【Liverpool×MAN.UTD】 リヴァプール作戦勝ち!マンチェスター・ユナイテッド、勝算なき回帰

リヴァプール、またもや1-0でしぶとく踏ん張り、3連勝!まだ3戦とはいえ、首位に躍り出ました。ミニョレ、アッガーを中心とする守備陣の奮闘も勝因のひとつですが、昨日のゲームは、ロジャース監督の作戦勝ちでしょう。一方、マンチェスター・ユナイテッドにとっては、押し込みながらも完封されるという悔いの残る敗戦です。今季、こういった試合が増えるようなら、プレミアリーグ王者の座を明け渡すことになるでしょう。

ゲーム開始4分にして早くもスコアが動き、それがリヴァプールの誘いにマンチェスター・ユナイテッドがはまる原因にもなってしまいました。左CKを中央に走ったアッガーがヘッドで合わせると、そのシュートをスタリッジがさらに頭でコースを変えてゴール。リヴァプール、1-0。いきなり追う立場になったマンチェスター・ユナイテッドですが、時間はたっぷりあります。もちろんここから、当然の反攻が始まります。

前半いっぱいは、完全にマンチェスター・ユナイテッドがボールを支配しましたが、ペースを握っていたのはむしろリヴァプールのほうだったのではないでしょうか。ホームチームの戦略は、マンチェスター・ユナイテッドの前後の分断。スタリッジやコウチーニョ、イアゴ・アスパスが、ボールをまわすリオ・ファーディナンドやヴィディッチ、キャリックにプレッシャーをかけ、前線にいいボールを出させません。そうなるとマン・ユナイテッドは、苦しまぎれにサイドに展開するか、多少無理があっても前線に長いパスをフィードすることになりますが、敵のプレッシャーで下がってしまった最終ラインから展開しても、前線に届くまでに時間がかかってしまいます。こうして、とにかく間延びしていくフォーメーション。ファン・ペルシにまったくボールがつながりません。

時折、エヴラのオーバーラップで左サイドを崩そうとするシーンがありましたが、何しろ前線と中盤に距離がある状態なので、サイドの選手がボールを持っても、ゴール前に侵入してくる選手は背番号20を含む2人まで。CBふたりが中央をケアし、逆サイドのSBが中に絞って守り、この日守備で大活躍だったルーカス・レイヴァやジェラードが下がってくれば、たちまち2対4~2対5となり、スーパークロスを入れてピンポイントで合わせない限りは、簡単にはね返されてしまいます。

実はこの守り方のポイントは、「相手の前線にプレッシャーをかけ、後ろはラインを上げずにファン・ペルシをしっかり抑える」とすると、自分たちも間延びし、ショートパスをつなぐサッカーがしにくくなるところにあります。しかしリヴァプールは、自分たちの特徴を捨ててでも、相手を自由にさせない作戦を選びました。いわば、無理心中です。そして、この心中プランを成立させたのが、開始早々の願ってもない先制点だったのです。「間延び上等。このまま一緒に死んだら、俺たちの勝ちだぜ」というわけです。

マンチェスター・ユナイテッドは残念ながら、この注文に見事に乗っかり、そして策なく敗れました。サイドからの崩しに固執する、昔のサッカー回帰の4-4-2(あるいは4-4-1-1)でしたが、グレン・ジョンソンやホセ・エンリケを中心とするサイドの粘り強い守備を攻めあぐね、かといって選手を代えようにも、ベンチにはアシュリー・ヤングとギグスのバックアッパーとしてのナニ、バレンシアしかいません。やはり、どんな事情があっても、香川真司のベンチ外はなかったのではないでしょうか。唯一変化を起こせそうなチチャリートも、後ろやサイドから有効なボールがこないのであれば、宝の持ち腐れ。サイドが詰まっても、中央で有利な状況を作り出せる日本代表MFの不在が、この日ほどうらめしかったことはありません。

ファーガソンなら、前からプレッシャーを受けるのであればファン・ペルシを前線に張らせず、より自陣に近いところまで戻し、敵のDFラインの後ろに広大なスペースができるようにしたり、サイドアタック時には最低でもニアにふたり、ファーにひとり入ってくることを徹底するなどの約束事を持ち込み、対処したでしょう。後半、ナニやファン・ペルシの惜しいシュートはありましたが、チームとしてあまりにも無策でした。やはり何かを変えなければ、今のチームでトッテナムやチェルシー、本調子のマンチェスター・シティに勝つのは難しいでしょう。何かしらの戦術の徹底度を高めるか、攻撃のバリエーションを増やすか。後者を考えれば、この日いなかったルーニーと香川真司の重要度がさらに高まってくるでしょう。

開幕からすべて1-0、すべてゴールはスタリッジのリヴァプール。ここまで、昨日の攻撃についてはふれずじまいでしたが、さしたるトピックスなし、でいいですよね?強いていえば、「スタリッジとコウチーニョに前を向いてボールを持たせると相当やっかい」「プレシーズンでよかったイアゴ・アスパスが停滞。スアレス復帰で間違いなくベンチ行き」といったところです。

首位チームは、上位対決もさることながら、昨年のように中堅に足をすくわれないことが重要です。次節はスウォンジー、そしてその次がサウサンプトン。果たして5連勝か、三日天下か。本当に強いのか、勢いか。彼らの真価が問われます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ