【Liverpool×Stoke】 ひやひやリヴァプール!圧倒的なパスワークも、あわやドローの辛勝劇

ケガ明けでしたが、間に合いましたね。そしてやはりこの男が今季プレミアリーグ第1号でした。ダニエル・スタリッジ。前半37分のミドルシュートが、攻めているのに点が奪えないリヴァプールの堅さをほぐしてくれました。そして、ミニョレ。87分のPKストップは、それまでの不安定なプレイを帳消しにするファインセーブ。リヴァプール、辛勝ながらも幸先いい勝ち点3です。

いよいよ、待ちに待ったプレミアリーグが開幕です。トップバッターは、リヴァプールとストーク。ブレンダン・ロジャース監督にとっては、今年のチームの仕上がりを確認しつつ勝ち点を落とさないという命題を考えれば、最高の対戦相手といっていいのではないでしょうか。

キャラガーが引退。レイナ、シェルヴェイ、ダウニングらが移籍し、スアレスが不在。一方で、ルイス・アルベルト、ミニョレ、イアゴ・アスパスなどの若手新戦力が加入し、DFラインに経験豊富なコロ・トゥレを迎えたリヴァプール。ロジャース体制2年めのスタイル確立に期待が高まりつつも、新しいチームが真剣勝負でどこまで機能するのかが不透明なのも事実。そんななかで、最初の試合で強豪クラブとの対戦や、活きのいい昇格組の思い切ったアタックを受けるのは避けたかったでしょう。

対する今季のストークは、「ぶっちぎりの降格候補」です。昨季までは、ピューリス監督が、背の高いDFと屈強なアタッカーを集め、キック・アンド・ラッシュともいうべきクラシックなサッカーを展開しておりましたが、7季めを迎えて順位が低迷し、クラブはそのスタイルに限界を感じて同監督を解任。そこにやってきたのが、デヴィッド・モイーズ監督と同い年のマーク・ヒューズ監督です。ご本人は口には出さないでしょうが、内心は「とんでもないチームに来てしまった」と思っているのではないでしょうか。エヴァートンで多少よかっただけのモイーズがなぜマンチェスター・ユナイテッドで、その優勝クラブのOBでもありマンチェスター・シティの監督まで務めた自分はなぜここなのか、と眠れない夜を過ごしていてもおかしくありません。なにしろ、新しい選手をろくに補強していないのに、ロングボールを蹴り込むスタイルから脱皮させろ、といわれているわけですから。このクラブが、開幕から上位を走るなどということは、全く考えられません。

キックオフから2分もしないうちに、完全にリヴァプールペース。コウチーニョとイアゴ・アスパスを軸に、左右両サイドで細かいパス交換をしながら突破を図るスタイルには、昨季以上に美しくテクニカルなコンビネーションサッカーへの期待が高まります。しかし一方で、緊張があるのかDFラインは不安定。特に、GKミニョレの軽率なプレイが目につきます。最初の決定的なシーンは、ミニョレの飛出しが空回りし、こぼれ球をボレーで打ったフートの一発。バーに救われましたが、ビハインドを覚悟したシーンでした。

ピンチを逃れたリヴァプールは、その後主導権を完全に握り、コウチーニョとジェラードを中心に攻めまくりますが、これがなかなか決まりません。ドンピシャだったスタリッジのヘッドは、ゴールに吸い込まれながらもオフサイド。スルーパスからゴール前でフリーになったイアゴ・アスパス、ホセ・エンリケ、ヘンダーソンはことごとくシュートをGKべコヴィッチに当てます。中央からもサイドからも完全に崩すシーンが多く、攻撃陣のクオリティは確実に上がっているのですが、いかんせんシュートが決まりません。

この状況を救ったのが、冒頭のスタリッジの一発です。この後、ストークの反撃を受け、セットプレーからあわやという反撃を受けますが、水際でしのいで前半は1-0。ストークは、ピューリス前監督が鍛えた守備力で奮闘するものの、最終ラインに綻びが多く、攻撃も単発のカウンターとセットプレイしかありません。

後半に入っても、流れは変わりません。開始間もなく、コウチーニョが左サイドを突破し、右隅を狙ってシュート。左からのクロスをヘンダーソンが左足ボレー。しかし前半同様、決定的なチャンスでことごとく入りません。ルーカスの右サイドからの強シュートはポストを叩き、ジェラードのFKはベコヴィッチがセーブ。ストークは、元リヴァプールのチャーリー・アダムを出すなど、状況を変えようとしますが劣勢をはね返せません。パッとしないけど、これはホームチームの順当な勝利か…。

このまま終わるかと思われた87分、アッガーがゴール前に上がったハイボールに飛び込み、ボールから目を離したがために手に当ててしまい、やらなくてもいいPKを献上。これをミニョレが値千金のドンピシャストップ!そのまま何とか勝ち点3をゲットしました。昨季、開幕5戦で1勝もできなかったことを思い返せば、勝ちきったことが重要です。内容的にも、フィニッシュはよくなかったものの、攻撃のスタイルは確立しつつあります。さらにDFラインのコンビネーションをより熟成させられれば、トップクラブ同士の戦いでも互角のゲームができるのではないかと思います。

しかしミニョレ、おいしかったですね。前半あれだけミスしたのに、サポーターはすべて忘れてヒーロー扱いでしょう。私も昔GKやっていたのでわかります、この感じ。次戦は、締めましょうね。致命的な結果につながらないうちに。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ