アーセナル、チェルシーは快勝フィニッシュ!プレミアリーグ最終節ダイジェスト

毎年のことながら、プレミアリーグ最終節は問答無用&恨みっこなしの同時刻一斉開催ということで、観戦が大変です。とはいえ、今季の最終節は、ほとんどの試合が消化試合。優勝争い以外で、どうしても勝ち点がほしいクラブがあったとすれば、負けるとヨーロッパリーグ出場権を失う可能性があったトッテナムと、結果次第で9位にジャンプアップできたストークぐらいではないでしょうか。昨日、録画しておいたカーディフVSチェルシー、ノリッジVSアーセナルを観ましたが、プレミアリーグ降格決定クラブVSチャンピオンズリーグ出場決定クラブの戦いということで、勝ち点を積み上げる理由があるチームは皆無。それぞれ、まあのどかなゲームでした。

ノリッジVSアーセナルは、「アーセナルが5点獲れば3位に上がれる」という状況であったとすれば、0-5で終わっていたでしょう。それほどノリッジの中盤の守りが緩く、アーセナルの攻めもゆったりでした。それでも、52分の先制ゴールはお見事。当たりにこないノリッジの守備の間で簡単にパスがつながり、ジルーの左からのクロスを逆サイドにいたラムジーがスーパーボレー!相手の守備は緩慢でしたが、シュート自体は、「2013-14シーズンの最も印象に残ったゴール」にエントリーしてもいいぐらいのファンタスティックな一発です。この8分後、エジルから左のギブスに展開し、折り返しを打とうとしたポドルスキの左足がうまく当たらず、流れてきたボールをジェンキンソンが冷静に左隅に決めてジ・エンド。ケガから復帰したウィルシャーとディアビの試運転もできて、ア―セナルは、17日のFAカップ決勝に向けて、いい調整ができたのではないかと思います。

一方のチェルシーは、いかにもチェルシーらしい試合でプレミアリーグ2013-14を締めくくったのではないかと思います。15分にカーディフMFベラミーのシュートがDFに当たり、ゴール右隅に入ってしまったのはアクシデントとしかいいようのない失点でしたが、このビハインドを取り返したのは、残り20分を切ってからです。

72分、オスカルの絶妙なクロスに飛び込んだのは、守備の人かと思いきや、最近になって攻撃参加が鋭くなったアスピリクエタ。ゴール正面からのヘッドはGK、こぼれ球をプッシュするとゴールバーと、背番号28は2発決められず、チャンスは終わったかに見えましたが、正面に落ちたボールを最後はシュールレが右足ボレーでフィニッシュ。ひとたび追いつき、相手の集中力がとぎれてしまえば、逆転は難しいことではありません。同点ゴールの3分後、ゴール前の混戦で浮いたボールをシュールレが前に送り、オフサイドラインを冷静に見極めてポジションを取っていたF.トーレスがワントラップで流し込んで1-2。アザールがひとりふたりかわさないと、なかなか決定機が創れないところもチェルシー。それでも最後は、しぶとく競り勝つあたりもチェルシーです。モウリーニョ監督は、来季に向けて、これからFW獲得の交渉を始めるのでしょうが、トップだけ獲ってもおそらくゴールは増えないでしょう。ラストパスの手前での崩し方に幅を持たせられるかどうかが、チェルシーが優勝するためのポイントであり、モウリーニョ氏の課題だと思われます。

というわけで、2013-14シーズンのプレミアリーグ観戦記は、これにて終了でございます。1年間おつき合いいただいたみなさま、ありがとうございました。この後は、「みんなで選ぼう!偏愛的プレミアリーグ・2013-14MVP」「偏愛的プレミアリーグベストイレブン」「今季サプライズを起こした選手たち」「10大ニュース」などなど、今季の総括ウィークに突入しつつ、その勢いでチャンピオンズリーグ決勝、ワールドカップで盛り上がっていければと思っております。移籍ニュースなども含め、オフシーズンもテンションを緩めませんので、ぜひまたお立ち寄りください。



<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Saints×MAN.UTD】最後のテストも、虚しくドロー。香川真司は今季ノーゴールで終了!

シーズン前には登録メンバーに名前もなかったような若手を起用。新しいフォーメーションをいくつか試し、香川真司をセンターMFにコンバート。ギグス監督就任後、プレミアリーグ最後の4試合は、何が何でも勝ってヨーロッパリーグ出場権を獲りにいくというより、無冠覚悟で未来を模索しているようにみえたマンチェスター・ユナイテッド。経営陣と代理監督がそのミッションを握っているなら、モイーズ監督続投ではできないことなので、最終盤に監督交代した意図は理解できます。1年も経たないうちに監督を代えた不細工な状況を擁護しようとは思いませんが、早く来季の体制づくりに着手するために必要だったというのであれば、この夏のトランスファーマーケットでは後手を踏まずに補強を進めていただければと思います。

補強といえば、このシーズンオフのサウサンプトンは、大変な草刈り場になるでしょう。求心力が高かったニコラ・コルテーゼ会長が冬にクラブを去り、その影響でポチェッティーノ監督も退くといわれているセインツは、以前のように「チャンピオンズリーグ出場権を獲れるプレミアリーグ4位を一緒にめざそう」などといって選手を残留させることはできないはずです。既にララナはリヴァプール移籍の希望をチームに伝えたと報道されており、ルーク・ショーにはマンチェスター・ユナイテッドがオファー。チームの攻撃を支えるジェイ・ロドリゲスやリッキー・リー・ランバートが残る見通しもありません。おそらく今日が、「強いセインツ」を観られる最後の機会。試合開始から攻めているのは、予想通りホームのセインツです。

マンチェスター・ユナイテッドのフォーメーションは、4-3-3のようにヤヌザイとウェルベックが高めに張り出した形。3トップは、ウィングがサイドを完全に制圧するか、プレッシングで貢献するかどちらかがないと、MFだけではカバーしにくいサイドのスペースを使われて、クロス攻撃を許すことになります。セインツは、ララナやコーク、ルーク・ショーを中心に、執拗に両サイドをこじ開けてきます。マンチェスター・ユナイテッドの両ウインガー、ヤヌザイとウェルベックはフォローがなく孤立し、運動量が多いとはいえない香川、マタ、フレッチャーから、効果的なパスが出されるシーンはありません。

20分過ぎまで、何度となくサイドからのクロスやポストプレーからのシュートを浴びていたマンチェスター・ユナイテッドは、27分、ついにセインツに先制ゴールを許します。ロングボールの競り合いでこぼれたボールを奪われ、2対2のシーンを作られると、スティ-ブン・デービスのスルーパスでリオ・ファーディナンドが置き去りにされ、リッキー・リー・ランバートが完全にフリー。GKデ・ヘアの動きの逆をついたランバートが右足シュートを叩き込みます。

1-0となった後も、圧倒的なホームチームのペース。ゴール前にただ人数をかけるマンチェスター・ユナイテッドの守備は、プレミアリーグ降格を怖れる下位クラブのようです。それでも34分のスモーリング、36分のマタと、前線の選手がチャレンジしたこぼれ球を拾ってミドルシュートを放ちますが、右からのシュートはいずれもゴール左に外れ、追いつくことはできません。前半は1-0、シュート半数は12対3。トップのファン・ペルシは沈黙し、チャンスを創るパスも前線に飛び出す動きもなかった香川真司は、45分でキャリックに交代です。日本代表のポイントゲッターのプレミアリーグ2年めは、18試合ノーゴールという悲しい数字で幕を閉じる結果となりました。

キャリックが入った後半から、やっとマンチェスター・ユナイテッドがボールを支配し始めます。51分の右からのヤヌザイのクロスは、マタがトラップしきれずアウトしますが、53分、ついに同点。中央でつかんだFKのチャンスに、GKボルツが一歩も動けない見事なシュートを決めたのはファン・マタでした。ここまでゲームをコントロールできなかったスペイン人MFが、得意のプレースキックでチームを敗戦の危機から救いました。

前半に比べれば、格段によくなったマンチェスター・ユナイテッド。とはいえ、ヤヌザイらのドリブル突破と単調なクロス頼みの攻撃は、68分に不調のファン・ペルシをチチャリートに代えても変わりません。1-1になった後、唯一の決定機は86分。キャリックが縦に入れた絶妙のロングパスにウェルベックが反応し、DFを引きずりながらの左足シュート。これが左に外れると、その後は両者ともにチャンスを創れず、ドローのまま今季のプレミアリーグ終了の笛が鳴り響きました。

試行錯誤のモイーズ監督と、暗中模索のギグス監督。マンチェスター・ユナイテッドは、結局、今季何通りのスタメンを試したのでしょうか。最後のテストも、プレミアリーグ王者の頃のサッカーには程遠く、8位相手にドロー決着。トッテナムがアストン・ヴィラに3-0で快勝したため、来季は海を渡ることなく、イングランドのみで戦うことが決まりました。

今季はポストファギーの新しいスタイルが見出せず、主軸のケガも重なり、本当にいいところのない1年でした。来季は、何とかプレミアリーグ4位に入って早期にチャンピオンズリーグ出場権を取り戻してもらえればと思います。…ああ、1年前までは「優勝するかしないか」を語っていたのですが、もはや遠い昔のことのようです。マンチェスター・ユナイテッドサポーターのみなさん、おつかれさまでした。来季も厳しいシーズンになりそうですが、焦らず腐らず、粛々と応援しましょうね。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【プレミアリーグ最終戦二元生中継】They did it!最後まで強かったマン・シティが2年ぶりの戴冠!

いよいよプレミアリーグも最終節。マンチェスター・シティはドローに持ち込めば、得失点差でリヴァプールは13点が必要。アラダイス監督のウエストハムがマンチェスター・シティに勝ち、リヴァプールがニューカッスルを破ったときのみ、大逆転優勝が実現するという状況です。アンフィールドには、ヘンダーソンが戻ってきました。SASの後ろに、ジェラード、ヘンダーソン、スターリング、アレンならベストメンバーです。一方のエティハド・スタジアムも、ヤヤ・トゥレ、アグエロ、コンパニ、ダヴィド・シルヴァの四天王と、ジョコ、ナスリがスタメンです。顔ぶれだけ見れば、マン・シティに負ける気配はありません。最終節は全ゲーム同時開催のため、テレビ、PC総動員の同時観戦を敢行します。いや、楽しみです。90分後、プレミアリーグ優勝を勝ち取っているのは、青か、赤か。

アンフィールドのゲームは、リヴァプールが押し気味に進めますが、目標がないはずのニューカッスルが激しく抵抗し、中盤でのせめぎ合いが続きます。5分を過ぎた頃からスタリッジが左から再三縦に抜け出しますが、ぎりぎりのところでニューカッスルのディフェンスに阻まれ、優位をゴールにつなげられません。

18分、右サイドをドリブルで進んだスアレスが倒されFKを得ると、スアレスは相手の陣形が整う前に、GKクルルの頭越しに見事なループシュートを決めます。しかしこれは、蹴るときにボールが止まってなかったというジャッジでしょうか、レフェリーの判断はノーゴール。リヴァプールが先制のチャンスを逃した直後に、思わぬ形からニューカッスルに最初の1点が入ります。左からのグフランのクロスが、シュクルテルの脛に当たって角度が変わり、ゴール右隅を襲ったボールにミニョレは反応できません。

0-1として元気になったアウェイのニューカッスル。20分にも、アメオビからの長いスルーパスにグフランがGKと1対1となり、飛び出したミニョレの脇腹に当てる惜しいシュート。リヴァプールも23分、ジェラードのCKからアッガーがヘッドを叩きつけますが、GKの正面。30分にもスアレスがDFのブロックの合間を縫って中央に持ち込み、左足でシュートを放つも、これもクルルがキャッチします。リヴァプールは中盤ではボールを持たせてもらえるものの、スアレスやスターリングが仕掛けた先のパスを止められ、なかなかこれといったチャンスが創れません。いつもよりも、きついロングパスと強引な中央突破が目立つホームチームに、焦りが感じられます。

エティハドでは、試合前のアラダイス監督の威勢のよさは影もなく、サバレタとコラロフが元気なマンチェスター・シティが中盤を掌握。39分、中盤のマークが緩いウエストハムDF陣をみて、ドリブルで持ち込んだヤヤ・トゥレが中のナスリに流すと、ナスリが強烈な右足ミドル!これがGKアドリアンの脇を抜けて左隅に決まり、1-0。リヴァプールにとっては最悪の展開です。

この直後、アンフィールドではヘンダーソンの完璧なクロスがスタリッジの頭にピタリと合いますが、当たりが薄く、シュートは左に逸れていきます。前半は、リヴァプールが0-1のビハインド。エティハドのマンチェスター・シティは余裕の1-0。攻めあぐむリヴァプールに対し、マンチェスター・シティはヤヤ・トゥレを中心としたフォーメーション練習のような試合運びです。このまま、プレミアリーグは終わってしまうのか。それとも、残り45分で何かが起こるのか…

後半開始直後、リヴァプールに絶望的なニュースが飛び込んできました。CKをジェコが右足で落とし、これを受けたコンパニが至近距離から蹴り込んで、ついに2-0!優勝を確信したペジェグリーニ監督のガッツポーズがテレビ画面で大写しになります。リヴァプールにできることは、目の前の試合をひっくり返すことだけ。エティハドではウエストハムがようやく反撃に転じますが、シュートが枠に飛びません。56分にCKに合わせたウエストハムDFマッカートニーのヘディングも、ゴール左。残り時間は30分を切りました。

62分、アンフィールドが動きます。右サイドからのジェラードのFKに左足を高く上げて蹴り込んだ、アッガーのスーパーゴール!さらにリヴァプールは同点に追いついた直後、まったく同じ位置でFKを獲得。ジェラードのキックの弾道も一緒、ファーサイドから選手が飛び込んで左足で合わせたのも1分前と同じ。リプレイを見ているような錯覚に陥る逆転ゴールを決めたのは、スタリッジでした。ふたりのダニエルによるあっという間の逆転劇に、アンフィールドの盛り上がりは最高潮です。これぞプレミアリーグ、これぞリヴァプール!

リヴァプールが怒涛の攻撃を続けるなか、エティハドは動きません。70分にジェコ、77分にはダヴィド・シルヴァがお役御免。ミルナーとフェルナンジーニョが入ったマンチェスター・シティの守備には隙はありません。8人で守るウエストハムに、ゴールの予感は皆無。プレミアリーグ優勝チームが決定するまで、10分しか残されていません。「マンチェスター・シティのパーティーを台無しにする」と鼻息荒かったウエストハムのアラダイス監督は、このままだとクリーンシートという花まで添えて、ホームチームの2年ぶりの戴冠を祝福することになります。

アメオビ、ドュメットと2人の退場者を出したニューカッスルには、もはやチャンスはありません。エティハドを少しだけどよめかせたウエストハム最後のチャンス、ジョー・コールのドリブルも、DFに張り付かれて判定はゴールキック。もう時間はありません。やはりエティハドでは事件は起こりませんでした。やがてタイムアップの笛。喜びを爆発させるマンチェスター・シティの選手たちの元に、サポーターがなだれ込みます。その2分後、アンフィールドでは、勝利でゲームを終えたリヴァプールの選手たちが足早にロッカールームへ消えていきます。

長く、そしてエキサイティングだったプレミアリーグ2013-14シーズンが終わりました。優勝は、マンチェスター・シティ。新しい監督を迎え、要所に新加入の選手を据えて、チームを創りながら最後に勝ちきった今季のチャンピオンに、あらためて拍手を送りたいと思います。

ターニングポイントは、4月13日の直接対決。93分に危険なスライディングを取られたヘンダーソンの一発退場だったと思います。彼を咎めようとは思いませんが、イングランド中に祝福されながらまっすぐ伸びていたリヴァプールのヴィクトリーロードは、あの判定が合図だったかのように行き先を失いました。惜しかった。ほんとうに、惜しかった。リヴァプールは、最後まで自分たちらしく戦い、美しくシーズンを終えました。大方の予想を裏切って、最後まで優勝を争ったロジャース監督のチームには、準優勝おめでとうというべきでしょう。

素晴らしいサッカーを、1年間、見せていただきました。マンチェスター・シティの関係者ならびにサポーターのみなさん、プレミアリーグ制覇、おめでとうございます!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.CITY×Aston Villa】最後はいつものマン・シティ。4-0圧勝でプレミアリーグ優勝にリーチ!

マンチェスター・シティが順当に勝利して、プレミアリーグ優勝に王手をかけるのか。アストン・ヴィラが古豪の意地をみせて、優勝争いをおもしろくしてくれるのか。プレミアリーグ第29節の延期試合、アグエロを欠くマンチェスター・シティのスタメンにダヴィド・シルヴァが帰ってきました。DFラインはこのところのレギュラーメンバー、MFにはハビ・ガルシアとミルナーを起用。ベンチにはネグレドとヨヴェティッチも控えており、80点の顔ぶれです。対するアストン・ヴィラは、ベンテケとアグボンラホルの不在が痛い!冬に加入したホルトもフィットせず、ベンチスタート。ヴァイマンの奮闘だけで点を奪えるイメージはありません。

本拠地エティハド・スタジアム。サポーターの統率のとれたチャントをバックに、試合開始からホームチームが一方的に攻め込みます。5分にはジェコが角度のないところから左足を振り抜き、ブロックされたボールを再度、コラロフがダイレクトでシュート。11分には「いつもの攻撃」。中央でボールをキープしたダヴィド・シルヴァが右のミルナーにはたくと、DFラインの裏へ走り込んだサバレタにタイミングのいいスルーパス。マイナスのグラウンダーに、フリーでシュートを打ったのはヤヤ・トゥレ!決定的なシーンでしたが、シュートがDFに当たり、アストン・ヴィラは胸をなでおろします。18分にもナスリ、コラロフとつないだ左サイドからクロスが入り、ダヴィド・シルヴァが足に当てればゴールというチャンスを迎えますが、うまくタッチできずにGKグザンがキャッチ。モウリーニョのチームにはない厚みのある攻撃が続き、先制点は時間の問題でしょう。

同時刻開催のゲームでは、どうやらホームのサンダーランドがコルバックのゴールで先制。WBAからリードを奪い、プレミアリーグ残留に一歩、近づいたようです。

さて、エティハドは25分。相変わらずナスリ、ミルナー、コラロフ、サバレタが左右から圧力をかけるマンチェスター・シティ。アストン・ヴィラは27分、ようやく初めてチャンスをつかみ、ヴァイマンがロングクロスをボレーで狙いますが、力なく転がったボールをGKジョー・ハートが余裕でキャッチ。30分にもアウェイチームがダイレクトパスをつないで左に展開し、クロスをバワリーがシュート。世界一選手の年俸が高いスポーツチームに対して35分まで0-0は、主力を欠いて、プレミアリーグ14位にあえぐクラブとしては大健闘でしょう。38分、またも右からサバレタが抜け出し、決定的な折り返しを入れるも、ダヴィド・シルヴァの右足がヒットせず。46分にも波状攻撃から右のミルナーがニアに飛び込むナスリに合わせますが、シュートはわずかに外。組織力というより頭数で守るアストン・ヴィラは運にも恵まれ、前半を0-0で終えることに成功しました。

プレミアリーグ最北の地、スタジアム・オブ・ライトのゲームは、ボリーニの追加点でサンダーランドが前半2-0。ポジェ監督が、着々と残留に向けて、足場を固めます。このままいけば、WBAも得失点差でセーフ。第3の降格チームとして、ノリッジの名前が2013-14シーズンの記録に刻まれようとしています。

後半、マンチェスター・シティはさらに一段ギアチェンジ。48分にはジェコがDFラインの裏に抜け出しかけ、51分、CKのクリアからの縦パスを捉えたコンパニのオーバーヘッドはGK正面。のっけから、ゴールの匂いが漂うシーンが続出です。アストン・ヴィラは守勢一方。56分のコラロフの強烈なFKもGKグザンがセーブ。「らしさ」を存分に見せつけているマン・シティに足りないのは、ゴールを枠に入れることだけです。マンチェスター・シティの波状攻撃が一段落すると、ゴール前に人数をかけていたアストン・ヴィラの最終ラインが5メートルほど高くなりました。裏を突かれると危ないと思っていたのですが…。

63分、マンチェスター・シティにようやく歓喜の瞬間が訪れました。やはりきっかけはスルーパス、裏をとってグラウンダーをジェコに合わせたのはサバレタ。これで、リヴァプール有利で最終戦を迎えるためには、手負いのアウェイチームに2点を獲ってもらわないといけません。ビハインドを背負っても、攻撃に転じられないヴィラ。71分には、またも上げたDFラインの背後を狙われます。ここでも抜けたのはサバレタ、グラウンダーの行く先は、今度はナスリ。中央からフリーで放ったシュートはGKグザンが弾きますが、こぼれ球の前にいたのがジェコでは、もう止める術はありません。エースの2発でマン・シティ、2-0。これで決まりでしょう。

2点差となり、誰もがマン・シティの勝利を確信したエティハドの空気は一気に弛緩します。チェルシーの優勝がなくなるまで、10分を切りました。81分にヴァイマンのヘッドがクロスバーを叩いたのが、アストン・ヴィラが見せた唯一の意地でした。88分には、ヤヤ・トゥレが魅せます。左右の細かいステップでDFを翻弄すると、ノーマークで入ってきた途中出場のヨヴェティッチに落とし、ヨヴェティッチは真ん中から思い切り蹴り込むだけ。ヤヤ・トゥレは92分にも、ハーフラインからドリブルで独走。4人のDFを誰も寄せつけないまま、GKグザンとの1対1を制しました。マンチェスター・シティ、前半の苦戦が嘘のような4-0快勝。ついに勝ち点でリヴァプールを上回り、プレミアリーグ最終節は「負けなければ優勝」です。北の試合も終わり、サンダーランドはそのまま2-0。こちらは最終戦を待たずに残留を決めました。

この試合だけを見れば、マンチェスター・シティのプレミアリーグ制覇間違いなし、と誰もが思うでしょう。しかし、飛車角落ちだったアストン・ヴィラに比べれば、次は相当やっかいです。最終戦の対戦相手、ウエストハムは、前節でトッテナムに何もさせずに勝利したばかり。プロなら誰でも、目の前で優勝セレモニーなど見たくありません。ノーブル、ケヴィン・ノーラン、ダウニング、そしてアンディ・キャロルと、曲者揃いの東ロンドンの伏兵は、ファイナルでどんな抵抗を見せてくれるのでしょうか。5月11日、日本時間23時キックオフ。大混戦のプレミアリーグ2013-14シーズンが、ついに決着の時を迎えます!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ