合4ゴールとエンジンがかかってまいりました。

ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」の最新のオッズでは、ハリー・ケインには4倍のオッズがついており、3.75倍のロメウ・ルカクに次いで2位。しかし、現在のランキングでは、4ゴールを挙げていながらも6位となっています。上を見ると、ルカク、アグエロ、モラタが6戦6発でTOP。レスター戦以外のすべてのゲームでゴールを決めているルカクに対して、ワトフォード戦でハットトリックを達成したアグエロは直近3戦で5ゴール。最初の3つはヘディングだったモラタは、ストーク戦で技術の確かさを見せつけ、こちらもハットトリックを記録しています。

さらにその下には、スタメン3試合ながら5戦5ゴールのラヒム・スターリングと、レスターの絶対的エース、ジェイミー・ヴァーディが控えています。スターリングは、ガブリエウ・ジェズスやレロイ・サネ、ベルナルド・シウヴァと厳しいレギュラー争いを繰り広げながらも、エヴァートン戦では残り10分を切ったところで同点ゴール、ボーンマス戦ではラストプレーで決勝ゴール(&レッドカード…)と貴重なゴールを連発。ヴァーディーと岡崎慎司の2トップが8ゴールを決めているレスターが、1勝1分4敗でプレミアリーグ17位とはびっくりです。

ハリー・ケインと同じ4ゴールを挙げているのは、夏にリバプールに移籍したばかりのモハメド・サラーと、1月入団の最初のシーズンで10試合7ゴールと実力を見せつけた驚異の20歳FWガブリエウ・ジェズス。先ほど終わったばかりのWBA戦で2発ゲットしたアレクサンドル・ラカゼットも、ノースロンドンのライバルクラブのエースと肩を並べました。プレミアリーグデビューのストライカーが、ここまで揃って結果を出しているシーズンも珍しいのではないでしょうか。モラタがフィットするのに時間がかかるのではないかと考え、チェルシーの順位予想を下げた私は、既に震えております。

得点王レースの結果を占うのは時期尚早ですので、しばらくは素晴らしいストライカーたちのゴールシーンを堪能することといたしましょう。クリスティアン・ベンテケ、サロモン・ロンドン、アレクシス・サンチェス、アンディ・キャロルら出遅れ組の巻き返しにも期待しつつ。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ