もっと決められるはず!プレミアリーグ得点王を争う3人のアタッカーを徹底比較!

ディスりたいわけではありません。期待の現われです。プレミアリーグの得点王争いのお話ですが、現在ランキングのTOP3を占めているオーバメヤン、ハリー・ケイン、サラーは、もっと決められるのではないでしょうか。1月にアーセナルに入団して以来、プレミアリーグ32試合23ゴール7アシストのオーバメヤンは、ドルトムントでは1試合1ゴールに近いペースで量産していたストライカー。4年連続で20ゴール超えのハリー・ケインは、直近2シーズンのプレミアリーグでは67試合59ゴールという出色の数字を残しています。昨年の夏にレッズの一員となったモー・サラーは、36試合32ゴールで得点王に輝いており、新シーズンはワントップで戦う機会が増えています。この3人なら、前半戦の終わりには15ゴール以上でTOPを争っていてもおかしくありません。それぞれのスタッツをチェックして、「不振(?)の理由」を挙げてみましょう。

3人とも19試合すべてに出場しており、オーバメヤンが13発、昨季の得点王を争った30ゴールコンビは12発。シュート数を見てみると、サラーが65本でミトロヴィッチに次ぐ2位、ハリー・ケインが63本で3位につけているのに対して、オーバメヤンは47本で8位です。1試合あたりに置き換えると、サラーは3.4本で3位、ハリー・ケインは3.3本で4位。スパーズのエースは、2017-18シーズンは1試合あたり5.0本でダントツのリーグ1位に輝いており、2位だったサラーも4.0本でした。この2人がペースダウンしたのは、シュートの本数が減ったことに起因しているようですが、今季のオーバメヤンは2.5本で12位。オンターゲットを見ると、ハリー・ケインとサラーが31本で1位に並んでおり、オーバメヤンは22本で6位と、ポグバやアザールよりも低い数字に留まっています。

もうひとつ、気になるスタッツを見てみましょう。ビッグチャンスでミスした回数は、オーバメヤンが11本でカラム・ウィルソンに1本差の2位。昨季は1位だったサラーは10本で3位、ハリー・ケインは8本で7位です。シーズン序盤にらしくないミスが多かったオーバメヤンは、うっかり外してしまったシーンで決めていれば、ドイツでの最後の1年半と同じペースをキープしていた可能性があり、レッズのエースとスパーズの主将はチャンス自体が減っているのだと思われます。

それぞれのペースが緩やかになっている理由は、三者三様なのではないでしょうか。マークが厳しくなったサラー。下がってプレイする機会が増えたハリー・ケイン。サイドにいることが多かったオーバメヤン。サラーの顕著な変化は、中央に斬り込んで放つコントロールショットが警戒されていることと、カウンター対策によって縦1本で決めるシーンが減っていることです。ハリー・ケインにとっては、ソン・フンミンの出遅れとデル・アリの負傷が大きかったのではないでしょうか。ターゲットが彼だけになったために、前線に張っていてもボールが来なくなり、中盤に下がって味方を活かすプレイが目立つようになりました。昨季は37試合で2アシスト&ビッグチャンスクリエイト5回だった10番は、19試合終了時点で3アシストと5つのビッグチャンスクリエイトを記録しています。ソン・フンミンがゴールの感覚を取り戻し、マークが分散するようになった今、ようやく量産体制が整ったということなのかもしれません。

ラカゼットとの併用の際には左サイドを担うことが多かったオーバメヤンは、鋭い嗅覚は相変わらずで、右サイドからクロスが上がるときは、常に最適なポジションに入ってきています。味方からのパスがなかなか出て来ず、消える時間が長いのが目下の課題。オーバメヤンに対するアシストが最も多いのはラムジーとラカゼットで、それぞれ3つずつを叩き出しています。サブにまわっているラムジーの出番が増え、ワントップとその下でコンビを組めれば、シュートとゴールにまつわるすべての指標が上がるはずです。

最初の8試合で3ゴールだったサラーは、直近8試合で7発とアクセル全開。主力がトップフォームに入りつつあるスパーズで、ハリー・ケインはよりゴールに集中できるようになるでしょう。エジル、ラムジーらパサーたちがいいときのプレイを取り戻せば、オーバメヤンもラッシュ間違いなし。プレミアリーグの優勝争いもさることながら、素晴らしいアタッカーたちのデッドヒートを堪能させていただければと思います。得点王予想は1点、プレミアリーグで最もゴールセンスがある男、ピエール・エメリク・オーバメヤンです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

興味深いデータ満載!現地メディアの「ボール扱いに長けたCBランキング」がおもしろい!

上位4人がすべてプレミアリーグ所属選手と手前味噌な感はあるのですが、取り上げられている数字がおもしろかったので、紹介させていただこうと思います。イギリスのフットボール専門メディア「Squawka」が選んだ「Ranked: the 10 best ball-playing centre-backs in Europe right now(今まさに、欧州でボール扱いに長けたCBランキングベスト10)」。クリス・スミス記者は、10位にドルトムントの新鋭アカンジ、9位ボヌッチ、8位にマン・シティのジョン・ストーンズを選出しています。ペップの指導でひと皮剥けた24歳のイングランド代表は、昨季のプレミアリーグが始まって以来、リーグ最高となるパス成功率95.3%を記録。エヴァートン時代に多かったケアレスミスは減り、リオ・ファーディナンドのように攻守に貢献度の高いCBになりつつあります。

7位がレアル・マドリードのセルヒオ・ラモス、6位はナポリのカリドゥ・クリバリ。5位にバルサのジェラール・ピケの名前があり、ここからの4人は全員プレミアリーグのCBです。4位に選ばれたのは、スパーズのトビー・アルデルヴァイレルト。2017-18シーズンはハムストリングを痛め、プレミアリーグ出場14試合に留まったベルギー代表のベテランCBは、新シーズンは既に15試合に先発しています。フェルトンゲンやダヴィンソン・サンチェスの不在を忘れさせるプレイを続けるCBの特筆すべき数字は、ロングフィードの本数です。90分あたりの成功数8.3は今季プレミアリーグNo.1。ファイナルサードに124本を届けており、サイドアタックや中央突破が決まらないときの打開策として機能しています。

3位に指名されたのは、チェルシーの最終ラインを統率するダヴィド・ルイスです。コンテ監督の3バックで中心選手として活躍したものの、4バックでは軽い守備が不安という声もあったCBですが、サッリ戦術を見事に消化してリュディガーとともにブルーズの守備を支えています。ロングフィード103本はリーグ3位、ファイナルサードに通したボールはアルデルヴァイレルトを上回る139本。序盤戦を盛り上げたサッリのポゼッションサッカーは、彼の好配球や迫力ある攻め上がりを抜きには語れません。

2位に入ったのは、マンチェスター・シティのアイメリク・ラポルテ。1月にアスレティック・ビルバオから加わったばかりの24歳は、2018-19シーズンはオタメンディをベンチに追いやりレギュラーをキープしています。プレミアリーグにおけるパスの総数1561本は、チェルシーのジョルジーニョを抑えてTOP。90分あたりのパス成功数84本はジョルジーニョに次ぐ数字です。ペップの信頼は絶大で、今季のスタメン選びは「ラポルテの相棒を誰にするか」になっています。ワールドカップではディディエ・デシャンに選ばれなかったCBは、いずれポジションを確保するのではないでしょうか。

ここまで読めば、「Squawka」の記者が激賞する1位の顔が浮かんできます。リヴァプールの守備を劇的に変えたヴィルジル・ファン・ダイク。セインツから移籍した際にレッズが支払った7500万ポンドは、現在もDFとしてはプレミアリーグ史上最高額です。アンフィールドに降臨して以来、2216本のパスを通したオランダ代表を超えるのは、2262本のグラニト・ジャカのみ。デュエルと空中戦で無類の強さを発揮している屈強なCBは、出場したプレミアリーグ17試合のうち9試合でパス成功率90%以上を記録しています。

クリス・スミス記者は「ヨーロッパで最もオールラウンドなCBであるという議論が加速しており、多くの人が彼の弱点を突き止めるのに苦労している。彼が欧州で最高の”ball-playing defender”であることを否定するのは難しいだろう」と手離しで称賛。獰猛なオーバーラップが脅威のクリバリの順位が低すぎるランキングという感はあるものの、ファン・ダイクが欧州トップクラスであるという評価に異議を唱える人は少ないでしょう。「ボール扱いに長けたCB」というテーマが斬新でおもしろかったので、紹介させていただきました。ビッグ6のゲームを観戦する際には、CBのテクニックやパスのクオリティに注目してみるのも楽しいのではないでしょうか。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

躍進のCB、激痛のリタイア…ホールディング&ジョー・ゴメスの早い復帰を祈っています。

担架で運ばれた2人は、最近の私のお気に入りでした。リヴァプールのジョー・ゴメスと、アーセナルのロブ・ホールディング。ミッドウィークに開催されたプレミアリーグ15節で、先にピッチに転倒したのはレッズの21歳でした。現地時間12月4日20時過ぎ、試合の経過時間でいえば前半20分。右に開いたヘンダーソンが縦に出したロングフィードを追いかけたジョー・ゴメスは、スライディングで先に触ったベン・ミーに足を挟まれ、ゴールラインの外に放り出されました。左足を動かせない12番。すぐに戻ってこられないトラブルが発生したのは明らかでした。試合後、骨折が判明したジョー・ゴメスは、マン・ユナイテッドやアーセナルと戦うプレミアリーグ、チャンピオンズリーグのナポリとの決戦、FAカップのウルヴス戦が次々と行われる大事な時期に、6週間の離脱を強いられることになりました。

その30分後、マンチェスター・ユナイテッドVSアーセナルが行われていたオールド・トラフォードで、レッズのCBよりも格段に厳しいアクシデントが起こりました。前半31分、ベルント・レノのスローを受けて左サイドを上がったホールディングは、ラシュフォードの激しいチャージを受けて尻もちをつきました。マン・ユナイテッドの10番はかかとでボールを触っており、よくある奪い合いにしか見えなかったのですが、23歳のCBが倒れた際の左足の着き方が悪かったようです。タッチラインの外で倒れたままのホールディングは、駆けつけたメディカルスタッフに左足を指差して説明しています。こちらも立ち上がることはできず、4分後にリヒトシュタイナーとの交代がアナウンスされました。発表された診断結果は、想像しうる限り最悪でした。前十字靭帯断裂、全治9ヵ月。プレミアリーグ2018-19シーズンで、安定感を増した若きCBのプレイを見ることはないでしょう。

3日経った今、ゲームの映像をあらためて見ると、胸が痛みます。ジョー・ゴメスは、2015年9月に行われたイングランドU-21代表のゲームで今回のホールディングと同じトラブルに見舞われ、シーズンを棒に振ると、さらにアキレス腱まで痛めて復帰まで2年という長いブランクを余儀なくされました。2017-18シーズンにピッチに戻り、プレミアリーグ23試合に出場。ファン・ダイクとの出会いで成長を遂げた今季は、堅守の最終ラインになくてはならない存在でした。軽い骨折で6週間と聞いてがっかりはしたものの、今までのような重傷ではなかったことにほっとする気分もありました。負傷が多い選手ゆえ、無理なスケジュールでのリハビリは禁物。年末年始はマティプやデヤン・ロブレンに任せて、満を持して復帰してもらえればと思います。

2016年にアーセナルに入団したホールディングは、期待されながらも周囲を納得させるプレイができず、最初の2年はプレミアリーグ出場21試合に留まっていました。ウナイ・エメリ監督が就任した新シーズンは、パパスタソプーロスの控えと目されておりましたが、安定感のある守備が次第に評価されはじめ、ここまでの公式戦で16試合に出場。コシールニーの後継者となるのではないかと期待が高まった矢先のリタイアでした。激痛のアクシデントですが、モンレアルとマヴロパノスがもうじき復帰というタイミングだったのは、不幸中の幸いです。拙速な復帰で再度負傷などということにならないよう、しっかり治してください。マイケル・キーンが代表初出場を果たしたのも、ファン・ダイクがセインツで評価を高めたのも24歳になってからです。若くして名門ガナーズの門をくぐったCBは、遅咲きの大器としてサポーターに語り継がれるようになるのかもしれません。

フットボールに負傷はつきものとはいえ、両チームのスタッフやサポーターにとってはショッキングなトラブルですが、代役を務める選手にとってはチャンスでもあります。注目していたCBの早い復帰(ただし焦らず…!)を祈りつつ、マティプの活躍やコシールニーの復活、マヴロパノスのブレイクにも期待しています。エメリ監督とクロップ監督の手綱さばきと、新たなレギュラー争いの着地に注目しましょう。レッズはアウェイでボーンマス、ガナーズはエミレーツでハダースフィールドですね。楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

復活ロス・バークリー、再出発ジャック・ウィルシャー…未完の大器たちの明暗。

「自分の力を信じる必要がある。みんな、いいたいことをいうけどね。ロス(・バークリー)こそが完璧な事例だ。彼のことを思うとハッピーになる。ブラジルでワールドカップをともに戦ったグッドフレンド。偉大な選手だけど、ときどきケガに苛まれた。移籍して、いくつかの負傷を克服したとはっきりいえる。彼の内なる信念がもたらしたことだけど、最後は彼のフットボールの能力がものをいうんだ」

度重なる負傷により満足なパフォーマンスを披露できず、イングランド代表からも遠ざかったジャック・ウィルシャーが、2ヵ月半ぶりにピッチに戻ってきます。2015-16シーズンの大半を棒に振り、アーセナルで居場所を失った10番は、ボーンマスに貸し出されてパスセンスが錆びていないことを証明すると、昨季プレミアリーグでガナーズに戻って20試合1ゴール。ご本人としては、手応えのあるシーズンだったのだと思われますが、コンスタントに活躍したとはいえず、ロシアで戦う代表チームには選ばれませんでした。アーセナルは2年連続でプレミアリーグ4位以内を逃し、アーセン・ヴェンゲル監督は辞任。後に「ヴェンゲルが続投していたら、アーセナルに残っただろう」と語ったウィルシャーは、エメリ体制では必要とされないことを察して、ウェストハムで出場機会を確保する道をチョイスしました。

2017-18シーズンは、ロス・バークリーにとっても苦しい1年でした。2017年7月に鼠径部の手術を受け、新シーズンに備えたものの、予後は芳しくなくトッテナムへの移籍を断念。前半戦をリハビリに専念せざるをえなくなったMFは、負傷が癒えた1月にチェルシーに移籍するも、今度はハムストリングを痛めてプレミアリーグ出場2試合に留まりました。こちらもロシア行きのチケットをゲットできず、新シーズンに再起を図ることになります。サッリ監督を招聘したチェルシーは、レアル・マドリードのマテオ・コヴァチッチをレンタルで獲得。ロス・バークリーは、厳しい定位置争いを強いられることになりました。

新シーズンが開幕すると、ジャック・ウィルシャーは開幕から4試合連続で先発。「アーセナルが、なぜ彼との契約を打ち切ったのかわからない」と語ったペジェグリーニ監督は、ピルロと比較するほど小柄なレフティの能力を高く評価していました。今度こそ復活かと期待された19番でしたが、5節のエヴァートン戦を前に足首を痛めてリタイア。手術の後、6週間はピッチを離れる必要があると告げられました。出場したプレミアリーグ4試合は全敗で、未だチームに貢献したとはいえません。冒頭のコメントは、復帰戦となるマンチェスター・シティとのホームゲームの前に「ザ・サン」に応えたものですが、「自分自身を信じてきた」と語ったセントラルMFの足が、再び謀反を起こすかどうかは誰にもわかりません。

一方のロス・バークリーは、開幕からの2試合をスタメン出場したものの、サッリ戦術にフィットしていたとはいえず、3節からベンチスタートの日々が続きました。馬車馬のような力強いドリブルと、鋭いシュートをグディソン・パークに置き忘れてきたのかと思われた24歳は、10月のセインツ戦で復活します。30分にアザールに素晴らしいラストパスを通し、シーズン初のアシストを記録すると、57分のFKでジルーが折り返したボールをプッシュして今季初ゴール。続くマンチェスター・ユナイテッド戦では、96分にリュディガーのヘディングシュートのこぼれ球を押し込み、敗戦寸前のチームを救う2ゴールめをゲット。バーンリー戦でもモラタにスルーパスを通して先制点をお膳立てし、自らも左足のシュートを突き刺して3戦連発&2アシストという獅子奮迅の活躍を見せました。11試合3ゴール3アシストは、合格点といっていいでしょう。

復活まで1年かかったロス・バークリーにとって、コヴァチッチとの併用という現状は悪くないのではないでしょうか。起用される際のミッションは明確で、アグレッシブなプレイはサポーターの心をつかみ始めています。片やウィルシャーは、これからが正念場。開幕直後はアンカーとして期待していたペジェグリーニ監督は、デクラン・ライスを中盤の底に置いて守備を安定させており、攻撃に貢献できなければベンチが定位置となってしまうかもしれません。

今季が終わったとき、イングランド代表のサウスゲート監督は彼らをどう評価しているでしょうか。デル・アリ、エリック・ダイアー、ロフタス=チーク、ハリー・ウィンクス、ヘンダーソン、リンガードにロス・バークリーが加わったスリーライオンズ。昔いた場所に戻ろうとするウィルシャーが歩むルートは、決して緩やかな勾配ではありません。土曜日のマン・シティ戦は、後半からの起用となるかもしれませんが、強豪相手にメディアの見出しとなるようなプレイを披露してくれることを期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

クリステンセン、ラシュフォード…移籍志願が伝えられる若いタレントたちの決断はいかに⁉

2014-15シーズンの「ハッピー・ワン」ジョゼ・モウリーニョ、2015-16にプレミアリーグ下剋上を果たしたクラウディオ・ラニエリ、2016-17にイタリア人連覇を達成したアントニオ・コンテ。3人の共通項は、スタメンを固定してプレミアリーグを制したことです。ラニエリとコンテは欧州を戦っておらず、ターンオーバーするかどうかで悩む局面はほとんどありませんでした。同じ顔ぶれでプレイしていた3つのチームは、ライバルよりも戦術的なクオリティが高く、崩れることなくゴールに辿り着きました。

スタメン固定で戦うチームが抱える問題は、レギュラーメンバーの疲労とサブの選手たちのストレスです。今季でいえば、4バックを全く動かさないチェルシーのサッリ監督が、難しいマネジメントに取り組んでいます。アスピリクエタ、リュディガー、ダヴィド・ルイス、マルコス・アロンソは、プレミアリーグ12節まで全試合先発出場で、ザッパコスタやケーヒル、クリステンセンはELやカラバオカップしか出番がありません

「このクラブで6~7年やってきたけど、今のような状況を解決するのは難しい。チームが新しい守り方を体得している最中で、監督は僕をスタメンで起用しないだろう。1月に退団するのかといわれれば、おそらくイエスだ」(ガリー・ケーヒル)
「多大な忍耐を強いられるのをガマンする気はない。もう22歳だし、プレイできる機会を求めている。直近3年間はいつもプレイできていたからね。現在の状況が変わらなければ、ここにいないよ」(アンドレアス・クリステンセン)

ピークを過ぎた感があるケーヒルはまだしも、本人には何の問題もないクリステンセンを手離すのはチェルシーにとって痛手です。クラブは「冬の移籍は認めない」という方針を打ち出していますが、下位クラブとの対戦が続く年末年始には、サッリ監督が工夫する試合があるかもしれません。

若手の出番をどうやって作るかに腐心しているのは、チェルシーの新任監督ばかりではありません。将来性あるタレントがレアル・マドリードの誘惑に晒されているマンチェスター勢も、悩ましい状況に置かれています。ブラヒム・ディアスとマーカス・ラシュフォード。カラバオカップ4回戦で、フラム相手に2発をゲットした19歳のスペイン人FWについて、ペップ・グアルディオラは「彼を守るために全力を尽くすけど、決めるのは彼自身だ」というのが精一杯。サネ、マフレズ、スターリング、アグエロ、ガブリエウ・ジェズスがいるチームでチャンスを得るのは難しく、環境を変えたいという気分に支配されるのはやむなしでしょう。

よりやっかいなのはラシュフォードです。現地メディアが煽っているだけかもしれませんが、プレミアリーグ9試合出場&先発5回でもマドリードのほうが出場機会を得られると踏んでいるようです。絶好調マルシアルと絶対的エースのルカクがいるチ―ムで、常時試合に出るのが難しいのは確かですが、20歳のイングランド代表FWが求めているのは、レギュラーポジションという形よりも指揮官の信頼なのかもしれません。サポーターとしては、いずれはマンチェスター・ユナイテッドのエースとして活躍してほしいと将来を楽しみにしているのですが、マルシアル無双を目の当たりにすると、モウリーニョ監督にもっと使えとはいえなくなります。右サイドで大暴れしてくれれば、都合よく収まる話ではあるのですが…。

ああ、悩ましい。エンケティアやフォーデンも悩ましい。残ったほうがうまくいくからガマンしろといえる根拠もなく、プロなんだから出番があるクラブに移るのは当たり前と割り切ることもできず…。冬をやり過ごしたとしても、夏に同じ問題が再燃するのは必至です。クリステンセンがドイツやイタリアにいったら活躍するだろうな、ラシュフォードがマドリードで大ブレイクしたら悔しいだろうなと、膨らむ妄想を振り払いつつ成り行きを見守るしかありません。ルーニーの後継者として10番の成長を期待している私としては、冬のマーケットが終わるまでの2ヵ月強という時間が、いつもよりも長く感じられるシーズンになりそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ