残留当確はハリー・ケインのみ!? 移籍の噂が絶えないプレミアリーグのストライカーたち

ルカク、ハリー・ケイン、アレクシス・サンチェス、ジエゴ・コスタ、イブラヒモヴィッチ、アグエロ。今季プレミアリーグのゴールランキングを見ると、17ゴール以上の6人は、すべてTOP7のエースです。上位にストライカーが顔を出していないのは、どこからでもゴールを奪えるリヴァプール(プレミアリーグ最多得点!)のみ。開幕前、ティエリ・アンリが「シーズン20ゴールを決めるストライカーがいなければ、アーセナルは優勝できない」と語っておりましたが、これに反応するかのように、各クラブのエースストライカーはゴールを積み上げています。

それぞれの足跡を追うと、「前半戦で荒稼ぎ組」「後半追い上げ組」の2つに分かれます。ここぞというシーンでゴールを決め、チェルシーの13連勝の原動力となったジエゴ・コスタは、前半戦の12ゴールに対して年明けは5ゴールとトーンダウン。意地の悪いメディアは「中国への移籍話が出てから決められなくなった」と指摘しています。同様に12対5のズラタンは、肘打ちによろ出場停止と、ヨーロッパリーグやFAカップが重なる厳しいスケジュールがおとなしめになった理由でしょう。12対7のアレクシス・サンチェスは、ズラタンやジエゴ・コスタと比べると失速感はありませんが、後半戦で彼がゴールを決められなかった試合のガナーズは2勝1分4敗です。エジルやコクランの不振、不安定な最終ラインなど、アーセナルの停滞はいくつかの要因が重なっているものと思われますが、ウェルベックの復帰以降、7番を最前線に配するゼロトップを採用しなくなったことも一因となっているのかもしれません。

2016年に13戦10ゴール、2017年は13戦7ゴールのセルヒオ・アグエロもやや前半寄りですが、こちらはご本人の問題よりも、ガブリエウ・ジェズスの台頭によって途中出場が続いた時期があったのが最大の理由です。直近のプレミアリーグで5戦連続ゴールと、現在はトップフォームを取り戻しており、最終的には負傷や出場停止がなかった年明けのほうがゴールが多いという結果に終わる可能性は充分です。マンチェスター・シティが4位以内をキープできるかどうかは、エースのゴール量産にかかっているといっても過言ではないでしょう。

一方、後半戦で切れ味を増したのは、14試合14ゴールで初のプレミアリーグ得点王に近づいているロメウ・ルカクと、2度のハットトリックを決めて10試合10ゴールと既に前半戦のゴール数に追いついているハリー・ケインです。昨季は11位に沈んだエヴァートンの復活と、チェルシーとの差を4まで詰めたトッテナムの躍進は、ストライカーの活躍を抜きには語れません。

さて、華々しい活躍を見せているプレミアリーグのストライカーたちですが、来季も同じユニフォームを着ていると当確印を捺せそうなのは、ハリー・ケインだけのようです。ロメウ・ルカクは、エヴァートンに契約延長はしないと既に伝えており、チャンピオンズリーグに出場できるクラブへの移籍を志願しています。地元メディア「リヴァプール・エコー」は、エヴァートンがエースの移籍金を1億ポンド(約137億円)に設定したと伝えていますが、本人にチームに残る意志がないとなると、さほど強気な交渉はできないのではないでしょうか。本命は古巣チェルシー、対抗マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードやユヴェントスが動く可能性も取り沙汰されています。

チェルシーといえば、エデン・アザールがレアル・マドリードと個人合意と伝えられた直後に、モラタの移籍合意を取りつけたと報じられました。この時期の移籍関連ニュースは話半分に聞いておいたほうがよさそうではあるものの、2つの話には記者の作文と切り捨てられないリアリティがあります。さらに一昨日、「エクスプレス」が「チェルシーはモラタ獲得を条件にジエゴ・コスタの中国行きを容認」と報道。一連の話は、経済的なプラスマイナスとしては充分に成立します。コンテ監督は、モラタ、ルカク、ペドロの3トップ、あるいはヴィクター・モーゼスを前に加えた4-2-4などで就任後初のチャンピオンズリーグを戦うのでしょうか。昨夏は新監督の満足を得られる補強ができなかったチェルシーは、欧州復帰に向けて選手層を厚くしてくるはずです。

以前から去就が注目されているアレクシス・サンチェスは、マンチェスター・シティが5500万ポンド(約74億9000万円)でオファーしたといわれています。アーセナルはプレミアリーグのライバルからのアプローチを拒否して、エースに年間20億円を超えるサラリーを提示したと報じられています。7番がどちらに傾くかは、来季のチャンピオンズリーグ出場権の行方や、アーセナルの体制によって決まりそうです。おそらくアグエロはマン・シティに残るものと思われますが、クラブの若返り策次第で移籍に転じる可能性はないとはいえません。LAギャラクシー移籍が決まったという記事まで出ているズラタンともども、動向が注目されます。

毎年、この季節は移籍ゴシップが徐々に熱くなるものですが、今年はエースストライカーに関する話が早くから語られているのが特徴です。ストライカーといえば、あまり話題になっていないウェイン・ルーニーは、サポーターに新たなゴールシーンを見せられずにクラブに別れを告げるのでしょうか。ズラタンもさることながら、マンチェスター・ユナイテッドの黄金時代を築いてきた10番の決断がより気になっているのですが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジョン・テリー、チェルシー退団!キャリックとヤヤ・トゥレはどうする!?

昨年の2月、クラブを離れることを決意してメッセージまで発信しながら翻意した生え抜きのCBは、今度こそ22年過ごしたクラブに別れを告げるようです。昨日、チェルシーがジョン・テリーが今季限りで退団すると発表しました。公式戦713試合66ゴール、プレミアリーグ優勝4回、FAカップ制覇5回。2011-12シーズンにチェルシーがチャンピオンズリーグを制した際に、バルセロナとの準決勝セカンドレグでレッドカードをもらってしまい、ファイナルに出られなかったことが最大の心残りでしょうか。「現役にこだわりたい」と語るテリーは、クラブの公式サイトにこんなメッセージを残しています。

「クラブとは素晴らしい関係を築けていた。引退してからもこの関係は続くだろう。前向きに話し続けてきたが、ここでクラブから離れるのが適切だという結論に至った。身の振り方については常に考えてきたけど、自分にとってもクラブにとっても今がベストだと思う」

キャプテンとして578試合に出場し、プレミアリーグ40ゴールはDFとして歴代最多。イングランド代表選手として78試合を戦い、2006年のワールドカップドイツ大会ではサッカーの母国をベスト8に導いた勇敢なCBは、プレミアリーグを離れるでしょう。数少なくなったキャプテンシーを備えた選手が、またひとり、イングランドから消えていきます。しかしながら、今シーズンの終わりにわれわれファンを寂しい気分にさせるのは、チェルシーのCBだけではないかもしれません。マンチェスター・ユナイテッドで11シーズンを過ごした35歳のマイケル・キャリックと、マンチェスター・シティの黄金時代を築いたヤヤ・トゥレも、シーズン後に去就が話題になるものと思われます。

2006年にトッテナムから移籍したキャリックは、赤いユニフォームを身に纏って306試合のプレミアリーグに出場し、5回の優勝に貢献。2007-08シーズンにチェルシーと戦ったチャンピオンズリーグ決勝では、テリーが外したPK戦で2番めのキッカーとしてネットを揺らし、ビッグイヤーを獲得しています。今季出場したプレミアリーグ15試合を8勝7分と無敗で過ごしているセントラルMFは、マンチェスター・ユナイテッドとの契約満了が近づくにつれ、現地メディアの見出しを飾る機会が増えています。

「BBC」が発行している「マッチ・オブ・ザ・デイ・マガジン」のインタビューでは、子どもの頃からファンだったニューカッスルへの移籍を否定。「こんなに長くマンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着られるのは幸運なことだと気づいた。イングランドの他のクラブでプレイすることはない」と、夏以降の人生のチョイスは引退か国外移籍の二択であることを表明しています。経験豊富なベテラン選手を頼りにするモウリーニョ監督は、もう1年キャリックを残すのか、あるいはエレーラや新戦力を後釜に据えるのか。サポーターとしては走れる限りは残ってほしい選手ですが、自身4度めのプレミアリーグ優勝をめざす名将はドライな判断を下すかもしれません。

5月に34歳になるヤヤ・トゥレは、代理人とペップ・グアルディオラ監督のトラブルによって最初の3ヵ月を棒に振りましたが、今季初戦となった11月19日のクリスタル・パレス戦でいきなり2ゴール。新監督の信頼を得てプレミアリーグ19試合に出場したセントラルMFは、全盛期の得点力こそ衰えたものの、まだまだやれることを証明しています。とはいえ、「遅れてきたビッグクラブ」に2度のプレミアリーグ制覇をもたらしたベテランが、来季も水色のシャツを着るかは微妙です。主力に30代の選手を12人も抱えるペップが一気に若返りを図れば、ヤヤ・トゥレは国外に居場所を求めることになります。

テリーのチャンスは残り6試合。トッテナムと優勝を争うなか、ベテランCBに出番はあるでしょうか。4月27日の直接対決は、キャリックとヤヤにとって、「最後のマンチェスターダービー」となるのでしょうか。プレミアリーグを盛り上げてくれたベテランが出場機会を得たときは、最後となるかもしれないそのプレイを脳裏に焼き付けておきたいと思います。(ジョン・テリー 写真著作者/CFCUnofficial (Chelsea Debs))


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「僕の仕事はアシスト」と語るポール・ポグバ。1年めの数字は納得?足りない?

ヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦を前に、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバが記者会見に臨みました。「既に2つのトロフィー(コミュニティシールドとEFLカップ)を獲得したけど、僕たちは常に上を見ている」「ヨーロッパリーグ制覇とプレミアリーグのTOP4入りをめざしている。チームも自分も好調だ」と語ったセントラルMFは、周囲からの期待や批判に対して異議を唱えました。「あまりゴールを決めていないという見方をされているみたいだけど、ゴールを期待されるのは移籍金が法外だったからだろう。でも僕の仕事はMFで、ゴールをアシストすることだ」。

9200万ポンド(当時のレートで約130億円)といわれた移籍金を忘れてほしいと願う彼の言い分もわからなくはないものの、われわれマンチェスター・ユナイテッドサポーターは、プレミアリーグ8位の46ゴールという数字に満足していないのです。15位のボーンマスとひとつしか差がない得点力では、優勝は望むべくもありません。いや、もちろんポグバひとりの責任ではないのですが、類まれなるボールタッチの巧みさと正確なキック、フィジカルの強さを備えたセントラルMFは、もっとやれたはずです。ここからは、今季のポグバについて、他クラブの中盤の選手と比べながらチームへの貢献度を測ってみたいと思います。

まずはポグバの主張を尊重して、いいとこ探しをしてみましょう。最も秀でた数字はパス本数です。プレミアリーグTOPに立つリヴァプールの主将ジョーダン・ヘンダーソンの2057本に次ぐ2010本は、堂々の2位。ただつなぐだけでなく、逆サイドにいるバレンシアやリンガードにピタリと合わせるロングフィードや、ズラタンを走らせる浮き球はリーグ屈指の正確さです。前線の選手を一瞬でフリーにするスルーパスも秀逸で、アレクシス・サンチェスの39本に次ぐ26本は、こちらも2位。ボールタッチ数2625回はジェームズ・ミルナーの2758回を追っており、すべて2位なのは気になるものの、24歳のMFがマンチェスター・ユナイテッドの攻守をつなぐ重要な役割を果たしているのは間違いありません。

一方で、もの足りなさを感じるのは、守備とフィニッシュです。タックル数が多いセントラルMFを順に並べると、グイェ、カンテ、ロメウ、ヘンダーソン、ジョー・アレン、ドリンクウォーター、ヤコブ、ワニャマ。中盤の底を掃除するタイプが多く、彼らの上にいけとはいいませんが、同僚のエレーラやデンベレ、キャバイェを下回るMF部門の34位は貢献度が高いとはいえません。アンデル・エレーラはインターセプト71回でクヤテと並んで全体の4位、MFではTOPなのですが、ポグバは31本で中盤の選手の36位。出場試合数が半分のキャリックと同じ数字に留まっており、守備面ではピックアップできるほどの数字を残していません。

こうなると、攻撃における数字に期待してしまいますが、27試合で4ゴール3アシストは、やはり足りないといわざるをえません。より前でプレイするデル・アリの16ゴールに並ぶのは難しいとしても、ほぼ同じポジションのワイナルドゥムは6ゴール6アシスト。ジョー・アレンも6ゴールを挙げており、セスク・ファブレガスは先発出場9試合ながら7アシストです。運動量が豊富なワイナルドゥムがしばしばボックス内に顔を出すのに対して、ポグバのシュートはバイタルエリアからのミドルとセットピースが多く、プレミアリーグ最多ゴールのリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドが攻撃の厚みにおいて差があるのは、試合を観続けているとわかります。クロスの本数38本はセントラルMFのなかでも少なく、プレミアリーグ8試合出場でシーズンを終えたサンティ・カソルラを下回っています。

…わかります。数字では表せない仕事があるのはわかります。しかし、ポグバには数字でも凄いMFだといわれてほしい。「僕の仕事はチームを助けること」などといわず、ジェラードやランパードのようになってほしいのです。自分はアシストといいながらも、エリクセン、シグルズソンに次ぐMF3位の88本のシュートを打っているではありませんか。フィニッシュの精度は、来季に向けた課題のひとつです。ポグバがプレミアリーグ2位につけている、4つめの数字を紹介しましょう。「Hit Woodwork」、すなわちクロスバーやポストにはね返されたシュート数です。TOPはデブライネの8本、ポグバは6本。これらを決め、ゴール数を2ケタに乗せていれば、決めていないと指摘したみなさんの評価は変わっていたはずです。115本のシュートを放ち17ゴールを決めている兄貴のズラタンは決定率15%、ポグバは5%。マン・ユナイテッドのエースがポストに嫌われたシュートは1本だけです。

ヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦で、83分にズラタンの完璧なパスをもらいながらGKルベンにぶつけてしまったシュートは、その直後に同点ゴールを決められるという最悪の展開を呼び、高くつく失敗でした。マンチェスター・ユナイテッドがベスト4にも届かずに敗退となれば、サポーターのなかには「あれを決めていれば…」という悔しさが残るでしょう。とはいえポグバは、苦しいシーズンを過ごしたチームのなかで、よくやってくれていると思います。しかし、ポテンシャルの高さを考えればまだまだ足りないとも思うのです。明日のチェルシー戦と、木曜日のアンデルレヒトとのセカンドレグでは、直接ゴールに絡む活躍を期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

得点王か、スパーズのエースか、チェルシーの2人か…PFAが最優秀選手&若手選手の候補10人を発表!

早いもので、今年もこのイベントの季節になりました。プレミアリーグファンならついつい議論に熱がこもってしまう、プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション(PFA)の最優秀選手賞です。プレミアリーグに所属する選手の投票で決まるこの賞について、2004-05シーズンに受賞したジョン・テリーは「最高のリスペクト」と喜びを表現。昨季はレスターのサイドMFリヤド・マフレズが選ばれており、PFAアワードにおける表彰式で見せた笑顔が印象的でした。さて、今季は誰が極上の栄誉に輝くのでしょうか。「Men’s PFA Players’ Player of the Year 2017」にノミネートされた選手は6人、「Young Player of the Year」が6人。それぞれの候補選手の顔ぶれを紹介させていただきます。

まずは、全体と若手のダブルでノミネートされている2人からいきましょう。23ゴールでプレミアリーグ得点王レースのTOPを走るエヴァートンのロメウ・ルカクと、19ゴールを挙げて2位につけているトッテナムのハリー・ケインの23歳コンビです。サンダーランド戦でハットトリック、ボーンマス戦では4発と勢いに乗せると手がつけられなくなるルカクを、PKで4ゴールを稼いでいるハリー・ケインより上とする向きもありますが、2度の負傷で8試合に欠場しながらスパーズの2位浮上に貢献したエースも捨てがたいものがあります。両者とも、3試合以上ゴールなしは1回のみ。ゴール数で劣るハリー・ケインですが、決めた試合は10勝1分と貢献度は絶大です。彼らのどちらが…いや、すみません、勇み足でした。本命は、優勝に向かって突き進んでいるチェルシーの2人でしょう。エデン・アザールと、エンゴロ・カンテ。どちらも、今季のブルーズを語るうえで欠かせない選手です。

プレミアリーグ29試合14ゴール5アシストのアザールに対して、ボーンマス戦以外の30試合で中盤をカバーしているカンテは、タックル数105でエヴァートンのグイェに次ぐ2位、パス本数1840本はヘンダーソン、ポグバ、アスピリクエタに続く4位。持ち味が違う異種格闘技戦は、TOP7相手に7ゴールと大試合に強い10番が有利に見えます。昨季のレスターに続いて2シーズン連続となるプレミアリーグ制覇に手が届きそうなセントラルMFは、ルカク、ハリー・ケイン、アザールといった華やかなアタッカーたち以上に、ライバル選手たちのリスペクトを集めることができるでしょうか。27試合17ゴールとプレミアリーグでも結果を出したズラタン・イブラヒモヴィッチと、30試合18ゴールのアレクシス・サンチェスもノミネートされていますが、ゴール数で勝る2人と、優勝にリーチをかけているチームの2人には及ばないでしょう。青と白のチームなら、誰が獲っても納得ですが、ドリブルに凄みを増したエデン・アザールが選ばれるのではないかと予想します。

前の選手ばかりの最優秀選手に対して、若手のほうはGKとDFのノミネートもあり、よりテンションが上がります。ルカクとハリー・ケインはこちらでも有力候補ですが、本命は30試合16ゴール5アシストのデル・アリではないでしょうか。ハリー・ケイン不在の試合で4ゴールを挙げ、ソン・フンミンとともにしっかり穴を埋めた20歳のMFが、最優秀選手候補になっていないのは不思議です。1月以降のプレミアリーグで、10試合連続先発出場のレロイ・サネも素晴らしいのですが、活躍が後半に偏っているのは割引材料でしょう。サンダーランドの守護神ジョーダン・ピックフォードがここにいるのは納得ですが、バーンリーで全試合フルタイム出場のマイケル・キーンはちょっとしたサプライズでした。イングランド代表にも選ばれた元マンチェスター・ユナイテッドの24歳CBは、出場機会を求めた移籍が大成功。ポール・ポグバのように、古巣からラブコールがあるかもしれません。

過去、PFA最優秀選手の複数回受賞は、マーク・ヒューズ、アラン・シアラー、ティエリ・アンリ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルの5人のみ。若手部門ではロビー・ファウラー、ライアン・ギグス、ウェイン・ルーニーが2年連続の2回めを達成しています。アザールが獲れば2回め、デル・アリかハリー・ケインが若手で選ばれればこちらも2回め。ルカクかハリー・ケインが最優秀選手と若手の同年ダブル受賞となれば、2006-07シーズンのクリスティアーノ・ロナウド、2012-13シーズンのガレス・ベイルに続く栄誉となります。44回めとなる表彰の結果は、4月23日にロンドンのグロヴナー・ハウスで発表されます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ